生理痛 足。 足の付け根の痛み 生理後では?チクチクする?違和感があるときいついての詳しい対処法は?|フリーブログ。

いつまで続くの、この痛み!生理がおわってもまだ痛む、生理後痛とは?

生理痛 足

生理痛の足のだるさや痛みは、泣きたいくらい辛いし、不安になりますよね。 市販の薬を飲めばしばらくすると痛みはおさまりますが、効果は一時的なものです。 温めたり、ツボを押したりといった方法では、正直気持ち程度しか緩和されません。 PMS対策を根本から解決するには、食生活の見直しや運動が一般的に効果的と言われています。 しかし、忙しい毎日のなかで継続させるのはなかなか難しいですよね。 そんな方に、ぜひお試し頂きたいのが、 1日1粒飲むだけで女性の悩みを根本から解決してくれる生理痛サプリメントです。 こちらのページでは、厳選した生理痛サプリのおすすめ商品や生理痛の原因などを詳しく紹介しています。 もう生理痛で辛い思いをする毎日は終わらせたいあなたに必見の内容です!• 血行不良• 筋力不足 生理痛の悩みを解決する方法として、食生活の見直しや運動といった方法がありますが、毎日継続させるのって正直難しいですよね・・ かといって痛み止めもできるだけ使いたくない。 そんな方のために作られたのが女性の心もカラダもサポートしてくれる生理痛サプリメントです。 サプリメントなら、毎日ストレスなく継続して取り組むことができ、生理前や生理中もいつもと変わらず穏やかな気持ちでいられます。 生理痛を根本から見直したいという方は、試してみる価値はあると思います。 それでは、生理痛の足の痛みなどにおすすめのサプリメントをご紹介していきましょう。 ムーンラックは毎月の女性の生理痛やPMSをサポートする成分が沢山含まれています。 代表的な成分としては、チェストベリー42mgとカチプファティマ150mgが含まれています。 どちらとも古くから、生理前や生理中の不調をケアするために用いられてきたハーブのため、信頼できる成分といえるでしょう。 生理前のイライラや生理中の体のだるさなどを感じている人におすすめのサプリです。 お得な購入方法 ムーンラックは初回限定の特別モニターコースで購入する方法がとてもお得になっています。 このコースは1ヶ月に1袋ずつ届く定期購入となっているのですが、初回購入価格が定価から 約78%OFFの980円(税込)で購入できます。 2回目以降も 約33%OFFの2,980円(税込)になり、送料無料でお得!! さらに、初回購入から10日間以内なら全額返金をしてもらえますので、もし体に合わなかったとしても安心です。 店舗購入や通販購入はできないため、購入したい人は公式サイトから買いましょう。 容量:14. 女性のPMSや生理痛といった毎月の不調を整える、9種類の西洋ハーブが含まれています。 ムーンラックと同じく、チェストベリーも40mg配合されており、1日1粒で一日の推奨量を摂取することができます。 さらに、女性の健康をサポートする、ビタミンB群やカルシウムといった栄養素も含まれているのも嬉しいポイントです。 特に生理前のイライラや気分の落ち込み、生理前から生理中にかけてのだるさに悩んでいる人におすすめです。 お得な購入方法 ルナベリーは店舗販売やAmazonや楽天といった通販サイトでの購入は出来ないため、公式サイトから購入することになります。 一番おすすめなお得な購入方法は、初回限定のトクトクコースです。 これは4ヶ月継続が条件の、1ヶ月に1回に商品が届く定期購入で特別価格となっています。 初回購入は 送料分の500円のみで実質無料です。 2回目以降も 10%OFFの3,960円とお得な料金設定になっています。 4ヶ月続けてみて効果がなければ、全額返金もしてくれますので、初めて購入する方に特におすすめのコースとなっています。 容量:31粒 初回購入:980円(税抜) 和漢洋植物からチェストベリー、クワンソウ、高麗人参、生姜を厳選したサプリメントです。 特にチェストベリーは1粒で40mgも配合されていて、医薬品と同レベルの配合量となっています。 また沖縄産のやんばる生姜は、体の血の巡りを良くしてくれますので、足がむくんだり、足が冷えるといった症状におすすめです。 生理痛やPMSで体の不調を感じている人はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。 お得な購入方法 めぐルナは店舗購入ができないので、公式サイトから購入することになります。 お得な購入方法としては、特別定期コースは3回継続が条件ですが、特別価格で送料無料のためおすすめです。 初回は通常価格の 約80%OFFの980円(税抜)!2回目以降は17%OFFの3,980円(税抜)で購入することができます。 初めて購入する方限定なので、めぐルナが気になる方は特別定期コースを利用しましょう。 nanairo編集部がおすすめする生理痛サプリ ムーンラック 上記で紹介した人気の生理痛サプリメントを比較してみました。 ムーンラック ルナベリー めぐルナ チェストベリーの量 42mg 40mg 40mg 初回価格 980円 500円 980円 2回目以降の価格 3,180円 3,960円 3,980円 ムーンラックはPMS対策の有用成分チェストベリーが最も多く配合されています。 初回価格も毎月300名限定で実施されている特別モニターコースなら初回約78%OFFの980円で気軽に試すことができます。 ルナベリーよりも初回価格は安いですが、2回目以降の価格はムーンラックが最も安いので継続するならムーンラックが一番低コストです。 生理痛サプリメントは3ヶ月程続けた方が変化を実感されている方が多いので、初回価格だけでなく継続したコストで比較しなければなりません。 そのため、 成分とコストをトータル的に考えると間違いなく ムーンラックがコスパNo. 1です。 初回は送料無料で10日間の返金保証もあるので、試してみて変化を感じなければ返品すればOKなので安心です。 容量:10パック入り 価格:1,800円(税抜き) 女性ホルモンの専門家が監修した本格ハーブティーです。 あなたの悩みのタイプに合ったハーブティを3種類のなかから選ぶことができます。 オフィスでのひと息やお家でちょっとリラックスしたいときに、いつも飲んでいるコーヒーやお茶をこのハーブティーにするだけ! サプリメントはちょっと・・・と思われている方はまずは気軽なハーブティーから始めてみてください。 お得な購入方法 基本の商品は10パック入り1,800円(税抜)ですが、3種類のセットで購入すれば、300円引きの5,100円(税抜)でお得に購入できます。 ハーブティー以外にも3種類のアロマオイルがあり、アロマオイルとハーブティーをセットで購入すると通常価格3,600円(税抜)のところ300円引きになります。 生理痛が足にくる原因は? 生理前~生理中の時期に脚のだるさや痛さなどの「脚の生理痛」が現れるかどうかは大きな個人差があります。 脚に関係する不快感を全く抱かない人がいる一方、脚に生理痛が生じる人では足首のみが痛くなったり脚全体が重く感じられたりと、現れる症状は多岐にわたります。 脚に生理痛が現れる原因としては、冒頭で述べたように• 血行不良• 筋力不足 の3つが考えられます。 毎日の活動を支える脚ですから、脚に生理痛が生じている場合にはできることなら不快な症状を和らげたいものです。 原因に応じた解消法をきちんと行うためにも、まずは生理痛が足にくる原因について詳しく見ていきましょう。 血行不良 生理痛が足にくる原因として考えられる血行不良は、様々な要因から引き起こされる体の不調になります。 あるひとつの原因から生じていることもあれば、複数の原因が組み合わさって血行不良の程度が重くなっていることもあります。 その中でも、特に生理前~生理中に生じやすい血行不良の原因についてそれぞれ分かりやすく紹介します。 生理に伴うホルモン分泌の変化でむくみやすくなる 女性の月経周期にはホルモンの分泌に大きな変化が生じます。 特に生理前から生理中にかけては、プロスタグランジンとプロゲステロンの分泌が増えます。 しかし、このホルモン分泌の影響で足がむくみやすくなるのです。 それぞれの影響について、みていきましょう。 プロスタグランジンの影響 生理前~生理中のタイミングでは、子宮や臓器そして血管の収縮を促進するホルモンであるプロスタグランジンの分泌量が活発になります。 プロスタグランジンは、経血をスムーズに排出させ生理をきちんと終えるためには必要不可欠なホルモンです。 しかし、プロスタグランジンが過剰に分泌されると様々な筋肉や血管を必要以上に収縮させてしまうのです。 そうしたプロスタグランジンの影響から、生理前~生理中の女性の体内では血行が悪くなるほか、本来の正常に排出されるはずの余分な水分や老廃物が蓄積されやすくなり、むくみといった症状が生じやすい状態になります。 プロゲステロンの影響 また、生理中には体内に水分や栄養素を溜め込もうと作用する、女性ホルモンのプロゲステロンの分泌量も活発になることも相まって、普段よりもむくみやすくなってしまうのです。 むくみの程度や血行不良の状態が重くなると、下半身の筋肉が働くうえで必要な酸素や栄養素が血流を介して十分に行き届かなくなります。 そもそも全身を支える足は、重力の関係から水分や廃物が溜まりむくみが生じやすくなります。 むくみが生じるとさらに血行状態が悪くなり、悪くなった血行状態からむくみが生じやすくなる、という悪循環に陥ってしまうのです。 その結果として生じるのが、だるさや痺れそして痛みといった「足の生理痛」だったのです。 体の冷えからも血行不良に 悪い血行状態にあると、体内で生み出した熱を持った温かい血液が巡りにくいことから体が冷えやすくなります。 さらには、栄養が様々な体の部位に行き届かないことから、痛みを感じやすい状態に陥ります。 つまり、体が冷えていると冷えから血管が収縮し血流が悪くなるだけでなく、血行不良から栄養素が行き渡らずに熱をうまく生み出せないというように、より深刻な冷えとそれによる血行不良やむくみの悪化へと繋がるのです。 そのため、体の冷えもまた血行不良やむくみそして冷え性といった足の生理痛に大きく関係していると考えられます。 生理前~生理中は先述の通り、生理に伴うホルモン分泌の変化から血行不良に陥りやすい時期ですから、普段から冷え性の人は特に体の冷えからの血行不良に注意する必要がありますね。 ストレスも血行状態を悪くする 生理が来ると何かと憂鬱な気分になったりイライラしたりとストレスを感じやすくなりますよね。 このストレスもまた血行不良の原因として挙げられます。 というのも、過度のストレスを受けたりストレスを感じ続けたりすると、自律神経のうちの交感神経が刺激され血管の収縮作用が必要以上に働いてしまうのです。 交感神経から血管収縮作用を受け続ければ、当然、血行不良が引き起こされてしまいます。 そのほか、ストレスはホルモンバランスの乱れを引き起こす原因となり、上記でご紹介しましたプロスタグランジンの分泌も多くしてしまいます。 血行不良の原因になることに加え、ホルモンバランスの乱れに繋がるストレス。 足の生理痛を和らげるには、こうしたストレスを溜め込まないようにする対策も必要なのですね。 貧血 生理中には経血として多くの血液が排出されますから、普段よりも貧血気味になります。 特に生理中には血行不良を引き起こしやすいため、余計に貧血による悪影響を受けやすい時期でもあります。 そもそも血液中の鉄分は、摂り入れた酸素や栄養素を全身の細胞に届ける役割を担っています。 そんな鉄分が不足する貧血状態になると、様々な細胞は機能するために必要な栄養素や水分が得られなくなり一種の酸欠状態に。 その結果として、足がだるい・痛むといった症状として、生理痛が足にくるのです。 筋力不足 そもそも女性はふくらはぎの筋肉量が比較的少なく、心臓から足先まで送り届けられた血液を再び心臓へと送り返す力が弱いとされています。 足先が冷えやすいのも、こうした血液を再び心臓へと送り届ける力の弱さが原因として考えても良いでしょう。 血液を循環させる力が弱ければ足に老廃物や余計な水分が溜まりやすく、むくみから生じるだるさや痛みがもたらされます。 特に、デスクワークが中心で運動不足にある人の場合には、筋力不足からむくみやすくなっています。 生理前~生理中に増加するホルモンの作用やストレスのみならず、毎日の生活の中での運動量もまた生理痛が足にくる要因の1つだったのですね。 自宅でできる薬に頼らない足の生理痛の解消法は? 足にくる生理痛を解消するには、その原因となる血行不良・貧血・筋力不足のそれぞれに応じたアプローチが必要となります。 また、足の生理痛に直接関係するむくみや冷えといった症状の改善も必ず合わせて行うようにしましょう。 足の生理痛を効果的に解消できる食事での工夫や運動そしてマッサージやツボ押しの方法をご紹介します。 どれも少しの工夫や心掛けによって簡単に行えるものばかりですから、毎日の生活スタイルに合った方法を取り入れてみてはいかがでしょうか? 食事で生理の足のだるさを解消 食事で足の生理痛を解消するには、 「むくみ解消に効果的な栄養素」「貧血予防に役立つ鉄分」の摂取がポイントとなります。 以下でご紹介します栄養素を、毎日の食事の中で意識して摂取しましょう。 貧血予防に役立つ栄養素を摂取 経血の排出から多くの血液を失い鉄分不足に陥りやすい生理中には、普段よりも意識して鉄分を積極的に摂取しましょう。 プルーン、牛肉、ココア、アーモンドなどが鉄分に富む食材になります。 特にアーモンドには鉄分以外に亜鉛が多く含まれており、相乗効果から体内への吸収率が高まります。 生理中は小腹が空きやすい時期でもありますから、プルーンやアーモンドそしてココアを間食として摘むと効率良く鉄分補給が行えますよ。 むくみ解消に効果的な栄養素を摂取 食事からむくみを解消するには、 利尿作用が高くカリウムに富む食材である小豆がお勧めです。 利尿作用つまり尿と共に、むくみの原因となる体内の不要な水分を排出しようというわけです。 小豆だけでなく、大豆などの豆類やひじきなどの海藻類にもカリウムが多く含まれます。 利尿作用だけで考えるとスイカやキュウリといった食材も挙げられますが、血行不良の原因となる体の冷えを引き起こしやすいことから生理中には適していません。 したがって、血行不良を改善しながらむくみを解消したい生理中には、小豆こそが最適な食材ですよ。 運動で生理の足のだるさを解消 足に生理痛が生じやすい人は運動不足による筋力不足から、普段から足先が冷えたりむくんだりしやすい傾向にあります。 根本的な原因である筋力不足を解消し体を動かすことで血行促進効果が得られる運動は、足の生理痛の解消には非常に有効な手段ですよ。 適度な運動を習慣に 運動を毎日の習慣として取り入れる際には、無理せず続けられる適度なものを選ぶようにしましょう。 ウォーキングや自転車での移動など、できる範囲内の運動を続けて行うことこそ大切です。 運動が足の生理痛の緩和に良いからと無理をしては思わぬ怪我の原因になりますし、習慣として続けるのが難しくなります。 そのため、無理のない範囲で続けられるような運動を、できるところから習慣として取り入れ始めてくださいね。 簡単にできるストレッチを取り入れよう 適度な運動を習慣として取り入れるにあたり、生理中にはどうしても体を動かすことが億劫になるものです。 そこで生理中の運動としてお勧めしたいのが、お家で簡単にできるストレッチ!やり方は以下の通りです。 体をまっすぐにして寝転がれる場所で膝を伸ばしてうつ伏せになり、足先をまっすぐに伸ばします。 ベッドの上で行う場合には、足首~足先の部分がベッドからはみ出るように横になるのがお勧めです。 1の状態でゆっくりと息を吐ききりながら、足先を床に向けて倒していきましょう。 このときにふくらはぎの後ろの部分が伸びていることに意識してくださいね。 次にゆっくりと息を吸い込みながら、足を床に対して平行になる位置にまで持ってきます。 1~3までを5回繰り返して行うのを1セットとし、2~3セット行うようにしましょう。 足の中でもふくらはぎの筋肉を集中的に伸ばすことで、血行促進効果とそれによるむくみ解消効果が得られます。 短い時間でできるヨガなら生理中でも大丈夫 足のストレッチの他にも、足の冷えや生理痛緩和に効果を発揮するヨガもお勧めです。 ヨガは伸ばす筋肉に加えて腹式呼吸にも意識を向けてしっかりと行いましょう。 また、内臓に負担がかかるのを避けるためにも、ヨガを行うタイミングは食後2~3時間以降にしてくださいね。 自宅で簡単に短い時間で済ませられますし、高いリラックス効果を誇ります。 ぐっすり眠るための入眠儀式も兼ねてヨガを始めてみるのも良いですね。 赤ちゃんのポーズ 足のむくみやだるさ、血行不良の解消におすすめ。 息を吐きながら仰向けになり、膝を曲げてお腹の方に引き寄せます。 肩の力を抜きながら首を伸ばし、深呼吸を5回行いましょう。 ネコのポーズ 生理痛や足のだるさといった生理に関係する不調におすすめ。 四つん這いになり、息を吐きながらへそを覗き込むイメージで背中を丸めます。 次に息を空いながら頭を元の位置までに戻し、今度は天井を見上げるイメージで背中を反らせます。 このセットを3~5回行いましょう。 チャイルドポーズ ストレス緩和やリラックス効果におすすめ。 肩幅・腰幅の間隔で手と膝を床につけ、赤ちゃんのハイハイの状態になります。 次に息を吐きながらお尻をかかとの上に下ろし、上半身を前方に倒して両手・両腕をしっかりと伸ばした状態を10秒間キープします。 姿勢をキープする時には腹式呼吸をしましょう。 ツボ押しやマッサージを上手に活用 最後に、足にくる生理痛におすすめのツボやマッサージ方法をご紹介します。 ツボ押しであればテレビを見ながら・音楽を聴きながらでもできますし、マッサージはボディオイルと併用することでボディケアも兼ねて行えますよ。 生理が始まる1週間前から始めると優れた効果を得られるほか、普段の冷え性対策としても日頃から行うと良いですね。 足首を中心としたマッサージで血流を促進 足首を中心に手のひら全体で揉みほぐすようにマッサージし、仕上げには足首から膝裏へと揉み上げていきましょう。 体が温まり血行状態が良くなっているお風呂上がりのタイミングで行うと、得られる効果がUP! 上記でご紹介しました足の生理痛に効果的なツボは足首に集まっているため、ツボ刺激も兼ねて足首~膝裏までの部位を優しく揉みほぐしてくださいね。 また、足首には余分な水分や老廃物が溜まりやすいこともあり、ゆっくりと時間をかけて丁寧に行うのがベストです。 マッサージの際には香りからリラックス効果が得られるアロマオイルや、美肌効果のあるボディオイルを使用し、手の滑りを滑らかにしてあげましょう。 使用するオイルによって得られる効果は異なるものの、それらの効果とマッサージによる血行促進効果とでまさに一石二鳥に! 今すぐ痛みを抑えたい場合は即効性のある鎮痛薬に頼ろう 生理痛があまりに痛い場合は、病院で医師に処方してもらうのが一番です。 しかし、今すぐになんとか痛みを和らげたいという場合は、市販薬の鎮痛剤に頼るしかありません。 ただし、効き目が強いほど副作用も強い可能性があるという認識を持ち、十分留意した上で服用しましょう。 最後に 生理とは何の関係もなさそうな不快な足の症状ですが、引き起こされていた原因が「生理に関連したホルモン分泌から生じる体調の変化」と生理とは切っても切れない関係にあるのです。 特に足の筋力不足や冷えを感じる人の場合には、足にくる生理痛の程度が酷くなる傾向にあります。 そのため、日頃から運動を習慣として取り入れたり、マッサージやツボ刺激で血流を促進したりといった工夫が一層大切になりますよ。 ホルモン分泌が関係して引き起こされる足の生理痛ですが、毎日のケアや習慣からその症状を和らげることができます。 食生活の見直しや運動など継続させるのが難しいといった方は、まずは生理痛サプリメントで対策するのがおすすめです。 生理痛の痛みにしっかり向き合って、辛い毎日から抜け出しましょう。

次の

生理痛が足が震えるほど酷いです。 25歳女性です。 2年前くらいから生

生理痛 足

生理前になると何も運動をしていないにも関わらず足などに筋肉痛や関節の痛みを感じると言う人もいるのではないでしょうか。 そのような症状が出ている場合、それは生理前に起きるPMSと呼ばれる生理前症候群により引き起こされた筋肉痛や関節痛の可能性があります。 PMSになると運動をしていなくても体の筋肉が痛むと言う症状が出てしまう場合もあり、それを放置しておくと更に筋肉痛が酷くなる可能性もあります。 PMSでなぜ筋肉痛になるの? PMSという生理前症候群の症状が出る原因としては、生理を迎えるという通常とは異なる状態に体が変化することにより、生理前は体のホルモンバランスが大きく変化してしまうことになります。 生理前にはホルモンバランスの変化により体が水分を貯め込みやすい状態になっていきますので、通常よりも多くの水分を貯め込んだ体は通常であれば対外に排出すべき水分も貯めている状態になっています。 そうするとその水分によりリンパの流れも鈍くなりますので、体の中には老廃物なども溜まりやすくなり、それによるむくみが引き起こされることになるわけです。 このむくみが筋肉の痛みを発症させ筋肉痛の原因となります。 仕事中に、3時間ぐらい 同じ姿勢で 作業したあと 左乳が 筋肉痛の酷い版みたいな 痛みがあって なかなか治らんし、 「あ、生理前やからか。 にしてもめっちゃ痛いな。 takutaku49 血流不良でで筋肉にも痛みが出る 体の水分量が増えると言うことは、水分により血管なども圧迫してしまうことになります。 そうすると正常な血流の流れが阻害されることになり、体の筋肉にも上手く血液が流れなくなってしまいます。 血液が十分に流れてこない場合、筋肉は凝り固まってしまうことになるので、それが原因で筋肉痛の症状が引き起こされることになります。 肩こりなども血流の流れが滞ることで肩の筋肉が硬くなり肩こりになるため、ある意味PMSで引き起こされた筋肉痛と言っても良いでしょう。 PMSの筋肉痛を緩和するには? PMSが原因で生理前に起きてしまう筋肉痛を緩和するためには、水分を過剰に摂取しないことが重要になります。 基本的に生理前には水分を通常よりも多く貯めてしまうことになるわけですから、いつも通りの水分摂取でもそれが体内に水分を貯める原因となってしまいます。 その為生理前には水分摂取量をセーブするといった対策が必要になってきます。 それと同時に体の血流を改善することも必要となります。 体に溜まった水分により血流が悪くなってますので、それを改善することで凝り固まった筋肉をほぐし筋肉の痛みを緩和することが可能になります。 例えば毎日のお風呂でマッサージをして血流を改善するとか、軽い運動を取り入れて体全体の血流を良くするように心掛ければ、PMSによって引き起こされた筋肉の痛みや関節の痛みも緩和することが可能になるでしょう。 PMSの症状はほかの体調不良も合わさって起こることが多いので1つ1つの症状に向けて対処していくことももちろん必要なのですが、PMSが起こらないように体質、ということが大切です。 PMSを治すにはホルモンバランスを良くしていくことが必要ですが、や適度な運動、などで対策することで毎月の症状を軽くしていくことができます。

次の

ツボ押しや体操で生理痛と上手につきあう|頭痛・生理痛・肩こり痛など、さまざまな痛みに「ロキソニンSシリーズ」|第一三共ヘルスケア

生理痛 足

生理が始まる直前から生理中の期間に生じる、下腹部や腰の痛み、頭痛などの生理痛に悩まされている女性は少なくありません。 毎月の生理痛のせいで、生理期間にはどうしても憂鬱な気分になるものです。 こうした生理痛は、生理が終わっていくのと同時に自然とおさまっていきますよね。 しかし、なかには生理が終わったにも関わらず生理痛が続くことがあり、これは 「生理後痛」と呼ばれています。 生理後痛は、生理に伴うホルモンバランスの乱れによるところが多いとされています。 そこで、「生理後痛」が生じる原因とともに解消法や予防法を分かりやすくご紹介します。 生理後痛とは? 「生理後痛」とは、生理が終わった後にも生理痛のような痛みが生じることを指します。 生理後痛の痛み方や痛む部位といった症状は、生理痛とほとんど同じです。 生理後痛の具体的な症状としては、以下のようなものがあります。 生理後痛としてよくある症状• 下腹部がチクチクする• お腹に違和感がある• 下腹部の右下や左下が痛い• 腰痛がある• 吐き気がある• 頭痛がある• 胸が張って痛い• 足の付け根が痛い• 足がだるい 生理前~生理中~生理後と長期間悩まされることも… 生理後痛が生じるようになると、生理後痛が治まった後、すぐに次の生理に伴うPMS 月経前症候群 が引き起こされるタイミングに差し掛かってしまい、いつも何らかの不調に悩まされる事になりますよね。 ただでさえ毎月生理痛に悩まされているのに、生理後痛にまで悩まされてしまうと、ずっと女性特有の不調に悩まされることになってしまいます。 女性特有の悩みは、少ないに越したことはありませんよね。 では、生理後痛の原因はどのようなものなのでしょうか。 生理後痛の原因は? 原因としては、主に「 生理後に生じるホルモンバランスの乱れ」と「 排卵痛」の2つが挙げられます。 それぞれがどのような形で生理後痛を引き起こすのでしょうか。 ホルモンバランスの乱れ 女性ホルモンには、エストロゲン 卵胞ホルモン とプロゲステロン 黄体ホルモン の2種類が存在します。 「生理後~排卵期」にはエストロゲンが、「排卵前後~生理開始前」のタイミングにはプロゲステロンがそれぞれ活発になります。 エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンによって、毎月の生理が規則正しく来るように調整されているのです。 子宮が正常運転を再開するために 生理が終わると、ホルモンバランスも落ち着くように思いますが、実はそうではないんです。 実は、生理が終わった後の女性の体内では、生理前のタイミングと同じように、次の生理に向けた準備が始まっています。 つまり、生理後にも ホルモンバランスの変化が生じているのです。 生理後は、子宮が急いで正常運転を再開しようとしたり、卵子が出てくる前の状態へと戻ろうとしたりします。 そのため、生理後もホルモンバランスが変化する時期なんです。 生理中に似たホルモンバランスになる 生理後痛が引き起こされるメカニズムの一つは、生理後のホルモンバランスの乱れによって、生理中と似たホルモンバランスになってしまうことだと言われています。 生理後~排卵前のタイミングは、ホルモンの分泌量が変化したり、バランスが崩れたりしがちです。 つまり、生理後のタイミングのホルモンバランスをコントロールすることが大事になってきます。 排卵痛 生理後痛の一つとして、排卵痛というものがあります。 次の生理への準備として、女性の体内では生理後7~10日後には排卵期として排卵が行われます。 個人差はありますが、体質によってはこのタイミングで排卵痛を感じる人も中にはいます。 下腹部全体に重く感じられる・鈍痛が生じたり、下腹部の左右どちらか一方のみに痛みが現れたりといった症状が上記のタイミングで生じる場合には、排卵痛の可能性があります。 ただ、排卵痛は、生理後から排卵が起こるまでの間は痛みが起きにくいので、生理後すぐに痛みが継続するなら、ホルモンバランスの乱れと考えた方がいいかもしれません。 ホルモンバランスの乱れにはサプリメントがおすすめ 生理後痛も、生理痛と同じように「ホルモンバランスの乱れ」によるものが多いようです。 生理に伴うホルモンバランスの乱れは避けられないものですが、少しでもバランスを整えようとすることはできます。 生活習慣の見直しなども大切ですが、ホルモンバランスを上手にコントロールするには女性向けのサプリメントに力を借りるのもおすすめです。 サプリメントというと、栄養補給のために摂取するイメージが強いと思いますが、生理痛・PMS・生理後痛などの女性特有の悩みを手助けしてくれるサプリメントがあるんです。 女性特有の悩みをトータルサポート ホルモンバランスのコントロールを手助けしてくれるのはもちろん、その他にも女性の健康と美容に役立つ成分も効率よく摂取することができます。 我慢しているだけでは、なかなか悩みが解消されないことも多いです。 サプリメントは、悩みの改善だけではなく、普段から怠りがちな女性らしさを取り戻すサポートもしてくれますから、一度試してみるといいかもしれません。 この記事の最後では、おすすめのサプリメントの紹介もしていますので参考にしてみてください。 もしかしたら、婦人科系の病気の可能性も? ホルモンバランスの乱れや排卵痛以外にも、婦人科系の病気が原因となって生理後痛が生じている可能性も考えられます。 「生理痛のようなものだし……」と軽く考えずに、痛み方や痛みが生じる期間といった特徴をきちんと知りセルフチェックを行うことこそ早期発見・早期治療ではとても大切になりますよ。 生理後痛が伴う婦人科系の病気は? 生理後痛が生じる婦人科系の病気としては、子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣腫瘍が挙げられます。 それぞれ、どういった病気なのかを簡単に説明してみましょう。 子宮内膜症:本来、子宮でしか増殖しない子宮内膜が卵巣や卵管などの子宮以外の場所で増殖する病気。 子宮筋腫:子宮内外の細胞壁に良性の腫瘍が生じる病気。 卵巣腫瘍:卵巣に腫瘍 良性・悪性・良性と悪性の中間にある境界悪性の3種類 が生じる病気。 また婦人科系の病気が原因となって生じる生理後痛には、痛み方や痛む期間に特徴が現れます。 その見分け方についてみていきましょう。 痛み方と痛む期間に要注意 子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣腫瘍の病気から生理後痛が生じている場合には、生理の3日目以降あるいは基礎体温が低い時期のみに下腹部の左右どちらかに針で指すようなチクチクとした痛みが生じます。 また、子宮内膜症から卵巣と子宮がお腹の下の方との癒着が生じていると脚の付け根が、腸とお腹の膜との癒着ではお尻のあたりに突き刺すような痛みが生じます。 生理後痛が何の原因から生じているのかをセルフチェックするには、「どこが痛んでいるのか」と痛む部位にも注意することが重要です。 必要以上に心配する必要はありませんが、生理のたびに酷い痛みが引き起こされたり、痛みの期間が次第に長くなったりという症状に心当たりのある場合には、婦人科での診察治療を受けるようにしてくださいね。 下腹部痛は妊娠の可能性もある!? 生理後の下腹部痛が、妊娠超初期症状として生じている場合もあります。 「 基礎体温が高温期のまま続いている」• 「 前回の生理が普段の生理周期とずれている」 こんな場合には、生理だと思っていた出血は着床出血として考えられ、妊娠の可能性が高まります。 婦人科系の病気から生じる生理後痛が生理中の痛みが酷くなったり、低温期のみに痛みが生じたりするのに対し、妊娠超初期症状としての下腹部痛は高温期の状態で生じるという違いがあります。 もしも上記の症状に心当たりがある場合には、下腹部が痛いからとすぐに鎮痛剤に頼るのではなく、一度妊娠検査薬での検査をお勧めします。 セルフチェックでの確認が大切 婦人科を受診するか否かの目安としては、「どのあたりがどのように痛むか」や不正出血などの他の症状が無いかの確認を行いましょう。 婦人科系の病気に早く気付くうえで、日頃から基礎体温を計ることも大切です。 基礎体温というと妊娠を目的としてチェックするイメージがありますが、婦人科系疾患の早期発見への重要な手がかりとなるということを覚えておいてくださいね。 痛みの程度次第では婦人科の受診を 生理後痛が、あまりにも酷く、複数回の生理周期に渡って長く続く場合には、婦人科を受診するようにしましょう。 「どこか悪いから生理後痛があるのでは」と不安な状態が続けばストレスとなります。 そこで一度きちんと病院で診察をしてもらい、「何の病気でもない」と診断をしてもらうことで不安が取り除かれ、安心感が得られますよ。 また、もしも何らかの病気が原因となって生じていた場合には、その病気を治療することで生理後解消にも繋がりますから、不安な方は一度婦人科での受診をお勧めします。 楽になりたいときの対処法 婦人科系の病気では無さそうな場合、生理後痛は、ホルモンバランスの乱れが原因となっていることが考えられます。 ストレスや体の冷えや生活習慣など、毎日の過ごし方が蓄積してホルモンバランスの乱れへと繋がります。 したがって、生理後痛の原因となるホルモンバランスの乱れを解消するには、ホルモンバランスを上手にコントロールすることが大切です。 そのためには、• 「ストレスを溜め込まないための対策」• 「体を冷えから守る対策」• 「生活習慣の改善」 が必要となります。 ストレスを溜め込まないための対策を 過度なストレスを感じたり、ストレスがどんどん蓄積されたりすると、自律神経の乱れからホルモンバランスが崩れてしまいます。 そのため、ホルモンバランスの乱れの予防策として、ストレスを溜め込まないようにする対策は欠かせません。 とはいえ、 完全にストレスを感じないようにするのは無理な話ですから、自分に合ったストレスの解消法を見つけましょう。 夢中になって楽しめる趣味や友人と会って好きなものを食べるといった何らかの手段を見つけることこそ、ストレスの解消に大いに役立つのです。 そこで、 生理を「将来の妊娠のために必要な準備」あるいは「生理は健康維持のためには必要なこと」としてできる限り前向きに捉えるようにする心構えも必要ですよ。 生理後痛自体がストレスの場合 そもそも生理後痛は、生理中と同じようなホルモンバランスに陥っているわけですから、生理中特有の精神的なイライラがどうしても生じてしまいます。 いくらストレスを解消しようにも、そこに生理痛の痛みが加わることで、ストレスが溜まってしまうという方も多いと思います。 そんな方は、PMS・生理痛のためのサプリメントがたくさんあるので、そういったもので少しでもケアしておくと楽になることがあります。 冷え対策を 女性にとって冷えは大敵です! 体が冷えると血行状態が悪くなると同時に、ホルモン分泌に大きく関係する卵巣や子宮の機能が低下します。 その結果としてホルモン分泌が正常に行われなくなり、ホルモンバランスの乱れが引き起こされてしまうのです。 そのため、体の冷えを防ぐことも大切になります。 夏場にはエアコンの温度を下げすぎない• お風呂をシャワーで済まさずに湯船に浸かって体を温める• 冷たいものを食べ過ぎたり飲みすぎたりしない• 冬場には室内でも上着やひざ掛けを上手に使う• 体を温めるホットドリンクを飲むようにする 上記のように普段の生活の中で口にするものを変えたり、日頃の習慣を少し変えたりするだけで体の冷えを簡単に予防できます。 特に、日頃から手足の冷えを感じる方は、意識して体を冷やさないようにしましょう。 生活習慣の改善も必要 睡眠不足やダイエットの食事制限による偏った食生活もまたホルモンバランスの乱れを引き起こします。 したがって、栄養バランスの優れた食生活、規則正しい生活リズム、十分な睡眠時間の確保といった生活習慣の改善も必要となります。 こうした生活習慣をすぐには改善するのはなかなか難しいですよね。 しかし、少しずつ改善していこうという心掛けを続ければ、必ず正しい生活習慣へと繋がります。 自分の生活スタイル中でできる範囲内のことから取り組み、ホルモンバランスの乱れに繋がる要因を徐々に取り除くようにしてくださいね。 こうした生活習慣の改善は、ホルモンバランスの乱れの予防から生理後痛のみならず生理に関係する諸症状の緩和、そして健康維持にもとても役立ちますよ。 少しずつ健やかな毎日を送られるように改善していきたいですね。 PMS・生理痛のためのサプリメントを紹介 ホルモンバランスの乱れを整えるには、普段の生活習慣を見直すことが大切になってきますが、それに合わせてサプリメントを摂取することもおすすめの方法の一つです。 サプリメントといえば、栄養機能食品としてビタミンや鉄分などの不足した栄養素を補うイメージが強いと思います。 しかし、サプリの中には生理痛やPMSといった女性特有の悩みに合わせたものがあるのです。 今回はその中から、おすすめの商品を紹介します。 ムーンラック ムーンラックは漢方生薬研究所から販売されている、生理痛・PMS対策サプリメントです。 女性にうれしい効果のある、3種のハーブである「カチプファティマ」、「チェストベリー」、「ペパーミント」、3種の生薬である「冬葵(トウキ)」、「黄花黄耆(キバナオウギ)」、「桂皮(ケイヒ)」が含まれています。 また、「テアニン」、「クエン酸第一ナトリウム」といった2種の優良成分も配合されています。 特に、「カチプファティマ」と「チェストベリー」は古くから毎月の女性の症状に用いられてきており、PMSや月経困難症の対策ハーブとして有名な成分です。 サプリメント仕様なので毎日飲みやすい• 古くから女性特有の悩みに用いられてきたチェストベリーを豊富に配合• マレーシアの伝統のハーブ「カチプファティマ」配合• 8つの厳選成分が女性特有のつらい期間をサポートしてくれる• また、ムーンラックは定期コースになっていますが、どのコースでも休止・解約することができます。 お届け日の10日前まで なので、初めて申し込む方でも安心して試してみることができる点もおすすめポイントです。 生理に関わる症状に毎月悩まされている人は、試しにムーンラックを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。 最後に 生理中のみならず生理が終わった後にも痛みが生じる生理後痛は、本当に辛いものですよね。 生理後痛の多くは、ホルモンバランスの乱れから引き起こされています。 排卵痛から生じていることもあれば、時には妊娠初期症状や何らかの病気が原因となっていることもあります。 どの原因から生理後痛が引き起こされているかどうかは、痛む部位やその痛み方そして痛む期間からある程度確認することができます。 病気の早期発見・早期治療や原因に応じた対処を行えるよう、生理後痛と向き合ってみましょう。 毎日の生活の中でご紹介しました対処法をコツコツと続けることも大切ですが、専門の医療機関を利用する姿勢も時には必要となります。 また、あまりにも痛みの程度が酷い場合には、速やかに婦人科を受診するようにしてくださいね。

次の