数式バー ショートカット。 Office TANAKA

数式エディタのショートカットキー

数式バー ショートカット

URLをクリップボードにコピーしました 経理業務でExcelを利用している会社は多いでしょう。 Excelの作業を効率的に行いたいのなら、ショートカットキーによる操作は身につけておきたいテクニックです。 ショートカットキーとは、キーボードを使ってパソコンの操作を簡単に行うための機能のことです。 しかし、全てのショートカットキーを覚えるのは大変です。 そこで、とりあえず押さえておきたい役立つショートカットキーと、ショートカットキーを利用するにあたってのポイントを紹介します。 ショートカットキーは意識して使えば使うほど手が覚えていき、操作が早くなります。 そうなるとよりたくさんのショートカットキーを利用したくなります。 ここで紹介したショートカットキーをステップに、他のショートカットキーを身につけていけば、業務処理のスピードをアップさせることができるようになります。 これが「貼り付け」のショートカットキーです。 ショートカットキー表示はすべてのコマンドに表示されるわけではなく、比較的利用頻度の高いものに表示されます。 表示される代表的なコマンド• コピー• 切り取り• 貼り付け• フィルター• Sum関数 自分が利用するコマンドはどうなっているかを確認してみましょう。 覚えておきたいショートカットキー30選 では本題に戻って、利用頻度の高いショートカットキー30個を紹介します。 右クリックと同じ動作をしますので、「右クリックキー」といいます。 ただキーボードによってはないものもあります。 ただ一つのキーで済むアプリケーションキーの方が楽ですので、キーボードについているのであれば、「アプリケーションキー」を利用しましょう。 「ショートカットメニュー」の見方 「コマンド」の横に表示されている「英字」がショートカットのためのキーとなります。 「コピー」をしたい場合は[C]をタッチします。 つまり、「アプリケーションキー」をタッチして、[C]をタッチすると選択しているセルがコピーされます。

次の

Word 数式エディタ

数式バー ショートカット

対象:Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 ことをご紹介しました。 がOffのとき、がOffのときに、セル内で編集しない設定となります。 上記の設定を行った環境で、一般的にセル内にカーソルを入れるショートカットキーとして知られている[F2]キーを押すと、数式バーにカーソルが移動するわけです。 しかし、セル内で編集しないように設定変更するのを、嫌う方がいらっしゃるのも事実でしょう。 セル内での編集と数式バーでの編集を併用したいという方です。 そのため、セル内編集を許可したまま、数式バーにキーボード操作だけでカーソルを入れることはできないのかと感じる方もいらっしゃるようです。 数式バーにカーソルを移動するショートカットキーを必要としている方の多くは、Excelの計算式を[関数の引数]ダイアログに頼らず手作業で入力したりキーボード操作にかなり慣れた方だと推測しています。 であるならば、[F2]キーを押した直後に[Ctrl]+[A]キーを押すという操作でOKな方も少なくないんじゃないかと想像しています。 ただし、 注意点もあります。 上記の操作で数式バーにカーソルが移動するのは、あくまでもセルに数式が入力されているときだけなのです。 文字列や数値だけが入力されているセルで上記の操作を行っても、カーソルはセル内に残ったままになります。 計算式を数式バーで編集したいという方は、[F2]キー後に[Ctrl]+[A]キーを一度お試しください。

次の

Excelで役立つショートカットキー30選とポイント

数式バー ショートカット

数式バーのサイズを変更する• セルに長い数式や文字列を入力すると、数式バーに表示しきれないことがあります。 3行ほどが表示される程度に展開されました。 数式バーの高さを自在に広げることもできます。 シートとの境界線をポイントすると、マウスポインタが白抜きの両矢印になります。 この状態でドラッグすると、数式バーを広げることができます。 また広がった数式バーを狭くすることもできます。 下図は数式バーを広げた状態です。 数式バーの左隣には名前ボックスがあります。 名前ボックスの右側をポイントすると、マウスポインタが白抜きの両矢印になります。 この状態でドラッグすると名前ボックスを広げたり、狭めたりすることができます。 このことによって、数式バーが狭くなったり、広くなったりします。 スポンサードリンク |||数式バーのサイズを変更したい?

次の