特急しまんと 指定席。 SHIKOKU'S World 2000系気動車座席番号表

しまんと (列車)

特急しまんと 指定席

グリーン車連結列車の1号車。 普通車も座席指定席車となる。 グリーン車を連結しない列車の下り方先頭車がこのタイプ。 また、編成中間に連結される半室指定席車も、2200形の代わりにこの車両が連結される場合がある。 一部指定席車としれ連結される場合は、1〜7番席が指定席となり、以降が自由席。 6〜7番席の間に空調ダクトがある。 所定編成では、全ての列車の上り向き先頭には必ず連結される車両。 基本的に全て禁煙自由席車として連結されるが、2200形の代わりに中間に連結されることもあり、その場合は一部指定席または全室指定席となる。 一部に、多目的室の設置されている車両がある。 列車によって、全席指定席、または一部指定席、または全席自由席として連結される。 一部指定席車として連結される場合は、1〜7番席が指定席車となる。 一部指定席車は、指定席部分のシートカバーが、通常の白ではなく青になっているので、識別可能である。 8〜9番席の間に空調ダクトがある。 N2450形 2150形の改良型、N2450形。 全車両高松運転所の配置で、主に「うずしお」に運用されるほか、平日の「モーニングEXP高松」とその前日の「ミッドナイトEXP 高松」に充当される。 また、2150形の代走として「しまんと」に連結される場合もある。 半室指定席として運用されることもあり、その場合は1〜7番席が指定席となる。 空調ダクトの位置は、6〜7番席の間。 N2400形 2100形の改良型、N2400形。 また、その表記のある列車は、基本的に全車N2000系で編成される。 現在は基本的に高徳線のみの運用で、それ以外では予讃線の平日運用が1往復あるのみ。 トイレは車椅子対応の洋式を備えるほか、男子小便所も備えている。 6〜7番席の間を空調ダクトが通っている。

次の

特急「しまんと」の停車駅と所要時間

特急しまんと 指定席

特急料金には、ご利用になる座席により指定席特急料金と自由席特急料金があります。 指定席特急料金はシ-ズン別となっており、ご利用になる日によって、通常期・繁忙期・閑散期に分けられ、おねだんが異なります。 自由席特急料金やグリ-ン車、寝台車をご利用になる場合の特急料金は、通常期の指定特急料金の530円引きです。 こどもの特急料金は、おとなの半額(は数は切捨て)です。 指定席特急券は、指定された列車に限って有効です。 自由席特急券は、1列車1回に限り1日間有効です。 シーズン別の指定席特急料金 閑散期に特急の普通車指定席をご利用の場合、通常期の指定席特急料金から200円引きとなります。 繁忙期の場合は、通常期の指定席特急料金に200円増しとなります。 閑散期 1月16日~2月末日・6月・9月・11月1日~12月20日の期間の月~木曜日(ただし、祝日及びその前日と振替休日を除きます)。 繁忙期 3月21日~4月5日、4月28日~5月6日、7月21日~8月31日、12月25日~1月10日。 通常期 閑散期、繁忙期以外の日です。 特定特急料金 適用区間・種別 料金額 JR四国内の25キロまでの 特急料金 指定席料金(通常期) 1,070円 自由席料金 330円 JR四国内の50キロまでの自由席特急料金 530円 岡山~児島間または同区間とJR四国内にまたがる場合の50キロまでの自由席特急料金 560円• グリーン料金は実際にお乗りになる区間の営業キロによって計算しますが、特急と快速(普通)では料金が異なっています。 また、特急列車のグリーン車をご利用の場合は、特急と一緒にグリーン券をお求めください。 「おとな」と「こども」は同じ料金です。 〈JR四国内とJR会社間の特急のグリーン料金〉 営業キロ 100キロまで 200キロまで 400キロまで 600キロまで グリ-ン料金 1,300円 2,800円 4,190円 5,400円 〈快速・普通列車のグリーン料金〉 営業キロ 50キロまで 100キロまで 150キロまで 151キロ以上 グリ-ン料金 780円 1,000円 1,700円 1,990円• 特急券・グリ-ン券は特急列車ごとに必要です。 ただし、次の区間内相互発着となる特急券・グリーン券について、指定の駅で改札口を出ないで特急列車を乗り継ぐ場合、通しの料金でご乗車になれます。 《新幹線と在来線の乗継割引》• 岡山駅、坂出駅または高松駅で新幹線と在来線の特急列車を乗り継ぐ場合は、在来線の特急料金が半額になります。 特急グリーンをご利用になる場合も、特急料金分が半額になります。 なお、10円未満のは数は切り捨てとなります。 出発前に乗り継ぐ列車双方の特急券などを同時にお求めの場合に限り割引になります。 乗車後はこのお取り扱いはいたしません。 新幹線をはさんで、在来線の特急・急行列車を乗り継ぐ場合は、在来線のいずれか高いほうの料金が割引となります。 《サンライズ瀬戸号と在来線の乗継割引》• 寝台特急《サンライズ瀬戸》とJR四国内の特急列車とを坂出駅または高松駅で、はじめに乗る列車の乗車日かまたはその翌日に乗り継ぐ場合、JR四国内の特急料金、指定料金が半額になります。 出発前に乗り継ぐ列車双方の特急券などを同時にお求めの場合に限り割引になります。 乗車後はこのお取り扱いはいたしません。 寝台料金は「おとな」と「こども」同額です。 特急列車の寝台車をご利用の場合の特急料金は、通常期の指定席特急料金から530円引きになります。 また、特急列車の寝台車(個室を含む)をご利用の場合は、特急券といっしょに寝台券をお求めください。 おとな2人で(交互にであっても)1つの寝台を利用することはできませんが、おとな1人とこども1人またはこども2人で1つの寝台を利用することはできます。 サンライズ瀬戸の寝台券 タイプ 1 人 用 2人用 シングルデラックス シングルツイン シングル ソロ サンライズ ツイン 種 別 A寝台個室 B寝台個室 B寝台個室 料金 1人当り 13,980円 9,600円 7,700円 6,600円 7,700円.

次の

「南風」「しまんと」料金表|格安旅行研究所

特急しまんと 指定席

特急しおかぜの車両と編成 特急しおかぜの使用車両 8000系と8600系で運行されています。 こちらは8000系です。 8000系は1992年に「しおかぜ」で運行を開始しました。 2004年からはリニューアル工事が行われ、グリーン車指定席は気を基調とした落ちついたデザインの座席に置き換えられています。 またリニューアルに伴い、最前部と最後部にパソコンテーブルとコンセントが設置されています。 車両のデザインも変更され、ドア周りの塗装がグリーン車は赤、指定席はオレンジとなりました。 内装のリニューアルが行われなかった自由席も、ドアが紺のグラデーションで塗装されています。 こちらは8600系です。 8600系は2014年に誕生し、運行を開始しました。 デザインコンセプトは「レトロフューチャー」とされ、ノスタルジックな鉄道車両のイメージを未来特急として表現すべくデザインされています。 前面は蒸気機関車をイメージしたブラックフェイスとして列車の力強さが表現されています。 車体色はオレンジとグリーンが用いられ、瀬戸内の温暖な風土と穏やかな四国の自然を表現しています。 編成 特急「しおかぜ」の編成です 8000系、8600系ともに5両編成で運行されます。 宇多津駅で高松からの特急「いしづち」を分割併合します。 宇多津~松山までは8000系は8両編成、8600系は7両編成で運行されます。 GWやお盆、正月などは岡山~松山間を7~8両編成で運転する列車もあります。 (高松方面の特急「いしづち」は宇多津もしくは多度津で乗り換え) (JRおでかけネットより) 特急しおかぜの車内と座席 8000系しおかぜ グリーン車 グリーン車は1号車の松山より半室にあります。 木製を基調とした座席で、間隔もゆったりしています。 大型のフットレストもついています。 最前部の座席にはパソコンテーブルがついています。 また最前部と最後部にはコンセントがついており、パソコンやスマホの充電に利用できます。 指定席 指定席のドア周りはオレンジで塗装されています。 指定席車両はリニューアルされており、木製を基調とした座席に置き換えられています。 フットレスト付の座席でゆったりしています。 指定席にも最前部の座席にはパソコンテーブルがついています。 また最前部と最後部にはコンセントがついており、パソコンやスマホの充電に利用できます。 自由席 自由性は淡い紺色の座席が並びます。 オーソドックスな2列の座席です。 お手洗い 8000系しおかぜのお手洗いは、1,3,5,6,8号車にあります。 1,5,8号車は洋式で3,6号車は和式です。 1号車の洋式お手洗いはリニューアルされており木目調のデザインです。 5号車には多目的お手洗いがあります。 3号車と6号車は和式お手洗いです。 洗面台 リニューアルされた洗面台にはやきものが使われています。 3号車のお手洗いは樹脂系化粧板が用いられています。 8600系しおかぜの車内 グリーン車 グリーン車は1号車の半室です。 8600系のグリーン車は赤系のシートです。 体が包み込まれるような形状のシートでゆっくりできます。 背ずりには読書灯が付いています。 手すり内側にはシートのリクライニングスイッチや読書灯スイッチがあります。 また中央の手すり下にはコンセントがあります。 コンセントは各席に付いています。 普通車 先頭車の普通車はグリーンの座席です。 中間の普通車はオレンジの座席です。 指定席、自由席の区別はありません。 テーブルは大型でノートパソコンも使いやすい形状です。 8600系には普通車にも各席にコンセントが付いています。 お手洗い 1号車と4号車、6号車には多目的お手洗いが設置されています。 ベビーベッドやベビーチェアなどが設置されています。 その他のお手洗いにも手すりがあり、バリアフリー設計がされています。 荷物置き デッキには荷物置き場あります。 大型でキャリーケースも収納できます。 特急しおかぜのおすすめ座席 特急しおかぜは瀬戸内海沿いを走るので、ところどころ海が見えます。 海を見るなら「A席」を確保しましょう。 石鎚山などの山側の景色を見るなら「D席」がおすすめです。 しおかぜには飲み物の自動販売機がある 特急しおかぜには飲み物の自動販売機があります。 お茶、コーヒー、ジュース等の飲み物が買えます。 その他の車内販売はないので駅で買っておきましょう。 特急しおかぜの停車駅、所要時間 特急しおかぜは下記の駅に停車します。 松山駅基準で5時台から18時台までおおむね1時間に1本で運行しています。 特急しおかぜの運賃、料金等 通常の運賃、料金 岡山~松山:指定席:6,950円、自由席:6,420円 岡山~今治:指定席:6,070円、自由席:5,540円 岡山~新居浜:指定席:4,950円、自由席:4,420円 大阪・新大阪~松山:指定席:11,600円、自由席:10,600円 大阪・新大阪~今治:指定席:10,940円、自由席:9,940円 大阪・新大阪~新居浜:指定席:9,880円、自由席:8,880円 (特急料金はすべて通常期、新大阪~岡山間はのぞみ号を利用) しおかぜに安く乗るための割引きっぷ 特急しおかぜに利用できる割引きっぷは次のものがあります。 ・岡山自由席トク割回数券 ・岡山指定席トク割きっぷ ・岡山週末指定席トク割きっぷ ・eきっぷ ・週末乗り放題きっぷ ・阪神往復フリーきっぷ 岡山自由席トク割回数券 は、JR四国が販売している4枚つづりの回数券です。 有効期間は3か月です。 特急しおかぜの普通車自由席を利用できます。 松山、宇和島地区の駅、みどりの窓口などで販売しています。 松山・伊予北条~岡山:13,800円(1枚あたり3,450円) 岡山指定席トク割きっぷ JR四国が販売している往復きっぷです。 有効期間は6日間です。 松山、宇和島地区の駅、みどりの窓口などで販売しています。 土日祝日に利用するなら次に紹介する岡山週末指定席トク割きっぷがお得です。 松山・伊予北条~岡山:8,800円(1枚あたり4,400円) 岡山週末指定席トク割きっぷ は、JR四国が販売している往復きっぷです。 出発日(「ゆき券」利用日)が土曜日または休日の場合に限り発売されます。 有効期間は2日間です。 松山、宇和島地区の駅、みどりの窓口などで販売しています。 土日祝日の2日以内に特急しおかぜを利用する方にはお得で便利なきっぷです。 松山・伊予北条~岡山:8,170円(1枚あたり4,085円) eきっぷ eきっぷは、インターネト予約サービス「e5489」の会員向けの発売されている特急券です。 「e5489」の登録は無料ですが、eきっぷを購入するには「J-WESTカード」が必要です。 ・きっぷの受け取りはJR四国の主要駅やJR西日本、JR九州の「みどりの窓口」、「みどりの券売機」、「指定席券売機」で受け取れます。 次の値段は指定席の乗車券込みの価格です。 岡山~松山:6,420円 岡山~今治:5,540円 岡山~新居浜:4,420円 週末乗り放題きっぷ は、JR四国が発売しているフリーきっぷです。 土日祝日や年末年始に、JR四国と土佐くろしお鉄道の特急列車自由席が1日乗り放題となります。 平日は利用できません。 価格は10,460円(大人)です。 JR西日本区間は有効ではありません。 週末乗り放題切符で岡山まで利用すると、児島~岡山まで別途運賃と料金(自由席で1,070円)が必要です。 阪神往復フリーきっぷ は、JR四国が発売しているきっぷです。 「4日間用」と「土休日2日間用」があります。 土休日2日間用は土日祝日に出発する場合に発売されます。 特急列車と新幹線の指定席特急券(のぞみ、みずほを含む)、阪神地区のフリー区間で利用できます。 阪神地区のフリー区間は次の通りです。 きっぷは「e5489」または「電話予約」で申し込んで、「e5489」マークのある駅の緑の窓口で受け取ることができます。 しおかぜが利用できる発ゾーンは「宇和島ゾーン」、「大洲ゾーン」、「松山・今治ゾーン」、「新居浜ゾーン」、「観音寺・伊予三島ゾーン」があります。 値段は次の通りです(こどもの設定もあります) 「宇和島ゾーン」:4日間用:22,420円、土休日2日間用:21,370円 「大洲ゾーン」:4日間用:20,220円、土休日2日間用:19,170円 「松山・今治ゾーン」:4日間用:17,810円、土休日2日間用:16,760円 「新居浜ゾーン」:4日間用:17,700円、土休日2日間用:16,650円 「観音寺・伊予三島ゾーン」:4日間用:16,030円、土休日2日間用:14,980円 特急しおかぜと競合する交通機関との比較 特急しおかぜと同じ区間を運行する高速バスは「マドンナエクスプレス」(岡山~松山)、「オレンジライナーえひめ号」(大阪~松山・八幡浜)、「松山エクスプレス」(京都・大阪~、松山・八幡浜)があります。 また伊丹空港や関西空港からは航空便も就航しています。 岡山~松山、大阪~松山の交通機関の比較を表にまとめました。 大阪~松山の各交通機関の比較 運賃・料金 所要時間 運行本数 JR (新幹線+しおかぜ) 8,905円~11,600円 3時間50分~4時間 1時間に1本 高速バス 6,350円~7,050円 5時間10分~52分 (昼行便) 21往復 (夜行2便含む) 飛行機 4,460円~23,280円 2時間30分~3時間 伊丹:12往復 関空:1往復 岡山~松山の各交通機関の比較 運賃・料金 所要時間 運行本数 JR(しおかぜ) 4,400円~6,950円 2時間40分~50分 1時間に1本 高速バス 3,450円~4,500円 3時間15分 6往復 各交通機関の解説 マドンナエクスプレス(岡山~松山) は両備バスが運行する高速バスです。 所要時間と運行本数は次の通りです。 所要時間:岡山駅西口~松山駅:約3時間15分 運行本数:1日6往復 運賃は岡山駅西口~松山駅で4,500円です。 時刻表などは次のページをご覧ください。 オレンジライナーえひめ(大阪~松山・八幡浜) は伊予鉄バスと阪急バスが共同運行している高速バスです。 所要時間と運行本数は次の通りです。 所要時間は次の通りです。 大阪梅田(阪急三番街)~松山市駅:約5時間10分~5時間44分 (夜行便は6時間40分~7時間) 運行本数:1日9往復(昼行7往復、夜行2往復) 運賃は大阪梅田(阪急三番街)~松山市駅・大街道で7,050円です。 松山エクスプレス(京都・大阪~松山・八幡浜) はJR四国バスとJR西日本バスが共同運行している高速バスです。 所要時間は次の通りです。 大阪駅バスターミナル~松山駅:約5時間40分~5時間52分 (夜行便は7時間05分~7時間15分) 三宮バスターミナル~松山駅:約4時間36分~4時間49分 (夜行便は約6時間~6時間15分) このほかにもJR難波駅(湊町BT)、三島川之江インターに停車するほか、一部の便は京都駅烏丸口、USJからも発着します。 運行本数は1日11往復(昼行9往復、夜行2往復)です。 運賃は次の通りです。 5日前までの予約で5,000円になる「早売5」もあります。 (夜行便は対象外、昼行便も一部は対象外の便があります) 関西空港・伊丹空港~松山空港を飛行機利用 航空機は関西空港・伊丹空港から松山空港まで就航しています。 伊丹空港~松山空港 ANA,JALが就航しています。 運行本数:1日12往復(ANA9往復、JAL3往復) 所要時間は次の通りです。 伊丹空港~松山空港:約50~55分 大阪駅~松山駅:約2時間30分~3時間(リムジンバスの時間を含む) 新大阪駅~松山駅:約2時間30分~3時間(リムジンバスの時間を含む) 運賃は次の通りです。 このほかにリムジンバス運賃が必要です。 (大阪・新大阪~伊丹空港:510円~650円 松山空港~松山駅:470円、合計980円~1,120円) 運賃 ANA JAL 通常運賃 20,060円 22,160円 バリュー3(ANA 得便割引3(JAL 10,560円~11,560円 11,160~11,460円 スーパーバリュー28(ANA 先得割引(JAL 10,360円~10,960円 11,160円~14,160円 スーパーバリュー55(ANA) スーパー先得(JAL 9,760円~9,860円 9,860円~9,960円 関西空港~松山空港 Peachが就航しています。 運行本数:1日1往復 所要時間は次の通りです。 関西空港~松山空港:約55分(関西空港~松山空港) 大阪駅~松山駅:約3時間(リムジンバスの時間を含む) 新大阪駅~松山駅:約3時間(リムジンバス、特急「はるか」の時間を含む) 運賃は2,390円~7,590円です。 (2020年1月2日調べ) このほかにリムジンバスや特急「はるか」の運賃、料金が必要です。 (大阪駅~関西空港:1,600円、新大阪~関西空港 特急「はるか」:2,380円、松山空港~松山駅:470円、合計:2,070円~2,850円) フライトの時刻については下記のページもご覧ください。 しおかぜにも乗れる宿泊も一緒ならさらにお得なJRセットプラン 特急しおかぜから乗り換えられる列車 岡山駅 新幹線「」、「ひかり」、「こだま」 九州新幹線「」、「」 特急「」、特急「」、観光列車「」 宇多津駅 特急「」 多度津駅 特急「」、特急「」、特急「」、観光列車「」、観光列車「四国まんなか千年ものがたり」 松山駅 特急「宇和海」、観光列車「伊予灘ものがたり」 特急しおかぜとは 特急「しおかぜ」は現在は岡山~松山を運行しています。 1972年(昭和47年)に登場した時は高松~宇和島間を運航していました。 1988年(昭和63年)に瀬戸大橋が開通した時に、岡山~松山・宇和島の特急列車になりました。 高松発着の松山・宇和島行きは「いしづち」と改称されています。 瀬戸内海のしおかぜをイメージして名付けられています。 1992年(平成4年)に松山までが電化され、松山行きの大半が電車化されました。 松山~宇和島までの特急は「宇和海」になり、松山で乗り換えるスタイルが基本となります。 2016年(平成28年)に8600系が運行を開始したことにより2000系気動車のしおかぜの運行が終了し、完全に電車での運行となっています。 特急しおかぜの関連商品 まとめ ・特急しおかぜは岡山と松山を結ぶ特急列車 ・8000系と8600系で運行されている ・8600系には全席コンセントが付いている ・飲み物の自動販売機が設置されていている ・四国からはお得な乗車券が多い 最後までお読みいただきありがとうございました。 よければブックマークお願いします。

次の