ジャグラー 設定。 ジャグラー高設定狙い・勝ち方の基礎【基本的狙い方・高設定の探し方・良い台の見つけ方・クセの見抜き方】

ジャグラー高設定のレギュラー先行台と低設定の罠

ジャグラー 設定

アイムジャグラーの立ち回りのセオリーの1つが『夕方からの稼働』です。 今回は、そんな夕方からの稼働に生かせそうなデータを用意しました。 題して 『設定1の3000G時点のデータ』です。 3000Gという回転数は、夕方稼働からでも非常に使い勝手のいいデータだと思います。 当然ながら「1日程度での収束は期待できない」と言われているジャグラーですが、回転数が付いてきてデータの信頼度が上がれば上がるほどライバルも増えてしまいますし、少なければそれなりのリスクを背負うことになるでしょう。 そこで アイムジャグラー設定1の3000G時点のデータから見える傾向をもとに、私なりの考え&考察をまとめてみましたので、ご覧ください。 スポンサーリンク Contents• 2 95. 5 96. 0 98. 6 100. 4 102. 3 105. 台番 BIG REG 差枚数 1 6 8 -1572 2 12 5 -138 3 7 9 -1602 4 16 6 862 5 6 6 -2155 6 12 8 59 7 8 11 -836 8 5 8 -2082 9 12 9 128 10 6 4 -2331 11 8 8 -1299 12 15 9 1188 13 14 6 576 14 14 13 1104 15 13 8 399 16 9 7 -1041 17 9 8 -676 18 15 9 941 19 10 4 -1053 20 18 13 2378 21 15 4 717 22 16 8 1384 23 7 4 -2070 24 13 10 764 25 7 7 -1688 26 10 6 -788 27 11 7 -309 28 17 7 1636 29 13 11 1039 30 8 8 -1103 合計 332 231 -7568 BIG、REGともに引き強でしたが、トータルは負けに転じます。 等価交換で考えれば30台設置のオール1営業で、全台3000Gも回れば 「1台あたり5000円程度負ける」というデータになりました。 「全台3000G回ったとしても、1台あたりで5000円しか店側は儲からない」ということを考えると、ホール経営ってメチャクチャ難しそうですね。 ただし、すべての台を設定1にしてしまうと3000G時点で目ぼしい台がほとんどなく、その後に回らないことが想定されるので、 適度に設定1以外を投入しなくてはならないという理由のようなものも垣間見えるデータと言えるでしょう。 ・・・出現率は、意外と高いですね。 14番 BB14 RB13 1104枚 20番 BB18 RB13 2378枚 特に14番と20番に関しては、飛びついてしまうと言っても過言ではないのではないでしょうか。 初見ホールなんかだと思わず飛びついてしまいそうですが、自分が通っているホールであればある程度の傾向が分かると思うので、他の材料を用意したりして、その後の経過に目を光らせることが必要です。 ただし、個人的にはこのような台に座ってしまうことは避けられないと思っていますし、しっかりと高設定を使ってくれているホールにおいて、 このような台選択をしていれば自然とプラス収支に傾いていくと確信しています。 本来の基準で考えるとすれば 12回以上のREGが必要となるのですが、そうすると15台中2台なので、かなりの設定1を見切ることができると言えるでしょう もちろんボーダーを厳しくすれば、それだけ本物の高設定を見切ってしまう可能性も出てきますが、設定1に間違って座ってしまうよりは全然いいと思います。 理想としては稼働は増やしたいですが、それで負けてたら意味がないので、 台選びは慎重にするべきです。 すでに目ぼしい台が揃っている状況で無理に勝負するのと、まだ可能性がある状況で勝負するのとでは、その時点で期待値が大きく違いますからね。 ボーダーを設定するのはもちろん重要ですが、それを上手く使って 頭でっかちにはならずに柔軟に対応していくことが重要です。 『BIGばかり引いて出玉は出ているが、REGがついてきていない台』について、これはたとえ勝てたとしても低設定の可能性が高いため、長い目で見たら負ける可能性が高いので注意しましょう 上記データでいうところの12番、22番のようなデータのこと。 たまに3000GでBIG20、REG5みたいな台を見ることってありませんか? REGだけ見たらハッキリ死んでるのに、合算で見ると非常に優秀な台で、差枚数も設定6をぶっちぎっているという台です。 これは面白がって座る人が多いんですけど、僕が思うに 「低設定のヒキ強であることが多い」と考えています。 ジャグラーで勝つことの基本は 「低設定での稼働を限りなく減らし、高設定での稼働を増やすこと」ですから、REGが引けてないというのは低設定の可能性が非常に高くなってしまう要素なので、BIGに大きく偏っている台での稼働はおすすめしません。 スポンサーリンク BIG確率は完全無視でOK 同じ設定1、同じ3000Gという縛りのなかでも、BIG当選回数の振り幅は5~18回と広いデータが取れました。 差枚数のプラスorマイナスは、そのBIG数に左右されていると言っても過言ではないので、アイムジャグラーの設定判別においてBIG確率は無視でいいと思います もちろん合算が良いに越したことはありません。 中には 「アイムジャグラーはREG確率だけじゃなくて合算で選ぶべきだ!」なんてことを言う人がいますが、個人的にはREG重視で全然問題ないと考えたうえで実践し、実際に成果も挙げています。 もちろん合算が良い方がいいですけど、そんな台なかなか座れませんから。 6ですよ?こんなの1日じゃ分からないでしょ。 6という大きい確率差に注目した方が賢いと思いませんか? 最後に 3000G時点での数値はもっと信頼度が高いように思えましたが、過信しすぎるのは禁物と言えるような微妙な信頼度だったと言わざるをえません。 もちろんボーダーを厳しくすれば勝てる可能性は高くなりますが、その分稼働の幅が狭くなってしまっては勝ち額が減ってしまうので、状況に応じた立ち回りが必要だと言えるでしょう。

次の

アイムジャグラーシリーズ 設定判別ツール・スペック・設定差解析

ジャグラー 設定

当日の台のデータ• 前日・前々日の台のデータ• 台の位置• シマ 機種 状況・店状況• 時刻 ジャグラーの台選びの基準1・当日の台のデータ 当日にBIGとREGを何回引いているかが、一番重要な台選びの基準です。 あ、当たり前に聞こえますね。。 ですが、完全に「当たり前」とも言い切れないのですよ? 例えば、 朝一から打つ場合は、当日のデータは一切なしです。 つまり、一番重要なジャグラーの台選びの基準がまったくないのです。 だから朝一からジャグラーを打つのは難しい! あれ? やっぱり合ってますね。。 「当日のデータがジャグラーの台選びで一番重要」というのは。。 ジャグラーの台選びでは、当日のデータが一番重要です。 特に、 どのジャグラーの機種でもREG出現率が重要です。 ほとんどのジャグラーで、設定1から設定6までのBIG確率の差よりREG確率の差の方が大きいからです。 なるべく多くREGを引いている台を選ぶことがジャグラーの基本です。 当日データで台選びをする時の注意点 ただ、注意点が2つあります。 一つは、 当日のボーナス出現率は、まるでその台の設定を表しているように錯覚してしまう、ということです。 こんな台が落ちていたら、あなたは 「この台は設定5かもしれない!打ってみよう!」という気持ちになりませんか? ボーナス出現率が設定5だから、その台が設定5だと思ってしまうのは、安直すぎます。 ですが、多くの人はそう感じてしまうと思います。 僕だって、そう思っちゃう時がありますもん。 でも、最近のホールでは、ボーナス出現率が設定5の台が、そのまま実際の設定も5だということはほとんどいと思っておくべきです。 最近のホールのジャグラーは、そんなに甘くないです。 回転数によって重要度が変わる もう一つの注意点は、 当日のデータの重要度は回転数で大きく変わるということです。 ちょっと運が良ければ、すぐに引けてしまうようなボーナス回数だということです。 ジャグラーは当日のデータが最重要な台選びの基準ですが、 少ない回転数のデータをそのまま設定に当てはめてしまうのは危険です。 ジャグラーの台選びの基準2・前日前々日の台のデータ ジャグラーの台選びの基準で、当日のデータの次に重要になるのが前日と前々日のデータです。 これは、今も昔も変わらないパチスロの基本かもしれません。 前日や前々日のデータをみて、 「高設定台の据え置き」や「低設定台の上げ」を狙って台選びをするわけですが・・・ 最近のホールでは、客が「据え置き狙い」や「上げ狙い」をする前提で、設定を変更しているフシがあります。 なので、一昔前のジャグラー事情に比べると、「据え置き狙い」や「上げ狙い」は慎重にやる必要があります。 そこで、 現在のホールで「前日&前々日のデータ」を台選びの基準にする場合のコツを2つ説明します。 店の傾向を覚える 一つは、設定変更について、店の傾向を覚えることです。 よく行く店で実際に「据え置き狙い」や「上げ狙い」をやってみて、それが成功したか失敗したかのデータをためることです。 僕の経験上では、データをためることによって「据え置き狙いは成功しやすいが、上げ狙いは失敗しやすい店」や、その逆のような、 大まかな店の傾向が見えてくる 場合が多いです。 1日のデータだと、その時のイメージや感情が邪魔をしてしまって、正確に店の傾向を把握することは難しいです。 ですが、何日~何十日のデータを蓄積すれば、必ず客観的な店の傾向が見えてくるかと思います。 据え置きでも変更でも打てるデータを探す もう一つは、最近のホール状況でも通用する、強力な「前日&前々日のデータ」での台選びの方法です。 それは、 「設定が据え置きでも変更でも高設定の可能性が高い」と言える「前日&前々日のデータ+当日のデータ」の台を探すことです。 ですが、このデータに加えて、この台の 前日のデータが3000回転でBIG9回・REG13回のようなデータになっている場合は、 店にもよりますが 打ちたい数字になると思います。 もし、この台が据え置きならば、2日間合わせて、5000回転でBIG17回・REG20回になります。 こうなると、かなり高い確率でマイジャグの設定4以上はあることになります。 設定5にも期待できます。 そんないじわるな設定変更をしてくる店は少ないですし とは言っても最近は増えているんですよね。。 そういう店は思い切って一切行くのを止めるべきかもです。 、まあ、最低でも設定2~設定3は打てることになるで、大火傷はしない可能性が高いです。 設定上げなら問題ないです。 前日がBIG9回・REG13回で当日BIG8回・REG7回の台の設定推測 仮定 前日BIG9REG13で高設定 前日BIG9RE13で低設定 設定上げ 考慮不要 打てる 設定据え置き 打てる 5000回でBIG17・REG20で低設定? 設定下げ 低設定台が当日2000回でBIG8・REG7? 考慮不要 黄色枠内の場合のみ、慎重に推測すればいいです。 下げの可能性は低い 問題があるのは、設定下げの場合だけです。 マイジャグで3000回転でBIG9回・REG13回ならば、ほぼプラマイゼロの収支になります。 仮に高設定だった台が、 3000回転でBIG9回・REG13回という回数になって、次の日にその台を下げるか下げないかが問題です。 しかし、ここでよく考えてみると、 店側としては、そういった台を「必ず下げる」ことや「必ず据え置き」にすることはやりづらいはずです。 もし、「必ず下げる」か「必ず据え置く」かするならば、その台は見向きもされなくなるか、逆に必ず朝一から終日ブン回されるかの、どちらかになってしまいます。 そうならないために、 3000回転でBIG9回・REG13回という回数になった高設定台は、据え置く場合と下げる場合があるはずです。 そして、その台が 当日2000回転でBIG8回・REG7回のようになっていれば、据え置きの可能性がかなり高くなるわけです。 前日のデータになんの特徴もない1台が 2000回転でBIG8回・REG7回 になることと、高設定の据え置きの可能性がそこそこある台が 2000回転でBIG8回・REG7回 になったのでは、後者の方が圧倒的に高設定の可能性が高いということになります。 前日高設定だったかどうかは前々日のデータを見る ここまで説明したように、前日が高設定だったか低設定だったかによって、当日の設定推測の精度が変わります。 さらに、前日高設定だったか低設定だったかは、前々日のデータをヒントに推測することができます。 面倒ですが、 前日のデータを参照して当日の設定を推測するのと同様に、前々日のデータを参照して前日の設定を推測できます。 よほど特徴的なデータにならない限り、前々日のデータまで当日の設定推測要素にすることは難しいかもしれません。 ですが、 「明らかに高設定」や「明らかに低設定」と分かるデータならば、前日と前々日のデータまで参照して、当日の設定推測することは十分可能です。 ジャグラーの台選びの基準3・台の位置 ジャグラーの台選びでは、台の位置も重要です。 「角台」や「角から~番目」、「店内の目立つ位置」、「他の機種との境目の台」などです。 これは経験的に知っている人も多いことかもしれません。 店側は驚くくらい、 高設定台を位置を基準に入れている場合が多いです。 「今日はどの機種も角台ばかりが出ている」とか、「角2ばかり出ている」というのを、目撃したことはありませんか? 店側が高設定台を位置を基準に入れる理由は、はっきりしています。 どの位置に高設定台を入れるかで、 全体の出玉状況の見た目が良くも悪くもなるからです。 さらに、 高設定台を入れる位置によって実際の出玉も変わるということもあります。 シマの角台は稼働が高いです。 何となく角に座ってしまうのは、電車でもパチ屋でも同じです。 隣に人がいないことは、本質的に落ち着くということもあります。 シマの角台は平均すると稼働が高くなるので、角台に高設定台を入れれば、他の位置に高設定台を入れるよりも、シマ全体の出玉率が高くなります。 高設定台は稼働に比例して出玉が増えるからです。 また、これとは逆の法則で、 隣の台が出ている台は稼働が低くなる傾向があります。 まあ、なぜそうなるかは、察することができますよね。。 嫌ですもん。 たとえ出ていなくとも、 片方の 隣に人がいない角台の稼働が高くなるのとは逆に、隣に人がいる台の稼働は下がります。 これらの理由により、角台の隣の「角2」の台は、平均すると稼働が低くなります。 なので、 同じ設定配分で同じ高設定の台数を入れるにしても、角台に高設定を入れれば店の赤字は大きくなりますし、角2に高設定を入れれば店の赤字は小さくなります。 また、 「シマの真ん中辺りに高設定台を入れれば、見た目の出玉感は高まる」と言われています。 シマのどちら側から見ても、出ている台が見えるためでしょうか? さらに、2台以上連続して高設定台を作ると、やはり「見た目の出玉感は高まる」という法則もあります。 これらの話から、 店側は設定を入れる時の基準として、実利的な数値として高設定台の位置を考えている、ということが分かります。 よって、高設定台を取るための台選びの基準では「位置」も重要になってきます。 昔は、イベントになると必ず角に高設定を入れる店が多かったです。 今はそこまで露骨な店は少ないですが、方向性としてはそれと同じです。 店が出したいと思っている場合は角台に高設定入れる傾向が強くなりますし、高設定を入れるけれどあまり出されたくない場合は、角2やもっとシマの内側に「隠す」ように高設定を入れるわけです。 ジャグラーの台選びの基準4・シマ 機種 状況・店状況 ジャグラーの台選びでは、シマ 機種 全体や店全体の出玉の状況も考えるべきです。 最近のパチ屋の状況を考えると、シマ全体・店全体がなるべく出している時には、ガンガン攻めるべきです。 逆に、シマ全体・店全体の出玉がしょっぱい場合には、良い数字の空き台のジャグラーがあった場合でも、慎重に打つかどうかを決めるべきです。 パチンコ屋は「出す日」と「出さない日」のメリハリを大きくする店が多いです。 同じ店でも、凄く出している日と、ガッツリ回収している日を見たことがありませんか? ジャグラーを打つ場合は、なるべく 「 出している店」の「出している日」の「出しているジャグラーの機種」で打つべきです。 もちろん、そこまで全ての条件が合うことは稀です。 ですが、同じデータの台でも、周りの状況が良いか悪いかで、高設定の可能性が高くなったり低くなったりするということを頭のかたすみに置いておくべきです。 ジャグラーの台選びの基準5・時刻 ジャグラーの台選びは、台選びをしている時刻によって変えるべきです。 パチ屋での時刻は、すなわち閉店までの残り時間です。 閉店まで打てない場合は、自分が止めるまでの残り時間を考えるべきです。 残り時間が多いほど、「予想が当たれば機械割の高い台」を打つべきです。 残り時間が少ないほど、「機械割が確実に100%を超えている台」を打つべきです。 どんなジャグラーでも、打ち始めた時には設定が分からず、打っている内に少しずつ設定が分かってくるものです。 最初はいつも「設定不明」の台を打つしかないです。 ただし設定の予想はします。 打ち続けている内に「高設定の可能性」か「低設定の可能性」か、どちらかの可能性が高くなっていきます。 低設定濃厚になったら、止める人が多いはずです。 その場合は、打った分の期待値はマイナスです。 高設定濃厚になったら、時間が許す限りか、自分のやめ時まで打つ人が多いのではないでしょうか。 その場合は打った分の期待値はプラスです。 低設定ならなるべく打つ時間を短くし、高設定ならなるべく打つ時間を長くすることで、ジャグラーはトータル収支をプラスにすることができます。 つまり、 ジャグラーは打ち始めてからある程度の時間は、設定判別のための投資をしているようなものです。 打ち始める時刻によって、その「設定判別のための投資」の量を調整すべきです。 あまり打つ時間がない時は、「高設定を探す」時間を最小限にするために、例えばアイムジャグラーでREGをたくさん引いている、ほぼ高設定であろう台などを打つべきです。 機械割は低くても、高設定である可能性が高い台です。 たっぷり時間がある時は、マイジャグの設定5を探してみるのもいいかもしれません。 打ち始める時間や打てる時間を考慮して、狙う機種や台を柔軟に選んで行くことが理想です。 打ち始めた後も台選びを止めるな! 台を決めて打ち始めた後も、より良い台が空くかもしれないとチェックをしながら打つべきです。 自分が打っている台は、ボーナスが引けるか引けないかによって、高設定の可能性が変わっていきます。 自分の台がまったくボーナスを引けず、高設定の可能性がとても低くなってしまったら、台移動を考える人が多いはずです。 しかし、 自分の台が完全にダメになってしまって、そこでやっと他の台を探し始めても、すでに他の良さげな台は取られて可能性の方が高いです。 なので、自分の台のボーナス出現率が少しでも悪くなり出したら、自分の台を打ちながら、他の良さげの台を探し始めることが合理的です。 自分の台の調子が良ければ、集中してトイレにも行かずに打ち続けるのもいいかもしれません。 ですが、自分の台が微妙な場合は、他の台をチェックする意味と、冷静に押し引きを考える意味を兼ねて、休み休みジャグラーを打つのをおすすめします。 台選びの時間が長ければ長いほど、良い台が取れるのは必然です。 なので、 ジャグラーを打っている時間も台選びをしている時間にしてしまえば、とても長い時間をかけて台選びをしていることと同じになり、よりいい台が取れることになります。 ボーナス出現率が良い台であればあるほど、その台が空いたら、誰かにすぐに取られます。 なので、ボーナス出現率が良い空き台を取ろうと思うならば、その台が空いた後すぐに取りに行く必要があります。 実は、 良い台が空いた場合に、一番最初に気付くのは、そのシマで同じ機種を打っている人間の場合が多いです。 なので、台選びの末に一台に決めて打っている場合でも、 「もし空いたら打ちたい台」を自分が打っている同じ機種内の中や、見える範囲のジャグラーのシマでチェックしておくのが良策です。 同じシマ内や、店内で、どんどん高設定の可能性が高い台にコインを持って移動していくことが、理想的な立ち回り=台選びだと僕は思っています。 打ちながら他の台を狙うことは、「台選び」と「ハイエナ」の中間的な行為です。 他人がやめた高設定台の「ハイエナ」については、こちらに詳しくまとめていますので、興味のある方はご覧下さい。 「ポツン」と1台だけ良い台は危険 先ほど少し説明しましたが、ジャグラーで台選びでは、そのジャグラーの機種全体で出しているか、その店全体で出しているかどうかも重要になります。 全く出していない店や機種の中に、1台だけポツンとボーナス出現率が高い台があったとしても、それが高設定の可能性は低いのが、現在のパチ屋の状況です。 余程、「この店は、どんなにボッタクリ営業の日でも、必ず1台は高設定を使う」というような確信があれば、話は別ですが・・・ ですが、特別な情報がない限り、たった1台だけのボーナス出現率優良台は、低設定の「まぐれ噴き」の可能性が高いと思っておくべきです。 最近のジャグラーの設定状況を考えると、「必ず1台は高設定を使う」店でも、 「高設定1台で残りは設定1」という設定配分にはしません。 それだと、 その1台の高設定の場所がバレてしまうと、同時に他の台が全て設定1だとバレてしまうことになり、全体の稼働率が落ちるからです。 店側は、そういう状況を避けるために、設定2~設定3のような「フェイク設定」と一緒に高設定を使って行くことになります。 そうすれば、稼働が落ちることを阻止できますし、場合によっては「高設定台多数!」に見える場合もあります。 いずれにしても、「1台だけポツン」と良さげな台がある場合は、他のケースよりも慎重に打つかどうかを決めるべきです。 知り合いの専業 プロ は、よく 「このホールは居心地が良い」と言うことがあります。 それは単に「椅子が上質」とか「通路が広い」とか「休憩室が充実している」とか、そういったことではなく、 台選びのしやすさを含めた居心地の良さ、を言っているのです。 同じ良さげな空き台を取るにも、簡単に取れるホールの方が居心地がいいです。 同じだけ時間を割いて台選びをしたら、より良い台を取れるホールの方が居心地が良いホールです。 客層が甘いホールほど居心地が良いと言えますし、高設定を狙っているライバルが多いほど、居心地が悪いホールになります。 知り合いの専業は、他の専業がわんさかいるホールは、どんなに立派な設備であっても決して「居心地が良い」とは言いません。 ジャグラーで勝ちを目指す場合は、まず優良店だと思える店を見つけて、次にその店で台選びをすることになります。 ですが、実際にその店で台選びをしてみて、 「台選びがしやすい店=居心地が良い店」だと感じない場合は、店選びの段階で失敗している可能性が高いです。 台選びのしやすさを基準にして、店を選び直してみるのもいいかもです。 朝一の台選びは店の癖がすべて? 朝一の台選びはその店の癖 傾向 が最重要です。 朝一は当日のデータがまったくないので、そうなりますよね。。 良く知っている店ならば、自分のその店の経験則に全てをかけるべきです。 「据え置き狙い有利」「上げ狙い有利」「角台・角2台が強い」などなど・・ 前日・前々日のデータを見まくろう あまり状況を知らない店や初見の店などで朝一から打つ場合は、前日・前々日のデータを見まくりましょう。 1週間分のデータが見れる店では、1週間分のデータをたっぷり見てやりましょう。 その中でなんらかの癖=傾向が見て取れた場合には、その気付いた傾向に全てをかけるしかないです。 できれば、なるべく複数の傾向を見つけて、そのどれにも当てはまる台を狙って行くのが上策です。 常連や専業の狙いを観察する 朝一の台選びの方法として、 他の常連や専業 プロ の狙い台を見て、その真似をするという方法もあるにはあります。 ただ、これは一昔前の高設定をバリバリ使うホールでは有効でしたが、現在の高設定が減って中間設定が増えてしまったジャグラーの状況では、あまり有効ではありません。 そもそも、現在は朝一の客が少ないホールがほとんどですし・・・ しかも店側は、朝一から簡単に高設定を取られないように工夫をしている状況です。 専業とて、朝一からはなかなか高設定のジャグラーを打てないのが現状なのです。。 一応、参考程度に常連や専業らしき人が朝一にどのジャグラーのシマに行っているのか見ておく、くらいにしておくべきです。 仮に、常連や専業らしき人達が、目の色を変えてある機種に走っていったとしても、「あの機種には何かあるのかな?」程度に思っておけばいいです。 朝一の「ガックン」も参考程度にすべき ジャグラーは設定変更をすると、1回転目に「ガックン」という擬音のような、変なリール動きをする場合があります。 それを「ガックン」と呼び、ジャグラーの設定変更の有無を見破る方法として、昔から専業の間で重要視されてきました。 一昔前のジャグラーのシマでは、それこそ「ガックン」=高設定!というような状況になることもありました。 逆に「ガックンなし」=高設定の据え置き!ということも。。 ですが、 最近では「ガックン」による変更判別の対策をほとんどの店が行っています。 なので、朝一にジャグラーで「ガックン」が確認できて、その台が前日の死亡台だったからといって、喜び勇んで打ち始めるのは危険です。 それは、店側が意図的に低設定を低設定に設定変更した台かもしれないからです。 店側の「変更判別対策」以外にも、最近のホールで「ガックン」が信用できない理由がいくつかあります。 「ガックン」が信用できない理由と、数少ない「ガックン」が信用できるケースは、こちらに詳しくまとめていますので、興味のある方はご覧下さい。 朝一の「リセットモーニング」は狙うべき? 僕は、ジャグラーに「リセット 設定変更 」があっても、当たりやすい状態になるとは思っていません。 ですが、それと同時に「当たりやすい状態」だと信じて打つことも、否定するつもりはありません。 朝一に「0回転」の台をカニ歩きしている人もいるかと思います。 それが有利な立ち回りかどうかは、僕には分かりません。 ただ、 カニ歩きなどの立ち回りをするにしても、確率的に損をしない範囲でやるべきではないでしょうか。 「ジャグラーの朝一状態は当たりやすいのか?」に対する考察や、「朝一のガックンチェックの有効性」「朝一の台選びの基準」「朝一からジャグラーを打つメリットとデメリット」など、 ジャグラーの「朝一」に関しては、こちらのページにあらゆる情報をまとめていますので、よろしければご覧ください。

次の

ジャグラー波を攻略すれば2000枚は簡単に勝てる。

ジャグラー 設定

ジャグラー打ちにとって、設定6を打つことは永遠の夢であり、目的です。 しかし、 そんな希望や夢を たくさん抱いている人はいても、 実際に設定6を打てている人というのは、 ほんの1握りしかいません。 それは、なぜか? これは、 ほとんどの方が、正しい設定6の探し方や見分け方を知らない為です。 ボーナス確率が良い! レギュラー確率が良い! この台、 設定6かもしれないから打ってみた! あなたは、 もしかして、 こんな、打ち方をしていませんか? ボーナス確率だけで設定6をツモれるほど、 ジャグラーは甘くありません。 正直、 ボーナス確率だけで ジャグラーの設定6を見抜くのは不可能です ここでは、 皆が愛してやまない ジャグラー設定6の見分け方を とらお秘伝のノウハウを使って伝授します。 これを知っているだけで、 設定6に座れる可能性が今の10倍アップします。 ぜひ、参考にして下さい。 【目次】• ジャグラーの設定6を見分けるポイントと判断要素 まず、 設定6を見分ける前に、 抑えておきたいポイントがあります。 それは、 設定6とそれ以外の設定との決定的な違いを把握することです。 どこに注目すれば、設定6を見抜けるのか? まず、これを理解しておく必要があります。 おそらく、 このポイントは、 すでに、知っている人もおられると思いますが、 ジャグラーの設定6を見きわめる上で、 もっとも、有効な要素は、 ズバリ、 これです。 「ぶどう確率」 中には、ボーナス確率じゃないの? と思われた人もいるかもしれませんが、 より精度が高いのは 「ぶどう確率」です。 その理由は、 ボーナス確率より、ぶどう確率の方が確率の分母が小さく、同じゲーム数を回した時の 設定推測精度が高いことが挙げられます。 そして、 ぶどう確率をおすすめする もう1つの理由として、 設定6だけ、圧倒的にぶどう確率が優遇されている ということが挙げられます。 各機種の設定6の数値を見て頂けるとわかると思いますが、 設定6だけ、ぶどう確率が突出して優遇されているのがわかります。 09 ほかの設定よりも、機械割を高めるために優遇されている ぶどう確率を見逃す手はありません。 この設定差を大いに利用します。 ジャグラーの設定6を打たずして見分け、炙りだす裏技 ぶどう確率で、設定6を判別するのはわかったけど、 ぶどう確率は打たないとわからないし、 打ってぶどうを数えたとしてもそれが低設定だったら、どうすんだ? と思ったあなた、 安心してください、 実は、 打たなくても、 設定6を見抜く方法が存在します。 それは、 ツールを使って ぶどう確率を逆算する方法です。 以下の4つの要素が分かれば、実際に打ってぶどうをカウントしなくても ぶどう確率を算出することができます。 「総回転数」 「BB回数」 「RB回数」 「差枚数」 これらは、台の上方についているデータカウンターを見れば全てわかる要素です。 差枚数については、台の上についているデータ表示機やホール内にあるデータロボによって、正確な差枚数が出ないものがありますが、 スランプグラフからでもだいたいの差枚数を予想することができます。 差枚数は正確である必要はありません、スランプグラフで予測した、だいたいの差枚数で問題ありません。 それでも十分高い精度で設定6を推測することができます。 (もちろん正確な数値に越したことはありませんが) 例えば、上記のスランプグラフの場合、ひと目盛で1000枚になりますので、だいたい 「3200枚」の差枚数と予想されます。 差枚数はスランプグラフで見たとしても、0枚~100枚くらいの誤差にしかならないので、ブドウ確率の数値にそれほど影響はありません。 だいたいでOKです。 「総回転数」 「BB回数」 「RB回数」 「差枚数」 これらの要素を専用ツールに入力すれば、その台のぶどう確率を算出することができます。 まさに、 打たずしてぶどう確率を教えてくれる夢のようなツールです。 そして、その ぶどう確率を逆算してくれる最強ツールがこちらです。 ジャグラーの設定6をあぶり出す最強ツール「パチマガスロマガ」 このパチマガスロマガには、 「ブドウ推計設定推測ツール」 というツールが搭載されています。 このツールは、 「総回転数」「BB回数」「RB回数」「差枚数」の4つの数値を入力するだけで、推定ぶどう確率を瞬時に算出することができます。 また、 単にぶどう確率を教えてくれるだけではなく、 算出したぶどう確率の設定信頼度も一緒に教えてくれる優れものです。 この 「ブドウ推計設定推測ツール」を使えば、 自分の手を一切汚さずに、設定6を探し出すことができます。 「ブドウ推計設定推測ツール」の使い方 それでは、ブドウ推計設定推測ツールの使い方を説明します。 1:対象機種のブドウ推計設定推測ツールを開く 最初に、対象機種のブドウ推計設定推測ツールを開きます。 2:ぶどう確率を算出したい台のデータを入力する ぶどう確率を算出したい台の「総回転数」「BB回数」「RB回数」「差枚数」の数値を入力します。 入力が終わったら、最後に 【判別開始ボタン】を押します。 3:算出したぶどう確率と設定信頼度を確認する 判別が終わると、下記のような画面になります。 算出したぶどう確率と設定信頼度を確認しましょう。 ぶどう確率は、画面右下に表示されます。 設定信頼度は、設定別にパーセントで表示されます。 パチマガスロマガの料金(ブドウ推計設定推測ツール) パチマガスロマガは有料ツールです。 パチマガスロマガには、設定6をあぶり出すためのブドウ推計設定推測ツールのほかに、 以下の攻略機能がついています。 【パチマガスロマガで出来る事】 1:スロット全機種の設定推測ツール 2:天井丸わかり!ハイエナ攻略ツール 3:パチンコ確変丸わかり!セグ判別ツール 4:最新機種の攻略情報を最速で提供 今打っている台の設定信頼度がすぐにわかる!スロット全機種対応の設定推測ツールのほか、各機種の天井情報・天井期待値が10秒でわかるハイエナ攻略ツール、 そして、パチンコの潜伏確変がひと目でわかるセグ判別ツールなどの便利機能がついてきます。 上記の機能についての詳しい説明は、 の記事で詳しくお伝えをしています。 以上、 ブドウ推計設定推測ツールと 1:スロット全機種の設定推測ツール 2:天井丸わかり!ハイエナ攻略ツール 3:パチンコ確変丸わかり!セグ判別ツール 4:最新機種の攻略情報を最速で提供 の豪華5つの機能がついて たったの 月額料金 324円(税込み) です。 これを高いと思ったあなたは、 残念ながら、勝ち組にはなれません。 なぜなら、 ジャグラーで勝ち続けている9割以上のスロッターの多くがこのツールを使っているからです。 私には、ジャグラーサイトを運営している関係上、 スロットで月10万以上稼いでいる知り合いが100名以上います。 そして、 その中の、 9割のスロッターがこの「パチマガスロマガ」を利用しています。 それは、パチマガスロマガを ぶどう確率を算出するためだけでなく、 全機種の設定推測ツール、天井狙い時に活躍するハイエナツールなど、 全てのツールに利用価値を感じているからです。 たった、月額324円で、 打たずして設定6を炙りだすことができる 打っている機種の設定期待度を瞬時に確認できる 天井情報をネットで探す手間を省き、天井狙いが効率的にできる 実は、こういったツールは、無料で提供しているサイトもありますが、 設定推測値の正確性と、時間効率で考えるとパチマガスロマガとは 質が違います。 設定推測をする上で、 正確な数値を算出できなければ、計算する意味がありません。 それをジャグラーで勝っている上級者やプロもわかっているので、 有料でもパチマガスロマガを利用しているのです。 しかも、 有料といっても、たったの 月額324円です。 正直、 利用するメリットよりも、利用しないデメリットの方が遙かに大きいと思います。 本気で、ジャグラーの設定6を奪取したい人や、 本気で、ジャグラーで勝ちたい人は、 パチマガスロマガを、おすすめします。 勝っている人の真似をすることが、勝ち組になるための最速の手段です。 だからこそ、みんな利用しているのです。 そして、 もう1つ! 設定を探し出すツールとしてお勧めしたいものがあります。 それは、 「データロボサイトセブン」 というツールです。 ジャグラーの設定6を家にいながら探し出せる最強ツール「データロボサイトセブン」 データロボサイトセブンは知っている人も多いと思いますが、 データロボサイトセブンはパチンコ・パチスロファンなら誰もが利用しているパチンコホール内に表示されている大当りデータをスマートフォンから閲覧することができるサイトです。 データ公開ホール数は業界NO1です。 データロボサイトセブンは、ボーナス確率や、ボーナス回数など見て、設定状況や稼働状況を確認するために利用している人が多いのですが、 実は、 設定6を探すためにも非常に重宝するツールであることをご存じでしたでしょうか? 「データサイトセブン」を使って設定6を使っているホールを探す これを知らない人、以外に多いんですが、 データロボサイトセブンでは、 総回転数、BB回数、RB回数のほかに、 実は、 スランプグラフから 「差枚数」も確認することができます。 すごい、ツールだと思いませんか? 「パチマガスロマガ」のブドウ推計設定推測ツールを使えば、 目の前の台が設定6かがわかり、 さらに、 「データロボサイトセブン」を使えば、目の前に台がなくても 全国のホールから設定6をあぶり出すことができる。 ということです。 データロボサイトセブンの利用料金は、 月額324円(税込み) パチマガスロマガと同じ料金で利用できます。 たった月額324円を払うだけで、データロボサイトセブンに登録されている全国のホールデータが家にいながらいつでも確認ができます。 これを、実際に自分の足でホールへ出向き、1台・1台見て回っては大変です。 しかも、試行回数が多くなっている閉店前に確認する必要があるので、実質見て回れるお店の数は、2~3件店舗が限界です。 個人的には、月額5000円でもおかしくないくらいの仕事をしてくれています。 データロボサイトセブンは、設定6を探すだけでなく、高設定を使っているホール探し、つまり使えるホール探しにも非常に重宝します。 データロボサイトセブンで設定が入ってそうなホールを見つけて、仕事終わりや、休みの日にその店に直行すればいいのです。 わざわざ、お店をあっちこっち回る必要はありません。 人よりも、有利に立ち回われる人というのは、 技術うんぬんよりも圧倒的な情報量の違いに現れます。 勝っている人は、ほかの人が知らない情報を知っているから、 人より有利に立ち回ることができるのです。 ライバルに大きく差をつけるデータロボサイトセブンの情報は、大きな価値があると言えます。 近隣のホールが登録していない場合は、実際に足を運んで確認するしかありません。 事前に、トップメニューでマイホールが登録しているか確認することが可能ですので、契約をする前に一度確認をして下さい。 データロボサイトセブンのその他機能の説明は の記事で詳しく説明をしています。 【衝撃!】「ハナビの設定6を自宅で簡単に判別できる」データロボサイトセブン!! ここで、データロボサイトセブンを使った衝撃的な裏技を この記事を読んで頂いたあなたへ特別に紹介します。 あまり口外しないで下さいね。 プロご用達の手法の1つですが、 実は、 ハナビの高設定は、データロボサイトセブンを使えば、簡単にわかります。 すでに、ご承知の方も多いと思いますが、 ハナビには、 ボーナス中のハズレ確率に大きな設定差があります。 つまり、 ボーナス中に、1回でもハズレが出現すれば、 設定5以上の可能性が極めて高くなるということです。 もし、ハズレが2回出れば、高設定確定レベルです。 ハナビのビッグボーナスの最高獲得枚数は、 311枚です。 そして、これが、もし、 ボーナス中に1回のハズレが、出現した場合、 獲得枚数は、 「309枚」 になります。 つまり、ボーナス獲得枚数の履歴を見れば、 ボーナス中にハズレが出現したかどうか すぐにわかるということです。 お店に行って、データカウンターをポチポチすればわかります。 そうやって、ポチポチしてる人、たまに見かけますよね? でも、それって面倒だし、効率が悪いと思いませんか? 月に20万以上稼いでいる人はそんなことはしません。 勝っている人は、 データロボサイトセブンを使って、ハナビの高設定を探し出しています。 データロボサイトセブンでは、登録されている店舗の台の ボーナス獲得枚数を閲覧することができます。 その中から、 各店舗のハナビのボーナス獲得枚数の履歴をチェックします。 それが、以下の画面です。 1番右の欄がボーナス獲得枚数です。 もうわかりますよね? 309枚の履歴がありますよね? はい、 この時点で、 この台、 ほぼ高設定確定です あとは、打ちに行くだけです。 こんな感じで、色々なホールのデータを見ていき、 獲得枚数が309枚の履歴を探していけば、 芋づる式に高設定台を発掘することが出来ます。 つまり、長期的にハナビの高設定を打てる環境に巡り会えるということです。 現在、スロットで負け続けている人にとっては、「ただでさえ、勝てないのに、 月に300円も払うなんてもったいない無駄金だ!」 と思うかもしれませんが、 スロットで勝ち続けている人にとっては、 データロボサイトセブンを使わない人の気持ちが理解できません。 たったの300円で、ジャグラー、ハナビ、他の機種の設定6を 家にいながら、簡単に探し出せるのですから。 「パチマガスロマガ」と「データロボサイトセブン」があれば設定6を簡単に探せる! この2つのを併用して使うことで、 ジャグラー設定6、ハナビの設定6など、 お家にいながら簡単に、高設定を使っているホール探し出すことができます。 「パチマガスロマガ」と「データロボサイトセブン」の2つを合わせても わずか、 月額648円(税込み) たった、 月額648円で 「いつでもジャグラーの設定6を全国のホールから探し出すことができるのです。 」 設定6の期待収支は、1日打って2万~4万 程度あります。 1回打てば、余裕で元がとれます。 また、 わたしは、データロボサイトセブンを使い始めてから、保険店が1つから7つに増えて、お店選びに困ることがなくなりました。 そして、お店選びに時間を取られることもなくなり、高設定台をピンポイントで座れるようになり、収支が2倍以上に伸びました。 たった、月額648円の投資です。 このツールを使うだけで、どれだけメリットが大きいか? もうわかりますよね? あまり、知られていませんが、 ジャグラーで勝ち続けている勝ち組は、 この裏技を使ってジャグラーの設定6を見分けて探し出しています。 そして、 ジャグラーで負け続けている9割のスロッターは、このツールの本当の価値を知りません。 そのため、 闇雲に高設定を探して、結果、大やけどを負ってしまうのです。 あなたも、ジャグラーの設定6を狙うのであれば、 愚かな方法で、設定6を夢見るのではなく、 リスクゼロで、最速で設定6が探せる この裏技を使って設定6が使われているホールを探しましょう。 そのために、 私や、勝ち組の9割が利用している 「パチマガスロマガ」と 「データロボサイトセブン」 を活用しましょう。

次の