僕等がいた。 注目の若手俳優&女優26名が参加! YouTubeドラマチャンネル『僕等の物語』が始動

注目の若手俳優&女優26名が参加! YouTubeドラマチャンネル『僕等の物語』が始動

僕等がいた

C 2012「僕等がいた」製作委員会/ C 2002 小畑友紀/小学館 1200万部を突破した、運命をも変える最愛を描いた大人気純愛コミックス「僕等がいた」が待望の映画化となる。 生田斗真・吉高由里子共演の同名映画は、2012年3月17日に前篇公開、4月21日に後篇が公開される。 物語は北海道と東京を舞台に描かれ、映画のロケも釧路管内で行われた。 釧路総合振興局はロケ地マップも制作し盛り上がりを見せている。 北海道と東京が舞台の大人気マンガが映画化される。 累計1200万部を突破した、釧路市在住・小畑友紀による大人気コミック「僕等がいた」 2002-2012、小学館月刊「ベツコミ」連載 だ。 第50回小学館漫画賞受賞作品を受賞した作品である。 2006年にテレビアニメ化されたこともあるが、このたびはファン待望の実写映画化となる。 もくじ• 決して揺らぐことなく、愛する相手の幸せだけを想い続ける最上の愛<最愛>を描く壮大なラブストーリーである。 物語は北海道・釧路から始まる。 はじめは良い印象ではなかったが、矢野が時折見せるに優しさに徐々に惹かれていく。 しかし矢野は年上の元恋人との死別という過去を引きずっていた。 何度も何度も過去の幻影と葛藤した末、矢野の過去をも含め受け入れる覚悟をした七美と、そんな七美を愛おしく思う矢野。 C 2012「僕等がいた」製作委員会/ C 2002 小畑友紀/小学館 映画は、生田斗真・吉高由里子共演 映画メイキング C 2012「僕等がいた」製作委員会/ C 2002 小畑友紀/小学館 映画「僕等がいた」では今注目の若手俳優が演じる。 矢野元晴役には、人気・実力ともにこれからの日本映画界・演劇界を担う注目の俳優、生田斗真。 高橋七美役には、圧倒的な個性を放つ若き演技派女優、吉高由里子。 さらに高岡蒼佑、本仮屋ユイカ、比嘉愛未といった若手実力派俳優たちが、ふたりの"せつない"恋愛模様に重要な役割を担う同級生役として出演し作品に彩りを加えている。 恋愛映画としては異例の前後篇二部作として連続公開である。 前篇では、釧路を舞台にふたりの出会いと初恋を描き、後篇では、東京を舞台に大人になった二人のその後を描く。 2012年3月17日に前篇、4月21日に後篇がロードショーされる。 com C 2012「僕等がいた」製作委員会/ C 2002 小畑友紀/小学館 釧路の日常風景も登場、ロケMAP公開 「僕等がいた」は、北海道ロケ映画の一つとして数えられることになる。 白糠町、厚岸町でも撮影されているが、中でも釧路市は原作の舞台でもあり、映画の主要ロケ地ともなった。 地元住民もエキストラとして多数参加している。 主人公が通学する高校のモデルとなったとされるのは釧路湖陵高等学校だが、実際の撮影では、2011年3月末に閉校した旧厚岸潮見高等学校 厚岸町 が使用されている。 ふたりの別れの場所であるJR釧路駅を始め、たんちょう釧路空港、北海道立釧路芸術館、スパカツで有名なレストラン泉屋本店、幣舞橋付近、釧路市内の風景も映し出される。 白糠町・恋問海岸も映画中のシーンの一つだ。 釧路総合振興局は、映画「僕等がいた」公開を契機に、近年の釧路ロケ情報をまとめた A4両面 を印刷発行した。 見学に注意が必要な場所もあるが、マップ片手に映画のロケ地巡りをしてみるのも楽しいのではないだろうか。

次の

僕等がいた漫画最終回の結末ネタバレ!その後が気になる!

僕等がいた

ジャンル 、 漫画 作者 出版社 掲載誌 発表号 5月号 - 2012年3月号 巻数 全16巻 アニメ 原作 小畑友紀 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン 白井伸明 音楽 安部純、武藤星児 アニメーション制作 製作 「僕等がいた」製作委員会 放送局 参照 放送期間 - 話数 全26話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 僕等がいた』(ぼくらがいた)は、『』()で連載されたによる作品。 から「」の連載を開始し、コミックの累計発行部数が1000万部を突破する ヒット作品となる。 同作はにアニメ化され、には実写映画が公開された。 2005年、「僕等がいた」で第50回少女向け部門を受賞。 小学館より単行本全16巻とファンブックが出版されている。 あらすじ [ ] の高校に入学したばかりの 高橋七美は、新しい環境に胸を膨らませていた。 友達もでき、順調な高校生活がスタートしたように思われたが、中学ではクラスの3分の2の女子に好かれていたという人気男子 矢野元晴との出会いは、七美にとってあまりよい印象のものではなかった。 クラスメイトとして共に過ごすうち、徐々に矢野に惹かれていく七美。 だが、矢野は恋人との死別という暗い過去を引きずっている。 紆余曲折を経て大好きな矢野と両想いになり付き合い始めた七美だが、彼が上京しに。 再会を約束した翌年、七美が上京すると矢野は消息不明になっていた。 待ち続け苦しむ日々が続いた末、ようやく七美が再会できた矢野はまるで別人だった。 登場人物 [ ] 「声」は版で声を担当した。 「演」はで演じた。 高橋 七美(たかはし ななみ) 声 - /演 - 9月27日生まれ てんびん座 血液型A型 身長155cm ニックネームは「ナナ」。 明るく無邪気で前向きな性格だが泣き虫で惱みはつきない。 ちょっとで背が低い童顔の女の子。 高一の時に矢野と付き合い始めたが、彼は高二の冬にへ転校してしまう。 遠距離恋愛となってから東京で再会する約束は果たせず、矢野は消息不明となった。 その後、東京のS女子大を卒業して現在は出版社に勤めながら竹内匡史と付き合っていたが、プロポーズを断ると別れを告げられてしまった。 矢野 元晴(やの もとはる) 声 - /演 - 7月23日生まれ かに座 血液型O型 身長174cm(自称) 彼女(山本奈々)をで亡くした過去を持ち、心に大きな影を持つ。 顔よし。 頭よし。 運動神経も良く水泳が得意。 竹内からはモトと呼ばれている。 高一の時に七美と付き合い始め、高二の冬に母親の事情で東京に行き、七美とは遠距離恋愛になる。 東京でしばらく過ごすうちに母親を自殺で亡くし、そのショックから「過去を捨てる」と竹内に七美を託してへ戻り、身を隠した。 現在は父親の籍に入り苗字を「長倉」と変えて、東京のデザインチームで働きながら山本有里と同棲している。 竹内 匡史(たけうち まさふみ) 声 - /演 - 4月13日生まれ おひつじ座 血液型O型 身長178cm 矢野の幼馴染で大親友。 の息子。 自分の幸せの前に人の幸せを考えてしまう、優しく頼りになる真面目男子。 矢野からはタケと呼ばれている。 東京のW大学を卒業後、外資系コンサルティング会社に入社。 七美にとってはよき相談役。 七美と付き合っていたが、心の距離が縮まらないため自分では七美を幸せにできないと感じ、「二度と会わない」と別れを告げた。 山本 有里(やまもと ゆり) 声 - /演 - 11月16日生まれ さそり座 血液型B型 身長158cm 七美の同級生。 矢野と同じ中学出身で、山本奈々の実の妹。 中学時代から矢野に惹かれており、姉の死をきっかけに矢野と一度関係を持つ。 矢野が北海道に戻った後を追って東京の大学を辞め、自身も北海道へ帰る。 失踪後の矢野の居場所を知っていた唯一の人物であり、現在は矢野と東京で同棲している。 地味でおとなしく、利発で美人の奈々と比べられていた。 山本 奈々(やまもと なな) 声 - /演 - 7月29日生まれ しし座 血液型B型 身長161cm 矢野より一つ年上の中学時代の元彼女。 山本有里の実の姉。 「かわいい」と評判の美少女。 矢野に出会う前に付き合っていた元彼と中に交通事故に遭い亡くなった。 水口(みずぐち) 声 - 七美の親友。 七美たちからは「水ちん」と呼ばれている。 矢野のことが好きだった。 北海道の大学に進学したため七美とは離れたが、今でもときどき連絡を取っている。 竹内 文香(たけうち あやか) 声 - /演 - 竹内匡史の七つ違いの姉。 ジュエリーショップに勤務し、現在は店長を任されている。 既婚者。 千見寺 亜希子(せんげんじ あきこ) 演 - 9月28日生まれ(単行本11巻から) 東京の学校で矢野の同級生だった。 J大卒業後に就職した出版社で七美と出会い、仲良くなる。 大きな瞳が印象的な美女。 才色兼備で少しお節介である。 同級生である矢野に好意を抱き、七美を羨ましく思っていた頃もあったが、現在は矢野とあまり関わりを持ちたくなくないと思っている。 七美に竹内といるほうが幸せと諭したり、引き際を感じる竹内を励ましたりしていた。 功太郎(こうたろう) 東京の学校で矢野の同級生だった。 矢野たちには「功」と呼ばれている。 千見寺のことが好き。 今でも矢野と連絡を取っていることを千見寺たちには隠していた。 アツシ 演 - 矢野と竹内の、中学時代の友人。 矢野 庸子(やの ようこ) 演 - 元晴の母。 女手一つで息子を育ててきた。 いつも行き当たりばったりの性格だが、矢野の関係は良好。 単行本 [ ] 『僕等がいた』 〈〉 既刊15巻(2012年2月現在)• 10月26日発売、• 02月26日発売、• 2003年 06月26日発売、• 2003年11月26日発売、• 04月26日発売、• 2004年 07月26日発売、• 2004年12月20日発売、• 04月25日発売、• 2005年12月20日発売、• 05月26日発売、• 2006年11月24日発売、• 08月24日発売、• 10月26日発売、• 08月26日発売、、「僕等がいた 番外編」(『ベツコミ』2010年5月号)収録• 06月24日発売、• 03月26日発売• 通常版• ミニイラスト集付き限定版 関連書籍 [ ]• 僕等がいた公式ファンブック• 僕等がいた小畑友紀作品集• 小畑友紀ポストカードブック• ノベライズ 僕等がいた 君がいた季節(著=+原作・イラスト=小畑友紀) テレビアニメ [ ] 7月から12月まで放送。 全26話。 スタッフ [ ]• 原作 - (小学館刊『』連載)• 原案協力 - 山内靖子、高品南、岡崎信治郎 (小学館「月刊ベツコミ」編集部)• 企画協力 - 苅谷直子 (小学館キャラクター事業センター)• 監督 -• チーフディレクター -• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン - 白井伸明• 美術監督 - 柴田千佳子• 色彩設計 - 西尾梨香• 撮影監督 - 斎藤秋男• 編集 - 松村正宏• 音楽 - 、武藤星児• 音楽プロデューサー - 長谷川雄介• 音響監督 -• エグゼクティブプロデューサー -• アニメーションプロデューサー - 渡辺秀信• アニメーション制作 -• 2億円 後篇:17. 2億円 前篇・後篇の2部作。 に前篇、に後篇をそれぞれ全国系公開。 全国295スクリーンで公開された前編は、2012年3月17、18日の初日2日間で興収2億9,531万3,100円、動員22万7,930人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となった。 また、全国297スクリーンで公開された後編は、2012年4月21、22日の初日2日間で興収3億1,488万9,300円、動員24万2,920人となり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった。 キャスト [ ] 主要人物はの項を参照。 有里の母:• 長倉美智子:• 矢野庸子: スタッフ [ ]• 監督:• 原作:小畑友紀『僕等がいた』(小学館月刊ベツコミ連載)• 脚本:• 音楽:• 主題歌:• 前篇「」• 後篇「pieces」• 製作:、豊島雅郎、小林昭夫、都築伸一郎、、畠中達郎• 製作統括:塚田泰浩• 企画プロデュース:、春名慶、臼井央• プロデューサー:川田尚広、山崎倫明• プロダクション統括:金澤清美• 撮影:• 美術:花谷秀文• 録音:矢野正人• 照明:川辺隆之• 編集:• 助監督:猪腰弘之• 製作担当:森悦子• 広報:中島正吾• 製作プロダクション:• 製作:「僕等がいた」製作委員会(東宝、アスミック・エース、、、、) ソフト化 [ ] 前篇は9月28日、後篇は10月19日発売。 Blu-rayとDVDでのリリース。 僕等がいた 前篇 スタンダード・エディション(1枚組)• 三木監督監修「胸キュンチャプター」機能を搭載• 映像特典• 特報・TVスポット• 音声特典• 日本語音声ガイド• 僕等がいた 前篇 スペシャル・エディション(2枚組)• ディスク1:本編ディスク(スタンダード・エディションと同様)• ディスク2:特典DVD• 初回限定特典• メモリーフォトブック(32P)• 特製アウターケース付きアルバム型ディスクケース仕様• 前篇・後篇収納用スペシャルアウターケース• 初回生産分終了後は封入特典無しトールケース仕様• 僕等がいた 後篇 スタンダード・エディション(1枚組)• 三木監督監修「うるうるチャプター」機能を搭載• 映像特典• 劇場予告編・TVスポット• 音声特典• 日本語音声ガイド• 僕等がいた 後篇 スペシャル・エディション(2枚組)• ディスク1:本編ディスク(スタンダード・エディションと同様)• ディスク2:特典DVD• メイキング『「僕等がいた」の軌跡』• 初回限定特典• メモリーフォトブック(32P)• 特製アウターケース付きアルバム型ディスクケース仕様• 初回生産分終了後は封入特典無しトールケース仕様 ノベライズ [ ] 高瀬ゆのか 『僕等がいた』 小学館〈〉• 2012年2月22日発売 宮沢みゆき 『僕等がいた』 小学館〈小学館ジュニア文庫〉• 釧路篇-出会い- 2012年2月22日発売• 東京篇-運命- 2012年2月22日発売 脚注 [ ] []• 2011年12月7日. 小学館. 2012年1月16日閲覧。 2013年1月30日. 2013年10月29日閲覧。 シネマトゥデイ 2012年3月20日• シネマトゥデイ 2012年4月24日 関連項目 [ ]• - 作品の舞台である北海道の地方都市。 - 主人公達が通学している高校のモデルとされる。 - 2人の別れの場所であり、撮影が行われた映画ポスターの駅。 - 学生時代の場所として、ロケが行われた。 平成23年3月31日に閉校した北海道厚岸潮見高校を使用し、学校祭や屋上での出会いのシーンが撮影された。 外部リンク [ ]• - (2012年11月7日アーカイブ分)• テレビアニメ• 実写映画• (1995年)• (1996年 - 1998年)• (1998年)• シリーズ(1998年、2014年)• (1998年 - 現在)• シリーズ(1999年、2004年)• (1999年 - 2000年)• (2000年)• 美少女生活(2001年 - 2002年)• (2001年)• (2002年、第5話まで)• (2004年 - 2005年)• シリーズ(2005年 - 2006年、2008年、2010年)• (2006年)• (2009年)• (2009年 - 2011年)• (2010年、第4話)• (2012年)• シリーズ(2012年、2015年)• シリーズ(2013年、2015年)• (2016年)• シリーズ(2016年 - 2018年)• (2019年、第1話)• (2019年) OVA.

次の

僕等がいた

僕等がいた

C 2012「僕等がいた」製作委員会/ C 2002 小畑友紀/小学館 1200万部を突破した、運命をも変える最愛を描いた大人気純愛コミックス「僕等がいた」が待望の映画化となる。 生田斗真・吉高由里子共演の同名映画は、2012年3月17日に前篇公開、4月21日に後篇が公開される。 物語は北海道と東京を舞台に描かれ、映画のロケも釧路管内で行われた。 釧路総合振興局はロケ地マップも制作し盛り上がりを見せている。 北海道と東京が舞台の大人気マンガが映画化される。 累計1200万部を突破した、釧路市在住・小畑友紀による大人気コミック「僕等がいた」 2002-2012、小学館月刊「ベツコミ」連載 だ。 第50回小学館漫画賞受賞作品を受賞した作品である。 2006年にテレビアニメ化されたこともあるが、このたびはファン待望の実写映画化となる。 もくじ• 決して揺らぐことなく、愛する相手の幸せだけを想い続ける最上の愛<最愛>を描く壮大なラブストーリーである。 物語は北海道・釧路から始まる。 はじめは良い印象ではなかったが、矢野が時折見せるに優しさに徐々に惹かれていく。 しかし矢野は年上の元恋人との死別という過去を引きずっていた。 何度も何度も過去の幻影と葛藤した末、矢野の過去をも含め受け入れる覚悟をした七美と、そんな七美を愛おしく思う矢野。 C 2012「僕等がいた」製作委員会/ C 2002 小畑友紀/小学館 映画は、生田斗真・吉高由里子共演 映画メイキング C 2012「僕等がいた」製作委員会/ C 2002 小畑友紀/小学館 映画「僕等がいた」では今注目の若手俳優が演じる。 矢野元晴役には、人気・実力ともにこれからの日本映画界・演劇界を担う注目の俳優、生田斗真。 高橋七美役には、圧倒的な個性を放つ若き演技派女優、吉高由里子。 さらに高岡蒼佑、本仮屋ユイカ、比嘉愛未といった若手実力派俳優たちが、ふたりの"せつない"恋愛模様に重要な役割を担う同級生役として出演し作品に彩りを加えている。 恋愛映画としては異例の前後篇二部作として連続公開である。 前篇では、釧路を舞台にふたりの出会いと初恋を描き、後篇では、東京を舞台に大人になった二人のその後を描く。 2012年3月17日に前篇、4月21日に後篇がロードショーされる。 com C 2012「僕等がいた」製作委員会/ C 2002 小畑友紀/小学館 釧路の日常風景も登場、ロケMAP公開 「僕等がいた」は、北海道ロケ映画の一つとして数えられることになる。 白糠町、厚岸町でも撮影されているが、中でも釧路市は原作の舞台でもあり、映画の主要ロケ地ともなった。 地元住民もエキストラとして多数参加している。 主人公が通学する高校のモデルとなったとされるのは釧路湖陵高等学校だが、実際の撮影では、2011年3月末に閉校した旧厚岸潮見高等学校 厚岸町 が使用されている。 ふたりの別れの場所であるJR釧路駅を始め、たんちょう釧路空港、北海道立釧路芸術館、スパカツで有名なレストラン泉屋本店、幣舞橋付近、釧路市内の風景も映し出される。 白糠町・恋問海岸も映画中のシーンの一つだ。 釧路総合振興局は、映画「僕等がいた」公開を契機に、近年の釧路ロケ情報をまとめた A4両面 を印刷発行した。 見学に注意が必要な場所もあるが、マップ片手に映画のロケ地巡りをしてみるのも楽しいのではないだろうか。

次の