谷川 温泉 福島。 福島県−谷川の湯温泉 :: 全国温泉ガイド

群馬県・谷川温泉 「別邸 仙寿庵」公式ホームページ

谷川 温泉 福島

ポツンと一軒家「福島県スペシャル!! 」回が話題なので反応をまとめました。 なんと、目的地の🏡「」の主と同級生だったという男性🤩 さらにその男性の息子さんが現地まで案内してくれるとのこと。 今日は助けられてばかりです。 全ての客室から森の緑が一望できます。 お話を聞くと、2年前に亡くなったご主人が での暮らしを夢見たものの、建てる途中の を譲ってもらえたので、現在の形に。 家の横には専用の機械が山のようにある が! 以前は、一般の人にも開放して、交流の場として沢山の人が集まっていたのだそう。 そんなご主人を亡くしてからも思い出深いこの地を離れずに残った奥様。 ご主人が遺した木で をするようになったそうです。 今夜の放送分はTVerで無料配信中です。 の真髄。 — 紅い光 エスパー Uw7akMc20 感動 — ぺーくん matayuki88 を観てると、やっぱり人生情熱を傾けられるような好きなことして生きるべきだなぁと思う。 — めたぼなひよこ hiyokometabo.

次の

【ポツンと一軒家】福島県谷川温泉の湯と東白川郡塙町の素敵な趣味の家

谷川 温泉 福島

関連記事: ポツンと一軒家 放送日時 10月27日 日 夜7時57分から テレビ朝日 福島県の南部の一軒家 登場する福島県のお宅は、福島県の南部と南端部の2軒です。 野菜直売所で聞き込みをする捜索隊 まずは、一軒家の近くの野菜直売所へ。 うーん、毎回思うんですけれども、衛星写真で見ていても、いきなり一軒家に行くというのは相当難しいんですね。 地元の人に道を教わってから向かっても、間違えたり迷ったりしますので、普通の道のりではない。 しかも、今回は番組予告に「番組史上、最も難航する捜索」と書いてあります。 今回は、地元の人に地図を見てもらっても、「う~ん、わからないな。 このあたりへは行ったことがないから」とのお返事。 その先の集落にとりあえず行って、道を聞こうとする捜索隊、途中で軽トラックの運転手さんに声をかけると、なんと一軒家を知っているというのです。 ところが捜索隊が示したところは、「空き家」。 しかし、その代わりに2km離れたところに、別な空き家があるという。 「ついてきな」 と快く、軽トラを走らせはじめるお父さん。 「やさしい人に出会えてラッキーですよ」と喜ぶ捜索隊。 今の時期、緑に包まれた家々が。 「すごいきれいなお宅ですね」とスタッフ。 家の方に近づいていくと、近づいてくる男性が。 さては一軒家の主かと思うと、空き家の主の叔父さん。 「甥は富山に出張してる。 もう3、4年になるかな」 ガーン! これで2軒続けて空き家! そこでスタッフは、最初の、軽トラのお父さんに電話。 3軒目の空き家、谷川温泉(やがわおんせん)という温泉旅館を教わります。 さあ、見えてきましたよ! 谷川温泉へ到着! ようやく、教えてもらった谷川温泉に到着。 大きな建物です。 温泉旅館の主、片野三郎さんに会うことができました! この地に温泉を開いて、今や、片野さんの息子さんで3代目だそうです。 谷川の湯の場所は 谷川の湯、住所は 〒963-5535 福島県東白川郡塙町大字山形吉ノ目32 始めてから3代になる旅館ですが、過疎化で、訪れる人は月15人ほどに減ってしまったそうです。 なので、今はお弁当を作って道の駅におろしているのです。 365日、一日も休まず、道の駅に届けているそうですよ。 ご家族皆で協力して、おかずを作り、お弁当に詰めて、三郎さんが道の駅まで、毎日届けに行きます。 たいへんですが、とても生き生きとしたご様子、ご家族で一緒に仕事をされていてうらやましいですね。 道の駅はなわ こちらが道の駅はなわです。 谷川の湯でお弁当をおろしているのがこちら。 けれども、谷川の湯自体も、大きな建物なのにもったいないですね。 4代目とはいわず、これからもぜひぜひ存続してほしいものです。 2軒目の福島県の一軒家 今回は、もう一軒福島県の一軒家があります。 福島県南端部の一軒家 東白川郡塙町 さらに、番組でご紹介するのは、福島県南端部の一軒家。 このお宅はなんと、上の1軒目の一軒家について聞いているときに、地元の人が、「もう一軒、心当たりがあるけど」と教えてもらったところだそうです。 捜索隊はそれを「ポツン情報」と名付けています。 おもしろいですね! 写真で見ると、山の谷間に沿って切り開かれた細長い不思議な形の敷地。 場所は、福島県東白川郡塙町大字片貝というところ。 ポツンと一軒家には違いありませんが、ずいぶんにぎやかなお宅では? 大体、真ん中の家と思しきものは、家にしては大き過ぎますし、それ以外のこまごましたものは、これは何でしょうね? 車ではなさそうだし、やはり建物かなあ・・・ 行ってみましょう! 直売所の女性の案内で こちらの家についても、直売所の女性に聞くと「一番どん詰まりにある」とのこと。 ところが、このお宅、「とても素敵な手作りの一軒家」だというのです。 サカタさんという、茨城県日立市の方から来た、一人暮らしの女性なのだそうですが、手作りって一体? 「素敵な手作りの一軒家」へ 直売所の女性に案内してもらいながら向かいます。 やっとたどり着いた家の主は、坂田恵子さん。 ご主人が、会社員だったころ、田んぼだった300坪の土地を買い、ここに通って、家を建てました。 夢はログハウスだったのですが、基礎から自力で家を建てたそうです。 しかも、すごく大きな家です。 横に長い平屋。 ご主人は残念ながら、2年前に亡くなってしまったのですが、素敵な木彫りの作品をたくさん残されました。 恵子さんはそれらの思い出の品に囲まれて、やっと元気になり、今もご主人の建てたこの家でひとりでも元気にお過ごしのご様子です。 ご主人の手作りの家に、主の亡くなられた今でも、愛情をいっぱい感じながら暮らしておられるのですね。

次の

谷川温泉.....にっぽんのお湯処(おゆどころ)

谷川 温泉 福島

前半は白川郡塙町の谷川温泉旅館でしたが良いところでした。 谷川温泉旅館でスタッフを出迎えたのは片野三郎さん(82)で 妻の好子さん(72)と長男夫婦とその双子が同居する6人家族。 以前と比べて宿泊客は少ないですが冷泉の湯が気になります。 谷川温泉 スポンサーリンク 明治末期に亡祖父の卯之松さんが旅館を買い取り営業を開始。 現在の建物は昭和48年に二代目の三郎さんが建て替えたそう。 1Fと2Fに和室が10部屋あり窓から山の景色が最高なんだとか。 三郎さんはこの家で育ち高校卒業後に家業を継いだんだそう。 三代目の佳茂さんは25年前に実家に戻って現在は厨房を担当。 庭で採れた新鮮な野菜や山菜などの料理が自慢のようですね。 薪を焚いてグツグツと湯を沸かすのは三郎さんの仕事だとか。 効能は神経痛や胃腸病や痔に効くということで気になります。 現在の主な収入源は惣菜やお弁当を作り販売することだそう。 道の駅はなわに毎日365日70パックを届けてるとか凄いですね。 ホームページ 旅館の今後 スポンサーリンク かつて大勢来客があった宿も過疎化の影響は大きいようです。 三郎さんは孫が大きくなるまでもう少し頑張るらしいですが 四代目候補の双子ちゃんたちはまだまだ実感はないようです。 迅人くんは製造業に関心があってパティシエになりたいとか。 愛弓ちゃんも都会への憧れが強くてなかなか難しそうですね。 ステキな老舗旅館なので今後も営業を続けてほしいものです。 まとめ 辿り着いた🏡「」は明治末期から続く3世代の6人が暮らす でした。 全ての客室から森の緑が一望できます。 インバウンドの増加などで都心はホテル不足なのに皮肉です。 こういう場所を外国人にも紹介できれば稼働率は上がりそう。 ただいかんせん交通アクセスがやはり弱点になるでしょうか。 関連記事.

次の