子 宮頸 が ん ワクチン。 HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン(子宮頸がんなどの予防ワクチン)

子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために|公益社団法人 日本産科婦人科学会

子 宮頸 が ん ワクチン

皆さんは、子宮頸 けい がんワクチン HPVワクチン は重篤な副反応を生じる危険なワクチンだと思いますか。 センセーショナルな報道やSNSの投稿などによって「危険なワクチン」と判断されている方も多いと思います。 結論から申し上げると、さまざまな科学的研究で「ワクチンとワクチン接種後に現れる副作用とされている症状には、因果関係があるとはいえない」と決着がついています。 もちろん世界中で安全性が確認されているからといって、日本でも安全であるとは限りません。 その可能性を検討するために日本人へのワクチン接種の安全性を調査した「名古屋スタディ」という研究があります。 これは「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会愛知支部」が出した要望書に名古屋市長が応え、鈴木貞夫氏を中心とした名古屋市立大学医学部公衆衛生学分野が実施。 この研究でも「子宮頸がんワクチンの安全性への問題は認められない」と結論づけられました。 現在は国内外を問わず、WHOや日本産科婦人科学会、そしてノーベル賞を受賞された本庶佑氏など、多くの医療団体および関係者がワクチン接種の安全性と必要性を強調しています。 しかし、「HPVワクチンは危険なワクチン」という誤った印象がまん延してしまった日本では、接種率が1%未満に低下しているのが現状です。 現在の日本では子宮頸がんを毎年約1万人が発症し、約3千人が亡くなり続けています。 一方でごく少数ながら、かたくなにワクチンの危険性を主張する一部の研究者や団体も存在します。 2019年1月、名古屋スタディの研究手法を批判する論文を、八重ゆかり氏と椿広計氏が「Japan Journal of Nursing Science」に発表しました。 この論文は、鈴木氏の研究手法は誤っており、ワクチンと症状に一部関連があると結論づけています。 しかし、この八重氏の論文にはさまざまな欠陥が見受けられます。 副作用とされる症状が出た人の比率をワクチン接種者と非接種者で比較しているのですが、対象集団の調査期間について「ワクチン接種者は個人の初回接種時を起点に、非接種者は一律小学校6年生を起点に」しています。 接種者の方が一律に期間が短いため、症状をおこすものが少なく、直接比較では実際のリスクより低い値が出ます。 しかし、その後研究期間で調整することにより、リスクは上昇しています。 このように、解析期間の不一致は、疫学研究にとって最も重要な比較妥当性の欠如を生じます。 また、論文の著者である八重氏は、薬害オンブズパースン会議のメンバーです。 この会議の事務局長の水口真寿美氏がHPVワクチン薬害訴訟全国弁護団共同代表を務めているにもかかわらず、このことを明示せずに「利益相反=用語説明=がない」と論文に記載していることも問題です。 このように、当該論文は科学的妥当性を欠いているにもかかわらず、HPVワクチン薬害訴訟に関与する上記団体はこれを新たな根拠に「HPVワクチンの危険性」を主張し続けています。 WHOの機関である国際がん研究所は「HPVワクチンは安全で効果的である。 子宮頸がんで毎年31万人が死亡している。 このまま適切な予防が行われないと、2040年には47万人まで増加するだろう」と警鐘を鳴らしています。 ごく一部の方々が主張する科学的根拠に乏しい「HPVワクチンの危険性」を多くの人々が信じ、結果として子宮頸がんによって多くの人が亡くなっているという現在の日本の状況を野放しにして良いものでしょうか。 国民全体で議論する必要のある問題だと私は考えています。 (医学生・渡邉昂汰) 【用語説明】利益相反 同一人物の二つの異なる役割が、一方では利益となりながらも、他方では不利益となること。 医学においては、科学的客観性の確保や患者および被験者の利益を保護するといった研究者の責任に不当な影響を与え、重大なリスクを生じうるような利害の対立状況のことを指す。 論文を書く際には著者の立場や職責を、うそ偽りなく記載する必要がある。 参考文献 1 Sadao Suzuki. ; Akihiro Hosono. No association between HPV vaccine and reportedpost-vaccination symptoms in Japanese young women: Results of the Nagoyastudy. Papillomavirus Research. 2018 January, Volume. 5, pages 96-103, doi:10. pvr. 2018. 002. 2 Yukari Yaju. ; Hiroe Tsubaki. Japan Journal of Nursing Science. 2019 January, doi:10. 12252. 3 IARC. iarc.

次の

子宮がんの予防と早期発見

子 宮頸 が ん ワクチン

研究の結果、安全性への心配が理由の上位であり、医師が患者への教育およびワクチン推奨に力を入れる必要があることが示唆される。 ジョンズホプキンス研究者たちの新たな調査データ研究によると、性感染を起こすヒトパピローマウイルス(HPV)のワクチンを親が自分の子供に接種させないのは、ワクチン接種が若者の性行為を促したり、サポートにしたりすることが心配なためであると医師らはこのワクチン推奨がなかなか進まない理由をしばしば説明しているが、この理由でワクチン接種をさせなかった親はごく一部であった。 むしろ、子どもを予防接種から遠ざける親の懸念は、安全性への不安、必要性の欠如、HPVに関する知識の欠如、および医師推奨がないことに集まる傾向であることが明らかになった。 研究結果は、Journal of Adolescent Health誌11月号で発表され、公衆衛生当局と専門家団体がHPVワクチン接種率上昇を目的とする新たな方策を進展させる上で役立つ可能性がある。 HPVワクチンは、米国において、推定で年間31,500件の子宮頸部、膣、外陰部、口腔咽頭および肛門のがん症例を含む、ウイルス感染によるがん種について長期的に上昇している発生率の抑制にすでに効果を発揮している。 米国食品医薬品局(FDA)は、ワクチン接種を9歳から開始することを女性に対しては2006年に、また男性に対して2009年に承認している。 しかしながら、一般市民に対するワクチンの指導を提供する医療専門家グループAdvisory Committee on Immunization Practices( ACIP:予防接種の実施に関する諮問委員会)は2011年まで男性への接種を推奨していなかった。 世界的な研究から、ワクチンは実質的に100%有効であり、安全性が非常に高いことが示されており、FDAは、副作用の大半は深刻ではなく、かつ有益性が有害事象を継続して上回っていると結論づけている。 ACIPが、一連の定期小児期予防接種の一環としてHPVワクチンの組み込みを推奨しているにもかかわらず、現在米国におけるワクチンの使用は依然として比較的低調である。 ワクチン接種率に関して入手可能な最新データが揃っていた2016年の時点で、一連のワクチン接種を最後まで受けたのは、接種可能な女性の50%、接種可能な男性の38%に過ぎなかった。 「私たちは、親が自分の子供にHPVワクチンを接種させないことにした理由をもっと理解したいと思いました。 なぜならその情報は、公衆衛生キャンペーンと提供者メッセージを改善、展開して予防接種率を向上させるために不可欠だからです」と、研究著者であるジョンズホプキンス・ブルームバーグ公衆衛生大学院疫学部助教のAnne Rositch氏(公衆衛生修士、博士)は述べた。 彼女は、ジョンズホプキンス・シドニー・キンメル総合病院がんセンターで腫瘍学の共同役職を兼務している。 研究のために、研究者らは米国疾病対策予防センター(CDC)が実施している一連の年間ワクチンモニタリング調査である2010~2016年National Immunization Survey-Teen NIS-Teen からデータを取り出した。 NIS-Teenは、子供のワクチン使用に関して、全国の親の代表的サンプルから情報を収集し、それぞれの子供の主治医から収集した情報をもとにワクチン接種率を確認した。 この調査には、調査期間中、親が自分の子供にHPVワクチンをまだ接種させていない場合、今後接種させるつもりかどうか、また、接種させないつもりである場合、なぜ接種させないことにしたのかという質問が含まれていた。 研究チームは、上記質問に対する具体的な回答を分析したが、この質問は2010年から2016年まで毎年、行われた。 2010年には、13~17歳の女児の親3,068人と男児の親7,236人からの回答があった。 2016年には、13~17歳の女児の親1,633人と男児の親2,255人からの回答があった。 質問は自由に回答する形式であり、親はリストから選択するというより各自で理由を記述することができた。 Rositch氏と、その共同研究者であるジョンズホプキンス医学校産婦人科のAnna Beavis助教(医師、公衆衛生学修士)とKimberly Levinson助教(医師、公衆衛生学修士)、およびジョンズホプキンス・ブルームバーグ公衆衛生大学院公衆衛生学の元修士課程学生Melinda Krakow氏(公衆衛生学修士、博士)は、回答を「理由」ごとに分け、データを調査年と子供の性別で分けた。 分析の結果、女児の場合には、2010年から2016年まで、親がワクチンを接種させなかった理由のうち上位4項目は比較的安定していることがわかった。 上位4項目は、安全性への不安(2010年にワクチンを接種させなかった親の23%が理由として挙げたのに対し、2016年には22%)、必要性の欠如(21%対20%)、 知識の欠如(14%対13%)および医師推奨がないこと(9%対10%)であった。 子供に性行為がないことを挙げた人は、この期間でほぼ半減していた(19%対10%)。 男児の場合、2010年にワクチンを接種させなかった親が挙げた主な理由は、すべて時間の経過とともに減少した。 必要性の欠如(24%対22%)、医師推奨がないこと(22%対17%)、知識の欠如(16%対14%)、子供に性行為がないこと(16%対9%)および性別による必要性(13%対2%)であった。 しかしながら、顕著な点として、安全性への不安は、2010年の5%から2016年の14%へと増加した。 研究者らは、なぜそうであるのかは不明であるが、2010年から2016年に、自分の子供に予防接種をさせない理由として、ワクチン接種反対に関連する不安を挙げた男児の親は1%に満たなかったことに注目している。 つまり、安全性への不安という回答が、ワクチン接種反対の誤った情報に影響を受けたものである可能性は低いと言う。 Beavis氏は、彼女らの研究結果は、親がHPVワクチンと性別および性行為との関係にあまり関心がないことを証明しており、また、公衆衛生キャンペーンでは、親の本当の心配に応えるために、安全性に対する根強い懸念と、男児も女児もワクチンが必要であることに焦点を当てるべきである、と述べている。 家族のかかりつけ医、産婦人科医および小児科医などHPVワクチンを通常投与する医師は、HPVワクチンにはがんを予防する大きな可能性が秘められており、10年にわたるワクチン投与から得られた確固たる安全性プロファイルがあるという事実に焦点を当てるべきである、とBeavis氏は述べている。 また、性行為への懸念からワクチン接種を回避する親が比較的少ないことをよく理解している医師ほど、親たちにこの話題を持ち出して、ワクチンを推奨する傾向が強いかもしれない。 「私たちは、すべての医師が毎年何万ものがんの発生を予防する可能性があるこのワクチンの推奨者でなければならないと考えています」とBeavis氏は述べた。 「強く勧めることは、ワクチン接種率を上昇させる強力な手段です」。 American Sexual Health Associationによると、性活動を行うアメリカ人の最大80%が、生涯のどこかの時点でHPVに感染する可能性がある。 これらの感染の大部分は無症状のうちに消えてなくなる。 しかしながら、HPVが性感染すると、生殖器疣贅(イボ)および気道・消化器の上の良性腫瘍(喉頭乳頭腫症と呼ばれる状態)を引き起こすことがある。 さらに、特定の株は、男性と女性の両方において、がんの形成を促進するDNAの変化を引き起こす可能性がある。 HPVは性交以外の手段で感染する可能性がある。 Guttmacher Instituteは、性行為、性感染症、生殖医療に関する独立した研究を行っている機関であるが、15〜19歳のティーンエイジャーの推定50%が、異性のパートナーとオーラルセックスをしており、10人に1人は異性のパートナーとアナルセックスをしている、と報告している。 HPVワクチンは、HPVの9種の発がん性の株に対する防御が可能である。 現在推奨されているワクチンの投与スケジュールでは、初回投与が15歳以前の場合には、2回の注射が必要であり、15歳以降の場合には、3回の注射が必要である。 関連リンク: ===当サイト内記事.

次の

HPV(子宮頸がん)ワクチン:親が子供に接種させない本当の理由 | 海外がん医療情報リファレンス

子 宮頸 が ん ワクチン

皆さんご存知ですか? 全世代を通して、女性のがん死亡原因の1位は乳がんですが、20代、30代の若い女性では1位は…なんと子宮頚がんなのです。 しかもこの年代の子宮頸がんは年々増えています。 子宮頸がんは、初期にはほとんど症状がなく、自覚症状が現れる頃には、がんが進行していることが少なくありません。 これから結婚や妊娠・出産を迎える年代で、子宮頚がんにかかる女性が増加傾向にあり、とても深刻な問題となっています。 子宮頸がん 子宮頚がんは年齢を問わず、子宮があれば全ての女性に起こる可能性があります。 子宮頸がんは発がん性のHPV(ヒトパピローマウィルス)の感染によって起こる病気です。 ウイルスにかかっても、ウィルスは自然淘汰される場合がほとんどですが、高リスクのHPVウイルスががん化を引き起こし、子宮頸がんを発症します。 HPVは子宮頸がんの他に、外陰がん、肛門がん、男性の陰茎がんの原因ともなり、また発がん性でない低リスク型のウイルスは、尖圭コンジローマの原因ともなります。 子宮頸がんは、検診によって初期の段階で発見されることが多いがんの一つで、また全身にできるがんで唯一、ワクチンにより予防が可能です。 万が一、子宮頸がんと診断されても初期の段階で発見されれあれば、子宮頸部のがん組織だけを取り除く手術(円錐切除術)によって、子宮を温存した治療が行え、治療後も妊娠できる可能性がありますから、検診による早期発見がとても重要なのです。 しかし、日本人女性の子宮頸がん検診受診率の低さは、諸外国と比べて著しく、日本人の子宮頸がんがなかなか減らない理由の一つです。 子宮頸がんの予防と早期発見のために出来ることは… <子宮頚がん検診を受ける目安> 20歳以降の性交経験がある方であれば、何歳になっても最低1年に1回の検診をお受け下さい。 これまでの検診で異常を指摘された方は、次の検診は何ヶ月後、と指導されていると思いますので、その指導にしたがって下さい。 「もう大丈夫、検診は不要です」と言われても、今後一切検診が必要でなくなった、という意味ではなく、 年に1回の検診は絶対に必要です。 検診の実際・・・ 子宮がん検診は出血中には行うことが出来ませんが、それ以外であれば、妊娠中でも全く心配せずお受けになれます。 また、他の目的で受診された時でも同時にがん検診は出来ますので、あらためて検診のために予約したり来院したりする必要は全くありません。 子宮頸がん検診は、内診台で腟の奥にある子宮頚部の細胞をブラシでこすり取ります。 少し出血する可能性はありますが、痛みを感じることはほとんどありません。 内診台での検査自体は数分で終わります。 検査後数日は不正出血がみられることがありますが、少量であることがほとんどです。 現在は液状細胞診と言って、精度が高く、またHPV検査も同時に行えるものが主流となってきています。 高リスク 発がん性 HPV検査を同時にご希望の方は、お申し出ください 別途4,300円、外税。 頸がん検査の結果が「ASC-US 細胞の異型あり 」の場合、高リスクHPV検査を追加して行います。 平成31年4月からは、高リスクHPVの中でも最も頻度が高く悪性度も高い16型、18型の判定もできるようになりました。 高リスクHPV検査が追加された場合、後日検査料を別途請求させて頂きます。 子宮頸がん検診は会社などの健康診断に含まれている場合もありますし、各自治体の検診もあります。 いずれの検診もお受けになれない場合は、ご自身で任意検診を受けなければなりませんが、ほとんどの産婦人科では子宮頚がん検診を行っていますので、お近くの産婦人科医療機関に問い合わせて受診して下さい。 当院では診察に予約制を取っていますが、土曜日以外の平日であれば、予約がなくても受診、検診が可能です。 自己採取での検診もありますが、細胞が取り切れず、正確な判定ができないことがあるのであまりおすすめできません。 きちんとドクターが行ってくれる検診などで行いましょう。 横浜市が行っている、。 子宮頸がん予防ワクチンとは? HPVに対するワクチンで、子宮頚がんを予防することができます。 主に、16型・18型の2つの発がん性HPV感染を防ぎます。 これにより子宮頸がんが理論的に60%減らすことが出来ますが、実際には80%程度減ると予測されています。 また先に述べた尖圭コンジローマの原因となる低リスクのHPVも一緒に予防できるワクチンもあります。 しかし残念ながら、発がん性の型は他にもたくさんあるため、ワクチンで全ての型の感染を防ぐことはできません。 婦人科以外でHPVワクチンを接種する際に「子宮頸がんにはならない」と誤った理解をされている方も少なくありません。 子宮頚がんの発症や前がん病変を見逃さないためにも、ワクチン接種後でも必ず定期的な子宮がん検診を行うことが必要です。 HPVワクチン対象者• ご希望の方はご予約をお取り下さい。 接種は筋肉注射の為、注射による痛みを感じます。 必ず問診と聴診をしてから接種します。 気になることがあれば何でもお話しください。 HPVワクチンによる副作用が大きく取り上げられています。 重篤な副作用を生じることは稀で、現在では副作用の対策を自治体などが行っていますので、ご心配な点はご質問ください。 子宮体がん これまでの日本人の婦人科領域のがんは、子宮頚がんが断トツで多かったのですが、近年では乳がんと子宮体がん、卵巣がんの発生が高くなっています。 子宮体がんが増えているのは生活スタイルの欧米化、特に食生活が原因ともされています。 2010年から子宮体がんが子宮頚がん 上皮内がんを除く を上回ったとのことです 地域がん登録全国推計値 国立がん研究センターがん対策情報センター。 子宮体がんは主に閉経前後の女性に多い病気でしたが、最近では30代、40代が増えてきています。 子宮頚がんは性行為で感染するHPV感染が原因ですから誰にでもリスクがあると言っても過言ではありません。 しかし、子宮体がんはある程度リスク因子があります。 それは、卵巣から分泌される女性ホルモン=エストロゲンが原因です。 症状は、不正性器出血が多く、子宮体がんの90%の患者さんでみられます。 罹患する年齢は子宮頚がんより高く、30代の後半くらいから増えてきます。 糖尿病、高血圧、肥満の方に多く、未産婦 出産経験のない の方も発症リスクとしてあげられます。 他に閉経後のは、エストロゲン製剤を投与するため子宮体がん、乳がんともにリスクを高めます。 その一方、若年性の子宮体がんにも注意を要します。 多くはで長期間無月経である場合に発症することがあります。 他に、超音波検査で子宮内膜の肥厚所見のある方、子宮内膜ポリープのある方にも検査を勧めています。 子宮体がん検診とは? 子宮体がん検診を受けるの目安 ・35歳以降で不正出血や過多月経がある方。 ・超音波検査で子宮内膜ポリープなど、子宮内膜に異常がみられる方。 ・乳がん患者さん、特にタモキシフェンを内服されている方。 ・ホルモン補充療法を行っている方。 ・35歳以下で3~6ヶ月ほど月経が来ない方。 これまでの検診で異常を指摘された方は、次の検診時期を指導されていると思いますので、その指導にしたがって検診を受けてください。 一般的には子宮体がん検査は生理の直後が望ましいですが、月経が来ない方はいつでも受診してください。 検診の実際・・・ 子宮体がん検査は、子宮内に細い器具を挿入し、子宮内膜の細胞を採取します。 細胞を採取する時にある程度の痛みはありますが、個人差はあるものの強い痛みは少ないです。 ご心配な方はあらかじめ今まで飲んだことのあるしても構いません。 検査後数日は不正出血がみられることがありますが、少量であることがほとんどです。 また、まれにですが検査による子宮内の感染を起こすことがあります。 のある方は感染のリスクが高くなるため、 自費1,000円、税別。 下腹部痛や発熱など気になる症状が続く場合は相談しましょう。 子宮体がん検診は、検診で行うリスク(子宮内感染など)が子宮頚がん検査より高いことから、全ての女性に行うという検査ではありません。 しかし、一度でも子宮体がん検査で疑陽性が出ている方、乳がん患者さん、特にタモキシフェンを内服されている方は、最低でも1年に1度の検診がお勧めです。 また、子宮体がん検査は、少し精度が悪い検査で、11%くらいの見逃しがある場合があります。 検査結果に異常が無くても、症状や超音波検査所見によって、再検査を行ったり、また細胞診ではなく組織診を行うこともあります。 子宮体がん検査も自治体の検診でカバーされていることが少なくありません。 気になる症状がある方は子宮頸がん検診の際に相談してみましょう。 女性にとって最も大切なのは、かかりつけの産婦人科を持つことです。 カラダについての 不安や悩みがあれば、放置せずに、産婦人科を受診し、相談してみましょう。

次の