下肢 静脈 瘤 は 30 分 で 治る。 楽天ブックス: 下肢静脈瘤は30分で治る

下肢静脈瘤を自分で治す&予防できる5つの簡単体操

下肢 静脈 瘤 は 30 分 で 治る

心臓血管外科の病気:下肢静脈瘤• 静脈の働き 心臓から出た血液は瞬く間に全身の臓器にくまなく流れていきます。 血液を全身に運ぶ管が動脈です。 心臓から全身の臓器に運ばれた血液は別の管を使って心臓に帰ってきます。 心臓へ帰ってくる血管を静脈といいます。 静脈は動脈と違い静脈の血圧も低く薄い血管です。 静脈の病気は足の静脈の流れが悪くなり、足の静脈が膨れてくるもの(静脈瘤)や、静脈内に血栓ができて静脈の流れが停滞したり(下肢血栓性静脈炎)、静脈の血栓が肺に飛んだりする(肺梗塞)ものがあります。 全身の動脈と静脈 静脈瘤とは 足の表面に静脈が膨らんでこぶみたいに見える病気です。 原因は 静脈の壁は柔らかい薄い皮でできています。 足に到達した血液は重力に逆らって心臓に返ってきます。 そのため、静脈には血液が逆流しないように逆流防止弁がところどころに存在します。 足の静脈には皮膚の表面にある静脈(伏在静脈)と奥深くある静脈(深部静脈)の二つがあります。 そのほか網の目のように無数の静脈が存在します。 足の表面の静脈の血の流れが悪くなり静脈に血がたまって静脈が膨れる(瘤)ことを静脈瘤といいます。 静脈の血の流れが悪くなる主な原因として、足の表面の静脈が奥深くある静脈(大腿静脈)へ流入する場所にある弁が悪くなり逆流することによります。 下肢の静脈の働き• 足の静脈で重力に反して血液を上に運ぶ• 静脈には弁があり、血液が下へ逆流しないようになっている。 重力に負けて血液が逆流すると• 静脈瘤• 正常の静脈 症状は 足特に下腿の皮膚の表面に膨れた静脈が見えてきます。 ひどい場合は、足の皮膚が黒ずんで欠損し、腐ってくる場合があります(非常にまれですが)。 自覚症状として• 足がだるい• 足が痛む• 足がかゆい があります。 毛細血管でも血の巡りが悪くなる• ほっておくとどうなるの? まず命に別状はありません。 足の色が黒ずんできた場合には、どんどんひどくなって皮膚が欠損してくることがありますが、まれです。 足がだるい、痛むなどの症状がひどくなっていくことがあります。 炎症を起こして痛みがひどくなることもまれですがあります。 診察で判りますか? 足を見させていただければ、診断は可能です。 静脈瘤にも小指ほどの太い静脈瘤ができるものと網の目のように表面が青く見えるだけのものがあります。 また、大きさ、数、範囲も様々です。 病院にかかる必要は 見た感じがいやだ。 (美容上) だるい、痛いなどの症状がある。 症状は無いけど静脈瘤の程度がひどい。 以上のような場合は、病院での診察を受けることをお勧めします。 病院に来られた場合の我々の対応は まず、診させていただきます。 静脈瘤かどうか判断します。 また、別の病気かどうかも判断します。 たとえば、皮膚病、閉塞性動脈硬化症、血栓性静脈炎などの病気と鑑別する必要があります。 静脈瘤と診断されたら 診断は見させていただければ、簡単に判断できます。 静脈瘤と診断したばあい、そのタイプ、程度と患者様がどの程度困っているかを聞いて、治療法を決めます。 超音波検査で何がわかる? 静脈瘤の原因である伏在静脈が大腿静脈へ合流する場所での弁の逆流があるかどうかを見ます。 これで、原因と程度を確認します。 かつ、手術のときに切る血管の場所を確認します。 どんな治療法があるの? 薬はまずありません。 圧迫療法(ストッキング)と手術療法です。 最近ではカテーテル治療が可能となりました。 圧迫療法 これ以上ひどくならないように、足にストッキングを着用します。 静脈瘤では静脈の中に血液が充満しています。 ストッキングでこれを圧迫して、血液の充満をなくします。 静脈は流れの悪いところにたまってきやすいので、圧迫して血液を悪い静脈から追い出すことによって、別の静脈が働いて血の流れをよくします。 ストッキングをすることで、足のだるさなどがなくなります。 しかし、ストッキングによる圧迫感や外見上の問題もあります。 ストッキングで静脈瘤が消失するわけではありません。 静脈瘤をなくすには手術以外にありません。 簡単な手術で済むために困っておられる場合は手術をお勧めします。 カテーテル治療 高周波アブレーションカテーテル治療 静脈内に静脈瘤を起こしている血管に発熱するカテーテルを通して、約120度の温度で焼いてふさぎます。 これにより正常な別の血管が元通りに回復する治療法です。 医療保険が適用可能です。 このカテーテル治療の利点• 傷が小さい 切開せず穿刺して行います。 瘤の部分は小切開で瘤切除を行う場合があります。 局所麻酔のため、術直後すぐに回復• 片足で20から30分の治療です。 (個人差があります。 ) 手術療法 静脈瘤切除高位結紮法 手術 その他の治療法 ストリッピング 鼠径部に2cmの切開をして、大伏在静脈内に専用のワイヤーを挿入して、静脈を抜去する方法です。 大伏在静脈を抜去します。 当院ではこの方法は採用せず小切開で一部の瘤化した大伏在静脈を抜去します。 この方法が低侵襲で効果は同じです。 硬化療法 瘤になった静脈瘤に硬化液を注入し血液の流れを止める方法です。 硬化液は静脈内で炎症を起こし、血液の流れを止めてしまいます。 これで静脈瘤は硬くなって小さくなります。 この方法は皮膚を切開せずに注射するだけで可能です。 しかし、程度の軽いものあるいは表面の網目状の静脈瘤に行いますが、効果の無い場合もあり慎重に適応を決めております。

次の

下肢静脈瘤レーザー療法

下肢 静脈 瘤 は 30 分 で 治る

下肢静脈瘤治療 下肢静脈瘤とは 下肢静脈瘤は足の静脈の弁が調子が悪くなり、心臓に帰っていく血液が足の静脈に溜まって血液が正常に流れなくなる病気です。 下肢静脈瘤になると、足がむくむ、足の痛み、足がつる、足の血管がボコボコする等な症状があります。 一度発症してしまった下肢静脈瘤はマッサージやストッキングでは治る事はないので、下肢静脈瘤専門の血管外科クリニック等でレーザー治療、ストリッピング手術、硬化療法等の治療を行う必要があります。 下肢静脈瘤は40代以上の方の8. 9%がなってしまう非常に多い病気の一つです。 しかし下肢静脈瘤は決してそのままで治る病気ではありません。 一度静脈が壊れると、どんどん状態が悪くなっていきますので、早めのお治療が必要です。 レーザー治療であれば日帰りで治療が可能なので心配はありません。 しかし発見、治療が遅れると、レーザーやお注射では治療が難しく、入院の上で手術をするしかない場合もございます。 そうならない為にも、まずは専門のクリニックを受診する事が大切です。 検査は痛みのない簡単な超音波検査で終わります。 下肢静脈瘤の治療には早期発見、早期治療がとても大切な事になります。 下肢静脈瘤の痛み 患者様からよくある訴えで「足が痛い。 」「足がつる。 」という物があります。 下肢静脈瘤は太ももや足の付け根のあたりの静脈(主に大伏在静脈)の弁が壊れる事で、足の血液が逆流がして、足に古い血液が溜まってきて、静脈がこぶのように膨らみ浮き出てくる病気です。 「足が痛い。 」「足がつる。 」というのは足に古い血液が停滞して、足の血行が悪くなり、足が酸欠状態になってしまう事により生じると言われています。 また血栓性静脈炎(静脈瘤内に血液の塊が出来て、炎症を起こす病気です)になると足の痛みや腫れが強くなります。 血栓性静脈炎はなるべく早く治療しないと、急速に悪化しますので、早めに医療機関を受診する必要があります。 下肢静脈瘤の検査は痛みのないエコー検査ですので、足がつる、足が痛い方は、まずは専門のクリニックを受診しましょう。 下肢静脈瘤を放置すると 下肢静脈瘤は専門のクリニックがまだまだ少ない為に、かかりつけの医院では「まだ軽いから大丈夫。 」「しばらく様子を見ましょう」等と言われてしまう事も多いようです。 確かに下肢静脈瘤はがんなどとは異なり、今すぐ命を落とす悪性の病気ではありません。 しかし症状が進行するにつれて足全体の血行が悪くなり、しまいには皮膚が黒ずんできて皮膚が壊死(潰瘍といいます)してしまう場合もあります。 そのように重症化している患者様の場合は簡単にレーザーで治療する訳にもいかなくなり、完治が難しくなる場合もあります。 そうならないためにも ・すでに皮膚の変色がある方 ・小さな潰瘍が出てきている方 ・足に腫れや痛みを感じる方 ・かかりつけの医師から下肢静脈瘤と診断されている方 そのような症状をお持ちの方は当院に限らず早めに専門のクリニックを受診しておく事をお勧めします。 下肢静脈瘤は治療すれば治る病気ですが、様子を見ていても決して治る事はなく、症状はどんどん進行していきます。 下肢静脈瘤の治療は早期発見、早期治療が大切です。 ご来院からお治療までの流れ まずご来院されてからドクターの診察とエコーによる術前検査がございます。 他のクリニック、病院様ですと診察を受けるだけで1ヵ月くらいかかるケースもありますが、当院では迅速な検査、お治療の準備を心がけており、場合によっては最初の検査からお治療まではレーザー治療でもご予約状況によっては最短4日で可能です。 治療後は簡単な検診が2回程度ございますが、患者様のご都合、お仕事に合わせて治療の安全を最優先にしつつもなるべくご希望に沿えるように対応しております。 適応検査と診察 まずは院長の診察とエコー検査、術前検査がございます。 患者様のご負担、余分な検査を少なくする為に、お薬手帳、最近の採血検査、健康診断の結果等があればご持参下さい。 (ある方だけで結構です。 ) 検査結果はすぐにわかります。 エコーの画面を見ながらどのような治療が必要なのか院長が説明いたします。 治療内容が決まりますと、カウンセラーの方から治療に掛かる費用、当日の細かい注意事項等をご説明させて頂き、治療日を予約させて頂いて終了となります。 ご来院頂いてご帰宅までの時間はだいたい30分程度です。 治療日 事前にご予約頂いたお日にちにご来院いただき、治療を行っていきます。 レーザー治療の方は、最初に会計等を済ませておいて治療着にお着替え頂き、処置室に移動して頂きます。 そこで再度超音波エコー検査を行い、下肢静脈瘤の状態を詳しく調べます。 その後、治療台に座って頂き、麻酔のお注射をして、レーザーを照射していきます。 レーザーの照射時間は実質5分程度で終わります。 レーザーの照射が終わりましたら、治療した足に包帯と医療用弾性ストッキングを巻いてご帰宅となります。 治療後の痛みはほとんどありませんので心配はありません。 ただ麻酔で足が重たく感じるかと思いますのでお車の運転はお控え下さい。 ご来院頂いてご帰宅されるまでは1時間程度です。 この時に超音波検査を行って血管内部に血栓などの問題はないかチェックしていきます。 そこで問題がなければ次は約1ヵ月目検診になります。 1ヵ月目検診で再発などががなければ定期健診は終了となります。 下肢静脈瘤の切らないレーザー治療 林外科医院では、患者様の負担が少ない事、安全性を第一に治療しています。 静脈に非常に細いレーザーファイバーを入れ、パルス波レーザーで逆流を起こしている異常な伏在静脈と呼ばれる血管を閉鎖する事で、ボコボコになった血管を治療します。 この治療法は従来のストリッピング手術等とは異なりその日のうちに歩いて帰宅する事ができます。 このレーザーでの治療が特に優れている点は、レーザーのエネルギーが血液中のヘモグロビンにはほとんど取り込まれず、多くが水分へ吸収されて行く点です。 そのため、血管壁の外に熱が出て行く事が少なくなり、血管壁周囲の組織が焼灼されてしまう(火傷になる)可能性が少なくなります。 よって、治療中に血管を損傷したり、周囲に熱傷を起こす事がなくなり、術後の痛みや内出血が少なくなり、回復が早くなります。 また、血管壁を直接焼灼するため、再疎通率が極めて少ないというのも特徴です。 つまり従来の手術と比べると患者様が心配される痛みや腫れ、内出血を大幅に軽減し、術後血栓の可能性を大幅に抑えます。 また麻酔や検査方法にも徹底的にこだわり、今まで以上に患者様の負担の少ない治療になっています。 レーザー治療は従来の手術に比べると ・痛みが少なく全身麻酔の必要がない ・ダウンタイムが少ない(日帰りで治療可能) ・術後の合併症が少ない と言った特徴があり、今まで下肢静脈瘤と診断されていながら、治療を諦めていた患者様も安心して治療を受ける事ができるようになりました。 価格・保険について 詳しくは当院までお問い合わせください。

次の

下肢静脈瘤レーザー療法

下肢 静脈 瘤 は 30 分 で 治る

痛みもなく、仕事を休む必要もなく、たった30分で下肢静脈瘤が治る最新治療法。 「BOOKデータベース」より [目次]• 第1章 下肢静脈瘤ってどんな病気? 下肢静脈瘤は女性の"美脚"の敵! 足は"第2の心臓" ほか• 第2章 下肢静脈瘤の治療法 下肢静脈瘤にはどんな治療法がある? どんなタイプの下肢静脈瘤の改善にも役立つ保存的療法 ほか• 第3章 日帰りできる最先端治療「レーザーストリッピング」 レーザーストリッピングとは? 医療用レーザーの特長 ほか• 進化する下肢静脈瘤の治療-パルスヤグレーザー・ストリッピングなら30分で下肢静脈瘤が治る! 2年ぶりで短いスカートがはけるようになりました ほか•

次の