検査 値 ck。 血液検査CKが高い!原因は日常生活の場合も!

CK(CPK)の基準値(正常値)、疑われる病気

検査 値 ck

血液検査のCKって何? CKというのは「 クレアチンキナーゼ」の略で、 リン酸の転移酵素のことを意味します、 具体的にこの酵素は何なのかというと、 主に筋肉の中に存在する酵素で、 筋肉の収縮などに必要なエネルギーを運ぶ役割があります。 例えば激しい運動をしたり、ケガをした場合などは 血中に分泌されるCKの量が増えます。 ただ、特に激しい運動をしていない、特に怪我もしていない、 という場合に数値が高い場合などは何か問題がある可能性があります。 こういった筋肉関係の問題を調べるのがCKの数値になります。 スポンサードリンク ただ、CKの値は筋肉の量に比例するので、 体を鍛えていて筋肉が多い人とお年寄りなどでは個人差はありますが、 だいたい上の数値の範囲内になるようです。 CKの数値が高い場合の問題は? CKが基準値よりも高い場合は、 骨格筋・心・神経筋の疾患などの可能性があります。 関係する病気としては、 骨や筋肉に直接かかわる病気として、 ・筋ジストロフィー症 ・皮膚筋炎 ・多発性筋炎など 心臓に関わる病気として、 ・急性心筋梗塞 ・心膜炎など 神経に関わる病気としては、 ・てんかん ・重症筋無力症など また他にも脳梗塞がん、甲状腺機能低下症の可能性もあります。 CKの数値が低い場合の問題は? CKが基準値よりも低い場合は、 ・甲状腺機能亢進症 ・関節リウマチ などの病気の可能性があります。 まとめ 今回は血液検査のCKについて紹介しました。 いろいろな病名を挙げましたが、あくまで可能性なので、 CKが高い、低いから病気になっているというわけではありません。 運動をするだけでCK値は上がりますので、 たまたまその時の数値が基準値から外れていただけ、 という場合もあります。 気になる場合は病院で再検査などしてもらうのがいいでしょう。

次の

血液検査でck高値。いったい何の病気?(前編)

検査 値 ck

血液検査のCKって何? CKというのは「 クレアチンキナーゼ」の略で、 リン酸の転移酵素のことを意味します、 具体的にこの酵素は何なのかというと、 主に筋肉の中に存在する酵素で、 筋肉の収縮などに必要なエネルギーを運ぶ役割があります。 例えば激しい運動をしたり、ケガをした場合などは 血中に分泌されるCKの量が増えます。 ただ、特に激しい運動をしていない、特に怪我もしていない、 という場合に数値が高い場合などは何か問題がある可能性があります。 こういった筋肉関係の問題を調べるのがCKの数値になります。 スポンサードリンク ただ、CKの値は筋肉の量に比例するので、 体を鍛えていて筋肉が多い人とお年寄りなどでは個人差はありますが、 だいたい上の数値の範囲内になるようです。 CKの数値が高い場合の問題は? CKが基準値よりも高い場合は、 骨格筋・心・神経筋の疾患などの可能性があります。 関係する病気としては、 骨や筋肉に直接かかわる病気として、 ・筋ジストロフィー症 ・皮膚筋炎 ・多発性筋炎など 心臓に関わる病気として、 ・急性心筋梗塞 ・心膜炎など 神経に関わる病気としては、 ・てんかん ・重症筋無力症など また他にも脳梗塞がん、甲状腺機能低下症の可能性もあります。 CKの数値が低い場合の問題は? CKが基準値よりも低い場合は、 ・甲状腺機能亢進症 ・関節リウマチ などの病気の可能性があります。 まとめ 今回は血液検査のCKについて紹介しました。 いろいろな病名を挙げましたが、あくまで可能性なので、 CKが高い、低いから病気になっているというわけではありません。 運動をするだけでCK値は上がりますので、 たまたまその時の数値が基準値から外れていただけ、 という場合もあります。 気になる場合は病院で再検査などしてもらうのがいいでしょう。

次の

血液検査CKが高い!原因は日常生活の場合も!

検査 値 ck

基準値 6. 7~8. 0 , >8. 5 蛋白分画 血清中の蛋白を数種類に分類し、その比率を確認します。 アルブミン 総蛋白の約3分の2を占める蛋白で肝臓で生成され、栄養状態の指標となります 基準値 3. 8~5. 0 , >6. 3~2. 3 AST(GOT) 細胞内で作られる酵素で肝細胞もしくは心臓、腎臓などの臓器に多く存在します。 高値の場合、心臓や肝臓、筋肉などの臓器に障害の疑いがあります。 高値の場合肝臓障害の可能性があります。 肝疾患、胆道疾患で高くなり、特にアルコール常飲者では高値を示します。 これらの部位が損傷すると高値となります。 肝臓の障害で低値を示します。 栄養状態の指標ともなり、脂肪肝で高く、低栄養状態で低くなります。 高値が続くと黄疸を呈します。 基準値 0. 2~1. 1 , >1. 4 直接ビリルビン ビリルビンの一種で黄疸の鑑別に必要となります。 基準値 0~0. 4 間接ビリルビン ビリルビンの一種で黄疸の鑑別に必要となります。 基準値 0. 2~0. 基準値 0~4 単位 K単位 再検査条件 >10. 0 ZTT 血清蛋白中のガンマグロブリン 抗体)が上昇すると高値になります。 基準値 4. 0~12. 0 単位 K単位 再検査条件 >13. 中性脂肪は食べ過ぎや運動不足が原因で増加し、動脈硬化を起こします。 この量が少ないと、血管にコレステロールがたまり、動脈硬化が進みます。 また蛋白質の取りすぎや腸内での出血でも増加します。 基準値 8. 0~22. 0 , >40. 0 クレアチニン 腎臓から排泄される老廃物の一つで、腎機能の指標となります。 基準値 男:0. 6~1. 1 女:0. 4~0. 3 , >2. 0 推算eGFR クレアチニンと年齢及び性別から計算される数値で、腎機能の指標となります。 基準値 60以上 尿酸 痛風の原因物質です。 高値が続くと足の関節などに痛みを感じるようになります。 基準値 男:3. 0~7. 0 女:2. 0~6. 0 , >15. 6~4. 0 Ca カルシウム 骨代謝や、筋肉の収縮などに関与します。 基準値 8. 5~10. 2 , >10. 5 無機リン カルシウムと同様におもに骨代謝に関与します。 基準値 2. 5~4. 0 , >5. 6~6. 基準値 0. 0 RF定量 間接リウマチの診断に使用されます。 しかし、肝疾患でも数値が上昇することがあります。 治癒後も長期にわたって高値を示します。 細菌感染症により増加します。 基準値 男:13. 5~17. 5 女:11. 5~16. 0, >18. 0 ヘマトクリット値 血液のうち赤血球が占める割合です。 基準値 男:36. 0~52. 0 女:34. 0~47. 0 単位 % 再検査条件 <20. 0, >55. 0 MCV・MCH・MCHC 赤血球の大きさや色などを示す指数です。 基準値 MCV:84~100fL MCHC:26~36pg MCHC:32~36% 再検査条件 MCV : <70. 0, >115. 0 MCHC : <30. 0 血小板数 血小板は出血を止める働きをします。 基準値 14. 0~35. 0, >60. アレルギーに関与した働きをします。 基準値 1~6 単位 % 再検査条件 >30. アレルギーに関与した働きをします。 基準値 0~2 単位 % 再検査条件 >5. ) 殺菌作用や免疫反応に関与します。 基準値 3~10 単位 % 再検査条件 >15. ) 生体に侵入した異物を免疫機能によって排除します。 基準値 20~50 単位 % 再検査条件 >70.

次の