バスタオル 洗濯 ハンガー。 バスタオルの洗濯方法4ステップ!洗う頻度は?一人暮らしは違う?

【楽天市場】タオル掛け タオルハンガー タオル干し THE

バスタオル 洗濯 ハンガー

— 2018年 6月月4日午後11時23分PDT 両端にクリップが2つ付いたハンガーです。 ズボンやスカートを干すとき、収納するときに使用します。 ピンチハンガーを使用してもいいのですが、 水を含んだジーパンなどは、プラスチック製のピンチハンガーだと重さに耐えきれずに落ちてしまうため、落とすことなく干すことができる、ズボンハンガー・スカートハンガーがおすすめです。 パラソルハンガー 別名「タコ足ハンガー」とも呼ばれる、限られたスペースでも便利に使用できるパラソルハンガーです。 傘のように開き、効率的に洗濯物を干すことができます。 使わないときは傘を閉じたような状態となるので、スペースも取らず収納場所にも困りません。 バスタオルハンガー — 2016年 8月月13日午前6時28分PDT バスタオル専用のハンガーです。 干す部分がバスタオルの長さに伸縮するため、使用時は大きく広げて、収納するときにはたたむようにします。 種類によっては、衣類用ハンガーとして使用できるものもあるため、様々な使い方ができます。 最近では100均でも販売されているので、数本あればとても便利ですよ。 洗濯用ハンガーの選び方 ハンガーの種類が分かったところで、次に洗濯用ハンガーを購入する際の選び方を見ていきましょう。 毎日使うものなので、チェックすべきポイントもたくさんあります。 ひとつひとつ詳しく説明します。 素材で選ぼう 洗濯用ハンガーは、主にプラスチックでできているもの、ステンレスでできているもの、スチールでできているものがあります。 それぞれにメリット、デメリットがあるので、使いやすそうなものを選びましょう。 プラスチック製 スチール製の洗濯用ハンガーは『昔ながら』のハンガーのようなイメージでしょうか?ビニールでコーティングしており、ステンレス製のハンガーに比べると錆びやすいですが。 軽く価格面でもお手ごろとなっています。 耐久性もありますので、ステンレス製ハンガーの欠点をカバーしたものとも言えるでしょう。 サイズで使い分けをしよう 小さなお子さんがいると、大人用の衣類ハンガーはおすすめできません。 服のサイズと違うハンガーを利用すると、型崩れの原因となることがあります。 子どもの衣類には子供サイズのハンガーを使用し、大人の衣類には一般的な大きさのハンガーを使用するようにしましょう。 スーツのジャケットなどはジャケット用のハンガーもあるので、サイズごとにハンガーを使い分けるようにしましょう。 種類をそろえることで、かさばりを抑えることができますし、見た目にもきれいです。 また、連結できるものを選ぶとすぐに取りだすことができ、収納するときは省スペースで済みます。 機能で選ぼう 続いては洗濯用ハンガーの機能についてです。 普段使っているものに「あったらいいな!」というものがあれば、チェックしておきましょう。 折りたためるタイプは収納性も抜群 ハンガーが3~4連に連なり、使わないときに折りたためるタイプのハンガーがあります。 収納しやすいですし、持ち運びにも便利です。 家族が多い家庭だと、衣類も多くなりハンガーの数も多くなるので、折りたためるものだと収納性あり嬉しいですよね。 縦に連結して収納することができるので、置き場所にも困りません。 ピンチハンガーは絡まりにくいものを選ぼう 出典: ピンチハンガーは、ピンチの数が多い方がたくさん洗濯物を干すことができます。 しかし、ピンチハンガーを折りたたんで収納するときに、ピンチの数が多いと絡まりやすくなるという欠点もあります。 最近では、ピンチが絡まりにくく設計されているピンチハンガーもあるので、なかなかピンチ同士がはずれず、イライラする状況を回避することができます。 回転式ネックは干す向きを自由に変えられる — 2018年 5月月5日午後3時40分PDT 軽く丈夫な無印のピンチハンガーです。 本体には軽いアルミ素材を使用し、ピンチにはポリカーボネートを採用することで、衝撃に強い仕様となっています。 紫外線による劣化の心配もなく、高い耐久性があります。 おしゃれなデザインにピンチハンガーなので、全体的にすっきりとした見た目になっています。 【ニトリ】簡単取込ハンガー 物干し竿だけでなく、ドアや鴨居といった場所にも掛けられるフック付きのニトリのピンチハンガーです。 雨の日なども室内で簡単に干すことができます。 最大の魅力は、ピンチを引っ張るだけで簡単に衣類収納ができることです。 洗濯物を下に引っ張るだけで、ピンチが開くように設計されているので、片付けに手間もかかりませんし、生地も傷めにくくなっています。 また、収納時二つに折りたたんだときにピンチ同士の絡まりを防ぐ特殊なピンチを採用しているので、使いたいときにピンチが絡まってなかなか開かないということもありません。 【アイリスオーヤマ】ピンチハンガー ひとつのハンガーでバスタオルが2枚干すことができるお得なバスタオルハンガーです。 アームが回転するため、2枚干すことができますし、1枚でも風が通るように干すことができるので早く乾かすことができます。 ハンガーの左右にはすべりを防止するストッパーが付いていますし、ハンガーなので省スペースで干すことができます。 使わないときはコンパクトにしておけるので収納スペースにも困りません。 【TANIGUCHI】ステンレスバスタオルハンガー ひとり暮らしでバスタオルを干すスペースがないという方におすすめなのが、このステンレスバスタオルハンガーです。 おしゃれ感のあるシンプルで優れた機能を持ち、省スペースに干すことができます。 固定ピンチ付きで、バスタオルを挟みやすくし、落下を防止します。 また物干し竿にセットした際に、竿から外れないようにロック機能もついています。 ステンレス製なので錆びの心配もなく、とても使いやすいバスタオルハンガーです。 【アイリスオーヤマ】タオルハンガー TH-86KR バスタオルを4枚干すことができる、コンパクトタイプのタオルハンガーです。 干す部分が斜めになっており、それによって空気が通りやすく、より乾きやすい設計となっています。 奥行きは狭くコンパクトなの脱衣所などの狭いスペースでも、しっかり干すことができます。 【下村企販】フックが折りたためるバスタオルハンガー ということを繰り返して行っていますよね。 しかし、洗濯物をかけて収納することで「3. たたむ」必要がなくなり、ハンガーを入れ替えるという必要もありません。 そのため、洗濯にかかる時間をかなり短縮することができます。 時間に余裕ができると心にも余裕が出てきますよ!。 掛け収納を行うことで、家事の時間をグンと減らすことができます。 掛け収納を行うポイント 干し方を変えてみよう 掛け収納を行う際には、干し方も工夫してみましょう。 その干し方とは、衣類の持ち主ごとに並べて干すようにすることです。 このスペースはパパ用の衣類、ここはママ用、お姉ちゃん用、妹用など、あらかじめ持ち主ごとに並べておくことで、その都度衣類を確認することなく収納することができます。 ひとり暮らしの方ならそのような必要もないですが、クローゼットの中の様子に合わせて干すようにしましょう。 トップス、パンツ、スカートなどかためて干すことで、収納するときに並び変える必要がありません。 使いやすいハンガーを使おう 掛け収納に使用するハンガーは使いやすいものを選ぶようにしましょう。 例えば、クリーニング屋さんでもらうハンガーで収納している人もいますよね。 実はクリーニング屋さんでもらうハンガーは、型崩れを防ぐためのものであり、クローゼットでの収納用ではありません。 そのため収納にあったハンガーを使うようにしてください。 掛け収納におすすめのハンガー 【ニトリ】ハンガー10本組 — 2018年 2月月16日午前12時02分PST 干すときにTシャツのネック部分を広げなくても、すっと干すことができる構造の無印良品のハンガーです。 ネックラインの気になるたるみや伸びを防ぐことができます。 干すハンガーとしても収納ハンガーとしても優秀です。 洗濯用ハンガーで洗濯をラクにしよう 多くの洗濯物用ハンガーをご紹介しましたが、現在使用しているものや欲しいものはありましたか?毎日洗濯を行うと、干す際には必ずハンガーは使用します。 衣類用であれ、ピンチハンガーであれ、私たちの生活に欠かせません。 そんな洗濯用ハンガーだからこそ、洗濯が楽しくラクになるようなものを選んでください。 使いやすさや耐久性、デザインなど選ぶポイントはたくさんありますが、大切なのは自分自身が使いやすいものかどうかです。 ぜひお気に入りの洗濯用ハンガーを見つけてくださいね。

次の

洗濯ハンガーで比較実験!効率のよいタオルの干し方&早く乾くハンガーの種類を検証

バスタオル 洗濯 ハンガー

— 2018年 6月月4日午後11時23分PDT 両端にクリップが2つ付いたハンガーです。 ズボンやスカートを干すとき、収納するときに使用します。 ピンチハンガーを使用してもいいのですが、 水を含んだジーパンなどは、プラスチック製のピンチハンガーだと重さに耐えきれずに落ちてしまうため、落とすことなく干すことができる、ズボンハンガー・スカートハンガーがおすすめです。 パラソルハンガー 別名「タコ足ハンガー」とも呼ばれる、限られたスペースでも便利に使用できるパラソルハンガーです。 傘のように開き、効率的に洗濯物を干すことができます。 使わないときは傘を閉じたような状態となるので、スペースも取らず収納場所にも困りません。 バスタオルハンガー — 2016年 8月月13日午前6時28分PDT バスタオル専用のハンガーです。 干す部分がバスタオルの長さに伸縮するため、使用時は大きく広げて、収納するときにはたたむようにします。 種類によっては、衣類用ハンガーとして使用できるものもあるため、様々な使い方ができます。 最近では100均でも販売されているので、数本あればとても便利ですよ。 洗濯用ハンガーの選び方 ハンガーの種類が分かったところで、次に洗濯用ハンガーを購入する際の選び方を見ていきましょう。 毎日使うものなので、チェックすべきポイントもたくさんあります。 ひとつひとつ詳しく説明します。 素材で選ぼう 洗濯用ハンガーは、主にプラスチックでできているもの、ステンレスでできているもの、スチールでできているものがあります。 それぞれにメリット、デメリットがあるので、使いやすそうなものを選びましょう。 プラスチック製 スチール製の洗濯用ハンガーは『昔ながら』のハンガーのようなイメージでしょうか?ビニールでコーティングしており、ステンレス製のハンガーに比べると錆びやすいですが。 軽く価格面でもお手ごろとなっています。 耐久性もありますので、ステンレス製ハンガーの欠点をカバーしたものとも言えるでしょう。 サイズで使い分けをしよう 小さなお子さんがいると、大人用の衣類ハンガーはおすすめできません。 服のサイズと違うハンガーを利用すると、型崩れの原因となることがあります。 子どもの衣類には子供サイズのハンガーを使用し、大人の衣類には一般的な大きさのハンガーを使用するようにしましょう。 スーツのジャケットなどはジャケット用のハンガーもあるので、サイズごとにハンガーを使い分けるようにしましょう。 種類をそろえることで、かさばりを抑えることができますし、見た目にもきれいです。 また、連結できるものを選ぶとすぐに取りだすことができ、収納するときは省スペースで済みます。 機能で選ぼう 続いては洗濯用ハンガーの機能についてです。 普段使っているものに「あったらいいな!」というものがあれば、チェックしておきましょう。 折りたためるタイプは収納性も抜群 ハンガーが3~4連に連なり、使わないときに折りたためるタイプのハンガーがあります。 収納しやすいですし、持ち運びにも便利です。 家族が多い家庭だと、衣類も多くなりハンガーの数も多くなるので、折りたためるものだと収納性あり嬉しいですよね。 縦に連結して収納することができるので、置き場所にも困りません。 ピンチハンガーは絡まりにくいものを選ぼう 出典: ピンチハンガーは、ピンチの数が多い方がたくさん洗濯物を干すことができます。 しかし、ピンチハンガーを折りたたんで収納するときに、ピンチの数が多いと絡まりやすくなるという欠点もあります。 最近では、ピンチが絡まりにくく設計されているピンチハンガーもあるので、なかなかピンチ同士がはずれず、イライラする状況を回避することができます。 回転式ネックは干す向きを自由に変えられる — 2018年 5月月5日午後3時40分PDT 軽く丈夫な無印のピンチハンガーです。 本体には軽いアルミ素材を使用し、ピンチにはポリカーボネートを採用することで、衝撃に強い仕様となっています。 紫外線による劣化の心配もなく、高い耐久性があります。 おしゃれなデザインにピンチハンガーなので、全体的にすっきりとした見た目になっています。 【ニトリ】簡単取込ハンガー 物干し竿だけでなく、ドアや鴨居といった場所にも掛けられるフック付きのニトリのピンチハンガーです。 雨の日なども室内で簡単に干すことができます。 最大の魅力は、ピンチを引っ張るだけで簡単に衣類収納ができることです。 洗濯物を下に引っ張るだけで、ピンチが開くように設計されているので、片付けに手間もかかりませんし、生地も傷めにくくなっています。 また、収納時二つに折りたたんだときにピンチ同士の絡まりを防ぐ特殊なピンチを採用しているので、使いたいときにピンチが絡まってなかなか開かないということもありません。 【アイリスオーヤマ】ピンチハンガー ひとつのハンガーでバスタオルが2枚干すことができるお得なバスタオルハンガーです。 アームが回転するため、2枚干すことができますし、1枚でも風が通るように干すことができるので早く乾かすことができます。 ハンガーの左右にはすべりを防止するストッパーが付いていますし、ハンガーなので省スペースで干すことができます。 使わないときはコンパクトにしておけるので収納スペースにも困りません。 【TANIGUCHI】ステンレスバスタオルハンガー ひとり暮らしでバスタオルを干すスペースがないという方におすすめなのが、このステンレスバスタオルハンガーです。 おしゃれ感のあるシンプルで優れた機能を持ち、省スペースに干すことができます。 固定ピンチ付きで、バスタオルを挟みやすくし、落下を防止します。 また物干し竿にセットした際に、竿から外れないようにロック機能もついています。 ステンレス製なので錆びの心配もなく、とても使いやすいバスタオルハンガーです。 【アイリスオーヤマ】タオルハンガー TH-86KR バスタオルを4枚干すことができる、コンパクトタイプのタオルハンガーです。 干す部分が斜めになっており、それによって空気が通りやすく、より乾きやすい設計となっています。 奥行きは狭くコンパクトなの脱衣所などの狭いスペースでも、しっかり干すことができます。 【下村企販】フックが折りたためるバスタオルハンガー ということを繰り返して行っていますよね。 しかし、洗濯物をかけて収納することで「3. たたむ」必要がなくなり、ハンガーを入れ替えるという必要もありません。 そのため、洗濯にかかる時間をかなり短縮することができます。 時間に余裕ができると心にも余裕が出てきますよ!。 掛け収納を行うことで、家事の時間をグンと減らすことができます。 掛け収納を行うポイント 干し方を変えてみよう 掛け収納を行う際には、干し方も工夫してみましょう。 その干し方とは、衣類の持ち主ごとに並べて干すようにすることです。 このスペースはパパ用の衣類、ここはママ用、お姉ちゃん用、妹用など、あらかじめ持ち主ごとに並べておくことで、その都度衣類を確認することなく収納することができます。 ひとり暮らしの方ならそのような必要もないですが、クローゼットの中の様子に合わせて干すようにしましょう。 トップス、パンツ、スカートなどかためて干すことで、収納するときに並び変える必要がありません。 使いやすいハンガーを使おう 掛け収納に使用するハンガーは使いやすいものを選ぶようにしましょう。 例えば、クリーニング屋さんでもらうハンガーで収納している人もいますよね。 実はクリーニング屋さんでもらうハンガーは、型崩れを防ぐためのものであり、クローゼットでの収納用ではありません。 そのため収納にあったハンガーを使うようにしてください。 掛け収納におすすめのハンガー 【ニトリ】ハンガー10本組 — 2018年 2月月16日午前12時02分PST 干すときにTシャツのネック部分を広げなくても、すっと干すことができる構造の無印良品のハンガーです。 ネックラインの気になるたるみや伸びを防ぐことができます。 干すハンガーとしても収納ハンガーとしても優秀です。 洗濯用ハンガーで洗濯をラクにしよう 多くの洗濯物用ハンガーをご紹介しましたが、現在使用しているものや欲しいものはありましたか?毎日洗濯を行うと、干す際には必ずハンガーは使用します。 衣類用であれ、ピンチハンガーであれ、私たちの生活に欠かせません。 そんな洗濯用ハンガーだからこそ、洗濯が楽しくラクになるようなものを選んでください。 使いやすさや耐久性、デザインなど選ぶポイントはたくさんありますが、大切なのは自分自身が使いやすいものかどうかです。 ぜひお気に入りの洗濯用ハンガーを見つけてくださいね。

次の

タオル干し用ハンガーおすすめ5選!省スペースでスッキリ干せる

バスタオル 洗濯 ハンガー

— 2018年 6月月4日午後11時23分PDT 両端にクリップが2つ付いたハンガーです。 ズボンやスカートを干すとき、収納するときに使用します。 ピンチハンガーを使用してもいいのですが、 水を含んだジーパンなどは、プラスチック製のピンチハンガーだと重さに耐えきれずに落ちてしまうため、落とすことなく干すことができる、ズボンハンガー・スカートハンガーがおすすめです。 パラソルハンガー 別名「タコ足ハンガー」とも呼ばれる、限られたスペースでも便利に使用できるパラソルハンガーです。 傘のように開き、効率的に洗濯物を干すことができます。 使わないときは傘を閉じたような状態となるので、スペースも取らず収納場所にも困りません。 バスタオルハンガー — 2016年 8月月13日午前6時28分PDT バスタオル専用のハンガーです。 干す部分がバスタオルの長さに伸縮するため、使用時は大きく広げて、収納するときにはたたむようにします。 種類によっては、衣類用ハンガーとして使用できるものもあるため、様々な使い方ができます。 最近では100均でも販売されているので、数本あればとても便利ですよ。 洗濯用ハンガーの選び方 ハンガーの種類が分かったところで、次に洗濯用ハンガーを購入する際の選び方を見ていきましょう。 毎日使うものなので、チェックすべきポイントもたくさんあります。 ひとつひとつ詳しく説明します。 素材で選ぼう 洗濯用ハンガーは、主にプラスチックでできているもの、ステンレスでできているもの、スチールでできているものがあります。 それぞれにメリット、デメリットがあるので、使いやすそうなものを選びましょう。 プラスチック製 スチール製の洗濯用ハンガーは『昔ながら』のハンガーのようなイメージでしょうか?ビニールでコーティングしており、ステンレス製のハンガーに比べると錆びやすいですが。 軽く価格面でもお手ごろとなっています。 耐久性もありますので、ステンレス製ハンガーの欠点をカバーしたものとも言えるでしょう。 サイズで使い分けをしよう 小さなお子さんがいると、大人用の衣類ハンガーはおすすめできません。 服のサイズと違うハンガーを利用すると、型崩れの原因となることがあります。 子どもの衣類には子供サイズのハンガーを使用し、大人の衣類には一般的な大きさのハンガーを使用するようにしましょう。 スーツのジャケットなどはジャケット用のハンガーもあるので、サイズごとにハンガーを使い分けるようにしましょう。 種類をそろえることで、かさばりを抑えることができますし、見た目にもきれいです。 また、連結できるものを選ぶとすぐに取りだすことができ、収納するときは省スペースで済みます。 機能で選ぼう 続いては洗濯用ハンガーの機能についてです。 普段使っているものに「あったらいいな!」というものがあれば、チェックしておきましょう。 折りたためるタイプは収納性も抜群 ハンガーが3~4連に連なり、使わないときに折りたためるタイプのハンガーがあります。 収納しやすいですし、持ち運びにも便利です。 家族が多い家庭だと、衣類も多くなりハンガーの数も多くなるので、折りたためるものだと収納性あり嬉しいですよね。 縦に連結して収納することができるので、置き場所にも困りません。 ピンチハンガーは絡まりにくいものを選ぼう 出典: ピンチハンガーは、ピンチの数が多い方がたくさん洗濯物を干すことができます。 しかし、ピンチハンガーを折りたたんで収納するときに、ピンチの数が多いと絡まりやすくなるという欠点もあります。 最近では、ピンチが絡まりにくく設計されているピンチハンガーもあるので、なかなかピンチ同士がはずれず、イライラする状況を回避することができます。 回転式ネックは干す向きを自由に変えられる — 2018年 5月月5日午後3時40分PDT 軽く丈夫な無印のピンチハンガーです。 本体には軽いアルミ素材を使用し、ピンチにはポリカーボネートを採用することで、衝撃に強い仕様となっています。 紫外線による劣化の心配もなく、高い耐久性があります。 おしゃれなデザインにピンチハンガーなので、全体的にすっきりとした見た目になっています。 【ニトリ】簡単取込ハンガー 物干し竿だけでなく、ドアや鴨居といった場所にも掛けられるフック付きのニトリのピンチハンガーです。 雨の日なども室内で簡単に干すことができます。 最大の魅力は、ピンチを引っ張るだけで簡単に衣類収納ができることです。 洗濯物を下に引っ張るだけで、ピンチが開くように設計されているので、片付けに手間もかかりませんし、生地も傷めにくくなっています。 また、収納時二つに折りたたんだときにピンチ同士の絡まりを防ぐ特殊なピンチを採用しているので、使いたいときにピンチが絡まってなかなか開かないということもありません。 【アイリスオーヤマ】ピンチハンガー ひとつのハンガーでバスタオルが2枚干すことができるお得なバスタオルハンガーです。 アームが回転するため、2枚干すことができますし、1枚でも風が通るように干すことができるので早く乾かすことができます。 ハンガーの左右にはすべりを防止するストッパーが付いていますし、ハンガーなので省スペースで干すことができます。 使わないときはコンパクトにしておけるので収納スペースにも困りません。 【TANIGUCHI】ステンレスバスタオルハンガー ひとり暮らしでバスタオルを干すスペースがないという方におすすめなのが、このステンレスバスタオルハンガーです。 おしゃれ感のあるシンプルで優れた機能を持ち、省スペースに干すことができます。 固定ピンチ付きで、バスタオルを挟みやすくし、落下を防止します。 また物干し竿にセットした際に、竿から外れないようにロック機能もついています。 ステンレス製なので錆びの心配もなく、とても使いやすいバスタオルハンガーです。 【アイリスオーヤマ】タオルハンガー TH-86KR バスタオルを4枚干すことができる、コンパクトタイプのタオルハンガーです。 干す部分が斜めになっており、それによって空気が通りやすく、より乾きやすい設計となっています。 奥行きは狭くコンパクトなの脱衣所などの狭いスペースでも、しっかり干すことができます。 【下村企販】フックが折りたためるバスタオルハンガー ということを繰り返して行っていますよね。 しかし、洗濯物をかけて収納することで「3. たたむ」必要がなくなり、ハンガーを入れ替えるという必要もありません。 そのため、洗濯にかかる時間をかなり短縮することができます。 時間に余裕ができると心にも余裕が出てきますよ!。 掛け収納を行うことで、家事の時間をグンと減らすことができます。 掛け収納を行うポイント 干し方を変えてみよう 掛け収納を行う際には、干し方も工夫してみましょう。 その干し方とは、衣類の持ち主ごとに並べて干すようにすることです。 このスペースはパパ用の衣類、ここはママ用、お姉ちゃん用、妹用など、あらかじめ持ち主ごとに並べておくことで、その都度衣類を確認することなく収納することができます。 ひとり暮らしの方ならそのような必要もないですが、クローゼットの中の様子に合わせて干すようにしましょう。 トップス、パンツ、スカートなどかためて干すことで、収納するときに並び変える必要がありません。 使いやすいハンガーを使おう 掛け収納に使用するハンガーは使いやすいものを選ぶようにしましょう。 例えば、クリーニング屋さんでもらうハンガーで収納している人もいますよね。 実はクリーニング屋さんでもらうハンガーは、型崩れを防ぐためのものであり、クローゼットでの収納用ではありません。 そのため収納にあったハンガーを使うようにしてください。 掛け収納におすすめのハンガー 【ニトリ】ハンガー10本組 — 2018年 2月月16日午前12時02分PST 干すときにTシャツのネック部分を広げなくても、すっと干すことができる構造の無印良品のハンガーです。 ネックラインの気になるたるみや伸びを防ぐことができます。 干すハンガーとしても収納ハンガーとしても優秀です。 洗濯用ハンガーで洗濯をラクにしよう 多くの洗濯物用ハンガーをご紹介しましたが、現在使用しているものや欲しいものはありましたか?毎日洗濯を行うと、干す際には必ずハンガーは使用します。 衣類用であれ、ピンチハンガーであれ、私たちの生活に欠かせません。 そんな洗濯用ハンガーだからこそ、洗濯が楽しくラクになるようなものを選んでください。 使いやすさや耐久性、デザインなど選ぶポイントはたくさんありますが、大切なのは自分自身が使いやすいものかどうかです。 ぜひお気に入りの洗濯用ハンガーを見つけてくださいね。

次の