ヤリス クロス オーバー 価格。 トヨタの小型SUV!ヤリスクロス発売情報!価格は210万円

ヤリスクロス

ヤリス クロス オーバー 価格

トヨタはヤリスクロスを世界戦略車として2020年8月31日追加予定。 9月に入って本体・オプション・付属品価格が決定し、先行予約スタートの予定です。 全長4180mm(最低地上高185mm)のBセグメントクロスオーバーモデルが新しく誕生します。 同社SUVと全長比較すると、C-HRが全長4385mm、トヨタライズが全長3995mmとなるため、当然、この中間に位置するモデルということができます。 ヴェゼル全長4330mmより短く、全幅は同じです。 ヤリスが生粋のコンパクトカーを務め、ヤリスクロスはサイズアップしたクロスオーバー車を担います。 4170mm• 1765mm• 1555mm• 2560mm 新開発GA-Bプラットフォームを採用します。 ライバル【VW T-Cross】• 0L直3ターボ搭載• ハイオクWLTC燃費16. 価格帯300万円前後• フロント:マクファーソンストラット式• リア(FF):トーションビーム• リア(E-Four):ダブルウィッシュボーン ヤリスクロスのボディカラー|12色【ヤリス参照】• 新色コーラルクリスタルシャイン• 新色アイスピンクメタリック 2トーン|6色• ブラックルーフ4種類• しかし、シートカラーやパネルの色、素材の変更で標準ヤリスと差別化されます。 オプション設定でラゲージスペースの撥水加工、リアシートバックの撥水加工などが考えられますね。 インテリアスペースは3ナンバー化により、それなりに開放感が高まったものとなるでしょう。 ヤリスクロスの内装部品【ヤリス参照】• ディスプレイオーディオ• ヘッドアップディスプレイ• ステアリング小径化• ステアリング中央パッド小型化• 2眼式メーターデジタル化• フードレス双眼TFTメーター採用• 西日でも表示読み取りしやすい• ドアトリムに新素材フェルト採用• イージーリターンシート採用• ターンチルトシート採用• ディスプレイオーディオ採用• アクセサリーコンセント(ハイブリッドのみ) ヤリスクロスのパワートレイン ヤリスに用意されるパワートレインの1. 5Lハイブリッドと1. 5Lガソリンが採用されます。 0L直3エンジンは搭載されません。 燃費はヤリスよりボディサイズが拡大して150kg重くなる分、悪くなります。 【ハイブリッド】新開発1. 現在このクラスのハイブリッドモデルには4WDが設定されていません。 しかし、トヨタの4WDはプリウスに搭載しています。 ヤリスクロスにも4WDが設定されます。 120ps• 8kgm• 6-21. 2 ヤリスクロスの先進安全装備Toyota Safety Sense コンパクトカー初搭載機能• レーダークルーズコントロール• レーントレーシングアシスト 新装備高度駐車支援システムAdvanced Park(アドバンストパーク)• 自動制御ステアリング・アクセル・ブレーキ機能 その他コンパクト初機能• 低速時加速抑制機能• リヤクロストラフィックオートブレーキ• ブラインドスポットモニター Toyota Safety Senseの基本性能については以下にまとめています。 【参照】ヤリスの価格.

次の

2020年夏 新型ヤリスクロス発売!搭載エンジン・装備・価格は?

ヤリス クロス オーバー 価格

トヨタはヤリスクロスを世界戦略車として2020年8月31日追加予定。 9月に入って本体・オプション・付属品価格が決定し、先行予約スタートの予定です。 全長4180mm(最低地上高185mm)のBセグメントクロスオーバーモデルが新しく誕生します。 同社SUVと全長比較すると、C-HRが全長4385mm、トヨタライズが全長3995mmとなるため、当然、この中間に位置するモデルということができます。 ヴェゼル全長4330mmより短く、全幅は同じです。 ヤリスが生粋のコンパクトカーを務め、ヤリスクロスはサイズアップしたクロスオーバー車を担います。 4170mm• 1765mm• 1555mm• 2560mm 新開発GA-Bプラットフォームを採用します。 ライバル【VW T-Cross】• 0L直3ターボ搭載• ハイオクWLTC燃費16. 価格帯300万円前後• フロント:マクファーソンストラット式• リア(FF):トーションビーム• リア(E-Four):ダブルウィッシュボーン ヤリスクロスのボディカラー|12色【ヤリス参照】• 新色コーラルクリスタルシャイン• 新色アイスピンクメタリック 2トーン|6色• ブラックルーフ4種類• しかし、シートカラーやパネルの色、素材の変更で標準ヤリスと差別化されます。 オプション設定でラゲージスペースの撥水加工、リアシートバックの撥水加工などが考えられますね。 インテリアスペースは3ナンバー化により、それなりに開放感が高まったものとなるでしょう。 ヤリスクロスの内装部品【ヤリス参照】• ディスプレイオーディオ• ヘッドアップディスプレイ• ステアリング小径化• ステアリング中央パッド小型化• 2眼式メーターデジタル化• フードレス双眼TFTメーター採用• 西日でも表示読み取りしやすい• ドアトリムに新素材フェルト採用• イージーリターンシート採用• ターンチルトシート採用• ディスプレイオーディオ採用• アクセサリーコンセント(ハイブリッドのみ) ヤリスクロスのパワートレイン ヤリスに用意されるパワートレインの1. 5Lハイブリッドと1. 5Lガソリンが採用されます。 0L直3エンジンは搭載されません。 燃費はヤリスよりボディサイズが拡大して150kg重くなる分、悪くなります。 【ハイブリッド】新開発1. 現在このクラスのハイブリッドモデルには4WDが設定されていません。 しかし、トヨタの4WDはプリウスに搭載しています。 ヤリスクロスにも4WDが設定されます。 120ps• 8kgm• 6-21. 2 ヤリスクロスの先進安全装備Toyota Safety Sense コンパクトカー初搭載機能• レーダークルーズコントロール• レーントレーシングアシスト 新装備高度駐車支援システムAdvanced Park(アドバンストパーク)• 自動制御ステアリング・アクセル・ブレーキ機能 その他コンパクト初機能• 低速時加速抑制機能• リヤクロストラフィックオートブレーキ• ブラインドスポットモニター Toyota Safety Senseの基本性能については以下にまとめています。 【参照】ヤリスの価格.

次の

新型ヤリスクロスオーバー 200万円台前半で来年初頭発売へ!!

ヤリス クロス オーバー 価格

コンテンツ• toyota. 注目のボディサイズは以下の通りです。 ()内はヤリスの数値です。 全長:4,180mm(3,940mm) 全幅:1,765mm(1,695mm) 全高:1,560mm(1,500mm) ホイールベース:2,560mm(2,550mm) 全長で140mmも伸びていますが、ほとんどはラゲッジスペースの拡大に充てられています。 このため後席の足元スペースはヤリスとほぼ同じと考えていいでしょう。 ボディサイズが大きくなったとはいえ、ヤリスと同じくあまり後席を使用しない人向きといえます。 あと、全高が1550mmをオーバーしているので立体駐車場の利用は限られてきます。 ヤリスクロスのメインの市場は欧州ですが、日本でもライズのヒットからわかるようにコンパクトSUV市場が伸びています。 ヤリス(ヴィッツ)やフィット、ノートといったコンパクトカーからの乗り換えやダウンサイジングしたいニーズにぴったりですね。 サイズ的にはホンダのヴェゼルやマツダのCX-3、日産のキックスがターゲットになります。 ヤリスクロスはTNGA(トヨタの設計思想)の宿命ともいうべき狭い後席がハンディになりますが、トヨタの販売力でかなり競合することになりそうですね~ 次にヤリスクロスのパワートレインは以下の通りです。 新開発1. ヤリスと同様のラインナップとなっていますが、このパワートレインはヤリスのオーナーさん達から動的質感や燃費が好評です。 toyota. 資料は見せてもらうことは出来ませんでしたが、営業スタッフさんに「コレはある?」というように質問形式 笑 で教えてもらった情報などをまとめてみました。 toyota. このヤリスクロスで注目したいのが、ヒエラルキーを無視した快適装備の充実ぶりです 笑 ヤリスにはない電動パーキングブレーキにオートホールドに加えて、カローラシリーズやC-HRなど上位クラスでも採用されていないモノが多数用意されてます。 すべて付ければ、RAV4はもちろん新型ハリアーにも負けていない快適な車となります。 アダプティブハイビーム 基本はハイビームの配光で対向車や先行車に合わせてLEDの配光範囲を調整してくれる優れモノです。 Zにオプション設定です。 カローラシリーズやC-HR、RAV4にはない装備です。 LEDヘッドライト Zに標準装備、GとXにオプション設定です。 GとXはハロゲンランプです。 ルーフレール ZとGにオプション設定です。 運転席6ウエイパワーシート Zにオプション設定です。 カローラシリーズやC-HRにはない装備です。 7インチマルチインフォメーションディスプレイ Zに標準装備です。 フロントシートヒーター Zに標準装備、Gにオプション設定です。 ステアリングヒーター ZとGにオプション設定です。 ハンズフリーパワーバックドア フットセンサー付きで両手がふさがっても開閉ができます。 ZとGにオプション設定です。 カローラツーリングやC-HRにもない装備です。 toyota. Xはオプション設定で標準はスチールホイールとなります。 Zグレードに相当するサイドビューです。 ツートンカラーも設定されます。 toyota. toyota. ただ、もっと明るい色も設定して欲しかったところです。 この他、ヤリス同様に 安全・運転支援システムであるトヨタセーフティセンスは最新のものが採用されています。 toyota 今のところ、ざっくりヤリスの40万円高とみられています。 ・ ハイブリッドで240万~290万 ・ ガソリンエンジンで199万~250万 ほぼ、カローラシリーズと同じで、きっちりC-HRの下を狙ってきましたね。 Zの2WDのハイブリッドで乗り出し価格が300万くらいでしょうか? 一足先にデビューする日産の新型SUV「キックス」はe-Power搭載で、2,759,900~2,869,900円となっているのでハイブリッドだと価格ではガチですね~ スポンサードリンク ヤリス クロスオーバー 名称は「ヤリスクロス」に!気になる発売日は? まとめ ヤリスのSUVモデルである新型ヤリスクロスの最新情報をまとめてみましたがいかがだったでしょうか? 本来なら予約できる段階(先行発注)で装備が明らかになってくるものですが、ヤリスクロスはかなり事前に情報が提供されているようです。 (カローラスポーツのときとは大違い) それにしても、ヤリスクロスの装備はハンパない充実ぶりでしたね。 個人的に夜間走行が多いので、アダプティブヘッドライトに大注目です。 ヤリスクロスのデザインはヤリスよりいい意味で万人受けしやすいものに仕上がっていると思います。 売れ筋のコンパクトSUVに加えて快適装備が充実しているため、C-HRなど上位モデルのオーナーさんも気になっていることでしょう。 都会的クロスオーバーが増えてきましたが、ヤリスクロスはRAV4同様、ロードクリアランスが確保されている(170mm)のでSUV本来のアクティブな使い方が出来そうです。 これは発売が楽しみです!! ヤリスクロスは引き続き注目モデルとして情報が入り次第更新していきますね。

次の