たけのこ 苦い。 たけのこのえぐみ成分とは?その取り方は?

たけのこ水煮は腐るとにおいでわかる?見分け方と日持ちする保存方法

たけのこ 苦い

スポンサーリンク たけのこの水煮の白い粉の塊の正体は? たけのこの水煮を切ってみると、中の空洞部分に白い粉が固まったような粒が詰まっています。 何だか気持ち悪いですよね。 もしやカビの一種ではなかろうかと不安にもなりますよね。 このたけのこの白いヤツなんですが、ほとんどのたけのこに存在します。 この物質は果たして何なのか? 食べても平気な物なのか? まずはその辺について確認してみましょう。 たけのこの白い粉は一体何? たけのこの水煮の中に付いている白い塊の正体は、 アミノ酸の一種のチロシンという物質です。 チロシンは旨味の元になっている物質の一つです。 食べても害はありません。 実は生のたけのこには白い粉の粒はできません。 なぜかというと、たけのこを茹でる過程で発生するものだからです。 たけのこを茹でて加熱する事で、たけのこからチロシンが溶けだしてきます。 それが冷めてくるとチロシンが結晶になって固まってくるからです。 このチロシン、アミノ酸なので食べても全然大丈夫なものです。 それどころかこの物質には体にうれしい効果があります。 チロシンには老化防止や脳や神経の働きを活発にして、記憶力や集中力を高める効果があると言われています。 また、高コレステロールを改善させる働きもあるそうです。 ちなみにチロシンが多いと旨味の強いグルタミン酸などのアミノ酸も増えますので、おいしいたけのこの目印にもなります。 水煮のたけのこの白い物は無害で特に味もありませんが、プラスの効果が期待できる物ですのできれいに取り除かなくても大丈夫ですよ。 たけのこの白い粉の塊の取り方 体にいい効果があるタケノコの中の白いやつですが、何となくやっぱり取りたい気持ちにもなります。 ところがこのチロシンの白いカスはたけのこの中の空洞を埋めるように詰まっていますので、なかなか上手く取れません。 大きな塊になっていると食べた時にジャリっとした食感があったり、ショリショリした舌触りになったり、そのまま煮物にすると煮汁が濁ったりしますので、それが嫌な方もいますよね。 このたけのこの中にある白い粉の粒は、大きな穴に入っている物なら指でかき出せます。 細かい所は竹串や綿棒で一か所ずつ取るのもいいでしょう。 ですが! こんな事しているとすごく時間がかかりますので、できるだけ手っ取り早く白い粉を取りたいですよね。 そこで、白い粉を取る簡単な方法として、茹でる事をおすすめします。 水煮のたけのこはその名の通りすでに茹でてあるものですが、 そのたけのこを切って5分位茹でるのです。 茹でる事でチロシンの結晶が溶けてお湯の中に落ちます。 完璧にきれいにならない事もありますが、指や竹串で取るよりも簡単にできますし、茹でる事でたけのこに味がしみ込みやすくなりますのでおすすめです。 スポンサーリンク たけのこの水煮の酸っぱい匂いを取るには 白い粉の他、スーパーで買ってきたたけのこの水煮を開封したら酸っぱい匂いがする事もあります。 味もほんのり酸味があったりしますよね。 賞味期限はまだ先なので傷んでいる訳ではないはずなのに、この風味は一体何? 白いやつと併せて気になるものです。 実は、このたけのこの水煮の酸味は保存の為の物です。 たけのこの水煮には酢やpH調整剤(クエン酸)などの酸味料が使われているのです。 これも無害なもので、酸っぱい匂いは傷んでいる訳ではありませんので安心して食べてくださいね。 たけのこの水煮の酸味を取るには 保存の為とはいえ、料理に酸っぱい匂いや味がするのは困りますよね。 この酸っぱさを抜く方法は2つあります。 一つはたけのこを水にさらしておく事です。 ボウルにたけのこを入れ、水に浸しながら流水にさらしておく方法です。 それよりもおすすめなのが白い粉を取るのと同様にゆでる事です。 鍋にお湯を沸かし、沸騰したら切ったタケノコを入れ、10分程茹でます。 茹でたらすぐにザルにあげて、流水で冷ましましょう。 水煮なのに10分も茹でていいの?と思いますが、ニオイも取れる上に歯ごたえもよくなります。 たけのこの水煮を料理に使う時の下処理としておすすめですよ! もし、こういった下処理をしないで水煮のたけのこを使いたい、または茹でても酸味が取り切れないという場合は、酸味のある料理や味の濃い料理に使う事をおすすめします。 例えば中華炒めや八宝菜、チンジャオロース、酢豚やサンラータンなどはいかがでしょうか? メンマを作るのもいいですね。 思いつくのがみんな中華ですが、酸味を生かしたり濃い味でごまかすといいですよ。 最後に 水煮のたけのこの白いやつも酸味も取り除いて使いたいのであれば、たけのこを切ってから10分位茹でるのがいいですね。 茹でると白い物体チロシンも酸っぱさも取れ、食感も良くなります。 さらに味もしみ込みやすくなるので、下処理として茹でるのは一石三鳥ですね! 白いチロシンも酸味も害がない物です。 特に取る必要はないものですが、気になるなら茹でて下処理して使って下さいね。

次の

たけのこは腐るとどうなる?見分け方や日持ちする期間を調査!

たけのこ 苦い

スポンサーリンク たけのこの水煮の白い粉の塊の正体は? たけのこの水煮を切ってみると、中の空洞部分に白い粉が固まったような粒が詰まっています。 何だか気持ち悪いですよね。 もしやカビの一種ではなかろうかと不安にもなりますよね。 このたけのこの白いヤツなんですが、ほとんどのたけのこに存在します。 この物質は果たして何なのか? 食べても平気な物なのか? まずはその辺について確認してみましょう。 たけのこの白い粉は一体何? たけのこの水煮の中に付いている白い塊の正体は、 アミノ酸の一種のチロシンという物質です。 チロシンは旨味の元になっている物質の一つです。 食べても害はありません。 実は生のたけのこには白い粉の粒はできません。 なぜかというと、たけのこを茹でる過程で発生するものだからです。 たけのこを茹でて加熱する事で、たけのこからチロシンが溶けだしてきます。 それが冷めてくるとチロシンが結晶になって固まってくるからです。 このチロシン、アミノ酸なので食べても全然大丈夫なものです。 それどころかこの物質には体にうれしい効果があります。 チロシンには老化防止や脳や神経の働きを活発にして、記憶力や集中力を高める効果があると言われています。 また、高コレステロールを改善させる働きもあるそうです。 ちなみにチロシンが多いと旨味の強いグルタミン酸などのアミノ酸も増えますので、おいしいたけのこの目印にもなります。 水煮のたけのこの白い物は無害で特に味もありませんが、プラスの効果が期待できる物ですのできれいに取り除かなくても大丈夫ですよ。 たけのこの白い粉の塊の取り方 体にいい効果があるタケノコの中の白いやつですが、何となくやっぱり取りたい気持ちにもなります。 ところがこのチロシンの白いカスはたけのこの中の空洞を埋めるように詰まっていますので、なかなか上手く取れません。 大きな塊になっていると食べた時にジャリっとした食感があったり、ショリショリした舌触りになったり、そのまま煮物にすると煮汁が濁ったりしますので、それが嫌な方もいますよね。 このたけのこの中にある白い粉の粒は、大きな穴に入っている物なら指でかき出せます。 細かい所は竹串や綿棒で一か所ずつ取るのもいいでしょう。 ですが! こんな事しているとすごく時間がかかりますので、できるだけ手っ取り早く白い粉を取りたいですよね。 そこで、白い粉を取る簡単な方法として、茹でる事をおすすめします。 水煮のたけのこはその名の通りすでに茹でてあるものですが、 そのたけのこを切って5分位茹でるのです。 茹でる事でチロシンの結晶が溶けてお湯の中に落ちます。 完璧にきれいにならない事もありますが、指や竹串で取るよりも簡単にできますし、茹でる事でたけのこに味がしみ込みやすくなりますのでおすすめです。 スポンサーリンク たけのこの水煮の酸っぱい匂いを取るには 白い粉の他、スーパーで買ってきたたけのこの水煮を開封したら酸っぱい匂いがする事もあります。 味もほんのり酸味があったりしますよね。 賞味期限はまだ先なので傷んでいる訳ではないはずなのに、この風味は一体何? 白いやつと併せて気になるものです。 実は、このたけのこの水煮の酸味は保存の為の物です。 たけのこの水煮には酢やpH調整剤(クエン酸)などの酸味料が使われているのです。 これも無害なもので、酸っぱい匂いは傷んでいる訳ではありませんので安心して食べてくださいね。 たけのこの水煮の酸味を取るには 保存の為とはいえ、料理に酸っぱい匂いや味がするのは困りますよね。 この酸っぱさを抜く方法は2つあります。 一つはたけのこを水にさらしておく事です。 ボウルにたけのこを入れ、水に浸しながら流水にさらしておく方法です。 それよりもおすすめなのが白い粉を取るのと同様にゆでる事です。 鍋にお湯を沸かし、沸騰したら切ったタケノコを入れ、10分程茹でます。 茹でたらすぐにザルにあげて、流水で冷ましましょう。 水煮なのに10分も茹でていいの?と思いますが、ニオイも取れる上に歯ごたえもよくなります。 たけのこの水煮を料理に使う時の下処理としておすすめですよ! もし、こういった下処理をしないで水煮のたけのこを使いたい、または茹でても酸味が取り切れないという場合は、酸味のある料理や味の濃い料理に使う事をおすすめします。 例えば中華炒めや八宝菜、チンジャオロース、酢豚やサンラータンなどはいかがでしょうか? メンマを作るのもいいですね。 思いつくのがみんな中華ですが、酸味を生かしたり濃い味でごまかすといいですよ。 最後に 水煮のたけのこの白いやつも酸味も取り除いて使いたいのであれば、たけのこを切ってから10分位茹でるのがいいですね。 茹でると白い物体チロシンも酸っぱさも取れ、食感も良くなります。 さらに味もしみ込みやすくなるので、下処理として茹でるのは一石三鳥ですね! 白いチロシンも酸味も害がない物です。 特に取る必要はないものですが、気になるなら茹でて下処理して使って下さいね。

次の

たけのこのあく抜きに失敗!えぐみの取り方とどうしてもえぐい場合の食べ方をご提案

たけのこ 苦い

補足拝見しまして、ご家族の方は何ともないとの事ですよね? あくが残っているのもありましょうが、 アレルギーかもしれませんね。。。 これらアレルギー特定原材料等25品目内にたけのこは含まれておりません。。 しかし、下記URLに ・・・ヒスタミンやコリンを多く含むたけのこや鮮度の落ちた魚介類や食品添加物をできるだけとらないようし、香辛料などの刺激物も避けるようにします。 ・・・ とあります。 ノドが腫れてしびれる位ですから、避けてください。 あぶないですよー アレルギーと関係ないかもしれませんが ワタシは スパゲティやもち米を食べると眠くなります。 何故でしょう。。 ワタシは検査の結果、食物アレルギーは幸い有りませんでした いま、生後4ヶ月の娘を母乳で育ててますが 卵白アレルギーの疑いがあり、母ただいま卵除去食生活です。 コンビニのたけのこものは缶詰等使っているからでしょうか? ちょっとそのあたりは分かりませんが。。 いずれにせよ、気になるのであればお医者様に相談なさってみてはいかがでしょうか? 参考URL: ありますよね~、あのしびれるような「えぐみ」。 以前NHKのガッテンでやってましたが、あのエグミは竹の子が日に当たる事で、栄養分が成長する為の成分に変化するのだそうです。 ですから、日に当たる前の土に埋まっているものがエグミがなくておいしいそうです。 また掘ったあとでも日に当たるとその成分ができてしまうので、朝掘ってきたものを家ですぐ煮る事で変化するのを止めるのだそうです。 つまり米ぬかで煮るのは、アク止めでアク抜きではないです。 一度エグミができてしまったものは、アク抜きしてもエグミはなくならないです。 と言っても、お店の段階でエグミが出来てたらお手上げですよね。 ですから今回はアク抜きが悪かったわけではなく、すでにエグミが出来ていた竹の子だったんですね。 ためしてガッテン:たけのこ!本物の味宣言 A ベストアンサー 筍、大好きです。 皆様、アレルギーを心配しておられますが、ご質問者様の状態ですと、灰汁では無いでしょうか??? もちろん、アレルギーの検査もされた方が安心では有りますが。 スーパーなどの筍は、日にちが経っており、灰汁が強くなってます。 真っ白い米の研ぎ汁か又は米ヌカを沢山入れてしっかり茹でこぼしをすれば、無くなると思いますが?? どうしても、灰汁が抜け切れない場合は、皮の付いたまま、縦に半分に割り、生米を洗わずに1つかみ(0. 5合~1合)くらい入れて茹でてください、そしてすぐに、水洗いすれば灰汁は取れます。 私も、灰汁抜きがちゃんと出来なかった頃は、同じ様な感じでした。 (えぐみです) それでも解消しない様なら、アレルギーの可能性があります。 また、同じものを他の方(ご家族&友達)などにも食べて頂き、えぐみを感じるかどうか??聞かれると解かります。 同じなら、アレルギーではありません。 Q 昨日、初めて生のタケノコを買ってきて、自分でアク抜きしてみました。 米糠といっしょに2時間以上もゆがいたのですが、食べてみるとピリピリと辛味があります。 それでも美味しいことは美味しいので、結構な量を食べたのですが、具合が悪くなりました。 動悸がするというか、めまいがするというか・・・ 以前、生の玉ねぎを食べた時、それがものすごく辛かったのですが、激しい動機とめまいと息切れで死にそうになったことがありました。 その時の感じに似ています。 普段は生の玉ねぎも、生タケノコを母が湯がいたものを食べても、このような症状が出ることはありませんでした。 今日になって、昨日のゆでタケノコを炊き込みご飯にしましたが、やはり辛味はありますし、美味しいことは美味しいのですが、かすかに動悸がするような気がします。 生玉ねぎには中毒症状があるといいますが、タケノコもそうなのでしょうか。 タケノコご飯はたくさん残ってますが、食べない方がいいでしょうか・・・・ どなたかアドバイスをお願いします。 スーパーマーケットなどで買ったんですよね?朝堀りと名前がついていても、時間がずいぶん経っていたりしますよね。 ということで、えぐみのある筍は元々に問題があるのでは。 私もyokorinさんと同じようにして下処理しますが、えぐい筍はこういうものだとあきらめてしまいます。 実はえぐい筍はバターで仕上げると、えぐみが独得の風味に変っておいしくなるんです。 えぐみの強い筍を薄くスライスして、塩、胡椒を振り、小麦粉を付けて、バターで焼きます。 筍のムニエルですね。 これ、ほんとおいしいですよ。 もう、煮物にしてしまったのであれば、筍ご飯にしてしまいましょう。 こうすれば、えぐみも気にならなくなるはず。 にんじんと油揚げを用意して、一緒にご飯と炊きこんで、木の芽を飾りましょう。 木の芽は筍のえぐみを感じにくくさせてくれますよ。 そうだ、煮物に山椒を振りかけてみてください。 少しはえぐみが気にならなくなりませんか?それで食べられるようになれば一番簡単ですよね。 小さめに切って、かつお節、山椒をからめてみたらどうでしょうか? 筍のえぐみは筍が大きかったり、採ってから時間が経っているからだと思うのですが。 スーパーマーケットなどで買ったんですよね?朝堀りと名前がついていても、時間がずいぶん経っていたりしますよね。 ということで、えぐみのある筍は元々に問題があるのでは。 私もyokorinさんと同じようにして下処理しますが、えぐい筍はこういうものだとあきらめてしまいます。 実はえぐい筍はバターで仕上げると、えぐみが独得の風味に変っておいしくなるんです。 えぐみの強い筍を薄くスライスして、塩、胡椒を振り、小麦... A ベストアンサー ヒリヒリの原因は筍のえぐみ(シュウ酸)です。 筍のえぐみは土中から掘り出した後、どんどん増えるものです。 朝堀りの筍を夕方にゆでても、えぐく感じるものもあるくらいです。 ましてや、中国から運ばれてくるものであれば、茹でる前の筍にはえぐみが多かった可能性が高いですね。 参考URLによれば、糠でゆでた場合でも、えぐみ(シュウ酸)は半分にしかならないとか。 私の経験でも、何時間ゆでようが、水にさらそうが、えぐい筍から完全にえぐみを取り除くことはできませんでした。 さらに八百屋さんでも確認しましたが、元がえぐければ、どうやって処理しようとえぐみは残ってしまうそうです。 ですから、最近では、パックされた国産の水煮の筍を使うようにしています。 これだと、手間いらずですし、保存期間も長く、お吸物で使ってもえぐみがまったく感じられません。 シュウ酸は、一応、毒ですから、取る量に気を付けています。 春の筍は、毎日食べたいくらい、大好きなもので。 yaohide. htm A ベストアンサー >昨日と一日20個くらい食べました。 ゆで方ですが、大量の水を入れましたか。 その水を捨てましたか。 サトイモに含まれる「あく」が蓚酸です。 これが、ゆでることで、水中のカルシウムと結合して、蓚酸カルシウムという針状の結晶をもつ固体に代わります。 蓚酸カルシウムが付着したまま食べると、適当に突き刺さって「イガイガする」のです。 煮るときに水分がすくない、水を捨てないでたべた、等の原因が考えられます。 それと、皮をむいて煮るときには、 色々わけのわからないもの、-砂糖とか出し汁とか、有機物が入っているけれども、その化学的性質がよくわからないもの、- を混ぜると、結晶が大きく育ちません。 その結果「イガイガする」ことが少ないのです。 近所では、サトイモ単体をゆでるのではなく、多くの場合、サツマイモといっしょにゆでます。 あるいは、サイトモを煮るときに最初から味噌 多少カルシウムが入っています を入れます。 サツマイモから溶け出した糖類が、あるいは、味噌に含まれる各種出しの元が、結晶が大きくなることを押さえてくれています。 水が少ないと、芋の中に残っているあく成分が皮膚に降れて、皮膚の中で蓚酸カルシウムとなり、「イカイガ」の原因になります。 >昨日と一日20個くらい食べました。 ゆで方ですが、大量の水を入れましたか。 その水を捨てましたか。 サトイモに含まれる「あく」が蓚酸です。 これが、ゆでることで、水中のカルシウムと結合して、蓚酸カルシウムという針状の結晶をもつ固体に代わります。 蓚酸カルシウムが付着したまま食べると、適当に突き刺さって「イガイガする」のです。 煮るときに水分がすくない、水を捨てないでたべた、等の原因が考えられます。 それと、皮をむいて煮るときには、 色々わけのわからないもの、-砂糖とか出し汁... ところが、食べてすぐ、ううっ!?となりました。 なんか、口の中がすごく変になりました。 強烈に、舌がピリピリします。 まるで毒を盛られたみたいに、舌から喉にかけて変な感覚。 「私だけなのか?」と思いつつ、「なんか舌がピリピリするんだけど・・・アンタ、平気?」と聞くと「なんでもないよ」とのこと。 しかし、しばらくして、「おかあさん、なんかのどがひりひりする・・・・」 それでとても心配になりました。 今のところ、おなかが下るとか、そういうことはないのですが、なんだったのかすごく気になります。 おまけに実は、自分たちが食べる前に、ポテトが大好きな犬に結構たくさんあげてしまいました。 多分人間より犬の方が敏感なのでは・・・と心配。 これが何によるものなのか、ご存知の方、教えてください。 そして、若干残っているじゃがいもを食べない方がいいのか・・・・どうかよろしくお願いします。 A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

次の