ささみ ダイエット レシピ。 【絶品】ささみ レシピ31選!つくれぽ1000超の人気1位は?殿堂&簡単料理

【絶品】ささみ レシピ31選!つくれぽ1000超の人気1位は?殿堂&簡単料理

ささみ ダイエット レシピ

ささみダイエットとは?気になるカロリーは? ささみダイエットとは、 一日3食のうちの1食の主食を、ささみを使ったメニューに置き換えるダイエット方法です。 ささみは、鶏の胸にある肉で、脂肪分の少ない胸肉よりもさらに脂肪分が少ない部分になります。 形が笹の葉に似ていることから、笹身=ささみと呼ばれており、低カロリー高たんぱく質な食材として知られています。 ダイエットでは、できるだけカロリーを抑えつつ、筋肉を減らさないためにたんぱく質を摂ることが勧められていますが、ささみはそのどちらも含まれているため、ダイエットにおいて欠かせない食材と言えます。 さらに、ささみダイエットではご飯やパンなどの主食をささみに置き換えるため、その一食は炭水化物を抜くことになり、ちょっとしたにもなります。 ちなみに、 ささみのカロリーは1gあたり1カロリーとなっており、50g(約1本)食べても50㎉ととても低くなっています。 ささみダイエットの効果 ささみダイエットは、低カロリーのささみを食べることで摂取カロリーを抑えられるのは勿論のこと、私達の体の形成に欠かすことのできないたんぱく質を多く含んでいることにより、 筋肉を減らすことなくダイエットを行うことができるので、基礎代謝の低下を防ぐことができます。 また、ささみには疲労回復効果のあるビタミンB群が多く含まれているので、 疲れを溜めずに新陳代謝を活発にする効果も期待できます。 ささみダイエットのやり方 ささみダイエットは、ご飯やパンなどの食事の主食の代わりにささみを食べて行います。 ささみだけを食べる方法ではなく、主食をささみに置き換えるだけなのでささみ以外も食べても構いません。 一日1食の置き換えが基本ですが、ダイエット効果を高めたい場合は2食までなら置き換えが可能です。 ただし、3食全てをささみに置き換えてしまうと、炭水化物の摂取量が少なくなり、心身に支障をきたす恐れがあるため止めましょう。 ささみのゆで方 ささみがダイエットによい、とは知っていても、パサパサとした食感が苦手で食べられないという方も多いですよね。 ささみダイエットを成功させるためには、ささみをパサつかせずにしっとりと調理させることが大切になります。 そこでここでは、ささみを美味しく茹でるための方法を2つご紹介します。 余熱で火が通り過ぎずに、しっとりとしたささみになります。 茹で汁ごと冷蔵庫で保管し、3~4日で食べ切るようにして下さい。 ささみダイエットの口コミ ささみダイエットに挑戦してみたいけれど、本当にダイエットできるのか気になる・・。 そのような方は口コミを参考にしてみてはいかがでしょうか。 ささみダイエットの経験者の口コミを見てみると、 「体調が悪くなることもなく、順調に5kg痩せることができました。 」 「夕食だけ主食をささみに変える方法で行っていますが、体のラインが変わってきました。 」 など、ダイエット効果があったと答える方がいらっしゃる一方で、 「毎食、ご飯やパンを抜いてささみを食べていたところ、かなり痩せましたが体調が悪くなってしまいました。 」 「体重はそこまで減らなかった」 という口コミもあります。 ささみダイエットは、正しい方法で、体調を管理しながら行う必要があるようです。 ささみダイエットとサラダチキンダイエットの違い! 鶏肉を使ったダイエットと言われて、思い浮かべる方も多いのが一時期大ブームになったコンビニの「サラダチキン」です。 サラダチキンもカロリーが低く高たんぱく質と言われていますが、ささみとは異なり、鶏のむね肉で作られています。 むね肉はささみと比べてカロリーがやや高いですが、含まれるたんぱく質はほぼ同等。 ただし、むね肉にはささみよりも多くの脂質が含まれており、ダイエット食材として使用する場合には脂身の部分を取り除く手間があります。 そのような点を考えると、ささみの方が調理もしやすいですし、手間なくカロリーを抑えることができます。 ささみダイエットおすすめレシピ ささみは味がとても淡泊なため、食べ飽きしやすいのが難点と言えます。 そこでここでは、ささみを使ったダイエットにお勧めのレシピをご紹介します。 さらになす、ピーマン、赤ピーマン、エリンギを入れて炒め、そこに麺つゆ、みりん、醤油、酢の合わせたれを入れて絡め、ごま油を回し入れる。 参考URL: ささみダイエットで痩せない場合の原因と対処法 ささみは低カロリー高たんぱく質なので、痩せられるイメージを持っている方も多いと思います。 しかし、ささみダイエットを行っても思うように痩せない場合もあります。 その原因は、ささみの食べ方にあります。 いくらささみが低カロリーだからと言って、毎日揚げ物にしていたら当然ながらカロリーの摂り過ぎになってしまいますよね。 ダイエットのためにささみを食べる時は、茹でたものを食べるのが基本となります。 また、ダイエット効果を高めるために、すべての食事をささみのみに置き換える方がいますがこれもNGです。 特に炭水化物を抜かしてしまうと、食物繊維の量が足りなくなって便秘になりやすくなってしまいます。 便秘になると腸に溜まった便が腐敗して有害ガスを発生させ、それが血液を通じて全身を巡るため、代謝が悪くなり返って太りやすい体質になってしまうのです。 そのため、ささみダイエット中はあくまでも一日一食のみ、ささみを主食に置き換えるようにし、他の二食はきちんと炭水化物を摂るようにして下さい。 ささみダイエットの効果的なやり方【レシピ・口コミ・カロリー】のまとめ ささみは、調理次第ではとても美味しく頂くことができます。 ダイエット中はお肉を諦めることも多いですが、ささみならカロリーが低いので罪悪感なく食べることができるので、上手に利用してダイエットを成功させましょう。

次の

鶏ささみダイエット3日間の体験で驚きの効果が!詳しい方法とレシピを公開!

ささみ ダイエット レシピ

せっかくダイエットをするのであれば、できれば食事を抜くのではなく、しっかり食べた上で、しかも確実に痩せたいと思いませんか? 過度に食事制限をしたダイエットでは、仮に一時的に痩せることはできても、代謝が落ちてしまいリバウンドしやすく、「痩せづらく太りやすい体質」になってしまいます。 ただ、実は『食事を抜かずに痩せること』は難しいことではありません。 ダイエットにとって理想的な食事メニューをマスターし、その通り実践すればいいだけです。 今回は、「1週間という短期間で、食事をしながら痩せたい」、「痩せるために理想的なダイエットレシピを知りたい」、「過度な食事制限・運動はしたくない」といった方々に向けて、紹介する通りに真似するだけで痩せれる簡単な1週間のダイエットレシピ・献立を用意しました。 また、料理を作るのが面倒という方でも大丈夫なように、1週間ダイエットに最適な食べるだけでOKの通販食品、外食のメニューなども紹介するので、そちらも参考にしてみてください。 より痩せていきやすくするために、普段良く食べている「太りやすい食材や料理」を「ダイエットに効果的な食材や料理」に置き換えていくことがダイエットレシピの基本です。 痩せるためのダイエットレシピに活用するのはもちろんですが、急な外食で食べる予定以外のものを選ばないといけないときなどにご利用ください。 置き換える食材例• 太らない食事というのは、普段からの心がけも大切なので、細かいところにもこだわっていきましょう。 1週間で痩せる食事メニュー・レシピ 脂肪燃焼スープとは、野菜を豊富に入れたスープのことで、簡単に作れて、脂肪の燃焼を助ける効果、デトックス効果、基礎代謝のアップなどが期待できます。 前の土日で作り置きをしておき、この月曜の朝だけでなく、1週間で痩せる食事メニューの夕食に足していくようにしましょう。 【材料】• キャベツ• 玉ねぎ• にんじん• ピーマン• セロリ• トマト• コンソメスープの素• 塩コショウ 脂肪燃焼野菜スープレシピ・作り方• 1、野菜を食べやすい大きさに切って鍋に入れる• 2、野菜がすべて浸るより少し多めに水を入れる• 3、コンソメスープの素を入れて火にかける• 4、20分ほど煮込み、火が通ったら塩コショウを入れて完成 どの野菜もダイエットに良いですし、たくさん食べたからと言って太るものではないので、量はお好みで決めましょう。 こんにゃくは、カロリーが低く、直接大腸に届くので排泄物をスムーズに排出する効果があり、代謝を良くしていけるので、ダイエットに非常に効果的です。 【材料】 1人前• こんにゃく 1パック• にんにく お好み• 鷹の爪 お好み• みりん・醤油・料理酒 大さじ2杯• ゴマ油 小さじ1杯 こんにゃくステーキのレシピ・作り方• 1、こんにゃくを食べやすい大きさに切る• 2、こんにゃくに味が染み込みやすいよう軽く切れ目を入れる• 3、臭みをとるために塩を一さじ入れたお湯で5分ほどゆでる• 4、水で洗って水気をとる• 5、ゴマ油をしいたフライパンでにんにくと鷹の爪と一緒に炒める• 6、みりん・醤油・料理酒を入れる• 7、汁が無くなるまで炒める 火曜日のダイエットレシピ・献立 ダイエットに効果的な食材を組み合わせたレシピです。 【材料】 1人前• キムチ 50g• オクラ 4本• 納豆 1パック キムチオクラ納豆のレシピ• 1、オクラに軽く塩を擦りこみゆでる• 2、その間に納豆を混ぜ、キムチをザク切りにして混ぜる• 3、オクラを5分ほどゆでたら水気をとり冷凍庫で冷やす• 4、オクラが冷えたら、両端は切り落とし5等分にする• 5、すべて混ぜ合わせる• 6、お好みで豆腐と合わせても美味しいです 納豆とキムチを混ぜて放置しておくと、キムチの乳酸菌が増えるので、前の晩作って一晩置いておくなどといった作り方もおすすめです。 また、卵を入れてもいいですが、生の卵白は納豆の成分を半減してしまうので、半熟にするか、卵黄のみ入れるようにしましょう。 肉はダイエットにあまり良くないイメージですが、実はそんなこともありません。 肉の脂身は脂肪になってしまいますが、赤身の多い肉であればたんぱく質をしっかりとれるので、ダイエット中に食べても大丈夫です。 【材料】 1人前• 牛肉 赤身の多い 100g• しょうが 5g• サラダ油 小さじ2杯• オイスターソース 小さじ1杯• 料理酒 小さじ1杯• しょうゆ 小さじ1杯• 砂糖 一つまみ• 片栗粉 小さじ1杯 牛肉炒め物のレシピ・作り方• 1、オイスターソース、料理酒、しょうゆ、砂糖、片栗粉を混ぜて、合わせ調味料を作る• 2、ネギは根を落として食べやすいサイズに切る• 3、しょうがは薄切りにする• 4、セロリは皮をむいて1cm幅に切る• 5、フライパンにサラダ油をしき、セロリ、ネギ、しょうがを炒める• 6、香りがたってきたら牛肉を入れる• 7、1. 2分炒めたら合わせ調味料を入れる• 8、牛肉に火が通ったら盛り付けて完成 味付けを濃くしてしまうと、体に水分が溜まりやすくなり、むくみやすくなってしまうので、味付けに気をつけていきましょう。 水曜日のダイエットレシピ・献立 豆腐はカロリーが低いので、食べても太りにくいということと、大豆たんぱくが筋肉を作りやすくしてくれ、代謝を上げてくれるので、ダイエットレシピとして優秀です。 【材料】 1人前• 豆腐 半丁• ミニトマト 3個• レタス 3枚• きゅうり 1本• ゆで卵 1個 豆腐サラダのレシピ・作り方• 1、野菜と卵を食べやすい大きさに切る• 2、上に半丁の豆腐を乗せる• 3、ドレッシングをかける サラダはできれば自分で野菜を買ってきて作った方が良いですが、面倒であればコンビニなどに売っているサラダでもいいでしょう。 サラダの中身も大切ですが、ドレッシングも重要で、低カロリーのノンオイルドレッシングを選ぶようにして、かけすぎには注意して食べてください。 青魚はダイエット効果があると言われていて、サバ缶に含まれるEPAという成分が脂肪燃焼効果があるので、痩せる食事メニューとしておすすめです。 【材料】 1人前• サバ缶 1缶• なめこ 1パック• 七味唐辛子 お好み サバ缶のなめこ和えレシピ・作り方• 1、なめこを1分ゆでる• 2、サバ缶をボールに開けてほぐし、その中になめこを入れる• 3、器に盛り七味唐辛子をかける 辛いのが苦手であれば唐辛子はかけなくてもいいですが、唐辛子には代謝を良くしてくれる効果があるので、ダイエット効果をアップしてくれます。 簡単にできるダイエットレシピなので、サバ缶となめこをたくさん買っておいて、たまに作ってもいいですね。 木曜日のダイエットレシピ・献立 白米にプラスしておからを入れることで、糖質やカロリーを抑えたオムライスができます。 おからをお米と一緒に炊くということもおすすめですが、続けられるダイエットレシピとして、すぐにできる方法を紹介していきます。 【材料】• 白米 茶碗半分• おから 茶碗半分の量• 卵 2個• サラダ油 大さじ2杯• ケチャップ 大さじ2~3杯• 塩コショウ 小さじ1杯• コンソメ粉末 小さじ1杯• しょうゆ 小さじ1杯 おからオムライスのレシピ・作り方• 【ケチャップライス】• 1、おからをパラパラになるまで油をひかずフライパンで炒める• 2、おからはいったん皿に移す• 3、フライパンに油をひいて玉ねぎを炒める• 4、火が通ったら白米を入れる• 5、白米に軽く色が付いたらおからを入れる• 6、ケチャップ、塩コショウ、コンソメ、しょうゆを入れて混ぜる• 【卵】• 1、熱したフライパンに油を入れ卵を入れる• 3、火が通ったらケチャップライスにのせる オムライスは味がしないからとケチャップを大量に入れてしまいがちですが、塩コショウなどで味をつけることで、ケチャップの使い過ぎを避けるようにしましょう。 あまりケチャップを大量に入れてしまうと、塩分をたくさん摂ってしまい、ダイエットに良くないです。 金曜日のダイエットレシピ・献立 ダイエットレシピとして、鶏ひき肉と豆腐をメインに使い、油も使わないヘルシーなハンバーグを紹介します。 【材料】• 豆腐 半丁• 鶏ひき肉 180g• 塩コショウ 小さじ0. パン粉 小さじ3杯• 片栗粉 小さじ2. ケチャップ 大さじ2杯• ウスターソース 大さじ2杯 豆腐ハンバーグのレシピ・作り方• 1、豆腐の水を切り、ボールに鶏ひき肉と入れる• 2、こねながら塩コショウ、片栗粉、パン粉を入れる• 3、固まってきたら好きな大きさにしてレンジ 700w で5分ほど加熱する• 4、ソースはウスターソースとケチャップを耐熱容器に入れてレンジ 700w で30秒加熱する 豆腐ハンバーグを食べる際は、ソースをかけすぎて、塩分のとりすぎにならないように気をつけていきましょう。 土曜日のダイエットレシピ・献立 煮物なので休みの日の朝に作ってもいいですが、作り置きをしておくと、朝食としてすぐに食べることができて便利です。 小松菜には塩分を分解してむくみにくくする「カリウム」という成分も入っているので、むくみ解消にもおすすめなダイエットメニューとなっています。 【材料】 小鉢5杯ほど• 小松菜 1束• こんにゃく 1枚• まいたけ 6個• しめじ 2株• エリンギ 2本• 水 500ml• しょうゆ 大さじ3杯• みりん 大さじ3杯• だしの素 2袋 8g• にんにくチューブ 少々 ダイエットレシピ・作り方• 1、まいたけを食べやすい大きさに切る• 2、しめじは根っこの部分を切り落としエリンギはスライスする• 3、小松菜をざく切りにし洗って水を切る• 4、こんにゃくは厚さ5mmほどの短冊切りにし、熱湯で2. 3分茹でてアクをとる• 5、鍋に水と調味料類を全て入れて沸騰したら具を入れる• 6、再び沸騰したら弱火にして15分ほど煮る 煮すぎると煮詰まって1杯に対する塩分が増え、むくみの原因にもなってしまうので、煮すぎに気をつけましょう。 豚ヒレはカロリーが比較的低く、たんぱく質をしっかりとれるので、ダイエットレシピとしておすすめの部位です。 痩せる食事メニューとして、よりヘルシーに食べられるレシピを紹介していきます。 【材料】• 豚ヒレ肉 100g• 大根 50g• 酒 大さじ1杯 肉用• 塩コショウ 少々• 水 大さじ 3杯• しょうゆ 大さじ1杯• 砂糖 小さじ2杯• 酒 小さじ2杯 ソース用• しょうがチューブ 少々 ヘルシー豚ヒレステーキのレシピ・作り方• 1、ヒレ肉を1cm幅に切る• 2、ヒレ肉にフォークで穴をあけ酒塩コショウを振って10分放置• 3、大根をすりおろす• 4、えのきは根元を切り、食べやすい大きさに切る• 5、水から下の材料を混ぜてエノキと一緒にレンジ 700w で1分加熱• 6、ヒレ肉を中火で焼いていく• 7、片面焼けたらひっくり返して、蒸し焼きにする• 8、焼けたら皿にのせて、大根おろしとキノコソースをかける 1週間ダイエットレシピに挑戦中でも、ヘルシーにステーキが食べられるので、ストレスを溜めないようにしていきましょう。 パスタだと糖質が多く含まれているので、パスタをしらたきで代用していくことで、ダイエットレシピが出来上がります。 海外でもパスタをしらたきで代用することが流行っているので、ぜひ痩せる食事メニューとして試してみてください。 【材料】 1人前• しらたき 1パック 200g• ベーコン 50g• アスパラガス 1本• にんにく 1片• オリーブオイル 大さじ1杯• 牛乳 200ml• 粉チーズ 大さじ1杯• 卵 1個 白滝パスタのレシピ・作り方• 1、しらたきを食べやすい長さにカットして、2. 3分茹でる• 2、ベーコン、アスパラは食べやすい大きさに切ってにんにくはみじん切り• 3、熱したフライパンにオリーブオイルを入れて、ベーコンとにんにくを炒める• 4、ベーコンに色が付いたらアスパラを加えてさっと炒める• 5、そこに牛乳としらたきを入れて沸騰したら弱火にし5分煮込む• 6、粉チーズと卵を加えかき混ぜる• 7、皿に盛りつけて出来上がり 白滝は、最初に茹でておくことで味が染みやすくなるので、面倒でなければやっておきましょう。 日曜日のダイエットレシピ・献立 卵には、栄養満点なのでスープにして野菜と一緒にとっていくとダイエットレシピとして活躍してくれるでしょう。 【材料】• 卵 1個• 水 500ml• 鶏がらスープのもと 大さじ1杯• 中華だしのもと 小さじ1杯• 塩コショウ 小さじ1杯• ゴマ油 小さじ1杯• すりごま 小さじ1杯 ダイエット向き「卵スープ」のレシピ・作り方• 1、玉ねぎを薄くスライスする• 2、エノキは食べやすい大きさにカットし、卵はといておく• 3、鍋に水を入れ火にかけ沸騰したら鶏がらスープ、中華だしのもとを入れる• 4、玉ねぎエノキを入れて、火が通るまで煮る• 5、卵を加えゆっくりかき混ぜて火を消す• 6、塩コショウで味を整え、ごま油とすりごまを入れて完成 こちらもスープなので作り置きをして、朝食などに利用していくとよりダイエットに効果的です。 ダイエットに効果的な野菜を豊富に含んだ野菜炒めを紹介していきます。 【材料】• 玉ねぎ 1個• ピーマン 小1個• 豚ひき肉 150g• オリーブオイル 小さじ1杯• しょうゆ 大さじ1杯• 塩コショウ 少々• 味の素 少々 ダイエット向きな野菜炒めのレシピ・作り方• 1、それぞれ食材を食べやすい大きさに切る• 2、オリーブオイルを熱したフライパンに入れまず玉ねぎを炒める• 3、玉ねぎが柔らかくなってきたら豚ひき肉を入れ炒める• 4、豚ひき肉に軽く焼き色が付いたら残りの野菜を入れる• 5、柔らかくなってきたら、調味料を入れてかき混ぜる ポイントはオリーブオイルを使うことで、血液がサラサラになったり、食欲を減らしてくれる効果が見込めます。 その他もダイエットに効果のある野菜ばかりなので、しっかり野菜をとっていきましょう。 1週間痩せる食事メニューのラストとして、鶏ささみのピリ辛ゴマ和えを紹介します。 もう効果は感じているころだとは思いますが、最後まで気を抜かずやっていきましょう。 【材料】 1人前• ささみ 3本• 水菜 1束• しょうゆ 小さじ2杯• ごま油 小さじ1杯• 練りごま 大さじ1杯• 豆板醤 大さじ1杯 鶏ささみのピリ辛ゴマ和えのレシピ・作り方• 1、ささみを7分ほどゆで手で細かくほぐす• 2、しょうゆ、練りごま、ごま油、ごまを容器に入れて混ぜる• 3、水菜の根っこ部分を捨て、食べやすい大きさにちぎる• 4、たれにささみと水菜を入れる さっぱりしていて、食欲が出てきてしまうかもしれませんが、脂肪燃焼スープを作り置いておいて飲むことで空腹を抑えていきましょう。 自分で作るのが面倒であればマイクロダイエットがおすすめ! 食事でダイエットをしていくようであれば、外食やコンビニを毎日のように使っていてはなかなか痩せれないので、基本的に自分で作っていくことになるでしょう。 自分で作るのが面倒という方にオススメしたいのが「マイクロダイエット」です。 マイクロダイエットとは、置き換えダイエットとして、低カロリーでしっかり栄養のとれる食品を1ヶ月分などまとめて頼み、置き換えていくダイエットとなっています。 -10キロに成功した人が続出していたり、ただ食事に置き換えるだけなので、置き換えた食事分の費用でできると、人気のダイエットです。 また、ダイエット食品にありがちなドリンクだけでなく、パスタやリゾット、シリアルなども選べてダイエット食品と思えないほど食べ応えもしっかりしています。 1週間ダイエット食事メニューを試す際の注意点 1週間で痩せる食事メニューを食べていても、痩せていかないという人は、他に痩せにくい生活をしてしまっている可能性があります。 ここでは、そういった痩せない原因などの注意点を説明していくので、ダイエットレシピの効果を落とさないためにもしっかりチェックしてください。 1、間食に気を付ける 間食は意外と糖質やカロリーがあるので、気をつけていかなくてはなりません。 ダイエットをしていくにあたって、消費カロリー>摂取カロリーになっていかないと痩せず、ダイエットメニューでは、代謝を上げて消費カロリーを増やし、摂取カロリーを抑えるようにしています。 そのため間食で多くのカロリーを摂取してしまっては、ダイエット食事メニューを実践しても痩せていくことができません。 また飲み物も同じことが言え、炭酸飲料や砂糖が入った紅茶などを飲んでいると、痩せにくくなってしまいます。 朝昼晩の食事メニューのみならず、間食や飲み物も気をつけていきましょう。 2、野菜から食べる ダイエット向きな食事メニューは、食べる順番でも大きく効果が変わってきます。 食事をする際に、白米などの糖質が多く含まれているものを、空腹状態で食べると血糖値が急上昇してしまい、太ると言われています。 野菜から食べていくことで、血糖値の急上昇が抑えられ、太らない食事をしていけるでしょう。 食べる順番にこだわるだけでも痩せやすくなるので、1週間で痩せる食事メニューを実践しながら、野菜から食べることをしっかり意識していきましょう。 3、夜の食事を重くしない 夕食をたくさん食べる人が多いですが、夕食はダイエット効果を考えると少ない方が良いと言われています。 夕食をたくさん食べると、夜に活動が少ないのでカロリーを消費していくことができないですし、夜に胃が動き続けるので、体が休まりません。 外食だとしても、夜は軽めで、できるだけ消化の良いものを食べることで、ダイエットの効果を高めていくことができます。 4、ダイエットメニューとは言え満腹まで食べない ダイエットレシピを紹介しましたが、痩せるメニューだからと言って、いくら食べても太らないということではありません。 1週間で痩せる食事メニューは、多く食べても太りにくいですが、満腹まで食べると、ダイエットしていくのは難しいでしょう。 かといって減らしすぎても栄養が取れなくなってしまうので、腹八分目を意識して、食べる量を考えていくといいです。 どんどん食べてしまう人は、よく噛んで食べるようにすると、満腹中枢が刺激されやすくなるので、食べ過ぎを防げます。 5、外食もダイエットにこだわったメニューにする この1週間ダイエットレシピをやっている最中に、思わぬ外食が入ることもあるかと思います。 そういったときも「外食だもうどうしようもない」と流れに身を任せるのではなく、ダイエットに効果的な食事をしていきましょう。 「白米は控える」、「肉も脂身の少ないものにする」、「野菜中心にする」、「食べ過ぎない」、など出来ることはたくさんありますし、しっかり意識していく必要があります。 食べることで一瞬幸せになれますが、しっかりダイエットしていくと、長期的に幸せになれるということを忘れてはいけません。 1週間食事を工夫して短期間ダイエットに成功しよう.

次の

ダイエット中の食事制限に!ささみを使った簡単レシピ8選

ささみ ダイエット レシピ

pc-ad-article-content-top [ mb0 ] ダイエットになぜささみがむいているの? ささみは糖質や脂肪分が少なくてたんぱく質が豊富な食材です。 100g中のカロリーが105kcalで、炭水化物は0g、脂質は0. 8g、たんぱく質は23gとなっており(加熱調理後は125kcal、たんぱく質 27. 3g、脂質1. 0g)、筋肉を作るために必要な栄養素がしっかりと摂取できるので、代謝を落とすことなくダイエットが効果的に続けられるというわけです。 ほかの脂肪分の少なめなお肉と比較をしても、ささみがダイエット向きのお肉だということが一目瞭然ですね。 100gあたりの成分比較 肉の種類 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 ささみ 105kcal 23. 0g 0. 8g 0g 鶏もも肉 127kcal 19. 0g 5. 0g 0g 豚もも肉 128kcal 22. 1g 3. 6g 0. 3g 豚ヒレ肉 130kcal 22. 2g 3. 7g 0. 3g 牛もも肉 193kcal 21. 3g 10. 7g 0. 3g 牛ヒレ肉 223kcal 19. 1g 15. 0g 0. 3g 参照:文部科学省『』より作図 pc-ad-article-content-1 [ ad-cetner ] ささみに含まれる栄養素の効果は? ささみにはたんぱく質のほか、ビタミンやミネラルも含まれています。 それぞれ、特長を見ていきましょう。 ビタミンB6 ささみには、100gあたり0. 60mgのビタミンB6が含まれています。 ビタミンB6には、たんぱく質(アミノ酸)を分解したり、合成したりするはたらきがあり、 健康で丈夫な筋肉を作り、維持するという意味では、欠かせない栄養素なのです。 ナイアシン ささみに含まれるビタミンの中で特に豊富なのがナイアシンです。 ナイアシンには皮膚や粘膜を健康に保つ役割があるので、肌荒れや口内炎の予防や改善に役立ちます。 二日酔いを防いでくれる働きもあるので、お酒を好む方には嬉しいですね。 また、毛細血管を広げる作用があるので、血行を促進し冷え性の改善や肩こり解消などにも役立ちます。 パントテン酸 ビタミンB群の一つであるパントテン酸も多く含まれ、ダイエットには嬉しい効果があります。 パントテン酸は脂質、糖質、たんぱく質のエネルギー変換を助ける役割があり、代謝を上げてエネルギー消費を促進してくれるんですよ。 セレン ミネラルの中ではセレンがとても豊富です。 セレンは活性酸素から体を守り、血管の老化を防いだり更年期障害の症状改善に役立つアンチエイジング効果や病気の防止に効果的です。 pc-ad-article-content-2 [ ad-cetner ] ささみダイエットの方法とは? このように、ダイエットをしたい人にとって嬉しい食材であるささみですが、どのようにダイエットに取り入れればいいのでしょうか。 ここでは、ささみダイエットの方法について紹介します。 普段の食事にささみを取り入れるだけ ささみダイエットの方法は簡単です。 普段の食事にささみを取り入れるだけです。 普段の食事のおかず、もしくは間食をささみ料理に置き換えたりして、取り入れてみましょう。 淡白な味わいなので、サッと茹でて刺し身にしたり、サラダにしたり、野菜と一緒に炒めものにしたりと、いろいろな料理で食べることができるので、ダイエットも続けやすいですね。 1日200gで約1日分のたんぱく質 先程、紹介したように生の ささみは100gあたり23. 0gのたんぱく質が含まれています。 焼いたり、茹でたりなどの調理後は、100gあたりのたんぱく質は27. 0gになります。 厚生労働省が発表している『』によると、1日あたりのたんぱく質の摂取推奨量はこのようになっています。 たんぱく質の食事摂取基準 性別 年齢 推奨量 女性 18歳以上 50g 男性 18歳以上 60g 参照:厚生労働省『』より作図 18歳以上の女性の場合、1日50gが推奨量とされているので、200gのささみを摂ると約1日分のたんぱく質を摂ることができます。 たんぱく質は、ささみ以外にも魚や卵、乳製品、豆腐などにも含まれているので、ささみだけで1日分のたんぱく質を摂る必要はありません。 普段から、魚や卵、乳製品などを多く食べている方は、推奨量を目安にささみを取り入れてみてください。 pc-ad-article-content-3 [ ad-cetner ] ささみダイエットの注意点 ささみだけを食べるのはダメ ささみは脂質が少なくてダイエット向きの食材ではありますが、ささみだけを食べていればいいというわけではありません。 ささみダイエットの口コミで、「痩せない」「体調が悪くなった」というものがありますが、そのような場合には、ささみを食べること以外の部分で問題があるのかもしれません。 ささみだけの食事になっていないか、振り返ってみましょう。 脂質や食物繊維、鉄分が不足すると、便秘や肌の乾燥、その他の体調不良なども引き起こしてしまいます。 ささみ以外食べないというのではなく、野菜や適度な脂質も取り入れるようにしましょう。 赤身のお肉やまぐろ、カツオなどお刺身もたまに合わせるのもおすすめです。 適度な運動も必要 痩せた実感を持てないという方は、せっかくたんぱく質の豊富なささみを取り入れているのですから、 筋力トレーニングもプラスしてみるとダイエット効果をより感じられるようになります。 その場合には、運動をした後にささみを食べるようにしましょう。 筋肉を増やすには、運動をしたらなるべく早くたんぱく質を摂取するといいと言われています。 この食事のタイミングを合わせれば、筋肉量を効率よくアップさせることができ、代謝量を増やすことができます。 pc-ad-article-content-4 [ ad-cetner ] 美味しく食べよう!ささみの上手な扱い方 ささみの筋の取り方 ささみには、肉の中に1本の筋が通っています。 料理をする際はこの筋を処理してから、お肉の分を使用しますので、その筋の処理の方法を紹介しましょう。 方法は簡単です。 2本に割る前の割り箸で筋をつまみ、スライドさせていくだけです。 ポイントは割り箸の真ん中当たりで筋をつまむことです。 参考させていただいたURLには動画もあるので、ご覧になってみて下さい。 5Lの水にささみ6本)。 手間がかからず簡単に柔らかくしっとりとしたささみが仕上がります。 あとは蓋をしてそのまま余熱でささみに火を通します。 ちょっとした違いですが、こちらの方は時間が短縮できて嬉しいですね。 詳しくはこちら: いずれも、ささみにきちんと火が通っているか確認してから使って下さいね。 pc-ad-article-content-5 [ ad-cetner ] ささみダイエットにおすすめのレシピ10選 ささみを茹でておけば、混ぜるだけで簡単に仕上がるレシピやサラダだけでなく、お肉を食べた満足感を味わえるレシピもあるので、ささみダイエットを実施するさいの参考にしてみてください。 ささみのおすすめレシピその1:鶏ささみのピカタ ささみでピカタを作ってみましょう。 卵や粉チーズでコクをだし、淡白なささみに変化を付けて食べやすくなっています。 お弁当で冷めてもおいしくいただけます。 詳しいレシピはこちら: ささみのおすすめレシピその2:茹でささみのネギ塩かけ ささみを茹でてタレを作ればすぐに完成してしまう時短レシピです。 ごま油の分量はお好みで加減してみて下さい。 少量でも加えれば風味がよくなり、適度な脂質を取り入れることが出来ます。 ボリュームを出したい時には茹でたもやしを加えるのがおすすめです。 タレにも合うし、お腹も満足しますよ。 詳しいレシピはこちら: ささみのおすすめレシピその3:ささみキムチ納豆 納豆は栄養バランスのとれる優秀素材!ささみと合わせても美味しくいただけます。 それだけでも美味しいのですが、キムチのアクセントでさらに食が進んでしまうかも?! ご飯が食べたくなってしまったら、代わりにお豆腐にのせて食べてみて下さい。 カロリーは抑えてもしっかり満腹になれますよ!• 詳しいレシピはこちら: ささみのおすすめレシピその4:鶏ささみとクリームチーズのわさび醤油和え ささみは味付けを変えるとバリエーションが広がっていろいろな食べ方が出来ます。 こちらのレシピはワサビ醤油でささみとクリームチーズを和えています。 クリームチーズは脂質が多くカロリーが高めの食材ですので、カロリーを抑えたい場合には水切りのヨーグルトやカッテージチーズを代用するとヘルシーにさっぱりといただけます。 詳しいレシピはこちら: ささみのおすすめレシピその5:お弁当にも最適!ささみと豆苗のおかずサラダ 全ての材料の分量が適量でOK!という簡単サラダです。 家にある野菜を好きに増減して自分好みにアレンジできます。 味付けは梅干しの塩分のみなので水っぽくならず、お弁当にも入れられます。 もやしや海藻類を加えてボリュームアップしても美味しいサラダです。 詳しいレシピはこちら: ささみのおすすめレシピその6:ささみと香ばしネギの塩麹和え ごま油で炒めた香ばしいネギとささみを塩麹の優しい味付けで和えます。 メンマのアクセントが美味しくて飽きずに食べられるレシピです。 詳しいレシピはこちら: ささみのおすすめレシピその7:菜の花とささみのスープ ささみの茹で汁も使って献立を一品増やしてしまいましょう。 さっぱりとしたヘルシースープに菜の花を合わせて、おしゃれな料理があっという間に完成です。 詳しいレシピはこちら: ささみのおすすめレシピその8:なすとササミのさっぱり炒め ささみというと茹でた調理が多い中、ダイエット中でもガッツリ食べた気分に慣れる炒め物を紹介します。 なすやピーマンは大きめの乱切りで食べ応えを出しましょう。 お酢を使ってさっぱりとした味付けで、野菜もたっぷり取れる一品です。 詳しいレシピはこちら: ささみのおすすめレシピその9:ささみチーズフライ ダイエット中でもこちらのささみフライなら食べてもOKなのではないでしょうか。 小麦粉、卵をからめるフライの行程を省いた時短レシピでもあります。 揚げ焼きすることで油の吸い込みをおさえています。 詳しいレシピはこちら: ささみのおすすめレシピその10:れんこんとささみの照り焼き てりてりに仕上げたささみとれんこんが美味しそう! ついつい食欲がそそられるようなレシピですが、ささみの柔らかさとれんこんのシャキシャキ感の食感の違いを噛み締めて、ゆっくりといただきましょう。 しっかりとした味付けで満足が得られます。 詳しいレシピはこちら: pc-ad-article-content-6 [ ad-cetner ] ささみの栄養を上手く利用してダイエットに役立てよう 1つの食材だけを食べ続けるダイエットでは栄養バランスが崩れ、痩せるどころか体調不良を引き起こしかねません。 ささみダイエットも決してささみだけをメインに食べることがないようにして、野菜と一緒に食べ合わせるなど、ほかの栄養を補うような献立を心がけてみて下さい。

次の