生理 痛 楽 な 体制。 生理で悩んでいるなら、低用量ピルを。私が医師として勧める理由

生理痛を劇的に楽にする方法

生理 痛 楽 な 体制

「生理になるとお腹が痛くなる…。 つらい。 」 生理中は、お腹の痛みで悩んでいる女性も多いのではないでしょうか? ここでは、生理中の腹痛の軽減法をいろいろご紹介します! 少しでも腹痛が和らぐといいですね。 生理中はお腹の痛みが生じやすい? 生理痛には、胸の張りや痛み・頭痛・ムカつき、そしてお腹の痛みなどがあります。 生理痛を経験している人の約70%は、腹痛に悩まされているそうです。 生理痛のお腹の痛みは、子宮を収縮させる物質、プロスタグランジンが内膜病巣から分泌されているためであり、生理中はこの活動が活発化するために、腹痛が生じやすいとされています。 生理中の腹痛の症状は? 生理中のお腹の痛みは、食べ過ぎた時の痛みや胃腸炎などの痛みと違って、ギューっと締め付けられるような痛みであるのが特徴です。 これは子宮の収縮に関係しており、この痛みの程度は人それぞれ違います。 たいして気にならない程度の人も居れば、痛みで日常生活が困難になったり、吐き気をもよおしたりする人もいます。 生理中の腹痛を緩和しよう!~温めるのが効果的 生理中の腹痛には、お腹を冷やさないこと、温めてあげることが最も効果的です。 冬場であればカイロを貼り付けておくなどして、お腹周りを常に温めておきます。 お腹を冷やしてしまうと痛みが増幅されてしまいますので、このように温めておくだけで、痛みを軽減させることができます。 お風呂でリラックス効果 生理中の腹痛は、生理であることやそのほかの生理痛などもあり、イライラしてしまいがちです。 しかしイライラしてしまうこと、精神的に不安定であることも、腹痛などの生理痛に悪影響を及ぼしてしまいます。 要するに気持ちの問題も絡んでいるということです。 生理中の腹痛などが辛い場合は、入浴などでリラックスすることも効果的です。 温めることが大切なので、入浴はシャワーだけでなくぬるめのお湯でゆったり浸かるようにしましょう。 特にアロマなどはリラックス効果が高いと言われています。 アロマでリラックス 入浴中にアロマを焚いたり、バスタブの中にアロマ精油を数滴垂らして、入浴する方法も良いでしょう。 この時使用するアロマは、生理痛に効果があるとされている、ゼラニウム・ラベンダー・クラリセージなどを使用すると良いでしょう。 これらはホルモンバランスを整える効果があるといわれているものです。 アロマは100%天然成分で副作用もありません。 安心して使用できる点も長く付き合っていかなくてはならない生理痛には、相性がいいのではないでしょうか。 生理中の腹痛を軽減しよう!~ベスト・悪化させる寝方 生理中、眠るときには人一倍気を配るという方も多いですよね。 経血の漏れを気にして寝返りすら気を使う… 生理痛がひどくてなかなか寝付けない… 生理痛は、寝る姿勢でも軽減できることを知っていますか? こんな寝方は生理痛を悪化させる 生理痛の腹痛を抑える眠り方を見る前に、まずはダメな眠り方を見てみます。 以下のチェック項目で3つ以上当てはまった場合は、生理中も普段も寝方に問題がある可能性が高いです。 寝姿勢以外も寝具との相性も見直したほうがいいかもしれません。 生理痛を悪化させる寝方6つ 1. 起きた時にお腹と足が冷えている 2. 手か足がしびれて起きることがある 3. 寝返りで目が覚める 4. 何時間寝ても寝たりない気がする 5. 寝付くまでに姿勢を何度か変える 6. 起きた時に首が痛いことが多い 生理中のベストな寝方 生理中の腹痛を抑えるためにベストな寝方はうつ伏せと言われています。 うつ伏せになるとお腹が圧迫されるんじゃ、と思うかもしれませんが自分の体の重みは不必要な圧迫はありませんので安心してください。 逆に、軽く負荷がかかることで腹痛が和らぐ場合も多いといわれます。 うつ伏せが苦手な場合は温め 普段から首を酷使していると、うつ伏せになった時に首を曲げるのが痛いという場合もあります。 うつ伏せが苦手という方は、お腹を温めることを意識してください。 うつ伏せの場合は、お腹を温めながら適度な負荷も与えられるのでベストですが、うつ伏せが出来ないのであればせめてお腹を温めるだけはしておきましょう。 湯たんぽをタオルにくるんだものなどをお腹に当てた状態で眠るのがおすすめです。 生理中の腹痛を緩和しよう~運動が有効?! 生理中の胃が重くなるような腹痛、薬を飲んでもなかなかすっきりせず辛い思いをしているという方も多いかもしれません。 そんな生理中の腹痛ですが、運動が有効と言われることもあります。 生理痛に運動が有効なのはなぜ? 生理痛に運動が有効な理由は血行改善が期待できるからです。 生理中は下半身を中心に血行が悪く、血流も滞りがちです。 そのため、下半身全体がズーンと重くなる方も多いのです。 運動をすることで下半身の血行が改善され、痛みも軽くなるとの説があります。 どんな運動をすればいいの? 生理中にする運動は激しい運動ではありません。 激しい運動では子宮に負担が大きい、本人の感じる負担が大きいというデメリットがあります。 そのため、運動とは言ってもストレッチくらいの軽い運動を1日何回か行うのがよいのです。 生理痛に効くストレッチ 生理痛に効くストレッチの1つ目は空気椅子ストレッチです。 足を肩幅に開いて立ち、ゆっくりと腰を落としていきます。 このとき、息は口からゆっくりと吐いてください。 8秒かけ腰を落として空気椅子の姿勢になったら息を吸い、もう8秒かけてゆっくりと元の姿勢に戻ります。 生理痛の腹痛のほかにダイエットにも効くストレッチです。 次に、太もものストレッチを紹介します。 壁を横にして立ち、片方の手を壁に付けます。 もう片方の手で反対側の足首を後ろから持ち、上に引き上げます。 このとき、太ももの前側が伸びているのを確認してください。 生理中には運動は厳禁と思われがちですが、簡単な運動は血行をよくして生理中の腹痛を軽減してくれます。 空気椅子のストレッチや太もものストレッチを行ってみてください。 生理痛の腹痛 その原因とは? 生理痛の代表である、腹痛。 女性の多くはこの腹痛に悩まされていることでしょう。 生理痛だから仕方ないと諦めないで、その原因を知ることで症状を少しでも緩和できるようにしましょう。 生理痛の多くは目に見える異常がないのにその症状が現れるというものです。 これは、子宮収縮ホルモンや子宮口の狭さ、心理的原因などが考えられます。 子宮の収縮ホルモンが関係 子宮が収縮されるのは、プロスタグランジンという物質が分泌されているためで、生理中はこの物質の分泌が過剰になり、収縮活動も活発になるために、腹痛が起きます。 プロスタグランジンの分泌は子宮内膜が剥がれ落ちるという月経現象そのものです。 しかし、この物質が分泌される量というのは人それぞれ違うもので、それによって生理痛の程度も違ってくるのです。 この分泌の量の違いは体質などが影響されているといわれており、はっきりとしたことはわかっていません。 子宮口の狭さが関係 子宮口は狭い構造になっています。 これによって月経で剥がれ落ちた内膜、つまり生理による出血がスムーズに出にくくなっているのです。 しかし生理では出血します。 なかなか外に血液が排出されなかったり、排出される時に狭い子宮口を通ることで痛みが伴ったりするために、腹痛として感じられるようになるのです。 出産後に生理痛が軽減するのは、この子宮口が一度出産したことで広がり、血が排出されやすくなるためです。 心理的原因が関係 「病は気から」という言葉がありますが、この代表ともいえるのが、この生理痛です。 生理中というのはイライラしたり、精神的に不安定になったりするものです。 それはホルモンが関係していることや、生理痛による体の不調などが原因であり、直接的な疾患があるわけではないということが、心理的原因が関係している一番の理由でしょう。 生理痛だからといってあまり神経質にならないようにしましょう。 ストレスを溜め込んだり、生活の乱れなどが影響してしまうので、ストレスを溜め込まないようにして、食生活や生活バランスを整えるようにしましょう。 特に便秘と生理痛が合わさると、腸にたまった排出物が子宮を圧迫し、子宮の収縮も伴って更なる痛みを生み出してしまいます。 バランスのとれた食事と適度な運動で便秘を解消し、ストレスフリーな生活を心がけるようにしましょう。 Photo by:.

次の

生理痛やPMSを緩和するストレッチと筋トレ6点

生理 痛 楽 な 体制

生理痛がつらいという人は、1日の行動を今一度振り返ってみましょう。 もしかしたら、なにげない行動が生理痛を悪化させているかもしれません。 まず始めに、体が冷えていたり、腹部が締め付けられている服装をしたりしていなかったかをチェックしてみてください。 重い生理痛は冷えや血行不良が原因となる場合が多いといわれています。 生理痛がつらくて寝込む場合は、保温効果の高い寝具やパジャマを用意して温かい環境で眠ることがなによりも大切です。 また、夜遅くまでの飲食や寝る直前のスマホやパソコンなどは、自律神経が正常に働かずにホルモンバランスを乱してしまうおそれがあります。 ホルモンバランスの乱れは重い生理痛のきっかけになる場合もありますので、生理時には規則的な生活と十分な休息を取るようにして、自律神経の正常化を目指すようにしましょう。 生理痛で寝込む前にちょっとひと工夫を 生理痛がつらくて寝込んでしまう前に、さらにひと工夫してみましょう。 血行不良や冷えが原因で起こる重い生理痛の場合は、寝る前の入浴でぬるめのお風呂にゆっくりとつかると血行が良くなり、精神的にも落ち着きやすくなります。 その後、湯たんぽなどでさらに腹部や腰を温めながら寝ると痛みが和らぐ場合もあります。 生理痛が腰にくる人の場合は、クッションや丸めたタオルなどを用意して腰部に当てながら寝てみるなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。 また、体の中から体を冷やさないようにすることも大切です。 生理痛が重いと感じる人は、飲食はなるべくなら温かいものを食べるように心がけましょう。 夏場は冷えたドリンクをゴクゴクと飲みたいところですが、生理の始まる少し前の時期から冷たい飲み物は避け、なるべく温かい飲み物を取るようにしましょう。 生理痛が和らぐ具体的な寝方とは? 人は痛みがあるときによく「うずくまる」という姿勢をとることがあります。 この体を丸める姿勢が腹部を温め、痛みを緩和させる効果があるといわれています。 胎児も母体の中で丸くなって育ちますが、この姿勢が人間にとって特に楽に感じる姿勢なのかもしれません。 また、うずくまるほど体を丸めなくても、横向きになって膝を軽く曲げて寝るだけでも生理痛の痛みが緩和するという人もいます。 いずれにしても「うずくまる」「横向きで膝を曲げて寝る」という形がいいようです。 一方、うつぶせで寝ると痛みが楽になるという人もいます。 うつぶせ寝が良い理由は、背部にある血管や神経への圧迫が軽減されるため、腰部の血行が良くなるからだといわれています。 逆に腹部が押さえつけられる感じが嫌でうつぶせ寝は好まないという人もいますので、自分なりの楽な姿勢の寝方を色々と試しながら見つけてみましょう。 まとめ.

次の

生理痛を劇的に楽にする方法

生理 痛 楽 な 体制

本記事でご紹介するストレッチは、すぐに効果を感じる方もいれば、逆に辛さが増してしまう場合もありえます。 即効性がなかったとしても、筋力をつけたり、運動を習慣化すること自体ダイエットはもちろん、PMSの改善や重い生理痛の緩和に役立ちます。 絶対に無理をせず、体調に変化を感じた際は運動を中止し、体調が回復してから実践してください。 特に記事後半の筋トレよりのメニューは、体質改善に役立つものを中心にご紹介していますので、生理後など体調がよい時期に行なう目的でご用意しています。 リラックス効果 それでは実践編に移りましょう! 軽めの腰回しエクササイズ ストレッチ兼、筋トレにもなる準備運動に最適なPMS緩和のエクササイズです。 図では、腰を8の字に回していますが、まずは円を描くように骨盤を回しましょう。 円を描いて問題なく骨盤を回せた方は以下のように8の字を描くように腰を回しましょう。 骨盤周辺の筋肉が固いとしっかりと骨盤を回せないと思います。 じっくりとエクササイズを続けてみてください。 膝倒しストレッチ 以下のエクササイズでは腸腰筋(大腿骨と骨盤を繋ぐ筋肉)を中心にストレッチができます。 腰周辺のストレッチができるヨガポーズで生理痛の緩和 生理痛の緩和やPMSの改善に効果が期待できるヨガポーズを3点ご紹介します。 ヨガはリラックス効果もありますので、お休み前の習慣化をオススメします。 まずは、ヨガのポーズであるネコのポーズは骨盤周辺の筋肉を解しつつリラックスに役立つストレッチ方法です! 腰をじっくりと反らすように実践してみてください。 同じく腰やお腹周辺のストレッチになる、赤ちゃんのポーズもセットで行うとより効果的です。 ネコのポーズ、赤ちゃんのポーズのどちらも難易度が低く、初心者の方でも無理なく実践できるヨガポーズですので、ぜひ習慣化してみてください。 その他のヨガポーズを含め、生理中のヨガについて詳しく解説している過去記事がありますので、こちらもぜひご参照ください。 生理痛・PMSの緩和に役立つ筋トレ 記事前半では、骨盤周辺の筋肉をストレッチしてPMS・生理痛の緩和に役立つ方法をご紹介しました。 ここからは、どちらかと言うと『筋トレ』よりのメニューをご紹介します! 筋トレと聞くと女性は敬遠がちな方も多いかもしれません…。 生理痛やPMSの緩和だけでなく、ダイエットにおいても基礎的な筋力はとても大切です。 ですので、無理なく実践しやすい筋トレ方法を中心にご紹介します。 また、生理直前や生理中は激しい運動は禁忌です。 PMSや生理痛は、運動不足や骨盤内のうっ血なども影響しており、重い生理痛の一つの要因となります。 腹部のインナーマッスルが弱ることも、胃腸などの内臓が本来の位置に居ることができなくなり、子宮などを圧迫し、生理痛の悪化の要因となります。 ホルモンバランスの安定化 それでは、実践編のご紹介です! ヒップリフトはPMSの緩和のほか嬉しいヒップアップ効果も! 体幹トレーニングや女性向けの筋トレ方法でよく紹介される「ヒップリフト」をご紹介します。 ヒップリフトは体の背面(脊柱起立筋群や臀部の筋肉 大殿筋・中殿筋 )、太もも裏(ハムストリングス)など が中心となる運動ですが、腹部も刺激できます。 そのため、お尻や脚、そしてお腹まで一気に鍛えることができます。 ここでご紹介したヒップリフトは、別名ケーゲル体操とも呼ばれ、骨盤底筋群を鍛える筋トレとしても有名です。 ケーゲル体操は助産師さんなども推奨しているエクササイズですので、妊活や生理痛の緩和など女性に嬉しい効果が沢山です! お尻歩きで骨盤周辺の筋トレ お尻歩きは見た目は少し滑稽ですが、骨盤周辺の腸腰筋などの筋トレになります。 膝などに負担がなく、老若男女実践しやすいトレーニングの一つです。 <お尻歩き:アニメーション> ふくらはぎの筋トレは生理痛・PMSの緩和に役立つ ふくらはぎは『第二の心臓』という呼称があるように、下半身にたまった血液を心臓へと送り戻す働きがあります。 (静脈還流という機能) デスクワーク後の夕方などに脚にむくみを感じる方などは、食生活の影響や生理周期も関係がありますが、 日常的にむくみを感じている方は、ふくらはぎの筋力が低下している可能性があります。 ふくらはぎの筋肉を鍛えることでむくみの緩和にも役立ちますし、下半身の代謝を促すことができますのでぜひ習慣化してみてください。 PMSを改善する筋トレに大切なこと 筋トレに関して、大切なことは 辛い生理痛の時期に無理して行う事は間違いです。 ストレッチは血行の改善やリラックス効果もありますので、体調次第ですが生理前や生理時の辛い時期に行ない、辛さが解消される場合もあります。 ですが、こと筋トレよりのメニューは辛い時期に無理をおして実践しても『ただ辛さだけが残ってしまう』可能性が高いです。 手軽にできる筋トレで基礎的な筋力をつけておくことで、辛い時期を緩和できる準備になるということです。 もちろんストレッチも習慣化するメリットがPMSの緩和以外にもありますので、筋トレよりのメニューと共に、ぜひ習慣化を意識してみてください! 今回は室内でできるストレッチと筋トレを中心にご紹介しましたが、生理中でなければ有酸素運動も結構の改善などPMSなどの根本緩和に役立ちます。 ぜひ軽めの運動習慣から初めてPMS対策を習慣化してみましょう! カテゴリー• 107• 109•

次の