献立 いろいろ みそ。 売上No.1の『献立いろいろみそ』新TVCM「仕送り篇」放送開始 公式SNSでCMに連動した仕送りキャンペーンも実施予定|イチビキ株式会社のプレスリリース

日本イチ売れてる加工味噌『献立いろいろみそ』とは?和洋中にアレンジできる豊富なレシピがすごい!

献立 いろいろ みそ

イチビキ株式会社 本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:中村 光一郎 は、東海エリアのご当地調味料であり、日本一売れているみそだれ「献立いろいろみそ」の新TVCM「仕送り篇」を制作し、2019年3月1日から放送を開始します。 娘が献立みそを使って回鍋肉 ホイコーロー を調理する姿を見届けると、母の姿は製品の献立みそに戻ります。 回鍋肉を食べた娘は「この味…」とつぶやき、ふるさとの母と実家の味を思い出すのでした。 【ねらい】 「豆みそ 赤みそ 」はみそカツ・みそ煮込みうどん・どて煮など、東海エリアの食文化には欠かせないものです。 特に「献立いろいろみそ」をはじめとする『みそだれ』は、「かける・あえる・煮る・炒める」など手軽に使える調味料として、東海エリアの家庭の冷蔵庫には高確率で常備されていると言われています。 今回のTVCMでは、ふるさとを離れて一人暮らしをする娘を想い、献立みそを仕送りする母と、献立みそで作った回鍋肉を味わう娘の姿を通して、献立みそが実家の味であることを印象付けます。 サウンドは演歌調の楽曲に、「ぶちゅっ」「チャチャっ」という擬態語を入れた歌詞を採用し、TVCMを観た人が思わず口ずさみたくなるようにしました。 メニューは、献立いろいろみその幅広いレパートリーの中から、「回鍋肉」を選定しました。 理由は、 1 身近な材料と献立みそだけで作ることができること、 2 季節を問わず、大人も子供も好きなメニューであること、 3 東海エリアのみそだれ文化に馴染みがない人にも受け入れられやすいことです。 【TVCM概要】 タイトル :「献立いろいろみそ 仕送り篇」 放送開始日:2019年3月1日 金 放送エリア:愛知県、岐阜県、三重県 イチビキ公式サイトCMギャラリーURL: イチビキ公式YouTube URL : 【連動キャンペーン】 イチビキ公式FacebookおよびTwitterにて、3月20日 水 から、応募者に抽選でイチビキ製品詰合せを「仕送り」するキャンペーンを実施します。 【献立いろいろみそ 商品概要】 ・1995年発売のイチビキの主力商品です。 ・コクのある豆みそに、米みそをほどよくブレンドし、甘みを加えてねり上げたみそだれです。 ・「かける・あえる・煮る・炒める」など、これ一本でらくらくお料理できます。

次の

つけてみそかけてみそVS.献立いろいろ

献立 いろいろ みそ

東海地方では元々、それぞれの家庭で「みそだれ」を手作りする習慣がありましたが、豆みそを煮溶かして、つやが出るまで煮詰めて…となかなか手間のかかるものでした。 そこで先に発売していた「献立いろいろつゆ」のように、これ一本でいろいろなお料理を作っていただける「みそだれ」を作りたいという想いから、商品の開発がスタートしました。 地元中部圏ならではの味付けで、皆様に愛されるために いろいろなお料理に使っていただけるよう、地元中部圏の味付けを中心に試作検討したメニューは延べ1,000以上にのぼりました。 発売後には、いろいろな献立に使っていただける事をより広く知っていただくために、献立ミニブックを添付するようになりました。 おいしさだけでなく、使いやすさのために 最も苦労したのが容器です。 お料理に使いやすく、保管もできて繰り返し使えるようにするにはどんな容器が最適なのか、多方面にあたって試行錯誤しました。 最終的に「スパウト」と呼ばれる、おなじみのキャップつきの容器になったのですが、容器について皆が悩んでいる時に、当時の社長が出張先で偶然、スパウトに入った冷凍飲料を見かけ「これだ!」と閃いたのがきっかけだったそうです。 発売当初はスパウトに合った充填機もなく、生産設備の面でも大変苦労しました。 献立いろいろみそのおいしさを伝える重大な役目 パッケージは、様々なお料理に使えることがイメージがしやすいように、カラフルな色使いになっています。 特にこだわったのが、パッケージデザインの下地になる「白色」の濃さです。 中身が色の濃いみそですから、透明な包材では白色が薄いとすべてのデザインが暗く見えてしまいます。 商品名のカラフルさだけでなく、いろいろな料理写真がおいしそうに見え、「献立いろいろみそ」の魅力をお客様にしっかり伝えられるようにこだわっています。 おかげさまで、発売よりご好評いただき、中京エリアのご家庭で多く使っていただける商品になりました。 社内では「 献 ( こん )みそ」の愛称で呼ばれる、イチビキの代表商品です。

次の

イチビキ「献立いろいろみそ」新CM「仕送り篇」放映開始、SNSキャンペーンも実施へ|食品産業新聞社ニュースWEB

献立 いろいろ みそ

イチビキ株式会社 本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:中村 光一郎 は、東海エリアのご当地調味料であり、日本一売れているみそだれ「献立いろいろみそ」の新TVCM「仕送り篇」を制作し、2019年3月1日から放送を開始します。 娘が献立みそを使って回鍋肉 ホイコーロー を調理する姿を見届けると、母の姿は製品の献立みそに戻ります。 回鍋肉を食べた娘は「この味…」とつぶやき、ふるさとの母と実家の味を思い出すのでした。 【ねらい】 「豆みそ 赤みそ 」はみそカツ・みそ煮込みうどん・どて煮など、東海エリアの食文化には欠かせないものです。 特に「献立いろいろみそ」をはじめとする『みそだれ』は、「かける・あえる・煮る・炒める」など手軽に使える調味料として、東海エリアの家庭の冷蔵庫には高確率で常備されていると言われています。 今回のTVCMでは、ふるさとを離れて一人暮らしをする娘を想い、献立みそを仕送りする母と、献立みそで作った回鍋肉を味わう娘の姿を通して、献立みそが実家の味であることを印象付けます。 サウンドは演歌調の楽曲に、「ぶちゅっ」「チャチャっ」という擬態語を入れた歌詞を採用し、TVCMを観た人が思わず口ずさみたくなるようにしました。 メニューは、献立いろいろみその幅広いレパートリーの中から、「回鍋肉」を選定しました。 理由は、 1 身近な材料と献立みそだけで作ることができること、 2 季節を問わず、大人も子供も好きなメニューであること、 3 東海エリアのみそだれ文化に馴染みがない人にも受け入れられやすいことです。 【TVCM概要】 タイトル :「献立いろいろみそ 仕送り篇」 放送開始日:2019年3月1日 金 放送エリア:愛知県、岐阜県、三重県 イチビキ公式サイトCMギャラリーURL: イチビキ公式YouTube URL : 【連動キャンペーン】 イチビキ公式FacebookおよびTwitterにて、3月20日 水 から、応募者に抽選でイチビキ製品詰合せを「仕送り」するキャンペーンを実施します。 【献立いろいろみそ 商品概要】 ・1995年発売のイチビキの主力商品です。 ・コクのある豆みそに、米みそをほどよくブレンドし、甘みを加えてねり上げたみそだれです。 ・「かける・あえる・煮る・炒める」など、これ一本でらくらくお料理できます。

次の