アイスボーン 地帯レベル 上げ方。 MHWIB 導きの地 地帯レベル5、地帯レベル6、地帯レベル7の解放条件・上げる方法!巨大鉱脈・巨大骨塚の採取場所はどこ?マスターランク(MR)の効率的な上げ方【MHWアイスボーン】

[mhwアイスボーン]導きの地で優先的に育てたいおすすめ地帯

アイスボーン 地帯レベル 上げ方

導きの地のアップデート情報 溶岩地帯が新たに追加 10月10日 木 の大型アップデート第1弾にて、導きの地に新たなエリア「溶岩地帯」が追加されました。 新モンスター「ラージャン」の歴戦個体が登場する他、未登場であったブラキディオスやヴォルガノスも出現します。 リオレウスとリオレイア希少種に歴戦個体が追加 追加モンスター 入手素材 陸珊瑚地帯レベル7に「歴戦リオレウス希少種」が、荒地地帯レベル7に「歴戦リオレイア希少種」が新たに追加されました。 入手できる固有素材は、武器のパーツ強化に使用されます。 地帯レベルの仕様が調整 調整内容• ・自身の地帯レベルが一切変動しないよう、固定化できるように• ・モンスター発見時のレベル変動を消去 地帯レベルとは 地帯レベルとは、導きの地で各地帯に設定されているレベルのことを指します。 レベルはモンスターの狩猟と捕獲、痕跡集めで上昇しレベルが上がるほど強力なモンスターがエリアに出現します。 地帯レベルが減少するが特定の素材集めが可能に 地帯レベルは他の地帯のレベルが上昇すると、環境の変化により対象の地帯レベルが減少することがあります。 しかし、同モンスターでもレベルによって入手できるアイテムが変わるので完全なデメリットとは言えません。 地帯レベルの効率的な上げ方 上げたい地帯のみに出現するモンスターを狩猟 地帯レベルは、各地帯にのみ出現するモンスターを狩猟 捕獲 するのが効率的です。 複数地帯で出現するモンスターを狩っても上昇量が分配されてしまうため、目的の地帯に限定モンスターが出現していたら優先して狩るべきです。 複数を上げる時は両地帯に出現するモンスターを狩猟 最終的に複数の地帯レベルを上げたい場合は、目的の地帯の両方で出現するモンスターを狩りましょう。 ただし、オドガロン亜種やバフバロ、ラージャン等の全地帯で出現するモンスターは、狩猟してもほぼ上がらないので注意が必要です。 マルチで地帯レベルが低い人のところに入る 備考• ・画像左が低レベルのホスト、右が高レベルの参加者• ・狩猟したモンスターは「ドスギルオス」• ・Lv1とLv3でレベルに差があるのに入手ポイントが同じ 自身より地帯レベルが低い人の導きの地にマルチで入ると、探索の終了時に入る地帯レベルのポイントが通常よりも多く貰えます。 レベルを効率よく上げたい場合は低レベルの募集を探すと良いでしょう。 レベル上限によっては身内でもマルチができない 導きの地に行く参加者がホストよりも地帯レベルの上限解放の状態が劣っていると、身内であってもマルチプレイは出来ません。 逆に参加者の方が地帯レベルの上限解放が進んでいる状態ではマルチプレイ可能です。 また、部位破壊や痕跡採取もポイントに入るので平行して行いましょう。 地帯レベルを上げると隠しモンスターが出現 地帯レベル 出現エリア 出現モンスター レベル2 森林地帯 レベル3 森林地帯 レベル6 森林地帯 荒地地帯 陸珊瑚地帯 瘴気地帯 各地の地帯レベルを上げると、レベルに応じた隠しモンスターが登場します。 隠しモンスターは強力であるものの、倒した際に生産できる武具も優秀なものが揃っているため積極的に挑戦するのが良いでしょう。 最終的に3地帯のLv7を目指す 地帯レベルは、現状3箇所までLv7にできます。 導きの地の歴戦古龍素材は、出現地帯をLv7にしなければ入手できないため、地帯レベルは欲しい素材に合わせて3箇所をLv7にするようにしましょう。 陸珊瑚・溶岩・氷雪をLv7にするのがおすすめ 対象地帯 出現する歴戦古龍 出現する歴戦個体 森林 荒地地帯 陸珊瑚地帯 瘴気地帯 溶岩地帯 氷雪地帯 Lv7にする地帯は、陸珊瑚・溶岩・氷雪の3箇所がおすすめです。 最終的に錬金で入手できない歴戦古龍素材を考慮すると森林と荒地は上げる価値が低いです。 ただし、 歴戦リオレイア希少種に限り、通常種と同様に錬金で素材を入手できないため、あらかじめ荒地をLv7にして十分な数を集めておくか、マルチで歴戦リオレイア希少種に参加する必要があります。

次の

【mhwib】アイスボーン 地帯レベル 上げ 下げ 調整方法

アイスボーン 地帯レベル 上げ方

現状11777or17717の二択。 出現するモンスターには 導きの地固有の素材が設定されており、落し物や剥ぎ取りで入手が可能です。 通常個体と歴戦個体で別の素材になります。 また、落し物は 地質学Lv1を発動させることで、骨素材を落とすモンスターに限って2回拾うことができます。 一部の地帯Lv6で解放されるモンスター、リオレウス希少種・リオレイア希少種・ラージャンは 対応した地帯Lv7で歴戦個体が出現するように設定されています。 地帯レベルを簡単に上げる方法 シビレ罠と落とし穴、シビレ罠の調合分とモドリ玉を持ってスタートします。 シビレ罠を3回、落とし穴を1回すると 地帯経験値を4回取得できます。 シビレ罠・落とし穴・モドリ玉の使用をショートカットに登録しておくと、効率よく周回できます。 狩るよりも圧倒的早くレベル上げが出来るためおすすめです。 各地帯レベルを上げるモンスターの対応表 受付嬢からの呼び出しで簡単に対応表が完成します。 基本的には 出現する地帯が多いほど上昇量が下がります。 2地帯が上がるモンスターは、登場している地帯が大きく上昇、他の地帯が小さく上昇となります。 危険度に全く依存しませんので、より弱いモンスターを地帯レベル上げに利用しましょう。 このゲームは、プレイヤー人口がかなり多いですので、すべての素材集めを救難で集める方が効率が良いです。 素材集めのやり方は救難に参加して、欲しい素材を落とすモンスターがいないなら無言で探索を終了します。 落とすモンスターがいた場合、そのモンスターをクラッチ吹き飛ばしによる壁ダウンをして素材を回収します。 一番確実なのは、 落とすモンスターを確認した時点で切断することです。 01にて切断しなくても良くしたと発表されております。 しかし、クエ主が呼び出しをしたりすることで、目当てのモンスターがいなくなる可能性があります。 つまり、 切断安定の状況は続いていますので、期待は出来ないでしょう。 1.11111を維持してMR100にする 導きの地に救難で参加し、素材集めをしながらMR100にします。 MR100にしないと地帯Lvを7に出来ないからです。 一方で、地帯レベルが上がってしまうと、 特定の地帯レベルを下げるのが非常に困難です。 最初から 地帯レベルを固定して救難に参加することで、11111を維持したままMR100を目指すことが出来ます。 イャンガルルガやジンオウガ等の素材集めはイベントクエストでやりましょう。 もしくは、調査クエストの救難に入ることで、効率よく素材や装飾品を集められます。 2.目的の地帯レベル3つを万遍なく上げる おすすめのモンスターは下記のとおりです。 特殊痕跡を持っている場合は、Lv5以上を上げる際に使用するので使わないようにしておくと良いです 2地帯を上げるモンスターの中で、メインとなる地帯のレベルを上げられるモンスターは3匹です。 荒地:クルルヤック 珊瑚:ツィツィヤック 瘴気:ドスギルオス 溶岩:ドドガマル 調整用:リオレウス希少種 珊瑚溶岩 、リオレイア亜種 荒地溶岩 、オドガロン 珊瑚瘴気 調整用以外のモンスターは、こちらを発覚しても戦闘になりません。 無限に罠を設置できますので、高レベルになったら特殊痕跡で呼び出せると効率が良いです。 11676 or 17616を目指して、延々と罠にはめてやりましょう。 3.仕上げの調整 11777の例 前述したリオレウス希少種を使って、珊瑚と溶岩を同時に上げます。 この時、瘴気or荒地の地帯レベルが下がらないように祈ります。 祈るしかないので、もし下がってしまった場合は、瘴気だけを上げるモンスターを罠にはめましょう。 上げてしまった地帯レベルを下げる方法 リオレウス希少種を罠にはめて荒地や瘴気以外が下がることを祈る。 リオレイア亜種 荒地 を罠にはめて溶岩以外が下がることを祈る。 オドガロン 瘴気 を罠にはめて溶岩以外が下がることを祈る。 これしかありません。 これを続けることで11676になるまで罠にはめ続けることになります。 レベル下げは地獄なので、11111で固定してMR100にすることを推奨しているわけですね。 終わりに 以上のチャートが最も簡単だと思います。 現状、MHWはカプコンがテストプレイをしていないと言われるほど歪んだバランスです。 アイスボーンも含めてテストプレイは一切やってないと、ユーザーに疑われるほどバグが多く調整も雑です。 今のバージョンで導きの地に手を出すべきなのか疑問ではありますが、11777にやる最速チャートを一応考えました。 どうすれば出来るか悩んでいる方は是非お試しください。 それでは、あでゅーノシ• オフラインのためランキングが表示できません カテゴリー カテゴリー アーカイブ• 最近のコメント• に より• に いも より• に より• に 匿名 より• に より.

次の

【MHWアイスボーン】効率のいい地帯レベルの上げ方・下げる方法やメリット【モンスターハンターワールド:アイスボーン 攻略】│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

アイスボーン 地帯レベル 上げ方

現状11777or17717の二択。 出現するモンスターには 導きの地固有の素材が設定されており、落し物や剥ぎ取りで入手が可能です。 通常個体と歴戦個体で別の素材になります。 また、落し物は 地質学Lv1を発動させることで、骨素材を落とすモンスターに限って2回拾うことができます。 一部の地帯Lv6で解放されるモンスター、リオレウス希少種・リオレイア希少種・ラージャンは 対応した地帯Lv7で歴戦個体が出現するように設定されています。 地帯レベルを簡単に上げる方法 シビレ罠と落とし穴、シビレ罠の調合分とモドリ玉を持ってスタートします。 シビレ罠を3回、落とし穴を1回すると 地帯経験値を4回取得できます。 シビレ罠・落とし穴・モドリ玉の使用をショートカットに登録しておくと、効率よく周回できます。 狩るよりも圧倒的早くレベル上げが出来るためおすすめです。 各地帯レベルを上げるモンスターの対応表 受付嬢からの呼び出しで簡単に対応表が完成します。 基本的には 出現する地帯が多いほど上昇量が下がります。 2地帯が上がるモンスターは、登場している地帯が大きく上昇、他の地帯が小さく上昇となります。 危険度に全く依存しませんので、より弱いモンスターを地帯レベル上げに利用しましょう。 このゲームは、プレイヤー人口がかなり多いですので、すべての素材集めを救難で集める方が効率が良いです。 素材集めのやり方は救難に参加して、欲しい素材を落とすモンスターがいないなら無言で探索を終了します。 落とすモンスターがいた場合、そのモンスターをクラッチ吹き飛ばしによる壁ダウンをして素材を回収します。 一番確実なのは、 落とすモンスターを確認した時点で切断することです。 01にて切断しなくても良くしたと発表されております。 しかし、クエ主が呼び出しをしたりすることで、目当てのモンスターがいなくなる可能性があります。 つまり、 切断安定の状況は続いていますので、期待は出来ないでしょう。 1.11111を維持してMR100にする 導きの地に救難で参加し、素材集めをしながらMR100にします。 MR100にしないと地帯Lvを7に出来ないからです。 一方で、地帯レベルが上がってしまうと、 特定の地帯レベルを下げるのが非常に困難です。 最初から 地帯レベルを固定して救難に参加することで、11111を維持したままMR100を目指すことが出来ます。 イャンガルルガやジンオウガ等の素材集めはイベントクエストでやりましょう。 もしくは、調査クエストの救難に入ることで、効率よく素材や装飾品を集められます。 2.目的の地帯レベル3つを万遍なく上げる おすすめのモンスターは下記のとおりです。 特殊痕跡を持っている場合は、Lv5以上を上げる際に使用するので使わないようにしておくと良いです 2地帯を上げるモンスターの中で、メインとなる地帯のレベルを上げられるモンスターは3匹です。 荒地:クルルヤック 珊瑚:ツィツィヤック 瘴気:ドスギルオス 溶岩:ドドガマル 調整用:リオレウス希少種 珊瑚溶岩 、リオレイア亜種 荒地溶岩 、オドガロン 珊瑚瘴気 調整用以外のモンスターは、こちらを発覚しても戦闘になりません。 無限に罠を設置できますので、高レベルになったら特殊痕跡で呼び出せると効率が良いです。 11676 or 17616を目指して、延々と罠にはめてやりましょう。 3.仕上げの調整 11777の例 前述したリオレウス希少種を使って、珊瑚と溶岩を同時に上げます。 この時、瘴気or荒地の地帯レベルが下がらないように祈ります。 祈るしかないので、もし下がってしまった場合は、瘴気だけを上げるモンスターを罠にはめましょう。 上げてしまった地帯レベルを下げる方法 リオレウス希少種を罠にはめて荒地や瘴気以外が下がることを祈る。 リオレイア亜種 荒地 を罠にはめて溶岩以外が下がることを祈る。 オドガロン 瘴気 を罠にはめて溶岩以外が下がることを祈る。 これしかありません。 これを続けることで11676になるまで罠にはめ続けることになります。 レベル下げは地獄なので、11111で固定してMR100にすることを推奨しているわけですね。 終わりに 以上のチャートが最も簡単だと思います。 現状、MHWはカプコンがテストプレイをしていないと言われるほど歪んだバランスです。 アイスボーンも含めてテストプレイは一切やってないと、ユーザーに疑われるほどバグが多く調整も雑です。 今のバージョンで導きの地に手を出すべきなのか疑問ではありますが、11777にやる最速チャートを一応考えました。 どうすれば出来るか悩んでいる方は是非お試しください。 それでは、あでゅーノシ• オフラインのためランキングが表示できません カテゴリー カテゴリー アーカイブ• 最近のコメント• に より• に いも より• に より• に 匿名 より• に より.

次の