ライン ボイス メッセージ と は。 【LINE】ボイスメッセージを保存する方法

LINEトークの「ボイスメッセージ(マイクボタン)」「カメラ」をオフにする方法【誤操作防止】

ライン ボイス メッセージ と は

LINE Keepを使用しなくても、端末本体にボイスメッセージを保存することができます。 iPhoneはボイスメッセージをLINEから直接保存はできませんので、違う方法でボイスメッセージを保存しましょう。 まずは、ボイスメッセージを保存する前に、Gメールなどの自分がよく使用するメールアプリをダウンロードしておきます。 自分のプロフィール画面より、Keepをタップして音声ファイルを選びます。 そうすると右下に共有ボタンが出てきますので「他のアプリでシェア」という項目をタップしてください。 次に、自分のメールアプリが起動しますので、自分のアドレスを打ち込み送信すると、自分のアドレスに受信されます。 メール内に先ほど送った添付ファイルがありますので、長押しすれば「ファイルに保存」という表示が出ますのでタップしてください。 そして、このメッセージボイスをどこに保存するか選択をして完了です。 LINEのボイスメッセージが、どこに保管されているのかわからないと焦ってしまうかもしれません。 しかし、iPhoneの場合は、ファイル内の自分が保管したフォルダにボイスメッセージが保管されていますので、一度試してみましょう。 LINEのボイスメッセージのスピーカーが使用できない場合、まず初めに確認するのはマナーモードになっていないかを確認しておきましょう。 いつもの癖でマナーモードをオンにしている人は、ボイスメッセージのスピーカーは使用できなくなります。 そして、スマホのマイクがONになていることを確認します。 マイクがOFFになっていると、当然ボイスメッセージのスピーカーが使用できません。 それでもスピーカーが使用できなかった場合は、自分の持っている端末に不具合がある可能性があります。 自分の端末が壊れていないか、一度動画や音楽を流してちゃんとスピーカーが使用しているのかをチェックしましょう。 それでも改善しなかった場合は、一度修理に出してみてもらったほうがよさそうです。

次の

LINEのボイスメッセージを楽しむ正しいやり方と送信方法

ライン ボイス メッセージ と は

LINEのマイクマークは「ボイスメッセージ」用 入力する欄の右横にあるマイクマーク。 Googleの音声検索のマイクマークと位置関係が似ていて、これを押すと音声入力ができちゃうんじゃないかと勘違いしてしまいそうですね。 残念ながら これを押しても音声入力はできません。 では、何なのか? 実は、これ、 ボイスメッセージ用のボタンなんです。 ボイスメッセージとは、話した声をそのまま相手に届けるというもの。 つまり、 自分の声を録音するときの、マイクマークなんです。 LINEボイスメッセージの使い方 では、LINEのボイスメッセージの使い方を見てみましょう。 1、LINEに音声の録音を「許可」します。 2、マイクボタンマークが表示されるので、これを押します 3、マイクマークを押している間、録音がされます。 赤くなっていると録音中です。 4、指をマイクマークから離すと、トーク画面に送られます。 5、録音された音声を聞く時は、表示されているタイムの左横の三角マークを押すと音声を聞くことができます。 一時停止もできます。 声を相手に届けたいときに、ボイスメッセージは便利です。 ぜひ1度ためしてみてはいかがでしょうか。

次の

LINEのボイスメッセージを楽しむ正しいやり方と送信方法

ライン ボイス メッセージ と は

基本的にLINEは 最新バージョンを 使ってください。 最新バージョンほど 不具合が少なく 便利な機能が多いです。 効果が高くて 簡単なので 覚えておいてください。 一度ボリュームを確認してください。 LINE以外の音も聴こえないなら ボリュームを疑ってください。 スポンサードリンク 再生する側だけでなく 録音する時も 注意してください。 LINE以外の音も聴こえないなら アプリが問題ではなく スマホやスピーカーが問題です。 このように不具合を分析すると 解決の糸口が見えてきます。 「水に濡らしてしまった」 「落としてしまった」という記憶があるなら スピーカーが問題かもしれません。 スピーカーが問題なら 修理に出してください。 まとめ アプリをアップデートすると 不具合が直っている事が多いです。 アプリ、スマホなど 再起動すると 不具合が解決します。 ボリュームやスピーカーが問題の可能性もあるので 一度確認してください。 スポンサードリンク.

次の