鉄道 の 日 きっぷ 2019。 2019年の鉄道

軽井沢・長野フリーきっぷ | 商品情報 | しなの鉄道株式会社

鉄道 の 日 きっぷ 2019

1 「秋の乗り放題パス」について 日本全国の旅客会社鉄道線(JR線)の普通・快速列車の普通車自由席およびBRT(バス高速輸送システム)ならびにJR西日本宮島フェリーが連続する3日、自由に乗り降りできるきっぷです。 (4)発売箇所 全国のJRの主な駅、JRの旅行センターおよび主な旅行会社 (5)ご利用にあたっての注意点など 2 「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」について 今年も「秋の乗り放題パス」と組み合わせてご利用いただくことで、本州と北海道とのご旅行をお楽しみいただける「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」を発売します。 今年も発売期間を「秋の乗り放題パス」ご利用期間の最終日までといたします。 これにより本州と北海道とのご旅行がより便利になります。 「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」で北海道新幹線と道南のローカル線「道南いさりび鉄道」の旅を、どうぞお楽しみください。 (3)発売箇所 全国のJRの主な駅、JRの旅行センターおよび主な旅行会社 (4)ご利用方法 「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」1枚で1人片道1回、乗車日当日限りご利用いただけます(おとな用1枚をこども2人でご利用いただくことはできません)。 本券をご利用の際は、有効な「秋の乗り放題パス」を併用することが必要です(本券をご利用の際には、改札にて「秋の乗り放題パス」も一緒にご提示ください。 「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」のみではご利用になれません)。 (5)きっぷの内容 ・北海道新幹線「奥津軽いまべつ〜木古内」間の普通車の空いている席および道南いさりび鉄道線「木古内〜五稜郭」間の普通列車が1枚につき片道1回のみご利用になれます(北海道新幹線と道南いさりび鉄道線とのご利用行程が連続していることが必要です)。 なお、北海道新幹線 奥津軽いまべつ駅とJR在来線の乗換駅は津軽線 津軽二股駅となります。 ・道南いさりび鉄道線の各駅で下車した場合は、道南いさりび鉄道線乗車全区間の運賃が別に必要になります(ただし木古内、五稜郭では下車可能です)。 北海道新幹線 奥津軽いまべつ〜木古内間以外の区間にまたがって、新幹線に乗車する場合は、新幹線乗車全区間の運賃および料金が別に必要です。 ・北海道新幹線区間において、普通車指定席(指定席の交付)、グリーン車指定席、グランクラスをご利用になる場合は、乗車区間の特急料金、グリーン料金などのほか、運賃が必要です。 ・各種割引による割引はいたしません。 ・払戻しは未使用で有効期間開始日前または有効期間内に限ります(手数料が必要です)。 ・きっぷを紛失された場合、あらためてきっぷをお買い求めください。 なくされたきっぷが発見された場合でも、きっぷの払戻しはいたしません。

次の

7月 2019年

鉄道 の 日 きっぷ 2019

tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , 奥羽本線の秋田~青森間に、特急「つがる」の代わりになる快速列車が新設されます。 「青春18きっぷ」を使う場合、所要時間の短縮や1日で利用できる範囲が広がるなどのメリットがありそうです。 秋田~青森間の快速新設で約40分短縮 JR線の普通列車(快速を含む)が乗り放題の「青春18きっぷ」。 普通列車を乗り継いで長い距離を移動すればするほど、所定の運賃よりお得になります。 この「18きっぷ」の活用の幅を広げる列車が、2019年3月16日(土)のダイヤ改正で誕生することになりました。 東北エリアの普通列車で使われている701系電車(2006年7月、草町義和撮影)。 その列車は、秋田駅を19時20分に発車する青森行き快速。 現在の特急「つがる5号」の運行時刻がダイヤ改正で約4時間繰り上がるため、その代わりに新設されます。 所要時間は現在の「つがる5号」より7分長い程度です。 東京~青森間をJR線の普通列車だけで移動する場合、現在の主要ルートは、新潟経由(高崎線、上越線、信越本線、白新線、羽越本線、奥羽本線)と、宮城・山形経由(東北本線、仙山線、奥羽本線)があります。 いずれも早朝の4時44分に東京駅を出発して普通列車を乗り継いでいくと、秋田駅は18時台の到着。 ここから普通列車に乗り継ぎ、青森着は22時52分です。 ダイヤ改正後は、新潟経由と宮城・山形経由ともに、秋田駅で新設される青森行き快速への乗り継ぎが可能に。 青森着は39分早い22時13分になります。 ちなみに、東京から盛岡まで東北本線を利用して、その先は第三セクターのIGRいわて銀河鉄道(岩手県)や青い森鉄道(青森県)を使うルートのほうが、ダイヤ改正の前後ともに所要時間は短いです。 ただし、一部の区間は「18きっぷ」とは別に三セク鉄道の運賃を払わなければなりません。

次の

【1日に最長何キロ乗れるか?】青春18きっぷ使い方の極み④

鉄道 の 日 きっぷ 2019

2008年 鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ(発行) 鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ(てつどうのひきねん・ジェイアールぜんせんのりほうだいきっぷ)は、からまで発売されていた旅客鉄道会社のおよびのが1日乗り放題となる、期間限定の(トクトクきっぷ)である。 本項では以下の類似商品についても記述する。 秋の乗り放題パス - 2012年から「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」に代わりJR各社が発売する特別企画乗車券。 なお、ゴールデンウィークを対象とした春の乗り放題パスは現時点では発売されていない。 鉄道の日記念 JR西日本一日乗り放題きっぷ - 「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」と同時期に(JR西日本)が自社管内路線のみを対象に発売する特別企画乗車券。 鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ [ ] 日本初のである、新橋 - 横浜間が開通した(5年)を記念し、10月14日がとされたことにちなみ、JRがしたである。 からまで発売されていた。 使用方法 [ ] 基本的な使用方法はと変わらない(特例も同様)ので、本項では主に青春18きっぷとの相違点のみを記す。 青春18きっぷと同一の内容についてはを参照のこと。 利用期間 例年10月上旬ごろに発売され、設定されている鉄道の日(10月14日)を含む2週間程度の期間のみ有効である。 使い残した分を翌年に使うことはできない。 払い戻しは、利用期間内で未使用に限り取扱箇所で行える。 効力 1枚のきっぷで3回(人)利用できる。 発売額 発売額は9,180(1回(人)あたり3,060円。 なお、青春18きっぷは1回(人)あたり2,370円)である。 青春18きっぷは「おとな」「こども」の区別がないが、本券には「こども」の設定があり、発売額は半額(1枚4,590円、1回(人)あたり1,530円)である。 秋の乗り放題パス [ ] 秋の乗り放題パス JR発足25周年を機に、それまで毎年10月に発売していた鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷに代わり、2012年10月に発売を開始した特別企画乗車券である。 利用できる列車・路線の範囲は青春18きっぷや鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷと変わらない(特例も同様)が、鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷに比べ、発売額が大人7,500円、こども3,750円に値下げされた。 一方、鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷでは1枚のきっぷで有効期間のうち3回(人)利用可能であったが、秋の乗り放題パスでは有効期間が利用開始日を基準として連続した3日に変更され、飛び飛びの日に利用することや、1枚を複数人数で使用することはできなくなる。 また、利用日を印字して発券するので、いつ使うかは購入する段階で決める必要がある。 従来の鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷと同様に、10月上旬の2週間程度の期間が利用期間となっている。 2016年度からは、開業で北海道と本州を結ぶ唯一の在来線であったとが利用できなくなったので、「 秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」が発売されることとなった。 パスと併用することで、北海道新幹線の-間との木古内-間が一回ずつ利用できる。 2016年度から2018年度の値段は秋の乗り放題パスが大人7,710円小人3,850円、2018年の発売期間は9月15日 - 10月19日、利用期間は10月6日 - 10月21日のうち連続する3日間。 北海道新幹線オプション券は大人2,300円小人1,150円、発売期間は9月16日 - 秋の乗り放題パスの利用期間最終日(10月21日)まで、利用期間は10月6日から最終日までの中の1日。 鉄道の日記念 JR西日本一日乗り放題きっぷ [ ] JR西日本では全国版の 鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷと共に、自社線および宮島連絡船に限定した 鉄道の日記念 JR西日本一日乗り放題きっぷも発売していた。 全線乗り放題きっぷとは乗車エリア以外に以下に示す違いがある。 2016年の発売期間は9月17日から10月23日まで、利用期間は10月8日から23日までであった。 2017年以降は設定されていない。 なお2017年のみ新幹線や特急の自由席も乗り放題となる「 JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」が発売された。 1枚のきっぷで利用できる回数は1回。 乗車日当日限り有効。 JR西日本の駅および主な旅行会社で購入可能(2010年までは鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷと違い、所在地がJR西日本管内外問わず旅行会社等では取り扱わなかった)。 2015年、2016年の発売額は、おとな1枚3,000円。 なお、2014年の発売額は3,080円であった。 より新たに設定となった「こども」用の発売額は「おとな」用の半額(2015年現在・1枚1,500円)。 なお、までは青春18きっぷ同様に「おとな」と「こども」の区別がなかった。 管内の快速・普通列車にグリーン車自由席はないため、「グリーン車は利用できない」という表現になっている。 までは、主要駅のみで数量限定のとして発売され、毎年趣向を変えた「」が付いていた(ただし、のみ端末による数量非限定の発売で、「おまけ」がなかった)。 以降は、マルス端末による発売となり、数量限定がなくなった。 また、「おまけ」は付かなくなりでも取り扱った。 また、から京阪神地区では、での発売 も行っており、2008年以降は全ての地区においてみどりの券売機で発売されている。 2015年に北陸新幹線開業により並行在来線である一部区間が経営分離されたが、このうち全線、全線、 - 間は2015年度以降も引き続き利用エリアとして制定されている。 ただし、日本海ひすいラインの糸魚川駅 - 間は利用エリアから除外された。 脚注 [ ]• 平成28年9月2日 JRグループ• JR西日本ホームページ(2018年8月28日付ニュースリリース)• JR西日本ホームページ(2019年8月23日付ニュースリリース)• - JR西日本ホームページ(2017年8月28日付ニュースリリース)• 利用日当日分のみ購入可能、発売開始から利用開始日までは利用開始日初日 2016年なら10月8日 となる。 2015年9月3日のプレスリリース時には「秋の乗り放題パス」と同じ決まりにする予定だったが、9月17日に記述のように変更されている 外部リンク [ ]• - JR西日本• - JR四国• - JR東日本ホームページ(2011年9月9日付プレスリリース)• - JRグループ、2012年8月23日• - マイナビニュース、2012年8月24日• - JR西日本・ニュースリリース、2014年9月 4日• - JR西日本・ニュースリリース、2015年9月17日 この項目は、に関連した です。

次の