みんな 私 を 好き に なる。 「好きになる」に関連した英語例文の一覧と使い方

私昔から踊ったり歌ったりすることが大好きで みんなからアイドルなれ

みんな 私 を 好き に なる

自分を好きになることは、自分の人生には縁のないことのようにも感じていました。 だって、その頃は、まさか自分が自分のことを好きになれるなんて思ってもいませんでしたから。 なにかと理由をつけて、自分を好きになれない人は多い まず「自分が好き」と思うこと自体、ハードルが高いと感じていました。 好きと言えるほどの価値を自分が生み出せないと、自分を好きになってはいけないと思い込んでいたのでした。 今の私があの頃の自分にアドバイスをあげるなら、 ・「私は生まれた時点で奇跡のような存在で、それだけで価値がある」ということ。 ・「他人が私につける価値なんて、自分の人生においては重要ではない」ということ。 ・「自分が自分をどう思えるかが私の本当の価値である」ということ。 だから自分を無条件に好きになっていいと言ってあげたい。 自分でも気に入っている自分の特徴も、「もっとすごい人がいるから」「綺麗な人がいるから」となにかと理由をつけて好きになれないでいる、そんな人も多いと思います。 でも自分の評価に条件なんていらない。 自分が好きなものこそが正義であるべきだとおもいませんか? 私は、自分の好きじゃなかったころを思い出すと、今はずいぶんと生きるのが楽になったように感じます。 自分を好きになる前は、自分に一人も味方がいないように感じていました。 もちろん友達はいたけれど、自分で自分のことを好きになれなければ、人が自分を好きでいてくれても、その愛をちゃんと活かしきれなかったんだと思います。 周りの人の愛情や優しさをちゃんと吸収できずに、無駄にしてしまっていたような気がします。 どんなに褒められてもそれを信じられずに、表面上では喜びながら、心の中では「どうせ、本当はそんな風に思っていないんでしょう」という気持ちになることすらありました。 でも今はそんなことを考えることなく、体全身に褒め言葉を感じることができるようになりました。 「自分を好きじゃない」と言うと、心配される その大きなきっかけは、やはりアメリカにきたことでした。 ロサンゼルスに移住して、「自分が好きである」ことがデフォルトというか、標準装備であると考える人が多いことに気づきました。 「自分を好きじゃない」と言うと、物凄く心配されるんです。 日本では「自分のことを好きじゃない」と誰かに話したら、「みんな、そうじゃない?」と返ってくることも多くありましたが、ロサンゼルスでは「美穂は素晴らしい人間だからそんなこと言わないで。 美穂は自分を好きになれるだけの価値のある人間だよ」と言ってくれる人が多かったのです。 特にロサンゼルスは違う文化背景を持つ人たちが交わる街で、自分らしさこそが自分の魅力だと思うことが、自然なこと。 そんな場所にいたら、自分を好きになることへのハードルがさらに低くなるのかもしれないとも思いました。 そして、実際に私は自分らしさを自分の魅力として受け入れて、それが自分の「好き」に変わっていったようにも思います。 ただ、こんな気軽に「自分のことを好きになろう!」と書いているけれど、自分を好きになるのは、そんなに簡単なことじゃありません。 どうしても自分を好きになれない、と言う人だって、自分を好きになりたくなくて、そうなってるわけではないはずです。 私自身もアメリカでさまざまなことを経験し、紆余曲折もあって、気づけばようやくここにたどり着いていたのです。 自分を好きになるのはながーいプロセスが必要です。 とくに、体型などの見た目が変わりやすい思春期に自信を無くしてしまい、そのまま自分を好きになる方法を知らずに大人になる、という人は多いと思います。 そして、大人になると、他人はなかなか自分を褒めてくれないし、日々に忙殺され、なかなか自分を好きになる大きなきっかけがないので、なんとなく自分を好きになれないまま時が過ぎてしまいます。 「自分を好きになれない自分」を変えたくて歯痒いけれど、変え方がわからない。 そんな人が多いはず。 でも大丈夫です! ここで私のこのコラムを読んだあなたはラッキーです。 私の過去のコラムに自分を好きになるヒントがたくさん隠されています。 また、私のように自分のことが好きで、前向きな人のSNSをフォローして毎日良いバイブスを浴びたら、まず考え方や意識が変わっていきます。 考え方の癖で、自分を好きになれない人が多いので、ほんの少し考え方を変えるだけで、自分を好きになれたりするのです。 自分を嫌いで生まれてくる赤ちゃんはいない 今「でも、そんな簡単なことで本当に自分のことを好きになれるの?」と思った、そこのあなた。 その「でも」という言葉を使う数が減らすことも、自分を好きになるための第一歩です。 自分のことを嫌いと思いながら生まれてくる赤ちゃんはいませんから、私たちはもともと生まれながらにして自分を好きなことがデフォルトのはずなんです。 初期設定なんです。 だから、ゆっくりと生まれたばかりの状態に戻していく作業こそが自分を好きになることなのです。 そう考えたら、自分を好きになるって、そんな大袈裟なことではないように思えてきませんか? ゆっくりでも進めば、必ず辿り着けます。 私たちはみんなその道順を知っているはずですから。 私は女優としてなにかの作品に関わるときに、自分がその作品のファンになれるときが一番幸せに感じます。 その作品を何度も見て、スタッフの方々や共演者に感謝の気持ちでいっぱいになるし、自分にも作品にも誇りを感じずにいられない。 もしも自分が自分の一番のファンでいられたら、嬉しいときは心から喜べるし、悲しいときは「でも私はこんなに素敵なところがたくさんある」と考えを切り替えて、「自分がまた嬉しくなれるように頑張ろう」と思える。 なにをやってもプラスになるんです。 自分が自分のファンだから、自分自身を裏切りたくない。 他人と自分を比べて落胆するのではなく、過去の自分に負けないように、理想の自分を諦めないために、自分と向き合って戦う。 だから自分を好きなこと自体がモチベーションになります。 自分を好きになることは「自分応援団を持つこと」なのです。 (編集:).

次の

育ママ速報 : 【復讐】私の好きになる人をみんな横取りしてきたN子

みんな 私 を 好き に なる

今は時刻13時。 班のみんなと昼ご飯を食べて京都を探索していた。 班は仲のいい私たち4人組と男子は学年のイケメンで有名の森本隼人くんと森本くんと仲のいい岡田くんと、山田くんだった。 トイレに行きたくなって私1人だけトイレに行った。 「おまた……」 「この後、近くのショー見に行くからそこで私たちとはぐれたって言うことにして、隼人君と真美は2人で行動するの。 」 「そこで連絡して待ち合わせ場所に恋愛の縁がある神社に決める。 」 「そこに来るまでに話して、印象を上げて神社で私たちと合流したら隼人くんが真美に告白するだけよ。 こういう感じで良かったよね?」 「あぁ!本当にありがとう!俺のために。 必ずお礼はするよ!」 「別にいいよ〜。 気にしないで!」 「あぁ!気にするな!友達のためだしな!お礼なら付き合ったっていう報告をくれよ!」 「私たちも真美ためだからね〜。 隼人くんみたいな人なら真美も彼氏にしたいだろうし〜。 」 そんな会話を偶然ながら聞いてしまった。 どうしよう…か…。 正直に言うと森本くんが私を好きなのは何となく感じていた。 だから、この会話を聞いても予想通りとしか言えない。 しかし動揺していた。 私は告白されても返事は断るつもりでいた。 別に彼氏がいるとかそういうのではないんだけどね。 付き合うつもりがないというのもあるが、それ以上の理由がある。 私に話しかけて来る男子や、告白してくる男子は胸、顔とか外見しか見てくれなくて中身を全く見てくれないからだ。 森本くんもその1人。 話してくる時に身体しか見ていない。 男子はみんな私の身体にしか興味がないんだ… そう思ったら猿にしか思えなくなった。 でも、告白されるっていうことは、優越感を感じる。 他のみんなより私が可愛いんだ。 そう思えたから。 私は自分で言うのもなんだけど外見は可愛い方だと思う。 それに胸はみんなよりは少し大きいと思うし、ウェストも細い。 もちろん運動とか努力はしている。 だから、あとは優しくしたらコロッと落ちる。 本当に単純な生き物だ。 尚更猿にしか見えない。 森本くんもその1人だった。 だから、私の返事は既に決まっていた。 それに森本くんは偶にすごく怖い…と感じることがあったから。 だけど今回はちょっとピンチだ。 神社で歩香たちがいる中で告白されてしまったら断りづらい。 別にそれだけならいいのだが、学年で一番と言われるイケメンの森本くんの告白なのだ。 この後の班行動がしずらいというのもあるのだが、断ったとしても歩香達はオススメだと思っているから推してくるだろう。 そうなると、断れなくなって付き合ってしまうだろう… どうしよう… 動揺していると、茜が 「あ、真美帰ってきてたんだぁ!近くでショーやってるみたいだからさぁ、行こうよー」 思考が途切れてみんながいる方を見て 「そーなんだ!待たせてごめんね?見に行こうよ!そのショー!」 そう言って、とりあえずショーに向かうことにする。 ショーは結構人が多く侍が刀を振っていた。 ほぉ〜かっこいい!こういうショーをなんて言うか忘れた。 みんなも集中しているようなので、役者同士が戦っているいいシーンでみんなから離れる。 「あれっ?真美ちゃんがいない!真美ちゃーんどこー?」 なんて言う声も聞こえてくるが無視だ。 途中で私と同じようにコソコソとショーから逃げるように歩く隣のクラスの野球部3人組を見つけた。 人混みから抜けたあとはそこから離れるように走った。 細い道を抜けてきたので、みんなにはバレないだろう。 息を切らしながら河川敷を見つけたので、川の近くまで降りようとしたら 「痛ッタ!!」 足に痛みがはしった。 その瞬間に挫いてしまい、階段を下る途中でコケてしまった。 痛みを我慢して、近くの橋の下までいどうした。 最悪だ…本当に今日はついてない… 勢いでここまで来ちゃったけど、ここからどうしよう… だれか、誰でもいいから助けて… そう思ったら、私は泣き出していた。 泣いてもどんどん辛くなっていき、とうとう口に出してしまった。 「ヒッグ…うぅ…、助けてよ…」 そういうのと、誰かが私の方に向かう音がする。 最初は幻聴とも思った。 けど違った。

次の

20年間、自分を好きになれなかった私が今、「自分のファン」でいられる理由(ハフポスト日本版)

みんな 私 を 好き に なる

今は時刻13時。 班のみんなと昼ご飯を食べて京都を探索していた。 班は仲のいい私たち4人組と男子は学年のイケメンで有名の森本隼人くんと森本くんと仲のいい岡田くんと、山田くんだった。 トイレに行きたくなって私1人だけトイレに行った。 「おまた……」 「この後、近くのショー見に行くからそこで私たちとはぐれたって言うことにして、隼人君と真美は2人で行動するの。 」 「そこで連絡して待ち合わせ場所に恋愛の縁がある神社に決める。 」 「そこに来るまでに話して、印象を上げて神社で私たちと合流したら隼人くんが真美に告白するだけよ。 こういう感じで良かったよね?」 「あぁ!本当にありがとう!俺のために。 必ずお礼はするよ!」 「別にいいよ〜。 気にしないで!」 「あぁ!気にするな!友達のためだしな!お礼なら付き合ったっていう報告をくれよ!」 「私たちも真美ためだからね〜。 隼人くんみたいな人なら真美も彼氏にしたいだろうし〜。 」 そんな会話を偶然ながら聞いてしまった。 どうしよう…か…。 正直に言うと森本くんが私を好きなのは何となく感じていた。 だから、この会話を聞いても予想通りとしか言えない。 しかし動揺していた。 私は告白されても返事は断るつもりでいた。 別に彼氏がいるとかそういうのではないんだけどね。 付き合うつもりがないというのもあるが、それ以上の理由がある。 私に話しかけて来る男子や、告白してくる男子は胸、顔とか外見しか見てくれなくて中身を全く見てくれないからだ。 森本くんもその1人。 話してくる時に身体しか見ていない。 男子はみんな私の身体にしか興味がないんだ… そう思ったら猿にしか思えなくなった。 でも、告白されるっていうことは、優越感を感じる。 他のみんなより私が可愛いんだ。 そう思えたから。 私は自分で言うのもなんだけど外見は可愛い方だと思う。 それに胸はみんなよりは少し大きいと思うし、ウェストも細い。 もちろん運動とか努力はしている。 だから、あとは優しくしたらコロッと落ちる。 本当に単純な生き物だ。 尚更猿にしか見えない。 森本くんもその1人だった。 だから、私の返事は既に決まっていた。 それに森本くんは偶にすごく怖い…と感じることがあったから。 だけど今回はちょっとピンチだ。 神社で歩香たちがいる中で告白されてしまったら断りづらい。 別にそれだけならいいのだが、学年で一番と言われるイケメンの森本くんの告白なのだ。 この後の班行動がしずらいというのもあるのだが、断ったとしても歩香達はオススメだと思っているから推してくるだろう。 そうなると、断れなくなって付き合ってしまうだろう… どうしよう… 動揺していると、茜が 「あ、真美帰ってきてたんだぁ!近くでショーやってるみたいだからさぁ、行こうよー」 思考が途切れてみんながいる方を見て 「そーなんだ!待たせてごめんね?見に行こうよ!そのショー!」 そう言って、とりあえずショーに向かうことにする。 ショーは結構人が多く侍が刀を振っていた。 ほぉ〜かっこいい!こういうショーをなんて言うか忘れた。 みんなも集中しているようなので、役者同士が戦っているいいシーンでみんなから離れる。 「あれっ?真美ちゃんがいない!真美ちゃーんどこー?」 なんて言う声も聞こえてくるが無視だ。 途中で私と同じようにコソコソとショーから逃げるように歩く隣のクラスの野球部3人組を見つけた。 人混みから抜けたあとはそこから離れるように走った。 細い道を抜けてきたので、みんなにはバレないだろう。 息を切らしながら河川敷を見つけたので、川の近くまで降りようとしたら 「痛ッタ!!」 足に痛みがはしった。 その瞬間に挫いてしまい、階段を下る途中でコケてしまった。 痛みを我慢して、近くの橋の下までいどうした。 最悪だ…本当に今日はついてない… 勢いでここまで来ちゃったけど、ここからどうしよう… だれか、誰でもいいから助けて… そう思ったら、私は泣き出していた。 泣いてもどんどん辛くなっていき、とうとう口に出してしまった。 「ヒッグ…うぅ…、助けてよ…」 そういうのと、誰かが私の方に向かう音がする。 最初は幻聴とも思った。 けど違った。

次の