思い出のマーニー 感想。 思い出のマーニーの正体は?アンナの人形の謎と日記を破いたのは誰?|MoviesLABO

映画『思い出のマーニー』あらすじネタバレ!評価感想と口コミレビュー!|MoviesLABO

思い出のマーニー 感想

2014年公開のジブリ映画『思い出のマーニー』。 2017年夏映画『メアリと魔女の花』で話題の米林監督の作品です。 公開前のプロモーションでは「百合っぽい!」と騒然となりましたが、実は百合物語では決してない『マーニー』。 マーニーの正体が分かると同時に感動が押し寄せてくる『思い出のマーニー』の魅力を徹底解剖! 米林監督2作品目『思い出のマーニー』とは? 2014年に公開された『思い出のマーニー』。 米林監督にとっては、ジブリ2作目となる作品。 前回の『借りぐらしのアリエッティ』では、本当は監督なんてやりたくなかったのに鈴木Pの策略によって無理やりやらされたような経緯がありましたが、何と『マーニー』に関しては米林監督から「監督やらせてください」と立候補したんだとか。 宮崎監督は既に引退を表明しており、『アリエッティ』の時と違い、完全に米林ワールドが展開された『マーニー』。 公開前にプロモーションが流されるようになると、「百合っぽい!」と話題になるほど、女の子に焦点を当てた物語に仕上がっています。 が、その内容は実は百合とは全く違うもので…。 ちなみに、興行収入は残念ながら『アリエッティ』には遠く及ばず、35. 3億円どまり。 ただ、第88回アカデミー賞長編アニメ部門にノミネートされるなど、国内外の作品に対する評価は高いのが特徴です。 舞台はどこ?マーニーの正体は?作品の感想 それではまず、『思い出のマーニー』を観た人たちの主な感想を拾っていきたいと思います。 みんな、どんなことが気になったんでしょうか?肯定的な感想と否定的な感想、どちらも拾い上げていきます。 米林監督が監督をやりたいと言った時点では、何をやるかまでは決まっていなかったそうです。 なぜ『思い出のマーニー』に決定したかというと、やはりそれは米林監督のアニメーターとしての実力を買われたから! 『思い出のマーニー』のプロモーションが流れ始めたときに「百合っぽい」「まさかジブリが百合を!? 」と騒然となりましたが、実は全く百合展開ではないんです。 それほど、マーニーとアンナは魅力的であり、強い絆で結ばれているんです。 でも、二人の間にある空気はヨコシマなものではなく、いたって純粋なもの。 本当の二人の関係が劇中でネタバレされた後も、相変わらずアンナもマーニーも可愛いし、魅力的!そういう艶やかさを観客に感じさせる手腕に関しては、米林監督は超一流!ジブリ内でも女の子を描かせたら右に出る者がいないというほど、突出した才能なんですね。 マーニーの正体が分かったからと言って、ストーリーに面白みがなくなるというような内容ではないので、ここでネタバレしますと、マーニー=アンナの祖母です。 と言っても、祖母はアンナが幼いころに亡くなっています。 つまり、マーニーはアンナが幼いころ祖母と会話した微かな記憶から生まれた幻影なんですね。 このマーニーの正体が分かったあたりから、生き辛さを感じていたアンナが徐々に救われていきます。 この怒涛の展開を受けて、やはり「感動した」「感涙した」という声が多数。 マーニーが持っているのは圧倒的な母性。 アンナがどんなにひねくれていようと、何も聞かず、何も責めず、全てを包み込むような圧倒的な!そんな母性に触れた観客たちも、マーニーの胸に抱かれたような気持になります。 優等生じゃないどころか、周囲から弾かれ、そのことを自分も分かっていて、世の中全てから背を向けて、それらすべてのことを周囲のせいにしちゃうようなどうしようもないクズなんです。 家族の愛を知らないと言っても、養女に出されている先では、優しそうなお母さんがいます。 アンナにしてみれば感謝こそすれ、養父や養母を恨む筋合いなんか無いはずなのに、「助成金をもらっている」というかなり小さいことを理由に、養母らを汚いものでも見るかのような目で見ているのです。

次の

【ネタバレ注意】「思い出のマーニー」の感想

思い出のマーニー 感想

こんにちは、まりです。 ジブリの人気作品である 『思い出のマーニー』。 心を閉ざしている少女が主人公。 最後まで見ないと謎が解けない物語です。 この作品の見所は、この 少女たちのストーリーと 美しい映像。 私は何回見ても泣いてしまいます。 他の人の反応はどうなのか気になったのでググりました。 外国人と日本人の感想が全然違って面白いなぁと思ったのでまとめました。 注意!この先ネタバレがあります! 『思い出のマーニー』外国人と日本人の感想は?全然違って面白い! 海外の反応 海外の反応はこちらです。 信じられないほど美しいアニメだ• 少女の人生を暗くならないように描いていて子どもから大人まで楽しめる• 美しい映像と物語で何度も泣いた• 見事なアニメーション!• 子どもよりも大人向けの作品だ• 子どもには難しくてわからないだろう• 日本人は百合の物語といっているらしい• これは同性愛の物語か?• 映像が綺麗で素晴らしい• 何度見ても泣ける• 主人公に共感できる など 日本の反応 日本人の反応はこちら。 この映画の良さがわからない人は幸せな人• 悪くないけど良くもない• ジブリと聞いてみたけど残念• 内容が幻想的で不思議な感じで見ていましたが最後は想像とは違っていて良い方に進んでくれて感動した• 無償の愛に泣ける• わけがわからない• 親子について考えさせられた• 子どもの時にはわからなかったが、大人になるにつれて見方が変わった。 素晴らしい作品• すれ違いが切ない• 最後に謎が解けてスッキリ など 『思い出のマーニー』が百合映画とわれる理由 百合映画(レズビアン映画)と言われる理由は大きくまとめて2つ。 過度なスキンシップ• 思春期の少女2人を魅力的に描き分けている マーニーが積極的に抱きしめたり「大好き」だと杏奈に愛情を示しています。 そういったスキンシップのシーンが多いことで百合っぽいと思われたのかもしれませんね。 心を開いて大人の階段を上る少女。 繊細でデリケートな少女の心情を丁寧に描かれています。 『思い出のマーニー』ジブリどんな作品? ジブリの『思い出のマーニー』の情報です。 スタジオジブリによりアニメ化• 2014年7月19日に公開• 主題歌:プリシラ・アーン「Fine On The Outside」(ヤマハミュージックコミュニケーションズ) キャスト• 高月彩良:佐々木杏奈 役• 有村架純:マーニー 役• 松嶋菜々子:佐々木頼子 役• 大泉洋:山下医師 役• 森崎博之:美術教師 役• 白石春香:みよ子 役• 寺島進:大岩清正 役• 根岸季衣:大岩セツ 役• 杉咲花:彩香 役• 石井マーク:武 役• 黒木瞳:久子• 頼経明子:信子 役• 安田顕:十一 役• 音尾琢真:町内会役員• 森山良子:晩年のマーニー• 吉行和子:ばあや• 甲斐田裕子:マーニーの母• 戸次重幸:マーニーの父• 石山蓮華:絵美里 あらすじはこちら。 札幌に住む12歳の少女 佐々木杏奈は、実の両親と祖父母を幼少期に失い、里親である 佐々木頼子に育てられている。 しかし、ある出来事から頼子のことを「おばちゃん」と呼び、感情を表に出さなくなっている。 ある日、学校の写生の授業でひとりスケッチをしていた杏奈は、持病である喘息の発作を起こし、そのまま早退して主治医の 山下医師に診断してもらう。 そこへ鞄を届けに来た同級生たちの態度から、頼子は杏奈が学校で孤立していることを察する。 不安を隠しきれない頼子に山下医師は、杏奈を環境のいいところでしばらく療養をさせることを提案する。 数日後。 夏休みの間だけ、頼子の親戚である 大岩清正・ セツ夫妻の家で過ごすことになった杏奈は、札幌から特急列車で海辺の田舎町へ向かう。 大岩家に着くと、杏奈は荷物の中に複数枚のハガキと「何でもいいので、あったことを書いて下さい」と書かれた頼子からの手紙が入っていることに気づく。 仕方なく手紙を書いた杏奈は、ハガキを出すため郵便局へ行くが、人が近づいてくるのを見てその場から走り去る。 逃げた先の入り江で、杏奈は古い屋敷を見つけなぜか「知っている気がする」と直感的に感じる。「湿っ地屋敷(しめっちやしき)」と呼ばれるその屋敷は廃屋に見えたが、杏奈はその後、夢の中で何度も屋敷を訪れ、隅の部屋の中に金髪の少女を目撃する。 翌日、セツの紹介で近所に住む杏奈の一つ年上の 信子とともに七夕祭りに参加することになった杏奈だが、信子の馴れ馴れしい態度に内心では余計なおせっかいだといら立っていた。 その祭りで、願いごとを書くように渡された短冊に、杏奈は「毎日普通に過ごせますように」と書く。 その短冊を見た信子から「普通」の意味を必要以上に聞き立てられたことと、目の色について聞かれた杏奈は腹を立てて思わず、信子に向かって「太っちょ豚」と叫んでしまう。 我に帰り、信子から「普通なんてない。 周りはあなたが思ってるように見えているだけ」と言われて焦った杏奈は、湿っ地屋敷がある入り江へと逃げ去る。 そこにあったボートで屋敷を目指していた杏奈だが、途中でオールが動かなくなってしまう。 それを助けたのは、杏奈の夢の中に出てきた少女だった。 湿っ地屋敷に住んでいるというその不思議な少女は、自分たちのことを永久に2人だけの秘密にしてほしいと杏奈に懇願する。 杏奈も笑顔でそれを引き受け、2人は仲良くなった。 それ以来、杏奈は マーニーと名乗るその少女とともにピクニックやパーティーを楽しむ。 普段は感情を表に出さない杏奈でも、マーニーといるときだけは表に出すことが出来るのだった。 しかしある日、突然マーニーは杏奈の前から姿を消す。 さらに、湿っ地屋敷には新たな住民が引っ越してくる。 杏奈は、東京から湿っ地屋敷に引っ越してきた少女 彩香から、この家で見つけたというマーニーの日記を見せられる。 自分が体験したマーニーとの思い出が書かれたその日記を見た杏奈は、マーニーのことを自分が想像で作り上げた友達なのだと思うようになる。 杏奈はマーニーの正体を疑問に思いながらも、ふたたびマーニーと出会い、互いの悩みを打ち明けあう。 そして杏奈はマーニーが幼少期のトラウマからサイロを恐れていることを知ると、それを克服するために、嵐が来る中2人でサイロに行く。 2人は疲れ果てサイロの中で眠るが、杏奈が目覚めるとそこにはマーニーの姿がなかった。 夜のサイロに置き去りにされてしまった杏奈は怒り悲しみながら、嵐の中を走り続ける。 杏奈は発熱を起こして倒れていたところを彩香たちに助けられ、うなされながら見た夢の中で再会したマーニーから突然の別れを告げられ、許しを求められる。 彼女のことが大好きな杏奈はマーニーを許し、永久にマーニーの存在と、彼女と一緒に過ごしたことを忘れないと約束する。 するとマーニーは、微笑みながら白い光の中へと消えていく。 サイロのことを何も覚えていない杏奈に、彩香が日記とともに見つけたという「to Marnie from Hisako」と書かれた湿っ地屋敷の絵を見せる。 久子とは、以前杏奈が知り合った画家の老婦人の名だった。 杏奈は、マーニーの友人だったという久子の話から、マーニーの生涯を知る。 幼いころから両親や家政婦に冷たく接されていたマーニーは、その後札幌に移り住み、幼馴染の 和彦と結婚した。 2年後、一人娘の 絵美里が生まれるも和彦が病気で亡くなり、マーニー自身も心身を壊してサナトリウムに入る。 そのため絵美里は物心つくころに全寮制の小学校に入れられ、その影響で13歳で戻ってきたときには母のことを恨んでいた。 その後、絵美里は家出をし、結婚した彼女は子供を産むが、夫婦揃って交通事故で命を落としてしまう。 絵美里の娘は年老いたマーニーが引き取り、たくさんの愛情を注いで育てていたが、翌年マーニーは病気で亡くなる。 マーニーの生涯を話し終わった久子は、「あなたもマーニーに会ったのね」と杏奈に囁くのだった。 大岩家に杏奈を迎えにきた頼子は、杏奈の療育費の補助が自治体から出ていることを杏奈に話し、2人は分かり合う。 そして杏奈は頼子から、幼い杏奈が大切にしていた杏奈の祖母のものだという湿っ地屋敷の写真を受け取る。 杏奈は、写真の裏に「私の大好きな家 マーニー」と書かれていたことから、マーニーが自分の実祖母であることに気づき、涙を流す。 その後、頼子とともに札幌の自宅へと帰還中、杏奈は湿っ地屋敷の窓から自分に向けて手を振るマーニーの姿を目撃するが、それは風に揺らぐカーテンの見間違いだった。 引用: 『思い出のマーニー』原作は? 原作情報• 原題:When Marnie Was There• イギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学作品• 初版は1967年にイギリスの出版社コリンズより出版され25万部を売り上げた• 1968年にカーネギー賞の最終候補にノミネート• 1971年にBBCの長寿番組であるJackanryでテレビ化 ジブリは、この 原作を改変して作っています。 見比べてみるのも面白いかもしれませんね。 合わせて読みたいジブリネタはこちら。 家族で動画見放題を見たい人は、こちらの記事もどうぞ。

次の

【ネタバレ注意】「思い出のマーニー」の感想

思い出のマーニー 感想

ここのレビューは業界関係者や身内が多いのでしょうか? ここのレビュー評価がとても良かったので鑑賞してみたら、余りにもひどすぎたのでとても残念でした。 本気でこれを良い映画だと言うのでしたら、日本のアニメ映画の未来はありません。 「風立ちぬ」は宮崎駿監督の最後の作品だからこそ許される…利益度外視の芸術的な意義深さ社会的に後世に残す意味のある素晴らしい作品でしたが、この作品にはそもそも映画化される意義もあまりなければ、そもそも実写でも良かったのではないでしょうか…。 そもそも、ジブリはどこへ向かっているのでしょうか? 一体いつまでこうした赤字映画を垂れ流し続けるのでしょうか? 作品を製作することを決めた時点で、ある程度こうした失敗作になる可能性は容易に推測できたのではないでしょうか…。 ジブリの経営幹部の判断が甘いとしか言い様がありません。 ジブリは、日本及びアジアのフロントランナー会社です。 もうそろそろディズニーを単なる大衆向けの大味な娯楽作品だとか馬鹿にしていないで、もっとビジネスベースにで厳しく現場や監督を管理して、必死にマーケティングやコンテンツのマルチチャネル化に取り組むべきだと思います。 「かぐや姫の物語」も仕方ないのかもしれませんが、そもそもは興行的な利益が出せない監督は容赦なく切るべきです。 一般的な会社なら、利益を出せない社長 監督 は即クビです。 お金や時間をかければ良い作品ができるのは当たり前です。 登場人物の歩き方やモーションの不自然さから、監督が普段からミュージカルや実写の映画をあまり観ていないのもすぐに判りました。 恐らく、アニメ作品ばかりを見て研究しているので、そこからの影響がどうしても大きくなるのだと思います。 また、この映画は実写で良かったのではないでしょうか? アニメでしか表現できないことを映画にする意味はありますが、「ここまで実写に近づけている」とか、「アニメでここまでこだわっている…」というテクニカルなこだわりは製作者側の単なるエゴでしかありません。 日本の鑑賞者は、作品の曖昧さや不明瞭さを勝手に深い意味があるのだと自己説得していますが、海外の鑑賞者はそんなこと通用しません。 この作品も海外で受け入れられることはないでしょう。 いつかジブリが、CG映画にリアルさを求めすぎて経営破綻しかかったゲーム会社のスクウェアのようになるのではないかと心配にさえなってきました。 日本のアニメは儲かるんだ!!アジアのアニメはジブリを見習え!!ということを自ら発信してもらわなくては、日本のアニメ映画ならびに日本のコンテンツの未来はありません。 企画の選定の段階から、映画化したあとのマネタイズまで、ワンコンテンツでいかにマルチマネタイズできるかを、きちんと冷静に判断しながら、良い作品をきちんと作ってほしいです。 最近のジブリはその基準がぶれています。 そうならなければ、日本から次世代の優秀なクリエイターたちが育てません。 あと、個人的に思ったのは監督は恋愛をしたことが本当にありますか?女性のスタッフの意見をきちんと取り入れたら、こういった映画にはならないのではないかと思いました。 大した恋愛経験もない監督の独りよがりな視点から見た女性の心情物語であったような気がして、まったく女性からの視点を無視した構成と演出だなあと感じてしまいました。 監督はまだ若いですから、是非とも次の作品には、自分のエゴからではなく、洞察力のある作品を期待しています。

次の