引き抜き屋 出演者。 大門剛明著『不協和音』がドラマ化。テレビ朝日ドラマスペシャル、田中圭×中村倫也の実力派俳優が共演

ドラマ見逃し|引き抜き屋ヘッドハンターの流儀の動画を無料で見れる動画配信まとめ

引き抜き屋 出演者

引き抜き屋(1) 鹿子小穂の冒険 著者 発行日 発行元 国 言語 日本語 形態 ページ数 353 次作 引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還 公式サイト コード ISBN 978-4-569-83741-3 ISBN 978-4-569-76970-7() ウィキポータル 文学 [ ] テンプレートを表示 引き抜き屋(2) 鹿子小穂の帰還 著者 発行日 発行元 国 言語 日本語 形態 ページ数 395 公式サイト コード ISBN 978-4-569-83765-9 ISBN 978-4-569-76971-4(文庫) ウィキポータル 文学 [ ] テンプレートを表示 『 引き抜き屋』は、・によるシリーズ。 に『引き抜き屋(1)鹿子小穂(かのこ・さほ)の冒険』『引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還』がから刊行された。 父親が招聘した人物の策略により父が創業したアウトドア用品メーカーを強引に辞めさせられた女性が新米ヘッドハンターとなって陰謀渦巻く業界に飛び込んでいくさまを描く。 から12月まで「」枠でテレビドラマ化された。 この作品記事はあらすじの作成が望まれています。 ください。 使い方 登場人物 [編集 ] 鹿子小穂(かのこ さほ) このシリーズ小説の主人公。 新米ヘッドハンター。 父親が創業したアウトドア用品メーカーに勤務していたが、父親が招聘したある人物の策略により辞職させられてしまう。 大槻 小穂の父親が招聘した人物。 小穂を取締役会に掛けて辞めさせてしまう。 並木剛(なみき つよし) 小穂が再就職したヘッドハンターの会社「フォルテフロース」のボス。 渡会花緒里(わたらい かおり) 「フォルテフロース」所属の敏腕女性ヘッドハンター。 小穂を「フォルテフロース」にヘッドハンティングした張本人。 書誌情報 [編集 ] 雫井脩介 『引き抜き屋』シリーズ• 単行本• 鹿子小穂の冒険、、2018年3月15日発売、ISBN 978-4-569-83741-3• 鹿子小穂の帰還、PHP研究所、2018年3月15日発売、ISBN 978-4-569-83765-9• 鹿子小穂の冒険、、2019年11月9日発売、ISBN 978-4-569-76970-7• 鹿子小穂の帰還、PHP文芸文庫、2019年11月9日発売、ISBN 978-4-569-76971-4 テレビドラマ [編集 ] 引き抜き屋 〜ヘッドハンターの流儀〜 ジャンル 原作 脚本 監督 出演者 () 音楽 国・地域 言語 日本語 製作 製作 放送 放送チャンネル 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 土曜22:00 - 23:00 放送枠 放送分 60分 回数 5回 テンプレートを表示 『 引き抜き屋 〜ヘッドハンターの流儀〜』(ひきぬきや ヘッドハンターのりゅうぎ)のタイトルにおいて、から12月14日まで「」枠で放送。 主演は。 キャスト [編集 ]• 鹿子小穂 -• 渡会花緒里 -• 並木剛 -• 戸ケ里正樹 -• 畔田知行 -• 所美南 -• 岩清水誠 -• 鹿子隆造 -• 大槻信一郎 -• スタッフ [編集 ]• 原作 - 『引き抜き屋(1)鹿子小穂の冒険』『引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還』(刊)• 脚本 -• 監督 -• 音楽 -• 製作 - 放送日程 [編集 ] 話数 放送日 第1話 11月16日 第2話 11月23日 第3話 11月30日 第4話 12月 07日 第5話 12月14日 前番組 番組名 次番組• 2019年8月23日閲覧。 PHP研究所. 2019年8月23日閲覧。 MANTAN. 2019年8月23日. 2019年8月23日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年8月23日. 2019年8月23日閲覧。 映画ナタリー. 2019年9月26日. 2019年9月26日閲覧。 外部リンク [編集 ]• - PHP研究所• - PHP研究所• - WOWOW この項目は、 に関連した 書きかけの項目です。 などしてくださる(/Portal:文学)。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

引き抜き屋(ドラマ)いつから放送?原作があるの? 出演者やキャストは?

引き抜き屋 出演者

引き抜き屋(1) 鹿子小穂の冒険 著者 発行日 発行元 言語 日本語 形態 ページ数 353 次作 引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還 公式サイト コード () [ ] 引き抜き屋(2) 鹿子小穂の帰還 著者 発行日 発行元 言語 日本語 形態 ページ数 395 公式サイト コード (文庫) [ ] 『 引き抜き屋』は、・によるシリーズ。 に『引き抜き屋(1)鹿子小穂(かのこ・さほ)の冒険』『引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還』がから刊行された。 父親が招聘した人物の策略により父が創業したアウトドア用品メーカーを強引に辞めさせられた女性が新米ヘッドハンターとなって陰謀渦巻く業界に飛び込んでいくさまを描く。 から12月まで「」枠でテレビドラマ化された。 この作品記事はが望まれています。 ください。 登場人物 [ ] 鹿子小穂(かのこ さほ) このシリーズ小説の主人公。 新米ヘッドハンター。 父親が創業したアウトドア用品メーカーに勤務していたが、父親が招聘したある人物の策略により辞職させられてしまう。 大槻 小穂の父親が招聘した人物。 小穂を取締役会に掛けて辞めさせてしまう。 並木剛(なみき つよし) 小穂が再就職したヘッドハンターの会社「フォルテフロース」のボス。 渡会花緒里(わたらい かおり) 「フォルテフロース」所属の敏腕女性ヘッドハンター。 小穂を「フォルテフロース」にヘッドハンティングした張本人。 書誌情報 [ ] 雫井脩介 『引き抜き屋』シリーズ• 単行本• 鹿子小穂の冒険、、2018年3月15日発売、• 鹿子小穂の帰還、PHP研究所、2018年3月15日発売、• 鹿子小穂の冒険、、2019年11月9日発売、• 鹿子小穂の帰還、PHP文芸文庫、2019年11月9日発売、 テレビドラマ [ ] 引き抜き屋 〜ヘッドハンターの流儀〜 ジャンル 原作 脚本 監督 出演者 () 音楽 国・地域 言語 日本語 製作 製作 放送 放送チャンネル 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 土曜22:00 - 23:00 放送枠 放送分 60分 回数 5回 『 引き抜き屋 〜ヘッドハンターの流儀〜』(ひきぬきや ヘッドハンターのりゅうぎ)のタイトルにおいて、から12月14日まで「」枠で放送。 主演は。 キャスト [ ]• 鹿子小穂 -• 渡会花緒里 -• 並木剛 -• 戸ケ里正樹 -• 畔田知行 -• 所美南 -• 岩清水誠 -• 鹿子隆造 -• 大槻信一郎 -• スタッフ [ ]• 原作 - 『引き抜き屋(1)鹿子小穂の冒険』『引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還』(刊)• 脚本 -• 監督 -• 音楽 -• 製作 - 放送日程 [ ] 話数 放送日 第1話 11月16日 第2話 11月23日 第3話 11月30日 第4話 12月 07日 第5話 12月14日 前番組 番組名 次番組• 2019年8月23日閲覧。 PHP研究所. 2019年8月23日閲覧。 MANTAN. 2019年8月23日. 2019年8月23日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年8月23日. 2019年8月23日閲覧。 映画ナタリー. 2019年9月26日. 2019年9月26日閲覧。 外部リンク [ ]• - PHP研究所• - PHP研究所• - WOWOW この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。

次の

引き抜き屋

引き抜き屋 出演者

『犯人に告ぐ』、『検察側の罪人』といった数々の映像化作品で注目を集める雫井脩介、渾身の新境地『引き抜き屋』が松下奈緒主演で『連続ドラマW 引き抜き屋 〜ヘッドハンターの流儀〜』として映像化される。 アウトドア用品メーカーの「フォーン」創業者を父に持つ松下演じる鹿子小穂(かのこ・さほ)は、ある日、父がヘッドハンターを介して招聘した人物が現れ、会社から追い出されることに。 小穂の先輩で敏腕女性ヘッドハンター・渡会花緒里 わたらい・かおり に内田有紀。 小穂が所属するフォルテフロースのボス・並木剛(なみき・つよし)に小手伸也。 小穂たちの宿敵ともなる切れ者ヘッドハンター・戸ケ里政樹(とがり・まさき)に渡部篤郎といった豪華実力派キャストも集結。 2018年邦画興行収入ナンバーワンを獲得した『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の西浦正記が監督を務める。 この度、本作のフルキャスト情報が解禁された。 花緒里に連れてこられたラウンジで出会い小穂の良き相談相手となるプロ経営者・畔田知行(くろだ・ともゆき)に要潤。 フォルテフロースの秘書であり、会社のムードメーカーでもある所美南(ところ・みなみ)に秋元真夏。 今月乃木坂46の新キャプテンに就任したばかりの秋元が満を持してのWOWOW初出演だ。 畔田と親交がありスポーツビジネスを手掛ける経営者・岩清水誠(いわしみず・まこと)に中林大樹。 小穂の父でフォーンの創業者である鹿子隆造(かのこ・りゅうぞう)に長谷川初範。 戸ケ里の手によってフォーンの常務に就任し、小穂を追い出して、ある策略をめぐらす大槻信一郎(おおつき・しんいちろう)に杉本哲太ら豪華実力派キャストが参戦する。 さらに、様々な会社のクライアントやキャンディデイト役として、戸次重幸、木村祐一、神尾佑、原田泰造、笹野高史、駿河太郎、忍成修吾、石黒賢らがゲスト出演。 各話の案件を通じて、仕事や人生に対する千差万別の価値観が浮かび上がる深い人間ドラマも、見どころの一つだ。 またメインキャストがそれぞれ映し出された新たな場面写真も到着。 そして本作の放送が11月16日(土)22時よりスタートすることも併せて決定した。 仕事とは?経営とは?何を大切にして働くべきなのか?各業界の逸材としてヘッドハンターに目を付けられた人たちの仕事への思いとは?熾烈な戦いとも言えるヘッドハンティングや主人公の小穂を通して、それらの答えが見えてくるに違いない。 連続ドラマWでは、これまでも様々な職業や業界にスポットを当てた骨太な社会派作品が生み出されてきた。 ものづくりへの信念を引き継いで仕事に励んでいたが、突然の解雇。 そんな中、小穂の前に「ヘッドハンター」を名乗る渡会花緒里(内田有紀)が現れ、くしくも彼女が働くヘッドハンティング会社・フォルテフロースで働くことに。 そして、ボスの並木剛(小手伸也)に連れられて初仕事に行くと、そこには競合の剛腕ヘッドハンター・戸ケ里政樹(渡部篤郎)が……。 駆け引き、裏切り、騙し合いを繰り広げながら、小穂は一癖も二癖もある経営者らクライアントやキャンディデイト(ヘッドハンティングの候補者)と対峙し、「人の人生を預かる仕事」にやりがいを見いだしていくが……。 その一方、フォーンの経営に暗雲が漂い始めていた。 その裏にいるのは……。

次の