アクセンチュア 健康 保険 組合。 アクセンチュア・クリニカル&ヘルス・マネジメント・サービス|アクセンチュア

アクセンチュア・クリニカル&ヘルス・マネジメント・サービス|アクセンチュア

アクセンチュア 健康 保険 組合

アクセンチュア・クリニカル&ヘルス・マネジメントは、収益の拡大戦略および成長戦略を通じて、マーケットにおけるプレゼンス向上を目指すヘルスケア企業を強力にサポートします。 これらの戦略はビジネスリスクの最小化にとどまらず、以下のような成果を実現します。 品質の改善• 医療コストの削減• 管理費の削減• 収益の拡大 アクセンチュア・クリニカル&ヘルス・マネジメント・ソリューションは、高度な公衆衛生サービスおよびヘルスケア・サービスを効果的に提供できる、価値ベースのサービス・プロバイダーを目指すお客様をサポートします。 そのために、ビジネスモデルの変革、サービス提供コストの拡大、慢性疾患の罹患率の上昇、システムの非効率化など、ヘルスケア組織が直面するさまざまな課題の解決をお手伝いします。 アクセンチュアは、医療保険組織やサービス・プロバイダー、ライフサイエンス企業、また政府との協働を通じて、市場をリードするクリニカル&ヘルス・マネジメント・ソリューションを提供しています。 アクセンチュアのクリニカル&ヘルス・マネジメント部門は、500人を超えるコンサルティング・スタッフ、1,500人以上のオペレーション・プロフェッショナル、および400人を超えるテクノロジーの専門家を擁しています。 コンサルティングとテクノロジーに関する総合的な専門知識を生かして、クリニカル&ヘルス・マネジメントの領域でリーダーとして活動するアクセンチュアは、実用的かつ革新的な戦略および経営モデルの策定をはじめとするお客様企業の主要業務を支援しています。 たとえば、お客様のために以下のようなプログラムの設計・構築・運用を実践しています。 品質の改善:アナリティクスを基盤とする実証済みのアプローチで患者と医療関係者のエンゲージメントを高め、臨床プロトコルの順守を徹底することにより、アウトカムと品質評価の向上を実現します。 医療コストの削減:品質、コンプライアンス、およびアウトカムの向上に向けた高度な臨床管理・健康管理プログラムおよび能力の提供を通じて、最大で10%の医療コストの削減を実現します。 管理費の削減:新たなテクノロジーの統合、ビジネスプロセスの再構築、および新たな経営モデルの策定によって経営効率を高め、35~55%の管理費の削減を実現します。 収益の拡大:新たな臨床管理・健康管理サービスおよび能力を開発し、収益の拡大ならびに新たな収益源の構築を実現します。 臨床管理: 臨床現場のオペレーションを支援・改善するサービス• 診療内容管理・臨床内容検査・ROI分析• 臨床現場のオペレーション評価とベンチマーク診断• 臨床内容管理とオペレーションの変革• 臨床現場のオペレーションモデル評価• 患者フロー、患者数管理、臨床ケアの最適化を含む、臨床現場のオペレーションおよびサービス提供の評価と戦略策定• 臨床現場のオペレーション改善を通したブランドイメージの強化 公衆衛生: 個人/公衆に対する長期的な医療サービスおよび健康の提供を支援・改善するサービス• 公衆衛生のデジタル戦略• 同定・分類分析• 公衆衛生の予測分析• 患者ナビゲーションおよびカスタマー・エンゲージメントのモビリティ改善支援• 臨床内容および医療コストの診断サポート• 臨床現場のカスタマー・エンゲージメント分析• 医療・健康アプリケーションの評価と導入サポート• 公衆衛生の能力開発モデル評価と価値創造評価• 公衆衛生の変革戦略とロードマップ策定• 製品/プログラム/エンゲージメント戦略と開発と策定• 公衆衛生のROI分析とモニタリング• 臨床現場における次世代カスタマー・エンゲージメントのための能力開発• カスタマー・エンゲージメント戦略の開発・策定・実践支援• ケア・マネジメント・システムおよび健康・医療アプリケーションを含めた、カスタマー・エンゲージメント製品の評価• 臨床現場でのコミュニケーション改善によるブランドイメージの強化 バーチャルヘルス: ケア提供におけるバーチャル・コミュニケーション活用サービス(カスタマーとプロバイダー間、プロバイダー同士のコミュニケーション)• バーチャルヘルス・デジタル戦略:遠隔医療、臨床現場での協働、消費者向け遠隔医療の提供• バーチャルヘルス・プラットフォームの評価と導入• 看護業務のコミュニケーション戦略の策定と展開• IoT(モノのインターネット)、遠隔モニタリング、および医療デバイス関連のサポート• バーチャルヘルス・エンゲージメント・モビリティ戦略の策定と実践• 遠隔医療/臨床現場での協働/消費者向け遠隔治療の提供の実現に向けた、バーチャルヘルス・戦略およびオペレーション• バーチャルヘルス・エンゲージメント・モビリティ、遠隔モニタリング、および医療デバイス関連の設計と実践 電子健康情報(HIE)管理: 臨床現場のITシステムの導入・接続・管理を支援するサービス• 臨床現場におけるアナリティクス戦略とインフラストラクチャー• EMRレポーティング・アナリティクス• EMR/EHRシステムの導入• 臨床現場におけるアナリティクス・プラットフォームの導入と運用• EMR/EHR戦略の策定と変革• HIE/相互運用インフラストラクチャーの策定と導入• 臨床便場におけるアナリティクス・プラットフォーム・インフラストラクチャーの導入・運用戦略• EMR/臨床現場における顧客分析の戦略およびロードマップ策定.

次の

アクセンチュア・クリニカル&ヘルス・マネジメント・サービス|アクセンチュア

アクセンチュア 健康 保険 組合

なお、「区分ア」「区分イ」に該当する場合は、市町村民税が非課税等であっても「区分ア」「区分イ」の該当となります。 窓口で支払う医療費の自己負担額が高額になったときは負担を軽くするために一定額(自己負担限度額)を超えた額があとで当組合から支給されます。 これを「高額療養費」(被扶養者の場合は「家族高額療養費」)といいます。 高額療養費の算定は月の1日から末日までの1ヵ月にかかった医療費が対象となります。 そのほか、1人ごと、各病院ごと(外来・入院別、医科・歯科別など)に行われます。 病院窓口での支払いを自己負担限度額までにしたいとき 医療費が高額になると見込まれる場合は、事前に「限度額適用認定証」を用意すると便利です。 保険証とともに「限度額適用認定証」を医療機関に提出すると、病院からの医療費請求額を自己負担限度額までの金額(月単位)にとどめることができ、医療費の窓口負担を抑えることができます。 (入院のほか、外来診療についても利用可能) 事前の申請が必要です 「限度額適用認定証」は所得の区分を確認するためのものです。 事前に当組合に申請をして交付を受けておくことが必要です。 参考リンク• こんなことにご注意ください 70歳以上での区分に該当する方についても、支払いを自己負担限度額までとしたい場合、限度額適用認定証の提出が必要となりますので、ご注意ください。 高額療養費の計算方法 自己負担がさらに軽減される場合 世帯単位で自己負担額を合算できます(合算高額療養費) 1ヵ月1件ごとの自己負担額が限度額に満たない場合でも、同一月・同一世帯内で21,000円以上の自己負担が複数ある場合はその額を合計することができます。 合計額が自己負担限度額を超えた場合、超えた額が「合算高額療養費」として当組合から支給されます。 当組合は、独自の給付(付加給付)で、さらに自己負担を軽減します(合算高額療養費付加金) 当組合の場合、合算高額療養費が支給される場合に、対象となった自己負担の合計額から20,000円を差し引いた額を、後日、当組合から支給いたします。 これを「合算高額療養費付加金」といいます。 支払いは、病院から健康保険組合に送られてくる「レセプト(診療報酬明細書)」をもとに計算し、自動的に行いますが、支払いの時期はおおよそ診療月の3ヵ月後になります。 500円未満の端数は切り捨て。 参考リンク• 多数該当の場合、自己負担限度額が引き下げされます。 1年(直近12ヵ月)の間、同一世帯で3ヵ月以上高額療養費に該当した場合には、4ヵ月目からは自己負担限度額が下表の金額に引き下げされます。 区分 自己負担限度額 標準報酬月額 ア 83万円以上 140,100円 イ 53万~79万円 93,000円 ウ 28万~50万円 44,400円 エ 26万円以下 44,400円• 特定疾病の治療を受けている場合 「血友病」、「抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群」、「人工透析を必要とする慢性腎臓疾患」の長期患者は、特定疾病の認定を受けると、医療機関への支払いが1ヵ月10,000円で済みます。 ただし、人工透析を必要とする患者が70歳未満で標準報酬月額53万円以上に該当する場合は、自己負担が1ヵ月20,000円になります。 該当する方は当組合に「特定疾病療養受療証」の交付申請を行ってください。 医療と介護の自己負担が高額になったとき 同一世帯内で医療と介護ともに自己負担がある場合で、1年間(前年8月1日~7月31日)の世帯内の自己負担額の合計が下記の限度額を超える場合、超えた額が、健康保険からは「高額介護合算療養費」として、介護保険からは「高額医療合算介護サービス費」としてそれぞれ支給されます。 自己負担限度額.

次の

会社を辞めた後の任意継続|健保のしくみ|SCSK健康保険組合

アクセンチュア 健康 保険 組合

検索エンジンで入力したキーワードに応じて、Webで広告が表示されるのを目にした事はありますよね? アクセンチュアは、このWeb広告分野で世界最大の知名度を持つ「Google広告」を手掛ける超有名企業をクライアントとして、ビジネスを展開しています。 デジタルマーケティングの専門家として、「Google広告」を利用する広告主にアドバイスを提供する役目も担います。 お客様のお問い合わせは、広告運用の改善、効果測定、「Google広告」に関連する解析サービスの使用方法など様々。 「課題」を解決し、より効果的な広告運用を提案する事で広告主の集客や売り上げに貢献できる。 これが「Google広告」配信アドバイザーの役目であり、やりがいです。 入社後に約2ヶ月のトレーニングがあり、「Google広告」の基礎からじっくり学んで頂けます。 外資系ならではの、様々なバックグラウンドの人が広く活躍しています。 対応後は社内の管理ツールに記録を残します。 ノルマはありません。 応募資格 <学歴・ブランク不問。 総合コンサルティング企業として、「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供しています。 昨今デジタルマーケティング領域での事業拡大に注力しており、Web広告配信についてのコンサルティング需要が増加中。 増員をすると共に、成長の可能性がある分野で活躍していただけるよう、育成にも積極的に取り組んでいきたいと考えております。 試用期間中の給与や福利厚生に変更はありません。

次の