ハイキュー 393。 【ハイキューネタバレ399話最新話速報】日向に立ちはだかるラスボス影山|ワンピースネタバレ漫画考察

ハイキュー 393話 ネタバレ 感想 背中で語る星海 音駒のあの人が登場

ハイキュー 393

検索: 人気動画ランキング• 動画一覧• 116• 1,984• 1,499• 485• 1,154• 1,154• 1,167• 295• 797• 595• 595• 2,584• 1,934• 108• 179• 299• 226• 226• 471• 471• 2,988• 111• 195• 2,682 お気に入り一覧• Your favorite page is not registered. 最新動画•

次の

ハイキュー393話ネタバレ考察感想あらすじ!日向と星海のハイレベルな攻防!

ハイキュー 393

『ハイキュー!! 』最新話393話の感想・あらすじ(ネタバレ) いつも普通に強い星海光来 星海と鴎台でチームメイトだった昼神幸郎は、獣医学部に入学。 かつて ミスったって死なない と自分に言い聞かせることで、冷静なプレーを心がけていた彼は これからはミスったら誰かが死ぬかもしれない 舞台に踏み出した。 星海・昼神と、烏野高校を春高で沈めた鴎台の主力2人の夕陽を見る背中は印象的だ。 試合では、今まさに宮侑が「三刀流サーブ」を放とうとしている。 助走距離は4歩分。 ジャンプフローターが来ることが予想されるが、意表を突いて勢いのあるドライブサーブの可能性もあり直前まで読めない。 そんな化け物サーブ、「自分なら絶対受けたくない。 どうか他の人へ」と思ってしまいそうなものだが、そんな柔なメンタルのプレーヤーはこの舞台には立てない。 俺に来い 星海は全神経を研ぎ澄ませ、宮のサーブに集中。 本当に自分に飛んできたサーブを完璧にレシーブ。 これには宮もブチ切れる。 ハァーーッッ そりゃそうだろう。 誰もが翻弄される絶対的に自信があるサーブを、パーフェクトに勢いを殺しセッターの元に返されてしまうのだから。 定期試験で「今回めっちゃ勉強したし、ほとんど全ての問題も解けて絶好調だわ!今回はあいつに勝ったはず」と思ったら、隣の席のやつがすんなりクラス1位で「よし!いつも通り。 これからも頑張ろう」と淡々と過ごしているようなものだ。 「いつも普通に強い」というのが、宮によるかつての鴎台への評価だったことを思い出す。 とどまるところを知らない空中戦の駆け引き! 万全の体制でスパイクを撃ち込まれ、レシーブが崩れるも、 木兎はなんの迷いもなく打ち切ろうとしている。 これがエースの安心感でもあるのだろう。 しかし、目の前にはブロック3枚。 どうする? ブロックアウト 日向は直感で理解する。 しかし、それは敵も同じ。 ブロッカーの昼神福郎(昼神・兄)は、ブロックを引っ込めることによってブロックアウトを避けて木兎のスパイクはアウト。 …よく空中で咄嗟にそんな事できるよね… と山口。 かつて月島が星海のブロックアウト狙いを避けたことが思い出される。 あの時は何度も星海に「触らされて」、ポイントは「目線」にあることに月島が気づき、対策を打つことができた。 それと同様、 一流のブロッカーは「ブロックアウト狙い対策」すらも身につけているのだ! なんという高度が駆け引き…。 しかも、これを地に足ついていない空中で行うのだから驚きだ。 星海にボールが上がった。 …俺がミスって誰かが死ぬことは無いから幸郎よりはマシだな。 せいぜい好きな事でメシが食えなくなるだけだ それは脱力のための保険なのか、それとも… コレを決められなければ明日、俺の居場所は無い。 コレを決められない俺に、明日の居場所は要らない 自らを追い込む決意なのか。 スパイクを打つ体勢に入る。 ブロックアウトを警戒した日向は、早速貪欲な吸収力を見せ、昼神同様ブロックを下げる。 しかし、星海はまっすぐ相手コートへスパイクを叩き込んだ! ブロックアウトに 気付かれた事に気付いて、強打に… 戻した… どうやら空中での駆け引きのレベルは止まるところを知らないらしい。 星海、190センチの「新米チビ」たちに空中戦を指南 春高で星海にインタビューをしたスポーツライター柄長二三(えなが ふみ)は言う。 あれから6年、(中略)私は、彼が小さいから注目する。 不利 ハンデ を乗り越えるどころの騒ぎじゃないわよ。 小さいことは、リベロやセッターでもない限り圧倒的に「不利な要因」のはず。 しかし、彼の場合は短躯であるが故に、長い対空時間や空中での駆け引き能力を高めることができた。 「不利の要因」どころか「有利の要因」に昇華してしまっている。 小さな巨人は巨人たちに背中で語る。 空中戦は、こうやるんだぜ。 しかし、世界に出てみればどうだ。 200センチ越えは当たり前の中で、彼らはいずれ「チビ」になる。 その時見習うべきこそ、星海や日向のような「小さなことを不能の要因にしない」選手なのだ。 今回も非常に熱い展開だった『ハイキュー!! 次回の感想もどうぞお楽しみに!! この記事を読んだあなたにおすすめ! 393話.

次の

▷ ハイキュー!!393最新話ネタバレあらすじ確定&感想! 感想 !

ハイキュー 393

2020年5月18日発売の週刊少年ジャンプ2020年24号で、『ハイキュー』393話が掲載されました。 ハイキュー393話は、木兎のスパイクで試合を優勢に進めるブラックジャッカルは再び侑がサーブを打つ番になりますが、星海は自分のところへ来いと願い、ここまで苦しめられた侑のサーブを綺麗に上げました。 それから試合が進み、星海はスパイクを打とうとしているところに日向がブロックを仕掛けたのです。 しかし、星海は日向の動きからブロックアウトに気付かれたので強打に戻しました。 小さい者同士のハイレベルな戦いに周囲の選手達は唖然とするのでした。 本記事では、ハイキュー393話『一番乗りの男』のあらすじと感想を紹介していきます。 ハイキュー393話のあらすじネタバレ 星海がプロへ行く前、彼は昼神幸郎と話をしていました。 彼は大学の獣医学部に進学する事にしたみたいです。 幸郎は試合中はずっとミスをしたとしても命を落とすことはないと思っていたけど、これからミスをしてしまえば誰かが命を落とすかもしれないと言いますが彼は大丈夫だと答えます。 その理由は大丈夫じゃない時があるのを知っているからと、好きな事だからでした。 幸郎の言葉を星海は何も言わずに黙って聞いていました。 そして現在に至り、木兎は強烈スパイクを繰り出して得点を決めると、20対17と3点のリードをつけることに成功しました。 そしてサーブは3種類のサーブを操る侑の番になったのです。 観客席にいる澤村は静まり返っている星海達を見て、こういう時のレシーバーの気持ちはよく分かると心の中で呟きます。 しかし、星海だけは自分の元へ来いと心の中で祈っていたのです。 そうしたら望みを叶えてやると言わんばかりに侑のサーブが星海の元に来ると共に、星海はトスを上げました。 この光景に激昂する侑。 その間に明暗はスパイクをブロックして威力を弱めると、侑、犬鳴の順番にボールを繋いで木兎がスパイクを打つ体勢に入ります。 しかし、丁寧なトスで上げられたものではなかったのでちゃんと打てるかどうかは難しい状態でした。 それでも、木兎はお構いなしに打とうとしており、しかもブロックアウトを狙っているみたいでした。 そしてスパイクを打つもブロッカー陣はブロックせずに避けた事で、スパイクはコートの外に落ちたのでアウトになりました。 今のブロックアウトを防げたのは空中戦の際に咄嗟で行われたもので、観客席にいる山口はよく空中戦でそんな事が出来るなと呟き、月島は日向と言う恰好の相手がいたのとブロックアウトを使われてたまるかの執念だったと語ります。 その間に試合は進み、日向が打ったスパイクを影山がレシーブで上げ、平和島がレシーブで星海のところへと上げたのです。 スパイクを打つ体勢に入った星海は自分がミスをしても誰も命を落とさないが、バレーボールで飯を食う事が出来なくなるだけだと思っており、そしてこのスパイクを決めないと明日自分の居場所はないし、決められない自分に居場所はいらないとも思っていました。 日向はブロックしようとするも星海にブロックアウトを目論んでいると気づいたみたいです。 その事に星海も気づいたので強打に戻して強打を決めて得点しました。 星海よりも背丈が低い選手達は騒然としている様子です。 かつて星海に取材した二三は低身長を乗り越えて戦う選手と言うドラマを勝手にイメージしていたので星海から小さいから注目するのかと言われて答えられませんでした。 それからずっと追いかけてきた結果、不利を乗り越えるどころ騒ぎではなく小さい事こそが星海の翼であることに気付いた様子でした。 そして星海は自分よりも背の高い者達に空中戦はこうやってするんだと心の中で言いながらドヤ顔をしていました。 ハイキュー393話の感想と考察 今回の話で星海がどんな思いでプロになって頑張って来たのかが分かりますね。 星海は高校時代から身長は余り伸びてはいませんが、技術力に関しては高校時代よりも明らかに伸びています。 技術力を伸ばしていく中で、星海は恐らく背丈の事で辛酸を舐め続けてきたのではないでしょうか。 バレーボールに置いて身長が高い方が有利であり、幾ら技術力があっても背丈が小さければ不利と言えます。 星海は背丈が高ければいいというものではないと言っていましたが、それでもプロ選手達に陰でそんなんじゃプロでは通じないとかもう少し背丈が高ければなと侮蔑と憐れみの声を聞いていたのではないでしょうか。 そんな声を実力で黙らせるために星海は懸命に努力を重ねて、今のステージにいると思います。 それは日向も同じなのでこの後も2人は周りを驚愕させるようなレベルの高い攻防を繰り広げるでしょう。 次回394話は日向が何かしらの反撃をするのではないでしょうか。 今回の話で星海に動きを読まれて逆を突かれてしまったので、絶対にやり返してやろうという気持ちが強いと思います。 それにこのセットではこれと言った目立った動きをまだ見せていませんので、そろそろ動き出すのではないでしょうか。

次の