ポケモン みがわり 回避率。 スバメ|ポケモン図鑑ORAS・XY|ポケモン徹底攻略モバイル

【ポケモン剣盾】特性(とくせい)一覧【ソードシールド】

ポケモン みがわり 回避率

対策必須な害悪ポケモン、害悪パ まとめ一覧 運ゲ系害悪戦術 麻痺+怯み トゲキッスの特性:てんのめぐみは、技の追加効果の発動率が2倍になる特性です。 トゲキッスがよく使う害悪戦術です。 ちいさくなる ラッキー、スターミー、ピクシー、シャンデラ、フワライドが得意とする戦術です。 多くは、小さくなる後のダメージを防ぐために「みがわり」と一緒に採用することが多い。 回避率の上昇に伴う、命中率は以下のとおり。 いばる+みがわり 特性:いたずらごころのポケモンの中でも、クレッフィ・ヤミカラス・ヤミラミ・レパルダス・ボルトロスはレートでもそこそこ威張る+身代わりをしてきます。 どんなポケモンも確率で処理できる強みがあります。 いばみがの対策方法として、アタッカーにラムのみを持たせることが多いですが後出しできないのが悩みの種。 参考 催眠害悪系 状態異常のなかでもっとも厄介なのが、ねむり状態です。 状態異常を制するものが、ポケモンを制するものです。 眠り状態の仕様については、をどうぞ。 ドーブルは、キノコの胞子の後に 蝶の舞+バトンタッチで起点を作ることが多いです。 キノガッサ・モロバレルは、キノコの胞子を利用して攻撃回数を稼ぎます。 中でも、キノガッサ+レパルダスのは非常に強力です。 レパルダスがねこのてを使って、優先度+1でキノコの胞子を技を放ちます。 レパルダスで、ねこのて(キノコのほうし)でねむり状態にした後、みがわり+いばる+イカサマで相手をはめます。 特性いたずらごころで、優先度+1で相手の行動を許しません。 3倍になる特性になるため眠り粉の命中が97です。 相手を眠らせ、身代わりを張り蝶の舞をガン積みします。 一度Sを抜けば、身代わりを貫通されない限り永遠にアドバンテージを取れることから無限戦術と呼ばれることも。 ガブリアスの岩石封じ+ステルスロックで起点を作った後に、ビビヨンで嵌めるは非常に危険。 メガガルーラを意識し『さいみんじゅつ』を搭載しています。 自分よりも遅いポケモンにとりあえずさいみんじゅつを撃てば勝ち筋を残せるという強力な一面もあります。 ゲンガーナンス 特性:かげふみのポケモンを2枚並べ、メガゲンガーのほろびのうたからソーナンスに交換で1体交換、メガゲンガーのみちづれでもう1体倒すことが目標。 参考 ゲンガーバレル メガゲンガーの滅びの歌のターンを、脱出ボタン持ちのモロバレルで稼ぎます。 メガゲンガー+脱出バレルの理想の流れは以下の通りです。 参考 特性:ムラっ気 まもる+みがわりを組み合わせつつ、特性:ムラっ気で能力を上げます。 電磁波で起点を作ったり、後攻とんぼルチェンから展開することが多いです。 参考 LV1頑丈 LV1のポケモンを対戦で見かけても、旅パではありません!! 特性:頑丈で攻撃をたえつつ、がむしゃらを放つポケモンが多いです。 代表的なポケモンは、ココドラ・コイル・ドーブル・モンメンなど。 では戦略をまとめてしますので一読をお勧めします。 その他害悪系 ポイズンヒール まもる+みがわりを行うことで「みがわり」で消費したHPを回復できるため、1度身代わりを許してしまうと無限に「みがわり」を張り続けれることから、無限戦法と言われています。 どくどく、ハサミギロチンなどと組み合わせる事で相手を突破していく戦法が有名です。 一度、みがわりを張られると容易に突破できないため対策できるポケモンが必要です。 参考 まもる+アンコール+かなしばり 初手:まもるをした後に、アンコール or 金縛りで相手の行動を封じます。 スカーフ持ちに強い戦術です。 素早さの早い、メガフーディンが得意とする戦法です。 参考 アンコール+やどりぎのたね+みがわり アンコールで補助技に固定した後、やどりぎのたね+みがわりを貼ることで嵌めます。 優先度+1で行動できるため、一度パターンに入ると抜けれません。 エルフーンが得意な戦術です。 いちゃもん+こだわりスカーフ 打点を持たない受けのポケモンに対しスカーフトリックを決め、2ターン連続で同じ技を出せなくなる「いちゃもん」で2ターンに1回相手に悪あがきをさせることができます、 影踏みにより相手は交代できません。 特性:スキルリンクと合わせる事で、1- 0. 自身は、特性;マジックミラーにより補助技を受けないため流すことが難しく、突破が非常に難しくなります。

次の

まひ(ポケモン)

ポケモン みがわり 回避率

データ 初出 第2世代 タイプ 威力 - 命中率 100 PP 20 分類 変化 範囲 相手全体 効果 相手の回避率を1段階下げる 第1〜第5世代。 相手の回避率を2段階下げる 第6世代〜 フィールドで使うと、野生ポケモンが出現する。 英語名 Sweet Scent 概要 第2世代初登場の技。 甘い香りで相手を誘い、相手の回避率を下げる技である。 主にくさタイプやむしタイプの習得が目立つが、ハチミツ関連か・どういう理屈か まで覚えたりする。 しかし、回避率を下げるだけで効果はイマイチ。 まず、 命中率が設定されている時点で相手の回避技対策になったものではなく、低命中技の補強にしても自分で命中率を上げるなりすれば良いので、シングルバトルでの使い勝手は悪い。 第6世代からは2段階下がるようになり、少々使い易くなった。 ダブルバトルであれば味方の低迷中技の補強にはなるか。 効果はと同等だが、が地面に下されないという違いがある。 シナリオ上では 野生ポケモンを引き寄せると言う効果がある。 第5世代までは 草むらを走った方が早く、歩数を稼ぎたくない時に使う程度でしかなかった。 しかし、第6世代からは あまいかおり使用時は必ず群れバトルになると言う仕様になり、その立場が大幅に向上する事になった。 その為、努力値稼ぎや色違い、夢特性の為に使われている。 欠点は「雨が降っていると使えない」と言うものだが、これはORASで解消された。 ポケダンでは部屋中の敵の回避率を一段階下げる、地味だけど命中補助になるので活用しよう 敵が使うとさらにおなか 満腹度 を減らすこともある、まるでである。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

対策必須な害悪ポケモン、害悪パ まとめ一覧

ポケモン みがわり 回避率

スバメ こツバメポケモン ぜんこくNo. 276 ホウエンNo. 025 コーストNo. 019 高さ 0. 3m 重さ• 3kg• けたぐり威力20 タイプ• タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 22で『スバメ』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 ORAS• 104番道路・南• 104番道路・北• 104番道路・北 群れ• 115番道路• 116番道路• トウカの森• 大空 むげんのふえ 主な入手方法 ORAS• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 XY• 8番道路 群れ 主な入手方法 XY• 5倍になる。 またその時、『やけど』状態による『こうげき』半減の効果を受けない。 相手が『ゴースト』タイプでも、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が等倍で当たる。 基本 ノーマル 変化 - 100 40 相手全体が対象。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5 ノーマル 変化 - - 30 急所ランクが2段階上がる『きあいだめ』状態となり、今後自分の技が急所に当たりやすくなる。 13 ひこう 物理 60 100 35 通常攻撃。 17 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 21 ひこう 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 29 エスパー 変化 - - 30 自分の『すばやさ』ランクが2段階上がる。 37 ノーマル 物理 - 100 5 相手の残りHPから自分の残りHPを引いた分のダメージを与える。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 基本 ノーマル 変化 - 100 40 相手全体が対象。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 4 ノーマル 変化 - - 30 急所ランクが2段階上がる『きあいだめ』状態となり、今後自分の技が急所に当たりやすくなる。 13 ひこう 物理 60 100 35 通常攻撃。 19 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 26 ノーマル 物理 - 100 5 相手の残りHPから自分の残りHPを引いた分のダメージを与える。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 34 ひこう 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 43 エスパー 変化 - - 30 自分の『すばやさ』ランクが2段階上がる。 6 どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 10 ノーマル 特殊 60 100 15 自分の個体値によって『タイプ』が変わる。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 11 ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 19 ひこう 変化 - - 10 HPが最大HPの半分回復するが、そのターンは『ひこう』タイプではなくなる。 21 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最大102。 27 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最大102。 32 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 40 ひこう 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 42 ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 44 エスパー 変化 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 ノーマル 変化 - 100 15 相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 46 あく 物理 60 100 25 相手が持っている道具を自分の物にする。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル・トリプルバトル用 技. 49 ノーマル 特殊 40 100 15 毎ターン、誰かが技『エコーボイス』を使う度に威力が高くなっていく。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 87 ノーマル 変化 - 90 15 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 88 ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 89 むし 物理 70 100 20 攻撃後、手持ちのポケモンと入れ替わる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 100 ノーマル 変化 - - 20 相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 2 ひこう 物理 90 95 15 1ターン目に空中へ飛び上がり、2ターン目に攻撃する。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 遺伝 ノーマル 変化 - 55 20 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にする。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 遺伝 ノーマル 物理 20 100 20 自分を『いかり』状態にする。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 遺伝 ひこう 変化 - - 20 相手が最後に使った技で、相手を攻撃する。 技の対象が「通常」 1体選択 の場合は技を使用したポケモン 味方を含める を攻撃し、それ以外の場合は、自分がその技を使用した場合に本来取りうる対象に攻撃する 「相手全体」「自分以外」など。 遺伝 ひこう 物理 140 90 5 1ターン目は攻撃せずに、2ターン目で攻撃する。 遺伝 あく 物理 40 100 20 相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える。 遺伝 ノーマル 変化 - - 20 『どく』『まひ』『やけど』状態が治る。 遺伝 ひこう 変化 - - 10 HPが最大HPの半分回復するが、そのターンは『ひこう』タイプではなくなる。 遺伝 ひこう 変化 - - 15 相手の回避率を1段階下げる。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。 遺伝 ノーマル 特殊 140 100 10 自分以外全員が対象。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS ノーマル 特殊 50 100 15 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS ほのお 特殊 95 90 10 相手全体が対象。 ORAS ノーマル 物理 - 100 5 相手の残りHPから自分の残りHPを引いた分のダメージを与える。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ORAS ひこう 変化 - - 15 4ターンの間、自分と味方の『すばやさ』が2倍になる。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。 :教え技 GBA• :教え技 GBA• :教え技 GBA.

次の