ビートレーディング デメリット。 株式会社ビートレーディングを徹底分析!即日買取、ファクタリング手数料などのサービス内容を確認

ビートレーディング ファクタリングの評判・口コミ・審査内容まとめ

ビートレーディング デメリット

ファクタリング会社の中でも、大手に属する業者としてビートレーディングが知られています。 もちろん民間業者であることには変わりないですが、そうした中でも会社規模が大きくなっているのです。 そのため、ファクタリングによる金融取引を考えている個人事業主や法人経営者の中には、ビートレーディングを活用して売掛金買取をしてもらいたいと考えることがあります。 ただ、人気の大手会社ではあっても申し込む前に事前に特徴を理解しなければいけません。 当然、ビートレーディングならではの特徴があり、メリットがあればデメリットもあります。 これを事前理解する必要があるのです。 そこで、ビートレーディングがおすすめとなる理由について、私の実体験を含めて評判・口コミを記していきます。 事務所の場所 東京、大阪、福岡 営業日・時間 平日9:30~19:00 対応金額 100万円~3億円 種類 2社間、3社間、医療・介護報酬など 個人事業主 〇 もくじ• 東京・大阪・福岡に支店をもち、出張査定あり 売掛金買取を実施してもらうとき、契約時に面談を受けるのが基本です。 このとき、「あなたがファクタリング会社の事務所へ出向く」「ファクタリング会社の担当者があなたの会社を訪問する(出張査定)」のどちらかになります。 書類の郵送契約が可能なケースはあるものの、実際のところ稀です。 ファクタリングでは対面契約がメインであり、これは契約時に個人事業主・法人経営者の人柄も審査材料になるからです。 そのため、契約時は日程調整をしなければいけませんが、当然ながらファクタリング会社の事務所とあなたの会社の物理的な距離が近いほどやりやすいです。 そのため、ファクタリングでは「業者側の事務所がどこにあるのか」も重要になります。 ただ、ほとんどの場合でファクタリング会社の事務所所在地は東京だけです。 関東に籍を置く個人事業主・法人経営者なら特に関係ないですが、それ以外の都市や地方部だと不便です。 そうしたとき、 東京に限らず大阪支店や福岡支店も保有する会社がビートレーディングです。 以下のような場所に事務所を構えています。 東京港区(最寄り駅:大門)• 大阪市北区(最寄り駅;大阪駅)• 福岡市博多区(最寄り駅;博多駅) そのため、関西や九州に事務所を構える経営者であっても気軽に申し込めるファクタリング会社になっています。 大手だからこそ、いろんな地域に支店を出すことが可能になっているのです。 個人でも法人でも、少ない資料で売掛金仮査定が可能 また、ビートレーディングの場合は売掛金仮査定をしてもらうとき、スピード査定が可能になっています。 このとき、私が実際に活用したときは以下のような書類が審査で必要でした。 このように、通帳コピーや売掛金の発生要因(請求書など)を添付して送るだけとなります。 通常のファクタリング会社に比べると、提出書類が非常に少なくなっています。 そのため、スピード査定を可能にしています。 ・適当な売掛金だと審査落ちになる ただ、注意点として審査に出す売掛金は注意を払いましょう。 審査書類が非常に少ないのは、一見するとメリットのように感じます。 ただ、実際にはデメリットも大きいです。 審査書類が少ないと、その分だけ審査の目が厳しくなります。 つなり、審査落ちになる確率が高くなるのです。 そのため、「公式サイトや店舗すら保有していない中小企業の売掛金を提示する」などをすると確実に審査落ちになります。 本来のファクタリングであれば、「過去3ヵ月分の請求書を提示する」など意外と審査書類が多くなります。 一見すると面倒ですが、それだけ厳密に審査されるので審査基準は低くなります。 ただ、ビートレーディングのように提出書類が少ないと判断材料が乏しいため、リスクを避けるために審査落ちになることは理解しましょう。 そのため、ビートレーディングの売掛金仮査定で審査に出す資料としては「信頼できる会社の売掛金」が望ましいです。 スピード査定可能とはいっても、速攻で審査落ちに遭っては意味がないのです。 特に以下のような売掛金だと審査落ちになりやすいです。 銀行通帳に記載のない取引先の売掛金• 将来債権(まだ発生していない売掛金)• 支払期限が未定の売掛金 こうしたものではなく、きちんとした売掛金を審査に出すことが、少ない提出書類でも審査落ちにならないポイントになります。 ・債務超過や税金滞納者でも問題ない ただ、審査依頼に出す売掛金にさえ注意すれば、問題なく審査に通過します。 このとき、債務超過の状態だったり、税金滞納していたりしたとしても問題ありません。 ファクタリングの場合、審査で重視されるのは売掛先です。 あなたのビジネス状況ではないため、銀行融資が絶対に下りないような人でも問題なく資金調達できるようになっているのです。 即日での資金調達は可能?スピード査定・審査の実態 このとき、ビートレーディングではスピード査定が可能なのでしょうか。 ビートレーディングの公式サイトには「即日での資金調達も可能」とあり、できるだけ早く入金してもらえる気がします。 しかし、実際に私がビートレーディングに申し込みをして活用した経験からいうと、「即日での資金調達は無理なのでは?」と感じました。 まず、ビートレーディングの公式サイトに申し込みをすると以下のような自動返信メールが届きます。 その後、電話がかかってきて軽いヒアリングを受けたあと、先ほど示したような仮審査に必要な書類を提出しました。 このとき、私の場合は午前中に書類を送ったので午後には連絡があると思ったのですが、実際にはまったく連絡がありませんでした。 申し込みをしたのは金曜日だったのですが、土日を挟んだ週明けの月曜日に審査通過の報告がありました。 そのため、実際のところ 即日での資金調達は期待しないほうがいいです。 スピード審査が可能かどうかというと実際は微妙であり、2~3日は時間的に余裕をみて資金調達したほうがいいです。 最大3億円まで売掛金買取が取引可能 ただ、大手なので非常に高額な売掛金であっても問題なく売買できる会社でもあります。 この金額については、最大3億円までです。 そのため、非常に高額な資金調達を考えている会社であっても対応できます。 もちろん、金額が高額になるほど審査には時間がかかります。 特に300万円以上の売掛金になるとより多くの時間が必要になり、2~3日ほどで資金調達できるわけではありません。 そのため、時間的な余裕をもって申し込みをしなければいけません。 ・100万円以上の売掛金が必要 しかし、高額な資金調達が可能な反面、ビートレーディングでは 100万円以上の売掛金を対象にしているというデメリットもあります。 つまり、少額ファクタリングを実施することはできません。 会社規模が大きいと高額案件しか受け付けなくなることは多いです。 これはビートレーディングも同様であり、個人事業主や法人経営者が売掛金買取をしてもらうとき、100万円以上の売掛金を用意できなければ相手にしてもらえないと考えましょう。 手数料は高すぎず普通 それでは、どれくらいの手数料相場になるのでしょうか。 これについては、ビートレーディングは手数料がものすごく高額になることはないものの、低い手数料でファクタリングが可能なこともありません。 つまり、一般的な手数料相場に落ち着くと考えればいいです。 具体的には以下のような手数料率になります。 ファクタリングである以上、それなりに高額な手数料相場となります。 参考までに、私がビートレーディングを活用して120万円ほどの売掛金買取を依頼したとき、以下のような手数料でした。 会社 買取対象 振込金額 総額の手数料率 ビートレーディング 92万円 75万円 約18. これを掛目といいますが、ビートレーディングの場合は120万円のうち92万円が買取の対象でした。 また92万円のうち手数料が17万円であり、振込金額は75万円になると教えてくれました。 つまり、 手数料率は約18. 2社間ファクタリングでの手数料ですが、私の場合はこうした費用になりました。 ビートレーディングの公式サイトには非常に低い手数料が記されています。 しかし、実際のところそうした手数料相場になることはなく、一般的なファクタリング費用と同等の手数料を提示されることになります。 償還請求権なしのノンリコースとなる またビートレーディングを利用してファクタリングをする場合、償還請求権なしでの契約となります。 償還請求権なしとは、要は「売掛先となる取引先・得意先が倒産したとしても、あなたがファクタリング会社へ支払いする必要のない契約」となります。 売掛金の売買をするとき、通常のファクタリングであれば得意先の倒産リスクをファクタリング会社へ移転させることができます。 これが償還請求権なしであり、別名で ノンリコースとも呼ばれています。 ただ、ファクタリング会社の中にはノンリコースとはしておらず、売掛先の倒産リスクを背負わない契約方式にしていることもあります。 つまり、あなたが得意先の倒産リスクを背負うのです。 これについてビートレーディングの場合、ノンリコースで契約することになります。 そのため、支払いが心配な得意先に対してファクタリングすることで、倒産リスクをビートレーディングに移転させることが可能です(既に支払いが遅れている売掛金はファクタリング対象外となります)。 登記なしでも可能な契約 また、ビートレーディングの場合は登記なしでのファクタリングを原則にしていることも大きな特徴の一つになります。 法人の場合、通常はファクタリングのときに登記を実施します。 これを債権譲渡登記といいますが、登記をすることで法律上でも「売掛金がファクタリング会社のものになった」と示せるようになります。 そのため、登記を基本にしているファクタリング業者は多いです。 そうしたなか、 ビートレーディングだと登記なしが基本なのです。 これについては、公式サイトにも明記されています。 もちろん、すべてのケースで登記なしというわけではありません。 審査内容によっては登記が必要なケースもあります。 ただ、登記なしだと必然的に審査基準が厳しくなりやすいことは理解しましょう。 登記なしでも問題ないからといっても、手放しに喜べるわけではありません。 信頼できる売掛金でなければ審査に通りにくいため、登記なしはメリットではあるものの、審査の面ではデメリットとなるのです。 人気でおすすめなビートレーディングでの金融取引 このように、他のファクタリング会社にはない特徴をもつ業者がビートレーディングです。 具体的には、以下のような会社になります。 東京・大阪・福岡に支店を構える• 最大3億円までの売掛金を買取可能• 登記なしでもファクタリングできる• 審査書類が非常に少ない こうした他社にはない特徴があるため、評判・口コミでの人気が高くおすすめです。 ただ、公式サイトでは「即日可能!」とあるものの、私が実際に利用してみたところ、最短でも2~3日が妥当です。 また、手数料相場は特別低いわけではなく普通です。 しかし、先に述べたようにビートレーディングならではの優れた特徴があるため、ファクタリングによる金融取引を活用するとき、ビートレーディングを利用することで売掛金の売買を行うようにしましょう。

次の

【865人が選ぶ】ファクタリング会社おすすめ比較ランキング【2020】評判やメリット・デメリットも解説!

ビートレーディング デメリット

ファクタリング業者を選定する場合、何を重視するかは中々難しいポイントです。 信頼性の高さや手数料の安さ、売掛債権の買取額の幅広さや個人事業主への対応など、挙げだせばキリがありません。 できるならば、全てを高いレベルで備えているファクタリング業者を利用したいところでしょう。 そこで推奨したいのが、です。 この記事では、そんなビートレーディングの特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説していきます。 とは? 『ビートレーディング』は、2012年に設立されたファクタリング業者です。 東京都港区に本社を構え、その他にも大阪と福岡に支店を持ちます。 また、資本金が「7,000万円」と、資本力も十分に備わっている中規模の会社となっています。 6万社」、累計問い合わせ件数は「6. 2万件」、累計取扱高は「409億円」と、ファクタリング業者として非常に優秀な実績を残しています。 ビートレーディングの場合、初回契約時は店舗への来店、またはスタッフの訪問が必要となりますが、 東京以外に大阪や福岡に支社を構えているビートレーディングならば、ファクタリングの申し込みが行いやすくなっています。 ビートレーディングのメリット・デメリット ここでは、のメリットやデメリットをご紹介していきます。 ビートレーディングは、 最短ならば「12時間」で売掛債権を現金化することができるため、そのような事業者のニーズに答えることが可能です。 通常ファクタリング業者は、資金調達までのスピードを売りにしていることが多いですが、ビートレーディングはその他の業者と比較しても群を抜いて早いです。 ただし、最短12時間で売掛債権を資金化するためには受付時間内に申し込みを行い、尚且つ必要書類が揃っている必要があるため、その点は注意がしましょう。 よって、利用者としましては、できるだけ小口でも大口でもしっかりと対応してくれるファクタリング業者であることが望ましいでしょう。 ビートレーディングは、 下は「10万円」から、上は「7億円」までの買取実績があるため、小口から大口までしっかりと幅広い対応が可能です。 また、契約を締結する前にしっかりと手数料を明示してくれるため、安心して利用することが可能です。 ビートレーディングは、赤字や債務超過、税金滞納など様々な事情がある事業者でも、専任の担当者が親身に相談に乗ってくれるため、その結果、 審査通過率「98%」という非常に優秀な数字を残すことに成功しています。 その他の金融機関やファクタリング業者からの審査に落ちてしまった方も、高い審査通過率を誇るビートレーディングならば資金を調達できる可能性があります。 それと比較し、ビートレーディングのファクタリングならば以下の 3点しか書類は求められないため、時間も手間も割く必要がありません。 ビートレーディングが規定した申込書 2. 通帳のコピー 3. 基本的に、初回契約は店舗への来店、またはスタッフの訪問を求められますが、たとえば遠方の事業者や、忙しくて店舗に出向くことが難しい事業者など、致し方ない理由がある場合はその都度柔軟に対応してくれるようです。 契約方法にリクエストがある場合は、まずは気軽に相談してみましょう。 【デメリット】 1. 個人事業主が利用できるのは3社間ファクタリングのみ ビートレーディングは、個人事業主にも対応しているファクタリング業者です。 しかし、個人事業主が契約できるのは3社間ファクタリングのみであり、債権譲渡登記が必要となる2社間ファクタリングを利用することはできません。 よって、2社間ファクタリングを希望する個人事業主の方は、他のファクタリング業者を探す必要があります。 手数料の上限が不透明 これは、ファクタリング業者として特別珍しいことではないのですが、ビートレーディングもファクタリング手数料の上限をサイト内で明示していません。 通常、ファクタリングの手数料というのは、売掛債権や売掛先などの与信次第で前後します。 よって、多くのファクタリング業者は上限手数料を表記していないのですが、ビートレーディングもそのうちの一つとなっています。 致し方ないことかもしれませんが、利用者の心理としましては、手数料の上限がわからないというのは不安にもなり、中々利用に踏む出しにくくなる原因にもなりえます。 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの両方を採用 では、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の両方を採用しています。 ファクタリングは、機動的に資金を調達できるなどのメリットがある反面、売掛先に発覚してしまうと信用問題に発生してしまうリスクなどもあります。 しかし、2社間ファクタリングを利用すれば、そのようなリスクを回避することも可能です。 また、売掛先からの同意を得ることができる場合には、2社間ファクタリングよりも手数料が安い3社間ファクタリングを利用してもいいでしょう。 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの両方を採用しているビートレーディングならば、 利用者のニーズに合わせた契約を締結することが可能となっています。 買取ができる売掛債権 では、以下のような売掛債権を買取対象としています。 ビートレーディングの口コミ の口コミには、以下のようなものがありました。 「運転資金がショートしてしまい、銀行では間に合わなかったため、良い方法がないかとインターネットで調べていたところ、ビートレーディングが目にとまったため、申し込みを行いました。 初めての利用で不安だったのですが、担当の方がスピーディーに対応してくれたおかげで 無事2日後に、100万円の資金調達をすることができました」 「キャッシュフローが回らなくなってしまい、急ぎで資金を確保する必要がありました。 取引先に知られずに利用ができる2社間ファクタリングがあるということを知り、ビートレーディングに申し込みをしたところ、申し込みから5分以内に女性の担当者の方からお電話をいただきました。 資料さえ提出すれば30分以内に査定結果が出るということだったので、半信半疑で資料を送るとすぐに審査通過の連絡をいただき、 即日で契約・300万円の入金までこぎつけることが出来ました。 」 やはり、ファクタリングを利用するのは急遽資金が必要となった方が多く、またビートレーディングで資金を調達した方のほとんどが、その調達できるまでのスピードに満足している印象を口コミから受けました。 また、手数料に関しても、「想像以上に高かった」というような口コミは見受けられなかったため、相場以上の極端に高い手数料を請求されるようなこともなさそうです。 いつでもスピード見積もりやオンライン査定が可能 ならば、いつでも「スピード見積もり」や「オンライン査定」を行うことが可能となっています。 初めてファクタリングを行う場合、「いきなりファクタリングの申し込みを行うのは不安」という方も多いでしょう。 そこで、まずはスピード見積もりを行い、どのくらいの金額で売掛債権を買い取ってもらえるのか、また手数料がどの程度かかってくるのかを調べてみることをおすすめします。 そして、見積もりにある程度納得がいく場合は、必要書類をオンラインで提出し、オンライン査定を行ってみましょう。 その後、最短ならば30分程度(土日を除く)で審査結果がでるため、問題なければ来社、または訪問してもらい契約を締結する流れとなります。 まとめ 新興業者が乱立するファクタリング業界の中でも、 ビートレーディングは成長を続ける、実績の伴った信頼性の高いファクタリング業者となっています。 資金調達スピードや買取できる売掛債権の種類、小口から大口までしっかりと対応できる資本力など、利用者にとって非常にメリットが多いのが最大の特徴です。 「これからファクタリング業者を選ぶ」という方に、ビートレーディングは是非とも推奨したいファクタリング業者です! 中小企業経営者である私がオススメする業者一覧 資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事.

次の

ビートレーディングの口コミ評判や特徴からメリット・デメリットを紹介!仕組みや審査・手数料も解説

ビートレーディング デメリット

ファクタリング会社の中でも、大手に属する業者としてビートレーディングが知られています。 もちろん民間業者であることには変わりないですが、そうした中でも会社規模が大きくなっているのです。 そのため、ファクタリングによる金融取引を考えている個人事業主や法人経営者の中には、ビートレーディングを活用して売掛金買取をしてもらいたいと考えることがあります。 ただ、人気の大手会社ではあっても申し込む前に事前に特徴を理解しなければいけません。 当然、ビートレーディングならではの特徴があり、メリットがあればデメリットもあります。 これを事前理解する必要があるのです。 そこで、ビートレーディングがおすすめとなる理由について、私の実体験を含めて評判・口コミを記していきます。 事務所の場所 東京、大阪、福岡 営業日・時間 平日9:30~19:00 対応金額 100万円~3億円 種類 2社間、3社間、医療・介護報酬など 個人事業主 〇 もくじ• 東京・大阪・福岡に支店をもち、出張査定あり 売掛金買取を実施してもらうとき、契約時に面談を受けるのが基本です。 このとき、「あなたがファクタリング会社の事務所へ出向く」「ファクタリング会社の担当者があなたの会社を訪問する(出張査定)」のどちらかになります。 書類の郵送契約が可能なケースはあるものの、実際のところ稀です。 ファクタリングでは対面契約がメインであり、これは契約時に個人事業主・法人経営者の人柄も審査材料になるからです。 そのため、契約時は日程調整をしなければいけませんが、当然ながらファクタリング会社の事務所とあなたの会社の物理的な距離が近いほどやりやすいです。 そのため、ファクタリングでは「業者側の事務所がどこにあるのか」も重要になります。 ただ、ほとんどの場合でファクタリング会社の事務所所在地は東京だけです。 関東に籍を置く個人事業主・法人経営者なら特に関係ないですが、それ以外の都市や地方部だと不便です。 そうしたとき、 東京に限らず大阪支店や福岡支店も保有する会社がビートレーディングです。 以下のような場所に事務所を構えています。 東京港区(最寄り駅:大門)• 大阪市北区(最寄り駅;大阪駅)• 福岡市博多区(最寄り駅;博多駅) そのため、関西や九州に事務所を構える経営者であっても気軽に申し込めるファクタリング会社になっています。 大手だからこそ、いろんな地域に支店を出すことが可能になっているのです。 個人でも法人でも、少ない資料で売掛金仮査定が可能 また、ビートレーディングの場合は売掛金仮査定をしてもらうとき、スピード査定が可能になっています。 このとき、私が実際に活用したときは以下のような書類が審査で必要でした。 このように、通帳コピーや売掛金の発生要因(請求書など)を添付して送るだけとなります。 通常のファクタリング会社に比べると、提出書類が非常に少なくなっています。 そのため、スピード査定を可能にしています。 ・適当な売掛金だと審査落ちになる ただ、注意点として審査に出す売掛金は注意を払いましょう。 審査書類が非常に少ないのは、一見するとメリットのように感じます。 ただ、実際にはデメリットも大きいです。 審査書類が少ないと、その分だけ審査の目が厳しくなります。 つなり、審査落ちになる確率が高くなるのです。 そのため、「公式サイトや店舗すら保有していない中小企業の売掛金を提示する」などをすると確実に審査落ちになります。 本来のファクタリングであれば、「過去3ヵ月分の請求書を提示する」など意外と審査書類が多くなります。 一見すると面倒ですが、それだけ厳密に審査されるので審査基準は低くなります。 ただ、ビートレーディングのように提出書類が少ないと判断材料が乏しいため、リスクを避けるために審査落ちになることは理解しましょう。 そのため、ビートレーディングの売掛金仮査定で審査に出す資料としては「信頼できる会社の売掛金」が望ましいです。 スピード査定可能とはいっても、速攻で審査落ちに遭っては意味がないのです。 特に以下のような売掛金だと審査落ちになりやすいです。 銀行通帳に記載のない取引先の売掛金• 将来債権(まだ発生していない売掛金)• 支払期限が未定の売掛金 こうしたものではなく、きちんとした売掛金を審査に出すことが、少ない提出書類でも審査落ちにならないポイントになります。 ・債務超過や税金滞納者でも問題ない ただ、審査依頼に出す売掛金にさえ注意すれば、問題なく審査に通過します。 このとき、債務超過の状態だったり、税金滞納していたりしたとしても問題ありません。 ファクタリングの場合、審査で重視されるのは売掛先です。 あなたのビジネス状況ではないため、銀行融資が絶対に下りないような人でも問題なく資金調達できるようになっているのです。 即日での資金調達は可能?スピード査定・審査の実態 このとき、ビートレーディングではスピード査定が可能なのでしょうか。 ビートレーディングの公式サイトには「即日での資金調達も可能」とあり、できるだけ早く入金してもらえる気がします。 しかし、実際に私がビートレーディングに申し込みをして活用した経験からいうと、「即日での資金調達は無理なのでは?」と感じました。 まず、ビートレーディングの公式サイトに申し込みをすると以下のような自動返信メールが届きます。 その後、電話がかかってきて軽いヒアリングを受けたあと、先ほど示したような仮審査に必要な書類を提出しました。 このとき、私の場合は午前中に書類を送ったので午後には連絡があると思ったのですが、実際にはまったく連絡がありませんでした。 申し込みをしたのは金曜日だったのですが、土日を挟んだ週明けの月曜日に審査通過の報告がありました。 そのため、実際のところ 即日での資金調達は期待しないほうがいいです。 スピード審査が可能かどうかというと実際は微妙であり、2~3日は時間的に余裕をみて資金調達したほうがいいです。 最大3億円まで売掛金買取が取引可能 ただ、大手なので非常に高額な売掛金であっても問題なく売買できる会社でもあります。 この金額については、最大3億円までです。 そのため、非常に高額な資金調達を考えている会社であっても対応できます。 もちろん、金額が高額になるほど審査には時間がかかります。 特に300万円以上の売掛金になるとより多くの時間が必要になり、2~3日ほどで資金調達できるわけではありません。 そのため、時間的な余裕をもって申し込みをしなければいけません。 ・100万円以上の売掛金が必要 しかし、高額な資金調達が可能な反面、ビートレーディングでは 100万円以上の売掛金を対象にしているというデメリットもあります。 つまり、少額ファクタリングを実施することはできません。 会社規模が大きいと高額案件しか受け付けなくなることは多いです。 これはビートレーディングも同様であり、個人事業主や法人経営者が売掛金買取をしてもらうとき、100万円以上の売掛金を用意できなければ相手にしてもらえないと考えましょう。 手数料は高すぎず普通 それでは、どれくらいの手数料相場になるのでしょうか。 これについては、ビートレーディングは手数料がものすごく高額になることはないものの、低い手数料でファクタリングが可能なこともありません。 つまり、一般的な手数料相場に落ち着くと考えればいいです。 具体的には以下のような手数料率になります。 ファクタリングである以上、それなりに高額な手数料相場となります。 参考までに、私がビートレーディングを活用して120万円ほどの売掛金買取を依頼したとき、以下のような手数料でした。 会社 買取対象 振込金額 総額の手数料率 ビートレーディング 92万円 75万円 約18. これを掛目といいますが、ビートレーディングの場合は120万円のうち92万円が買取の対象でした。 また92万円のうち手数料が17万円であり、振込金額は75万円になると教えてくれました。 つまり、 手数料率は約18. 2社間ファクタリングでの手数料ですが、私の場合はこうした費用になりました。 ビートレーディングの公式サイトには非常に低い手数料が記されています。 しかし、実際のところそうした手数料相場になることはなく、一般的なファクタリング費用と同等の手数料を提示されることになります。 償還請求権なしのノンリコースとなる またビートレーディングを利用してファクタリングをする場合、償還請求権なしでの契約となります。 償還請求権なしとは、要は「売掛先となる取引先・得意先が倒産したとしても、あなたがファクタリング会社へ支払いする必要のない契約」となります。 売掛金の売買をするとき、通常のファクタリングであれば得意先の倒産リスクをファクタリング会社へ移転させることができます。 これが償還請求権なしであり、別名で ノンリコースとも呼ばれています。 ただ、ファクタリング会社の中にはノンリコースとはしておらず、売掛先の倒産リスクを背負わない契約方式にしていることもあります。 つまり、あなたが得意先の倒産リスクを背負うのです。 これについてビートレーディングの場合、ノンリコースで契約することになります。 そのため、支払いが心配な得意先に対してファクタリングすることで、倒産リスクをビートレーディングに移転させることが可能です(既に支払いが遅れている売掛金はファクタリング対象外となります)。 登記なしでも可能な契約 また、ビートレーディングの場合は登記なしでのファクタリングを原則にしていることも大きな特徴の一つになります。 法人の場合、通常はファクタリングのときに登記を実施します。 これを債権譲渡登記といいますが、登記をすることで法律上でも「売掛金がファクタリング会社のものになった」と示せるようになります。 そのため、登記を基本にしているファクタリング業者は多いです。 そうしたなか、 ビートレーディングだと登記なしが基本なのです。 これについては、公式サイトにも明記されています。 もちろん、すべてのケースで登記なしというわけではありません。 審査内容によっては登記が必要なケースもあります。 ただ、登記なしだと必然的に審査基準が厳しくなりやすいことは理解しましょう。 登記なしでも問題ないからといっても、手放しに喜べるわけではありません。 信頼できる売掛金でなければ審査に通りにくいため、登記なしはメリットではあるものの、審査の面ではデメリットとなるのです。 人気でおすすめなビートレーディングでの金融取引 このように、他のファクタリング会社にはない特徴をもつ業者がビートレーディングです。 具体的には、以下のような会社になります。 東京・大阪・福岡に支店を構える• 最大3億円までの売掛金を買取可能• 登記なしでもファクタリングできる• 審査書類が非常に少ない こうした他社にはない特徴があるため、評判・口コミでの人気が高くおすすめです。 ただ、公式サイトでは「即日可能!」とあるものの、私が実際に利用してみたところ、最短でも2~3日が妥当です。 また、手数料相場は特別低いわけではなく普通です。 しかし、先に述べたようにビートレーディングならではの優れた特徴があるため、ファクタリングによる金融取引を活用するとき、ビートレーディングを利用することで売掛金の売買を行うようにしましょう。

次の