オリエント コーポレーション 家賃。 オリエントからの家賃督促連絡を無視するとこうなる!

会社情報 | 株式会社オリコフォレントインシュア:賃貸保証サービス

オリエント コーポレーション 家賃

オリコ オリエントコーポレーション の家賃保証で家賃を滞納すると、強制退去や立ち退き訴訟になることも• 滞納家賃の一括返済や、立ち退き時の原状回復費用、訴訟費用などが請求され、お金の面でも自力解決が難しい• 債務整理に強い弁護士や司法書士に無料相談することで、解決に向けて大きなメリットが得られる場合も多い この記事では、 オリコ オリエントコーポレーション の家賃保証で滞納してしまった場合の解決方法を解説していきます。 オリコはクレジットカード会社として有名ですが、以下のような家賃保証業務も行っています。 住まいるアルファ• 住まいるパートナー• スリーウェイサービス こうしたオリコの家賃保証サービスを利用しており、家賃を滞納してしまった場合について、解説をお届けしていきます。 オリコの家賃保証で家賃を滞納してしまった場合の対処方法 まず最初に、いますぐできる対処方法について解説します。 滞納した家賃を払える場合 すぐにオリコに電話して、支払の相談をしましょう。 滞納した家賃を払えない場合 返済を減額できる手続き 債務整理 があるので、すぐに検討をはじめましょう。 家賃の滞納は、実は借金と同じ「金銭債務」という扱いになります。 そのため、「債務整理」という手続きで、合法的に減額や免除が期待できます。 おすすめの減額シミュレーターを、ぜひ活用してみて下さい。 無料の減額診断だけでなく、 ・借金解決の相談も0円 ・手続きの依頼も初期費用無料でOK だから、「今すぐ支払いの悩みを何とかしたい!」という人に、頼もしい減額診断です。 「オリコから部屋を借りたわけじゃないのに、なぜオリコから家賃滞納の督促が来るの?」 そんな疑問の答えが、この 「家賃保証」というサービスになります。 家賃保証業務とは、賃貸物件の貸主 大家さん と借主 入居者 の間に入り、家賃の決済 支払い を仲介するサービスです。 借主が家賃を滞納してしまった場合、オリコが立て替え払い 代位弁済 を行い、滞納者に督促をして滞納家賃を回収します。 家賃だけでなく、物件明け渡し訴訟の費用や、退去後の原状回復費用、残置物処理費用なども、オリコの家賃保証サービスの一部に含まれているようです。 こうした家賃保証は、入居者にとって大きなメリットがあるものではなく、原理的には大家さんの利益を守るものです。 そのため、入居者としては「オリコを使っている」という実感が持ちにくいのですが、実際はこのように「オリコの家賃保証で契約している=オリコを通して家賃を払っている」という事になります。 オリコと家賃保証関連で業務提携している企業 オリコの家賃保証サービスには、ご紹介したとおり、「住まいるアルファ」「住まいるパートナー」「スリーウェイサービス」があります。 これらに加えて、オリコは家賃保証業務で、以下の企業とも提携を結んでいます。 旭化成賃貸サポート 株 連帯保証人不要システム「ヘーベルROOMSパートナー」• 日本レンタル保証株式会社• 公社の賃貸【神奈川】• 積和不動産 MAST• 大阪市住宅供給公社 債権回収会社から取り立てを受けたり裁判に訴えられる恐れもある 債権回収会社 サービサーとも呼ばれている は、他社から債権の回収を委託されたり、債権譲渡を受けたりして督促や取り立てを業務として行っている 取り立てのプロ企業です。 オリコが家賃保証業務を行っている家賃を滞納すると、オリコが大家さん 不動産管理会社 に代位弁済しますが、その求償債権を債権回収会社に譲渡したり、債権の回収を委託することも考えられます。 自社・オリエントコーポレーショングループ会社のオリファサービス債権回収やからも督促を受けたり、法的手段を執られた場合は訴訟を提起されたり支払督促が届くこともあるでしょう。 オリコの家賃保証で滞納すると、明け渡し訴訟や強制退去はいつ? 家賃を滞納してしまうと、 「強制退去」や 「明け渡し訴訟」が大きな心配になってきます。 オリコの家賃保証で滞納してしまうと、こうした法的手続きの執行はいつになるのでしょうか? オリコの家賃滞納による強制退去と立ち退き交渉・追い出し まずは、強制退去や立ち退き交渉、追い出しについて解説していきます。 この3つは、「部屋から追い出される」という意味では似ていますが、実態としては大きな違いがあります。 強制退去 合法 (ただし裁判所の命令が必要) 明渡訴訟(裁判)の判決に基づき、裁判所の許可のもとに行われる強制執行です。 裁判所の許可なく、強制的に退去させることはできません。 立ち退き交渉 合法 家主または代理人弁護士を通して、立ち退きを求めることです。 法律に基づいた、任意の交渉行為となります。 追い出し行為 違法 カギを無断で交換したり、家財道具を運び出すなど、強引に追い出すことです。 弁護士による立ち退き交渉…滞納2~3か月ごろから 順番としては、まず 「立ち退き交渉」が行われるでしょう。 といっても、立ち退き交渉は法律の定めにより、「大家さん」か「代理人弁護士」しか行えません。 そのため、オリコが直接行うのではなく、代理人弁護士によって行われると考えられます。 方法としては、法律事務所からの明け渡し要求の通知や、弁護士による自宅訪問などが考えられます。 なお、こうした立ち退き交渉は、判例に基づき、滞納2~3か月ごろから本格化すると考えられます。 滞納家賃の督促自体は、滞納1か月も経たないうちから行われるでしょう。 裁判所に申し立てが行われ、オリコ側の主張が認められれば、 「強制退去」となります。 なお、立ち退き交渉の弁護士費用や、物件明け渡し訴訟の訴訟費用なども、滞納者の負担として請求に加算されてしまいます。 違法な追い出し行為はオリコでは行われません 強制退去や立ち退き交渉とは別に、鍵の強制交換など、「不法な追い出し行為」と言われるものもあります。 ですが、こうした行為は不法となるため、オリコでは行われないものと考えられます。 オリコの家賃保証で滞納すると、滞納家賃や諸費用の請求・督促も 強制退去や明け渡し訴訟だけでなく、「滞納家賃に対する督促」もあります。 家賃の滞納を支払うかどうかと、物件を退去するかどうかは、別の問題になるからです。 この点は特に注意が必要で、「退去したからそれで終わり」とはなりません。 それどころか、安易に逃げ出してしまうと、請求額が跳ね上がる結果にもなりかねません。 そのため、「退去するかどうか」と「お金の問題」、この2つに向き合う必要が出てきます。 こうした問題の大きさと複雑さが、家賃滞納の自分での解決を困難にしてしまいます。 オリコから延滞家賃の督促が来たら、自力解決は困難…弁護士や司法書士に債務整理の相談を 自力での解決が難しい、家賃滞納の問題。 債務整理とは• 借金やローン、家賃滞納、携帯電話料金の未払い等、各種の金銭債務 滞納や未払い を減額・免除し、解決するための、国の認めた合法的な手続き• 「任意整理」「個人再生」「自己破産」「特定調停」といった方法がある• 手続きを依頼すると、取り立てが最短即日でストップすることも 任意整理 将来掛かる利息や遅延損害金をカットし、元金のみを3年程度の分割払いとする 個人再生 個人民事再生 全ての借金を5分の1~10分の1程度に減額し、3年~5年の分割払いとする 自己破産 資産を手放す必要があるが、全ての借金の返済義務が無くなる 債務整理には上記のように様々な解決方法が用意されています。 滞納した家賃そのものを減額することはもちろん、 家賃滞納の原因となっている理由が他の借金の返済が苦しいためといった場合でも、まとめて解決できるというメリットがあるのです。 弁護士・司法書士への無料相談だけでも、得られるメリットが大きい 債務整理を行うにあたっては、債務整理の得意な弁護士・司法書士への正式な依頼が必要となるでしょう。 自宅訪問を受けたとき、「弁護士 司法書士 に相談しています」と言える オリコの家賃保証の滞納では、「スタッフによる督促の自宅訪問」や「弁護士事務所による明け渡し交渉の訪問」が行われると考えられます。 こうした訪問を受けた際、 「弁護士 または司法書士 に相談しているので、お引き取り下さい」 「弁護士 または司法書士 に相談し、債務整理を検討していますので、お帰り下さい」 と伝えることができます。 こう言えるだけで、相手はすみやかに退去するしかない状態となります。 たとえば… オリコの家賃保証の滞納を債務整理する 他社の返済を任意整理で軽くしてお金の余裕を作り、オリコに返済する 過払い金があれば返還請求し、現在の返済滞納と相殺して解決する …といったように、いくつもの解決方法が考えられます。 「お金が払えない・返せない」を解決する方法は、一つではありません。 家賃滞納に限らず、他社返済も含めてトータルで解決できる場合も多くなります。 とはいえ、 「弁護士や司法書士に相談」と言われても、すぐに実践するのは難しいですよね。 そこで、まずは気軽な入り口として、 返済減額シミュレーションを利用してみましょう。 他の借金などの債務と合わせて、家賃滞納も、どのくらい減額できるのか、無料診断できます。 次のページでは、滞納した家賃を債務整理で解決する方法についてまとめていますが、「いきなり債務整理するのは気が引ける」という人のために、 『様々な返済もまとめて減額診断できるサービス』についても解説しています。 家賃滞納で、オリコから督促を受けてお困りの方は、ぜひこちらもご覧ください。

次の

住宅・建築:登録家賃債務保証業者一覧

オリエント コーポレーション 家賃

しかし全ての物件が対象ではなく、家賃支払のルールについては賃貸管理会社、または大家が決めることが多いため、大東建託・アパマンショップが賃貸管理をしている物件が対象ということになります。 なお、お部屋を紹介してくれた賃貸仲介会社が別の会社の場合、仲介手数料や敷金、礼金、といった初期費用はクレジットカード支払いができない場合もあるので注意が必要です。 なお2016年12月現在の情報となります。 一方で、家賃のクレジットカード払いには対応していない不動産会社がまだ多いものの、初期費用だけはクレジットカード払いができる不動産会社もあります。 家賃がクレジットカード払いできなくても、諦めず、初期費用については対応可能なのか、確認してみると良いですね。 クレジットカード以外に共通ポイントカードと提携している不動産会社も増えています。 共通ポイントが貯まるのは家賃の支払いに対する物でなく、賃貸契約成約や仲介手数料に応じたパーセンテージのポイントを付与するケースが多いです。 2016年12月現在、アパマンショップでは、ローソンなどで利用できるPontaポイントが貯まります。 Century21の株式会社不動産流通センターなどでは楽天ポイントが、レオパレス21ではdポイントが貯まります。 楽天ポイントについてはCentury21の他、賃貸住宅サービス、不動産案内センター、山口や福岡などを地盤とする地域密着型の不動産会社など複数の店舗が提携をしています。 お部屋探しに出かける時は、共通ポイントカードも持参しておいた方が良いかも知れませんね。 賃貸契約や仲介手数料で貯まる共通ポイント Ponta アパマンショップなど 楽天ポイント Century21、賃貸住宅サービス、不動産案内センター、他、地場不動産会社など dポイント レオパレス21など 不動産会社(大家)からすると同じ部屋を貸しているにも関わらず、クレジットカード払いに応じることで、受け取ることができる家賃の手取りが3,500円減ってしまうことになります。 できれば口座引落しなどの現金で満額受け取りたいという判断になることもうなずけます。 利用者側の視点から見てみると、日頃のお買い物であれば、カード払い可能な飲食店と不可能な飲食店であれば、クレジットカード払い可能なお店に行こうと判断が変わることもあるかもしれません。 各店舗は、こうした来客の機会を損失しない意味も含めて、カード会社に手数料を支払い、クレジットカード対応することも多いです。 一方、お部屋探しの場合は、間取りやエリア、家賃などの条件に関する優先順位の方が普通は高く、クレジットカード払いできるかどうかが賃貸契約の決定打になることは少ない、と考えられているのかもしれません。 クレジットカードで物を買うという行為は、先に現金を準備せず、支払能力の信用度を使って後からお金を払う買物といえます。 家賃となると1回あたりの金額も大きいため、カード会社の審査も厳しくなるでしょう。 審査が厳しくなると不動産会社が支払う手数料も高くなりがちです。 手数料の高さも、家賃のクレジットカード払いに対応していない不動産会社が多い1つの理由かもしれません。 後払いという特徴は、利用者としても支払いのタイミングが意識していなかった時に到来することもあるため、注意が必要です。 カード会社によって締め日のルールが異なり、部屋に住み始めてから翌月や翌々月など、意識していなかったタイミングで引落しがスタートすることもあります。 初期費もまとめてクレジットカード払いにした場合、忘れた頃にまとまった金額の引き落としがくることもあります。 クレジットカード払い可能なお部屋での新生活をスタートした場合、貯金残高も計画的に確保するよう注意しましょう。 手数料の高さや、賃貸契約の決め手として優先度の低さ、後払いである特徴などがあり、不動産会社側として導入に二の足を踏みがちだった家賃のクレジットカード払い対応。 冒頭にお伝えした大東建託やアパマンショップなどがクレジットカード利用に対応したことを受けて今後、増えていくことも期待されています。 お金をテクノロジーの力で便利にするFinTech(フィンテック)というトレンドがあります。 販売会社(今回のケースだと不動産会社など)がクレジットカード会社に支払う手数料も、テクノロジーの力で安価に抑えられるようになりつつあります。 不動産会社が支払う手数料がより安価になれば、クレジットカード払い可能な不動産会社も、もっと増えるかもしれません。 クレジットカード払いでこんなメリットも 家賃支払いの履歴が残り、家賃の回収もカード会社が一端をになうようになるなど、クレジットカード対応の導入は不動産会社にとってもメリットはあります。 利用者としてもポイントがもらえることももちろんですが、支払履歴などが管理しやすくなるでしょう。 内容の良いクレジットヒストリーを積み重ねることは、より有利なカードを作れるようになるなど、個人の信用力を高めることにもつながります。 家賃をクレジットカード払いできると、きちんと支払いを行うことで、クレジットヒストリーを育てることにもつながりますね。 クレジットカード対応をするためには不動産会社が手数料を払っていることがわかりました。 裏を返すと「手数料を支払っても損をしない家賃の金額設定になっている可能性もある」といえます。 クレジットカード対応のお部屋を見つけた場合には、周辺の相場より高くないか、チェックしてみることも大切です。 また、クレジットカードの設定には当初からリボ払いが設定されているものもあります。 これは、家賃を払うための注意点というよりは、カード選びの注意点に近いですが、そうしたカードを選択しないよう気をつける必要もあります。 支払い方法を分割払いなどにしてしまうと、手数料を多く払わなければならないこともあるため、注意が必要です。 専用のクレジットカードであれば家賃支払いができるというお部屋の場合、そのクレジットカードを作ることが本当に自分に有利なのかを考えることも大切です。 カードでポイントが貯まっても使いづらいポイントだとメリットが薄いですし、カードの枚数だけ増え、管理がしにくくなることにもなりかねません。 クレジットカード払い以外の家賃の支払い方法としては「1. 口座振り込み」「2. 自動引き落とし」「3. 直接支払」などの方法があります。 不動産会社や大家が近くにいて、直接支払うことができる「3. 直接支払」の場合、手数料が発生することは、ほとんどないでしょう。 しかし、受付してもらえる時間帯にあわせて毎月出向く必要があり、面倒に感じるかも知れません。 自分の銀行口座から不動産会社や大家の銀行口座に対して振り込んだり、自動引き落とししてもらう「1. 口座振り込み」と「2. 自動引き落とし」の場合、通常金融機関の手数料がかかります。 手数料は入居者が負担することになる場合が多いため、節約できると嬉しいですね。 例えば、ネット銀行や、銀行との残高など取引内容によっては、他行に対する振込手数料が一定回数無料という金融機関もあります。 他行に対する振り込み手数料が抑えられる銀行口座を開設し、まとまったお金を預けておいて、そこから家賃を支払うようにすると有利でしょう。 家賃用のお金を、予めまとめて預けることが厳しいケースもありますね。 ネット銀行の中には「定額自動入金」というサービスをしているところもあります。 給与振込口座などから、当該のネット銀行(自行)に対して毎月一定額を入金する場合、手数料を無料にするというサービスです。 こちらのサービスを使えば、家賃相当額を毎月手数料をかけず移動させ、他行への振込手数料が安い銀行口座から振り込むこともできます(定額自動入金と他行振り込みの手数料安価、両方を備えている金融機関の口座を開く)。 不動産会社や大家が指定した振込先金融機関と同じ金融機関の口座を持っているようであれば、そちらの口座から振り込むようにするのも良いですね。 同一金融機関間であれば、手数料は無料であったり、安価になることが多いです。 一般的に毎月自動引き落としにする手数料よりも、毎月月末に自分で振り込み操作を行う等する方が、手数料は安いことが多いです。 この場合、振込忘れをしてしまうと不動産会社や大家から督促を受けてしまう事態になることもありますし、場合によっては遅延金がかかる場合もあります。 手数料はもちろん抑えたいですが、滞納になってしまう事態にならないよう気をつけましょう。 毎月手動で振り込む場合はスケジュール帳などに書き込んで入金期日をしっかりと管理するのが安全でしょう。 UR都市機構の物件などでは1年分や2年分など、家賃を前払いすることで割引が受けられるサービスがあります。 また子育て世帯、新婚世帯、親世代の近くに住む場合に受けられる割引や、自治体によっては助成金が出ることもあります。 類似のサービスで家賃の軽減が受けられないか、相談してみると、有利な支払い条件を模索できるかも知れません。 クレジットカードで家賃を支払うことができる部屋はまだ少ないですが、引落しに使う口座を研究したり、支払い方法のまとめばらいなどを検討する、親世代の近くに住む割引特典などを利用するなど、工夫次第で負担を軽くできる方法があります。 有利な方法を見つけて、少しでも家賃の負担を軽減できると嬉しいですね。 クレジットカード払い以外で家賃負担を軽くする方法 不動産会社(または大家)指定の口座と同一の金融機関から振込を行う 他行振込手数料が一定額かからないネット銀行などを利用する 定額自動入金サービスなどを利用して手数料の有利な金融機関から振込を行う まとめ払いなどで割引をうける 親世代との近居割、新婚割引、子育て世帯割引などのキャンペーンを利用する 自治体の補助、助成もチェックする.

次の

【ホームズ】オリエントコーポレーション藤ケ丘社宅の建物情報|愛知県長久手市作田2丁目108

オリエント コーポレーション 家賃

記事の目次• オリコの家賃保証で家賃滞納したら? 強制退去させられる? 賃貸物件を契約したときに、オリコが保証会社に入っているという人もいるでしょう。 保証会社なので、家賃を滞納したときに代わりに支払ってくれますが、その後は一体どうなるのでしょう。 即刻強制退去になったら大変です。 家賃を滞納したらどのようなことになるのか、詳しく見ていきましょう。 支払いがないと督促の電話がくる 家賃の引き落とし日に引き落としがされないと、まずは家賃支払いの督促の電話がかかってきます。 督促の電話は、滞納後2~3週間でかかってくることもあります。 督促電話により口座に入金し忘れていたことに気づいた場合は、その旨を伝えた上で支払いの相談をしましょう。 滞納3か月で立ち退き交渉 督促の電話を受けても家賃を支払わなかった場合、次は「立ち退き交渉」が行われることになります。 滞納してから2~3か月後あたりから、本格的に立ち退き交渉が行われます。 立ち退き交渉は、貸主か代理弁護士しか行えないと法律で定められているため、オリコが直接行うことはありません。 具体的な立ち退き交渉としては、弁護士から明け渡し要求の通知が送付されてきたり、弁護士が直接自宅に訪問してたりしてくることがあります。 最終的には強制執行される 明渡し交渉でも借主が退去しない場合、最終手段として「物件明渡し訴訟」へとすすみます。 裁判所に申立てされ、オリコ側の主張が認められた場合、強制退去となってしまいます。 その場合は立ち退き交渉の弁護士費用や、明渡し訴訟費用などは、借主が支払わなければなりません。 解決までの期間が長くなるほど、支払う費用が増大していきますので気を付けてください。 オリコと言えばクレジットカードを思い浮かべますが、家賃保証サービスというものも業務として行っています。 オリコの他にも、ジャックス、アプラス、エポス、セディナなどのクレジットカード会社も家賃保証サービスに参入しておきており、今後もこのような傾向が続くことが予想されます。 では、オリコの家賃保証サービスとは、一体どのようなものなのか説明していきます。 オリコの家賃保証業務とは? オリコの家賃保証業務とは、賃貸契約における貸主(大家さん)と借主(入居人)との間に立ち、家賃の支払いを仲介する業務のことを言います。 仮に借主が家賃を滞納した場合、オリコが滞納分を立て替えて貸主に支払うことになり、借主は立替え分をオリコに返済することになります。 また、このような家賃回収業務だけでなく、退去時の原状回復費用や残置物処理費用の回収なども業務に含まれています。 オリコでは保証料を受け取りますが、その費用は借主が負担することになります。 家賃保証会社を使うメリットとは? これらの業務内容からも分かるとおり、オリコの家賃保証業務は主に貸主の利益を第一に考えているものです。 貸主から見た、オリコなどの家賃保証会社を、利用するメリットには次のものがあります。 家賃滞納があっても代わりに支払ってもらえる• 保証人がいない借主にも貸せるようになる• オリコに入居者審査をしてもらえる• 家賃の督促や回収の手間が省ける• 明渡しなどの費用も保証してもらえる• 保証料は借主が支払う 一方、借主にとっては、ほぼメリットはないと言えます。 家賃を滞納した場合、オリコが一時的に支払ってくれますが、それは返済義務があるものです。 オリコと業務提携している企業はどこ? オリコの家賃保証サービスには次の3つがあります。 住まいるアルファ• 住まいるパートナー• スリーウェイサービス これらの他にも、次の企業とも業務提携しています。 旭化成賃貸サポート㈱連帯保証人不要システム「へーベルROOMパートナー」• 日本レンタル保証株式会社• 公社の賃貸【神奈川】• 積和不動産(MAST)• 大阪市住宅供給公社 オリコが利用できるか、入居前にしっかりと確認をしておきましょう。 関連記事をチェック! オリコの家賃保証審査にとおらない理由とは? 賃貸物件に入居するためには審査を受けることになりますが、その審査では家賃の支払い能力や適正などがチェックされます。 審査基準は保証会社によって異なりますが、もし審査に落ちてしまったときは、何らかの理由があるはずです。 オリコの家賃保証審査に落ちてしまう、主な理由について説明していきます。 クレジットカードの支払いを延滞している これまでにクレジットカードの支払いが滞納したことがある人は、延滞の事実が個人信用情報機関に登録されているため、審査に落ちてしまうことが考えられます。 気を付けたいのは、オリコだけでなく他のクレジットカードの延滞も影響しているということです。 また、クレジットカードの延滞だけでなく、カードローンなどの借入返済の延滞、携帯料金の滞納なども審査に落ちてしまう原因となります。 どんなに年収が高く上場企業に勤務している人でも、信用情報にキズがあると審査にとおるのは難しくなります。 過去に家賃保証を利用していて家賃を滞納したことがある 過去に賃貸物件を借りたときにも家賃保証サービスを利用しており、家賃の滞納をして督促などを受けていた場合も、審査に落ちてしまう原因になります。 もし利用する保証会社が保証業協会に加入している場合、家賃滞納や督促などの情報が共有され、他の保証会社の審査に落ちてしまう可能性があります。 その場合は、保証人を立てるなどの必要が出てきます。 関連記事をチェック! 家賃が払えない場合の対処法とは? 家賃を滞納し続けていると最終的には強制退去となってしまい、立ち退きにかかった費用なども負担しなければならなくなります。 家賃を払わずに逃げ回っていると、いずれ訴訟に持ち込まれ家賃滞納が明るみに出ていまい、職場などにもバレてしまうことになります。 社会的に大きなダメージを受けることになりますので、強制退去などにならないように、対策を練る必要があります。 まずは支払いについて管理会社と相談する 「家賃が払えない」と思ったら、まずは管理会社に連絡し、家賃が払えないことを伝え相談してみましょう。 同じ滞納でも、ただ逃げ回るのではなく、支払う意思はあるが支払えない事情を丁寧に説明する姿勢が大事です。 例えば、「勤務先が倒産してしまい、次の職が見つかるまで家賃が払えない」といった事情であれば、次の職が見つかるまで家賃の支払いを猶予したり分割払いにしたりするなどの対応をしてもらえるかもしれません。 いずれにしても、正直に現状を説明することが大切です。 カードローンで借りる カードローンでお金を借りるのも、ひとつの方法です。 カードローンを利用したことがない人は借りることに抵抗があるかもしれませんが、銀行のカードローンであれば金利も低く安心して利用できるのではないでしょうか。 しかし、銀行のカードローンはすぐにお金が借りられるわけではないため、今日明日中に家賃を支払わなくてはならない場合は、消費者金融のカードローンを検討してみましょう。 大手消費者金融であれば、自動契約機もたくさんありますし、何よりも即日借入れが可能となっています。 土日でも借り入れできますので、何とかして家賃を工面しなければならないときに心強い味方となってくれるでしょう。 親に借りる カードローンはやっぱり不安という人は、親に頼んで家賃分のお金を借りられないか相談してみましょう。 親に頼むとお小言が待っているとブルーになりますが、身内でお金を借りるのが最も早く安全ではないでしょうか。 親に借りる場合も事情をきちんと説明して、理解してもらった上で借りて、身内だからと言って甘えずに後で必ず返すようにしましょう。 お金が原因で親子の縁が断ち切れるというケースもありますので、借りたものはしっかりと返すようにしてください。 関連記事をチェック! どうしても払えないなら債務整理という方法も 収入が途絶え(減り)、カードローンも利用できず、親からお金を借りることもできないとなると、もうどうにも支払うことはできません。 どうしても支払えない場合「債務整理」という言葉が頭をよぎりますが、家賃滞納による債務整理も認められています。 強制退去となると、滞納した数か月分の家賃と立ち退き訴訟に要した費用を全額支払わなければなりませんが、債務整理をすればそれらを支払う義務がなくなります。 ただし、債務整理をすると、連帯保証人(保証人)に迷惑がかかることを忘れてはいけません。 借主が債務整理をすると、連帯保証人に支払い義務が移行します。 したがって、債務整理をする場合は、事前に連帯保証人に事情を説明し、その後の対応についても相談しておくことが大事です。 まとめ オリコの家賃保証サービスを利用している場合は、家賃滞納があると最終的には強制退去となってしまいます。 滞納分の家賃や立ち退きに要した費用をすべて支払う義務があるため、もし家賃が払えないときは管理会社に正直に事情を説明し、今後の支払いについて相談するようにしましょう。

次の