コロナ 補助 金。 コロナウイルス感染症関連給付金・補助金・助成金一覧まとめ

雇用調整助成金(新型コロナ特例) |厚生労働省

コロナ 補助 金

社会保険労務士又は申請先の労働局への相談は必須となるでしょう(なお、当法人は「行政書士」ですので、ご相談に応じることはできません)。 こちらも、もともとある制度ですので、 「コロナ補助金」の比較表に加えておりません。 「コロナ補助金」、もらえるのはすごくありがたいですよね。 当法人も、少なくない影響があり、もしかしたら受給対象になるかも、、ということでありがたい限りです。 しかし、これらの金額が得られたとしても、十分とは言えず、短期間で固定支出に消えてしまうことは間違いないでしょう。 そのために大事なのは、 まずは「支出の見直し」です。 日本政府や地方公共団体の厳しい財政の中で、絞り出された 「コロナ補助金」が無駄になってしまわないように、支出を抑制に取り組んでいきましょう。 もちろん「接待交際費」や「旅費交通費」など、制限できる支出については徹底的にカットしていきましょう。 「コロナ補助金」はあくまで一時しのぎに過ぎません。 補助金がむだにならないように、他の施策も並行して、新型コロナウイルス感染症対策を着実に進めていき、共に乗り越えていきましょう!!.

次の

新型コロナウイルス感染症関連 (METI/経済産業省)

コロナ 補助 金

社会保険労務士又は申請先の労働局への相談は必須となるでしょう(なお、当法人は「行政書士」ですので、ご相談に応じることはできません)。 こちらも、もともとある制度ですので、 「コロナ補助金」の比較表に加えておりません。 「コロナ補助金」、もらえるのはすごくありがたいですよね。 当法人も、少なくない影響があり、もしかしたら受給対象になるかも、、ということでありがたい限りです。 しかし、これらの金額が得られたとしても、十分とは言えず、短期間で固定支出に消えてしまうことは間違いないでしょう。 そのために大事なのは、 まずは「支出の見直し」です。 日本政府や地方公共団体の厳しい財政の中で、絞り出された 「コロナ補助金」が無駄になってしまわないように、支出を抑制に取り組んでいきましょう。 もちろん「接待交際費」や「旅費交通費」など、制限できる支出については徹底的にカットしていきましょう。 「コロナ補助金」はあくまで一時しのぎに過ぎません。 補助金がむだにならないように、他の施策も並行して、新型コロナウイルス感染症対策を着実に進めていき、共に乗り越えていきましょう!!.

次の

新型コロナウイルス感染症関連 (METI/経済産業省)

コロナ 補助 金

新型コロナウイルスと在宅勤務 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、政府や自治体が外出自粛を要請することが増えてきました。 企業としても、平常時とは異なる業務形態が必要になっています。 これにより、在宅勤務の導入に踏み切る企業が急増しています。 従業員が出社に伴って外出することを避けるため、あるいは学校の一斉休校などによって出社が難しい従業員のために、自宅でも働ける在宅勤務制度の必要性が高まっているのです。 政府は、これまでも在宅勤務の導入、とりわけテレワークの導入を推進してきましたが、これは働き方改革(業務効率化・生産性向上など)やオリンピック開催時の混雑緩和を目的とするものでした。 しかし、働き方改革を受けて在宅勤務制度を導入する企業は多くなく、あまり普及していませんでした。 新型コロナウイルスの拡大により、必要に迫られて在宅勤務に踏み切る企業が増えているのですから、皮肉な流れというほかありません。 当然、在宅勤務制度の導入を考えていなかった企業や、中長期計画で導入を進めていた企業が、期せずして在宅勤務に踏み切るケースも多く、その際には想定外の業務負担・コスト負担が生じることとなります。 中小企業・小規模事業者が、ITツールの導入によって業務効率化・生産性向上を図ることを促すためのものだ。 このことからも分かる通り、IT導入補助金は新型コロナウイルス対策のために作られた制度ではありません。 働き方改革の推進のために、2017年から実施されています。 新型コロナウイルスの影響下でも、制度の内容はほとんど変わっていません。 しかし、在宅勤務の必要性が高まったことにより、在宅勤務制度の導入に取り組む企業に対して、優先的に支援する方針となっています。 「助成金」ではなく「補助金」 IT導入補助金の検討にあたって注意したいのが、この制度はあくまでも「補助金」であって「助成金」ではないという点です。 助成金は、要件を満たしさえすれば必ず受給できる制度です。 これに対し、補助金は、要件を満たすと同時に取り組みの内容を審査され、審査結果に基づいて補助金交付の可否が決定されます。 したがって、要件を満たしているからといって、必ず受給できるものではありません。 審査においては、取り組みの内容から加点・減点を行います。 新型コロナウイルスの影響を重視している現在、在宅勤務制度の導入に取り組んでいる企業は加点措置を受けることができ、審査にも通りやすくなっています。 従業員が、自宅から会社のパソコンにアクセスし、遠隔操作するために使うリモートデスクトップの導入費用• 営業担当者が得意先と商談したり、社内会議を実施するために使うウェブ会議システムの導入費用• 労務担当者が、従業員の勤怠管理に使うウェブ勤怠管理システムの導入費用• 社内でデータを共有するために使う、クラウドサービスの導入費用• 様々な文書を社外で閲覧するため、文書の電子化にかかる費用• 社外から社内システムにアクセスすることで生じる、セキュリティ上のリスクに対処するためのセキュリティ費用• 従業員が、在宅勤務に伴い導入する様々なシステムを円滑に活用するための研修費用• あらゆるシステムを円滑に運用していくためのコンサルティング費用 在宅勤務制度の導入にあたり、ほとんど準備していなかった会社では、何から手を付けてよいかわからないはずです。 在宅勤務制度の導入には、百万円以上のコストがかかるのが普通ですから、闇雲に手を付けるのは賢明ではありません。 IT導入補助金を活用し、ITツールの導入費の負担を軽減し、導入コンサルティングや研修によって円滑な運用を目指すのがベストです。 受給までの流れ IT導入補助金を受給するまでの流れは、以下の通りです(在宅勤務制度の導入の場合)。 在宅勤務制度の導入に関する事業計画を作成する• 事業計画に基づき、IT導入支援事業者とITツールを選択する• IT導入支援事業者と商談を行い、ITツールの導入を決定する• IT導入補助金の交付を申請する• 提出された交付申請を、審査委員会が審査し、採否を決定する。 採用された企業には、交付決定通知が行われる• 交付決定を受けた企業は、在宅勤務制度導入事業を開始する• 事業実施期間を経て、実績報告を行う。 必要に応じて立ち入り検査やヒアリングも行われる(それぞれの公募で事業実施期間と実績報告期間が異なるため、確認が必要)• 検査の結果、適切に実施されたと認められた企業は、在宅勤務制度導入に要した経費を申告する。 事務局は、これに基づいて補助金支給額を決定する• 決定に基づき、事務局は企業に補助金額確定通知を行い、補助金を交付する ここで注意したいのが、5の交付決定通知を受け取る前に支払った経費は、補助の対象にならないということよ。 交付の申請段階で導入コンサルティングを受け、ITツールを選びたいと考える企業も多いと思います。 しかし交付の申請は交付決定通知に先だって行うため、このタイミングでのコンサルティング費用は対象経費になりません。 したがって、導入コンサルティングは交付決定の後、事業実施にあたって利用することとなります。 補助金受給のためには、IT導入によって1年後の伸び率が3%以上、3年後の伸び率が9%以上となるよう、事業計画に数値目標を盛り込む必要があります。 具体的な成果を目指して、事業実施期間中に導入コンサルティングや研修を活用し、補助金を受給していきましょう。

次の