かずき むぎ ちゃ。 パチンコ凸に同行のかずきむぎちゃ、へずまりゅうのシバター凸の裏側を明かす

「へずまりゅう」と「かずきむぎちゃ」の動画外での関係が明らかに!動画内で語られた真実

かずき むぎ ちゃ

最近のラッパーのプロモーションの流れとは? まずラッパーはラップが出来る準備をします。 一昔前なら、迷わずに「ラッパーはまず曲を作ります」が一番でした。 しかし近年は曲を作らなくてもラッパーになれます。 曲も作らずに?どうやればラッパーになれるのでしょうか? A. そう、即興のラップが出来ればラッパーを名乗れます。 むしろ最近は即興ラップしかやらないラッパーも多いと聞きます。 話しを戻しますが、ラッパーは曲を作るか即興ラップが出来る状態に練習を繰り返します。 ここまでがプロモーションのセットになっているパターンが多いですね。 一方即興ラップ重視のラッパーの場合ですと、即興ラップの練習、研究をする。 このようなプロモーションの流れが主流です。 様々なプロモーションの仕方 先程説明した主流のプロモーション以外でも知名度はあげる事はできます。 例えば テレビなどに出て一気に有名になる。 パターン 別の分野で注目されて、実はラッパーでした。 パターン オーディションを受けて一気に有名になるパターン。 ライブなどはせずにネットから爆発させる。 パターン。 YouTubeやネットなどに頼らず口コミと現場の評判だけで名前をあげる。 パターン などです。 プロモーションの仕方は当然自由です。 YouTuberとして人気が出てラップも素晴らしい! それで知名度が拡がっても良いのです。 YouTubeとラッパー 基本的にラッパーはYouTubeを音源のプロモーションとして使用しています。 2つのパターンをまずあげてみます。 1.MUSIC VIDEOをPROMOTION VIDEOと呼ぶのもプロモーションに絶対的な効果があるからでしょう。 またライブの動画も人気ですしPVのように撮影や大掛かりな編集もなく投稿できるので良いプロモーションになります。 MC BATTLEの動画も人気です、公式非公式問わず良い勝負のbattle動画は人気です。 有名なMC BATTLE大会の動画はDVDになり、飛ぶように売れます。 MC BATTLEのYouTubeもラッパーには良いプロモーションになるでしょう。 以上の2パターン、つまり 純粋なラップのプロモーションの場!がラッパーとYouTubeの関係だったと思います。 しかし、時代は流れています。 最近はYouTuberラッパーが増えてきました。 ラッパーであるが、ラップとは関係のない企画を進めてYouTuberとして人気がある人もいます。 もちろんラッパーの特性を活かしてラップ関連の動画を中心に活躍しているYouTuberラッパーもいます。 一部では「邪道」「YouTuberラッパーは言葉が軽い!」などと批判や否定的意見もあるようですが、、自分的には全然アリだと思います。 それは多くの人がアリと思っているはずです。 Silent Killa Joint かずきむぎちゃ さんとは? YouTubeで人気のチャンネルがあります。 それが POLINKEY MOVIEです。 チャンネル登録車数は何と21. 7万人! 2020. そのPOLINKEY MOVIEのメンバーが「かずきむぎちゃ」さんです。 そのかずきむぎちゃさんはラッパーのsilent killa jointです。 かずきむぎちゃさんは2017年3月にとある事件により逮捕されていましたが現在はまたYouTuberとしてもラッパーとしても活躍しています。 Silent killa jointさんは 1994年7月18日生まれで兵庫県出身。 SILENT KILLA JOINT — Sick Time Prod by dhrma Official Music Video めちゃくちゃカッコいいです。 そして、Silent Killa JointさんはMC BATTLEも強いです!センスの塊ですね。 ラッパーとしてもYouTuberとしても超一流なのです。 YouTuberとしてのファンもいますしラッパーとしてのファンもいます。 どちらが怠って見えると批判や否定的意見もあるのでしょうが、かずきむぎちゃさんはそれが極めて少ないと思います。 実際にYouTuberから知ってラッパーとしてのSKJさんを好きになる人も多いようです。 例えば最近では、話題の炎上YouTuberが突然Silent Killa Jointさんの家に突撃した動画がアップされ話題になりました! かずきむぎちゃさんのスタジオベースの家でしょうか?どうやらこれからスタジオを作る予定だった家らしく、そこでのやり取りはハラハラします。 それにしても、ここまで有名になると家を特定されてしまうんですね、、 有名になるのも少し怖いですね!! まとめ YouTuberとラッパーは両立していれば全く問題ないと思います!むしろそのプロモーションの流れが主流になるかもしれません。 ラッパーは作品だけだと人柄はわかりませんがYouTubeチャンネルだと人柄もわかりますからね。 結局は何が大事か?というと 何事にも手を抜かずにやることでしょう。 今回はYouTubeとラッパーの関係を考えてみました!そしてその成功者の1人がSilent Killa Jointさんということでピックアップさせて頂きました。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の

ポリンキームービーかずきむぎちゃ逮捕の理由は?懲役は何年?今後の活動・引退についてなど詳しく紹介!

かずき むぎ ちゃ

かずきむぎちゃ実はベテランYouTuber? 2017年からとある理由で動画配信を中断していたかずきむぎちゃさん。 実はなかなかの ベテランYouTuberです。 YouTubeの活動を開始したのは2012年からとかなり長い間活動しています。 最近はYouTuberになる方が急激に増えている中、7年も前から活動されているかずきむぎちゃさんはベテランといえるのではないでしょうか。 チャンネル登録者数も20万人(2019年時点3月)、ツイッターのフォロワー数も1万7,000人を超えています。 活動を中断していたにも関わらず、この人数なのはかずきむぎちゃさんの帰りを待ちわびていたファンの方も多かったはず。 2019年の11月から動画配信を再開しており、動画の内容もかずきむぎちゃさんの雰囲気も2年前と全く変わっていません。 かずきむぎちゃは熱くて男らしい人物! 色々なおもしろ動画を配信しているかずきむぎちゃさんですが、彼はとても 男らしく自分の信念をしっかりと持っている人物です。 かずきむぎちゃさんの雑談動画や炎上したときの説明動画では彼の信念や義理堅さを強く感じることができます。 生きていく上での信念を話している動画があるのですがその動画内で「自分がダサいと思うことはやりたくない」との発言がありました。 何をダサいと思うか人それぞれ違いはありますが「素直に謝れないこと」をダサいと思う方もいるでしょう。 人に迷惑をかけたとき謝らずにうやむやにする大人が多い中、彼はいけないことをした際には素直に「ごめんなさい」と謝れる真っ直ぐな人間性も持っているといえるでしょう。 また嘘を付くのが大嫌いだと公言している動画も多々みられます。 アンチが多いため炎上などの経験も豊富なかずきむぎちゃさんですが、炎上した内容をリスナーに話すとき 自分の悪かった部分もきちんと説明しています。 かずきむぎちゃさんにはアンチも少なくありませんがそれ以上にかずきむぎちゃさんが大好きなファンを多く抱えているのです。 おちゃらけた動画を配信していますが 飛びぬけた音楽のセンスがあります。 音楽センスと声質のよさからラッパーとしてのかずきむぎちゃさんファンも多く、ライブ告知をすると沢山のファンが駆けつけるのです。 かずきむぎちゃさんは「 Silent killa joint(サイレント・キラ・ジョイント)」という名前でラッパー活動をしています。 YouTuberの「かずきむぎちゃ」という側面とラッパーとしての「Silent killa joint」、 2つの顔を持ち合わせているのです。 約2年ほど活動を中断していたかずきむぎちゃさんですが、活動再開後「ライブはいつするんですか?」とファンから声がかかるほどの人気ぶりです。 かずきむぎちゃのアルバム情報 ラッパーとしてのかずきむぎちゃさんは 自分で作詞作曲も手がけています。 2019年には「 Refuse not to Be cool」というアルバムを発売。 アルバム内には9つのシングル曲が入っています。 まだ聴いていない方にはおすすめの1枚です。 かずきむぎちゃがマホトとラップバトル?.

次の

ジョーブログvsかずきむぎちゃ炎上騒動について思うこと|荒野闘争|note

かずき むぎ ちゃ

なんだ・・本気じゃないのか・・じゃれあいか?心配させやがってーい! 他にも何か喧嘩した情報がある方はぜひお知らせください。 それにしてもシバターさんはいろんなYou Tuberに絡みますねー ポリンキームービーかずむぎちゃさんのまとめ• 本名は不明• 年齢は22歳のはず・・・• 日本語ラップが趣味• 既婚者で子持ち• メンバーはゆうゆうさんがいる• トミック事件に横入りした動画を投稿した• 喧嘩とはシバターとの決闘? 以上! You Tuberにもたくさん種類があるんですね本当に。 結局お子さんの名前は鬼がつくのかなー・・心配だ・・。 色々気になる点を残しましたが・・・ 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の