ご返事いただきありがとうございます。 早急のご対応ありがとうございますは敬語?迅速なご対応/早速のご対応

敬語「ご連絡ありがとうございます」の使い方と類似表現のご紹介

ご返事いただきありがとうございます

と言いたい時。 英語のビジネスメールにおいて、文章は日本語ほど硬くなくても大丈夫なので、 カジュアルな場面で使う表現のほとんどは、実は問題ありません(極端にくだけた表現は流石にNGですけどね)。 例えば、以下のどの文章でも使えます。 Thanks for taking the time to reply. Thanks for getting back to me. Thanks for the response. Great to hear from you. We will likely have to reschedule our meeting until after the Packerman merger. I hope that doesn't pose a problem. (ご返答ありがとうございます。 ミーティングについて、Packerman社との合併の件が落ち着いてからのリスケになるかと思いますが、問題ありませんでしょうか。 ) Regards, Ben P. I miss you. " You can also say, "I appreciate your response" or, if they are helping you with something, "I appreciate your assistance. " If they responded to you quickly, you can say, "thank you for your prompt response" or "I appreciate your quick reply. " In your initial email, you can also thank someone in advance for helping you by ending your email with the phrase "thank you in advance for your assistance. " 返信頂きありがとうございます。 と言い、 "I appreciate your response" 返信して頂き感謝致します。 とも言います。 何かを手伝ってもらった場合は 例文 "I appreciate your assistance. " 手伝って頂き感謝致します。 返信が早かった場合は 例文 "thank you for your prompt response" 迅速に返信して頂きありがとうございます。 "I appreciate your quick reply. " 又は迅速な返信ありがとうございます。 と言います。 最初のメールで以下のフレーズで メールを終わって、手伝って もらったことに対して前もって 感謝の気持ちを伝えることができます。 "thank you in advance for your assistance. " 援助して頂き前もってお礼を申し上げます "Thank You for your reply. " this thanks the person for replying to the message. "Thank you, for replying to the email. " This also thanks the person for replying to the email. "Thank you, for your response. " This politely thanks the person for replying to your email. Response is another word for reply.

次の

ご連絡ありがとうございますの英語|ビジネスやメールでも役立つ8例文

ご返事いただきありがとうございます

「承諾」は、他人の依頼や要求を引き受けることを意味します。 上で挙げた意味にあるように、「もっともと思い、引き受ける」というニュアンスがあります。 しぶしぶ引き受けるのではなく、相手の依頼や要望を聞いたうえで、引き受けるという意味が含まれます。 この「承諾」に「ご」をつけた言葉が、「ご承諾」です。 「ご」というのは、尊敬語・謙譲語・丁寧語それぞれの用法があります。 以下、さらに詳しく見ていきましょう。 尊敬語としての「ご承諾」とは? 尊敬語は、動作をしている人を敬う敬語です。 「おっしゃる」は「言う」の尊敬語ですが、「部長がおっしゃる」という表現は「おっしゃる」という動作をしている部長を敬います。 このような尊敬語としての意味が、「ご承諾」に含まれる場合があります。 例えば、「ご承諾のほど、よろしくお願いいたします」という表現を考えてみましょう。 ここでの「ご承諾」は、尊敬語の「ご」が含まれています。 相手に対して「ご承諾のほど、よろしくお願いいたします」と言う場合、「承諾」という動作をしているのは相手です。 ここで、動作をする人を敬う尊敬語があれば、相手に対して敬意を示すことができます。 そこで尊敬語の「ご」を「承諾」の前に入れ、「ご承諾」と表現すれば、相手に対して敬意を表すことになります。 謙譲語としての「ご承諾」とは? 謙譲語は、動作をしている人ではなく、動作の対象を敬う表現です。 「言う」の謙譲語に「申し上げる」という表現がありますが、これは「言う」という動作をする人ではなく、その対象、つまり言われた相手を敬います。 例えば、「部長に申し上げる」と表現すれば、言われた相手となる部長に対し、敬意を示します。 このような謙譲語の意味が、「ご承諾」に含まれる場合があります。 これは、自分が「承諾」という動作をする場合、そこに謙譲語の「ご」を使用することで、「承諾」をしている自分ではなく、その相手を敬うことができます。 この場合、「ご承諾」の「ご」は尊敬語ではありません。 もし尊敬語にしてしまうと、「承諾」という動作をする人を敬うことになり、自分で自分を敬うことになるからです。 この「ご」は謙譲語として、自分ではなく相手を敬う言葉となることに注意しましょう。 丁寧語としての用法はある? 「ご」は、丁寧語の用法もあります。 丁寧語は話の読み手や聞き手を敬う表現で、「です」や「ます」などがあります。 例えば、会話を「です・ます調」にすると、相手に対して丁寧な印象を出すことができます。 これは丁寧語の「です」や「ます」を使用しているからです。 丁寧語の「ご」も、話の相手を敬います。 これは、名詞の前に「ご」や「お」をつけ、丁寧にする用法です。 「ご承諾」も、「承諾」を丁寧に表現したものとして考えることもできます。 一方で、一般的に「ご承諾」と表現する場合、「ご承諾のほど、よろしくお願いいたします」といったように尊敬語として表現する例が多く見られます。 この場合、「ご承諾」を尊敬語で考えても、丁寧語で考えても、同じく相手を敬うことになります。 しかし、一般的には尊敬語として考えられる例が多いと言えるでしょう。 「ご承諾」の使い方は? 「ご承諾」は、「ご承諾のほど、よろしくお願いいたします」「ご承諾いただき、ありがとうございます」「ご承諾のうえ、ご応募ください」といった使い方があります。 これらはいずれも、相手が行う「承諾」という動作について、尊敬語の表現として「ご承諾」を使用する例です。 例えば、目上の人や取引先などが何かを承諾する際に、その動作を尊敬語の「ご承諾」と表現することで、動作をしている相手を敬うことができます。 そのため、上司や取引先に対して使用するケースが多く見られます。 「ご承諾」の例文は? 「ご承諾いただき」と似た表現で、「ご承諾いただきたく」という使い方があります。 例えば、 「ご承諾いただきたく存じます。 」 「ご承諾いただきたく、お願い申し上げます。 」 といった例文があります。 「ご承諾いただきたく」というのは、相手の承諾を求める場合に使用されます。 「ご承諾いただきたく」の後に「存じます」や「お願い申し上げます」といった表現を続けることで、承諾を求めている状態を丁寧に示すことができます。 「ご承諾くださり」 「ご承諾くださり」という表現もあります。 こちらは先ほど見た「ご承諾いただき」の例文と似ています。 例えば、 「ご承諾くださり、ありがとうございます。 」 「ご承諾くださり、誠にありがとうございました。 」 といった使い方があります。 「ご承諾いただき」と同様に、相手から承諾をもらったことに対して感謝を述べる場合などで使用されます。 「ご承諾ありがとうございます」 相手の承諾についてお礼を言う場合、「ご承諾いただき、ありがとうございます」や「ご承諾くださり、ありがとうございます」といった例文以外にも、次のような表現があります。 「ご承諾ありがとうございます。 」 これは、「ご承諾」の後にすぐ「ありがとうございます」や「ありがとうございました」を加えた表現で、よりシンプルになっています。 「ご承諾賜り」 「ご承諾賜り」という表現も見られます。 ここに含まれる「賜り」は「賜る」という言葉で、「もらう」という意味があります。 「ご承諾賜り」の例文としては、 「ご承諾賜りますよう、お願い申し上げます。 」 「ご承諾賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。 」 といった使い方があります。 このように表現すると、承諾をもらいたいという状態を相手に示すことができます。 また、「ご承諾賜りますよう」と表現することで、相手に対して敬意を示しています。 「賜る」は「もらう」の謙譲語となるので、「もらう」という動作の相手、つまり承諾をしてもらいたいと考えている相手に対して敬意を示しています。 もちろん「ご承諾」の部分でも、尊敬語の表現として相手を敬っています。 「ご承諾賜りますよう」の「ますよう」は、その後に他の表現を加える言い回しです。 「ますように」という意味があります。 「ご承諾申し上げます」 「ご承諾申し上げます」の「ご承諾」は、謙譲語の表現となります。 この場合、「承諾」という動作をするのは自分です。 自分の動作を「ご承諾」という謙譲表現で示すことで、その動作の対象、つまり相手を敬うことができます。 これは、自分が承諾をしたということを相手に示したい場合に使用されます。 例えば、 「お申し入れの件、ありがたくご承諾申し上げます。 」 といった使い方があります。 これは、相手からの申し入れを承諾したことを、謙譲表現の「ご承諾」を使用して伝えている例です。 先ほど例に挙げた「ご承諾いただき」や「ご承諾くださり」などは、「承諾」という動作をする人は相手です。 そのため、相手の動作を敬うために尊敬語として「ご承諾」と表現しています。 一方で、「ご承諾申し上げます」は自分が「承諾」という動作をしているので、「ご承諾」は謙譲表現となっています。 尊敬語と謙譲語はきちんと区別しておきましょう。 「ご承諾」の他の例文は? 先ほど見た尊敬語の表現として、「ご承諾のほど、よろしくお願いいたします」「ご承諾いただき、ありがとうございます」といった例文を考えてみましょう。 これらの例は、「承諾」の敬語表現としてはかなり強くなります。 「ご承諾」はこれだけで敬語表現となるので、「ご承諾」をさらに敬語表現にする使い方があるわけではありません。 「ご承諾のほど、よろしくお願いいたします」を「ご承諾のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」に変えるといった例では、「何卒」などの表現を加えてさらに敬意を高めています。 このような使い方はありますが、「ご承諾」という言葉自体をさらに敬語で表現しているわけではありません。 「ご承諾」と「ご了承」の違いは? 「ご承諾」と似た言葉に「ご了承」があります。 いずれも「ご」を使用した表現ですが、「承諾」と「了承」では意味が異なります。 これらの違いについて、詳しく見ていきましょう。 「了承」の意味は? 「了承」には次のような意味があります。 また、「ご承諾」のように「ご了承」と表現する例も多く見られます。 承知すること。 これを「ご了承」と表現すると、敬語表現として示すことができます。 例えば「ご了承ください」と表現すれば、相手に対して納得してもらいたいという状態を示します。 「ご承諾」と「ご了承」の意味の違いは? 「了承」にも「承諾」という意味が含まれています。 一方で、「承諾」以外にも「承知すること」や「事情をくんで納得すること」という意味も含まれます。 この点で、「了承」は「承諾」よりも広い意味で使用されることがあります。 また、「了承」は「納得すること」というニュアンスが強くなります。 一方で「承諾」は、他人の依頼や要望を聞き、受け入れるという意味が基本です。 これは、「受け入れる」というニュアンスが強くなります。 この点も、「納得する」という意味が強い「了承」との違いです。 これらの違いは、「ご承諾」と「ご了承」の違いでも見られます。 「ご了承ください」と表現すると、納得してもらいたいというニュアンスが強くなります。 一方で、「ご承諾いただきたく存じます」と表現すれば、こちらの要望を受け入れることや引き受けることを求める、というニュアンスが強いです。 「ご承諾」と「ご快諾」の違いは? 「ご承諾」と「ご快諾」は、「承諾」と「快諾」で意味が異なります。 詳しく見ていきましょう。 「快諾」の意味は? 「快諾」とは、次のような意味があります。 「ご快諾」のような使い方も見られます。 「資金の援助を快諾する」 「ご快諾」とは? 「快諾」は「快」の字にあるように、「快く承諾すること」という意味が基本です。 例えば、「ご快諾いただき、ありがとうございます」と表現すると、相手が快く承諾してくれたことに対し、尊敬語として「ご快諾」と表現し、お礼を述べています。 「ご承諾」と「ご快諾」の意味の違いは? 「承諾」は、他人の依頼や要求をもっともと思い、引き受けるという意味があります。 先ほど見たように、しぶしぶ引き受けるというニュアンスは少なく、「もっともと思い」という点に特徴があります。 そして、さらに快く引き受けるという状態が「快諾」です。 「承諾」と「快諾」のいずれも、しぶしぶ引き受けるというニュアンスではありません。 一方で、「快諾」は「快」の字が強調されているように、通常の「承諾」よりも「快く」という点が強くなります。 「ご承諾いただき、ありがとうございます」と「ご快諾いただき、ありがとうございます」を比較しても、「ご快諾」の方が「快く」という意味が強調されます。 例文をもとに使用する場面をイメージしよう! 今回は、「ご承諾」の意味や使い方、例文などをご紹介しました。 「ご承諾」は、「ご承諾いただき、ありがとうございます」などの例文をもとに考えると、イメージが浮かびやすいのではないでしょうか。 また、「ご承諾」は尊敬語として使用する場合のほか、謙譲表現として使う例も見られます。 こちらも例文から確認し、イメージをつかんでおきましょう。 また、「ご了承」や「ご快諾」などの言葉との違いも重要です。 似たような意味の言葉ですが、ニュアンスや使用する場面が異なるので、こちらもきちんとおさえておきましょう。 「ご承諾」の「ご」は敬語表現となります。 ビジネスシーンでは敬語を正確に使い分けることが重要で、「ご承諾」もその一つです。 例文をもとにイメージをつかみ、ぜひビジネスシーンで活かしてみてください。

次の

「早い返信ありがとう」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

ご返事いただきありがとうございます

「ご快諾」の意味と敬語 「ご快諾」の読み方は「ごかいだく」 「ご快諾」の読み方は「ごかいだく」となります。 「ご快諾」の意味は「気持ちよく相手の申し出や頼みを聞き入れること」 「快諾」の意味は「気持ちよく相手の申し出や頼みを聞き入れること」です。 「快諾」の「快」は「こころよく」という意味です。 「諾」は「う」と読み、「うん」の語源です。 「諾」は「うべなう」=「承諾する」の意味があります。 「快諾」はビジネスシーンなどで使用する堅い語で、「快諾を得る」などの形で使います。 「ご」は敬語の接頭語で、尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにもなる 「ご快諾」の「ご」は敬語を表す接頭語です。 接頭語「ご」は、修飾する動詞が誰の行為なのかによって、尊敬語(目上の人の行為にうやまう)、謙譲語(目上の人に対する自分の行為をへりくだる)、丁寧語(ただモノコトを丁寧にいう)のどれにでもなります。 謙譲語「ご」は他の謙譲語と組み合わせて、1つの謙譲表現とすることが多いです。 例えば「ご快諾いただく」などがあります。 これを二重敬語という人もいますが、この形で慣習的に広く使われているので、セットとして1つの謙譲表現なんだと把握しておけばよいでしょう。

次の