ハングアウト 人数。 ハングアウト飲み会のやり方・始め方を徹底開設!安全に楽しく開催するために知っておきたいこと

テレビ電話をするならLINE・Skype・ハングアウトどれを使う?

ハングアウト 人数

もくじ• ビデオ会議ができるGoogle Hangouts Meetとは?読み方も紹介 Google Hangouts Meetは、以前よりGoogleが提供していたハングアウトというサービスを強化した ビデオ会議サービス。 読み方は『グーグルハングアウトミート』 従来のハングアウトではWEBのみでしか使用することができませんでしたが、Hangouts MeetからはAndroidやiOSといったスマホからも使用できるようになっています。 これにより、自宅やオフィス以外でパソコン操作ができない場所にいても、気軽にビデオ会議をすることができるようになったのです。 Hangouts Meetでできること|画面共有や録画はできる? では実際にHangouts Meetでできることを見ていきましょう。 Googleアカウントがなくても会議に参加することが可能 会議を設定し、そのURLを参加者へ送付するだけで会議をすることが可能です。 場所を選ばず会議することができる 前述したように、パソコン以外の端末でも会議に参加することが可能なので場所を選ばずに使用できます。 スケジュール調整が簡単 Googleカレンダーで会議を設定し共有することでリンクが入るため、Googleカレンダーから直接会議に参加することが可能です。 画面の共有 会議中に資料を共有したいことは往々にしてありますが、Hangouts Meetでは「固定表示する」設定をすることで、特定の資料を参加者へ共有することが可能です。 録画機能がある 会議内容を振り返る際に役立つ録画機能も、Hangouts Meetには付いています。 ただし、Hangouts Meetには「Basic」「Business」「Enterprise」という3つのプランがあり、そのうちEnterpriseでのみ使用可能とされています。 会議中のチャット可能 会議中にチャットでメッセージを送付することができます。 ただし、こちらのメッセージは参加者全員が閲覧可能となっているので、個人宛の連絡には注意が必要です。 また、逆に会議中に参加者を削除することもできます。 ミュート機能でノイズをカットできる 様々な環境下にて会議に参加しているので、時にはノイズがうるさく肝心の会議内容がよく聞こえないこともあります。 Hangouts Meetには、ミュート機能が付いているので、ノイズが気になる参加者の音声を切ることが可能です。 無料もありHangouts Meet|料金によって利用人数が違う! 利用するにあたって気になるのがその料金ですが、Hangouts Meetの料金体系はどのようになっているのでしょうか。 Hangouts Meetの料金体系は次のようになっています。 Basic:600円• Business:1200円• Enterprise:3000円 プランの主な違いは、参加可能人数と録画機能の有無にあります。 まず、参加人数について確認をしていきましょう。 Basic:100人• Business:150 人• Enterprise:250人 前述しましたが、録画機能については以下の通りです。 Basic:無し• Business:無し• Enterprise:有り 一見、BasicとBusinessに違いが見られないかもしれませんが、以下のような違いがあります。 ・Basic:30GBのストレージ ・Business:無制限のストレージ及びアーカイブ機能付き 「無料版はないの?」と気にされている方もいることかと思いますが、上記3プラン全て14日間無料で使用できるようになっています。 Hangouts Meetで利用できる端末|Macやスマホも利用できる? ここまでで、すでに何度か触れてきていますが、Hangouts Meetで利用できる端末は以下の通りです。 WEB パソコン• Android• iOS 従来のハングアウトがWEBのみだったことと比較すると、スマホで利用できるようになったことで使い勝手が格段に向上しています。 iOSに対応しているのでMacでの利用も可能です。 「自宅にPCはあるけどMacなんだよな…」 という人も安心して利用できますね。 まとめ 一昔前まで、机を囲み、対面で行うのが当たり前とされていた会議ですが、今回ご紹介したHangouts Meetをはじめ、知名度抜群のSkypeや高画質のZoomなど様々なビデオ会議ツールが登場しています。 これにより、「いつ」「どこで」「だれとでも」会議ができるようになり、働き方も多様化してきました。 テレワークや在宅ワークが積極的に行われている今、ビデオ会議が当たり前の世の中になるのは遠くない未来かもしれません。 まだ導入していない方は、これを機にビデオ会議ツールを取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の

Googleハングアウトの使い方とメリットデメリット

ハングアウト 人数

ステータス 状態 意味 プロフィール写真の下に緑色のバーが表示されている場合 オンライン オンライン状態にあり、チャットやビデオハングアウトが可能な状態である プロフィール写真の下に緑色のバーが表示されていない場合 アイドル状態 アイドル状態にあり、チャットやビデオハングアウトを開始することができない状態である。 パソコンを使用していない状態が 15 分間続くと、ステータスは自動的にアイドル状態に変更される。 既にGmailを利用している場合は、チャットにログインして相手を招待し、チャットを開始するだけすぐに利用を開始できる。 (1)チャットに招待することで、文字によるコミュニケーションが開始できる。 また、前述の通り、チャット履歴はGmailアカウントに保存されるので、後で簡単に検索することもできる。 Gmailユーザーは基本的にこれらの機能を無償で利用することができるが、それ以外にも多くのメリットが提供される。 相手がパソコンを使っていなくても、スマートフォンなどのデバイスで利用できる上、同時に最大10人まで1つの通話に参加できるため、自宅、学校、職場、外出先などあらゆる場所から無料で利用できる。 また、連絡を取ろうとした相手がオフラインの場合、次に接続したときにその相手にアラートが表示されるため、メッセージが気付かれないまま放置されることが極めて少なくなる。 (1)PC上のWebブラウザーの場合。 (2)iOS用アプリの場合。 (3)Android用アプリの場合。 さらに、スクロールで過去のハングアウトをさかのぼることができたり、Gmailのメールボックス内にやり取りの内容が残る仕組みとなっているため、PCでやりとりしたチャット内容をスマートフォンやタブレットからも確認できるなど、複数デバイス間での過去データの同期は容易となっている。 とはいえ、Google Apps for Businessは有償サービスであるため、以下に挙げるような機能が追加で利用できる。 同時に参加できるテレビ会議の人数は 最大15 名(無償版は10名まで)• グローバルアドレス一覧によるオートコンプリート• 管理機能の提供• ハングアウトオンエアの有効/無効の制御• ハングアウトのチャットメッセージを社内のみに制限• チャット履歴をデフォルトで無効に設定• ドメイン内のユーザー同士は自動でチャットリストに追加(承諾不要)• ハングアウトの組織ごとのオン/オフ、完全オフの切り替え• サポートされているブラウザー(最新バージョンとその前のバージョン)• Google Chrome• Microsoft Internet Explorer• Mozilla Firefox• Safari• サポートされているOS 最新バージョンとその前バージョン• Max OS X• Windows XP/Vista/7/8/8. Chrome OS• Ubuntu およびその他の Debian ベースの Linux ディストリビューション• Android バージョン 2. 3 以降(Google Play から専用アプリケーションを提供)• iOS(iPhone、iPad、iPad mini)バージョン 6. 0 以降(App Store から専用アプリケーションを提供)• プロセッサーの最小要件(PCの場合)• 2 GHz デュアルコア プロセッサー以上• 帯域幅• 1 対 1 接続の場合、アウトバウンド=1Mbps/インバウンド=1Mbps以上を推奨• 最小と最大の帯域幅要件と、想定帯域幅は以下の通りとなる。 必要最低帯域幅• 参加者からのアウトバウンド:256 Kbps• 参加者へのインバウンド:512 Kbps• 最高の状態にするために必要な、理想の帯域幅• 参加者からのアウトバウンド:1Mbps• 参加者へのインバウンド:2. 5Mbps• 2人以上のグループでのビデオハングアウトに必要な、理想の想定使用帯域幅• 全ての状況において、参加者からのアウトバウンド:900Kbps• 5人の参加者がいる場合の、参加者へのインバウンド:2Mbps• 10人の参加者がいる場合の、参加者へのインバウンド:3Mbps ハングアウトでは、利用できる通信帯域やシステムの機能/性能などに応じて、映像や音声の品質が自動的に調整される。 最もよい条件がそろうと「HD」動画による通信が可能になる。 システム要件を満たさなかったり、利用できる通信帯域幅が少なかったりする場合は、帯域幅設定を下げて利用することになる。 設定可能な帯域幅の種類とその意味は次の通りである。 帯域幅の種類 内容 自動HD この設定は、CPUの論理コアが4個以上ある場合にのみ使用できる。 HD動画を送信するための要件: ・HD 720p 対応カメラ ・論理コアが 4 個以上の CPU(HyperThreading 対応のCore i5 など) ・1. 2Mbps以上のアップロード速度を持つネットワーク接続(1. 5Mbpsを推奨) ・帯域幅の設定が[自動HD]に設定されていること 中 全てのユーザーのデフォルトモードであり、HDを利用していないユーザーに最適な設定である。 通常、使用される帯域幅は、アップストリームで約150Kbps、ダウンストリームで約500Kbpsとなる 音声のみ このモードでは、動画を送受信したり、画面を共有したりすることはできない代わりに、できるだけ良い音質を提供することを重視している。 例えば「LINE」や「Skype」がその代表だろう。 現在は多くのユーザーがPCとスマートフォンを同時所有し、中にはタブレットも持っていることが考えられる。

次の

Googleハングアウトとは?使い方まとめ

ハングアウト 人数

「声が被って話しづらい…」「沈黙が気まずい…」オンライン飲みにも悩みは付きもの。 盛り上がるために必要なコツは?(写真はイメージです) 画像:小林優多郎 新型コロナウイルスの感染拡大を受けてついに全国的に緊急事態宣言が発令され、リモート勤務が強く推奨される日々。 「職場のみんなで打ち上げ!」という光景も、もはや懐かしいものになりつつある。 そこで最近、しばしば取り上げられるようになったのが、Zoomなどを使った「オンライン飲み会」。 社員の自宅の様子が映ったり、家族やペットが乱入してきたり、普通の飲み会とは一味違う楽しさがある一方で、実際にやってみると「結構難しい」と感じる人も多いのではないか。 2〜3人のしっぽりした会なら大した問題もないが、大人数になると難しさがよくわかる。 先日、都内のITスタートアップに務める筆者の職場(3月初めから全社リモート体制に入っている)でも、全社横断のオンライン飲み会が開催された。 有志30人ほどが参加し、「会場」はグーグルの法人向けビデオ会議サービス「Google Meet」。 この会、多くの人が参加しながらも、これまでと違ってまったく「やりづらさ」がなく、2時間たっぷり楽しむことができた。 それはなぜか。 会の中に散りばめられていた、「大人数がオンラインで楽しむコツ」を、5つのポイントに分けて紹介したい。 1 タイムテーブル必須! 幹事の準備が大事 オンライン飲み会の難点のひとつは、「だらだら続いて終わりづらい」こと。 そこで肝となるのが、きちんと幹事を立てて、事前にタイムテーブルを用意しておくことだ。 最初の乾杯から締めまで、時間割がはっきりしていることで、途中参加もしやすくなる。 例えば先日の全社横断飲み会では、あらかじめこんなタイムテーブルがSlack(社内コミュニケーションツール)上で提示されていた。 そして当日は、幹事の音頭によって時間が区切られ、終了予定をむやみにオーバーすることもなかった。 google. 30人が一緒の部屋にいては、それぞれの表情もまともに見られないし、当然声もかぶる。 結局、盛り上げ役の人だけが話してあとは全員聞き役という、さながらプレゼンテーションのような場になってしまう。 そこでおすすめしたいのが、3〜5人ごとに班を分け、それぞれに部屋を用意すること。 これも幹事の事前準備のひとつ。 通常の飲み会でも、くじびきで席を決めることがあるが、そのオンライン版だ。 今回は 全社横断飲みなので、できるだけ部署がばらけるように調整されていた。 google. google. google. google. google. google. google. google. google. 途中で班替え(=席替え)をしても良い。 この人数であれば、みんなが均等に話すことができるし、喋っていないあいだもきちんと画面に姿が映るので、うなずくだけでも存在感が出る。 まるで一緒にひとつの卓を囲んでいるような雰囲気。 違和感がない。 ただし、遅刻者が多かった班は、しばらくサシ飲み状態だった……というハプニングも。 ちなみに、初めましての社員同士でも気まずくないように、幹事からトークテーマ案も提示されていた。 最初はそれが助けになったが、場があたたまってきたあとは自由に盛り上がり、離れるのが名残惜しいという班も。 いつまで経っても1stラウンドの部屋から出てこない班は、幹事が突撃し強制終了させていた。 著者提供 3 幹事以外は全員ミュート!乾杯・締めのコツ とはいえ、少人数に分かれた部屋で話をするだけでは、全社イベントとは言い難い。 せめて乾杯はみんなで。 ということで、最初と最後はみんなで同じ場所(同じURL)に集まるのが楽しい。 ただし、ここで全員がそれぞれに声を発してしまってはカオスだ。 そこで、集合部屋では発言を許される(=マイクオン)のは幹事のみ。 他はみなミュート(消音)を徹底したい。 幹事の指示にしたがって、許された人だけは、適宜マイクをつけて喋ることができる。 例えば、乾杯の発声をする人など。 「幹事以外ミュート」ルールは、開始前に周知しておくのが、会をオンタイムで進めるコツ。 これは練習問題。 著者提供 まとめ:いつもの「場の作法」を、オンラインの状況に「翻訳」して明文化する。 以上、筆者が社内で体験した「大人数オンライン飲み会」に散りばめられていた工夫を紹介した。 リモート勤務は、仕事場所が家であるだけで、業務自体がラクになるわけではない。 同じように大人数の飲み会も、オンラインだからといって準備や気配りゼロで臨めば決してうまくは回らない。 通常の飲み会と同じように、場を整え、仕切る「幹事」の存在は尊いことを実感した。 そしてそもそも、実はこれらの工夫は、通常の飲み会で無意識的に行われている「場の作法」を、オンラインに「翻訳」したものだといえるかもしれない。 幹事が手を鳴らしたら黙る。 乾杯の挨拶は傾聴する。 会話を回すには卓ごとに小さな輪を作るのが良い……。 それぞれをオンラインに置き換え、「オンラインならではの場のルール」を明文化することで新たな作法が生まれ、居心地がよい時間が続く。 リモート勤務においては、仕事中も、同僚・上司部下とのコミュニケーションに苦労する人も多いだろう。 オンライン飲み会を円滑にする「作法の翻訳」。 ここには、昼間の業務に生きるヒントも隠されているかもしれない。

次の