トランプ 大統領 会見。 トランプ氏、会見で記者を罵倒 追及に「ひどい報道だ」:朝日新聞デジタル

トランプ米大統領が会見を突然退席、ホワイトハウス近くで発砲か

トランプ 大統領 会見

(CNN) トランプ米大統領の側近はトランプ氏を再び新型コロナウイルスに集中させようとしているが、トランプ氏は依然として、政権の医療の専門家を批判したり新型コロナウイルスへの対応に疑問を投げかけたりするさまざまな人々から情報を得ていることがわかった。 情報筋が明らかにした。 トランプ氏は新型コロナウイルスに関する日々の記者会見を再開し、ワクチンの進展や新型コロナウイルスに対する治療について喧伝(けんでん)している。 しかし、CNNの記者が、トランプ氏に対し、マスクの着用を軽視したりエイリアンのDNAを治療に利用したと示唆したりした医師を支持する発言をしたことについて質問すると、トランプ氏は会見を打ち切り、会場を後にした。 トランプ氏は1カ月以上ぶりに国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のファウチ所長と会話を交わしたが、トランプ氏が耳を傾けているのは引き続き、外部の支持者のほか、矛盾したアドバイスを送ったり、ときとして誤った情報を伝えたりする一部の政権内部の人物のようだ。 トランプ氏はファウチ所長との関係について「非常に良い」としたが、ファウチ所長に対する支持率が高いことに疑問を投げかけた。 トランプ氏は、ファウチ所長の支持率が高いことに言及し、自身や政権についても高い支持率が得られるのではないかとしたが、支持率が低いのは自身の性格のせいではないかとも付け加えた。 トランプ氏は27日、ファウチ所長が米国を多くの点で誤った方向に導いたと主張する投稿をリツイートしていた。 トランプ氏はまた、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」に関する一連の動画をリツイートしたが、この動画は後にツイッターによってマスクの着用や未確認の薬物についての誤った情報が含まれているとして削除された。 この医師は動画で「マスクの着用は必要ない」と発言していたほか、過去には治療にエイリアンのDNAを利用したなどと語ったこともあった。

次の

会見中のトランプ大統領“銃撃”で一時退室

トランプ 大統領 会見

FXニュース:2020年05月29日(金)23時15分 【NY為替オープニング】トランプ米大統領の会見に注目、中国問題 ・パウエル米FRB議長がオンライン討論会参加 ・トランプ米大統領が中国を巡る会見 ・メスター・クリーブランド連銀総裁「将来の段階としてイールドカーブコントロールも協議のひとつ」 29日のニューヨーク外為市場では米中関係悪化が警戒されリスク回避の動きが優勢となる。 米国のトランプ大統領が中国に関して会見を予定しており、内容に注目が集まる。 また、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長がオンライン討論会に参加を予定しており経済の見通しや金融政策に関する発言に注目が集まる。 ウイルスの初動対処が不十分で透明性に欠けたことに加え、香港に国家安全法を導入する決定をしたため、米国政府は中国政府に対する方針を変更する可能性がある。 中国の高官や企業を対象とした制裁発動の可能性、米国証券取引所に上場している中国企業に対する規制を強化し上場廃止に導く可能性や学生や研究者向けの旅券発行を制限する可能性などが報じられている。 万が一、第1弾米中貿易協定が撤回されることになると、経済の新たなリスクになり得る。 景気後退に対処するためFRBは必要である限り実質ゼロ金利や無制限量的緩和(QE)を 継続する方針を示している。 パウエルFRB議長は経済活動が再開したとしても危機前の状況に改善するまでには時間がかかるとしているほか、万が一、感染「第2波」が起った場合、経済が一段と悪化し、恐慌のような状況に陥る可能性を警戒しており、これを回避するためにも財政や金融の追加措置が必要となる可能性を度々指摘している。 追加緩和の手段として、FRBがマイナス金利を導入することは考えにくいが、フォワードガイダンス、イールドカードコントロールが選択肢となる。 特に、FRBがいずれイールドカードコントロールに踏み切るとの見方が強まりつつあり、議長が前向きな姿勢を示した場合、ドル売り圧力を強める。 ・ドル・円は、200日移動平均水準の108円35 銭を上回る限り上昇基調。 ・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1. 1012ドルを下回っている限り下落基調。 ・ドル・円107円13銭、ユーロ・ドル1. 1132ドル、ユーロ・円119円26銭、ポンド・ドル1. 2368ドル、ドル・スイス0. 9620フランで寄り付いた。

次の

トランプ大統領、コロナ記者会見を再開へ…選挙集会代わりに利用か : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

トランプ 大統領 会見

FXニュース:2020年05月29日(金)08時00分 東京為替見通し=ドル円、トランプ米大統領の会見への警戒感から上値が重い展開か 28日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは、欧州委員会による復興計画案を好感した買いが継続し1. 1093ドルまで続伸した。 ユーロ円も119. 40円まで続伸した。 ドル円はリスク・オンのドル売りで107. 57円まで軟調に推移した。 本日の東京為替市場のドル円は、本日予定されているトランプ米大統領の記者会見への警戒感から上値が重い展開が予想される。 昨日の全国中国人民代表大会では、香港の「国家安全法」を制定する方針が採択された。 「香港版国家安全法」は、国家分裂や政権転覆、組織的なテロ活動や、米国を中心とした西側諸国による香港への干渉を排除するものであり、「一国二制度」を形骸化するものである。 さらに、香港の外国人裁判官を治安に関する審理から排除すること、香港に国・市の治安機関を設立すること、対象範囲を個人だけでなく組織にも拡大することを目指している、と報じられている。 クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は、「極めて大きな過ちであり、米国はこの責任を中国に問うことになる」と述べ、ポンペオ米国務長官は、「香港の自治に死を告げる鐘になる」と非難している。 トランプ米大統領は、香港版国家安全法が成立した場合、中国に対する制裁措置を打ち出す、と警告し、国交断絶も辞さない構えを示していたことで、本日のトランプ米大統領の記者会見への警戒感が高まりつつある。 トランプ米政権は、「香港人権民主法」に基づき、「一国二制度」を前提として香港に認めている関税やビザに関する優遇措置存続の是非を見直すことができるため、香港は、貿易投資や金融に関して特別な地位を失うことになる。 さらに、通商合意第一段階は破棄され、第2次米中貿易戦争が勃発する可能性が高まることになる。 ドル円の注文状況は、上値には、3月日銀短観2020年度ドル円想定為替レート107. 98円を意識した本邦輸出企業からの売りオーダーが107. 90円、108. 00円から108. 50円にかけて断続的に控えている。 下値には、107. 30-50円に断続的にドル買いオーダー、割り込むとストップロス売り、107. 20円と107. 00円にもドル買いオーダーが控えている。 ドル円のテクニカル分析では、上値には、200日移動平均線の108. 35円や一目均衡表・雲の上限108. 41円が抵抗帯として控えており、下値には、基準線107. 04円、一目均衡表・雲の下限106. 71円が支持帯として控えている。

次の