ウクライナ 飛行機。 ウクライナ機墜落は「イランのミサイルによるもの」 西側諸国が主張

イラン

ウクライナ 飛行機

Please choose a different destination from origin. Please adjust the number of travellers for your search. Please provide the ages of children below. Tell us where you're flying from. Tell us where you're flying to. Please complete the highlighted origin field below. Please complete the highlighted destination field below. Please complete the highlighted departing date field s below. The departing dates must occur after the previous departing date. Please correct the departing date s. Each infant in lap must be accompanied by a traveler age 12 or older. Your partial check-in and check-out dates must fall within your arrival and departure dates. Please review your dates. The drop-off date and time must occur at least two hours after the pick-up date and time. Make sure your pick-up time is 2 hours after the current time. Please provide the driver's age below. Please select origin from the options provided. Please select destination from the options provided. The number of railcards cannot exceed the number of travellers Please provide a rails card type. The returning date and time must occur after departure date and time. Please provide the ages of youth below. Please provide the ages of seniors below. Some of your BahnCards cannot be used together. Please visit our to learn more about what policies are available for your flight to Ukraine. non-refundable. Prices can vary, but right now we believe that flexibility matters. Be sure to read the terms and conditions of your ticket before making any purchases.

次の

『ウクライナ、キエフ(主に注意すべきことや移動手段など)』キエフ(ウクライナ)の旅行記・ブログ by jackroseさん【フォートラベル】

ウクライナ 飛行機

PS752便を撃墜されたウクライナ国際航空のウェブサイト ウクライナ航空によると、PS752便は8日午前6時10分にテヘランのイマーム・ホメイニ国際空港を出発。 乗客167人と乗員9人(機長2人、副操縦士1人、客室乗務員6人)が乗っており、離陸から数分後に高度2400メートル(7925フィート)まで上昇して、レーダーから姿を消したという。 また、撃墜前に警告もなされなかったとしている。 撃墜された737-800は2016年に製造後、ボーイングからウクライナ航空へ直接引き渡され、最後の定期点検は6日に実施されたばかりだった。 イランのハッサン・ロウハニ大統領は、「軍の内部調査で、残念ながら人為的ミスのために発射されたミサイルが、ウクライナ機の恐ろしい墜落と176人の罪のない人々の死を引き起こしたと結論付けた。 この大きな悲劇と許されない過ちを特定し、訴追する」とツイートしている。 ウクライナ航空は11日、誤射による墜落と判明したことに対し、「当初からパイロットの操縦ミスや技術的な問題が墜落原因ではないと確信しており、外部要因であると信じていた」との声明を発表した。 また、Facebookでも「私たちの乗務員と飛行機が、この悲劇的な事故の原因にはなり得ないと疑わなかった。 この信念をわれわれと分かち合ってくれた人々に感謝する」と、乗務員たちの潔白を信じた人たちに謝意を示した。 関連リンク.

次の

ウクライナ機墜落は「イランのミサイルによるもの」 西側諸国が主張

ウクライナ 飛行機

Image caption テヘラン撮影の別の動画は、爆発音の後に光る物体が地面に落下し燃え上がる様子を捉えていた ウクライナ航空機は8日午前6時12分(日本時間午前11時42分)、テヘランのイマーム・ホメイニ空港からウクライナの首都キーウ(キエフ)に向かって出発した直後に墜落した。 多数のイラン人やカナダ人、ウクライナ人、スウェーデン人、アフガニスタン人、ドイツ人、イギリス人が犠牲になった。 15人が子どもだったという。 が入手した動画には、テヘラン上空の夜空をミサイルが横切り、飛行機と接触して爆発する様子と思われる映像が映っていた。 接触から約10秒後に大きな爆音が地上からも聞こえ、燃える機体はしばらく飛び続けた。 イランは当初、テヘランの国際空港を離陸した直後のウクライナ航空機が墜落したのは、自軍のミサイルが原因だという西側諸国の主張を退けていた。 イラン旅客機墜落、現場の様子 しかし、西側各国の情報機関が、イラン関与の疑いを相次ぎ指摘。 57人の犠牲者が出たカナダのジャスティン・トルドー首相は9日に記者会見し、イランが発射した地対空ミサイルが原因との見解を示した。 イギリスのボリス・ジョンソン首相も「具体的な情報」があると同調し、徹底的な調査が必要だと述べていた。 <関連記事>• 9日には、シャベル機が墜落現場の残骸を取り除くテレビ映像が放送されたため、事故原因の重要な証拠が撤去されたのではと懸念が高まった。 イランは完全な事故原因調査を約束し、ウクライナやカナダ、アメリカの航空当局の参加を要請した。 10日にはカナダのフランソワ=フィリップ・シャンパーニュ外相がイランに、「世界が注目している」と警告し、乗客乗員の遺族は「真実を求めている」と強調していた。 これほどの悲劇的な間違いについて責任を認めるのはきわめて異例なことだが、イランがいま直面する危機もきわめて異例だ。 イランは西側との新たな舌戦を防ぐため、そして相次ぐ悲劇に見舞われる自国民の怒りや悲しみの増大を防ぐため、この大惨事の責任を認めることにした。 イラン政府が事態の沈静化を図ったのは間違いない。 国内での反響や影響がどうなるかは、間もなく明らかになるかもしれない。 イランの外相はすでに、「アメリカの冒険主義が引き起こした危機」が原因だと、責任の一端をアメリカに着せようとしている。 しかし、いったい誰があの時に、民間旅客機のテヘラン出発を許可したのだろう。 それが何より疑問だ。 イラン領空があれほどの非常事態にあった、あの時に。 (英語記事 ).

次の