お 鏡 の 飾り 方。 鏡餅|飾り方・意味・いつから・いつまで飾る? | お正月

供える|日本鏡餅組合

お 鏡 の 飾り 方

神葬祭の祭壇・飾りと名称【本郷 金子商店】 神葬祭・神道の葬儀のご案内 有限会社 金子商店 4. これは 三種の神器のからきています。 昭和30年代の三種の神器は「テレビ」、「冷蔵庫」、 「洗濯機」、平成18年は「デジカメ」、「DVDレコーダー」、「薄型テレビ」といったところでしょうか? 神器(じんぎ)は 神の依り代です。 アマテラスがちょっと扉を開けたとき、この鏡で アマテラス自身を映し、おびき出しました。 八咫鏡とともに榊の木にかけられました。 それをスサノオはアマテラスに奉納しました。 五色旗はなんと古代中国の五行説に基づく物です。 森羅万象は「木・火・土・金・水」によりこの世にあらわれていると考えます これを色で表すと「青・赤・黄・白・黒」。 いろんな物をこれで考えます。 方位に当てはめると「東・南・中央・西・北」 「土=黄=中央」が最高位になります。 現在五色旗に使われている色は 「緑(青の代用)、黄、赤、白、紫(黒の代用)」です。 天地万物、森羅万象を表す、五色旗に神器がぶらさがります。 霊璽は 故人の魂の依り代となります。 真ん中の 鏡は神の依り代です。 2 神饌(しんせん) 神葬祭には欠かせません。 神酒・米・水・塩 野菜 乾物 果物 菓子 海魚(鯛の御頭付) 野鳥(玉子) 鏡餅 洗米・神酒・鏡餅・海魚・野鳥(玉子)・野菜・果物・菓子・塩と水・乾物 などを神前にお供えし、昼夜でとりかえますが 東京の神葬祭では省略される事が多いです。 神饌は 案の上に置かれた 三方にお供えします。 案は 真菰(まこも)の上に置かれます。 1億年前も現在の姿と同じだったろうと推定されます。 「古事記」、「日本書紀」、「万葉集」にも その記述がみられます。 編んで敷かれる真菰には 表裏・本末があります。 すべすべした方が表、編み始めが本です。 敷くときには編み始めを上位、神輿の方に もっていきます。 「衣服」、「紙」、「兵器」、「農耕具」などが供えられましたが 今では、布帛をもって幣帛としています。 くすんだ赤地の布をつかいます。 生地は絹・木綿・麻などです。 もともとは神の乗り物です。 担ぎ手が必要で、神社がない頃は祭事を行う場所まで 神を運びました。 神社が出来てからは祭事は神社で執り行われ 神は神社に定住しましたが、その形式は現在も残っています。 4 水引幕について 水引幕は神聖な場所を区切るしるしとして用いられます。 しめ縄、 紙垂(しでは)は四垂れ下げます。 5)大榊(おおさかき) 大榊 供花は本来榊ですが、東京の神葬祭では大榊を 1対飾り、それ以外は菊の籠花で飾るのが一般的です。

次の

鏡餅|飾り方・意味・いつから・いつまで飾る? | お正月

お 鏡 の 飾り 方

お正月飾りの中で定番中の定番といえば「鏡餅」ですよ。 わが家でも小さい頃から毎年お正月に鏡餅を飾っていましたし、独身時代も正月飾りの中で唯一「鏡餅」だけは飾り続けていましたもん。 「誰かー!正しい鏡餅の飾り方を教えてくださーい!」 って感じです。 というワケで今回は「 鏡餅の正しい飾り方」を紹介しますよ。 「鏡餅を飾る順番や場所、方角」「鏡餅をお供えする時期はいつからいつまでか」も合わせてまとめていますので、主婦はもちろん一人暮らしの人も参考にしてくださいね。 鏡餅の飾り方 順番で正しいのは? 鏡餅を飾る意味や由来は? 鏡餅は「神様と人を仲介する物・神様の憑代(よりしろ)」という意味があります。 昔はよく晴れた日に「1年間の幸せ」を願って神様にお餅を捧げ、そのお餅をみんなで分けて食べる事で「神様からの祝福を受けられる」と考えられていたんですね。 現在でも1月11日の鏡開きの日に鏡餅を下げて、1年間の無病息災を祈りお雑煮にして食べますよね。 昔からの習慣・伝統が現代まで受け継がれているんですね。 鏡餅の飾り方 順番で正しいのは? それではさっそく「鏡餅の正しい飾り方」を紹介しますね。 まずは下のイラスト(画像写真)をご覧ください。 一般的には下からこんな順番で飾られていますよ。 (すみません、ちょっとイラストとは順番が違っています) 1、三方・三法(さんぽう) 2、四方紅(しほうべに)・奉書紙(ほうしょがみ) 3、裏白(うらじろ)・ゆずり葉 4、御幣(ごへい)・四手(しで)・紙手(しで) 5、お餅(お鏡下・お鏡上) 6、橙(だいだい)・みかん 7、扇・末広(すえひろ) その他、地方によっては間に「昆布、スルメ、串柿(くしがき)、海老」等を挟む場所もありますし、一番上の扇を飾らない場所もあります。 ここら辺は本当、地方によって飾る物が違ってきますので、詳しくはご両親や義父母等に聞いてみると良いですね。 ちなみに、それぞれの飾る物には以下のような意味がありますよ。 鏡餅の順番1 三方・三宝(さんぽう) 鏡餅を乗せるための台ですね。 尊い神様に鏡餅を捧げるのに「そのままお餅だけ」を捧げるのはちょっと失礼ですよね。 その為、「神様に対する礼儀」として台に載せて鏡餅を捧げる習慣ができたんですね。 鏡餅の順番2 四方紅(しほうべに)・奉書紙(ほうしょがみ) お供え物を載せる色紙ですね。 上のイラストでは「白紙」になっていますが、周りが赤色になっている紙を使うのが正しい「四方紅」になりますよ。 四方(紙の周り)を「紅」で縁取るのは「天地四方(全世界・宇宙)」の災いを払い、1年間の無病息災・繁栄を祈るという意味があります。 鏡餅の順番3 裏白(うらじろ)・ゆずり葉 裏白は「シダの葉」を使う事が多いです。 シダは古い葉と一緒に新しい葉が伸びてくるので、「久しく栄える」という意味があります。 シダではなく「ゆずり葉」を使う地方もあります。 鏡餅の順番4 御幣(ごへい)・四手(しで)・紙手(しで) 御幣は、四方に大きく広がっている(手を広げている)事から「長く繁栄するように」との願いが込められています。 御幣が紅白なのは赤い色に「魔除け」の意味があるからですよ。 鏡餅の順番5 お餅 鏡餅といえば「お餅」がメインですよね。 このお餅ですが、お米から作られているので、神様が与えてくれた豊作の恵みに感謝し、五穀豊穣を祈る物です。 また、鏡餅が2段になっているのは「陰陽」や「月と太陽」を表します。 他にも、「年を重ねる」「夫婦和合」という意味もあるそうですよ。 あと、鏡餅には一般的には「丸い餅」が使われますが、「四角の餅」を飾る地域もあります。 鏡餅の順番6 橙(だいだい)・みかん みかんは木から落ちずに実が大きく育ちますよね。 そんな「みかんのなり方」にあやかり、「未来永劫にわたって大きく繁栄するように」との願いが込められた縁起物になります。 鏡餅の順番7 扇・末広(すえひろ) 末に向かって大きく広がった扇から、「家が末永く栄えるように」との願いが込められています。 鏡餅の由来 昆布 昔、昆布は蝦夷(えぞ、現在の北海道)でよく取れるので、「夷子布(えびすめ)」と呼ばれていました。 えびすめは「恵比寿(七福神)」掛けて「福を授かる」という意味があります。 また、他にも昆布には語呂合わせてで「喜ぶのこぶ」、「子生:子を産む」との意味もあります。 鏡餅の由来 串柿 柿は「幸せをカキ集める」との意味で「縁起の良い長寿の木」とされています。 また「嘉来=かき=喜びが来る」とも考えられています。 鏡餅に飾る串柿は「内側に6個、外側に2個ずつ」刺されていますが、語呂合わせで「外はニコニコ、仲はむつまじく」という意味があるそうですよ。 鏡餅の由来 スルメ・アタリメ スルメは日持ちの良い保存食な事から「末永く幸せが続く」という意味があります。 また、昔はお金のことを「お足」と呼んでいた事から、足の数が多いスルメイカは「縁起物」とされていました。 スポンサーリンク 鏡餅のお供え場所はどこが良いの?飾る時の方角は? 鏡餅を飾る場所ですが、イメージとしては「床の間」や「玄関」といったイメージがありますよね。 が、実はお供えする時に「神様に対する感謝の気持ち」さえあれば 飾る場所はどこでも大丈夫です。 ですので、マンションやアパートで「床の間」がない家でも、飾る場所や個数、大きさは気にしなくて大丈夫!「あなたの大切な場所」に飾ると良いですね。 鏡餅の数も1つで充分ですよ。 ちなみに鏡餅を複数飾る場合には、以下のようにお供えするのが一般的ですよ。 ・1番大きな鏡餅を「床の間」や「玄関」 ・中くらいの大きさの鏡餅を「お仏壇」や「神棚」 ・小さい鏡餅をその他の「台所」や「寝室」、「子供部屋」といった家族の部屋 あと、昔は鏡餅を恵方(えほう:その年の吉の方向)に向けて飾るのが良いとされていましたが、現代ではあまり方角は気にしないようです。 それよりも「大切な場所」に飾る方が重要とされていますよ。 スポンサーリンク 鏡餅を飾る時期はいつからいつまで? 鏡餅を飾る時期はいつから? 鏡餅を置く時期ですが、クリスマスが終わった「26日~30日」に飾るのが一般的ですよ。 その他、良く言われているのは ・28日は「末広がり」になるので縁起が良い ・29日は「二重に苦しむ」という語呂合わせで避けた方が良い ・31日の大晦日は、「1日飾り」で神様に対して失礼なので避けるべき ・「大安吉日」が縁起が良い こんな感じでしょうか。 ただし、現在は仕事等で忙しい家庭も多いですよね。 個人的には、風習が気にならないようであれば、「クリスマス後で時間の都合が良い日」に飾ればOKだと思いますよ。 大掃除を済ませた後に飾ると良いですね。 これなら最後はお腹の中に入ってしまうので、処分方法にも困りませんよね。 また、地域によっては ・1月4日の仕事始めまでには外す ・1月7日の松の内に外す ・1月15日の小正月まで飾り、近所のどんど焼きで一緒に鏡餅を焼き、そのお餅でお雑煮を作る という場所もあります。 詳しくはご両親や義父母、近所の人等に聞いてみると良いですね。 一緒に読まれている人気記事 『』 『』 『』 鏡餅の飾り方 順番やお供え場所、飾る時期まとめ いかがだったでしょうか?鏡餅は一般的には下から「三方、四方紅、裏白、御幣、お餅、橙、扇」の順序で飾りますが、地域によっては「飾る物」「飾る順番」が異なる場合もありますよ。 飾る場所はどこでも大丈夫なので、「大切な場所」に飾ると良いですね。 また、飾り終わった鏡餅は1月11日の鏡開きの日に外し、お雑煮にして食べるのが一般的ですよ。 ちなみに、わが家では食べきれなかったお餅を「お鍋後の締めの雑炊」に一緒に薄く切って煮込んで食べますよ。

次の

風水でおすすめの鏡の位置と置き場所31ポイントを徹底解説

お 鏡 の 飾り 方

今回「終活ねっと」では、神棚の神鏡について以下の点を軸に解説します。 神鏡について• 神鏡台• 神鏡は必要?• 神棚に置く際の位置• 神棚が割れてしまったら• 神鏡のお手入れ手順 知りたい情報や興味のある項目をピックアップしてお読みいただけます。 ぜひ最後までご覧ください。 神棚に祀る神具 神棚に飾る、ガラスや青銅の鏡を神鏡(しんきょう)といいます。 この神鏡は神社や神棚でお祀りするものなので、神聖なものだということはわかりますが、その詳しい意味や、役割などをご存じでしょうか。 今回は神鏡について、学んでいきましょう。 神鏡の意味とは 神前に祀られていることからも分かるように、神鏡とは神聖視されている鏡です。 最も有名なものとして、三種の神器に含まれる八咫鏡(やたのかがみ)も、神鏡の一種。 では、神鏡が持つ意味とはなんでしょうか。 一説によると、神鏡とは日光を反射して光り輝くため神の力を映していたり、太陽を象徴しているとされています。 すなわち鏡は、太陽を神格化した天照大神(あまてらすおおみかみ)のご神体。 故に神鏡を神社の本殿や神棚に置くこととは、天照大神の神霊をお祀りするという意味になるのです。 他にも、拝礼の際に人は神鏡に映った自らの姿を見て、敬虔で清らかな心であるかどうかと、己を振り返らせる役目もあるとのことです。 材質による神鏡の主な種類 神鏡には特上鏡という、真鍮の板金にニッケルメッキをかけた厚みのある種類があります。 この他に青銅、白銅製があり、いずれも銅と錫の合金から作られる神鏡です。 白銅は特に堅さがあるため加工が難しく、かなり高価な神鏡となります。 ちなみに神棚に置くのならば、メッキ加工された神鏡の方が曇りにくいのでおすすめです。 神鏡は必要? 神棚に神鏡は無くてもよいもの 神鏡は御霊代の役割を担っているという説もありますが、神鏡がない神棚もあります。 ご神体のような意味もあるなら必ず置くものではないのか、という疑問が生じますね。 けれど実は、神鏡は絶対に神棚に飾らなければいけないというわけではないのです。 家庭や会社に備え付けている神棚にはご神札が祀られており、これこそがご神体となるので、神鏡自体は装飾である場合が多いのです。 神棚に神鏡を飾るかどうかは、個人の判断に委ねられますので、あると良いと思ったら購入して、そうでなければ置かなくても問題ないのです。 ただ重要なのは、清く正しい心で神様にお参りしているかどうか。 神棚にお祀りしている神様への、日頃の感謝と敬虔な気持ちを持っていれば、荘厳な神具の飾りがなくても、その心はきちんと伝わるとされています。 神棚に置く際の位置 破損などで処分したいとき もし神棚にお祀りしていた神鏡が割れるなど破損してしまったり、新しいものに買い替えるので古い神鏡を処分したの方法をご説明します。 木でできている神鏡の台座部分は、鏡を取り外して処分しますが、神社によっては古札納め所にお納めすると、お焚きあげしてくれるところもあります。 最寄りの神社に問い合わせてみると良いでしょう。 鏡の部分は基本的に神社でも引き取ってくれるところはないので、塩でお清めした後、お住まいの地域のゴミ分別ルールに従って破棄する方法もあります。 もし迷ったら、お近くの神社に相談してみることをおすすめします。 また、もし神鏡を修理したい場合には、ガラス修理の業者に依頼すると承ってくれるところもあるそうです。 神鏡のお手入れ手順 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の