山形 放送 報道 部。 古池雄

報道発表資料 — 山形県ホームページ

山形 放送 報道 部

井原義光(2001年定年退職)• 宇野圭一• 遠藤忠男• 大村和夫• 小宅邦雄• (1988年 - 2019年)• 斉田淳• 芹川晴夫(2000年定年退職)• (1966年 - 2003年定年退職。 妻は同じく当時の同僚アナで後にアナウンサーでも活動した古池一子。 息子は同じ系列である報道部の社員で元アナウンサーの• 住田英仁• 東海林恒昭• 鳥海務• 奈良岡勉• 野々村邦徳• 三浦恭右• 吉岡敬夫• 吉川駿• 山下将史 女性• 青木邦江• 明石美紀子• 石山栄里子• 板垣幸江(旧姓・千葉)• 井上静子• 魚住由紀• 猪田美奈子• 大貫ヒロコ• 大森奈々絵• (2004年 - 2010年)• 木山民奈子• 清原幸枝• 熊沢直子• 今野さえ子• 近藤桜• 斎藤桃子(1997年 - )• (1999年 - 2002年)• 鈴木紀子• 関佳江• 武田路子• 舘野順子• 小国みゆき 娘は同じ系列である元アナウンサーの• 藤村径子• 本間聡美• 松野井優子• (1993年 - 2008年、現在「壽屋寿香蔵」代表)• 長澤紗希子(2012年4月に部署異動)• 1NNS非マストバイ(非フルネット)局。 5加盟局が運営・出資する(CSチャンネル)。 2020年現在では日本テレビのみが運営・出資している。 6開局、閉局。 7太字はNNN・NNS双方に加盟。 細字はNNNのみに加盟。 8旧NTVは2012年に現NTVに放送免許を譲渡。 9加盟当時はSKT静岡県民放送。 10CTV開局後はNNSのみダブルクロス。 11母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。 専用郵便番号が付与される前、当時のテレビ番組のテロップやラジオのでは「〒990 山形市 ハタゴ町 山形放送」と表示されることが多く、実際にそれで郵便物が届いていたという。 山形放送 代表取締役社長• 山形放送 取締役• 山形放送 代表取締役副社長• 山形放送 監査役• 北海道の民放各局では実際にこの方式が取り入れられていたが、地上デジタル放送が開始された2007年以降は光ファイバー回線に切り替えている。 例えば、は本社演奏所から送信所まで途中の山にある反射板を介して間接伝送している。 秋田放送・青森放送も同時刻に放送。 2015年3月の復活特番以降はYTSがネット。 『日本民間放送年鑑2016』コーケン出版、2016年11月25日、252頁。 日本民間放送連盟『日本放送年鑑'78』洋文社、1978年12月、136-137頁。 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、202頁。 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、208頁。 出典:1953年10月6日東奥日報朝刊3面記事「ラジオ青森に本免許交付」記事内(同記事内に「山形放送にも本免許交付」の記事あり)。 - 東北総合通信局、2018年3月30日• - 山形放送• - 東北総合通信局、2018年9月28日• 以前は山形・鶴岡(酒田)・米沢・新庄でそれぞれ周波数が異なっていたが、1989年5月25日に内陸側が、1995年9月18日には庄内側も「918kHz」に統一された。 庄内側の周波数統一時は、変更日を周波数にちなんだ9月18日に設定、周波数統一によって、各地域独自のCM等を放送することは困難になった。 変更直前(日曜深夜の放送終了前)には1時間の特別番組を放送し、生放送で最後のコールサインの読み上げを行った。 - 総務省東北総合通信局・2018年9月28日リリース• 「山形放送の50年」2003年、141頁• 全国朝日放送株式会社総務局社史編纂部編集「テレビ朝日社史・ファミリー視聴の25年」1984年2月、271・272頁。 『時を刻んで 山形テレビの軌跡~』1987年、293頁• 『福島民報』1970年2月16日 - 6月3日付朝刊、テレビ欄。 『』1971年8月6日 - 1975年4月4日付朝刊、テレビ欄。 『日刊スポーツ』1976年1月8日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1985年9月21日付テレビ欄。 『』1970年11月6日付朝刊、テレビ欄。 『』1975年9月2日付朝刊、テレビ欄。 『』1975年10月22日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1976年12月2日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1985年9月4日付テレビ欄。 『山形新聞縮刷版平成5年3月号』594頁。 『日刊スポーツ』1976年12月13日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1976年6月2日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1976年12月7日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1978年5月4日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1977年10月14日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1977年9月30日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1984年12月4日付テレビ欄。 「テレビ局ネットワーク」『』1986年9月号、、 81頁。 『日刊スポーツ』1977年10月13日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1985年6月5日付テレビ欄。

次の

YBC社説放送

山形 放送 報道 部

YBC社説放送 別名 おはようYBC・けさの主張 (番組スタート時のタイトル) ジャンル 出演者 山形放送の 山形放送の 製作 製作 放送 放送局 山形放送 放送国・地域 放送期間 1978年10月2日 - 放送時間 月曜 - 木曜 16:30頃 - 16:40頃 放送分 10分 回数 9000 特記事項: 放送回数は2015年10月時点におけるデータ。 ラジオでも放送されていた時期あり [ ]。 『 YBC社説放送』(ワイビーシーしゃせつほうそう)は、テレビで放送されている解説番組()。 『』月曜 - 木曜第1部の一部をローカル差し替えした上で放送しているが、には差し替えを行わずに休止となる。 おおよその放送時間帯は16:30 - 16:40頃。 かつてはラジオでも放送されていた [ ]。 概要 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年3月) 1978年10月2日に『 おはようYBC・けさの主張』(おはようワイビーシー・けさのしゅちょう)と題して放送を開始。 当初はニュース解説とローカルニュースを融合させたワイド番組であった。 山形放送との結びつきが強いから論説委員が日替わりで出演し、新聞掲載の社説の内容を資料映像や音声を使用することで具体的に解説している。 なお、日によっては山形新聞と連動しない「山形放送独自の社説」を展開する日もある。 スタート当時の放送時間は7:30 - 8:00。 タイトルはその後、『 YBC社説放送・けさの主張』(ワイビーシーしゃせつほうそう・けさのしゅちょう)を経て、1988年7月から現在のタイトルとなる。 一時期、11:00からの『』でも再放送されていた。 現在の番組構成は前半に『社説放送』本編を、後半に『』を短く放送する構成となっている。 2014年3月28日までは前半に『社説放送』本編を、後半に『』と当日夜の『』の予告と『』を放送する構成となり、さらに2011年7月までは山形新聞夕刊の記事紹介をしていた。 夕刊記事紹介がある理由は、郊外では夕刊が翌日朝刊と同時配達になること(事実上の統合版)とかつてこの時間にローカルニュースの『』を放送していた時の名残で、エンディングのBGMも『ニュース350』時代のものが引き続き使われている。 祝日等夕刊が休刊の日には県内ニュースを伝える。 なお、山形新聞夕刊は2011年7月31日で廃刊となり、夕刊紹介は7月29日に終了した。 ラジオの『けさの主張』は、その日の山形新聞朝刊の社説を伝えるだけであった。 初めは9:00からの山形新聞ニュースの中の1コーナーで、その後『 さわやかジャーナル』の1コーナーとなったが、1993年に終了した。 NNN報道特別番組や年末年始編成、公示日当日の『(衆議院・参議院)第一声特集』の放送のために休止することがある。 2014年3月31日から現在の時間に変更した(ただし、祝日は差し替えを行わず休止。 平常通りに『news every. 』の第1部をネットする場合、社説放送に相当する時間帯は東京からの「木原さんのせいかつ天気」を差し替え無しでそのまま放送)。 なお、金曜は廃枠となった。 内容 [ ] 山形新聞社の関係者が出演するとはいえ、「社説放送」自体は山形新聞社に掲載される社説とは一線を画し、YBC論説委員会が担当する独自の内容となっている。 開始当初は両社の論説委員長クラスが出演していたが、のちにデスククラスの出演者が入り、解説的内容が増えた。 企画発案者は山形放送の初代社長・。 当時、現場から公正・中立の観点から望ましくないという意見も出たが、反対意見が来た場合は必ず取り上げることでそれを保つようにしている。 脚注 [ ]• 『ローカルテレビの60年』(p115)に収められた山形放送取締役・報道制作局長兼CG部統括部長(2014年当時)・板垣正義の発言 平日朝のローカルニュースワイド 前番組 番組名 次番組.

次の

地方局編制上層部一覧

山形 放送 報道 部

: - 古池 雄(こいけ たけし、 - )は、(RAB)報道部の社員で元。 身長189cm。 2009年4月には報道部に異動。 両親も元アナウンサー。 父のは地元にある(YBC)の元アナウンサー。 2003年の定年退職後の現在でも同局のラジオ・テレビに登場している。 母のも山形放送、(YTS)の元アナウンサーで退職後は主に結婚式の司会を担当している。 2004年8月に看護師の女性と結婚した。 現在娘が二人いる。 口癖は「幸せな家庭をつくる」好きな言葉は「風になりたい」。 特技は歯笛。 また、自他共に認めるゲーム好きである。 大の車好きでもある。 2012年9月29日のの最終回で、2009年4月の人事異動後3年半ぶりにコメントによる出演をした。 過去の担当番組 [ ]• (、のリリーフ)• (平日朝・昼)• (リポーター・ナレーション)• ジョガドール• スポーツ実況• (2006年10月より木曜・金曜担当)• 海の気象ニュース(2006年10月より木曜・金曜担当)• パーソナリティー(1999年10月〜2004年3月)• 水曜日「Breathe easy(以前はNighty-Night)」(2005年ナイターオフシーズンまで)• (水・木・金曜 2005年4月〜2006年9月)• (青森・野辺地地区のみでの放送。 〜2006年9月)• おしゃれにイングリッシュタイム• (2007年4月~2008年12月・2代目パーソナリティー)• BrainChild! 上北の物語(朗読) 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の