高額 療養 費 制度 と は。 「高額療養費制度」とは?計算方法と申請方法 [医療保険] All About

意外と利用できないことをご存じですか?高額療養費制度の実情

高額 療養 費 制度 と は

基本的に、こういった制度は、加入者自らが保険者(健康保険組合や協会けんぽ、国民健康保険など)に申請する必要があるからです。 とりわけがん患者となると、診断直後は、家族みんなで慌ててしまうこともあるでしょう。 だからこそ、元気なうちから、医療費についての制度とその手続きの仕方について十分に知っておいていただきたい」 社会保険労務士で同会理事でもある石田周平さんは次のように話す。 「高額療養費制度では、基本的に『自己負担限度額』以上を支払う必要はありません。 たとえば月収50万円の世帯であれば、医療費が100万円かかったとしても、1カ月の上限である8万7,430円で済むわけです」(石田さん) 過去に大病を患った人でなくても「高額療養費制度」は必ず知っておくべき知識。 【Q1】高額療養費は年何回まで? 「回数制限はありませんので、最大で『年12カ月(回)』です。 ちなみに自己負担額が過去1年間に3カ月(3回)以上、高額療養費に該当していた場合、4カ月(4回)目からは自己負担限度額が少なくなります」(石田さん) 【Q2】高額療養費には時効がある? 「診療を受けた日の翌月1日から丸2年間で、高額療養費は消滅します。 制度自体を知らなかったり、治った病気のことは忘れてしまったりする人もいますので、各保険者から年数回、郵送される明細『医療費のお知らせ』をしっかりと見ておいてください」(賢見さん) 【Q3】入院中の差額ベッド代は? 「入院費で保険適用になっていないのが個室代(4床以下の部屋が個室扱い)と食事代で、全額自己負担。 保険適用になるのは6人部屋のみです。 ただし例外もあり、人を感染させる可能性のある症状や、感染しやすい状態で、個室入院が必要と病院が判断した場合は、請求はされません」(賢見さん) 【Q4】家族全員分の医療費を申請する「世帯合算」って何? 「世帯のうち2人以上が同月に病気やケガをして受診した場合、1人が複数の病院で受診した場合、1人が同じ病院の『入院』と『外来』を受診した場合は、各2万1,000円を超える自己負担額を世帯で合算することができます。 ただし、2人以上の合算をする場合、全員が同一の保険者に所属していなければなりません。 「『高額療養費』という言葉は知っていても、実際の利用方法は、初めて目にする方も多いはずです。 保険者によっては個々のケースで条件が大きく異なることもあるし、制度の改定もあるでしょう。 不明点が出るたびごとに、問い合わせることをおすすめします」.

次の

高額療養費制度とは?わかりやすく解説!

高額 療養 費 制度 と は

平成30年06月08日 高額な医療費を支払ったときは高額療養費で払い戻しが受けられます。 高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額()を超えた分が、あとで払い戻される制度です。 医療費が高額になることが事前にわかっている場合には、「」を提示する方法が便利です。 提出していただく書類等• PDFファイルを表示するためには「Adobe Reader」 無償 が必要です。 お持ちでない方は、下記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードしてください。 払い戻しについて 払い戻しは、医療機関等から提出される診療報酬明細書(レセプト)の審査を経て行いますので、診療月から3ヵ月以上かかります。 払い戻しまで時間を要するため、医療費の支払いに充てる資金として、高額療養費支給見込額の8割相当額を無利子で貸付する「高額医療費貸付制度」もあります。 詳しくは協会けんぽ支部までお問い合せください。 自己負担額は世帯で合算できます(世帯合算) 世帯で複数の方が同じ月に病気やけがをして医療機関で受診した場合や、お一人が複数の医療機関で受診したり、一つの医療機関で入院と外来で受診した場合は、自己負担額は世帯で合算することができ、その合算した額が自己負担限度額を超えた場合は、超えた額が払い戻されます。 ただし、70歳未満の方の合算できる自己負担額は、21,000円以上のもの(下記の「合算対象のポイント」)に限られます。 70歳以上の方は自己負担額をすべて合算できます。 合算対象のポイント 70歳未満の方の場合は、受診者別に次の基準によりそれぞれ算出された自己負担額(1ヵ月)が21,000円以上のものを合算することができます。 自己負担額の基準• 医療機関ごとに計算します。 同じ医療機関であっても、医科入院、医科外来、歯科入院、歯科外来にわけて計算します。 医療機関から交付された処方せんにより調剤薬局で調剤を受けた場合は、薬局で支払った自己負担額を処方せんを交付した医療機関に含めて計算します。 自己負担限度額とは 自己負担限度額は、年齢および所得状況等により設定されています。 注)「区分ア」または「区分イ」に該当する場合、市区町村民税が非課税であっても、標準報酬月額での「区分ア」または「区分イ」の該当となります。 注)現役並み所得者に該当する場合は、市区町村民税が非課税等であっても現役並み所得者となります。 70歳以上の外来療養にかかる年間の高額療養費 基準日(7月31日)時点の所得区分が一般所得区分または低所得区分に該当する場合は、計算期間(前年8月1日~7月31日)のうち、一般所得区分または低所得区分であった月の外来療養の自己負担額の合計が144,000円を超えた額が払い戻されます。 高額の負担がすでに年3月以上ある場合の4月目以降(多数該当高額療養費) 高額療養費として払い戻しを受けた月数が1年間(直近12ヵ月間)で3月以上あったときは、4月目(4回目)から自己負担限度額がさらに引き下げられます。 なお、70歳以上75歳未満の高齢受給者の多数該当については、通院の限度額の適用によって高額療養費を受けた回数は考慮しません。 国民健康保険や健康保険組合などから協会けんぽに加入した場合など、保険者が変わったときは多数該当の月数に通算されません。 退職して被保険者から被扶養者に変わった場合などは、多数該当の月数に通算されません。 【例:70歳未満、「区分イ」の場合】.

次の

【高額療養費制度】さらに自己負担が減る「多数該当」 長引くケガや病気、間隔のあいた治療に適用 | マネーの達人

高額 療養 費 制度 と は

2 総医療費とは、保険点数の合計に10円を乗じた金額のことです。 3 多数該当とは、過去12ヶ月間で、同一世帯での高額療養費の支給が4回以上あった場合に、4回目から適用される自己負担限度額のことです。 4 現役並み所得者とは、自己負担割合が3割負担の人です。 5 低所得2とは、同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税の人です(低所得1以外の人)。 6 低所得1とは、同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所特が必要経費・控除(年金所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人です。 (75歳に到達した月の自己負担限度額) 75歳に到達した人は、75歳に到達した月のみ、国民健康保険と後期高齢者医療制度の自己負担限度額がそれぞれ2分の1ずつとなります。 計算方法について 計算基準について ・被保険者ごとに計算します。 ・月の初日から末日までの受診を1ヶ月として計算します。 ・1つの医療機関ごとに計算します。 ・同一の病院・診療所でも入院・外来別、医科・歯科別に計算します。 ・外来診療で院外処方の調剤がある場合は、外来分と調剤分の合計額で計算します。 注意:70歳以上75歳未満の人は、外来は個人単位で計算し、入院を含む自己負担限度額は世帯単位で合算します。 注意:70歳以上75歳未満の人は、病院・診療所・歯科・薬局の区別なく合算します。 同じ世帯で合算して自己負担限度額を超えたとき(世帯合算) 1つの世帯内で同じ月内に21,000円(住民税非課税世帯も同額)以上の自己負担額を2回以上支払った場合は、それらを合算することができます。 その合算額が自己負担限度額を超えた場合、その超えた額が高額療養費として支給されます。 家族の一部負担金を合算する場合だけでなく、同じ人が複数の医療機関に支払いをした場合も対象です。 (70歳未満の人と70歳以上75歳未満の人が同じ世帯にいる場合) 70歳未満の人と70歳以上75歳未満の人が同じ世帯でも合算することができます。 まず、70歳以上75歳未満の人の支給額を算出します。 外来を個人単位で計算し、入院を含めて自己負担限度額以内の自己負担額を算出します。 次に、上記で算出した額に70歳未満の人の21,000円以上の自己負担額を合算し、70歳未満の人の自己負担限度額を超えた額が高額療養費として支給されます。 高額療養費の支給申請について 1. 支払いを終えている場合 医療機関等からの診療報酬明細書(レセプト)を確認し、高額療養費に該当する場合は、診療月より3ヶ月を経過した月以降に通知書をお送りします。 通知書が届きましたら、下記の必要なものをお持ちの上、本庁国保年金課の窓口(1階11番)まで申請にお越しください。 なお、70歳以上75歳未満の世帯で、高額療養費に該当する場合は、通知書に申請書を同封しますので、必要箇所に記入・押印の上、ご返送ください。 申請に必要なもの ・通知書 ・診療月の領収書 ・世帯主のみとめ印 ・振込口座の分かるもの(通帳、キャッシュカード等) (注意) 1 代理人が申請される場合は、上記の必要なものに加え、代理人の身分証明書とみとめ印もお持ちください。 2 医療機関等への支払いが終わっていない場合には支給できませんので、お支払い後に申請にお越しください。 3 国民健康保険加入者全員(18歳以上の方)の所得が把握されていない場合は、受付時に所得確認をさせていただくことがございます。 また、申告内容によっては、高額療養費に該当しなくなる場合があります。 4 通知書が届いた日の翌日から2年を経過すると時効となり、申請ができなくなりますのでご注意ください。 これから支払いをする場合 高額な医療費がかかる場合、医療機関等に「限度額適用認定証」等の提示すると、窓口での支払いを自己負担限度額までにとどめることができます。 「限度額適用認定証」等の交付には事前申請が必要となります。 申請方法については、 をご覧ください。 (注意) 1 70歳から75歳未満の所得区分「一般」と現役並み所得者「現役並み3」の人は、国民健康被保険者証、高齢受給者証を医療機関等の窓口に提示することで自己負担限度額までの支払いとなります。 (所得区分が「一般」、「現役並み3」の方は、限度額適用認定証の発行はありません。 ) 2 有効期限後も継続して使用される場合は、更新手続きが必要となりますのでご注意ください。 3 住民税非課税世帯(区分「オ」、「低所得2」)の人は、過去12か月間の入院日数が90日を超える場合、申請により申請月の翌月1日から、入院時の食事代がさらに減額されます。 90日を超えて入院していることがわかる領収書等と限度額適用・標準負担額減額認定証をお持ちいただくことで、長期該当の手続きができます。 75歳の誕生日を迎えると.

次の