微熱 続く。 微熱が続く…こんな場合は要注意!もしかして自律神経失調症のサインかもしれません!

微熱が続く原因は、病気?ストレス?7日以上続いたら病院へ!

微熱 続く

Contents• 自律神経失調症とは 自律神経失調症とは? 自律神経とは体中に張り巡らされている神経のことです。 活発に活動しているときに交感神経が優位に働き、リラックスしているときに副交感神経が優位に働きます。 交感神経と副交感神経交互に働くことが理想ですが、 このバランスが乱れ交感神経が優位に働きすぎている状態を自律神経失調症といいます。 自律神経失調症の症状は? 自律神経が体中に張り巡らされているので、にわたります。 主に 体の症状が強いのが特徴です。 自律神経失調症の原因は? 自律神経失調症になってしまう原因は大きく分けて5つあります。 ストレス• 環境の変化• 自律神経失調症の対策は? 自律神経失調症は主に体に症状が強く現れます。 を受けましょう。 そのまま何もしないまま進行すると今度はがあります。 微熱が続く=自律神経失調症の可能性があることを知っておこう 微熱が1か月位続く場合は自律神経失調症かも? 自律神経失調症の初期症状として、37度くらいの微熱を訴える人が多いようです。 閉経していない女性であれば、排卵日~生理まで、また妊娠中は体温が上がるものですが、そういう場合を除いて 微熱が長く続く場合は自律神経失調症の可能性があります。 自律神経失調症に起因する微熱の特徴としては期間が長いことです。 1か月くらい微熱が続く方もいます。 高熱が出るもの辛いですが、微熱がダラダラと続くのもしんどいものです。 なぜ微熱が出るのか原因がはっきりしないまま日々を過ごすことは、ストレスとなり余計に自律神経失調症を加速させてしまう場合もあります。 因みに風邪をひいて発熱するのは体がウィルスと闘っているからであり、自律神経失調症で発熱する理由とは別物です。 自律神経失調症で微熱が続く場合の対処法 とにかく安静にする 自律神経失調症になってしまうのは、生活の乱れやストレスに起因する場合が圧倒的に多いのです。 交感神経が優位になってしまっている状態なので、副交感神経を優位に働かせましょう。 副交感神経を優位に働かせるために必要なことは休息すること、リラックスすることです。 質の良い睡眠をとることはもちろんですが、 マッサージをしたりストレッチをして体をほぐすのもよいでしょう。 一般的には他にも、運動をするなどありありますが、微熱が続く場合は体もだるいはずなのでまずは安静に休息することを優先しましょう。 それでも 微熱が治らない場合は病院で検査してもらいましょう。 もっと大きな病が潜んでいる可能性もあるので、自己判断は危険です。 最初は内科に行くといいでしょう。 内科に行くと原因不明で診断がつかず解熱剤が効かない!? 通常の風邪は炎症反応を鎮めるために解熱剤を用いることがありますが、 自律神経失調症による発熱の場合、解熱剤を使っても熱は下がりません。 普通の風邪と違って炎症反応が起きておらず原因が異なっているからです。 通常の風邪による発熱でも自律神経失調症に起因する発熱でも喉のつまりやだるさ、軽い下痢などの症状は一緒なので内科に行っても判別が難しいことが多いようです。 そのため原因不明の発熱で診断がつかないことがあります。 この場合次のステップとして心療内科を受診しましょう。 内科で原因不明の場合は心療内科へ行ってみよう 内科で診察してもらってもこれと言って原因が分からなかった場合、心療内科で診てもらうといいでしょう。 心療内科は心の症状と体の症状両方を診てもらうことができます。 問診や検査を重ねて、診断していきます。 ストレスに対する耐性や、自律神経失調症やうつ病の可能性を調べるために、心理テストや性格テストを行う場合もあります。 心療内科で自律神経失調症と診断された場合は 自律神経調整薬や抗不安薬が処方される場合があり、自律神経失調症による微熱には効果的です。 まとめ 長期間続く微熱と自律神経失調症の関係性についてご説明しました。 微熱は一見すると風邪なのか自律神経失調症なのか判断がつきません。 発熱しているということは私たちの体からのメッセージです。 風邪かもしれないし、自律神経失調症かもしれないしもっと他の病気の可能性もあります。 大切なのは、体からのSOSを無視せずに、向き合い適切な治療をすることではないでしょうか。

次の

微熱が下がらない原因と病気一覧。1週間も微熱が続く理由とは?

微熱 続く

微熱がなかなか下がらない2つの原因 微熱がなかなか下がらなくなると、風邪が長引いているのかなと感じる方が多いですが風邪以外にもさまざまな原因が考えられます。 ここでは、病気以外で微熱が1週間くらい続くような原因についてお伝えしていきます。 精神的ストレス 日常的に受けている精神的なストレスが原因で微熱が続いてしまうことがあります。 私たちの体は外部からストレスを受けると、多かれ少なかれ体温が上昇するようにできています。 このストレスが一時的な現象であれば、微熱が長期間続くということはないのですが、日常的にストレスを受けていると微熱がなかなか下がらない、といった状態になってしまうのです。 特に日々のタスクに追われて自分自身がストレスを受けていると自覚できていない場合は要注意です。 ストレスに起因する発熱の場合は、微熱の他にも全身がだるくなったり、食欲がなくなるといった症状もあらわれることがあります。 さらに、ストレスを受けていると後述する自律神経失調症にもつながり、さらに症状が悪化してしまうおそれもあるのです。 明らかな病気が原因になっていないのでなかなか自覚するのは難しいですが、微熱が続くようであればしっかりと病院で受診することが大切です。 更年期障害 40代以上の女性の場合は、更年期障害が原因である可能性も考えられます。 更年期障害は女性ホルモンの減少により起こります。 ホルモンバランスの乱れが自律神経に影響を与えることで、微熱が続いてしまうのです。 更年期障害は、微熱の他にもさまざまな症状があらわれるのが特徴です。 ささいなことでイライラしてしまう• 体がだるくなる• 汗をかきやすくなる• 頭が痛くなる このような症状が続く場合は、更年期障害を疑ってみましょう。 微熱が続く6種類の病気 自律神経失調症 自律神経とは、私たちの生理機能をつかさどる生命活動の根幹を支える神経です。 自律神経は交感神経と副交感神経というふたつの神経により成り立っており、両者がうまくバランスを取ることで、私たちの体が活動したり、休んだりすることができるのです。 しかし、自律神経失調症になると、自律神経のバランスが乱れ体にさまざまな悪影響があらわれてしまうのです。 体のほてり• めまい• 偏頭痛• 喉の違和感• 便秘 などあげればきりがないほど多岐にわたった症状があらわれます。 自律神経が乱れる多くの原因は精神的ストレスに起因していますので、日頃から休養や適度な運動を取り入れてストレスを解消するようにしていきましょう。 また、自律神経が乱れると唾液の分泌量が少なくなるという症状もあらわれます。 口内がネバネバする感じがする場合はこちらの記事もチェックしてみてください。 参考: 風邪 微熱が1週間ほど下がらないような場合は、風邪も大きな原因としてあげられます。 「風邪」と一言にいっても幅広い症状があげられます。 喉の痛み• 関節痛• 吐き気• 参考: 胃腸炎 微熱の他に、 腹痛、下痢、吐き気といったお腹の調子が悪くなるような症状があらわれる場合は胃腸炎の疑いが持たれます。 胃腸炎は、細菌やウイルスの感染によって胃や腸で炎症を起こしてしまう病気です。 子供から大人まで幅広い年齢層で見られる病気となっています。 特に子供が発症した場合は、症状が悪化しないように注意しなければなりません。 咳が出る• 息切れ• 体がだるくなる• 黄色や緑色の痰が出る このような症状があらわれる場合は肺炎の可能性も疑われます。 症状は風邪と似ているので区別することは難しいのですが、一般的に肺炎の方が重い症状があらわれます。 風邪のような重い症状が長く続くような場合は肺炎ではないか病院でチェックしてもらいましょう。 腎盂腎炎 腎盂腎炎とは、尿を作る腎臓に細菌が感染して炎症を起こしてしまう病気です。 これにより、発熱、吐き気、背中や腰の痛み、寒気といった症状があらわれます。 また、 腎盂腎炎は男性よりも女性に発症しやすいのが特徴です。 特に尿が白濁する場合は注意が必要です。 参考: 膠原病 膠原病は、あるひとつの病気を指しているのではなく同じような性質を持つ複数の病気の総称となっています。 なので、膠原病の原因や症状は多岐にわたりますが、原因不明の微熱が1週間〜2週間以上続くといった特徴があげられます。 長引く微熱に対処する方法 市販薬を服用する 症状が軽い場合は市販の解熱鎮痛薬で症状を和らげることができます。 微熱に伴う頭痛や関節痛などにも効果的です。 また、鼻水、喉の痛みなどの風邪症状があらわれる場合は、かぜ薬を服用するといいでしょう。 ただし、ストレスなどが原因となっている心因性発熱の場合は市販薬では効かないので注意しなければなりません。 病院で受診する 微熱が1週間〜10日間以上続くような場合は、必ず病院で診察を受けるようにしましょう。 微熱が続く原因や病気はさまざまで何科を受診するべきか迷ってしまうこともありますが、原則的には 内科を受診すれば問題ありません。 こまめに休息をとる 特にストレスにより心因性発熱の場合や自律神経の乱れが起因となる発熱の場合はしっかりと休息を取ることが大切です。 1日中忙しく活動していると、意識的に休憩しようとしないとなかなか休息することができないですよね。 無理をせずに休息を取ることが自律神経のバランスを整えるためにとても大切なのでぜひ実践していきましょう。 食事にも気をつかおう 微熱が下がらないような状態の場合は、食事にもしっかりと気遣うようにしましょう。 水分・塩分を十分に摂取しよう 微熱が続く場合は、発汗や下痢などで体の水分を失いやすく、脱水症状になってしまうこともあります。 なので、スポーツドリンクなどで水分や塩分をしっかりと補給することが大切です。 消化に良い食べ物を食べる 微熱が続く場合、特にお腹の調子が悪い場合は消化に良い食べ物を積極的に摂取することをおすすめします。 具体的には、以下のような食べ物があげられます。 うどん• おかゆ• ヨーグルト• じゃがいも ポイントは、柔らかく煮たり、温かく調理して食べることです。 ビタミンを積極的に摂取する ビタミンは感染症などに対する免疫力を向上させる効果があります。 なので、日頃から積極的にビタミンを摂取していくといいでしょう。 果物はビタミンとともに水分も同時に摂取することができるのでおすすめです。

次の

微熱が続く…こんな場合は要注意!もしかして自律神経失調症のサインかもしれません!

微熱 続く

ピルを服用している場合、長期的な副作用として微熱が続く人もいます。 更年期障害|30代・40代から症状が出る場合も 更年期障害の一種で、微熱が続く人もいます。 50代以降多く見られますが、30・40代から症状が出る人もいます。 妊娠によって微熱が続いている 排卵から生理が来るまでは、通常も高温期で体温が上がります。 妊娠しているとそのまま微熱が続き、生理がこなくなります。 熱があるからと すぐに薬を飲まずに、様子をみましょう。 生理が来ても微熱が続く場合は、他の病気の可能性があります。 ストレスが原因の発熱 ストレスが多いと 自律神経が乱れて、発熱する場合もあります。 他にも 耳鳴りや疲労感、倦怠感、不眠、下痢、便秘、イライラする、不安感などが症状としてあるので、 微熱の他にも思い当たる点があれば一度病院で相談してみましょう。 基本的に頭痛がある場合で、 他に症状が無い場合は、鎮痛剤を使っても構いません。 微熱が出始めの頃であれば薬を服用し、少し様子を見ることも可能です。 しかし 微熱は、何らかの不調のサインであり、 その後症状が出てくる可能性もあります。 また、 女性の場合は妊娠している可能性もあります。 妊娠初期の薬の使用は控えてほしいので、可能性がある人はまずは婦人科を受診しましょう。 それ以外でも、微熱が続いている場合は、 鎮痛剤の多用や連用は避け、早めに医師の診察、診断を受けましょう。 アルコールは控えて休養を ゆっくり休養が取れていないと、 疲れから微熱が続く場合もあります。 中には、 長期的なアルコール摂取や疲労で肝機能が悪化して発熱する場合もあります。 ご自身の生活を見直し、体調を整えましょう。

次の