サイコパス 4期。 アニメ『サイコパス 4期(続編)』は高確率で来る!業界通が可能性を徹底考察~劇場版公開も考慮~

サイコパス4期の放送予定はいつで劇場版映画続編は?3期最終回で全て謎や伏線は回収される?

サイコパス 4期

7話までの内容を解説しています。 2120年、東京。 舞台は、シビュラシステムが恒久的な平和を実現した日本社会。 2期から数年の時をへて帰ってきたTVアニメ「サイコパス3」は、常守朱の語りからスタートします。 「シビュラシステムと長い鎖国政策により、日本は世界紛争の悲劇を免れ、ゆいいつ平和な国となった」 「私達はなにを犠牲にし、何を忘れ去ったのか。 答えは深い闇のなかにある。 この社会にひそむ本当の罪とともに」 常守朱の語りのポイントは 「犠牲」と「忘却」と「社会にひそむ罪」という言葉です。 これはサイコパス3で登場する新しい設定 「開国」と関連していると思われます。 2019年に公開された映画サイコパスSSにも「開国」や 「海外での犯罪」にかかわる伏線がありました。 過去シリーズを楽しんだファンとしても、3期は一つの大きな締めくくりとして楽しむことができるでしょう。 この犬はどんな獲物でも決して逃がさないと運命に定められていて、狙った獲物は決して外さないという槍とともにクレータ島の王ミーノースの宝物だったとされる(ウィキペディアより引用) 恐らく今回のタイトルの意味というのは、犯人を追いつめるための猟犬という意味で 慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフのことでしょう。 メンタルトレース中に狼あたまの男が灼の心にイメージとして浮かぶことも、灼が猟犬であることを示唆しているように感じます。 例えば「氷山の一角だろうな…」というような政治家の汚職、大企業の幹部の不正などです。 そういった実在するけど表に出てこない存在を、サイコパス3では意識しているように思います。 例えばインスペクターの梓澤康一は色相はクリアなまま相手の色相を意図的に濁らせることや、自らの色相をクリアに保って犯罪を行う手法などを確立しているようです。 これは1期の槙島聖護のような免罪体質タイプとは違い、 犯罪手法の高度化によってシビュラの目をかいくぐる設定のように推測できます。 ビフロストが代理人格AIを民衆に認知させたいのはなぜか? どうして代理人格AIの認知がビフロストの安泰に繋がるのか? 一つの仮説は、 ラウンドロビンが政治を支配する社会への布石です。 コングレスマンがシビュラに干渉を受けない独自の経済圏を作ろうとした場合、ラウンドロビンがその中心的な役目を追うと考えられます。 そしてラウンドロビンは代理人格AIに近いような気がします。 その下準備として、民衆にある程度「代理人格AIはそんなに悪いものではない」ということを刷り込んでおく必要があったのではないでしょうか。 例えば、 アガメムノンとはギリシャ神話に登場する英雄で「王の中の王」と言われた人物です。 アガメムノンは戦争で素晴らしい戦果を上げ全ギリシャを統一しました。 また燔祭は旧約聖書でアブラハムが、神への信仰心を示すために息子イサクを生贄にしようとした儀式のことです。 つまり燔祭(はんさい)とは 「神に生贄を捧げて信仰心を示す儀式」を指します。 5話のタイトル「アガメムノンの燔祭」は 爆弾による自爆テロで権力者を生贄にすることを指しているのでしょう。 天馬は「神なんかいないんだから宗教なんか潰してしまえ」と言いますが、実態はそれほど単純ではありません。 例えば「信じるもの」があったおかげで人との繋がりがあり、人生に絶望せず、前向きに生きることができる人もいます。 慎導灼が5話で語った 「神がいるかいないかではなく人間には時に何か信じるものが必要」というのはそういう意味です。 しかしその一方で、信仰心を利用して、無差別な殺人を正当化したりする宗教が過去にあったのも事実です。 宗教を断罪するのはとても簡単ですが 「無知と偏見」ではない正しい判断が求められる、ということを示唆しているように感じます。 」の直訳は 「むやみに神の名を用いてはならない」です。 」というよく似た文章がオリジナルでしょう。 」という文章は、 旧約聖書の出エジプト記に登場する「モーセの十戒」の中の一節です。 7話はこの「モーセの十戒」から引用したものと思われます。 7話の中ではクリス・オブライエンが「神は許してくれる」と言って自らの行いに許しをこうて死にました。 一方で、神や無償の愛を広めるはずの教祖であったトーリは「愛など嘘っぱち」と言い、最後は舞子に撃たれて死にました。 神の名をむやみに用いた者たちが次々と消えていった7話は、タイトルの内容を素直に表しているのかもしれまんせん。 この「狡兎死しして走狗烹にらる(こうとししてそうくにらる)」とは漢文の史記からの引用です。 解釈:すばしこいうさぎが死ぬと、猟犬は不要となって煮て食われてしまう。 敵国が滅びると、功臣も今や無用であるとして殺されることのたとえ。 出典:『史記』越世家 細呂木局長は 免罪体質の慎導灼をシビュラの盲点を埋めるために不可欠な人材と言います。 では常守朱がわざわざ漢文を引用して細呂木局長に反論した意味はなんなのか? 常守朱はシビュラシステムが 今は必要な存在と言っている人間を、あるとき冷徹に切り捨てる可能性について考えています。 かつて狡噛慎也や宜野座伸元がそうだったようにです。 そういった過去のシビュラを知っている常守朱は 「不要になった監視官を使い捨てにはさせない」と警告しているのです。 事件の主犯と思われるトランスポート社顧問の 与根原と 些々河を捉えるべく、 入江のツテで廃棄区画に向かう一係。 しかしそこで 与根原は既に死体になっていた。 残された手がかりを求め 炯と 灼は 些々河を追って空港へ向かう。 空港で2人を待っていたのは見慣れない男たち。 狡噛慎也と宜野座伸元。 2人は元一係の執行官であり現在は外務省行動課として活動していた。 灼が 狡噛たちの目的に気づいたとき、 些々河はすでに機内で外務省行動課の 花城フレデリカと須郷徹平に身柄を確保されていたのだった。 弥生はかつて潜在犯で執行官だったが、サイコパス色相の良化によって 社会復帰を果たしたのだった。 一方、東京都知事の選挙戦は激化し、薬師寺陣営リードのまま公開演説の日を迎える。 エノミヤの手配した暗殺者たちがカメラの色相チェックをすり抜け、小宮と薬師寺を襲撃する。 この襲撃によって小宮カリナの AIホロによる演説の偽装が世間に知れ渡ってしまうが、最終的に小宮は東京都知事に当選する。 コングレスマンの捨て札として利用された 榎宮は梓澤康一によって事故に見せかけて消されてしまう。 全ては 代理人格AIを民衆に認識させたうえで小宮カリナが当選するようにコングレスマンが仕組んだ計画だった。 また薬師寺の財布からは「梓澤康一」の狐の名刺が発見され、炯と灼はまた一歩核心へと近づいていく。 5話「アガメムノンの燔祭」あらすじ 前任監視官= 吉良ということで、監視官の死亡事故は 常守朱が収容される原因になった事件とはまた別だったようですね。 一係は信仰特区<三郷ニュータウン>でのPRイベントの警備を行うが、イベント中に腹部に爆弾を抱えた男が 自爆テロを起こす。 自爆テロによって宗教特区を推進していた代表3名が死亡。 炯と 灼は生き残った反対派の代表3名に事情聴取を行う。 難民弁護官の テレーザ陵駕、ニュータウン工場労働者の顔役である ジョセフ・アウマ上人、そして自爆犯も信者だった公認宗教団体〈ヘヴンズリープ〉教祖代行 トーリ・アッシェンバッハ、 3名に 何か引っかかる点はあるものの、ドミネーターによる 色相判定は全員クリア、事件関与の証拠は得られなかった。 一方、信仰特区の賛成派で唯一の生き残りである入国管理局オブザーバー、 久利須=矜冶・オブライエンの病室で二度目の爆破事件が発生する。 6話「カエサルの金貨」 自爆テロ事件の真相をつかむため、炯と真緒の二人はヘヴンズリープへ潜入捜査を行うが、トーリに変装を見破られ拘束されてしまう。 一方、次の爆破テロが発生し、アウマ上人が死亡。 アウマ上人は強制売春をさせられていた難民を保護する一方で武器の密輸を行っていた。 さらにテレーザ陵駕の管理するリースカー会社を調べると、アウマ上人の持っていた武器と大量のダイヤモンドが見つかった。 サイコパス3期に関連する記事はこちら.

次の

サイコパス 3期 4話 海外の反応「3期は確実に成功した!めっちゃ面白いし、来週が楽しみ過ぎる…!」

サイコパス 4期

〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期1話のネタバレここから〜 日本は長い鎖国政策と守備らシステムという巨大監視ネットワークシステムにより、人の心理を計測するより世界でも唯一の平和な社会を築いていた。 が、長い鎖国政策を改め移民を受け入れる様になった。 そんな時ハイパートランスポート社の大型輸送ドローンが事故を起こし、墜落した。 外務省からの要請により公安局、掲示課一係に移民入国者の管理と暴動の防止を依頼される。 現場に到着した新人、 慎導アラタと、 ケイ ミハイル・イグナトフの2人に、刑事課の課長となっていた霜月美佳に現場の管理を命じる。 そこに程なくして執行官を載せたトラックが到着する。 5人の執行官が現れるが以前の執行官たちは雛河以外は2期のメンバーはおらず、新たに加わった執行官の 廿六木と 入江は2人の監視官に批判的である。 入国者の管理を担当したイグナドフは、墜落したドローンから救助された移民の入国手続きにあたる。 入国者に改めて色相チェックをする為、入国手続きは遅れていた。 空港職員にメンタルケアドローンの手配を要請するが「私の仕事ではない」と拒否されてしまい、移民者たちの不満がつのる。 廿六木と入江の2人は入国者たちにいたずらにドミネーターを向け、暴動を起こしかける。 イグナドフが即2人を制圧し、ドミネーターを執行官に向けて「おまえたちを執行する」とすごみ、その場を押さえ、メンタルケアドローンの手配をする。 事故現場に向かったアラタは1名の行方不明手者が居る事を突き止める。 ハイパートランスポート社の会計士アサヒ リック・フェローズ 墜落したドローンの会社の職員であるにもかかわらず行方不明の届けは出されて居なかった。 アラタは行方不明時のリック・フェローズのベッドに横になり事件当時にメンタルトレースを諮る事によって、リック・フェローズ氏がドローンから放り出され海に落ちた事に気づく。 慌てて海に駆け込むアラタ、そのまま意識を失ってしまう。 リック・フェローズ氏はすでに息絶えていた。 アラタはメンタルトレースを行う事によって、対象の意識と同化する事ができ事件当時の対象者の視界に入る事ができる。 しかし、メンタルトレースには身体的代償が高く、深くトレースすると自身の意識に戻ってくるのが難しくなる。 2人はリック・フェローズの死とハイパートランスポート社のドローン事故について事件の気配を感じ、霜月課長のあ示を無視して捜査を始める。 唐の杜に調査を依頼する。 廿六木と入江はアラタとケイの2人の経歴に疑惑を抱き、雛河に2人の過去を調べる様にする。 東京では移民が増え入国者向けの住宅販売をしていた。 住宅の投資に失敗した移民が住宅投資トラブルによる立てこもり事件が発生していた。 アラタとケイの2人の活躍により立てこもり事件は解決を見せる。 立てこもり事件から2人はリック・フェローズ氏の死とイパートランスポート社の事故が、住宅投資トラブルとが何だかしらの繋がりがあるのではないかと推測する。 〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期1話のネタバレここまで〜 以上がPSYCHO-PASS サイコパス第3期1話のネタバレです。 【第3期】PSYCHO-PASS サイコパス2話ネタバレ 以下、PSYCHO-PASS サイコパス第3期2話のネタバレです。 〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期2話のネタバレここから〜 夕暮れの空港ターミナルメンタルトレースをするアラタ。 「やっと確信できた、犯人の手口が」 唐の杜からのデータの解析が終わった事をケイはアラタに告げる。 「これでリックさんを殺した犯人捕まえるよ」 二人は事件の解決に向け動き出す。 掲示課分析室に場面は変わり、アラタとケイは執行官達に事件の概要について説明を始める。 墜落事故の原因は、17項目に及ぶ複合的な要因。 大勢が事故の原因につながる作業にかかわっていたが、事故後誰一人色相の悪化を見せた者はない。 事故のからくりは リック・フェローズ氏が隠していた住宅情報である。 湖の住宅情報は、旧時代の金融システムサブプライムローンの証拠だった。 シュビラ社会で急激に起きた、移民の流入による住宅バブル。 ハイパートランスポート社の社員の笹川と米原はシュビラ社会で、旧世紀時代の金融システムを築きあげ、バブル崩壊後のつけを移民に押しつけるつもりだった。 リック・フェローズ氏は2人の計画に気づいて、密告使用とした為殺された。 アラタとケイは、監査機関に情報をリークする事により、事件を表沙汰にする事を霜月課長に提案し許可を得る。 監査が入る事に怯えた米原は笹川の元を訪ねるが、笹川に姿を消す事を提案される・ 笹川と米原を追って米倉の滞在先を刑事課1係が訪れるが一足遅く、米原は姿を消した後だった。 米原の色相が悪化していた事から、シュビラシステムの中継基地の無い場所に潜り混んだ物と思われる。 スラムに逃げ込んだと推測し、スラムを仕切っているヤクザの元に駆けつけるが時すでに遅く、刈れば殺され臓器を売りさばかれる寸前だった。 事件は解した。 霜月課長に戻る様指示されるが無視して笹川を追う2人。 笹川は国外逃亡を図るため、外国への輸送ドローンに乗り込んでいた。 空港ターミナルまで到着したケイとアラタ行く手に2人の男が立ちはだかっている。 「公安局です、そこをどけ」とケイが叫ぶ。 「嫌だと言ったら?」と答えたのは、 かつて1係の執行官であった宜野座だった。 隣に、たばこをくゆらせながらたたずむのは狡噛。 2人は外務省の行動課に在籍し、海外事犯を取り扱っていた。 外務省行動課は花城フレデリカの元にかつての執行官達が在籍し、国外事犯の捜査に当たっていた。 事件は一旦解決をみせる、リック・フェローズ氏の入国は認められ残された妻は日本国籍と日本名「 かおり」を得る。 アラタとケイはそれぞれの刑事になった目的を最後まで果たす事を決意。 その頃。 高級ホテルの最上階の部屋から男性が転落し不振な死を遂げる。 被害者は、土谷コウジ化に伴うメンタルケアの為、ホテルに滞在中であった。 一見自殺に思われる死について不振に思ったアラタは、滞在していた部屋の捜査を念のため始める。 事件の真相はたまたま、テレビがこわれていた。 たまたま、開くはずの無い窓が開いた。 たまたま、被害者は色相が悪化しており、怯えて窓の外に逃げ出し転落死をしてしまった。 偶然すぎる原因にアラタ、ケイ2人は何かを感じる。 都知事選の立候補者達に不振を抱いた2人は、立候補者に会いに行く。 〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期2話のネタバレここまで〜 以上がPSYCHO-PASS サイコパス第3期2話のネタバレです。 【第3期】PSYCHO-PASS サイコパス3話ネタバレ 以下、PSYCHO-PASS サイコパス第3期3話のネタバレです。 〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期3話のネタバレここから〜 第10785号事案、セキュリティ項目東京都知事選挙、インスペクションリレーションブロック公安局刑事課一係… ビフロストインスペクションプログラムが始まる。 薬師寺 ヘラクレス・康介の選挙事務所に訪れたケイと廿六木。 廿六木はふてくされている、薬師寺に「格闘技で色相はクリアになりますかね?」とそっぽをむいたまま訪ねる。 薬師寺は「健全な精神は健全な肉体に宿る、諦めるな」と廿六木に張り手を食らわせる。 そこに薬師寺陣営の者と思われる「先生お車が到着しました。 」と男が2人現れる。 薬師寺に「どうした」と尋ねられ「我が廿六木家の恥さらしです」と答え3人は部屋を出て行く。 場面は変わり。 アラタは入江と宮カリナの事務所にいた、土谷コウジョウの専門心理学。 土谷の研究内容についてアラタは入江に説明する。 アラタは、土谷の研究内容が、事件に関係があるのではと説明する。 時は変わり、一係は公安局の事務所で小宮カリナの選挙演説をテレビで生中継を見ている。 アラタはテレビを見ながら、小宮カリナにメンタルトレースを試みる。 だが、そのまま意識が戻らなくなってしまう。 メンタルトレースの副作用が出た為だった。 ケイはアラタを引き戻す為、アラタを車の中寝かせ呼び戻す事に成功する。 アラタとケイの2人は霜月課長に呼び出され総務庁からのクレームが来ている事について「2人で霜月課長の首を飛ばそう危機一髪ゲームでもしてるの?」と霜月は切れ気味に2人を叱責。 が、アラタにテロの可能性を伝えられ予防的な捜査の必要制を認める。 唐の杜が土谷博士が宿泊していたホテルに薬師寺陣営の秘書、リーが宿泊している事を突き止める。 そして、アラタとケイはリーに事情を聴こうと、リーに会いに行くため、薬師寺の事務所に行く。 事務所で事情を聴取している最中、何者かが押し入りリーは殺害される。 その場にはケイも入江もいたが、犯人は人間離れした超人的な身体能力の持ち主で、入江は負傷。 犯人には逃げられてしまう。 その頃ビフロスト3人は、代金と西園寺は世論誘導にベットするが、ホムラシズカは公安局一係のプライオリティの再設定にアセットを処理する。 処理に失敗されると、ホムラはラウンドロビンに執行される。 茗荷谷近辺で、シュビラシステムの街頭スキャナに見つからず潜伏できる、廃棄区にある地下組織の闘技場に、あたりをつける。 入江はこの闘技場の主・江の宮はるきを容疑者として事情聴取を試みる。 犯人の心あたりを訪ねるが、江の宮にはぐらかされてしまう。 しかし、アラタは江の宮は共犯では無いかと推測する。 ホムラシズカは父の病床で今回の勝負は自分が勝った事を報告する。 父「勝つためにおまえを育てた、どんな犠牲を払っても勝て、必要ならおまえの命も仕え」 シズカ「はい、お父さん」と。 シズカが10785号事案に勝利した事により、シズカはビルを手に入れ新たなオーナーになる。 一係は捜査を続けており、ケイと廿六木は薬師寺の事務所に出向く。 が、廿六木は弟に「劣等遺伝子を受けついたおまえはただの潜在犯だ、あの女のように早く…」とののしられる。 それを聴いていたケイは、我慢できずに廿六木の弟を殴ってしまい、停職処分となってしまう。 〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期3話のネタバレここまで〜 以上がPSYCHO-PASS サイコパス第3期3話のネタバレです。 【第3期】PSYCHO-PASS サイコパス4話ネタバレ 以下、PSYCHO-PASS サイコパス第3期4話のネタバレです。 〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期4話のネタバレここから〜 小宮カリナのメンタルトレーナーであった土谷博士が生前秋葉原の廃棄区画に事務所を構えて居る事を入江の情報網より判明し、現場に向かうアラタと入江、廿六木の3人。 死んだ娘の名前を使い、廃棄区画と通常区画の境に契約していた。 3人は先ず事件の概要を探る為土谷博士の事務所へ向かう。 そこで出会った、ホームセクレタリーAIからの情報により、土谷博士の真意を知る事になる。 それは新世代人工知能マスコントロール・カリナ、〈マカリナ〉の存在である。 人間には認知不可と言う機能が存在する。 つまり人間のは自身で考える事によるエネルギー消費量が大きく、本来は考える事を得意としない生き物であると言う観点から、認知不可を外部からコントールして人間の意思決定に影響を与える話法及び、声のトーンを発生させる大衆がコントロールに特化した新世代AIがマカリナである。 マカリナは実は土谷博士が死んだ娘の代わりに作りあげたAIだった。 土谷博士は7年前のヘルメット事件の暴動に巻き込まれ死んだ。 これは1期で、槙島がサイマティックスキャンの色相チェックをかいくぐる事ができる装置で、このヘルメットを使って槙島が暴動を起こさせ大事件になりましたね。 この事件が元で狡噛さんは、槙島を追って一係を去るきっかけになった重要な事件です。 今回この事件のエピソードを絡めてくるのは次回以降に登場するであろう、狡噛さんと朱ちゃんのさりげ無いアピールでしょうか? 都知事選の討論会のギガアリーナにはケイが停職中にもかかわらずアラタ達より先に到着している。 討論を聴きに来たという名目だと「何かあったら通報する」と。 アラタ達一係の到着を待たずに討論会のギガアリーナに押し入った色相悪化者達はカリナに襲い掛かり、色相悪化者に討論会の放送はジャックされ、カリナはマカリナを利用していた事が放送されてしまう。 色相悪化者達を追って来たケイは廿六木と行動を共にし、2人で協力の末に格闘ロボットを無力化する事に成功する。 今回、廿六木のケイに対する心情の変化がとても良く伝わるエピソードだったと思います。 前回ケイは、廿六木の弟が廿六木を侮蔑する様にキレて、廿六木の弟を殴ってしまった為に停職をしていたのですが、正直ケイはそのくらいの事で我を失う様な事は無いだろうとは思って居ました。 けれど、廿六木は前回のケイの行動により自分に自信を持つことができ、さらにはケイに対しての信頼を築きあげる事となる。 今回のエピソードで廿六木はひねくれた潜在犯から、一係の刑事に変貌しつつあると思います。 六合塚が色相を改善させた事もありますが、今後廿六木も色相に変化が認められるかもしれないと思わせる変化ですね。 色相が変化するかもしれない、それってすなわち免罪体質という特殊性が失われるという結果つながるのではないでしょうか。 2期のテーマとも多少かぶる形になりますが、今回カリナのAIを利用した選挙討論を目撃した民衆はカリナを都知事選びますが、これって自己を外部委託する事をみんなが良しとする社会であると言うことです。 例えば私たちが、現在個人個人は別人格であるが社会人として会社に勤務していると、自分で考える事を放棄して指示にしたがわないといけない場合がありますよね。 おそらくシュビラシステムもこれに似た作用をしているところがあると思います。 とするならば、人間の色相は悪化したとしても自己の思考を放棄して全体の思考に自身をゆだねる事が出来る様になればたとえ潜在犯でも、色相を曇らせない事が可能になるのではないでしょうか? つまり、免罪体質に一般の人間が変貌する可能性がある。 シュビラシステムは免罪体質という特殊性のある人間の知能が行う管理システムだが、一般人が免罪体質に変貌するとなるとシュビラシステムその物の存在価値が無くなるのではないでしょうか? 〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期4話のネタバレここまで〜 以上がPSYCHO-PASS サイコパス第3期4話のネタバレです。 【第3期】PSYCHO-PASS サイコパス5話ネタバレ 以下、PSYCHO-PASS サイコパス第3期5話のネタバレです。 〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期5話のネタバレここから〜 前回、小宮カリナと会った後、カリナのメンタルトレースを行ったアラタは道ばたで倒れてしまった。 廿六木から渡された名刺には、狐のマークと「梓澤廣一」の名前があった。 一係前任監視官・来良と面会するため潜在犯隔離施設を訪れたケイは、もう一人の前任監視官・伏瀬の事故死に狐が関与していると事を知る。 「これ以上は勘弁してくれ、色相を保ったまま犯罪を行う組織狐は公安局にもいる」と去って行った。 ケイとアラタは、狐に繋がる梓澤という男を調べ始める。 梓澤の部屋にて… 梓澤は小畑に出島の土産としてカステラを持ってくる。 「次はあいつが動くんだってね、ゲーム嫌いのインスペクターなのに」と小畑のパソコンの画面をのぞき込む。 そこには、小宮カリナのほか、オープニングで出てくる謎の男3人と、初老の女性が写しだされていた。 一方刑事課の監視官控え室にて、入江は廿六木に狐の名刺をケイに渡した事を攻められる。 「疑られない為に渡したんだ」と酒をあおる。 同室に居た如月は、自室に戻る。 自室には彼岸花の花束と狐のメッセージカード「僕を忘れないで」 東京・三郷ニュータウン。 入国者の宗教活動が全面解禁となる信仰特区が誕生した。 日本人達の「宗教特区反対、入国者は出ていけ」のシュプレヒコールの中、特区では宗教関係者が集うイベントが開催され小宮カリナが「これまで入国者の皆様に禁止されていた、布教や宗教活動もここでは解禁されます。 みんなハッピーです」とスピーチの後、アイドルの衣装に変貌し歌い出す。 (カリナの衣装と歌は2話でアラタが見ていた物と同じ。 ) 運営側は小宮カリナがホロだけで現場に来ない事に移管の意を唱えるが、「リスク回避の為です」とカリナの秘書が答えた。 その時会場を狙い、腹に爆弾を埋め込んだ男の自爆テロが発生する。 霜月課長に呼び出されるアラタとケイ。 頃些側が出島で移送中に車両事故で死亡した事を知らせれる。 アラタとケイは機密レベル2の閲覧を許可された狐について学ぶ様霜月課長に指示を受ける。 爆弾事件魔は事件の状況から、事件は信仰特区絡みであり首謀者は別にいると推測した一係は、特区反対派の重要人物から調査を始める。 対象は難民弁護官のテレーザ陵駕、ニュータウン工場労働者の顔役であるジョセフ・アウマ上人、そして自爆犯も信者だった公認宗教団体〈ヘヴンズリープ〉教祖代行であるトーリ・アッシェンバッハ。 それぞれに引っかかる点はあるものの、色相はクリアで事件関与の証拠までは得られない。 関係者をあたり爆弾につながるか調べる事とした1係、ケイはトーリ・アッシェンバッハに会いに行く。 色相はクリアであり施設内は電波が遮断されていた教祖への面会を申出たけいは「厚生省に公安局の信者がどれだけいるか、我らがドミネーターを手にあなた方を肩を並べる日も近い」と脅される。 一方、アラタは六合塚弥生の協力の元ジョセフ・アウマ上人と、テレーザ陵駕に会いに行き、オブライエンとは出島の難民キャンプで知り合いだった事、アラタの父とも知り合いだった事を知る事となる。 入江に問われアラタはシュビラの輸出について父が仕事をしていた事、幼い頃出島に暮らしていた事を語る。 その夜イグナドフ邸にて、マイさんの手料理を囲むケイとアラタ。 (前回彼女が作った料理はロシア料理のボルシチの様であったが、今回はすき焼きらしき物がテーブルにならぶ) マイさんの手術の成功を祝って「おめでとう」とアラタ「でもいいのかな、もっと苦しんでいる人も居るのに」とさみしげな表情の彼女に「天国のお母さんももっと幸せになってほしいと願っているよ。 」と励ます2人。 「今起こって居る事って私達の事件と関係あるのかな?約束忘れないで、どんな真実であってもお互いを信じるって」と2人に語りかけるマイさん。 一方、イベントに出席していた、特区賛成派唯一の生き残りである入国管理局オブザーバー、久利須矜冶・オブライエンの病室で、二度目の爆破事件が発生する。 彼は爆弾テロの被害に遭い死亡するが、末期ガンである事が判明する。 公認宗教団体〈ヘヴンズリープ〉が密輸を行っている容疑を突き止めた1係はトーリの親族である国賓を軟禁しヘヴンズリープへ潜入捜査を行う。 〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期5話のネタバレここまで〜 以上が、PSYCHO-PASS サイコパス第3期5話のネタバレです。 【第3期】PSYCHO-PASS サイコパス6話ネタバレ 以下、PSYCHO-PASS サイコパス第3期6話のネタバレです。 〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期6話のネタバレここから〜 連続爆破テロの手掛かりを得るため、公認宗教団体ヘブンズリープへの潜入捜査を開始しケイと如月。 一方、アラタ達一係は、テレーザ陵駕と久利須オブライエンが共同保有していた貸し倉庫を調査。 シスターシノギとオブライエンが難民相手に国籍付与の便宜を図り財産を放棄させていた事、軍用爆薬を使って爆弾テロを企てていた事、爆弾人間があと三人いる事、爆弾テロの実行犯がニュータウン工場地帯に向かった事を突き止める。 だが糸口をつかんだと思ったその矢先、ニュータウン工場地帯で第三の自爆テロが発生。 重要参考人であるアウマ上人が死亡する。 一方潜入調査中のケイと如月は色相改善セラピーに参加して、手掛かりをつかもうとする。 セラピー参加の為、トーリ・アッシェンバッハと教壇内の見学途中信者が、トーリにアウマ上人が爆弾テロで死亡した事を耳打ちしているところを目撃し、如月は思わず表情をこわばらせてしまう。 如月の表情の変化を素早く察知するトーリ。 アウマ上人は色相悪化で強制送還される入国者達に強制売春をさせていた組織から逃げ出した入国者たちをかばって犠牲となったが、彼らがいた倉庫の奥には銃の部品パーツを作る工場が隠されていた。 施設行きを免れない、入国者達を出島でメンタルケアをする為、アラタは霜月を回し、外務省行動課の花城フレデリカに手回しを依頼する。 強制売春の被害者を助けながら密売をおこなっていたことに違和感を覚えたアラタ達一係は、銃の流通ルートを調べ始める。 そのころケイと如月はヘブンズリープが行っているセラピーの実態を知る。 そこには仮死状態にされた信者とそのカルテがあった。 カルテには爆弾テロの犯人達の物があり、トーリ・アッシェンバッハのサインがあった。 その頃、西園寺きょうこは梓澤の運転する車の中だった。 梓澤は西園寺にこの世界の真実に近づく為に、コングレスマンを目指していると語る。 西園寺はこの世で唯一シュビラと対等なのはビフロストだけだと「ラウンドロビンに選ばれる様がんばりなさい。 」 一方アラタ達一係は、アウマ上人の遺品の海中時計が出島で難民保護をしていた施設の記念品であり、配られた人物は、クリス、ニセイ、シノギ、アウマの4名。 時計の中にはマイクロチップが隠されており、複数のチップを合わせる事によってのみチップの中身が分かる仕組みになっていた。 銃の密売ルートから調べる事としたアラタは入江とともにスラムの銃砲店を訪れ、海外に輸出していた事を突き止める。 教祖代行であるトーリ・アッシェンバッハが爆破事件に関与した証拠にたどり着いたケイと如月はニセイ教祖が植物状態になっている事をみつけたところ、トーリ・アッシェンバッハに見つかり潜入捜査を見破られ拘束の身となってしまう。 拘束された如月の耳元で梓澤が「お嬢さんあなたには、手錠より真っ赤な花束が似合うのに」とささやく。 はっとする如月、何かに気づいた様子。 梓澤はトーリに教祖を有ストレス欠乏症にした事を指摘する。 アラタ達はシスターが銃の部品を運送会社のトラックの中に隠していたのかを突き止めた。 テレーザ陵駕がアラタに電話で、アラタ達一の居る場所に爆弾テロが起こる事を知らせてきた。 入江と、廿六木の活躍により爆弾テロ犯は無事執行され爆弾テロは未遂に終わった。 アウマ上人とテレーザ陵駕が爆弾テロを知っていて、止めようとしていた事に気づいたアラタは、テレーザの居場所を逆探知する。 場所は特区ピーアルイベント会場、最初の現場だった。 イベント会場に訪れた、アラタ達はそこで植物状態のオブライエンの息子を発見する。 彼はメンタルケア薬品の大量投与により、植物状態となっていた。 その頃トーリに拘束されたケイは暴行を受け、外務省の事を探ろうとしていた。 そこに現れたのは西園寺が現れる。 トーリはインスペクターであり、西園寺の息子であった。 その頃ケイの妻マイさんは無事手術を終えていたが、ヘブンズリープの魔の手に掛かる。 〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期6話のネタバレここまで〜 以上が、PSYCHO-PASS サイコパス第3期6話のネタバレです。 【第3期】PSYCHO-PASS サイコパス7話ネタバレ 以下、PSYCHO-PASS サイコパス第3期7話のネタバレです。 〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期7話のネタバレここから〜 ヘブンズリープ潜入捜査を行っていたイグナトフ監視官と如月は捕縛され、イグナトフ監視官はトーリにより尋問を受けます。 「外務省からスパイが2名侵入しているはずだ」というトーリは、イグナトフ監視官に誰が侵入しているのかを吐け、と迫ります。 ですがイグナトフ監視官はもちろん知るはずがありません。 彼に揺さぶりをかけるためにトーリが用意したのは、妻の舞子でした。 トーリは怒りに燃え、必ず助けると舞子に叫びますが、舞子は如月と同じ部屋に監禁されます。 一方、灼監視官はメンタルトレースに成功。 死亡したと思われていた久利須が生存していることを知ります。 テレーザ陵駕の居場所も把握した灼は廿六木・入江を連れて隠れ家へ潜入、テレーザ陵駕との接触に成功します。 テレーザ陵駕は、この事件の発端は久利須・アウマ・仁成と自分で計画した4名の「終末救済プラン」であったと告白します。 しかしそれをより自分たちより強い権力に見つけられ、利用されたというのです。 灼は「その組織とは何ですか?」と問いかけます。 テレーザ陵駕はそこで「ビフロスト」の名前を初めて告げました。 拷問を受け意識を失っていたイグナトフ監視官は、意識を取り戻し舞子と如月の監禁されている部屋にまでたどり着きます。 3名は脱出を図りますが、脱出可能な人物は如月のみでした。 イグナトフ監視官は、如月に懐中時計を託し彼女だけでも脱出をするように命じます。 如月は了解し、水中へ脱出。 残った2名は再度教団の人員に取り押さえられてしまいます。 「ビフロスト」ついては、テレーザ陵駕も詳細を知らないとの事でしたが、そこで久利須からテレーザ陵駕に電話が入ります。 久利須の息子は難民救済のために従事し、テレーザ陵駕に愛情を注がれていた人物でした。 しかしトーリの教団により「エターナルホワイト」、つまり植物人間にされてしまい、久利須はその復讐を必ずすると言うのです。 その時。 狙撃手が現れテレーザ陵駕の隠れ家を強襲、灼たちはピンチに陥ります。 激しい銃撃戦の中、テレーザ陵駕は懐中時計を灼に託したまま死亡。 応戦していた廿六木も肩を撃ち抜かれます。 公安課に戻った灼たち。 廿六木の手当と如月の確保・治療が唐之杜志恩の研究室で行われます。 如月の持ち帰った情報により、イグナトフ監視官の正体ばバレた上まだ監禁されていること、そして彼の妻の舞子まで捕縛されていることを灼は知ります。 悔しい表情を見せる灼。 唐之杜志恩は如月が灼に渡した懐中時計の解析を実行します。 ついに行動計画表サーバにハッキングが可能となり、次の目的が「都知事・小宮カリナ殺害」であることを灼たちは突き止めます。 イグナトフ監視官は連行中、再度隙を見て信者を制圧しようとします。 しかし、その時ひとりの信者のホロが溶けました。 ホロを外してみると、そこには外務省の宜野座が現れました。 イグナトフ監視官の捕縛を解除したのも、実は宜野座だったのです。 そこにはもうひとりの信者が現れ、ホロを解除すると須郷の姿もありました。 ふたりに妻・舞子の所在を必死にたずねるイグナトフ。 宜野座はそっと、トーリと舞子の居場所を教えるのでした。 灼は爆弾テロ妨害のためにカリナに通信を行います。 カリナはこれから先日事件のあったドームに向かう最中でした。 灼はそれを辞めるよう強く言いますが、カリナは聞き入れる事が出来ません。 代案として灼はある案を出し、カリナから危険を排除しようとします。 久利須はカリナの自動車を襲撃、自爆しようとしましたが出てきたのはカリナのホロをまとった灼と雛川でした。 久利須の抵抗にドミネーターを構える雛川。 しかしその攻撃を停止するように灼は求めます。 標準が灼に当たったままのドミネーターは、灼の犯罪係数を計測していきます。 久利須の自爆を食い止めるため、必死の説得を試みる灼…… 犯罪係数は限りなく下がっていきます。 久利須が病気によって息絶えたときには灼の犯罪係数はなんと「0」を記録したのでした。 シビュラシステムからの指示を受け、霜月課長たちはトーリの教団への強制捜査をついに実行します。 催涙弾を使用することで色相クリアの信者を排除し、徐々にトーリを追い詰める公安局。 公安局の強制捜査を受けたトーリは、「ビフロスト」の手先である梓澤に手を貸すよう連絡を取ります。 しかし梓澤は皮肉なことに、トーリの母親である裁園寺の味方としてあえてトーリを見放すのでした。 怒りが頂点に達したトーリは、舞子を連れて地下水路へ逃げ出します。 トーリの後を追跡してきたのは、イグナトフ監視官でした。 舞子を放すように哀願するイグナトフをトーリは嘲笑します。 トーリは自分はコングレスマンになる、だからここで死ぬわけにはいかないと言いました。 そのとき、舞子は素早くトーリの拳銃を奪いトーリを撃ち抜きます。 排水路に倒れ込み、息絶えるトーリ。 しかしイグナトフと舞子はようやく再会し、舞子の目が治ったことを祝福出来たのでした。 無事に舞子は公安局によって保護され、灼とイグナトフは再会します。 しかしイグナトフはその場で灼を殴りつけ、「何故舞子を巻き込んだ!?」と激しく灼を問い詰めます。 「言い訳はしない」とイグナトフの怒りを受け止める灼。 その様子を見ていた霜月課長は、ふたりともメンタルケアを受けるように指示を出すのでした。 舞子はトーリを殺害してしまったため、犯罪係数が上昇したこともありケア施設に入所します。 イグナトフはメンタルケアが上手くいけば必ず復帰できると彼女を励ましていました。 公安局で灼は舞子を守り切れなかったことを反省します。 その頃、「ビフロスト」では、裁園寺がトーリを操ってゲームを有利に誘導していたことを問い詰められていました。 さらにトーリの生前の映像が映り、実はトーリが彼女の企みを知っていたことが暴かれます。 「ビフロスト」の規定を著しく外れたとして、裁園寺は「告発」から「執行」となります。 コングレスマンとしての位置をはく奪され、その肉体は光線によって蒸発してしまいました。 コングレスマンは残り2人。 「ビフロスト」はこのままゲームを続行していきます。 〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期7話のネタバレここまで〜 以上が、PSYCHO-PASS サイコパス第3期7話のネタバレです。 【第3期】PSYCHO-PASS サイコパス8話(最終回)ネタバレ 以下、PSYCHO-PASS サイコパス第3期8話(最終回)のネタバレです。 〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期8話(最終回)のネタバレここから〜 如月が打ち明けた過去の話ですが、彼女は公安の刑事課に入る前はスイミングの選手で恋人もいました。 しかし、恋人と車を運転中に事故に遭います。 それも、如月や恋人の運転ミスではなく被害者なのに色相が濁ってしまい施設送りになります。 加害者の方は色相が無事で罰金を払って終わりです。 施設にて、如月は執行官の適正が出て、その結果を受け入れましたが、彼女の恋人は施設の中で亡くなってしまいます。 如月はそのことに対して納得がいかず、一年前にオンラインのカウンセリングで、事故の仔細と彼女は加害者を罰したいということを書きました。 そうすると、例の加害者が再び交通事故にあいました。 その後、如月はカウンセリングの相手から、指示を受けます。 その内容が「ある事故について嘘の報告をしろ」というもので、それは事件の隠蔽協力を示唆するものでした。 このカウンセリングの相手こそがインスペクター梓澤だったのです。 その後、前任監視官の事故が起こり、怖くなった如月はインスペクターとの連絡を完全に断って、その時のことを悔やんでいます。 そして、灼の免罪体質が霜月にも明らかになり、彼女は朱に「なんて厄介なのを推薦したんです!?」と詰め寄ります。 それもそのはずで、免罪体質はシビュラシステムの穴、盲点そのものですから、監視管としての能力がないとわかると処分されることになっています。 霜月は怒った態度とは裏腹に、部下の面倒をみると朱に宣言します。 人手不足だからと言い訳のように言いますが、使命感と人情に溢れています。 如月から得た情報を炯は霜月に伝え、外務省実行課と情報を共有します。 梓澤が犯罪を行う際に協力している相手は、海外ではピースブレイカーと呼ばれる存在で、日本ではパスファインダーと呼ばれている者たちです。 外務省はこの人物たちを追っています。 花城は梓澤も外務省実行課が確保したいと主張しており、それを譲らない霜月とは「早い者勝ちになるわね」と協力体制を取りつつ競合することになりました。 インスペクターについてですが、トーリもそうであったようにインスペクターは何人かいて、その序列は13から1まであって、能力によって数字が小さくなるようです。 小畑が梓澤の協力で11まで数字が上がったと発言したことからも明らかですね。 梓澤がファーストであるということは、インスペクターの中ではトップなのでしょう。 他人のIDを使用して生活できることからも、コングレスマンほどではないにしろ、相当な権力、裏社会の力を持っているはずです。 梓澤と代銀の会話から、梓澤と灼の父親にはなんらかの因縁がありそうです。 梓澤が灼に対して明確に敵意を抱いていることも判明します。 炯は舞子が強制的に入院状態にさせられ、気が気ではない状態です。 灼に、サイコドライビングという精神的誘導を「俺や舞子に使ったことはあるか」と聞いたりするほど猜疑心が募っています。 今まで命を張って正義の為に働いてきたのに、入国者というだけで、差別され酷い仕打ちを受け、大切な人を守ることも出来なかった為でしょう。 そんな精神状態最悪の炯がインスペクターになってしまいます。 その経緯は以下の通りです。 インスペクターと待ち合わせ場所(榎宮宅)に現れたのは、梓澤ではなく、梓澤に出し抜かれたコングレスマンの静火でした。 静火は代銀にとって、ビフロストでの対戦相手ですから梓澤を使って、早く亡き者にしてしまいたいわけです。 しかし、静火も黙って殺されはしません。 インスペクター確保にやってきた炯に、逆にパスファインダーと外務省実行課の狡噛達から自身を守らせて、一切の情報を提供せず、誰にも自分の存在を郊外しないことを前提として、舞子を退院させることだけを条件に、インスペクターになる契約に必要な端末を渡して一方的に去ります。 そうして、炯がインスペクターになることで、舞子は無事退院できました。 知事を護衛していた灼にも、捜査に進展があります。 知事をパパラッチするドローンを唐之森に調べさせて、怪しいドローンを操作している人間を辿ることで、小畑との接触が可能になりました。 そのまま小畑を確保(強制捜査の可能性をチラつかせながら、任意同行という形で)して、灼が尋問します。 すると小畑が灼の父親を知っていることを仄めかします。 最後の最後には、「正義」について取材を行っていた六合塚が交通事故に遭います。 クラクションの中、車の横を通り過ぎるのは「さらば伝説の女刑事」と微笑む梓澤です。 〜PSYCHO-PASS サイコパス第3期8話(最終回)のネタバレここまで〜 以上が、PSYCHO-PASS サイコパス第3期8話(最終回)のネタバレです。 アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」第3期8話(最終回)の感想 「謎が!!謎を呼びすぎる!!!」というのが、最終回の率直な感想です。 そもそも、「終わってないやん」というツッコミを入れたくなります。 でもそれはガッカリだという気持ちではなく、「これはまだ、続きが見れる」という予感と期待に溢れた喜びからのツッコミです。 それにしても、炯には苦しい回でした。 党の方針から、強制的に入院が延長されて、ヘブンズリープでなんとか無事だった舞子と理不尽に隔離され、知事の警護からも外されました。 過去話での行いが最終回にきて裏目に出るとは…… でも、あの場面で廿六木の弟を殴っていなければ、彼の信用をガッチリ掴むことはできなかったかもしれません。 とはいえ、炯自身の正義を貫いた結果、世論からは批難を受ける結果に。 しかも、廿六木は如月が狐だったことから、他にも公安局に狐がいるかもしれないと疑っていて、このまま炯がインスペクターになったことが明らかになったりしたら、彼の信用さえも失うことになりかねません。 これは苦しい流れです。 せめて、精神が良好な状態だったら、あの場で炯はインスペクターになる決断以外の方法が思いつけたかもしれないのにと思わざるをえない。 早くも狡噛に怪しまれているし、見ていてとてもヒヤヒヤしました。 知事もあんなに信頼しあっていた第一秘書のアンを解雇せざるをえなくなり、彼女自身が知事として選んだ結果であったとしても、その決断は身を切るようなものだったことでしょう。 灼は灼で、執行官としてやっていけなくなったら処分という情報が出てきて、本人自身が自分に対して疑問を抱きながら仕事をしているような場面がでてきて、「朱さんすごい賭けに出たな…」という感じです。 それと灼は知事といい雰囲気ですね。 それにしても、梓澤が全然読めないですね。 コングレスマンになることを目的としているようでもありますが、ありとあらゆる発言が私には嘘っぽく聞こえます。 謎が多い静火も今回は発言が多いので、少し人物像が見えてきたと感じました。 そして、最後の六合塚には…… 「あんまりだ…」と肩を落としました。 彼女の取材が朱の解放につながる希望がチラっと見えたのに…… 朱が捕まっている原因などの、色んな謎の糸口が見えたと思ったのに… こんなところで…と落胆せざるをえません。 せめて生きていればいいのですが……ちょっと生死は怪しいですね。 早く続編が見たくてウズウズします。 アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」第4期に向けての展望と考察 8話のタイトルですがOPと同じ(綴りこそ違えど)キュビズムでしたね。 タイトル通り、立体的にキャラクターの過去や現在、どんな「正義」に基づいて行動しているのか見えてきたと思います。 キャラクターたちがしっかり見えてきたことによって、ようやく彼らが複雑に絡まった事件が見えそうです。 六合塚が執行官として最後に関係した事件が全部がつながっていると予想していましたが、全部というのは朱が囚われていることの原因や、灼の父親の事件、それに日本が開国することになった経緯にまで遡るのでしょうか。 最後に梓澤が六合塚を妨害したのは、その事件の全容が明らかになると困るか、朱が解放されると何か問題が起こるからなのでしょう。 それにしても、静火の目的が明らかになれば、炯が今後公安でどういう立ち位置になるのか明確になるんですけれど。 ビフロストの最中で、公安にベットしているシーンも多かったし、公安の味方のような雰囲気はあるが…… どうも目的がはっきりしないですね。 父親に「勝つために育てた」と言われていたから、ビフロストに参加し勝利し続けることも、静火にとっては義務であって目的ではないのか? という気もしますが、次回ではこのへんも明らかになるのでしょうか。 梓澤の目的も謎ですが、くるみ割り人形の話から、それが垣間見えそうではあります。 公安をどうにかして潰そうとしている。 そして、目的のものを取り出そうとしています。 くるみ割り人形の話が唯の例え話でなかったとしたら、梓澤には「姫」に相当する人物がいるかもしれません。 そして、梓澤と代銀の会話の最中に気になるシーンがあります。 サイコパスを1から見ている方ならピンとくる筈です。 マドレーヌと紅茶が出てきましたね。 これは、どうしても槙島とチェ・グソンを連想させます。 ひょっとして、あの二人がシビュラシステムの正体を知った時にビフロストの基盤か前身になるものを作っていたのではないか? と私は疑っています。 いいえ、それは流石に言い過ぎかもしれませんが、「免罪体質者」の存在をコングレスマンになると、知識として獲得できることからも、何らかの権限を持った人間が、普通の人間では知りえないことを知ることできる知識体系がビフロストにあるのは確かでしょう。 どのような経緯でビフロストが出来たのか、そういうことにも次回には触れるのでしょうか。 本当に次回が待ちきれないですね。 アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」第3期を全話フルで無料視聴する方法 PSYCHO-PASS サイコパスシリーズのアニメ動画を配信しているサイトは、数多くあります。 が、第3期の動画配信に対応しているのは、Amazonプライムビデオだけ。 参考として、主な動画配信サイトと、PSYCHO-PASS サイコパス第3期の配信状況をまとめたので、見ていきましょう。 30日間無料お試し• 放送の1時間後から見逃し配信スタート• なので、第3期の見逃し配信は、Amazonプライムビデオを利用することになります。 \30日間無料お試し/ AmazonプライムビデオでPSYCHO-PASS サイコパス第3期の動画を見る方法.

次の

PSYCHO

サイコパス 4期

タグ amazon Apple Books BL BOOK WALKER BookLive! docomo系 eBookJapan FODプレミアム honto hulu music. jp Reader Store Renta! SF作品 TSUTAYA Tマガジン U-NEXT ひかりTVブック まんが王国 アニメイトブックストア アニメ無料動画 アプリ アルスラーン戦記 キャラクター紹介 キャンペーン コミックDAYS コミックシーモア コメディ作品 サービス比較 ダンまち ドロヘドロ ネタバレと感想 ハートフル作品 バトル作品 ファンタジー作品 ブックパス ブック放題 ベルセルク ホラー作品 ミステリー作品 メイドインアビス ヤングマガジン ロボット作品 全巻無料 全話無料 動画視聴 各種手続き 恋するソワレ 恋愛作品 日常作品 月刊アフタヌーン 月刊少年マガジン 波よ聞いてくれ 漫画全巻ドットコム 漫画無料 無料お試し 無料で読める 無料期間で解約 約束のネバーランド 考察 花とゆめ 解約前の注意 評価・口コミ 週刊少年サンデー 週刊少年ジャンプ 進撃の巨人 雑誌読み放題 鬼滅の刃• 2012年に放映され絶大な支持を集めたアニメ「サイコパス」。 アニメは2014年には「サイコパス2」、2019年には「サイコパス3」と続編が制作され、今回の 「劇場版サイコパス3 First Inspector」は「サイコパス3」の続編として作られました。 監督には「サイコパス」シリーズを全て手掛ける塩谷監督、脚本には冲方丁を迎え、公安局刑事課1課の新人監視官・慎導灼とミハイル・炯・イグナトフが新たな闇に立ち向かいます。 今回は、 映画PSYCHO-PASS サイコパス 3のネタバレと感想について書いていきます。 そして 「サイコパス4」の可能性について考察してみました。 映画|PSYCHO-PASS サイコパス 3の全ストーリーをネタバレ 六合塚が死亡!?衝撃のシーンから始まる! アニメ版「サイコパス3」のラストシーンから、劇場版「サイコパス3」が始まります。 刑事課1係に力を貸した六合塚ですが、公安局からの帰宅時に何者かの仕業によって、事故に遭ってしまいました。 意識を失った六合塚に近づいたのは、梓澤です。 梓澤は彼女から公安局のパスを手に入れます。 そしてそのまま、バイクで走り去りました。 一方、舞子を人質に取られ13thインスペクターとなったイグナトフのもとに、コングレスマンである代銀から連絡が入ります。 代銀は自分の権力と、イグナトフの兄の死についての真実を知っているとほのめかし、通話を終了。 代銀の居場所を把握するために、イグナトフは妻を自宅に残し、音声捜索を始めます。 その結果、 代銀の居場所は有明と判明。 イグナトフは急きょ有明へ向かうのでした。 梓澤、公安局を手中に収める! 公安局に到着した梓澤は、六合塚のパスを使い簡単に局へ入り込みます。 同時に何匹もの羽虫型ドローンを放ちました。 羽虫型ドローンはあらゆる場所に入り込み、サーバーをダウンをさせます。 そのまま梓澤は拘置所エリアへ向かい、まず囚われていた小畑を救助します。 同時に収容されていた囚人を解放します。 彼らには公安局刑事課のメンバーの映像を見せ、彼らを人質にするよう誘導します。 内部・外部どちらからも孤立した公安局。 さらに梓澤は、「パスファインダー」と呼ばれる殺し屋2名を有明に招き入れます。 この混乱の中、公安局刑事課1係は全員がバラバラに行動をしていました。 雛川と廿六木は食堂、入江と如月は屋外、灼は刑事課1係の部屋にいたばかりに、チームの連携が取れなくなります。 さらに悪いことに、 公安局で会見を行う予定であった小宮カリナと唐之杜までビル内部に閉じ込められてしまったのです。 梓澤は、刑事課のフロアにまで行くと灼を拘束、連れ去ります。 その隙に小畑は唐之杜の分析官ラボに侵入し、公安局システムへのハッキングを開始しました。 有明のイグナトフ、「外務省行動課」と遭遇 有明に到着したイグナトフを待っていたのは、外務省行動課・須郷でした。 須郷はイグナトフを監視し、外部の誰と接触していたのかを探ろうとします。 そこに激しい銃撃の嵐が! 梓澤の放った「パスファインダー」の内の1名が、有明のイグナトフと外務省を始末するために動いていたのです。 銃撃は途中からドローンのものと代わり、「パスファインダー」は姿を消してしまいました。 ドローンの囮となった須郷は負傷しましたが、イグナトフは無事ドローンを破壊し、身の安全を確保します。 須郷が外務省へ応援を呼んだ結果、行動課の花城・フレデリカと宜野座、そして狡噛が姿を現します。 宜野座と狡噛はヘリで公安局に侵入しようとしていました。 イグナトフはふたりに頼み込み、自らも公安局ビルに乗り込むことに決めます。 行動を開始する公安局刑事課1係 食堂で一緒だった雛川と廿六木は、拘置所エリアから脱出した数名の暴徒を鎮圧します。 異常を察知した雛川と廿六木は脱出口から抜け出そうとしましたが、ロックがかけられています。 幸い、雛川が腕時計型コンピューターを持っていたため、食堂の脱出口だけは開錠に成功。 非常階段を出たところで、霜月と遭遇します。 霜月たちはまずドミネーターがなければ、鎮圧が難しいと判断し階段を使用してドミネーターの保管庫である20階まで降りることにしました。 唐之杜とカリナは、共に会場からの脱出を試みます。 途中で資材置き場の部屋に辿り着き、唐之杜は中から超小型のダンゴムシ型ドローンを組み立てます。 しかし、ここで公安局の回線を乗っ取った梓澤から、アナウンスが入ります。 低階層は毒ガスが充満しており、大勢の人間が人質となっていること。 外国からの暗殺者(=パスファインダー)がすでに局長室をジャックし、禾生局長を拉致したこと。 頼りになるはずの刑事課の2係は全員外出していること。 これらの条件を全て解除したいのであれば、30分以内に小宮カリナの辞任宣言を撮影し、放送するように梓澤は要求したのです。 同じ頃、梓澤は灼を刑事課1係の部屋から、別の部屋に移動させていました。 灼は梓澤が何の目的で公安局を乗っ取ったのかをメンタルトレースしようとし、失敗。 梓澤は世界を知りたいだけだ、と言い残し灼を椅子に縛り付けたまま部屋から姿を消しました。 その隙に、灼はカリナからもらった香水の瓶を床にたたきつけ割ります。 香水に含まれているエタノールが空気中に散布された結果、唐之杜のダンゴムシ型ドローンが空気成分に異常を感知し、 灼の場所は唐之杜とカリナの近くであることが判明したのです。 また、このダンゴムシ型ドローンは梓澤の持ち込んだ羽虫ドローンにも有効でした。 羽虫型ドローンを蹴散らしたダンゴムシ型ドローンは、公安局のシステムを少しだけ取り戻すことに成功したのです。 ネットワークの一部が乗っ取られたことに悔しさをにじませる小畑でしたが、梓澤は問題としていません。 梓澤はカリナが辞任宣言をしないため、まずは灼を殺害しカリナに揺さぶりをかけようとしました。 1名の「パスファインダー」を灼の部屋に送り、その「パスファインダー」に灼を始末させようと考えたのです。 外務省行動課・狡噛とイグナトフが公安局に到着 外務省行動課とイグナトフを乗せたヘリは、公安局の屋上のヘリポートを目指しています。 それを発見した刑事課1係の如月と入江は、屋上にあがりました。 しかしすでにそこには「パスファインダー」がおり、外務省のヘリ到着を重火器で阻んでいます。 入江と如月に気が付いたイグナトフは、ヘリから銃火器を渡します。 さらに外務省行動課からは狡噛が、さらに公安局からはイグナトフが屋上に降り立ちました。 「パスファインダー」は時間を確認すると、屋上を離れ別の任務に向かいます。 ですがロボットドローンが設置されているため銃弾の嵐は止まりません。 ヘリの到着は困難を極めました。 入江たちはドローンに発砲し、イグナトフも加勢に加わります。 最後には宜野座が運転するヘリがドローンをヘリポート外に落とし、全員が無事に公安局屋上に降り立ちました。 公安局刑事課1係、サーバールーム前に集合 ところがここで驚くべき出来事が起きてしまいます。 梓澤は30分を経過してもカリナから連絡がないことから、 見せしめのために「パスファインダー」を使って禾生局長を殺害してしまったのです。 そして灼に送られた「パスファインダー」も灼の部屋に到着していました。 ところが、そこに灼の姿はありません。 唐之杜とカリナがすでに救出していたのです。 さらに唐之杜は離れ離れになっていた公安局員の通信回路を奪還することに成功しました。 これで ビル内にいる公安局刑事課1係とは全員コンタクトが出来るようになったのです。 刑事課1係は全員、サーバールーム前に集合しようと決め、通信を終えます。 いち早くサーバールーム前に到着した灼、唐之杜、カリナ。 サーバー前の廊下は、通過しようとすると向かい側のビルから廊下に向かって銃が発砲される仕組みになっていました。 通路の死角には対格闘用のドローンが見張りを行っています。 サーバールームを前にして足止めを食らう灼たちに、梓澤から通信が入ります。 梓澤はそばにカリナがいるのなら、今すぐ辞任するようにしろと強要します。 梓澤はさらにとある映像を灼たちに送りつけました。 その映像はカリナの秘書・オワニーの姿でした。 オワニーはガスの充満する地下駐車場に監禁されています。 さらにその周囲を絶え間なくロボットドローンが見張っています。 灼はこれを見てオワニー救出は自分が向かう、と宣言します。 さらに、梓澤の狙いはオワニーの命よりも、自分たちをサーバールームに近づけないことにある、と考えました。 サーバールーム前廊下の灼たちのもとに、イグナトフ、入江、如月たちが集合しました。 イグナトフと灼は行き違いがありましたが、ここでようやく再度友情を結ぶことが出来ました。 イグナトフは灼のことを信じ、オワニー救出へ灼を送り出します。 格闘型ドローンの前にはすでに入江と如月の姿がありました。 武器を携えた「パスファインダー」はすでに狡噛が追跡をしています。 ところが、ここでイグナトフに「インスペクター」から連絡が入ります。 「インスペクター」の要求は、今近くにいる小宮カリナを殺せ、というものでした。 しかしイグナトフは拒否、もうそちらの思い通りには動かないと言います。 「インスペクター」である梓澤はその答えを聞いて、次の作戦を考えます。 サーバールーム前の通路の銃撃は、外務省行動課の宜野座が停止させました。 宜野座はビルの前で銃撃を行うロボットドローンを破壊、銃撃を止めることに成功したのです。 さらに宜野座は、外の公安局刑事課2係と連携を取っていました。 イグナトフの前に輸送用ドローンが出現し、ドミネーター2丁が手渡されます。 サーバー解除に成功、刑事課1係連携可能に 無事にサーバールームに侵入出来た唐之杜ですが、同時にカリナも一緒にサーバールームに入ってしまいます。 サーバー用の制御コンピューターに触れようとしたとき、唐之杜の前には警告の表示が浮かび上がりました。 今すぐにサーバーから離れなければ、3分以内に部屋中に毒ガスを散布するという、梓澤からの警告です。 唐之杜はそのままサーバーの解除を行います。 カリナは停止するよう言いますが、唐之杜は必ずやりとげると言い、サーバーの解除を進めました。 やがて毒ガスが噴出し、唐之杜が持っていたガスマスクがカリナに渡されました。 唐之杜は何とかサーバーを取り戻すことに成功したものの、有毒ガスのため、その場で倒れます。 霜月、廿六木、雛川はドミネーター奪取のため、保管庫へ向かっていました。 しかし、 保管庫の前には武装した囚人たちが待機していたのです。 ドミネーター確保に向かうはずと行動を読まれていたのでした。 そこで霜月は、使われていない小部屋に入り何かを探します。 そこにあったのは、従来のドミネーターをショットガンタイプに改造したドミネーター試作品でした。 この試作品を廿六木に渡し、囚人たちに行使するよう霜月は命じます。 威力はすさまじく、かなりの数を食い止めることが可能となりました。 霜月課長たちは唯一の戦力であるドミネーターを確保したため、囚人たちを蹴散らし、サーバールームに向かいます。 イグナトフとカリナは局長室へ。 ドミネーターは灼とイグナトフが所有。 霜月課長たちはサーバールームに集合し、これで全員がサーバールームに到着することが出来ました。 イグナトフは先ほど宜野座から受け取ったドミネーターを灼のもとに送りたい、と雛川に依頼し、ドローンによってドミネーターが灼のもとに送られます。 霜月課長はまず都知事の身の安全が第一と考え、カリナを局長室で保護することを思いつきます。 霜月課長はサーバールーム前で待機し、廿六木はドミネーターの充電を実行、イグナトフはカリナの護衛という役割が当てられました。 イグナトフとカリナは局長室に向かいます。 その時、「コングレスマン」からイグナトフに連絡が入ります。 「カリナは自分自身のAIマカリナを入れたブラックボックスを持っている。 それをこちらに送信してほしい」 「コングレスマン」の要求は、イグナトフの理解を超えたものでした。 しかも、「パスファインダー」と戦闘型ドローンが局長室に向かっていることが、位置情報から判明します。 これだけ早くにカリナの位置がバレてしまうことはおかしい。 イグナトフはカリナに疑問のまなざしを向けます。 灼、秘書救出に成功。 毒ガスはブラフだった! 一方、 駐車場でイグナトフからのドミネーターを受け取った灼は、無事オワニー救助に成功します。 オワニーの元に毒ガス防護マスクがあったこと、その気さえあればカリナを見捨て、自分だけが生き残ることが出来たことを灼は疑問に思います。 そして、ある考えが閃いたのです。 灼は公安局のネットワークに接続しました。 「下層階に毒ガスが散布された、という情報はダミーです」 灼は刑事課全員が見守る中で、自分の毒ガスマスクを外し、息を吸い込みました。 何も起きません。 毒ガスの情報は梓澤のフェイクだったのです。 しかし 灼は、刑事課が毒ガスがフェイクであると知っていると、相手に悟られてはいけない、と言います。 これまで通り交渉を時間延ばしさせるため、霜月課長は梓澤に悟られぬよう、交渉を継続する方針を決めました。 霜月課長のもとに、梓澤から都知事を辞任させるよう再度要求の連絡が入ります。 霜月課長は堂々とそれに応じますが、その余裕ぶりが先ほどとは違うと梓澤は気づき、 毒ガスのブラフがバレたことを悟ります。 霜月課長はシラを切り通しますが、梓澤はすでに真実を知っていました。 「こうなってしまっては、公安局に都知事を殺してもらおう」 梓澤は不吉な言葉を残して通信を切断します。 カリナの居場所の判明の理由は、口紅にあった! 局長室のイグナトフは、やがてこの室内にやってくる「パスファインダー」とドローンをやり過ごすために、まずカリナの「ブラックボックス」を借り受けます。 そして何故、梓澤がカリナの情報を素早く把握できるのかを知るため、「灼から最近何かもらったものはあるか?」とカリナに聞いてみました。 ちょうどカリナは自分自身が現在つけている口紅がそうだ、と答えます。 灼ならそんなことをしない、と直感したイグナトフは、 カリナの口紅が発信機であったことを見抜きます。 そしてカリナがその唇を当てた瞬間に、生体認証が入り位置情報を梓澤に送信し続けていたのでした。 イグナトフはこの情報をもとに反撃を始めます。 灼、犯人・梓澤のメンタルトレース開始 灼はオワニーを安全な場所に隠し、イグナトフに通信をします。 梓澤のメンタルトレースを実行したい、それが灼の要求でした。 梓澤を抑えるためにはそれしかないと判断したイグナトフは、 灼のメンタルトレースを支持し、灼はついに梓澤の深層心理に入り込みます。 梓澤の深層心理内に浮かび上がったものは、意外にも灼の幼少期の記憶でした。 父と梓澤が何かを会話しているのです。 しかも背後には、巨大なシステム。 人間の脳が整然と並び、指示を出すもの。 灼は自分がシビュラシステムの真実を知っていたことを思い出します。 それは父、篤志によって「雨が降っている」の言葉で封印されていたのでした。 灼は実の母が死んだとき、色相が全く変化しなかったことから、免罪体質者であることが判明します。 父の篤志はそのために「コングレスマン」と接触、灼にシビュラシステムの全貌を見せます。 その上で、灼にシビュラの一員になるか、普通の人として生きるかを聞いたのです。 幼い灼はシビュラの一員となることを拒否、ごく普通の人間である道を選びます。 その様子を見つめていた「狐」の男、それが梓澤でした。 イグナトフの声で、灼はメンタルトレースを終了します。 メンタルトレースからわかったことは、梓澤の本当の目的でした。 灼は梓澤と一対一で対峙するために、これから梓澤のもとに向かうと言います。 そして、出来る限り灼と梓澤のふたりだけにさせてほしい、とイグナトフに伝えたのでした。 さらに灼は、梓澤に通信を入れます。 梓澤にふたりだけで会いたい、と言う灼。 梓澤には「真実を教える」と伝えます。 局長室にはついに「パスファインダー」が到着しました。 「パスファインダー」はそのまま室内に忍び込み、椅子に座っていたカリナを撃ち殺します。 しかし、それはカリナのAI、マカリナでした。 物陰に隠れていたイグナトフはすぐさま「パスファインダー」をドミネーターで処分。 さらにマカリナの音声変換機能を利用して、梓澤に「カリナを始末した」という偽の「パスファインダー」からの通信を入れます。 しかしここで、問題が発生していました。 梓澤は公安局だけではなく、外務省とも通じていたのです。 外務省には「コングレスマン」の情報と、世界各地でテロを起こす「ピースブレイカー」の情報を渡す代わりに、自分の身柄を保護してほしい、という梓澤の要求に外務省の行動課課長・花城はOKを出します。 そこで公安局ビル内にいる狡噛に、梓澤の身柄を急遽確保するよう、指令が下っていました。 この情報を雛川からの通信で知ったイグナトフは、灼との約束を守るために狡噛を梓澤のもとに行かせまいと止めに入ります。 梓澤と小畑は地下駐車場にいました。 囚人たちと同じタイミングで、護送車に乗り込み逃亡しようとしていたのです。 そこに訪れた灼は、小畑の運転する護送車に乗り込み、梓澤と対峙します。 梓澤は「ビフロスト」の真実を灼に語り始めました。 「ビフロスト」の真実、そして舞台はあの「ノナタワー」へ もともと 「ビフロスト」とは、シビュラシステムが初期の頃に設置された、デバッグチームだったのです。 そのチームは、次第にシビュラを自分たちの都合の良いように運用し始めました。 しかし、シビュラは日々進化をします。 そのために「ビフロスト」は直接シビュラに触れず、シビュラの盲点を突きながら自分立の利益を伸ばす団体となったのです。 梓澤の求めるものは、「ビフロスト」の「コングレスマン」の位置ではありませんでした。 メンタルトレースを行った灼は、梓澤自身が「シビュラ」になりたいのだろう、と目的を言い当てます。 梓澤は満足そうな笑みを浮かべました。 実は数分前、「コングレスマン」である代銀が、梓澤に「都知事がまだ生きている。 早急に始末しろ」と命令を下しました。 しかし、梓澤はすでに「コングレスマン」の地位に興味を失っていました。 こうして梓澤は「コングレスマン」との繋がりを断ち、自らの願いを叶えるために灼と出会ったのです。 ノナタワー前で小畑の車と別れ、灼と梓澤は地下へ降りていきます。 すでにシビュラは彼らのことを知っていました。 灼と梓澤は、シビュラシステムに辿り着きます。 梓澤は興奮し、シビュラに「自分をシビュラという神の一員に加えてくれ」と交渉をしますが、シビュラはあっさりとそれを断りました。 シビュラは、梓澤はあくまでゲームを楽しんでいるだけの人間という判決を下します。 そしてその隣にいる灼に、再度シビュラシステムに加入するよう要請をするのでした。 怒り狂う梓澤。 灼と交戦が始まります。 灼のドミネーターはシビュラに管理され、梓澤を始末するように殺害モードに変貌します。 しかし 灼は、「人は裁かれ、その後更生する機会も設けられるべきだ」と主張、あくまで梓澤を通常の犯罪係数で測定し、逮捕すると言います。 シビュラはしばしの審議の結果、灼の意見を採用。 灼は無事、梓澤を逮捕することに成功したのでした。 「ビフロスト」の本拠地、最後の「コングレスマン」」法斑の処遇 一方、公安局の霜月課長はすでに禾生局長から呼び出しの連絡があり、ノナタワーに向かっていました。 ノナタワー地下。 ここに「ビフロスト」のシステムが隠されていたのです。 「ビフロスト」では代銀はカリナが死亡するほうに賭けていたため、このゲームで全ての財産を没収されてしまいました。 法斑は、イグナトフからマカリナのブラックボックスを受け取り、AIを巧みに利用することで、代銀自身がAIであることを見抜いていたのです。 代銀は完敗したことを認め、ラウンドロビンから消去されます。 次なる「コングレスマン」を要求された法斑は、その椅子に「シビュラ」を呼び込みました。 こうして 「ビフロスト」はシビュラと繋がり、シビュラの一部として機能することとなったのです。 全てが終わったあと、禾生局長と霜月課長は法斑のもとに現れました。 禾生局長は、霜月課長に灼の保護をするように言います。 そして焔には、シビュラの一員としての席を用意したいと提案します。 法斑はその提案を受け、ある条件を提示します。 ひとつは灼の保護。 そしてもうひとつは、常守朱の身柄の解放でした。 刑事課1係、全員無事に再会 灼、梓澤は霜月課長によってシビュラシステム前から連れ去られ、梓澤と小畑はそれぞれ逮捕されました。 イグナトフは敗北こそしたものの、狡噛を最期まで食い止めたのです。 灼とイグナトフ、そして公安局刑事課1係は無事公安局にて再会します。 カリナとも再会し、今回の犯罪は「反シビュラ主義テロ」によるものとしてマスコミに流すことになりました。 そして後日、公安局の新しい人事が決定します。 死亡したことになっていた禾生局長の代わりに、新しい局長が就任することになりました。 それはあの、法斑静火だったのです。 紹介され唖然とする霜月課長に、法斑は微笑みかけます。 さらに霜月課長のサポート役として、常守が復帰すると聞き、霜月課長はさらに頭を抱えるのでした。 灼、イグナトフたちの事件はまだ解決していません。 そして互いが、大きな秘密を互いに持っています。 灼もイグナトフも、「いつか必ず話したいことがある」と互いに伝え、物語は閉じるのでした。 映画|PSYCHO-PASS サイコパス 3の感想 映画のPSYCHO-PASS サイコパス 3は、期待を裏切らずメンバー全員が活躍して嬉しかったですね。 3期アニメ版よりも劇場版のほうが高い満足度を得られています。 要因としては• 3期アニメ版は内容が複雑すぎた• 劇場版は全員に見所があり、わかりやすかった• 劇場版でようやく「ビフロスト」「コングレスマン」「ラウンドロビン」などの謎が解明した などがあげられます。 灼の持つメンタルトレースは、「他人の行動を読み取る」サイコメトラー的な能力で、3期アニメ放映時から能力が高すぎる、などの問題がありました。 しかし、劇場版にてその能力は無理なく発揮され、テンポを崩すことなく自然に物語を進められたと思います。 ただし、「灼の父親を殺した犯人」「イグナトフ兄を殺害した本当の人物」という、3期主人公メンバーの最終目標は解決されていません。 また、 「何故、常守朱は監禁されていたのか」など、劇中にはまだ明らかになっていない謎部分が残されています。 そのため、続編や公式サイドストーリーなどで補完されるのではないか、という期待を持つことが出来ました。 サイコパス2までは最終目標となる犯人に異常性があるというパターンでしたが、梓澤という今回の犯人は驚くほど凡庸です。 反シビュラの考えはなく、ただ人に試練を与えてどちらを選択するか、というスリルを味わう「普通の人」でした。 シビュラにも肯定的です。 そういった部分は前作の流れとは異なり、良くも悪くも3期らしさが出ていたと思われます。 しかしですね、やはり「サイコパス」旧刑事課1係チームの動向は気になってしまいますね。 狡噛、宜野座は外務省行動課へ。 常守は監禁後、公安局へ復帰。 六合塚は色相改善によりジャーナリストに。 唐之杜も色相が改善しているので、いよいよ外の世界に復帰するかもしれません。 なかなか1期の槙島聖護ほどの魅力的な犯人は出せないものの、サイコパスらしい楽しさは劇場版では伝わっていたと思います。 サイコパス「4」期はあるのか? 十分に今後可能性はあると思います。 アニメとして放映されるかはわかりませんが、再度劇場版やDVD展開、もしくは舞台化として見られる可能性もありますね。 何せ3の主人公である灼とイグナトフの真実が解明されていないことや、放置された伏線の多さは現状でも多くの指摘がされています。 それを繋ぐのはやはり作品を新しく作ることではないでしょうか。 シビュラシステムはついに自己修復システム「ラウンドロビン」を手に入れたわけですから、これまで以上に進化するでしょう。 シビュラの進化とは、より冷徹に人を裁くことなのか、それとも人に更生の機会を与えるものになるのか、現時点ではどちらに転ぶかは不明です。 最終的にシビュラの結末も、サイコパスで提示出来れば面白いと思います。 映画『サイコパス3』を無料で視聴するなら むかわ 漫画アニメ大好き• New post: デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!

次の