令和たけちゃん 気持ち悪い。 令和たけちゃんが気持ち悪い?何者で年齢は?【ユーチューバー】

PiDEA

令和たけちゃん 気持ち悪い

最後の最後まで営業を続けたパチンコ店、アムディ亀有店の前である事件が起こった。 4月29日、同店に向かって1人の男性ががなり立てる動画がネット上に出回ったのである。 君たちは病人なの、異常者、狂ってるの。 子供たちはね、大人しく外出自粛しているさなか、君たちはパチンコ打ちにいくのか。 3密だろうがおい!」 実に気分の悪くなる物言いで、パチンコ業界から一気に敵認定された動画を撮影した張本人は、YouTuberの令和タケちゃんだ。 2年頃前から撃退・報道系YouTuberとして活動を始め、渋谷の喫煙所でルールを守らない利用者を高圧的に注意したり、公職選挙法違反をしていた立候補者を私人逮捕したりといった動画をアップしているお騒がせ系YouTuberである。 現在26歳の令和タケちゃんは、大分出身で18歳から21歳までの3年間、陸上自衛隊第4師団第4戦車大隊の戦車准尉として任期をまっとうした元自衛官である。 現在は、サラリーマンと二足のわらじでYouTuberをやっている。 当編集部の取材時点では、アムディ亀有の動画はまだアップされていないが、間違いなく彼の所業であることを確認した。 なぜあのような動画を撮ったのか。 「多くの人が外出自粛をされている中で、私もそうだけど居酒屋に行くとかいろんなことを我慢しています。 お店を開ける開けないというのは都や国とのやりとりなので口は挟みませんが、私がカチンときたのが、パチンコを打ちにいく人たちなんですよ」 話を聞いてみると、彼の怒りの矛先になったのは、営業を続けたパチンコ店ではなくパチンコ店に遊びに来ていた人たち。 「子供たちが遊びにいくのを我慢している最中で、我欲を優先しこういう時でも打ちたいというのが許せなかった」という。 パチンコ店に特別な感情はなく、「他の業種でも同様のケースがあれば動画を撮りにいくと思う」という。 たまたま自宅から遠くない距離に世間的にも話題の店舗があったからという理由で同店に並ぶ人たちがターゲットとなった。 交通事故のようなもので、来店客からしたらたまったものではない。 なぜ彼がそこまで吠えるのかは、元自衛官ということもあり、日本を悪くする私腹を肥やす政治家や悪徳企業が許せない愛国心からだ。 国をよくしたい、国を守りたいという一念が、渋谷のタバコ動画や権力者に対しての牽制動画につながっている。 「路上喫煙をして街を汚していて、それを見た外国人がどう思うのか。 日本はマナーが整っている美しい国だと言われているのに、蓋を開けてみたらノースモーキングというポスターが貼ってある目の前で路上喫煙をしている。 そして、それを注意したら逆上する。 いつからこんな国になったんだろうと。 そういうことを1つずつ変えていったら、少し考え方が変わるんじゃないかという問題提起をしているのです」 彼には彼の正義があり、第三者が立ち入るべきではない。 ただ、「アムディ亀有事件」においては、並んでいる客に対し明らかな肖像権の侵害と店に対する妨害行為であろう。 お騒がせ系YouTuberとして「一線は越えないようにしています」というが、今回の件はさすがに逸脱していないだろうか。 「公益性があるから問題ないと思っています。 訴えるなら、裁判を待っているぞという感じです。 一線を越えないというのは、刑事事件はの話です。 民事は受けて立つ構えです。 (業務妨害については)それも分かっていたので店や店員には触れていません。 公道だと表現の自由になりますから。 店舗に入って『なんだこのやろう!』とやったら刑事事件になってしまいますけど、もし訴えるのであればこっちも動画を回した上で受けますよ」 撃退・報道系YouTuberであるため訴えられるリスクに関してはある程度覚悟の上だ。 とはいえ、あんな動画を頻繁に出されては、業界側の立場としては困る。 インタビューの最後に「あんな動画はもう絶対に撮らないでほしい」と伝えてみた。 「…………はい。 気持ちは分かります。 まぁ、パチンコ業界さんにお願いしたいのは、『あなた方がパチンコ店に行くことによってパチンコ業界も悪影響を受けます。 本当にパチンコを好きなんであれば今は来ないでください』とお客さんに伝えるべきじゃないでしょうか。 自らパチンコを潰しているんです。 どうしても行かなきゃいけない理由があるのであれば、その理由を明確に記者会見なり起こすべきじゃないかなと。 マスコミに対して『行ったら悪いのか!?』と開き直るようなことは誰がどう見ても叩かれる所ですよ」 一般人が記者会見というのは少々理解に苦しむが、どうしても今行かなければならない理由はたしかにない。 パチンコ業界の教訓としては、こうしたYouTuberをのさばらせないためにも、誰がどうみても納得する対策を講じる必要があるということだ。 , , ,.

次の

武村ゆかの♡ゆるり♡令和日和

令和たけちゃん 気持ち悪い

こんな時間まで起きていられるのは、6日まで仕事がお休みで、しかも不要不急の用事がない限り外出自粛期間で、 時間の使い方が自由だから。 といっても、最低限の買い物と部屋の片づけをして、モンスターハンターアイスボーンと、 あつまれどうぶつの森と、ネットで日本経済新聞の社説なんかを印刷して読んでみたり、リア友とSkypeで話したりしてたら、 夕食の時間と風呂の時間になり、大好きなライバーさん、配信者さんのライブ配信を見ていたら、このような時間になりました。 約束したんだよ。 このブログ更新するのを。 あるライバーさんとね。 それがブログ更新のモチベーションを上げている。 とはいえ、行き当たりばったりで書いているから、お見苦しい所は許してください。 本当にこの連休、このご時世で、みんな自粛生活で、窮屈かもしれないけど、 私は、何をしていようが、全てが有意義な時間だと思いますね。 何故そう思いますか?ですって? みんな、一生懸命に生きようとして、自粛されていますから、 この一瞬一瞬が、精一杯だから。 そのなかで、何か得るものが必ずあると思います。 生きている証になるものが、必ずある。 わかるかなぁ。 私が言いたいこと。 このご時世、みんな、過ごしていく時間は平等にあるけれど、 未来の自分が、ふとこの時間を振り返ってみた時に、 どう過ごしたか忘れているかもしれないけれども、未来の自分が立っているこの一点につながる 道の上に居たんだということに間違いない。 今この瞬間に決意したこと、それが未来につながるんだということだよ。 それは遠い未来に限らず、明日、一週間後、一か月後、一年後、 目標を決めて、それに向かって、今何をすべきかを今の自分が意思決定して、 行動していく。 みんなそれぞれ、目標は自分で設定して、がんばるんだよ。 今、悩みがあって、苦しんでいる方も、その経験が、未来の一点の自分につながる大切なことなんだ。 そう考えると、過去の辛かった悩み多き自分が、とても愛おしく思える。 雪の日だったらしい。 小さいころ、両親は病気がちだった僕を大事に育ててくれた。 今でも、僕を子供の頃と変わらず、大事に見守ってくれる。 なのに、僕は、、、 親の心配をしり目に、体に悪いことをしてしまっている。 それはいけないことだとわかっているのに。。。 もっと自分を大事にしなくちゃ。 何よりも自分がよく知っているはずだ。 母は、とても心配する。 体のこと。 仕事のこと。 毎日、お弁当を作ってくれてるのに。。。 父も心配してくれる。 こんな時は、一番、僕がもっと両親を大事にして、何よりも心配しないといけないのに。 なのに僕は、、、、なんてことをしているんだろう。 こんなことをしていていいのか。 もっと将来のために、何かしなくてはいけないこと、あるだろう。 知り合いになった人は、とても効率を考える人で、頭がいい。 効率がいいことがベストなのかは、分からないけど、 僕は、これまで、たくさん、経験してきた中で、一番効率よく、今の自分を築き上げてきたんだと思いたい。 人間関係やら、仕事やら、色々巡り巡って、今にたどり着いた。 それが真実。 これからの自分は、自分が思っている事、考える事、気持ちに素直になって、やりたいことをやって、 自分をより高めていけるようになりたい。 やっとか、、、、でも気づけた。 人生に、今さら遅いなんてない。 後悔なんてしたくない。 今まで、僕をサポートしてくれた、福祉のスタッフ全ての人に報いるためにも、 僕が、社会で活躍して、成長して、感謝の気持ちとして、何かお返ししたい。 僕に関わってくれて、サポートしてくださった方々に、ちゃんとお礼がしたい。 今、みんなしんどい時期だけど、それが過ぎ去った後には、もし、生き残れたら、 大きな自信になっていられるように、今、がんばって生きようと思う。 現状維持が精いっぱいかもしれない。 でも、乗り越えたっていう自信は一生ものだ。 祖父が大東亜戦争で戦い、負傷し帰国してからは、祖母と二人で苦労して二人の子供、母と叔父を育て上げ、 僕もこの世に生を受けた。 あの戦争を生き延びた強さは、宇宙一の強さだよ。 僕は足元にも及ばない。 優しい祖父母だった。 天国で仲良く暮らしているのかな。 昭和の日は、激動の昭和時代を回顧し、国の将来に思いをいたす日。 僕は、昭和の時代が懐かしく、あの子供のことに嗅いだ匂いがもう感じられないことが、 残念だが、来世には、また同じ両親のもとに生まれたい。 それはかなわないかもしれないから、今のうちに、両親にたくさん甘えて、そして孝行して、 たくさん、議論しておきたい。 とうとう、こんな時間になってしまった。 以上、全て、寝る前の薬を飲んでから書いたので、 変な日本語になっているかもしれないことをお詫びします。 では、また機会があれば、このブログを更新します。 こんばんは!! パソコンからいつも書いてますが、今回はスマホからログインして書いてます。 最近、金使いが荒いというか、もう自分の欲望のままに、やばいな〜とか思いながら後先考えずに使っちゃってます。 5月には石垣島の友達のところに遊びに行く予定も立てています。 早割りの格安航空チケットも買っちゃったから、これキャンセル出来ないから絶対行くしかない!! 石垣島では晴れたら、シュノーケルで海で泳いで、写真撮ってもらって、昼からオリオンビール飲みながら石垣牛食って、夜は宿近くのガールズバーで飲みたいなー。 居酒屋で魚もいいなー。 この身分では、超豪遊だよ。 八重山織を見たり、ホタルはいるかな?居たら見たいな。 行く日程では夜空は満月に近いので、天の川は無理っぽいなー。 サップもやりたいなー。 写真を沢山撮りたいなー。 友達と飲みながら話しながら、3回目の再会を喜びあいたい。 また、今年は東京五輪が延期になるだろうと予測。 4月の終わりには友達とPayPayドームに野球観戦しに行く予定だ。 チケットもバッチリある。 ばりばり楽しみっちゃんねー。 福岡地方の方言で めちゃくちゃ楽しみなんだよねー。 さあ、明日も仕事を頑張るぞ!! おーーーーー!! 最初に、このブログの更新が滞っていること、誠に恐縮です。 いつの間にか、ブログ作成画面のデザインが更新されていて、使い勝手がよくわかりませんが、 普通に文字をタイピングしていて、後で、色を付けたりできるのかなぁと、最初にカタカタと文字を つらつらとタイピングしています。 では本題、4月1日午前11時42分ごろかなぁ、、、職場の大きなテレビジョンで生放送を見ました。 新元号は、『令和』!!ん?まず、ローマ字でREIWA頭文字Rだな、と確認し、なるほど、 明治のM、大正のT、昭和のS、平成のHのどれとも被らない。 万葉集の一節から登用されたとな。 それにしても、キラキラネームっぽいなと最初の印象でした。 しかし、そんな第一印象は、時間が経つにつれ、薄れ、 令和時代というのは、どんな時代になるだろうと、ワクワクしてきた。 令和と名の付く会社が何社かもう既に生まれているらしい。 昭和時代に私は生まれましたが、平成を生きぬき、ついに令和時代が始まるんだと思った時に、 まさに平成時代よ、わが人生の青春時代からお世話になり、ありがとうございますという、感謝の気持ちが湧いて出た。 令和時代は、さらなる人生の発展を願いたい。 社会と共に。 今現在、明治生まれの方は、ご存命でいらっしゃり、まさに、1明治2大正3昭和4平成5令和と、天皇陛下の5世代を 生きぬいてこられたということで、年齢も世界最高齢ということで、ギネス世界記録保持者でもあられる。 日本、しかも福岡県にご在住ということだ。 福岡すげー。 令和という新元号時代は、どんな社会になるだろう。 きっと、いい時代になっていることを期待して、 平成を振り返りながら、新しい令和の時代を迎えていこうと思います。 2017. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2014. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010.

次の

PiDEA

令和たけちゃん 気持ち悪い

こんな時間まで起きていられるのは、6日まで仕事がお休みで、しかも不要不急の用事がない限り外出自粛期間で、 時間の使い方が自由だから。 といっても、最低限の買い物と部屋の片づけをして、モンスターハンターアイスボーンと、 あつまれどうぶつの森と、ネットで日本経済新聞の社説なんかを印刷して読んでみたり、リア友とSkypeで話したりしてたら、 夕食の時間と風呂の時間になり、大好きなライバーさん、配信者さんのライブ配信を見ていたら、このような時間になりました。 約束したんだよ。 このブログ更新するのを。 あるライバーさんとね。 それがブログ更新のモチベーションを上げている。 とはいえ、行き当たりばったりで書いているから、お見苦しい所は許してください。 本当にこの連休、このご時世で、みんな自粛生活で、窮屈かもしれないけど、 私は、何をしていようが、全てが有意義な時間だと思いますね。 何故そう思いますか?ですって? みんな、一生懸命に生きようとして、自粛されていますから、 この一瞬一瞬が、精一杯だから。 そのなかで、何か得るものが必ずあると思います。 生きている証になるものが、必ずある。 わかるかなぁ。 私が言いたいこと。 このご時世、みんな、過ごしていく時間は平等にあるけれど、 未来の自分が、ふとこの時間を振り返ってみた時に、 どう過ごしたか忘れているかもしれないけれども、未来の自分が立っているこの一点につながる 道の上に居たんだということに間違いない。 今この瞬間に決意したこと、それが未来につながるんだということだよ。 それは遠い未来に限らず、明日、一週間後、一か月後、一年後、 目標を決めて、それに向かって、今何をすべきかを今の自分が意思決定して、 行動していく。 みんなそれぞれ、目標は自分で設定して、がんばるんだよ。 今、悩みがあって、苦しんでいる方も、その経験が、未来の一点の自分につながる大切なことなんだ。 そう考えると、過去の辛かった悩み多き自分が、とても愛おしく思える。 雪の日だったらしい。 小さいころ、両親は病気がちだった僕を大事に育ててくれた。 今でも、僕を子供の頃と変わらず、大事に見守ってくれる。 なのに、僕は、、、 親の心配をしり目に、体に悪いことをしてしまっている。 それはいけないことだとわかっているのに。。。 もっと自分を大事にしなくちゃ。 何よりも自分がよく知っているはずだ。 母は、とても心配する。 体のこと。 仕事のこと。 毎日、お弁当を作ってくれてるのに。。。 父も心配してくれる。 こんな時は、一番、僕がもっと両親を大事にして、何よりも心配しないといけないのに。 なのに僕は、、、、なんてことをしているんだろう。 こんなことをしていていいのか。 もっと将来のために、何かしなくてはいけないこと、あるだろう。 知り合いになった人は、とても効率を考える人で、頭がいい。 効率がいいことがベストなのかは、分からないけど、 僕は、これまで、たくさん、経験してきた中で、一番効率よく、今の自分を築き上げてきたんだと思いたい。 人間関係やら、仕事やら、色々巡り巡って、今にたどり着いた。 それが真実。 これからの自分は、自分が思っている事、考える事、気持ちに素直になって、やりたいことをやって、 自分をより高めていけるようになりたい。 やっとか、、、、でも気づけた。 人生に、今さら遅いなんてない。 後悔なんてしたくない。 今まで、僕をサポートしてくれた、福祉のスタッフ全ての人に報いるためにも、 僕が、社会で活躍して、成長して、感謝の気持ちとして、何かお返ししたい。 僕に関わってくれて、サポートしてくださった方々に、ちゃんとお礼がしたい。 今、みんなしんどい時期だけど、それが過ぎ去った後には、もし、生き残れたら、 大きな自信になっていられるように、今、がんばって生きようと思う。 現状維持が精いっぱいかもしれない。 でも、乗り越えたっていう自信は一生ものだ。 祖父が大東亜戦争で戦い、負傷し帰国してからは、祖母と二人で苦労して二人の子供、母と叔父を育て上げ、 僕もこの世に生を受けた。 あの戦争を生き延びた強さは、宇宙一の強さだよ。 僕は足元にも及ばない。 優しい祖父母だった。 天国で仲良く暮らしているのかな。 昭和の日は、激動の昭和時代を回顧し、国の将来に思いをいたす日。 僕は、昭和の時代が懐かしく、あの子供のことに嗅いだ匂いがもう感じられないことが、 残念だが、来世には、また同じ両親のもとに生まれたい。 それはかなわないかもしれないから、今のうちに、両親にたくさん甘えて、そして孝行して、 たくさん、議論しておきたい。 とうとう、こんな時間になってしまった。 以上、全て、寝る前の薬を飲んでから書いたので、 変な日本語になっているかもしれないことをお詫びします。 では、また機会があれば、このブログを更新します。 こんばんは!! パソコンからいつも書いてますが、今回はスマホからログインして書いてます。 最近、金使いが荒いというか、もう自分の欲望のままに、やばいな〜とか思いながら後先考えずに使っちゃってます。 5月には石垣島の友達のところに遊びに行く予定も立てています。 早割りの格安航空チケットも買っちゃったから、これキャンセル出来ないから絶対行くしかない!! 石垣島では晴れたら、シュノーケルで海で泳いで、写真撮ってもらって、昼からオリオンビール飲みながら石垣牛食って、夜は宿近くのガールズバーで飲みたいなー。 居酒屋で魚もいいなー。 この身分では、超豪遊だよ。 八重山織を見たり、ホタルはいるかな?居たら見たいな。 行く日程では夜空は満月に近いので、天の川は無理っぽいなー。 サップもやりたいなー。 写真を沢山撮りたいなー。 友達と飲みながら話しながら、3回目の再会を喜びあいたい。 また、今年は東京五輪が延期になるだろうと予測。 4月の終わりには友達とPayPayドームに野球観戦しに行く予定だ。 チケットもバッチリある。 ばりばり楽しみっちゃんねー。 福岡地方の方言で めちゃくちゃ楽しみなんだよねー。 さあ、明日も仕事を頑張るぞ!! おーーーーー!! 最初に、このブログの更新が滞っていること、誠に恐縮です。 いつの間にか、ブログ作成画面のデザインが更新されていて、使い勝手がよくわかりませんが、 普通に文字をタイピングしていて、後で、色を付けたりできるのかなぁと、最初にカタカタと文字を つらつらとタイピングしています。 では本題、4月1日午前11時42分ごろかなぁ、、、職場の大きなテレビジョンで生放送を見ました。 新元号は、『令和』!!ん?まず、ローマ字でREIWA頭文字Rだな、と確認し、なるほど、 明治のM、大正のT、昭和のS、平成のHのどれとも被らない。 万葉集の一節から登用されたとな。 それにしても、キラキラネームっぽいなと最初の印象でした。 しかし、そんな第一印象は、時間が経つにつれ、薄れ、 令和時代というのは、どんな時代になるだろうと、ワクワクしてきた。 令和と名の付く会社が何社かもう既に生まれているらしい。 昭和時代に私は生まれましたが、平成を生きぬき、ついに令和時代が始まるんだと思った時に、 まさに平成時代よ、わが人生の青春時代からお世話になり、ありがとうございますという、感謝の気持ちが湧いて出た。 令和時代は、さらなる人生の発展を願いたい。 社会と共に。 今現在、明治生まれの方は、ご存命でいらっしゃり、まさに、1明治2大正3昭和4平成5令和と、天皇陛下の5世代を 生きぬいてこられたということで、年齢も世界最高齢ということで、ギネス世界記録保持者でもあられる。 日本、しかも福岡県にご在住ということだ。 福岡すげー。 令和という新元号時代は、どんな社会になるだろう。 きっと、いい時代になっていることを期待して、 平成を振り返りながら、新しい令和の時代を迎えていこうと思います。 2017. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2014. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010. 2010.

次の