ゴリラ の 花束。 back number

ゴリラの花束

ゴリラ の 花束

MIDNIGHTゴリRUN 【シナリオ内容】 ・シティタイプ ・推奨人数 2~4人 ・推奨技能 基本探索技能、対人技能、隠すor隠れるor変装 ・難易度 ロストの可能性は少なく謎解きは一直線なので簡単 ・エンド分岐あり ・新規・継続探索者どちらでも対応。 【PLの方への注意事項】 このシナリオは「ゴリラと旅するTRPG」をコンセプトに作りました。 何が起こってもいいという覚悟をもって下さい。 【探索者の事前情報】 ・共通の友人、小川柳一はユーモラスな人物であった。 ・小川柳一は可愛い婚約者がいた。 ・小川柳一は3年前突如姿を消した。 ・お互い既知関係は無くてもよいが小川柳一とは知り合いである。 [newpage] 【KPへ】 このシナリオに大団円はありません。 このシナリオのエンドに向かうためには必ず誰かが1人以上犠牲にならなくてはなりません。 それがPCかNPCかを選ぶのは、PLの皆さんです。 ・このシナリオででてくるゴリラはNPC小川柳一のゴリラの姿です。 事故で死んだ野山椿を生き返らせるために、サーカスと契約しました。 小川柳一の目的は「野山椿の無事を確認すること。 無事を確認したらサーカスへ帰ること」 しかし、彼も人間なので、できればサーカスから逃げ出して椿と再び暮らすことを諦めていません。 小川柳一はSAN0です。 永久狂気は「野山椿への執着」 ・野山椿は、事故で死亡した人間です。 小川の動向については何も知りません。 ・公園の青年。 とある化身のひとつです。 人間の力で作り出したサーカスに興味を持ち、見たいと思っているが中に入ることができない。 【概要】 共通の友人、小川柳一の葬儀に参加した探索者達 葬儀は田舎町であったため交通の便が悪く帰宅が次の日になった。 同じ民宿に泊まっている探索者たちの元に深夜1匹のゴリラが訪れる。 「あるサーカスを潰すことを手伝ってほしい」 紙に書かれた文字を見せるゴリラ。 握りつぶされたりんご。 逆らえば次はお前の番だと言わんばかりである。 市役所のチケット売りからチケットを手に入れ 変わるべき未来と変わらない日常とゴリラの運命をかけてサーカスに潜入する探索者達。 参加しない場合はここで終了となります。 ・図書館やインターネットで小川柳一の失踪について調べる 小川柳一の婚約者である野山椿が3年前に事故で生死を彷徨った記事を見つける。 詳しい日付はわからないが失踪はその前後であることがわかる。 ・図書館やインターネットで葬儀のある地域を調べる。 N県にある屋社町という田舎町。 田舎ではあるが大規模な動物園があり、栄えている。 日本語のわかるゴリラ【チャッピー】が有名。 葬儀は夜になる。 夜まで数回の探索が行える。 ・小川の家 一戸建ての平屋。 小川柳一の母と小川柳一の婚約者である野山椿と会話ができる。 また、居間にとどまるならば聞き耳ができる。 それ以上の情報は無い。 事故で目覚めない間に居なくなった柳一が自分を重荷に感じたと思っている。 今行く必要はない。 民宿は探索者以外おらず、管理人も夜の間は自宅に戻っている。 探索者を脅して一時的に避難しようと考えている。 野山椿も一目見たいと思っている。 探索者がゴリラを拒んだ場合はドアノブを引きちぎるなどのパフォーマンスを見せてください。 それでも拒否する場合は無理やり部屋の中に入ってください。 警察に通報しようとしたら携帯電話を叩き折るなどしてください。 とにかく戦意を削ぎましょう。 それでも戦闘に入るなどする場合は、戦闘の許可をしましょう。 ここでゴリラを倒せば何もなくシナリオ終了です。 「警察に通報されては困るからこの民宿にいる人間を集めろ」といった感じで ゴリラに文字を書かせてください。 全員集まったところで 「自分はとあるサーカスから逃げて来た」 「人間に踏みにじられる生活はまっぴらだ」 「サーカスを潰すために協力してほしい」 などと言うが、サーカスに戻るために口実。 自分が小川柳一であることを信じてもらえるとは思っていないので絶対に言わない。 野山椿に何か迷惑がかかるかもしれないと思うので説得でも口を割らない。 適度なところで 「テレビを確認してほしい」とゴリラに言わせる。 テレビからゴリラが逃げ出したことで、町中で警察の包囲網があることがわかる。 民宿に備え付けの町の地図で確認することができる。 [pixivimage:67034424] 「この町にあるサーカスの入り口とチケットを探してほしい」という。 睡眠不足にとるマイナス補正のことを考慮して6時間程度の睡眠をするように勧める。 以下【探索個所】にて解説。 移動には徒歩30分、車10分を目安とする。 探索には各個所で1時間ほどかかったことにすると丁度いい。 19時までに市役所の『史料館』にあるチケットをもって、 『公園』にあるサーカスに『ゴリラ』とたどり着くことがこのシナリオの目的である。 逮捕にまでは至らなかったが、警察にこっぴどく怒られる。 探索する際、時間経過で警察の検問個所をつくることで、探索者誘導につかってください。 人間だけなら通行禁止も問題なく回れるので、別行動で情報を集めてもいいと思います。 検問はあくまでフレーバーとして使う程度で本気で捕まえない程度でお願いいたします。 ゴリラ騒ぎもあるので人は少なく聞き込みは難しそう。 野山椿に小川柳一の話を振ると「自分が死んでいれば柳一さんはどこにもいかなかった」という。 小川柳一の事を詳しく問い詰めると 小川柳一は自分が事故にあってから思い詰めているようだった。 自分の病室を出てその足でいなくなったと聞いている。 手帳は予定など書きこまれていたが変わった点は無い。 その手帳の間からA4サイズの赤い紙が出てくる。 よりSAN値が低い人間が鮮明に見えるものです。 野山椿とゴリラは全ての文字が読めます。 野山を促すと内容を読んでくれます。 3年前であることを考慮して劣化している。 次の場所に移動した後に「聞き耳」の半分で成功しなければつけられたことに気付きません。 野山椿をゴリラと同行させるためには彼女に信用などをふらせなければなりません。 野山椿がゴリラに通報した場合シナリオ終了です。 偽情報を渡すことで包囲網をずらすことなどもできる。 事故に関しては相手の過失であり、賠償などもすべて済んでいる。 小川柳一はそのお見舞いの帰りに忽然と姿を消した。 こちらの方は事件性が無く、本人が自分の意志で姿を消したとしか思えない状況。 ゴリラを見せて自首する等 婦警は人形のような固い笑顔になる。 「貴方はこのポスターが読めるのですか?」 そういって、婦警も赤いポスターを取り出す。 「このポスターが読める方には市役所の史料館でチケットを配布しております」 「どうぞ良い時間を」 サーカスについてはどれだけ問い詰めても 「お客様の笑顔が全てです」「良い時間を」くらいしか返さなくなる。 周囲を複数のマスコミが囲んでいる。 マスコミに話を聞くと、逆に質問され無条件で時間経過となってしまう。 動物園の裏手などを探ると、爽やかな飼育員が「すみませんここは関係者以外立ち入り禁止なのですよ」 という。 でもうわさは聞いたことがある。 詳しくは知らない。 「チケットは市役所の史料館だから、はやく取りに行って戻りなさい。 」 「せっかく檻から出してあげたんだから19時までに戻るんだよ。 」 ということを言う。 「市役所の史料館にチケット売りがいるからもらっておいで」という。 ゴリラ脱走の話があるので、なるべく家に早く帰るように促される。 話しかけてもそっけない態度で、ゴリラの脱走にも「自分の仕事をこなすだけだ」としか答えない。 「お前の望みなら仕方がない」とだけ言う。 表紙には金属の板に「ゴリラ研究所」と書かれている。 中のエントランスも非常に清潔感があり、その中央にゴリラの着ぐるみが燦然と輝いている。 ゴリリンガルを買うためだけの施設です。 ここでゴリリンガルを手に入れると、ゴリラの言葉を翻訳してくれます。 ゴリリンガルは3万円ですが、ゴリラを連れていたり、ゴリラ大好きアピールをすると3000円になります。 どの時間帯に行ってもベンチに青年が一人腰かけている。 青年はこちらに気付くと必ず話しかけてくる。 誰に話しかけても虚ろでありお互い干渉できないように感じる。 会場を埋め尽くさんばかりの人でにぎわっている。 もしも、この催しをずっと見ていると自分の正気がおかしくなりそうだと思う。 ここで暴れるなどした場合は、屈強なゴリラの群れに囲まれつまみだされる。 ここにはありとあらゆる世界の本がそろっているのではないかと思える。 また中央には机と灯が置いてある。 「契約書 私、小川柳一は、以下の報酬と引き換えに50年このサーカスで働くことをここに誓う。 ドイツ語、ラテン語、英語などの技能がある場合はその技能に合わせた魔術書が見つかってもよい。 ある程度探索を終えると、団長が出てきて、 「ようこそお客様、こちらは団長である私の執務室です。 どうぞお引き取り願えませんでしょうか」 といった趣旨で話します。 小川について尋ねた場合 「こちらに契約をしております。 今はおりません。 契約内容については個人に関わるため詳しくお話はできません」 サーカスの目的 「ここはCのサーカス、哀しみと寄り添うサーカス。 」 ある程度話をしても出て行かない場合追い出そうと戦闘に入る。 戦闘では団長は攻撃をしないが、3ターンの詠唱によって、探索者たちをサーカスの外の公園まで移転する。 団長はそのため回避を振らず、危害を加えてくることはない。 団長のHP12が尽きるか、3ターン経過によって外に追い出されれば戦闘終了。 ゴリラや椿がいた場合、両方とも戦闘には参加しない。 ゴリラは雇い主である団長に逆らうつもりはなく、椿の寿命が惜しいため。 椿は戦闘員でなく、柳一の契約書を見た時点で強制的にSAN0になるため。 聞き耳が成功するといち早く気付き、出口まで走れば出られる。 出られない場合は死亡によりロスト扱いとなる。 複数ロストしても生き返りなどは1人のみです。 基本的に、小川か椿かPCの誰を犠牲にするか選ぶことになります。 無茶な要望は聞く必要はありません。 神もただの暇つぶしに気分を害する方が嫌でしょうから。 青年は願い事を聞くか、選択を聞き終わると満足して、「では、日常の続きをはじめてくれ」 といって場面を切り替えます。 場面が変わると、ゴリラ騒動が終わった次の日になっています。 [newpage] 【ED】 ED1「幸せな日々は続く」 条件:小川柳一の生存 探索者たちは病院を訪れる。 病院には小川柳一の母親がおり「柳一のためにありがとうございます」と会釈する。 柳一の病室は、美しい白いドレス、花束、かわいらしい靴など、まるで野山椿が生きているかのような内装である。 そこには、熱心に誰もいないベッドに話しかける小川柳一がいます。 小川柳一は、これから3年前に歩むはずだった野山椿との新しい日々を送ることになるのでしょう。 探索者たちにできるのは、彼がせめて残酷な現実に気付くことなく優しい嘘を信じ続けることを祈るだけなのかもしれません。 成功報酬 1D6 ED2「当たり前の日常は続く」 条件:野山椿の生存 探索者たちは動物園に向かう。 そこでたまたま野山椿と合う 「先日はありがとうございます。 少し気晴らしにきました。 ほら、珍しいゴリラがいるのにみたことなかったので」 言葉のわかるゴリラのチャッピーの檻の前に行く。 チャッピーは野山椿をちらりと見て、すぐに目をそらした。 探索者たちにはゴリラが悲しそうな、嬉しそうな表情のようにも感じた。 ED3「新しい日々が始まる」 条件:小川柳一の生存、野山椿の生存、そのための探索者のロスト あれから数か月。 そこは長く行方不明になっていたのに奇跡的に帰ってきた小川と3年間愛を貫いて待った野山との結婚式だった。 そこに、貴方達と旅した探索者の姿はない。 彼はこの二人ために犠牲になった、幸せな彼らを見送ることは彼にはできない。 犠牲となったものがどこにいるのか知る者はいない。 ED4「日々は終わる」 条件:小川柳一の死亡(ゴリラを殺した場合) 貴方は、再びこの屋社町を訪れた。 それは、野山椿の葬式に参加するためだ。 彼女は、小川柳一の葬儀のその次の日、何故か白骨死体として発見された。 悲しむ参列者の声とテレビから「人気者のゴリラのチャッピー、死亡」というニュースが同時に流れている。 何が起こったのか理解する日は来るのだろうか。 もう来ないだろう。 [newpage] 【あとがき】 最近強大な力を力でねじ伏せようとする人間の多さに神々も可哀想かなと思って、 思い切ってどうしようも変えられない運命しかないシナリオを作りました。 どれだけ足掻いても頭をひねっても、呪文も、アーティファクトも無意味であるEDです。

次の

back number 花束 歌詞

ゴリラ の 花束

エピソード [ ] ココとペットの猫 ココについてのエピソードについて、特に有名なものとして、 ボール( ALL BALL)という名の子猫との話がある。 飼育係のパターソンがココに絵本を読み聞かせていた所、ココは絵本に出てきた猫を気に入り、誕生日プレゼントに猫をおねだりした。 そこでおもちゃの猫を与えたが、ココが気に入ることはなかった。 そこで、ゴリラが別の動物をペットとして飼育することができるのかの実験も兼ね、本物の生きた子猫を与えることとなった。 3匹の子猫が候補となり、ココはその中の自分と同じようにしっぽのない1匹を選び、 ボールと名付け、2匹の生活が始まった。 当初飼育員達は、ココがボールを殺してしまう事を危惧していたが、ココはボールの体を舐めたり、抱きかかえたりして、愛情を注いでボールの事を育てていた。 しかしある日、ボールは車に轢かれて死んでしまう。 飼育係のパターソンがその事を手話でココに伝えた所、ココは少しの沈黙の後に「話したくない」と答えた。 続けて彼女は手話でボールへの愛情や悲哀の言葉を繰返し、大きな声で泣き続けた。 この時の様子は映像としても残っており、ココの悲しむ様子もハッキリと確認できる。 同時に彼女は「」の概念も理解しており、手話で「ゴリラはいつ死ぬのか?」と問われると「年をとり 病気で」と回答し、「その時何を感じるのか?」という質問には「眠る」とだけ答えた。 そして、「死んだゴリラはどこへ行くのか」と聞くと、 「苦痛のない 穴に さようなら」と答えた。 ペットの猫はその後 LIPS LIPSTICK、 SMOKY、 TIGERと代替わりをしながら、仲良く一緒に暮らしていた。 2018年6月19日に46歳で死亡した。 エピソードに対する批判 [ ] 研究方法について 心理学者マーク・サイデンバーグによると、ココが手話を話せるかについて、パターソン博士らが独自に行なった研究で、一般的な研究方法や査読をされた論文では報告がされていない。 独自の手話 ココが使用していた手話は一般的なアメリカ手話ではなく、ココが作り出したゴリラ手話 Gorilla Sign Language というもので、ココの会話を読み解けるのはパターソン博士と数人だけだった。 恣意的な読み解きをしていたのではないかという批判がある。 一般人と会話をするイベントも開催されていたが、全てパターソン博士が翻訳として入っている。 さらに、会話が通じなかった場合に「嘘」や「ジョーク」として処理されていたのではないかとも言われている。 猫の死で悲しむ映像 TV番組で放送されたココが猫の死で悲しむ映像は、違う場所で撮影されたいくつかの映像を組み合わせたもので、ナレーションによって一連の映像のように編集されている。 参考文献 [ ]• フランシーヌ・パターソン、ユージン・リンデン 『ココ、お話しよう』 〈自然誌選書〉、1995年。。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の

第51回(2020年)ENEOS童話賞 ご応募のきまり|童話の花束

ゴリラ の 花束

もくじ• ゴリラについて ゴリラはアフリカに生息する 霊長目・ヒト科・ゴリラ属に分類される大型類人猿で、種類は大きく分けて二種類、 ニシローランドゴリラと ヒガシローランドゴリラに分かれる。 ゴリラは昔は、映画「キングコング」のイメージも手伝って乱暴で危険な動物として認知される事が多かったが、実際は 頭が非常に良く、温厚でほとんど植物しか口にしない。 体が完全な大きさに成長するまでには18年もかかり、オスの成体は背中の白い毛にちなんで「 シルバーバック」と呼ばれる。 天敵は人間 密猟・森林伐採 と一部分布地域の重なるヒョウなどの捕食動物だが、その他にエボラ出血熱などの類人猿も感染する 人間の病気が脅威となっている。 その根拠として、ゴリラは200kg近い自重を片手一本で木の枝などにぶら下がり軽々と支えられる事が挙げられている ちなみに噛む力、 咬合力 こうごうりょくは 成人男性の凡そ8倍でヒグマやホッキョクグマよりも強力。 クロスリバーゴリラについて クロスリバーゴリラはニシゴリラの一亜種でナイジェリア南部とカメルーンの国境地域に位置するクロス川源流域に200~300頭ほど生息している。 マウンテンゴリラについて マウンテンゴリラはヒガシゴリラの一亜種。 2000~4000メートルほどの標高の高い山地林に生息するとされているが、現在はアフリカ中東部に位置するウガンダのブウィンディ国立公園とウガンダ・コンゴ・ルワンダの国境付近、ヴィルンガ火山群にのみ生息する。 例えば動物園のゴリラが檻に落ちて気絶してしまった男の子の背中を優しくさすり、他のゴリラがイタズラしないように近くに座って見張ったりした話などがあり、この話の内容はユーチューブで「 ゴリラ 感動」と検索すれば直ぐに出てくる。 他にも手話で会話が出来るゴリラが大切にしていた猫を失って悲しみを手話で表現する様子なども同様の検索ワードでユーチューブ内で観れる。

次の