千葉銀行 ワンタイムパスワード アプリ。 ワンタイムパスワードについて

ワンタイムパスワードとは?その仕組み認証方法や利用のメリットなど

千葉銀行 ワンタイムパスワード アプリ

ワンタイムパスワードを使うとセキュリティが大幅に向上するらしいと見聞きするものの、実際に使うとなると分からないことが多いとお感じではありませんか? 特にネットバンキングサービスを利用されている場合、そこから振込をするにはワンタイムパスワードの入力が必須ということも多くなりました。 煩わしい、よく分からないということでワンタイムパスワードを使わないのはセキュリティ上とてももったいないことで、危険を放置していることでもあるので、この機会にぜひ利用を検討してください。 すでにワンタイムパスワードをお使いの方にとっても、「こういう時はどうすれば良いのだろう?」というありがちな疑問に対する答えもまとめました。 目次: 1. 大切な預金を守るワンタイムパスワード 1-1. ワンタイムパスワードとは? ワンタイムパスワードを直訳すると「一度きりのパスワード」です。 一定時間ごとに発行され、文字通り一度きりしか使えないパスワード、およびそれを採用した認証の仕組みのことです。 各種サービスへのログインだけでなく、口座からの送金など慎重さが求められる操作する際に、第三者によるアクセスを防ぐ手法として主に金融機関などで普及が進んでいます。 1-2. ワンタイムパスワードが不正ログインを防げる理由 ワンタイムパスワードは一度きりしか使用できません。 仮にワンタイムパスワードを窃取されたとしても、すでに使ったワンタイムパスワードを再度使うことはできないので安全性が向上します。 それに加えて、有効期間がとても短いのも特徴です。 30秒程度の有効期間しかないものが一般的なので、不正を目論む者にパスワードを破る時間的な余裕を与えないことも有効な対策となっています。 1-3. ワンタイムパスワードを発行する主な方法 1-3-1. 専用トークン 小さな画面にワンタイムパスワードが表示される専用のデバイスです。 写真はジャパンネット銀行が口座開設者に提供しているトークンです。 口座から送金をする時などにワンタイムパスワードの入力を求められるので、その時に表示されている6桁の数字(ワンタイムパスワード)を入力すると手続きが完了します。 1-3-2. スマホアプリ iPhoneやAndroidのスマホ用のアプリを配布、そのアプリが前項のトークンのようにワンタイムパスワードを生成するという仕組みを採用しているサービスもあります。 写真は三菱東京UFJ銀行が配布しているアプリです。 メニューの中に「ワンタイムパスワードを表示する」という項目があるのがお分かりいただけると思います。 このようにアプリを使ったワンタイムパスワードの生成、利用方法は「2. ワンタイムパスワードの一般的な使い方」で詳しく解説します。 1-4. 金融機関以外にも利用が広がるワンタイムパスワード ワンタイムパスワードの普及が進んでいるのは主に金融機関ですが、それ以外にも採用するする動きが広がっています。 オンラインゲームやポータルサイトなど、上記のトークンもしくはスマホアプリ、もしくはメールを送信して返信メールにワンタイムパスワードが記載されている方式など、方法は異なるもののワンタイムパスワードの利用は確実に広がっています。 【参考】ワンタイムパスワードを採用しているサービス 1-5. 仮想通貨でも重要性が増すワンタイムパスワード ネット上での決済などに利用できる仮想通貨の普及が進んでいますが、すでに個人の口座から仮想通貨が不正に送金されるという事件が発生しています。 こうしたリスクを踏まえて、仮想通貨を管理する口座でもワンタイムパスワードの利用が広がりを見せています。 仮想通貨取引所の「Coincheck」ではを設けていますが、二段階認証の設定が補償の条件となっています。 これは裏を返すと「二段階認証を設定していたら被害が発生する可能性は限りなく低い」と考えているわけで、それだけワンタイムパスワードなど二段階認証のセキュリティ性能が高いと認識されていることがうかがえます。 ワンタイムパスワードの一般的な使い方 2-1. トークンを使った方法 金融機関から配布されたトークンを使って送金処理をする手順を、ジャパンネット銀行のオンライン口座で解説します。 オンライン口座にログインをして、振込処理の画面に進みます。 必要事項を入力して次に進むと、ここでワンタイムパスワードの入力を求められます。 この時にトークンに表示されている6桁の数字を入力すると振込処理が実行されます。 仮に不正ログインに成功したとしても、トークンを持っていなければこの先に進めないようになっています。 2-2. スマホアプリを使った方法 金融機関が配布しているスマホアプリを使ってワンタイムパスワードを生成、それを使って送金処理をする手順を、三菱東京UFJ銀行のネットバンキングで解説します。 ネットバンキングの管理画面にログインして、振込・振替の画面に進みます。 そこで振込先や振込金額を入力、「次へ」のボタンから確認画面に進みます。 ここで「ワンタイムパスワード入力へ」というボタンが表示されるので、このボタンから次に進みます。 次の画面でワンタイムパスワードの入力を求められるので、スマホアプリでワンタイムパスワードを生成します。 以下のようにワンタイムパスワードが表示されます。 有効期間内に振込画面の入力欄に入力、最後に振込実行のボタンから処理を完了します。 ワンタイムパスワードのよくある疑問と解決策 3-1. ワンタイムパスワードを忘れた ワンタイムパスワード自体、おおむね数十秒程度の有効期間が終わると無効になるため、パスワードを忘れても問題はありません。 送金処理をしている最中に表示されていたワンタイムパスワードが次のものに変わってしまい、忘れたという場合は次に生成された新しいワンタイムパスワードを使用すれば送金処理を続けることができます。 3-2. 原則として自分で電池を交換できないようになっているので、電池が切れたらトークンは使用期間終了となります。 電池が切れる前に発行元から次のトークンが届く場合が大半なので、電池切れを心配する必要はありません。 一定期間ごとにトークンを届けることで、発行元としては定期的な口座保有者の住所確認を兼ねている部分もあります。 3-3. トークンを紛失した トークンを紛失したり、盗難に遭ってしまった場合に最も心配になるのが「トークンが悪意のある者の手に渡ってしまうと勝手に送金されてしまう」というリスクです。 万が一トークンだけを盗まれたとしても、その者は口座番号やパスワードを知り得ません。 これが二段階認証の有効性で、「口座番号+パスワード」だけがあっても、逆に「トークンだけ」があっても今すぐ勝手に送金をすることはできません。 しかし、だからと言ってそのまま放置しているわけにはいきません。 ジャパンネット銀行の場合、トークンを紛失した際の手続きは以下の流れになります。 トークンの取引を停止して第三者による不正使用を防止する 口座管理画面にログインし、「各種手続き(登録・変更)」のタブから「取引停止・再開(ロック・解除)」を選択します。 キャッシュカードとトークンの取引停止・再開の操作画面に遷移するので、そこでトークンの欄にスクロール、「取引停止」を選択します。 確認のメッセージが表示されるので、そこでOKをクリックすると紛失したトークンは使用不能になります。 トークンの再発行手続きをする 口座管理画面の「各種手続き(登録・変更)」から「キャッシュカード・トークン再発行」を選択します。 再発行の理由を選択して、「次へ」をクリックすると、トークンの届け先住所が表示されるのでそれに間違いがないことを確認して、暗証番号を入力して申し込み完了です。 3-4. ワンタイムパスワードを発行しているスマホを機種変更したい ワンタイムパスワードをスマホアプリで生成する方式を利用している場合、そのスマホを機種変更する場合は大きく以下のような流れになります。 旧スマホの登録を解除する• 新スマホにアプリをインストール• 新スマホを利用登録する その方法については金融機関によってさまざまなので、大手メガバンクについては以下の情報を参考にしてください。 それ以外の金融機関であっても「(金融機関名)+ワンタイムパスワード+機種変更」というキーワードで検索すると方法を解説するページが見つかると思います。 3-5. 旧スマホで解除する前にスマホを機種変更してしまった スマホアプリでワンタイムパスワードを利用していて、機種変更をした後でスマホの利用解除をしてから移行手続きをしなければならないことに気づくこともあります。 オンラインの口座管理画面でスマホの利用解除ができる場合はそこから利用解除をして新スマホにアプリをインストール、それを利用登録すれば手続き完了です。 この流れで手続きができない場合はそれぞれの金融機関によって対応が異なるので、各金融機関に問い合わせをしてみてください。 ワンタイムパスワードがあれば安全なのか? ワンタイムパスワードの安全性はここまでの説明でご理解いただけたことと思います。 実際に、ワンタイムパスワードを使用したユーザーであっても被害に遭っている実例があります。 ただ、その被害者はマルウェアに感染していたとされています。 マルウェアにはオンラインバンキングの振込先を利用者が気付かないうちに勝手に変更するものもあります。 実際、ワンタイムパスワードによって安全性は格段に向上します。 しかし、普段からOSやアプリのアップデートを行う、セキュリティソフトをインストールすることで基本的なセキュリティが確保されていなければ意味がありません。 Windows PC や Macを使用して銀行口座にログインをする前に、無料体験版でも良いので有名な有料のセキュリティソフトを入れてチェックしてみましょう。 なぜ有料版なのでしょうか?Windows Defenderをはじめとする無料のセキュリティソフトは最低限の機能しか搭載されていないものもあり、状況によっては有料のものでしか駆除できないものがある可能性があるからです。 実際、仮に駆除できなかったとしても、 ウイルスバスター以外は それぞれ最適化されたファイアウォールを搭載しており、Windowsの内部から外部に向けての通信を監視しているため、無料ソフトと比べて大切な情報が盗まれる可能性は低いと言えます。 ウイルスバスターはWindows標準のファイアウォールをチューンすることでほぼ同様の機能を実現しています 以下が無料体験版を用意している代表的なセキュリティソフト一覧です。 これらの有料版セキュリティソフトは期限内であればどの製品も有料版と同様の機能が無料で使用できます。 体験版使用にクレジットカード番号などは不要です。 ノートン以外の製品に関してはそれぞれの会社の手順に従ってください セキュリティソフト名 体験版日数 Mac版含む 最大60日間 30日間 30日間 30日間 5. まとめ 二段階認証の一種であるワンタイムパスワードは、金融機関など最も高度なセキュリティが求められるサービスを中心に普及が進んでいます。 こうしたサービスで採用されているのは、それだけセキュリティ上の効果があると見込まれているからです。 お使いのサービスでワンタイムパスワードが利用できる場合は、預金や個人情報などをしっかりと守るために、この記事がワンタイムパスワードを利用する契機となれば幸いです。 あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。 「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。 あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。 この方法は、以下のようなメリットがあります。 ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン• ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出• 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除 ノートンセキュリティは30日間 最大60日間 無料で最新版がご利用いただけます。 今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。

次の

その他各種サービス|ちば興銀アプリ|千葉興業銀行

千葉銀行 ワンタイムパスワード アプリ

IDとパスワードが流出して、悪意のある第三者に不正利用されるケースが増えています。 そんな中、 セキュリティを強化する目的で注目されているのがワンタイムパスワードです。 ネットバンキングをはじめ、様々なシーンで利用が広がっているワンタイムパスワードですが、その仕組みや導入方法については、あまり知られていないのではないでしょうか。 この記事では、ワンタイムパスワードとはどういったものかという基本からその仕組み、どうすれば自社に導入できるかといった方法まで解説しています。 ワンタイムパスワードとは ワンタイムパスワードとは、 文字通り1回限り使えるパスワードのことです。 ネットバンキング等のWEBサービスを利用する際、これまではIDとパスワードによる認証を行うのが一般的でした。 現在はID・パスワードの認証に加えて、ワンタイムパスワードでの認証も必要とするケースが増えています。 ワンタイムパスワードを使うメリット2つ ワンタイムパスワードを利用する 最も大きなメリットは、セキュリティが向上することです。 従来通りのID・パスワードによる認証では、万が一IDとパスワードが流出してしまうと、悪意のある第三者に不正に利用される危険性が生じます。 そこでワンタイムパスワードによる認証も追加しておけば、仮にID・パスワードが流出したとしても、第三者は該当のWEBサービスへログインできないので不正利用を防げるわけです。 万が一ワンタイムパスワードが流出した場合でも、そのパスワードは一定時間経過したり一度認証がすまされたりしたあとでは無効となるため問題ありません。 もう1つのメリットは、 管理者のパスワード管理の負担を減らせる点です。 社員数が増えれば、管理が必要となるID・パスワードも増えます。 しかしワンタイムパスワードを導入することによって、管理者はその手間を軽減できます。 ワンタイムパスワードの利用シーン ワンタイムパスワードの利用が特に進んでいるのは、ネットバンキングサービスです。 ネットバンキングではID・パスワードが流出して、万が一不正利用されてしまうとその被害も甚大になると想定されます。 そのためネットバンキングでは、セキュリティを強化する目的でワンタイムパスワードを採用しているわけです。 その他にも仮想通貨サービス・ポータルサイト・オンラインゲームなど、さまざまなWEBサービスでワンタイムパスワードを採用するケースが広がっています。 また 社内ネットワークへVPNでアクセスする際の認証用等に、ワンタイムパスワードが使われるケースも多いです。 ワンタイムパスワードのこれから ワンタイムパスワードは、様々なシーンで利用が広がっていくと想定されます。 利用時にID・パスワードに加えワンタイムパスワードも必要となるWEBサービスは、今後さらに増えていくことでしょう。 スマートフォンの普及等により、手軽に様々なサービスを利用できる現在、同じID・パスワードを全てのWEBサービスで使い回しているユーザーが多くいます。 そのうちの1つがアタックを受けID・パスワードが流出した場合、他のサービスにおいてもリスト型攻撃によって不正利用されてしまう可能性が否定できません。 (実際、リスト型攻撃による被害も多いです)そこで、ワンタイムパスワードによりセキュリティを強化しておくわけです。 また、ビジネスの現場で ワンタイムパスワードの採用が見込まれるのは、テレワークを導入する際です。 働き方改革や新型コロナウイルス感染予防等で、テレワークに注目が集まっています。 テレワークで社内ネットワークへVPNでリモートアクセスを許可する際や、社内WEBメールの認証用にワンタイムパスワードを採用する企業が増えているのです。 ワンタイムパスワードの仕組み ワンタイムパスワードで採用される主な仕組みは「チャレンジレスポンス方式」「時刻同期方式(タイムスタンプ方式)」の2種類です。 以下、1つずつ解説いたします。 チャレンジレスポンス方式 「チャレンジ」と呼ばれるランダムな文字列を基に、ワンタイムパスワード(「レスポンス」)を生成する方式です。 チャレンジレスポンス方式では、ユーザーがサーバーに対しアクセスを要求すると、サーバーはチャレンジを生成しユーザーに返します。 ユーザーは指定された計算式を使いレスポンスを生成してサーバーへ送り返します。 サーバーはユーザーから送られたレスポンスと、サーバー自身が計算したパスワードを照合し、一致していれば認証が成功となるわけです。 時刻同期方式 タイムスタンプ方式 認証時の時刻を基に、専用の「トークン」と呼ばれる端末でワンタイムパスワードを生成する方式です。 最近では、ハードウェアではなくスマートフォンのアプリなどでトークン代わりにするケースも増えています。 ユーザーが手元のトークンのボタンを押すと、その時刻において有効なワンタイムパスワードが表示されます。 ユーザーがワンタイムパスワードを入力すると、サーバーが照合を行い正しければ認証するわけです。 ワンタイムパスワードの種類4つ ワンタイムパスワードの種類は、ユーザーがパスワードを生成する方法によって4つの種類があります。 以下、それぞれの種類の特徴を解説します。 アプリ 専用のスマートフォンアプリで、ワンタイムパスワードを生成する方法です。 生成されたパスワードは、アプリ上に表示されます。 代表的なアプリの1つが、Google社が無料で提供している 「Google認証システム(Google Authenticator)」です。 Google認証システムはGoogleの各種サービスをはじめ、Amazon等の他のサービスでも利用されています。 社内でワンタイムパスワードを導入する際にも、Google認証システムを採用することが可能です。 トークン ワンタイムパスワードを生成するための、小さなハードウェアです。 トークンのボタンを押すと、その時点で有効なパスワードが表示されます。 トークンは万が一紛失すると悪意のある第三者に悪用される可能性がある他、電池が切れたり壊れたりして使えなくなることもあるので、アプリで代用されるケースが増えています。 メール WEBサービスにあらかじめ任意のメールアドレスを登録しておき、サーバー側で生成したワンタイムパスワードをメールで受け取る方法です。 アプリの方が簡単に使える反面、メールならアプリのインストールも必要なくより汎用的に目用できるというメリットがあります。 音声 あらかじめ対象のWEBサービスに登録した電話番号宛に、音声でワンタイムパスワードを知らせてもらう方法です。 ワンタイムパスワードの入力が必要になった際は、専用の画面上で登録済みの電話番号充てにワンタイムパスワードを通知するよう設定します。 すると電話がかかってきて、音声でパスワードが通知されるわけです。 よく選ばれるワンタイムパスワードの導入方法 ワンタイムパスワードの仕組みや種類については理解いただけたでしょうか。 次に気になるのは、「どうすれば自社のサーバーにワンタイムパスワードを導入できるか」という点です。 ワンタイムパスワードを自社に導入する方法として、 よく選ばれているのはIDaaS(Identity as a Service)です。 IDaaSはIdentity as a Serviceの略で、クラウド型のID管理サービスを指します。 IDaaSを使えば既存のサーバーやサービスと連携してIDを一元的に管理できる他、ワンタイムパスワードによる認証を追加できます。 また、クラウド環境に専用のアプライアンスを導入して、社内のサーバーと連携させワンタイムパスワードを実現することも可能です。 それぞれコストや適切な規模等が異なるため、自社の運営にあったものを選ぶようにしましょう。 なお、カゴヤのサービスでは、VPS・FLEX クラウドサーバー、ベアメタルサーバー に 専用アプライアンス(Powered BLUE)を導入して、ワンタイムパスワードをはじめとする認証機能を自社サービスに追加できます。 Powered BLUEの概要については別記事で紹介しておりますので、興味があればあわせてご覧ください。 まとめ ネットバンキングやテレワークでの社内ネットワークへのアクセス等で、1回限り有効となるワンタイムパスワードの利用が広がっています。 ワンタイムパスワードは1度使われたり時間がたったりすると無効となることから、ID・パスワードと異なり仮に流出しても問題はありません。 認証機能を強化するために、ワンタイムパスワードが採用されるケースは今後も増えることでしょう。 社内サーバーにワンタイムパスワードを導入する方法として、IDaaSや専用アプラインスの利用があげられます。

次の

‎「ワンタイムパスワード」をApp Storeで

千葉銀行 ワンタイムパスワード アプリ

ブラウザ環境について ご利用のブラウザ種類、バージョン等によっては、画面レイアウトなどの表示が崩れるケースがございます。 お取引には問題ありませんが、利用環境対象のブラウザをご利用いただくことで、画面表示の崩れが解消される場合がございます。 「Internet Explorer」他、下記、「Google Chrome」についても当行が推奨するブラウザになります。 詳細については、をご覧ください。 Google Chromeについては、にてご確認ください。 (Google社のChromeのページへリンクします) インターネットバンキングをより安全にご利用いただくために• ウィルス対策ソフトをご利用ください ウィルス対策ソフトでウィルスを検知・駆除したうえでインターネットバンキングをご利用ください。 パソコンやスマートフォンのご利用にあたっては、常にウィルス対策ソフトやOS・ブラウザを最新の状態に更新していただき、定期的にウィルススキャンを実施してください。 また、不審なソフトウェアはインストールしないようご注意ください。 「PhishWall プレミアム」をご利用ください 千葉銀行では、ホームページやインターネットバンキングをご利用のお客さまに、不正にポップアップ画面を表示させてパスワードなどを盗み取ろうとする犯罪(MITB(マン・イン・ザ・ブラウザ)攻撃)に効果のある「PhishWall プレミアム」をご提供しています。 無料でご利用いただけますので、安全対策として、ぜひインストールしてご利用ください。 ログオンの都度、前回ログイン日時をご確認ください ログオン後のトップページには、前回のご利用日時が表示されていますのでログオンの都度ご確認ください。 普段ご利用にならない時間帯にログオンしているなど、身に覚えのないお取引きがある場合には速やかにちばぎんテレフォンバンキングセンターまでご連絡ください。 振込限度額を再度ご確認ください ちばぎんマイアクセス(インターネットバンキング)では、1日(1回)あたりの振込限度額を設定することができます(インターネットバンキングでは引き下げ操作のみ可能です)。 振込限度額は、通常ご利用される程度の金額への変更をご検討ください。 ワンタイムパスワードをご利用ください 千葉銀行では、1回限りの使い捨てのパスワードである「ワンタイムパスワード」をご提供しております。 ワンタイムパスワードは、インターネットバンキングでお申込みいただけます。 この機会にワンタイムパスワードのご利用をご検討ください。

次の