バーボン コナン。 【大発見?】バーボンと安室透のスイッチは目で変わる?【名探偵コナン】

【名探偵コナン】安室透のアニメ登場回&私服(服装)を全てまとめてみた!

バーボン コナン

【スポンサードリンク】 安室透 バーボン と宮野エレーナの関係 安室と灰原の関係を話す前に、順番的に宮野エレーナとの関係性を紹介した方が、理解しやすいと思うため、先に宮野エレーナとの関係をお届けします。 宮野エレーナはご存知の通り、灰原哀こと宮野志保、灰原の姉の宮野明美の母親になります。 そして、宮野エレーナと安室透こと、降谷零は小さい時に顔見知りでした。 宮野エレーナと降谷零は先生と患者の関係であった コナンの単行本84巻のFile889で、安室透ことバーボンが宮野エレーナに対して安室が、 「ダメって言ったでしょ?もうケンカしちゃ…。 次に怪我して来てももう手当てできないよ…先生…遠くに行っちゃうから…」 「バイバイだね…零君…」 というシーンを思い出しました。 この時はまだ、宮野エレーナらしき人物ということになっていましたが…に単行本95巻 2018年10月18日頃発売 の File1011「あの女性の記憶」で再度登場してきます。 【スポンサードリンク】 宮野エレーナと降谷零はハーフで会ったため、お互いに心を開いていた 1011話のお話で降谷零の小さい時と、怪我した時の病院の先生として宮野エレーナが登場してきます。 ハーフをバカにされて喧嘩をしていた降谷零に対して、 色は違えど 「みんな赤い血が流れるでしょ?」 と、降谷零にとても共感的な女性でした。 そして、喧嘩をする子供の降谷零に対して、 「でも、ケンカの相手と仲直りするための名誉の負傷なら、絆創膏くらい貼ってあげるわよ?」 と優しくなだめているシーンがあり、当時の安室は喧嘩するたびに宮野エレーナの所に行っていたことがわかりますね。 宮野エレーナが突然いなくなる そして、安室透が何回か回想しているシーンで出てくる。 「ダメって言ったでしょ?もうケンカしちゃ…。 次に怪我して来てももう手当てできないよ…先生…遠くに行っちゃうから…」 「バイバイだね…零君…」 というのは、宮野エレーナとその夫であり、灰原のお父さんでもある 宮野厚司 みやのあつし が黒の組織に行くことになり、そこから会えなくなったことがわかります。 この後にエレーナーは組織でAPTX4869を開発するという流れになるのは間違いないでしょう。 また、安室透は宮野エレーナの足取りを追うことで警視庁に入ったのでは?ということも考えられています。 【スポンサードリンク】 宮野エレーナは黒の組織ではヘルエンジェルと呼ばれていた ここに関しては今度深く、考えて見ようかなと思う部分でもありますが、宮野エレーナがヘルエンジェルと呼ばれていたことも、バーボンこと降谷零は知っていました。 実際に何をやっていたか?までは掴んではいない様子でしたね…。 灰原が生まれてから直ぐに亡くなったため、自ずと降谷零が警視庁に入る前には亡くなっていたことになりますからね…。 安室透 バーボン と灰原哀 宮野志保 の関係 意外と今回の内容でいくと宮野エレーナと安室透の関係が重要になるため、そんなに灰原については薄くなります。 元々、灰原哀が成人だった時の宮野志保の姿で バーボンとは実際に会ったことはありません。 ミステリー・トレインの中で二人で会った823話の最後に 「さすが ヘル・エンジェルの娘さんだ…良く似てらっしゃる…初めまして…バーボン…これが僕のコードネームです」 と言っているように実際に二人は会ったことがないことがわかります。 【スポンサードリンク】 お互いに認識していた ミステリー・トレインの最終話824話の最後に二人はお互いに黒の組織にいたことは把握していました。 「君の両親や姉とは会ったことがあるんですが…」 とあるように、宮野家との交流関係があることはわかっていました。 やはり、二人は顔を合わせるのは初めてということはわかります。 つまり安室透と灰原哀の関係は、 お互いには認識していたが、知り合いであったりはないことがわかりました。 安室透 バーボン と宮野明美の関係 灰原のお姉ちゃんでもある宮野明美は先程紹介した通り、宮野明美と安室透は顔見知りであることがわかります。 これは宮野エレーナのところでも紹介した1011話で「 宮野医院」に、けが人!として子供の頃の明美が連れてきたのが降谷零でした。 黒の組織では二人が会っていたどうかはわかりませんが、降谷零が子供の時に会っていたため、会ったことがあるという言い方をしていました。 赤井秀一を通して、どうなったか?までは詳しく書かれていないのでわかりませんが、やはり宮野エレーナと降谷零の関係が大きいということになります。

次の

【名探偵コナン】安室透のアニメ登場回&私服(服装)を全てまとめてみた!

バーボン コナン

安室透。 『名探偵コナン』に登場する、金髪に褐色で顔立ちの整った好青年。 彼は劇場版『名探偵コナン』シリーズで2016年の『純黒の悪夢(ナイトメア)』に初登場して注目を浴び、2018年の『ゼロの執行人』では主役級の活躍を見せたことで、一気に人気キャラクターとなった。 特に2018年は安室旋風が巻き起こり、安室に恋する女子が急増。 スピンオフ漫画の掲載される『週刊少年サンデー』が書店から消えたり、珍しい苗字である『降谷』の判子が売れたりした。 安室の魅力といえば、その甘いマスクに、声優・古谷徹氏による深みのある声、主人公のコナンを追い詰めかけるほどの推理力……。 そして、彼の持つ3つの顔(トリプルフェイス)。 今回は、3つの顔を使い分ける「安室透」についてを分析していこう。 しかし実は、コナンの追う黒ずくめの組織の探り屋「バーボン」である。 さらに、彼の真の正体は、組織に潜入する公安警察の「降谷零」。 正義のために敵側の組織に潜入し、探り屋として全く別人を演じて日々を過ごす。 とんでもない日々を送る男なのである。 安室が初登場した『名探偵コナン』75巻 そんな彼の初登場は、原作75巻、アニメ667話で描かれたエピソード。 (実は、本当の意味での安室の初登場は少し遡るのだが、未読の人のために今回はこう語らせて頂きたい)このエピソードにおいても、ある意味「3つの顔」を見せていたことにお気づきだろうか。 初登場エピソードでの1つ目の顔は「ドジなウェイター」。 小五郎の同級生が開いた結婚前夜パーティーで、黒ぶち眼鏡の新人ウェイターが登場する。 ケーキをひっくり返すなど、ちょっと頼りない印象の青年。 これが『名探偵コナン』で見せた安室の最初の顔だ。 2つ目の顔は、「イヤミな探偵」。 事件が起きた後、安室は一度容疑者として疑われるが、眼鏡を外して私立探偵だと名乗る。 前述のドジな行動も演技だったのだ。 そして、安室は見事な推理を次々披露し、容疑者を追い詰めていく……。 3つ目の顔は、「小五郎を慕う好青年」。 安室は自分の未熟さを痛感したと言って小五郎に弟子入りし、ニコニコ笑って事務所に出入りするように……。 この激しいギャップにコナンも驚く。 このように、安室はたった1つのエピソードの中でも、まったく異なる3つの顔を見せてくれた。 どの顔も実に人間味にあふれている。 しかし、その全てが「降谷零」持つ目的のための演技だったと思うと、彼の底の知れなさにヒヤリとさせられる。 その後の物語で、安室は親しみやすい笑顔の奥に冷酷な一面を覗かせ、徐々にバーボンとしての姿を読者に見せていく。 そうして主人公の敵側という強烈な印象を与えた後、さらにその奥に、孤独な立場で正義を執行する降谷零があると明かされる。 リアルタイムで物語を追う読者は彼から目が離せなかっただろう。 そして、『名探偵コナン』の頭から読むとこのような順序になるが、劇場版で「バーボン」や「降谷零」の顔を先に知った人も多いはずだ。 トリプルフェイスをどの順序で触れても、いずれかの深みにはまって、目が離せなくなる。 一人で三倍、いや三乗の魅力を持つ男である。 安室は赤井が苦手で、彼のテーマカラーである赤も苦手。 何事もソツなくこなす安室が唯一感情的になる相手で、「殺したい程憎んでいる男」と語る相手でもある。 安室はボクシングに長け、赤井は截拳道に長けている。 安室の愛車は白いRX-7、赤井の愛車は赤いマスタングといったように、その対照性も徹底している。 そして、『機動戦士ガンダム』を知っている人ならニヤリとするどころではないのだが、安室透の声を演じるのが古谷徹氏で、赤井秀一の声を演じるのは池田秀一氏。 かつて赤井は「ライ」というコードネームで黒ずくめの組織に潜入し、バーボンと共に行動していた。 優秀な二人はその時からライバル関係であったようだが、安室の仲間である公安の潜入捜査官「スコッチ」の死を巡り、複雑な因縁が生まれることとなる。 その後、潜入捜査官だと気づかれ潜入を中断した赤井は、組織から危険視され命を狙われる。 そこで、コナンと共に壮大な計画で死を偽装するのだが……。 安室だけは赤井が死んだとは考えなかった。 そして安室は執拗に米花町を嗅ぎまわった末に、真実にたどり着く。 『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』 c 2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会 そんな赤井と安室が作中で直接対面した場面は、実は指折り数えるほどしかないのだが、なんと劇場版『純黒の悪夢』では、二人の特別な戦いを楽しむことが出来る。 潜入捜査官の情報が記された「NOCリスト」の行方を巡って物語が展開する本作。 冒頭から、「NOCリスト」の情報を盗んだキュラソーを追って、赤井と安室はカーチェイスで激突。 その後、潜入捜査官の疑いをかけられた安室は拘束されて尋問を受けるが、その窮地を脱するきっかけを赤井が作り、九死に一生を得る。 一番の見どころは、二人が直接衝突する肉弾戦ではないだろうか。 赤井と安室は、各々が所属する組織のプライドをかけて、拳でぶつかり合うことになる。 次々打ちあがる花火をバックにした二輪式観覧車の頂上という贅沢すぎるロケーションで描かれた、躍動感たっぷりのカメラワークと激しいアクションは必見である。 さらに、ラストにはコナンも交えた超豪華な共闘も描かれる。 ド派手なアクションを見ているだけでもワクワクするが、二人の過去の因縁を踏まえて鑑賞すると、一味違った楽しみ方が出来るはずだ。

次の

【大発見?】バーボンと安室透のスイッチは目で変わる?【名探偵コナン】

バーボン コナン

バーボン編(前半):60巻~78巻 黒の組織のメンバーの一人水無怜奈(キール)をFBIが確保。 彼女はCIAの諜報員であり、黒の組織に潜入捜査しているスパイであった。 しかし、FBI側(コナンと赤井)はキールがCIA所属であったことを利用し、キールをあえて組織に戻すことで、逆にそこから組織の情報をFBIに提供してもらおうという思い切った作戦を実行する。 その際、CIAの任務を優先、スパイという立場であるため、FBIとCIAお互いに不都合なことが起きても仕方なしという前提で交渉をした。 コナンと赤井はただ普通にキールを返してしまっては怪しまれると考え、逃走中に事故を装い組織に水無を捕獲させる形で自然な出戻りを装った。 しかし、それでも組織は信用せず、FBIの赤井秀一の殺害を水無に命令する。 その後、キールは命令に従うため赤井秀一を呼び出し赤井の殺害に成功、再び黒の組織に戻ることになった。 沖矢昴、火傷赤井、世良真純、安室透の三人。 以降、黒の組織編絡みの謎解きは「このバーボンとは一体誰なのか?」「新しく登場した新キャラの正体は何なのか?」また、「赤井秀一は本当に死んでしまったのか?」というテーマを中心に進んで行くことになる。 ここからが水無怜奈編(キール編)とバーボン編の区切り。 公式でそうした区切りがあるわけではないが、作者も「バーボン編」という言葉は使用しており、世間一般でも浸透している。 話的には新一の幼児化と黒の組織(ジン・ウオッカ)の登場、灰原の登場がメインなので、灰原編などと付けるのが適当か。 序盤と後半で区切って、後半を灰原編としても良いかもしれない。 それ以降、実は18巻単位で1つの章の区切りとなっている。 バーボン編は作者が少し長くなるかもと発言していたがその通りとなって、60巻から18巻過ぎた78巻以降も続いている。 しかし、区切りとなる78巻では大型組織編のミステリートレインの話が描かれ、バーボンの正体については判明した。 前半のポイント バーボン(犯人)が誰か?をただ当てるのではなく、伏線(根拠)をきちんと探し当てられているか、推理の否定根拠(アリバイ)をきちんと説明できるかが今回のポイント。 例えば、赤井秀一に関しては、生きているか死んでるかとなれば、「生きている」と考える人が圧倒的に多いはず。 問題は「生きていると考えられる根拠は何か?」「どうやって生き延びたのか?」「今何をしているのか?」などを考えるほうが重要。 また、バーボン編は、新人物(沖矢、世良、安室)がコナンのすぐ近くまで接近し頻繁に登場。 所謂、組織の人物が全く出てこない「日常編」とジンやウオッカなど黒の組織と対戦する「組織編」が明確に区別されているわけではない。 日常編の中で各新人物や灰原などが少しずつ謎を紐解いていく形式。 (一応、水無&瑛祐編でも同じ) 日常編は飛ばして組織編だけ読めばわかるといった内容ではなく、日常編と組織編が同時に進んでいくため、沖矢、世良、安室が登場したら組織編と考えてもいいかも。 「サンデー毎回読まないと分からないよ!」というのは作者だか小学館の考えだかわかりませんが、うまくできてます(笑) バーボン編(後半):78巻~85巻 後半のポイント 前述したように、バーボン編前半では18巻かけて新キャラの「正体」をテーマに進み、それが前半の山場であるミステリートレイン編で明かされた。 (沖矢昴については未回収と考えている人もいるが、個人的には既にその伏線は出尽くしたと考えています。 ) 解決したのはバーボンが誰であるか、火傷赤井の正体と目的。 そして、世良真純の正体と、沖矢昴の正体については推理できる段階まで。 後半の終了 緋色シリーズ(75巻収録 File894-898)でバーボン編は一区切り、同時に「ラム」の登場が示唆されるので、ここからラム編が始まると考えて良さそう。 バーボン編としては、60巻-75巻と25巻程度なので、1巻からベルモット編までの24巻の時と大体同じくらい。 解決したのは、まず沖矢昴の正体(赤井)の正体とそのトリックについての伏線回収。 それと同時に、赤井秀一の生存と来葉峠の真相も明かされる。 安室と同時進行になるが、二人の確執の原因と直接対決に関しては、恐らくストーリーが進む過ぎてしまうのもあるのだろうか、先に持ち越される。 残された謎については、基本的にシナリオが進むのを楽しみに待つだけでもある。 バーボン(安室)に関しては彼の所属(公安)と赤井秀一を恨んでいるといった、これまでの行動の動機に関して、そして人間性などの裏設定の部分。 ただし、エレーナやスコッチ(赤井との確執)、伊達刑事(警察学校)などの人間関係については持ち越される。 また、公安は赤井から調査に有用な楠田の拳銃を渡されたり、安室がベルモットの秘密を知っていることが判明したりと、新たな伏線も追加。 これらもストーリー的に核心に近づいてしまうと思われるようなものばかりなので、世良関連の伏線にリンクしそうなもの、赤井との戦い、組織の秘密やボスに関係して来そうなものと、時期が来れば順に明かされていくであろうと思われる。 世良については、後半で言えば新たに解決した疑問というのはほとんどない。 世良の発言の細かい伏線は未だ謎のまま。 それどころか、真ん中のもう1人の兄(次男)がいることがわかったり、謎の少女(領域外の妹)が登場したりと世良と関係する人物が新たに登場。 だが、次男についてはその正体はほぼ推理できるまで伏線は出ており、領域外の妹もその正体についての大よその見当は付く。 作者は以前「世良と灰原の対決があるが、バーボン編とは別」と発言していたこともあり、どうやら世良はバーボン編においては布石が打たれただけであり、本格的な進行はラム編で行われることになりそう。

次の