年金 いくらもらえる 公務員。 年金受給額、平均でいくら? 平成25年度 [年金] All About

公務員の年金の金額はいくら?平均や優遇制度、会社員との比較など仕組みを解説

年金 いくらもらえる 公務員

というのも悪くないので試算をやめようかと思いましたが、折角ですから、平均ではなく、自分の妻の年金額がどうなるのかを試算してみました。 地共済年金情報ウェブサイトで試算した結果、やはり年額240万円程度だった 年金試算用ウェブサイトと言えばねんきんネットです。 しかし公務員の年金試算にはねんきんネットはあまり役立ちません。 ねんきんネットでは共済組合の加入期間が年金計算に全く反映されないからです。 公務員の年金試算作業のうち、ねんきんネットで出来るのは、老齢基礎年金の試算だけです。 これだけならねんきん定期便があれば十分です。 というわけで、平成27年6月時点では、ウェブサイトによる年金試算はあきらめました。 しかし、平成28年になって、公務員向けの年金試算サイト「地共済年金情報ウェブサイト」が立ち上がっていました。 すかさず利用して計算したところ、やはり妻の年金額は約240万円程度だと分かりました。 スポンサーリンク 共済組合に試算を依頼した結果からも、妻の老後の年金は年額240万円程度だった 共済組合に試算を依頼した結果からも、妻の老後の年金は年額約240万円でした。 ただ、共済組合は、50歳未満の組合員からの老齢年金の試算を受け付けないので、少々苦労しました。 障害年金の試算を依頼して、それをもとに老齢年金の金額を計算したのですが、やはり年金額は240万円程度となりました。 ただ、この手の試算はFPや社労士さんでないとなかなか出来ないので、教師の皆さんが自分でやるというのは現実的ではないです。 教頭や校長にならない場合、教師の年金は年額240万円ほど さて、いろいろ試算した結果が240万円だといいましたが、• 大卒後22歳で公立中学教諭となる• 校長、教頭、主観教諭などにならず、教諭として定年を迎える といったことを計算の前提としています。 一生涯現場に立ち続ける教諭の場合、年金額は大体240万円だと言っていいですね。

次の

年金受給額、平均でいくら? 平成25年度 [年金] All About

年金 いくらもらえる 公務員

老後の生活資金の柱といえば、なんといっても「年金」です。 この年金が実際にいくらもらえるのかわからず、不安を感じている人が多いようです。 ここでは、将来受け取れる年金額の目安を見てみたいと思います。 今の現役世代は原則、65歳から年金がもらえることに 現在の日本には公的年金制度が2つあります。 1つは日本に住む20歳から60歳までのすべての人が加入する「国民年金(基礎年金)」、もう1つは会社員、公務員などお勤めをしている人が加入する「厚生年金」です(厚生年金の加入者は、国民年金に同時加入していることになっています)。 この公的年金に加入し10年以上保険料を払い込んでいれば、一定の年齢になった時から、年金(正しくは「老齢年金」)をもらうことができます。 年金がもらえる年齢は、生年月日や性別、加入する年金制度などによって決まりますが、現在は65歳にまで段階的に引き上げられており、今の現役世代としては「年金がもらえるのは65歳から」と考えておいたほうがよいでしょう。 65歳になると、国民年金を積んだ部分から計算した「老齢基礎年金」と、厚生年金を積んだ部分から計算した「老齢厚生年金」が受け取れます。 基礎年金を1階部分、厚生年金を2階部分として、よく「2階建て年金」と言われています。 つまり、 国民年金から支給される老齢基礎年金と、厚生年金から支給される老齢厚生年金を合計した額が、老後に受け取れる年金額ということになります。 老齢基礎年金はいくらもらえる?• 国民年金の保険料を払い込む(第1号被保険者)• 厚生年金に加入する(第2号被保険者)• お勤めしている配偶者の扶養に入る(第3号被保険者) 老齢厚生年金はいくらもらえる? 次に、2階部分の老齢厚生年金を見てみます。 老齢厚生年金の額の計算はとても複雑ですが、ここでは計算式や計算ルールの変遷などの難しい話を抜きにして、ざっくりともらえる金額を見てみたいと思います。 老齢厚生年金の額は、厚生年金の加入期間が1年長くなれば、毎年もらえる年金額が1万~5万円増えることになります。 もし30年勤めれば年金額は30万~150万円になります。 なぜ金額にこのような幅ができるかというと、 老齢厚生年金の金額は厚生年金に加入した「期間」だけでなく、その期間に手にした「平均給与」も影響しているからです。 つまり、給与が高ければ年金は多くなり、低ければ少なくなります。 つまり、一般的には以下のような流れになります。 【例1】と【例2】の 2人が夫婦であった場合、夫婦合わせて65歳以降で月額約21万~22万円が受け取れることになります。 厚生労働省のモデル年金も夫婦で月額約22万円~23万円となっているので、近い額ですね。 実際に年金がいくらもらえるかは、「ねんきん定期便」等で確認を これまで見てきた方法で、大まかな年金額は把握できると思いますが、正確な年金額は計算できません。 特に老齢厚生年金の額は人によってばらつきが大きいものです。 実際にいくらもらえるのか、 正確な年金額が知りたい場合は、「ねんきん定期便」などで必ず確認をするようにしてください。 50歳以上の人に届くねんきん定期便には、60歳まで加入したと仮定した場合の見込みの年金額が記載されています。 50歳未満の人の場合はこれまでの払い込み実績に応じた年金額が記載されています。 ぜひ参考にしてみてください。 本当に大事なのは、もらえる年金額の目安がわかってからです。 この年金額で足りるのかどうか、足りなければその分の老後資金をどうやって準備したらよいのか、この機会に検討しましょう。

次の

会社員・公務員と自営業(フリーランス)の年金の違いと確定拠出年金について|株JIN

年金 いくらもらえる 公務員

毎月給与から天引きされているものの、実はあまりよく理解していない「年金」。 どんな種類があるのか? 何歳からいくらもらえるのか? 定年を迎える前に把握しておきたいもの。 そこで年金分野を専門とする社会保険労務士の清水典子さんに、年金の基礎知識を教えてもらった。 1つの保険料で3種の給付が受けられる 年金には、国民年金と厚生年金という2種類があるが、どのように違うのだろうか。 「加入する年金制度は、職業によって変わります。 自営業やフリーターの方は国民年金のみ、会社員や公務員の方は国民年金と厚生年金に加入します」(清水さん・以下同) 年収や加入年数にもよるが、一般的に国民年金だけの自営業者に比べ、国民年金と厚生年金の2階建てとなる会社員・公務員は受給できる年金額が高くなる。 そして、年金を受け取れるタイミングは、老後だけではないという。 「国民年金でも厚生年金でも、3つの種類があります。 高齢者に支給される『老齢年金』、加入者が亡くなった後に遺族に支払われる『遺族年金』、ケガや病気で働けない場合に受け取れる『障害年金』です。 1つの保険料で3つの給付が用意されているところが、国の年金制度のメリットですね」 「遺族年金」は0歳から、「障害年金」は20歳から、条件を満たせば支給される。 一方、「老齢年金」は原則として65歳から支給されるもの。 国民年金では「老齢基礎年金」「遺族基礎年金」「障害基礎年金」、厚生年金では「老齢厚生年金」「遺族厚生年金」「障害厚生年金」がそれぞれ受給できる。 「遺族基礎年金」は、夫(または妻)を亡くした妻(または夫)と高校生以下の子どもが受け取れ、「遺族厚生年金」は子どものいない配偶者や父母、孫も条件を満たせば受け取ることができる。 夫が亡くなった場合、妻は何歳でも受け取れるが、妻が亡くなった場合、夫は55歳以上でないと受け取れないなど、多少の男女差も存在する。 国の年金制度以外にも、自営業者が加入できる「国民年金基金」や、運用成績によって給付額が変わる「個人型確定拠出年金(iDeCo)」などがあり、オプション的に追加できる。 「ねんきん定期便」で年金額と納付状況をチェック 「老齢年金」を受け取るには、少なくとも10年間の年金加入期間が必要で、「老齢基礎年金」を満額を受け取れるのは40年間加入・全納した人に限られる。 自分は現状どの程度支払っているのか、確認する手立てはあるのだろうか。 「毎年、誕生月に郵送される『ねんきん定期便』を確認しましょう。 50歳未満と50歳以上で様式が変わり、記載される内容も変わります。 」 50歳未満の場合は、裏面上段の「1. これまでの保険料納付額(累計額)」の欄に、これまで支払ってきた保険料の総額が記載される。 裏面下段の「3. これまでの加入実績に応じた年金額」の欄には、現在までに納めた保険料で計算した年金の年額が記載される。 保険料を納め続ければ、年金額は増えていくというわけだ。 50歳以上の場合、裏面中央の「3. 老齢年金の種類と見込額(年額)」の欄に記載されるのは、現在から60歳まで保険料を納め続けた場合の年金の年間見込額。 つまり、65歳以降、実際に受け取れる金額に近いため、老後の資産計画に役立てられる。 「表側の面には、直近1年間の保険料の納付状況が記載されます。 自分の年金を守る意味で、金額が給与明細と合っているか、会社員であれば厚生年金に加入できているかなど、年に1回確認する習慣をつけるといいでしょう」 インターネット上で自分の年金記録をチェックできる「ねんきんネット」に登録しておくと、パソコンでもスマートフォンでも24時間いつでも確認できる。 郵送からネットに切り替えてもよさそうだ。 平均収入のビジネスマンの年金は月額15万円強 年金の種類や納付状況の確認法はわかったが、実際に老齢年金はいくらもらえるのだろうか? 「老齢年金は原則65歳から受け取れますが、生まれ年や性別によっては、もう少し早めに特別支給の老齢厚生年金が受け取れます」 昭和36年4月2日以後生まれの男性、昭和41年4月2日以後生まれの女性は特別支給の措置はなく、65歳から受け取ることになる。 生まれ年が上がると、特別支給の老齢厚生年金を受け取れる年齢は段階的に下がっていく。 昭和34年4月2日~昭和36年4月1日に生まれた男性、昭和39年4月2日~昭和41年4月1日に生まれた女性は、64歳の1年間受け取ることができ、昭和32年4月2日~昭和34年4月1日に生まれた男性、昭和37年4月2日~昭和39年4月1日に生まれた女性は、63歳から受け取れる。 「では、65歳以降の年金が実際にいくらもらえるかというと、国民年金に40年間加入し満額を納めた場合、2019年6月支給分からの老齢基礎年金は月額6万5008円です。 平均標準報酬月額とは、加入当初から定年まで、すべての加入期間の月収平均額のこと。 8万円)で40年間厚生年金に加入しており、妻が専業主婦の場合、夫婦合わせた年金が月額約22万円(平成31年度の場合)と発表している。 妻の老齢基礎年金を引くと、夫の年金額は月額約15万6000円。 「共働きであれば、妻も老齢厚生年金が受け取れるので、受給額はもっと多くなります。 また、年収を上げて加入期間を長くすれば、比例して老齢厚生年金は上がっていくので、現役時代の努力が実を結ぶものといえます」 「年金は徐々に減っている」といわれているが、努力次第では年金額を上げることができそうだ。 将来の自分や家族のため、現役のうちにしっかり働こう。 (有竹亮介/verb) 3分でわかる!確定拠出年金 皆さんはご自身が確定拠出年金(DC)に加入しているかご存知ですか? 「あれ?確定拠出年金ってなんだっけ?」「加入しているのは認識しているけど、特に運用していない」という方は、是非この動画をご覧ください。

次の