明日への手紙。 明日への手紙 / 手嶌葵(歌詞・PV無料視聴)|結婚式の曲・BGMランキング【WiiiiiM(ウィーム)】

手嶌葵 明日への手紙 歌詞

明日への手紙

誰かのために頑張っている、 そう思うと向き合える事がある。 そう思えるから、強くなって続けられることがある。 それは誰だってよくて、結局、その人のためにはならないかもしれないんだけど、 自分のため、だけなのかもしれないけど、 その人のおかげで頑張れてしまうことが、ある。 あの頃は、ただそれだけだった。 戻りたい場所なんかなくて、見えない辿り着きたい場所があるだけ。 それでも、後ろから背中を押してくれる人がいたから頑張れた。 戻りたい場所がある。 辿り着きたいのはもちろんだけど、 あの場所にこれからもずっといたいから、頑張ってる。 戻りたい場所と、そこにいる人たちに会いたい。 だから、逃げない。 independent-liberty 何であの人たちのことを、いや自分の周りにいるすべての人を 怖いと感じてしまうのか。 それはきっと、今まで一つ一つのステップを乗り越えて 到達した場所には、自分よりもすごい人たちがいて、 そんな人ばっかりだから、 一緒にいるときは頑張ろうと自分を鼓舞するけど、 離れた途端、疲れてまた戻るのが怖くなっちゃうからな気がするんだ。 とてつもなく背伸びをして、不安定にぐらつきながら、 それでも尊敬するあの人たちに追いつきたくて、 焦って・・。 だから怖いんだ。 やっぱり、その到達した場所にいる、すごい人たちは、 すごくかっこよくて、 だから自分もそうなりたいって、思わずにはいられないんだよね。 だから。 だから今は。 ゆっくりなんてしていられない。 振り向いてなんて言わない。 でも着実に。 彼らの隣に立つために、頑張ろうと思うよ。 independent-liberty 強くなりたい。 心からそう思う。 そして、何に関して強くなりたいのかと聞かれれば、 多分、自分に。 そう答えるだろう。 自分に強くなれば、 どんなに悲しいことがあっても、 辛いことがあっても、 逃げたくなることがあっても、 楽したいなぁなんて思っても、 あぁ、今は。 きっとそう思えるだろう。 残念なことに、昨日の自分もおとといの自分も 一番よくわかっているのは今の自分。 自分には言い訳できないね。 きっと強くなった先に笑ってる自分が待ってるから。 誰かに助けてもらう前に、自分でその場所にたどり着かなくちゃ。 きっとそのほうが、たどり着いたときにたっくさん笑えるから。 independent-liberty 人との関係は、常に変化する。 時間や環境によってもそうだし、自分たちが変えていくから、変わっていくからでもある。 数か月前まで毎日のように話していた人と、ぴたっと話さなくなったり、 たまたまつい最近意気投合して沢山の時間を共有するようになれたり。 それを寂しいと感じることもあれば、うれしいと感じることもある。 この言葉を伝えた先の未来が少し見えているからこそ、伝えようと決心することも、 見えているのに、伝えてしまうこともあって。 私には後者が多いかもしれない。 突然話せなくなった後、昨日までのことを思い出して泣きたいのに、泣けなかったり。 だって自分で決めたことだから。 そんなこんなで半年以上話せなくなってしまった人に、門出の言葉を送った。 その人は言った。 「ありがとう。 感動した。 いい言葉だった。 」 最後に最高に嬉しくなった。 もうすぐ4月。 independent-liberty.

次の

話題のドラマ『いつ恋』主題歌、手嶌葵「明日への手紙」が急上昇

明日への手紙

概要 [ ] 系枠にて2016年からまで放送された『』のエンディングテーマとして起用された。 2016にて主題歌賞を受賞。 スタジオ・アルバム『』の収録曲としてに発売されていた楽曲で、主題歌への起用に当たりによる新たなアレンジが施され、も新録されている。 ~放送の「京都・時の証言者」で2016年のBGMとして使用。 収録曲 [ ]• 系ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」主題歌• スマートフォンゲームアプリ『I -アイ-』主題歌• の楽曲のカバー• 明日への手紙 (instrumental) 収録アルバム [ ]• 『』(2014年)(編曲: )• 『』(2016年) 脚注 [ ].

次の

【エレヴァートミュージック】明日への手紙〔女声3部合唱〕

明日への手紙

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の