河井案里 人相。 日前法相河井夫婦被起訴 涉案額近三千萬日元

河井案里(あんり)の若い頃が可愛い!学生時代(小~大学)や経歴は?

河井案里 人相

河井案里去年參選國會議員,安倍晉三全力相挺。 (翻攝河井案里臉書) 今年3月底,多名廣島市議員、縣議員、河井克行後援會的幹部都對檢方證實,河井克行在去年參院大選之前,確實拿給他們裝有十萬至數十萬不等的現金信封作為祝賀金,但並未提及選舉之事。 隨後包括廣島縣三原市長、大竹市長、廿日市長、安藝太田町長都傳出拿錢,多名廣島市議員、縣議員都遭到傳喚調查或者家宅搜索,震動廣島地方政界。 3月28日,驚傳河井案里因為飲酒過量又服用藥物,在參議員宿舍因身體不適被救護車送醫,幸好沒有大礙。 不過隨著檢方陸續攻破近百名廣島政界人士,掌握河井夫婦一共送出兩千多萬日圓的「祝賀金」。 加上河井案里的秘書立道浩6月16日又判有罪,河井夫婦遭到逮捕甚至起訴幾乎已成定局。 兩人於6月16日雙雙向自民黨提出退黨申請,兩天後就被東京地檢特搜部實施逮捕,不過河井克之與妻子案里仍對犯行一概否認。 日本法務大臣河井克行宣布辭職,成為安倍內閣不到一週內下台的第2位大臣。 (美聯社) 現年57歲的河井克行出身廣島,他的眾議員選區也在廣島。 他在慶應大學政治學部畢業後,曾在松下政經塾學習,結業後便投入1991年的廣島縣議員選戰,當選後正式踏入政界,1996年更當選眾議員。 2004年河井被時任首相的小泉純一郎任命為外務大臣政務官,2007年則在安倍內閣擔任法務副大臣。 值得一提的是,河井克行與安倍晉三關係甚近,2015年曾任首相輔佐官,他還曾投書右派媒體,主張提名安倍角逐諾貝爾和平獎。 2019年9月,河井克行出任安倍內閣的法務大臣。 不過河井連位子都還沒有坐熱,就被《週刊文春》踢爆上任前曾幫太太河井案里賄選,後來更爆出自民黨提供一億五千萬資金等事。 加上河井案里參選是由首相官邸與自民黨本部主導,河井夫婦此次落難,安倍晉三與自民黨恐難全身而退。 河井案里去年參選國會議員,自民黨全力相挺,內閣官房長官菅義偉也到廣島助選。 (翻攝河井案里臉書) 對於自民黨資金與河井賄選的經費關係如何,目前檢方還在調查,如果河井發的兩千多萬來自自民黨,那剩下的一點二億又哪裡去了,更是檢方繼續追查的重點。 有趣的是,自民黨去年為了在廣島選區獨佔2個議席,除了當時尋求連任的自民黨參議員溝手顯正之外,更說動曾是廣島縣議員的河井案里參選。 如今河井夫婦醜事被掀,還被查出自民黨拿了一億五千萬給河井競選。 這價碼是自民黨的公定價嗎?不,因為去年未能順利連任的溝手顯正,據稱只領到自民黨一千五百萬的選舉補助,這個金額只有菜鳥參選人河井案里的十分之一。 除了賄選綁樁的刑事責任之外,安倍對待同志如此大小眼,恐怕也會在自民黨內引發不滿。 【延伸閱讀】 去年對新科法務大臣河井克之率先開砲的《週刊文春》,在最新一期更加碼指控,安倍晉三先前想讓素有「官邸守護神」的東京檢察廳檢察長黑川弘務擔任最高檢察廳檢察長,就是為了蓋掉包括河井克之在內的眾多醜聞。 如今「官邸守護神」因為打麻將被《週刊文春》踢爆黯然辭職,沒了防波提的安倍政府也要開始面對重重司法難關。 《週刊文春》說,檢方在與妨礙調查的安倍苦鬥兩百三十天後,終於成功抓到河井夫婦把柄將其逮捕,在法庭上的正面對決如今才正要展開。

次の

“雲隠れ”から公の場へ…河井案里議員・菅原一秀前経産相ら疑惑の4人は何を語った?

河井案里 人相

(圖/翻攝自河井克行部落格) 記者王佩翊/編譯 日本前法相河井克行與參議員妻子河井案里繼18日遭到檢方逮捕後,東京地方法院26日正式將兩人的羈押時間延長10日。 檢方發現,河井克行為了讓愛妻能夠順利在2019年7月當選參議員,砸了2570萬日幣向當地議員與後援會幹部等94人行賄。 根據《朝日新聞》報導,東京地方法院26日決定將河井夫婦兩人的羈押時間從6月29日延長至7月8日。 現年57歲的河井克行是日本首相安倍晉三身旁愛將,曾任法務大臣,然而2019年10月因被周刊爆料涉嫌行賄,請辭法相一職。 河井夫妻17日已退出自民黨,並在18日遭到逮捕。 據檢方調查,河井克行為了讓妻子河井案里在參議院選舉中出線,因此2019年3月至8月期間以現金行賄相關人士。 對此,河井克行坦承的確曾經提供部份現金給他人,他聲稱,「是為了擴大黨(自民黨)的勢力」、「只是政治活動的報酬」等,否認行賄一事。 河井克行同時也否認妻子河井案里涉入其中。 而河井案里在面對審訊時也堅定表示,「我並未做過違法的行為。 」 另一方面,河井案里的秘書立道浩2019年7月在參議院選舉中,因支付助選小妹們超過法律規定的酬勞,6月16日遭廣島地方法院判處1年6個月徒刑,緩刑5年執行。 如果秘書確定被判處禁錮,檢察機關可提出行政訴訟,要求對議員本人也執行連坐法,屆時河井案里的當選可能會無效。

次の

日前法相河井夫婦被起訴 涉案額近三千萬日元

河井案里 人相

高給ウグイス嬢を独占して墓穴を掘った河井克行、案里夫妻 選挙期間に入ると、うっとうしくてならないのは、選挙カーから流れる連呼である。 世界中を調べて回ったわけではないが、ものの本によると、そんな選挙運動をする国はほかにないそうだ。 たとえば、議会制民主主義のお手本、英国。 宣伝カーはあっても拡声器で声を張り上げたりはしない。 もちろん候補者名の連呼などありえない。 先進国で一般的な戸別訪問が日本では禁止されており、その分、選挙カー頼みになるというが、だからといって騒音をむやみにばらまいていいというものではないだろう。 公職選挙法には「何人も、選挙運動のため、連呼行為をすることができない」と書かれている。 これだけでいいのに、なぜか以下のように「但し書き」が加わっている。 ただし、演説会場及び街頭演説(演説を含む。 )の場所並びに午前8時から午後8時までの間に限り、選挙運動のために使用される自動車の上においてはすることができる。 (第140条の2第1項) 連呼はできないと言いながら、できるようにしているのがこの定めだ。 「ただし」以降、すなわち例外規定を削除すれば、日本の選挙は変わる。 街頭演説や集会、討論会、あるいはインターネットなどでまめに政策を訴えていく選挙運動のスタイルに変えていかざるを得ないからだ。 今の選挙運動、連呼をするウグイス嬢の力量にいかに頼っているかが浮き彫りになったのが、公職選挙法違反の疑いで広島地検から家宅捜索を受けた自民党・河井案里参院議員のケースである。 河井案里氏の夫は、総理補佐官をつとめたこともある河井克行前法務大臣だ。 菅官房長官にくっついていたら、いつの間にか政権中枢の仲間入りし、安倍首相のお気に入りの一人にもなっていたというのが、克行氏の大ざっぱな歩みだ。 総理外交の事前交渉に辣腕をふるったかのごとき評価は、いささか買いかぶりすぎだろう。 河井案里氏は昨年夏の参院選で初当選した。 その選挙運動で、ウグイス嬢と呼ばれる車上運動員たちに法定1万5,000円の2倍、つまり3万円を支払っていた疑いがかけられている。 選挙事務所を取り仕切っていたのは克行氏だ。 世話になっている安倍首相と菅官房長官の期待を担った妻の出馬に、よほど燃えるものがあったのだろう。 法がどうであれ、高いパフォーマンスができるウグイス嬢を確保したい。 他陣営にさらわれたら、浮沈にかかわる。 そんな強迫観念に駆られるほど、参院広島選挙区(改選数2)は、かつてない激戦だった。 自民党岸田派の重鎮、溝手顕正氏の金城湯池とされてきたところに、同じ自民党公認で河井案里氏が乗り込んできたのである。 党本部は表向き、参院広島選挙区の議席を自民党が独占するためと大風呂敷を広げたが、どだい、そこには無理があった。 前回の2013年参院選で当選したのは溝手氏と民主党の森本真治氏だ。 溝手氏は得票率46. 28%で2位の森本氏に圧倒的な差をつけはした。 だからといって、自民党公認候補が二人も出たら、まさに党組織のまとまりを砕く分裂選挙。 溝手氏を支持する地元の県連が猛反対したのは当然のことだ。 ところが、今の自民党には官邸の意向に逆らうエネギーが枯れてしまっている。 溝手氏の派閥領袖である岸田文雄政調会長に、せめて、あくどいほどの迫力があれば、安倍首相や菅官房長官が手をつけられない選挙区であっただろう。

次の