ホルモンバランス 整え方 サプリ。 女性ホルモンの乱れ?ホルモンバランスの崩れと整え方 [女性の健康] All About

女性ホルモンのバランスが崩れる原因と整える方法

ホルモンバランス 整え方 サプリ

月経周期や妊娠をコントロールしてくれる女性ホルモン。 健康のためにも美容のためにも、きちんと整えたいものです 月経周期や妊娠をコントロールする大切な役割を持つ女性ホルモン。 「」でも詳しくご紹介しましたが、婦人科で「ホルモンバランスが崩れていますね」と言われたことがある人も多いのではないでしょうか。 ホルモンバランスの崩れとは、正確には「女性ホルモンの分泌バランスの崩れ」を指します。 分泌バランスが崩れる原因と、具体的な整え方について解説します。 女性ホルモンのバランスが崩れる理由 女性ホルモンの分泌バランスが崩れる大きな原因は以下の2つ。 この仕組みは非常に微妙で繊細。 自分では意識できないレベルのストレスでも、敏感に反応してしまうことがあります。 わかりやすい例が、「生理がくるはずだったのに旅行中は来なかった」というケース。 旅行という楽しみなイベントが体にとっては知らず知らずストレスになり、月経周期に影響を及ぼす一例です。 女性のホルモンバランスはとても繊細。 些細なことにでも影響されてしまうので、ストレスやダイエットによりバランスが乱れてしまうことはよくあります。 1回目は思春期、2回目は更年期です。 思春期は身体がまだホルモンバランスをうまく一定化できないため、月経周期も乱れがち。 更年期は卵巣からの女性ホルモン分泌量が減るため、身体がそれまでのテンポを守れずに混乱してしまいます。 更年期でイライラ、めまい、ほてりなどの不定愁訴が現れるのは、少なくなった女性ホルモンを察知して脳の司令塔である視床下部が頑張りすぎてしまい、自律神経のコンロトールがうまくいかなくなるからとも考えられています。 女性ホルモンの乱れを治すには? 分泌バランスを整える方法 女性ホルモンのバランスが崩れるのは、不規則な生活や睡眠不足、過度なダイエットなど。 女性ホルモン分泌の仕組みは繊細なので、日常生活をできる限り規則正しく整えることが第一です。 不規則な生活を自覚している場合は、何よりもバランスの取れた食事、規則正しい生活、睡眠を心がけるようにしましょう。 とくに月経前は女性ホルモンが一気に少なくなるため、体が変化に対応しきれず「」を起こしてしまうことも。 PMS対策として、有酸素運動が効果的と言われています。 目安としては1週間に少なくとも3回くらい30~60分の有酸素運動をするのがオススメ。 週の半ばに1回、週末に1~2回ジョギングをしたり、スポーツジムで水泳などを行うのは効果的と考えられます。 運動といっても身構える必要はなく、最初は天気のいい日に1時間くらい散歩をしてみる程度でもよいのです。 食生活のバランスも大切ですが、女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンを豊富に含む大豆を効果的に摂取するのも有効。 2003年、厚生労働省研究班が「お味噌汁を一日3杯以上飲むと乳がんの発生率が40%も下がる」というニュースを発表しましたが、これも大豆に含まれるイソフラボンによる効果と考えられています。 イソフラボンは大豆に含まれるポリフェノール(フラボノイド)の一種のことで、「植物由来のエストロゲン」とも言われます。 体内でエストロゲンと似た作用を持つので、閉経後の女性(=エストロゲン分泌が少なくなった状態)の骨粗鬆症や更年期障害、抗酸化作用を通じて動脈硬化予防などに効果があると言われています。 つまり、女性ホルモンを整える作用を期待できるということ。 ただし、摂り過ぎには注意が必要。 具体的な摂取量等は「」記事を併せてご確認ください。

次の

ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ!

ホルモンバランス 整え方 サプリ

「ホルモンバランス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 私たち女性の体は女性ホルモンによって左右されやすく、このバランスが崩れると体調が悪くなったり、精神的にダメージを受けてしまったりします。 実は 葉酸はそんなホルモンバランスに働きかけてくれる効果があるんです。 ここでは葉酸とホルモンバランスの関係を見ていきましょう。 女性ホルモンとは? そもそも女性ホルモンとは一体どんなものなのでしょうか。 女性ホルモンは生理周期や排卵をコントロールする物質で、主に 「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と 「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります。 エストロゲン 卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵の準備をしたり、女性らしさを引き出すホルモンです。 卵子のもとを排卵できるように成熟させたり子宮内膜を厚くして妊娠に備える働きや、肌や髪を健康に保つ働きがあります。 エストロゲンの主な働き• 女性らしい丸みを帯びた体形をつくる• 卵胞を成熟させる• 子宮内膜を厚くして受精卵の着床を助ける• 自律神経を整える• 骨を丈夫にする• 血管の収縮をおさえ基礎体温をさげる• シミやシワを防ぐ• 記憶力を高める プロゲステロン 黄体ホルモンとも呼ばれ、妊娠のために子宮の状態を整え、エネルギーをため込むホルモンです。 妊娠の成立と継続には欠かせません。 プロゲステロンの主な働き• 受精卵が着床しやすいよう子宮内膜をふかふかの状態にする• 着床後、子宮内の状態を維持し妊娠の継続をサポート• 基礎体温をあげて高温期を安定させる• 乳腺を発達させる• 皮脂分泌を促して肌や髪をつややかに保つ• 身体に水分や栄養をためる• おりものを分泌して細菌の侵入を防ぐ• のぜん動運動をおさえる この2つのホルモンは生理のサイクルに合わせ、分泌量が大きく変化します。 エストロゲンは生理後から排卵までに多く分泌され、排卵後から次の整理まではプロゲステロンが多く分泌されます。 この エストロゲンとプロゲステロンがバランスよく増減することで体内のリズムができ、生理が周期的に来るようになるという仕組みです。 ホルモンバランスの乱れ、症状と原因は? この2つのホルモンがなんらかの原因で 正常に分泌されなくなることで、「ホルモンバランスの乱れ」が起こります。 エストロゲンとプロゲステロンは必要なタイミングで必要な量が分泌されることでバランスを保っていますが、このバランスが崩れてしまうと体に影響が出てしまうのです。 では具体的にどのような症状がでるのでしょうか? 以下にまとめました。 ホルモンバランスが乱れるとどうなるの? 月経前症候群(PMS) PMSの症状は人によってさまざまあり、 その種類は200以上と言われています。 代表的なのはイライラしたり憂鬱(ゆううつ)になったり、情緒不安定になるという症状です。 また精神的なものだけではなく頭痛や腰痛、疲れやだるさなど体に直接影響が出てくることも。 これらの症状は生理の始まる1週間ほど前から始まります。 無月経 その名の通り月経がないことを言います。 生まれてから18歳になるまで一度も整理が来ないことを「原発性無月経」と呼び、今まで生理が来ていたのにもかかわらず3カ月以上生理が来ない状態を「続発性無月経」と言います。 原発性無月経の場合は染色体異常などが原因とされますが、続発性無月経はホルモンバランスが乱れることでも起こります。 不妊 なんらかの異常によりプロゲステロンの分泌量が減ると排卵後に子宮内膜が厚くなりにくい「黄体機能不全」を招くことがあります。 黄体機能不全になると妊娠に備えた準備ができなくなりますので、不妊の原因となってしまいます。 また子宮内膜を維持することができなくなり、剝がれ落ちることによって不正出血が起こります。 自律神経の乱れ 女性ホルモンが乱れると、自律神経にも影響が出てきます。 これは自律神経もホルモンの分泌も脳の視床下部というところでコントロールされているから。 お互いに影響しあっているので、 どちらかが乱れればつられてもう一方も乱れてしまうというわけです。 ホルモンバランスの乱れはなぜ起こるの? エストロゲンとプロゲステロンは脳の視床下部からの指令を受けて卵巣から分泌されます。 しかし以下のようなことが原因で うまく指令が出せなかったり、卵巣が正常に機能していないとホルモンバランスの乱れにつながります。 ストレス 脳の視床下部はストレスに弱く、精神的ダメージを受けると負担がかかり、うまく指令をだせなくなってしまいます。 冷え 体が冷えることによって血行が悪くなり、内臓の働きも悪くなってしまいます。 骨盤周りの血行が悪くなることで子宮や卵巣の機能低下につながることも。 これが原因でホルモンバランスが乱れるケースもあります。 睡眠不足 睡眠中にはさまざまなホルモンが分泌されますが、女性ホルモンもその一つ。 ですので睡眠不足やぐっすり眠れていないときちんとホルモンが分泌されない恐れがあります。 ただ長時間眠ればいいというわけではなく、質のいい睡眠をとることが大切です。 偏った食事や過度なダイエット 外食が多いなどの偏った食事はホルモンバランスの乱れにつながります。 加齢 年を重ねると卵巣の機能は低下していきます。 30代後半から機能低下がはじまると言われていますが、卵巣機能の低下=エストロゲンの分泌量の減少ということになります。 脳の視床下部からのエストロゲンを分泌するよう指令は出るのですが、卵巣は衰えていてそれにうまく対応できないという状況になります。 このギャップによるあらわれるのが更年期障害です。 葉酸はホルモンバランスを整えてくれる さまざまな原因でおこるホルモンバランスの乱れ。 葉酸はこのうち次の二つの作用によってホルモンバランスの乱れに効果があるとされています。 造血作用• ストレス緩和 葉酸の作用の一つにビタミンB12と一緒に血液を作る「造血作用」があります。 健康な血液がたくさん作られると血行がよくなり、子宮や卵巣の働きが活発になります。 これによって 女性ホルモンの分泌も盛んになり、ホルモンバランスが整うのです。 同時に血行がよくなることで自律神経も整います。 また葉酸には気持ちをリラックスさせ、ストレスを減らすという作用もあります。 先にお話ししたように、私たちのからだはストレスを感じると女性ホルモンの分泌が抑えられてしまいますが、同時にセロトニンという物質も減少します。 セロトニンとは別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、精神面に大きな影響をあたえるものです。 セロトニンが不足するとうつ病や不眠症などの精神疾患になりやすいと言われています。 このセロトニンのもととなるのが葉酸とビタミンB6。 この2つをしっかりとることで、 セロトニンが多く分泌され、ストレスの緩和につながるんですね。 まとめ 女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、このバランスが乱れるとさまざまな不調をひきおこしてしまいます。 そんな不調の改善方法のひとつとして葉酸をとることが効果的と言われています。 普段から積極的にとりたいところですが、食事からとる葉酸は体に吸収されにくいという特徴があるので、なかなか十分にはとれない場合も。 そんなときは葉酸サプリで補うのも一つの手ですね。 妊活・妊娠中の方だけではなく、女性特有の悩みがある方はぜひ葉酸摂取を意識してみましょう。

次の

産後、ホルモンバランスはどう変化する?上手な整え方は?

ホルモンバランス 整え方 サプリ

ホルモンバランスを整える食事や食べ物!ヨガやアロマは効果的か? ホルモンとは、体の様々な機能を調整・維持するために必要な物質で、その数は100種類にも及ぶと言われています。 その中でも、女性と深い関わりを持っているのが女性ホルモンです。 女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、排卵を促して妊娠や出産に備えるという主な役割の他に、女性らしい体つきを作ったり、肌や髪のハリやキメを整える、精神を安定させるなどの働きを行っています。 また、2つの女性ホルモンは常時同じ量が分泌されているわけではなく、一方の分泌量が増えると一方が減るというように分泌量が2層の波のようになっているのが大きな特徴です。 しかし、女性ホルモンは、加齢や生活習慣の乱れ、ストレスなどによって分泌量に狂いが生じやすく、それによって様々な弊害が起こってしまうと言われています。 そのため、バランスを崩さないようにしっかりと整えておくことがとても大切です。 そこで今回は、 ホルモンバランスを整える方法についてご紹介したいと思います。 食べ物・ヨガ・アロマ・サプリ・ツボ・漢方と、数多くの方法を掲載していますので、自分に合う方法を見つけて是非毎日取り組んでみて下さい。 ホルモンバランスが乱れるとどうなるの? 女性ホルモンは通常、生理が終わった直後から分泌量が増え始め、排卵日にピークを迎えるエストロゲンと、排卵から次の生理が近付くに従い分泌量が増えていき、生理前にピークを迎えるプロゲステロンが、交互に増減を繰り返すことでバランスを保っています。 しかし、加齢によってエストロゲンの分泌量が減ったり、ストレスや生活習慣などでホルモンバランスが乱れてしまうと、次のような症状が起こると言われています。 ・気分が落ち込みやすくなる ・些細なことでイライラするようになる ・や貧血 ・ ・便秘 ・生理不順 ・生理痛が重くなる ・不正出血 ・不妊 ・やシミなどの肌トラブルの増加 ・むくみ ・冷え 女性なら、「せっかくダイエットを始めても生理前になると、どうしても食欲が抑えられなくなる」と悩んだことがあるのではないでしょうか。 一方、生理が終わると心身共に安定し、ダイエットも捗るものです。 このような違いは、女性ホルモンの分泌量が影響しています。 生理後に分泌量が増えるのはエストロゲンで、エストロゲンには肌や髪を美しく保つ働きもあることから、「エストロゲンだけが分泌されたらいいのに・・」と思う方もいらっしゃると思いますが、生理前に体がむくみやすくなったり食欲が増進されるのは、プロゲステロンの分泌によって胎児が子宮内でしっかりと育つために栄養を蓄えているためと言われています。 つまり、プロゲステロンは妊娠を継続するためには欠かせないホルモンであることから、やはり女性にとっては2つともなくてはならないホルモンと言えるのです。 ホルモンバランスを整えるポイント ホルモンバランスを整える時に最も大切なことは、ストレスを解消してリラックスをすることです。 ストレスは、私達が意識的に動かすことができる足や手とは異なり、呼吸や消化、血液の循環など、意識をしなくても生きるために行われる働きに関わる「自律神経」に影響を及ぼします。 自律神経が乱れると、体のあらゆる器官に不調が起こりますが、女性の場合、ホルモンの分泌を行っている脳下垂体に異常が生じて女性ホルモンが正常に分泌されなくなります。 そして、女性ホルモンの分泌のバランスがおかしくなると、さらに自律神経が乱れるという悪循環に陥ってしまいます。 つまり、女性ホルモンと自律神経の働きは、お互いに影響を及ぼしていると言うわけです。 このようなことから、女性ホルモンのバランスを整えるポイントは、ストレスの解消がとても大切だと言われています。 ホルモンバランスを正常にする7つの方法 ストレスと女性ホルモンに密接な関係があることがわかりましたが、では、女性ホルモンのバランスを整えるには、具体的にどのような方法を行うのがよいのでしょうか。 ここでは、より具体的に女性ホルモンのバランスを正常にする方法をご紹介したいと思います。 食事 女性の中には、ダイエットのために一食を抜いたり、カロリーの低いものだけを少量食べて済ませてしまう方がいらっしゃいますが、そのような食事の方法は体に必要な栄養が補えないだけではなく、ストレスも多くなり、女性ホルモンのバランスを崩す原因となってしまいます。 女性ホルモンのバランスを整えるには、三大栄養素であるたんぱく質、脂質、糖質を始めとして、ビタミンやミネラルなど数多くの栄養を摂取するように心掛け、一日3食、腹7~8分目を目指しましょう。 食べ物 納豆 納豆には、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンが多く含まれています。 ただし、大豆イソフラボンは豆乳などのその他の大豆製品にも含まれているため、他の大豆製品を摂取する時には、食べ過ぎないように気を付けましょう。 (納豆のみであれば、一日2パックを限度に摂取するのがよいでしょう。 ) ナッツ類 ナッツ類には、ビタミンEや不飽和脂肪酸など、血流を促進する効果にすぐれた成分が多く含まれています。 血流がよくなることで、脳下垂体の働きが活性化し、女性ホルモンのバランスを整えやすくなります。 アボカド アボカドも、ナッツ類と同様にビタミンEと不飽和脂肪酸が多く含まれている食べ物です。 なお、ビタミンEには女性ホルモンに似た働きをすることがわかっており、女性ホルモンのバランスを整えるのに役立ちます。 ヨガ 1. さらに、体を左右に揺らし、お尻やお尻の骨に床があたって解れていくのを感じましょう。 ここからヨガのポーズに入ります。 足裏をくっつけたまま、骨盤に両手を置きます。 骨盤を床に垂直になるように立て、両手で両足の先を掴みます。 息を吸いながら背中を伸ばし、胸を軽く開いていきます。 息を吐きながら、体を前に倒していきます。 背中を丸めないように注意しながら、呼吸を行います。 息を吐きながら、体の力を抜き、顔を床にさらに近付けます。 (この時、背中を丸めても構いません) 9. そのまま呼吸を続けます。 息を吸いながら、ゆっくりと体を起こしていきます。 膝を立てて座ったら、両手で膝を抱えた状態で、体を前に倒していきます。 アロマ クラリセージやゼラニウム、ネロリなど、アロマの中には女性ホルモンのバランスを整える作用のあるものがあります。 ツボ ツボを押すことで、女性ホルモンの分泌を高め、ホルモンバランスを整えることができます。 上記の動画でご紹介している〝壇中(だんちゅう)〟も、女性ホルモンの分泌をアップする効果が期待できるツボです。 漢方 加味逍遥散(かみしょうようさん) 疲れやすい、肩こり、イライラなどの更年期障害や生理不順などに処方される漢方薬です。 参考URL: 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 冷え性や貧血、月経困難、更年期障害のある方に処方される漢方薬です。 参考URL: 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) のぼせ、下腹部痛、めまいなどを伴う月経困難や更年期障害に処方される漢方薬です。 tsumura. shtml 7. サプリメント ベルタプエラリア タイでは昔から若返りの薬として親しまれていたプエラリアを、高配合したサプリメントです。 参考URL: LUNA 月経終了から排卵期までと、排卵後から月経開始までの2つのホルモンサイクルに合わせた、2種類のサプリメントです。 参考URL: からだ想い 大豆イソフラボンを高い吸収率で配合することによって、効き目が実感しやすくしています。 kikkoman-karadaomoi. php ホルモンバランスを整える方法【食べ物・ヨガ・アロマ・サプリ・ツボ・漢方】のまとめ 「最近、何だか疲れやすい・・」「気分が落ち込んだり、イライラしやすい・・」 こんな症状に悩んでいる方は、もしかしたらホルモンバランスが乱れているのかも知れません。 今回ご紹介した方法を取り入れて、ホルモンバランスを整えてみましょう。

次の