日立 ドラム式洗濯機。 【オススメ】買って大正解!ドラム式洗濯機・日立のビッグドラムのメリット【レビュー】|雰囲気可愛く生きるログ〜社畜女子の美容ブログ〜

日立vsパナソニック。ドラム式洗濯乾燥機選び、夏の陣が終結 <買うなら8月>|nanami in the forest

日立 ドラム式洗濯機

洗濯機のメーカー、日立、パナソニック、東芝を徹底比較します 洗濯機の購入を考えている方にとって人気のあるメーカーと言えばやはり パナソニック・日立・東芝が挙げられます。 なかでも縦型にするかドラム式にするか迷われている方も多いと思います。 メーカーによっては独自の最先端技術とアイデアを駆使して水を使った洗浄から温水を使った洗浄方法の違いから独特の乾燥の仕方までその特徴は様々ですのでそれぞれを徹底比較して購入を考えている方にとってどういった機能が最適なのかを紹介します。 日立・パナソニック・東芝の縦型洗濯機の特徴を比較 日立の縦型洗濯機 ナイアガラビート洗浄は洗剤を溶かし高濃度にした洗剤液を衣類に浸み込ませてビートウィングXにて3つの特徴をもたせたパルセーターを使い洗浄力をアップさせています。 「洗剤・汚れ」センサーシステムは本体の操作ボタンにあり,点灯させることにより動作が可能になります。 このセンサーシステムを使うことでご使用になられている洗剤の種類や洗濯物の汚れ方に応じて自動で汚れを落としますので更に洗浄能力がアップしています。 パナソニックの縦型洗濯機 泡洗浄は一か所にまとめられる洗剤トレイがあり左から粉末洗剤,液体洗剤,柔軟剤の順に投入できるようになっています。 このトレイに給水がされその水圧で洗剤が溶かされ,そして高圧の水により泡立てて洗濯槽内の洗濯物に泡の水をふりかける仕組みになっています。 濃度の高い泡により汚れを包み込みその汚れを浮かせてそして洗い落とすといった洗浄方法になっています。 またパルセーター部分には大小のハネを付けてそのハネを使って立体水流を起こし,そしてかくはんして水をかき上げながら上下・内外方向に衣類を動かし洗濯量の多い時でもムラを抑えて洗浄します。 東芝の縦型洗濯機 ウルトラファインバブル洗浄は「業界初! 」といった宣伝文句にもあるように肉眼では普通の水にしか見えないナノサイズの泡が洗剤の洗浄成分の効果を高め繊維の奥の奥まで浸透して汚れを落としやすくしています。 更にウルトラファインバブルの洗剤をS-DDモーターを使いパワフルに循環シャワーで洗濯物に浸透させます。 そして独自のザブーン水流でもみ洗い,押し洗い,ほぐし洗いをしてキレイに洗浄します。 各メーカーの特徴まとめと比較 この3社の洗浄能力を比較しますと 日立とパナソニックは洗剤を高濃度にして洗濯物にふりかけ衣類に浸透させ独自の水流にて洗いあげる様にしています。 東芝については水を更に細かくしてナノレベルの小さな泡で繊維と繊維の隙間にまで入り込み洗浄効果を高めるといった独特の洗い方をしています。 また、下記の記事では縦型の洗濯機のおすすめランキングを紹介しております。 ぜひ合わせてご覧ください。 記事: 日立・パナソニック・東芝のドラム式洗濯機の特徴を比較 日立のドラム式洗濯機 ナイアガラ洗浄は洗剤を溶かした高濃度洗剤液を洗濯物に浸透させナイアガラ循環シャワーで押し洗い,たたき洗い,もみ洗いをしてガンコな汚れをすっきり洗浄します。 洗浄が終わると ナイアガラすすぎにて徹底的にすすぎを行い,最終段階の乾燥は独自の風アイロンでしわを伸ばしアイロンをかけずにそのまま着られるほどに仕上がります。 パナソニックのドラム式洗濯機 泡洗浄Wは泡生成ボックスつまり洗剤ケースにて高水圧で高濃度洗剤液をつくり洗濯物を全方向からジェットシャワーにより一気に振りかけ浸透させてドラム式独特のたたき洗い,もみ洗いそして高速スピンによる押し洗いにより洗浄効果を高めています。 乾燥機能については大風量の ヒートポンプ乾燥方式なので衣類の生地を傷める事を抑えてふんわりと効率的に乾燥させています。 東芝のドラム式洗濯機 ウルトラファインバブル洗浄はナノサイズの泡が繊維の隙間にまで入り込み泡の破裂により汚れを取り出し洗浄するため冬場の冷たい水でも襟元や袖口の汚れをキレイに落としてくれます。 更に 温水ウルトラファインバブル洗浄によりそのバブル効果が上がっています。 また乾燥については 大風量のヒートポンプ方式なので洗濯物に優しくふんわりと仕上げてくれます。 各メーカーの特徴まとめと比較 この3社の洗浄能力を比較しますとほぼ同レベルに近いようですが洗い方の力強さで言えば日立です。 しかし反面, 衣類の生地を大事にしながら洗浄しているのはパナソニックと東芝が一歩前に出ています。 そして 乾燥能力を比較しますと3社ともヒートポンプやヒートリサイクル方式で乾燥具合は同じレベルですが 風アイロン・スチームアイロンコースにてシワを伸ばす部分で日立が進んでいるようです。 また、下記の記事ではドラム式洗濯機のメリット・デメリットを紹介しております。 ぜひ合わせてご覧ください。 記事: 私は日立・パナソニック・東芝どの洗濯機がおすすめ? 日立の洗濯機がおすすめな人 日立の洗濯機をおすすめするとすれば第一に 乾燥機能を重視している方で少しでもシワが少なくアイイロンがけしなくても着られるぐらいに乾燥できる事です。 もう一つは洗いがしっかりしているのでガンコな汚れの洗濯物が多い方にもおすすめです。 パナソニックの洗濯機がおすすめな人 パナソニックの洗濯機がおすすめなのは 洗い,すすぎ,脱水,乾燥までの工程が全て平均点以上であることから平均並みに洗濯をされる方にとっては満足のいく商品です。 特に乾燥機能を使わない方でもまた丁寧に洗いたい方にとっても満足がいく洗濯機です。 東芝の洗濯機がおすすめな人 東芝の洗濯機がおすすめなのは 洗剤の力で洗浄を任せていたような方におすすめです。 日立やパナソニックの洗濯機のような洗剤を高濃度にして強い水流を使いながら洗浄するタイプではなく繊維の間の汚れを小さな泡で弾き飛ばすといった従来にはない洗浄技術がおすすめです。 日立・パナソニック・東芝のおすすめ洗濯機を紹介します 日立のおすすめ洗濯機 ドラム式ではBD-SV110BLと 縦型洗濯機ではBW-DX120Bがおすすめです。 パナソニックNA-VX8800Lの洗剤自動投入,温水つけおきや東芝TW-117V6Lのウルトラファインバブル洗浄については上位機種と同等の性能を持っていますが力強いナイアガラ洗浄,温水による汚れ落としについては他のメーカーよりも非常に短時間で洗浄を可能にして,また乾燥機能として風アイロンによりシワを伸ばした仕上がりが可能になりました。 縦型洗濯機について風アイロンはありませんがドラム式同様汚れ落としについては他のメーカーよりも強力に落としてくれます。 画像はBD-SV110BL、クリックするとAmazonに移動します 画像はBW-DX120B、クリックするとAmazonに移動します パナソニックのおすすめ洗濯機 ドラム式ではNA-VX9800L, 縦型洗濯機ではNA-FW90S5がおすすめです。 ドラム式の中でも日立や東芝より洗い方に気を配りながら泥汚れからオシャレ着までやさしくしっかりと洗浄するようにコースがあり,寒い日などは自動で水を温めて洗浄力をアップさせるなど使う人のサイドに立った性能を持っています。 しかも乾燥機能はNA-VX9800Lだけ後方から大風量を当てシワの低減効果も発揮しています。 縦型のNA-FW-90S5は洗剤自動投入こそ付いていませんがドラム式と同様に洗浄方法が他メーカーよりもしっかりと優しく,また新たにフレグランス機能が付き柔軟剤の香りを持続させています。 画像はNA-VX9800L、クリックするとAmazonに移動します 画像はNA-FW90S5、クリックするとAmazonに移動します 東芝のおすすめ洗濯機 ドラム式ではTW-117V6L, 縦型洗濯機ではAW-10SV6がおすすめです。 基本的な洗浄方法はウルトラファインバブル洗浄で衣類の繊維の中まで浸透する泡の力が他のメーカーよりも優れています。 あと洗濯工程だけですが低振動・低騒音設計でモーターの性能と洗濯時の振動を吸収してくれる独自のクッションが低振動・低騒音を追求しています。 縦型洗濯機には搭載されていませんが最大乾燥容量7kgを大風量でふんわり乾燥してくれるのもうれしい機能です。 画像はTW-117V6L、クリックするとAmazonに移動します 画像はAW-10SV6、クリックするとAmazonに移動します 日立・パナソニック・東芝以外のメーカーはどんなのが? 海外メーカーでは AEG・メイタッグ・ワールプール・ミーレ等々がありどのメーカーもビルトインタイプが多いようですが各メーカーに共通しているのは 日本とは違い温水を使った洗浄が主で汚れ落ちが非常に良いのですが電気代については日本のメーカーが追及しているほどシビアに気を使っていません。 例えばドイツの有名なミーレ社は洗濯物が少ない場合,消費水量と消費電力も少なくなる完全自動タイプの商品をだしているのですが水ではなくお湯ですので電気代はかかってきます。 しかし洗浄はその分良くなりますので仕上がり重視と言えます。 また、その他の海外で有名なメーカーとしてはハイアールの洗濯機があげられます。 下記の記事ではハイアールの洗濯機について詳しく紹介しておりますので、ぜひ合わせてご覧ください。 記事:.

次の

日立製ドラム式洗濯機で臭いが気になる時にまずやるべき2つのこと

日立 ドラム式洗濯機

少ない水で洗える• しっかり乾燥できる• 大容量で洗濯から乾燥まで といったところです。 特に乾燥は得意なので、乾燥まで使うことでドラム式の魅力が発揮できます。 ドラム式洗濯機のいいところ 節水性が高い ドラム式洗濯機は少ない水で洗えるため節水性が高いのですが、なぜ少ない水で洗えるかというと形状の違いによるものなんです。 縦型だとしっかり溜めて洗うのに対し、ドラムは 斜めになった洗濯槽に水を貯めるので少ない水ですみます。 だいたい縦型洗濯機と比べると 6〜7割ほどの水の量で洗濯することができますよ! ただし本体の値段が縦型と比べて高いので、節水効果だけでは元が取れるとは言い切れません。 ドラム式は他にどんないいところがあるのでしょうか。 容量が大きい! 今回ご紹介するドラム式の洗濯容量は11kgと12kgのものです。 洗濯容量だけなら縦型でもこのサイズはあるのですが、違いは何と言っても乾燥容量の大きさ。 縦型の乾燥容量は3〜5kgに対し、 ドラム式の乾燥容量は6kg〜7kgほどになります。 ちょっとしか違わないように見えますが、乾燥するときの乾燥方法などを考えると 縦型より低コストでたくさん乾かせるんです。 省エネの乾燥方法 ドラム式の乾燥方法はヒーター式とヒートポンプ式、ヒートリサイクル式などがあります。 ヒートポンプ式、ヒートリサイクル式は本体の値段は高いものの、 しっかりと衣類を乾かせて省エネ性も良いんです。 計算してみると 洗濯から乾燥までの差が1回あたりおよそ 75円! このようにドラム式は乾燥まで使う場合、縦型と比べて電気代の面でだいぶお得になります。 乾燥を頻繁に使う予定がある方は縦型よりドラム式がおすすめです。 これなら洗濯の時に悩まなくてすむのね! 洗剤自動投入 詰め替え用の洗剤を入れておけば、自動で洗剤の量を計って投入してくれます。 自動投入はパナソニックがいち早く搭載した機能で、子育て中や共働きの忙しい世帯にぜひオススメしたい機能です。 タンク内の残りが減ったらお知らせしてくれて、1〜2回分残っているところに詰め替え用を追加で1本入れることが可能です。 タンクはハンドル付きで取り出しやすく、自立するため補充もしやすいのが嬉しい。 ナイアガラ洗浄 洗浄力が高い!と評判ですが、その秘密はナイアガラ洗浄にあります。 ナイアガラのように大量のお水を衣類にかけながら洗浄するのですが、水を大量に使うわけではなく循環させて使います。 お水をたくさんかけて洗うことで、まるで縦型洗濯機のようにたくさんの水で洗っているような状態にしてくれるんです。 温水ナイアガラ洗浄 汚れは冷たい水で洗うより少し温かい水で洗う方が汚れ落ちが良いです。 温水洗浄の効果は• 黄ばみの除去• 部屋干し臭の抑制• 落ちにくい汚れを落とす などが挙げられます。 お風呂の残り湯を使ったりするのはエコもありますが、汚れを落とすのにも一役買っているんですね! ただ毎回風呂水ポンプ出すのもなぁ…という方のためにボタン一つで温水で洗うという機能が便利ですよ〜。 ナイアガラすすぎ たくさんのお水で徹底的にすすぐことができます。 きちんと洗濯しても衣類に洗剤が残っていることがあるのですが、洗剤が残っていると敏感な人は肌が荒れたり衣類が黒ずんだりすることがあります。 ナイアガラすすぎはたくさんのお水でしっかりと洗い流すので安心です。 乾燥の特徴 ヒートリサイクル乾燥 日立の乾燥方法はヒートリサイクル乾燥といい、ヒートポンプと名前が似ていますが違う乾燥方法です。 ヒートリサイクル乾燥とは 運転時に発生した熱を乾燥に再利用する方法。 大きく分けるとヒーター乾燥なのですが熱を再利用することで、ヒートポンプと同じくらいの省エネ性能を誇っています。 風アイロン 日立といえば風アイロン。 CMでもよく聞きますね! ドラムで乾燥させるとシワシワになったりすることもあるのですが、風アイロンは乾燥させるときに 強 い風を吹きかけてシワを伸ばしてくれます。 少なめの量なら効き目は抜群で、アイロンをかけずに着れるほどの仕上がりです。 その他のおすすめポイント 洗濯槽の自動お掃除 「洗濯槽を自動でお掃除する」という機能、今ではどのメーカーもやっていますが、それをいち早く取り入れたのが日立です。 すすぎの後に 新しい水で裏側まで綺麗に流してくれます。 自動お掃除を最初に設定しておけば、あとは勝手にお掃除してくれるので便利ですよね! お手入れが楽 洗濯機を使っていると糸くずフィルターや乾燥フィルターにゴミが溜まるので、ゴミを捨てたり綺麗にする必要があります。 このフィルターのお手入れが意外と面倒何ですよね…(私だけ?) 参考までに管理人が現在使っているドラムだと、糸くずフィルターと乾燥フィルターはこのような形。 一般的な形網状のものと袋状のものなのですが、実際使ってみてわかりましたが結構ゴミ捨てづらいです…。 日立のフィルターは ゴミが取り出しやすい形状になっています。 糸くずフィルターは振るだけ、乾燥フィルターも引っ張るだけでホコリが剥がれ落ちる形状です! 日立 BD-SX110Cはこんな人におすすめ• ハンドソープやボディソープも最近は泡で出るものが多くなっていますが、泡の状態だと汚れへの効き目が全然違うからなんです。 洗剤ケースに水を流し込み一気に泡だてて洗濯槽に注ぐので、最初から衣類全体に泡を浸透させることができます。 温水泡洗浄W 先ほどの泡洗浄をさらに強力にした温水泡洗浄。 温めることで洗浄力がUPするので、汚れ・匂い・黄ばみに効果が期待できます。 パナソニックは 多彩な洗浄コースがあるので、いろんな目的や衣類に合わせて洗いわけできます。 コースは全部で5つに分かれていて、除菌をしたり黄ばみを抑えたりと色々選べちゃいます。 乾燥の特徴 ヒートポンプ式乾燥 洗濯機の乾燥方法はヒーター式とヒートポンプ式に分かれています。 ヒートポンプ式の特徴は• 除湿機で乾かすような方法• 衣類の傷み・縮みが少ない• 電気代が安い などの特徴があります。 乾燥させるスピードも早く、 洗濯から乾燥まで98分で終わらせることもできます。 その他のおすすめポイント 液体洗剤・柔軟剤の自動投入 洗剤と柔軟剤を入れておけば自動で投入してくれる機能がつきました。 忙しい人には嬉しい機能ですね! タンク容量は 液体洗剤:870ml 柔軟剤:580ml となっています。 肉眼で見ても透明な水にしか見えないこの小さい泡が、繊維の隙間に浸透して汚れを落としやすくします。 温水ウルトラファインバブル洗浄 洗浄力の高い温水洗浄です。 温風で水と衣類を温めて、汚れをスッキリ落とします。 パナソニックと同様に多彩な洗浄コースがあるので、抗菌・おしゃれ着洗いなどこだわって洗いたい方におすすめです。 乾燥の特徴 ふんわリッチ乾燥 東芝の乾燥方法はパナソニックと同じくヒートポンプ式です。 乾燥容量は業界最大の7kg!まとめて洗濯から乾燥まで出来ちゃいます。 日立の風アイロンのように大風量でシワを伸ばす機能もあり、少量であればアイロンがけしなくてもきれいに乾かせます。 乾燥フィルター・ダクトのお手入れ 乾燥後はフィルターにゴミがたまるので、それを捨てる必要があります。 これが意外と面倒。 日立と同様に東芝もワンプッシュでゴミを捨てることができます。 乾燥ダクト自動お手入れ なんかちょっと乾きが悪い…。 それって実は乾燥ダクトに糸くずが溜まっているかもしれません。 東芝はこの乾燥ダクトの糸くずを勝手に洗い流してくれます。 その他のおすすめポイント 低振動・低騒音設計 東芝は音が静かな「アクティブS-DDモーター」と揺れを抑える「振動吸収クッション」が搭載されています。 振動吸収クッションは運転状況に合わせてバネの硬さを調整して振動を抑えます。 振動吸収クッションのいいところ 時間ぴったりに洗濯が終わる 脱水時に衣類が片寄り振動が大きくなると、洗濯機が脱水をやり直すことがあるのですが、東芝は揺れをを抑えるので時間ぴったりに終わります。 1枚洗いができる ドラム式って1枚で洗うと片寄りによるエラーが起きちゃうんですよね。 振動吸収クッションは片寄りによるエラーを防ぐので1枚でも洗えます! 音が静かだと早朝や深夜でも気兼ねなくお洗濯できるので、集合住宅の方は特に便利に感じると思います。 スマートタッチパネル 最近流行りのタッチパネル。 クリアガラスでさっと拭けるのがいいですね! ただこのタッチパネル、人によっては使いにくいと感じるかもしれないのでお店で実際に触ってみたほうが良さそうです。 東芝 TW-127X7Lはこんな人におすすめ• 時間ぴったりに終わらせたい• 音が静かなものがいい• 深夜・早朝に洗濯をする こういった方には東芝がおすすめです。 音に関しては最近はどのメーカーも静かではありますが、振動吸収クッションを搭載することでそれ以外のドラム式のデメリットを解消しています。 低振動・低騒音は集合住宅の方や夜中のうちに洗濯をしたい方におすすめの内容になっています。 ドラム式洗濯機 まとめ 日立・パナソニック・東芝のドラム式洗濯機を紹介しました。 長くなってしまったので、もう一度簡単におさらいをしましょう! 洗浄力 こちらは3メーカーともしっかりと洗ってくれるので、どのメーカーでも安心です! 温水洗浄 どのメーカーも付いていますがシンプルなのが日立、コースがたくさんあるのがパナソニックと東芝です。 乾燥 パナソニック:洗濯〜乾燥まで1番はやい 日立:風アイロンでふんわりキレイに仕上げる 東芝:乾燥が最大容量! お手入れ簡単 乾燥フィルターと糸くずフィルターのお手入れ。 こちらは日立と東芝が特に簡単そうです。

次の

日立洗濯機ビッグドラムが乾燥時に臭い!原因と対策はこれ!

日立 ドラム式洗濯機

こんにちは、イエローハットです。 我が家では、エマールを使ったりするドライマークの着いた服や乾燥機を使えない服などを先に洗濯して、お風呂場のカワック(浴室乾燥機)で干しています。 うちの嫁様は、とっても鼻が利くほうなので、もう怒り心頭です。 この問題をなんとかせなアカンので調べてみました。 もくじ• 価格コムで洗濯機・日立ビッグドラムBD-SV110Aの悪臭やニオイを口コミでをチェックからスタート 今回買ったうちのドラム式洗濯機は、 日立のビッグドラムBD-SV110A。 年末に赤ん坊が生まれるから、家族が増えれば洗濯物も増える!ってことで、洗濯11キロ、乾燥6キロのなかなか大容量系の洗濯機に買い替えたんよ。 やっぱ、家電製品なんかの不具合やレビューやったら、ぎょーさん書いてるのは価格コムの掲示板やからね。 ってことで、価格コムの検索窓に「日立ビッグドラムBD-SV110A」と入力して調べてみると、こんな書き込みが・・・ このカキコのリンク先はbbs. 色々読んでみたけど、うちと同じように乾燥機で乾かした衣類やタオルが臭いという相談がばっかり。 さすがは価格コムだけあって、日立のビッグドラムシリーズに関する「臭い」や「下水臭」、「悪臭」なんかの相談に対しての回答やアドバイスがけっこう載ってる。 よし、原因を学んで対策を考えるでー 日立ビッグドラムBD-SV110Aの乾燥後の臭い(下水臭)の原因は? もう、日立の洗濯機は買わないな。 まず、「下水臭」で検索した時の口コミのまとめを読んでいって驚いたことが2点ある。 日立は、乾燥時の湿った空気を排水トラップへ捨てる空冷仕組みになっており 排水トラップの何かしらの原因で下水臭が戻ってきてしまうようです。 普通は、乾燥終了後に一定の水を流し込み封水し臭いがあがりません。 家の排水管は下水管と繋がってるから、管の口が開いたまま=空気が通る状態やと、下水の臭いや管の中の雑菌や汚物の臭いがモロに上がってきて臭い。 たまに、長期で家を空けて帰ってくると、キッチンのシンクや風呂の排水溝が臭いときあるやろ?あんな感じや。 で、そのニオイを解消するために使うのが 「排水トラップ」。 ようは、 排水管の空気の流れを、「水でフタをする」役目をしてくれる部品みたいなもん。 けど、長いこと家を離れたりして、風呂場やキッチンで水を全く使わないのでいると、排水トラップの内の水が干上がってしまうワケ。 ビッグドラムの排水トラップに水が無くなる原因は? で、価格コムの掲示板にあった日立ビッグドラムシリーズが臭う原因の話に戻るけど、 ふつう毎日洗濯機を使っていれば、洗う時の排水が流れるワケやから排水トラップの水が干上がることなんてないねん。 ただ、日立のビッグドラムシリーズの乾燥方式は、乾燥時の(湿った空気を逃がす)排熱を排水管にしているというところ。 排水管に向けて熱い空気を送り続けているから、当然、排水トラップの水が乾いてしまうのだ。 日立ビッグドラム(BD-SV110A)の乾燥機を使った時に衣類が臭う仕組み ざっと、「なんで乾燥した後の洗濯物が臭いのか?」をまとめてみる。 家事を時短したい、少しでも負担をなくしたいから寝ている間に乾燥機を使ってんのに、時間をおけばおくほど臭くなるって!www まぁ、もう2度と日立の洗濯機を買わないにしても、15万も20万も出して買ったもんをスグに買い替えるわけにもいかんから、対策を考えてみたわ。 SV110A(日立ビッグドラムシリーズ)の臭い対策 この日立ビッグドラムという洗濯機の乾燥機を使ったあとの衣類の臭いを対策する方法を調べていると、こんなものを見つけた。 の臭い逃がしのシステム 排水管に別の管を繋いで、 その管を延長していって、 直接、換気扇に突っ込む! Oh! YEAH!!!!!!!!!!!!!!! って、これで臭いが収まるかもしれんけど、これを自前でやらなアカンの? 手間はかかるわ、金もかかるわ、見栄えも悪いわでやる気起こらんじゃん。 で、さらに調べていくと、 空冷除湿を水冷除湿に切り替えで「臭い」をなくす! 日立ビッグドラムの乾燥方式はデフォルト(標準)では、空冷除湿やと。 その空冷除湿を水冷除湿に切り替える方法があるらしい。 そもそも、空冷と水冷の違いとか、なんで臭いをなくすのに関係あんの?ってことだと思うので解説します。 (てか、マジこの記事長くてしんどいわw) 1.水冷式 ・埃が減る 除湿の水にキャッチされ排水として捨てられる。 ・乾燥に水を消費する。 ・排水ホースに湿気を捨てる必要が無い。 2.空冷式のメリット ・乾燥で水を使わない。 ・実際には、湿気を除湿せず排水ホースから捨ててしまうので電気代が安い。 空冷式はヒーター式とも言うんやけど、これは水を使わない=節水・省エネってことで、今は主流のひとつになっているだよね。 でも、日立のヒーター式は前にも行った様に、熱い湿気を排水ホースから捨ててしまので、排水トラップがどんどん乾燥していってしまい、それが臭いの原因となる。 水冷式(水冷除湿)だと、乾燥機を使用中にも水が使われて、排水もされる。 よし!これで解決やで! ネットで、「日立 洗濯機 ビッグドラム 乾燥機 水冷 空冷 切り替え 方法」(メチャ長いw)で調べたけど、なかなか出てこないから、取扱い説明書を順番に見ていくと・・・ あった! ありましたー! トリセツを見にくい人は下記を読んでください。 はじめまして。 私も日立のビッグドラムを使っていましたが、洗濯物だけではなく洗面所一帯に漂う下水の臭いに悩まされ、メーカーの人を数回呼んで苦情を言っても結局解決しませんでした。 そのほかにも排水できなくなったり、排水溝が詰まったり、他の不具合も重なったので、ついに諦めて買い換えました。 私の推測ですが、排水溝に廃棄するという方式自体に無理があるのではないかと思います。 と言うのは、排水溝って他の部分 洗面所やお風呂 と管でつながっているわけで、仮に洗濯機の排水口に水がたまっていてそこから臭いが上がって来なくても、排水管の臭いが他の排水口から上がってきていたのではないかと思います。 洗濯機を変えてからはまったくそのような臭いはしなくなり快適です。 欠陥商品だと思いますが、メーカーと交渉するのに疲れたので諦めて捨てました。

次の