入居 者 無料 インターネット サービス。 インターネット「完備」と「対応」は違う!賃貸物件のネット環境の確認ポイント【スマイティ】

インターネット無料の導入実績なら空室対策のダンゴセレクト

入居 者 無料 インターネット サービス

無料wifi・無料インターネットのウソ・ホント:マンション・アパート空室対策として効果があるの? 無料インターネットとは、入居者の方が無料でインターネットを使えるように、オーナー様がマンション・アパートに一括でインターネットを敷設するサービスのことです。 オーナー様は導入を一度は勧められたことがあるのではないでしょうか。 入居者の方にとっては、インターネット料金にあたる月々5,000円程度の出費が抑えられるのならば、うれしい話です。 オーナー様にとっても、入居率が上がり、かつ費用対効果が合うのならば、おいしい話です。 「ならば」というのには訳があります。 オーナー様はリスクや注意点を確認した上で、導入の是非を決める必要があります。 安易に誘いに乗るのは禁物です。 ここでは、不動産オーナー様、また管理会社様向けに「物件を探す人のリテラシー」と「費用対効果」の2つの視点からリスク・注意点を明かします。 賃貸物件を探す人のリテラシー 「部屋を借りよう」という時、どんな探し方をするでしょうか。 不動産屋さんに行く前に、自分で知識をつけてきたいと思うでしょう。 そこで使うのが、インターネット。 物件情報だけでなく、様々な設備の良し悪しなど、物件を探す際に欲しい情報は大概入手できます。 これが「入居者無料インターネット」とどう関わるのか。 ネット上の情報の豊富さは、無料インターネットについても例外ではありません。 端的に言えば、物件を探す人は、「本当に無料」で「十分快適なインターネット環境であるのか」について不安を持っているということです。 インターネット上には無料インターネットについても様々な情報があり、「実は家賃や管理費に加算されている」とか、「遅くてメール以上のことはできない」といったマイナス面を指摘するものもあります。 事実、そのような場合もあるのでしょう。 ですから、「インターネット利用料金は本当に無料なのか」「データのダウンロードや動画視聴が快適にできるのか」といったことを、物件を探す段階で確かめようとします。 主に家賃相場との比較という方法がとられます。 オーナー様は、物件を探す人がここまで知っていることを踏まえて、これらに答えうるインターネット設備を導入する必要があります。 無料wifi・無料インターネットの費用対効果 一般的な入居者無料インターネットサービスを利用してインターネット設備を導入すると、初年度だけでおおよそ50万~120万円。 その後もランニングコスト(月額利用料+保守点検費用)が月々2万~4万円ほどかかります。 初期費用を分割払い(割賦)にした場合は、月々の出費はより高くなります。 本当にこれだけの費用を回収しきれるのでしょうか。 結論としては、最初はできたとしても後々回らなくなる可能性を排除できません。 マンションインターネットの需要自体が少なくなるかもしれないからです。 要因は様々ですが、一つとして、インターネット革新の速さが挙げられます。 インターネット環境は日々進化し、沢山のサービスが日々生まれています。 スマートフォン・タブレットだけでネットを使う人が増えてくることも予想できます。 このように、マンションインターネットの需要自体が少なくなる可能性があるのです。 インターネットを無料にしただけで、稼働率を高くキープすることは難しくなるかもしれません。 マンション・アパートに敷くインターネットの需要自体が、なくなることはないにせよ、少なくなっていく可能性は否めないです。 導入する場合は、費用対効果を計算してからにすると良いでしょう。 1. 物件の露出が増える(高い訴求効果) 賃貸マンション・アパートを探す時、「wifi・インターネット無料」という条件で検索をした場合に、無料インターネットを導入しておけば、検索結果に表示される機会が増える。 このため、賃貸マンション・アパートを探す人により選ばれやすくなる。 接触機会が増えるというのは確かでしょう。 しかし、先ほどの説明から、「wifi・インターネット無料」だけでは不十分ということがわかりますね。 ホントは無料じゃないかもしれないことを、物件を探す人は知っています。 家賃・管理費の額が大きな基準になるでしょう。 2. 近隣物件との差別化 入居者への明確なメリットにより、近隣の家賃や間取りが似た競合物件と差別化することができる。 まず、近年では無料インターネットは珍しいものではありません。 無料でなくとも、少なからず導入工事だけはしておくなど、何かしら対策している物件が増えています。 また、物件を探す方は家賃・管理費等込みで考えて、インターネットが無料で入っているのかを検証し、その上でメリットと判断します。 変な言い方ですが、「ちゃんと無料」でなければいけません。 3. 退去防止 入居者がインターネット未導入の物件への転居を考えた場合、毎月約5,000円の支出増となるため、退去の防止に繋がる。 これはどうでしょうか。 入居者の方は元々ホントに無料なのか、完全に信用はしていません。 インターネットが有料になっても(インターネット利用料という名目での出費が生じても)、他の物件の立地や家賃等の条件がより良ければ、そちらに転居するというのが自然でしょう。 物件は譲れない点+総合点で判断するものです。 4.インターネット無料設備は安価な投資で効果抜群) 大がかりな工事と資金を要するリフォームや外装工事、ホームセキュリティと比べて、安価である。 これは正しいです。 他の空室対策として挙げられる施策より、金額は安いです。 ですが、注目すべきは費用の金額だけではありません。 そうです。 費用対効果で考えなければなりません。 投資額以上のリターンがあるかどうかを見極める必要があります。 まとめ マンション・アパートへの無料インターネット設備導入に際しては、注意点・リスクを踏まえて、オーナー様自身が判断することが大切です。 賃貸市場の競争の激化の中、物件の競争力を高める一助になりますが、費用対効果を見極める必要があります。 収支がマイナスになってしまい、結局、入居者負担してしまっては本末転倒です。 本当に「お得」と感じてもらうため、良質なインターネット環境と料金の不安の払拭と、オーナー様にとっての費用対効果を計算した上で、導入を検討しましょう。 ここで、タダネットを紹介します。 オーナー様のコストがなくて、リターンは見込めるという、上記の問題を一気に解決する画期的な無料インターネットサービスです。 一般的なインターネットサービスとは一線を画します。 まずは読んでみてください。 タダネット:不動産オーナー様も無料のインターネット設備 ・オーナー様も完全無料!! 入居者無料インターネット導入・運用するのに、オーナー様・管理会社様も全額タダ!というサービスです。 オーナー様・管理会社様が上記のリスクを負うことのない画期的なサービスです。 「費用対効果が合わなかったから…」なんて不安は一切いりません。 入居者の方にこっそり負担してもらう必要もありません。 なぜなら、 インターネット導入・運用にまつわる全ての費用がそもそもゼロだから! また、オーナー様が導入する物件に住まわれている場合には、ご自宅のインターネット料金も無料になります。 資金はかけず、「入居率上がるかな?」という期待だけを胸にインターネットを導入いただけます。 ・しっかり高速通信・高品質設備 全ての部屋で最大1Gbps(wifiは最大300Mbps)の高速通信が可能です。 オーナー様もタダだからといって、品質に手は抜きません。 現行のインターネットの最速の速さではありませんが、動画視聴程度の通信には問題はありません。 「そんなうまい話があるはずない」と思われるかもしれません。 ですが、オーナー様も「ちゃんと無料」なんです!詳しい仕組みはこちら.

次の

入居者が無料でインターネットを利用できるサービス! インターネット無料マンション『FGBB』サイトオープン!

入居 者 無料 インターネット サービス

株式会社ファイバーゲート(本社:東京都港区、代表取締役社長:猪又 將哲)は、 2013年3月、インターネット無料マンション『FGBB』のサービスサイトをオープンしました。 パソコン以外でもスマートフォンやタブレット等でインターネットを利用することの多くなった昨今、 「インターネット無料」の物件は、入居者様の間で、人気度が上がってきており、 2012年に、全国賃貸住宅新聞社が全国の管理会社に実施したアンケートにおいても、 人気設備ランキングの上位に「インターネット無料」がランクインしております。 今後は、サービス認知度の向上を目指し、『FGBB』の魅力をより多くのお客様にお伝えしたいという思いから、サービスサイトを立ち上げるに至りました。 『FGBB』は、他社様サービスと違い、「売り切り」のサービスではございません。 機器の所有を弊社で行なうことで、アップグレードや故障における、 オーナー様側での機器買い替えの必要がないことが大きな特徴です。 <『FGBB』の特徴> 〈その1〉追加投資一切不要 インターネット設備に必要な機器は、全て当社で用意。 追加投資負担等がありませんので安心して導入頂けます。 〈その2〉日本全国の賃貸物件で導入可能 全国エリア対応。 また、遠隔監視、遠隔操作が可能な為、リアルタイムにサポートができます。 〈その3〉メンテナンス・サポート体制も充実 万一、現地に人が行かなければ修復できないトラブルが発生しても、全国の提携専門会社がすぐにご対応致します。 ファイバーゲートはこれからも、空室にお悩みの物件オーナー様へ、 物件に付加価値を与え、入居促進のサポートが出来るサービスを提供して参ります。

次の

インターネット「完備」と「対応」は違う!賃貸物件のネット環境の確認ポイント【スマイティ】

入居 者 無料 インターネット サービス

ターゲットを絞り、的確なアピールで築年数をカバー 築15年の木造アパートなので、当初は大幅なイメージアップによる空室解消を狙ってリフォームを考えました。 しかし、費用面で大きな負担となリ、利回りの悪化が懸念されたので、設備にこだわりのある単身者にターゲットを絞り物件の古さをカバーできる上位設備を施すことで空室解消をめざしました。 インターネット無料、防犯カメラ、宅配ボックスなど先進の設備を整え、仲介会社様に設備一新の物件であることを伝えるツールを配布。 ターゲットに積極的なアピールを行ってもらえるように配慮しました。 その結果、無事満室にすることに成功し、費用面でもオーナ一様が想定していたリフォーム費用の約半額で設備を導入できました。 女性をターゲットにした設備導入を実施 家賃が周辺の相場より下がっていてこれ以上家賃の引き下げができない状況となっていた物件の空室解消事例です。 まずターゲットを女性に絞り、設備を充実させて空室を解消する方向で対策を検討。 家賃5,000円の値下げに匹敵するインターネット無料を導入。 また建物内の安全性を高めるためにセキュリティに配慮し、防犯カメラや宅配ボックス、集合ポストなどを設置。 生活面での利便性をアピールできるように、屋内物干しも標準装備としました。 これにより、女性に好印象を持ってもらうことに成功。 家賃を下げることなく、想定していた女性の借主様で空室を埋めることができ利回りの改善に結び付けることができました。 キャンペーンの実施で立地のデメリットをカバー 駅から徒歩15分の場所にある賃貸物件の空室解消事例です。 物件のデメリットを解消するために、自転車に着目。 契約者先着4名まで自転車をプレゼントし、さらに入居中は駅前の駐輪場代も負担するというキャンペーンを行いました。 これにより約2ヶ月で全室満室を実現。 借主様に駅から部屋までの距離を意識させることなく契約に結び付けられたことが空室解消の決め手になったと思われます。 キャンペーンに要した初期費用は、1台2万円の自転車4台分の8万円。 さらに駅前の駐輪場代月々1,700円がコストとなリますが、空室対策費用としては破格といえ、多大な経費をかけなくてもアイデア次第で空室解消を実現できた好事例といえます。 早い者勝ちキャンペーンの実施で早期契約へ 学生向けの賃貸アパートの空室を解消するために、新入学の学生を対象にプレゼントキャンペーンを行って成功した事例です。 学生は入学時にパソコンやタブレットを購入する必要がありますが部屋を賃貸する初期費用などで、学生やその親にゆとりがない場合も多く、高額なパソコンやタブレットの購入は、学生の重い負担となっています。 パソコンやタブレットのプレゼントは新入生にとってまさに魅力的なサービスといえます。 空室対策のためには、 まずご自身の 物件の状況を知る事が大切です。 その物件、埋もれていませんか? 現在、お部屋探しをしている多くの方が「インターネット」上の「物件検索サービス」を利用されています。 そこに登録されている数多くの物件から、利用者は自分好みの設備項目にチェックを入れることで希望の物件を『絞り込み検索』で探しています。 それはすなわち、検索結果にヒットして初めて、希望者に物件を見ていただく事が出来るという事。 まずはより多くの人の目に触れるためにヒット条件をそろえる事が空室対策の第一歩。 そして、周辺の検索結果を確認することで、比較対象のいないオンリーワン物件を目指すこともできます。

次の