イラスト 構図 講座。 【2019年】無料イラスト学習・講座サイト21選【おすすめ】│つめつめも

非デザイナーのためのデザイン講座「構図が と言われるものの正体?」のフリーイラスト画像素材【商用無料】

イラスト 構図 講座

絵が描けないからイラスト講座を集めたい!• イラスト講座で毎日「絵の練習」がしたい! という方はぜひ【この記事を保存しておいてください】 この【まとめ記事】を開くだけで、 いろんな「イラスト講座」にすぐにアクセスすることができます。 なので【この1つの記事】を保存しておくだけで、今ここに収録されている記事だけではなく このさき発表する「新しいイラスト講座」もどんどんこの記事にプラスされます。 【イラスト講座を保存したい方】は 記事の「1番終わり」に出てくる「 はてなブックマーク」を押して「保存」しておくことができます。 人物、人体、人間の描き方系の【イラスト講座】 人間キャラクターの「体の描き方」を集めたイラスト講座。 人物キャラクターの「顔の描き方」を• 「初心者向け」にゼロから解説• バランスの整った顔を描く方法• 顔のパーツをバランスよく書き込む練習法• キャラの「正面の顔の描き方」• ナナメアングルの「顔の描き方」• 人物キャラの「髪の描き方」 絵の初心者にとって「人物キャラの顔を描く練習」はポイントがたくさんありすぎて、 「自己流ではどう練習していいかわからない、、」と言う方もいらっしゃると思います。 顔の基本が描けない人• 顔のバランスが苦手な人• 顔のアングルが分からない人 に「おすすめのイラスト講座」です。 「手が描けない人向け」初心者でも描ける【手の描き方の手順】をゼロから解説• 自然な手のバランスと骨格構造の練習法• 手の描き方の「メイキング」• 指の描き方の「メイキング」• 色んなアングルの「手の描き方」 イラストを描く練習の中で「最も講座を必要とされるジャンル」 体の描き方の中でも特にイラスト講座としての必要性が多いのが【手の描き方講座】 たった10分読むだけで、 初心者でも簡単に「手の構造や骨格」をわかりやすく、かつ順番に「ゼロから手を描ける」ように解説している【手のイラスト講座】です。 手のバランスが下手な人• 手の構図やポーズが描き分けられない人 いろんなアングルの手を描けない人• 線画の描き方が苦手な人• 足の描き方の手順を「初心者向け」にゼロから解説• 足の見え方、バランスの描き方• 足の描き方の「線画メイキング」• 「足の写真」を見ながら一緒に描く講座• 「足の指の描き方」の練習法とコツ 人体の中で「手の描き方」と「足の描き方」はセットで覚えるとかなり理解が深まります。 体の描き方の中で「手と足」はイラストにもよく描く機会があり、なおかつイラスト講座もたくさんありますが、 私のイラスト講座では、全くイラストが描けない人こそ、 上手くなりやすい「超基本的な練習法」を解説しています! 「イラストや画力がゼロの人」こそ是非読んで参考にしてみてください。 足の描き方が全く分からない初心者の方• 足のバランスが取れない人• 足のシルエットが描けない人• コピックとは何?• コピックで「顔や肌色を塗る手順」• 男性と女性の顔の「塗り分け方法」• 超初心者でも分かる基本的「肌の塗り方」• 簡単に肌色が塗れるおすすめコピックの紹介• 肌色を塗るときの3つのコツについて コピックとは「イラストや漫画を描く人」がよく使うカラーマーカーのこと。 このコピックとはアルコール系マーカーで「色の種類も350色ほどあり、発色も綺麗で鮮やかな色合い」が特徴で、 たくさんのイラストレーターさん、漫画家さんが愛用しています。 この「コピックの肌色の塗り方」について 超初心者でもマネするだけで綺麗に人物キャラが塗れる練習法を解説した「イラスト講座」です。 コピックを始めて使う人• これからコピックを買いたい人• コピックが多すぎて塗り方が分からない人• 人物イラストの「色の塗り方」が苦手な人• 全358色から「最低限」必要なコピックの紹介• 赤、青、黄色など「色別のおすすめ」• コピックを買うときの参考になる「色ごとの一言感想」付き解説• 色を塗るときに役立つ「色別チャート表」の配布• コピックの種類、セット、使い方の【解説まとめ】 この講座では、コピックでどんな色を持っておけばいいか?を具体的なコピック番号でおすすめ紹介しています。 【コピック】は色数が多く、値段も400円ほどと安くありません。 人によっては、多くの種類を買えない。。 という方もいらっしゃいます。 そんな人向けに• 「最低限持っているといいコピックの色」• 「最低限揃えておくとイラストに便利なコピックの色」 を「カラーごとのおすすめコピック」としてご紹介しています。 コピックをたくさん買おうお金がない人• コピック初心者の中高生の方• 少ないコピックで色を塗りたい人• 必要なコピックだけ持っていたい人• 漫画やイラストに必要な25個の道具とは?• プロ漫画家さんたちが使う「画材道具」とは?• 今すぐ漫画を描くのに必要なペンや用紙とは?• 漫画を描くときの「原稿用紙の決まり」とは?• 便利すぎる漫画道具のアイテムがこれ!• 背景イラストを描くためのツールとは?• 漫画のスクリーントーンって何? 「漫画を作るには」どのような道具を使って、漫画を描いているのか? というプロのイラストレーターや漫画家さん達が使っている「イラスト道具」を紹介したイラスト講座です。 「漫画の画材」はなかなか普通の文房具店には置いてないこともあります。 そんなプロの漫画道具のことが「この講座だけで」ほとんど分かります! 【漫画道具を買ってみたい!】って人はぜひ参考にしてみてください。 これから漫画やイラストを描きたい人• 漫画家やイラストレーターになりたい人• 普通の道具しか持ってない人• ちゃんとした画材が欲しい人• 漫画家になるにはどんな方法があるの?• 漫画家になるには資格はいらない?• 漫画家は今の時代「行動力」でチャンスはいっぱいある!• 具体的な「漫画家になるルート」の紹介• 漫画家のアシスタントになるには?• 漫画の画力はどこで修行すればいいの? 漫画家になりたいけれど、具体的に何をすればいいの??か、わからない。 という 【漫画家志望の人向け】のイラスト講座です。 全くの素人の人が、プロの漫画家になるには色んなルートがあります。 漫画家になりたいけど全く知識がない人• 漫画家の「現実」を知りたい人• 漫画家になりたいけど不安がある人• 漫画の専門学校に行かずに漫画家になりたい人• 絵が下手になる3つの理由とは?• 絵が上達しないのは練習が悪い? 絵が「絶対に上達しない練習」をしていませんか??• 絵が上手くなる練習は実はカンタン!• 絵が上手くなるコツは「完ぺきより完走」が大事な理由とは??• 絵が上手くなる「プロの練習法」とは?? 「イラストの上達」とは、どうしても人によってセンスや成長スピードがバラバラです。 同じように練習しているのに、イラストが一向に上手くならない、、とか 「全然上達しない、、」という方もいらっしゃると思います。 ですが、 必ず「絵が下手なこと」には「原因」があります。 絵が下手でかなり悩んでる人• 自己流のイラストに限界を感じてる人• 効果のある「絵の練習法」が分からない人• 「絵を失敗する理由」が分からない人• 精神論ではなく、イラストの技術面の講座• 「絵の線画」が汚くなる理由とは?• 自分に合わないペンやペンの使い方とは?• イラストの「光と影の描写」が下手になる理由とは?• 絵を描くときにイメージから作らないから失敗する!その原因は? イラストは「ほんのすこしの工夫」で一気に上達することも可能です。 それには、ちゃんと意味のある「絵を描く工夫」を知らなければできません。 絵を綺麗に描くには「絵が汚くなる理由」を知ることが第1に必要です。 また「ペンや画材の扱い方」によっても、絵のうまさがアップすることもあります。 自分の描きたい絵のイメージをどう100%ペンに伝えることができるのか? という視点で「絵が上手くなるための練習法」を解説したイラスト講座です。 イラスト技術がなかなか向上しない人• 「絵の上達」が止まってしまった人• もう1段階「絵のレベル」を上達させたい人• 「絵が汚くなる理由」が知りたい人• 「風景や自然の背景イラスト」が描きたい人向けの講座ジャンルです。 樹木の描き方「初心者でも描ける手順」• 「木の葉っぱ」「木の幹」「木の根」それぞれの描き方をゼロから丁寧に解説• 木の「線画メイキング」と練習法のおすすめ• 「木の塗り方」の基本メイキング• 「光源」を意識した「色塗りのコツ」とは? 漫画やイラストの背景で必ず必要とされる木の描き方のイラスト講座です。 特に、漫画ででてくる「線画で描く樹木」をメインに「初心者でもマネして描ける手順」を解説しています。 「1本の木のイラスト」をゼロから完成までを丁寧に解説しながら、描き方手順を紹介していますので、 【全く木の描き方が分からない、、】という方でも、一緒に講座を見ながら練習することができる「イラスト講座」です。 木や自然の植物イラストが苦手な人• 「木の描き方手順」がわからない人• 木の質感やタッチの描き方が下手な人• 木のバランスやシルエットが描けない人• 「リアル風の木の描き方」を上達したい人• 「入道雲の描き方」とその手順は?• 「普通の空の雲の描き方」とその手順は?• 初心者でも描ける「雲の立体感の塗り方」• 雲のシルエットをバランス良くするには?• 夏の空をカッコ良く描く「コツ」とは?• 「夏の背景イラスト」で注意する描き方とは?• 雲の描き方の「テンプレート素材」あり 「夏の雲や夏の背景」を描きたい方へ。 色んな季節の空の描き方も合わせて勉強できるイラスト講座です。 特に「入道雲」は夏イラストでは欠かせない「夏の象徴」です。 どうやったら上手く描けるのか?入道雲の描き方を「ゼロから完成まで」 1枚1枚の図解写真を見ながら、描いて練習できる「超基本の描き方手順」で解説しています! また入道雲だけではなく「普通の空の雲の描き方」も合わせて解説してます。 絵の初心者の方でもマネするだけですぐに「雲が描ける」超基本から 雲の立体感や雄大さを自然に描写する「応用練習法」まで、全てまとめて解説している「イラスト講座」です。 「雲の描き方と塗り方」が分からない人• 「雲のシルエット」が上手く描けない人• 「雲の立体感」がいつもノッペリする人• 「空と雲の全体的なバランス」が苦手な人• 神絵師のイラスト技術をマネて描く練習法• 1ミリ単位で描きわける表情の描き方• 命が宿った「髪の毛を描く方法」• 「光源」を意識した最高の色塗りができるコツ• 「目の描き方」でイラストを輝かせる技 「模写」というのはイラストや絵がうまい人の作品を分析して「マネして描く」練習方法です。 「人の真似」をすることで上手い人の絵の技術や練習法を模倣し、その人の魅力的なイラストの要素を吸収できる。 という練習方法です。 絵の初心者の方でも上手い人をマネることで一気に画力を上達する練習方法でもあり、また、 イラストが全く上手くならない方にとっては 「上手い絵を描く感覚」を肌で感じながら経験できるイラスト練習法です。 誰かを参考にして描きたい方はぜひ「模写練習」してみて下さい。 「他人のマネの練習」からスタートしたい人• 「目指す絵柄を見つける」には好きな絵の「模写」から始めよう!• 「自分流の練習だけ」では上達が出来ない人• 他人のイラストの凄さを知り、より自分の絵を上達させたい人• キャラクターデザインの4つのコツとは?• キャラデザは「擬人化」こそ最高の練習!• キャラクターを作るには「材料」を探せ!• キャラを合体させる「禁断の練習」とは?• 「アニメ化のキャラデザ」を考える方法とは?• 「マンネリしたデザイン」にならないコツとは? キャラクターを作りたい。 新しい自分だけのオリジナルキャラを作りたい。 いう方にどうやったらキャラクターデザインが上手くなるのか?? を実際にキャラクターを作りながら「キャラデザのやり方」をゼロから完成まで解説するイラスト講座です。 キャラデザには【4つのキャラの作り方】があります。 キャラデザは「センス」も大事ですが「キャラを作る材料」さえしっかり決めれば誰でも自由にキャラクターを作れます! その【4つのキャラ作りの方法】を解説する講座です。 全然アイデアが無くキャラが作れない人• アイデアの出し方が分からない人• キャラデザの超基本を知りたい人• キャラデザの仕事がしたい人• 斬新なアイデアが欲しい人.

次の

構図を変えるとこんなにも印象が変わる!写真/映像/イラスト構図講座

イラスト 構図 講座

絵が描けないからイラスト講座を集めたい!• イラスト講座で毎日「絵の練習」がしたい! という方はぜひ【この記事を保存しておいてください】 この【まとめ記事】を開くだけで、 いろんな「イラスト講座」にすぐにアクセスすることができます。 なので【この1つの記事】を保存しておくだけで、今ここに収録されている記事だけではなく このさき発表する「新しいイラスト講座」もどんどんこの記事にプラスされます。 【イラスト講座を保存したい方】は 記事の「1番終わり」に出てくる「 はてなブックマーク」を押して「保存」しておくことができます。 人物、人体、人間の描き方系の【イラスト講座】 人間キャラクターの「体の描き方」を集めたイラスト講座。 人物キャラクターの「顔の描き方」を• 「初心者向け」にゼロから解説• バランスの整った顔を描く方法• 顔のパーツをバランスよく書き込む練習法• キャラの「正面の顔の描き方」• ナナメアングルの「顔の描き方」• 人物キャラの「髪の描き方」 絵の初心者にとって「人物キャラの顔を描く練習」はポイントがたくさんありすぎて、 「自己流ではどう練習していいかわからない、、」と言う方もいらっしゃると思います。 顔の基本が描けない人• 顔のバランスが苦手な人• 顔のアングルが分からない人 に「おすすめのイラスト講座」です。 「手が描けない人向け」初心者でも描ける【手の描き方の手順】をゼロから解説• 自然な手のバランスと骨格構造の練習法• 手の描き方の「メイキング」• 指の描き方の「メイキング」• 色んなアングルの「手の描き方」 イラストを描く練習の中で「最も講座を必要とされるジャンル」 体の描き方の中でも特にイラスト講座としての必要性が多いのが【手の描き方講座】 たった10分読むだけで、 初心者でも簡単に「手の構造や骨格」をわかりやすく、かつ順番に「ゼロから手を描ける」ように解説している【手のイラスト講座】です。 手のバランスが下手な人• 手の構図やポーズが描き分けられない人 いろんなアングルの手を描けない人• 線画の描き方が苦手な人• 足の描き方の手順を「初心者向け」にゼロから解説• 足の見え方、バランスの描き方• 足の描き方の「線画メイキング」• 「足の写真」を見ながら一緒に描く講座• 「足の指の描き方」の練習法とコツ 人体の中で「手の描き方」と「足の描き方」はセットで覚えるとかなり理解が深まります。 体の描き方の中で「手と足」はイラストにもよく描く機会があり、なおかつイラスト講座もたくさんありますが、 私のイラスト講座では、全くイラストが描けない人こそ、 上手くなりやすい「超基本的な練習法」を解説しています! 「イラストや画力がゼロの人」こそ是非読んで参考にしてみてください。 足の描き方が全く分からない初心者の方• 足のバランスが取れない人• 足のシルエットが描けない人• コピックとは何?• コピックで「顔や肌色を塗る手順」• 男性と女性の顔の「塗り分け方法」• 超初心者でも分かる基本的「肌の塗り方」• 簡単に肌色が塗れるおすすめコピックの紹介• 肌色を塗るときの3つのコツについて コピックとは「イラストや漫画を描く人」がよく使うカラーマーカーのこと。 このコピックとはアルコール系マーカーで「色の種類も350色ほどあり、発色も綺麗で鮮やかな色合い」が特徴で、 たくさんのイラストレーターさん、漫画家さんが愛用しています。 この「コピックの肌色の塗り方」について 超初心者でもマネするだけで綺麗に人物キャラが塗れる練習法を解説した「イラスト講座」です。 コピックを始めて使う人• これからコピックを買いたい人• コピックが多すぎて塗り方が分からない人• 人物イラストの「色の塗り方」が苦手な人• 全358色から「最低限」必要なコピックの紹介• 赤、青、黄色など「色別のおすすめ」• コピックを買うときの参考になる「色ごとの一言感想」付き解説• 色を塗るときに役立つ「色別チャート表」の配布• コピックの種類、セット、使い方の【解説まとめ】 この講座では、コピックでどんな色を持っておけばいいか?を具体的なコピック番号でおすすめ紹介しています。 【コピック】は色数が多く、値段も400円ほどと安くありません。 人によっては、多くの種類を買えない。。 という方もいらっしゃいます。 そんな人向けに• 「最低限持っているといいコピックの色」• 「最低限揃えておくとイラストに便利なコピックの色」 を「カラーごとのおすすめコピック」としてご紹介しています。 コピックをたくさん買おうお金がない人• コピック初心者の中高生の方• 少ないコピックで色を塗りたい人• 必要なコピックだけ持っていたい人• 漫画やイラストに必要な25個の道具とは?• プロ漫画家さんたちが使う「画材道具」とは?• 今すぐ漫画を描くのに必要なペンや用紙とは?• 漫画を描くときの「原稿用紙の決まり」とは?• 便利すぎる漫画道具のアイテムがこれ!• 背景イラストを描くためのツールとは?• 漫画のスクリーントーンって何? 「漫画を作るには」どのような道具を使って、漫画を描いているのか? というプロのイラストレーターや漫画家さん達が使っている「イラスト道具」を紹介したイラスト講座です。 「漫画の画材」はなかなか普通の文房具店には置いてないこともあります。 そんなプロの漫画道具のことが「この講座だけで」ほとんど分かります! 【漫画道具を買ってみたい!】って人はぜひ参考にしてみてください。 これから漫画やイラストを描きたい人• 漫画家やイラストレーターになりたい人• 普通の道具しか持ってない人• ちゃんとした画材が欲しい人• 漫画家になるにはどんな方法があるの?• 漫画家になるには資格はいらない?• 漫画家は今の時代「行動力」でチャンスはいっぱいある!• 具体的な「漫画家になるルート」の紹介• 漫画家のアシスタントになるには?• 漫画の画力はどこで修行すればいいの? 漫画家になりたいけれど、具体的に何をすればいいの??か、わからない。 という 【漫画家志望の人向け】のイラスト講座です。 全くの素人の人が、プロの漫画家になるには色んなルートがあります。 漫画家になりたいけど全く知識がない人• 漫画家の「現実」を知りたい人• 漫画家になりたいけど不安がある人• 漫画の専門学校に行かずに漫画家になりたい人• 絵が下手になる3つの理由とは?• 絵が上達しないのは練習が悪い? 絵が「絶対に上達しない練習」をしていませんか??• 絵が上手くなる練習は実はカンタン!• 絵が上手くなるコツは「完ぺきより完走」が大事な理由とは??• 絵が上手くなる「プロの練習法」とは?? 「イラストの上達」とは、どうしても人によってセンスや成長スピードがバラバラです。 同じように練習しているのに、イラストが一向に上手くならない、、とか 「全然上達しない、、」という方もいらっしゃると思います。 ですが、 必ず「絵が下手なこと」には「原因」があります。 絵が下手でかなり悩んでる人• 自己流のイラストに限界を感じてる人• 効果のある「絵の練習法」が分からない人• 「絵を失敗する理由」が分からない人• 精神論ではなく、イラストの技術面の講座• 「絵の線画」が汚くなる理由とは?• 自分に合わないペンやペンの使い方とは?• イラストの「光と影の描写」が下手になる理由とは?• 絵を描くときにイメージから作らないから失敗する!その原因は? イラストは「ほんのすこしの工夫」で一気に上達することも可能です。 それには、ちゃんと意味のある「絵を描く工夫」を知らなければできません。 絵を綺麗に描くには「絵が汚くなる理由」を知ることが第1に必要です。 また「ペンや画材の扱い方」によっても、絵のうまさがアップすることもあります。 自分の描きたい絵のイメージをどう100%ペンに伝えることができるのか? という視点で「絵が上手くなるための練習法」を解説したイラスト講座です。 イラスト技術がなかなか向上しない人• 「絵の上達」が止まってしまった人• もう1段階「絵のレベル」を上達させたい人• 「絵が汚くなる理由」が知りたい人• 「風景や自然の背景イラスト」が描きたい人向けの講座ジャンルです。 樹木の描き方「初心者でも描ける手順」• 「木の葉っぱ」「木の幹」「木の根」それぞれの描き方をゼロから丁寧に解説• 木の「線画メイキング」と練習法のおすすめ• 「木の塗り方」の基本メイキング• 「光源」を意識した「色塗りのコツ」とは? 漫画やイラストの背景で必ず必要とされる木の描き方のイラスト講座です。 特に、漫画ででてくる「線画で描く樹木」をメインに「初心者でもマネして描ける手順」を解説しています。 「1本の木のイラスト」をゼロから完成までを丁寧に解説しながら、描き方手順を紹介していますので、 【全く木の描き方が分からない、、】という方でも、一緒に講座を見ながら練習することができる「イラスト講座」です。 木や自然の植物イラストが苦手な人• 「木の描き方手順」がわからない人• 木の質感やタッチの描き方が下手な人• 木のバランスやシルエットが描けない人• 「リアル風の木の描き方」を上達したい人• 「入道雲の描き方」とその手順は?• 「普通の空の雲の描き方」とその手順は?• 初心者でも描ける「雲の立体感の塗り方」• 雲のシルエットをバランス良くするには?• 夏の空をカッコ良く描く「コツ」とは?• 「夏の背景イラスト」で注意する描き方とは?• 雲の描き方の「テンプレート素材」あり 「夏の雲や夏の背景」を描きたい方へ。 色んな季節の空の描き方も合わせて勉強できるイラスト講座です。 特に「入道雲」は夏イラストでは欠かせない「夏の象徴」です。 どうやったら上手く描けるのか?入道雲の描き方を「ゼロから完成まで」 1枚1枚の図解写真を見ながら、描いて練習できる「超基本の描き方手順」で解説しています! また入道雲だけではなく「普通の空の雲の描き方」も合わせて解説してます。 絵の初心者の方でもマネするだけですぐに「雲が描ける」超基本から 雲の立体感や雄大さを自然に描写する「応用練習法」まで、全てまとめて解説している「イラスト講座」です。 「雲の描き方と塗り方」が分からない人• 「雲のシルエット」が上手く描けない人• 「雲の立体感」がいつもノッペリする人• 「空と雲の全体的なバランス」が苦手な人• 神絵師のイラスト技術をマネて描く練習法• 1ミリ単位で描きわける表情の描き方• 命が宿った「髪の毛を描く方法」• 「光源」を意識した最高の色塗りができるコツ• 「目の描き方」でイラストを輝かせる技 「模写」というのはイラストや絵がうまい人の作品を分析して「マネして描く」練習方法です。 「人の真似」をすることで上手い人の絵の技術や練習法を模倣し、その人の魅力的なイラストの要素を吸収できる。 という練習方法です。 絵の初心者の方でも上手い人をマネることで一気に画力を上達する練習方法でもあり、また、 イラストが全く上手くならない方にとっては 「上手い絵を描く感覚」を肌で感じながら経験できるイラスト練習法です。 誰かを参考にして描きたい方はぜひ「模写練習」してみて下さい。 「他人のマネの練習」からスタートしたい人• 「目指す絵柄を見つける」には好きな絵の「模写」から始めよう!• 「自分流の練習だけ」では上達が出来ない人• 他人のイラストの凄さを知り、より自分の絵を上達させたい人• キャラクターデザインの4つのコツとは?• キャラデザは「擬人化」こそ最高の練習!• キャラクターを作るには「材料」を探せ!• キャラを合体させる「禁断の練習」とは?• 「アニメ化のキャラデザ」を考える方法とは?• 「マンネリしたデザイン」にならないコツとは? キャラクターを作りたい。 新しい自分だけのオリジナルキャラを作りたい。 いう方にどうやったらキャラクターデザインが上手くなるのか?? を実際にキャラクターを作りながら「キャラデザのやり方」をゼロから完成まで解説するイラスト講座です。 キャラデザには【4つのキャラの作り方】があります。 キャラデザは「センス」も大事ですが「キャラを作る材料」さえしっかり決めれば誰でも自由にキャラクターを作れます! その【4つのキャラ作りの方法】を解説する講座です。 全然アイデアが無くキャラが作れない人• アイデアの出し方が分からない人• キャラデザの超基本を知りたい人• キャラデザの仕事がしたい人• 斬新なアイデアが欲しい人.

次の

無料で絵を上達したきゃここだけ見れば間違いない!イラスト講座サイト4選

イラスト 構図 講座

社会人になってから絵を描きたくなったという初心者の方が、これから絵・イラストの描き方を学ぶ場合、大きく分けて…• 専門学校に通う• 通信講座で学ぶ という2つの方法があります。 ただ、 社会人になってから イラストの専門学校に通うのは、金銭的にも時間的にもなかなか難しいです。 年間100万円近く、もしくはそれ以上のお金を専門学校に支払って、実際に希望通りのスキルが身につくのかどうかは、わかりません。 多少無理をして時間をつくり、夜間・週末だけ専門学校に通うこともできるでしょうけれど… 体力を消耗してた状態で授業に参加しても、しっかり授業内容を吸収できないのは明らかです。 また、 10代〜20代が中心の生徒の中で、1年も2年も仲良くやっていけるのか?という問題もあります。 たとえ30代、もしくは40〜50代のあなたが気にしなくても、10〜20代の相手の方は気を使いますからね…。 とすると、 現実的に考えて「 通信講座で学ぶ」のが、金銭的にも時間的にも精神的にもコスパが良い方法になります。 ましてや就職のためではなく…• で稼ぎたい• 趣味として絵のスキルを向上させたい ということが目的であれば、専門学校よりも通信講座の方がおすすめです。 いずれ就職するにしても、副業で稼いだ経験があれば、実績の一つとしてアピールできますからね。 また、単純に 絵が上手く、イラストソフトの使い方に熟知していれば、企業に雇ってもらいやすくなります。 ですので、 就職が目的であれ、副業が目的であれ、社会人がこれから絵・イラストを習うのであれば、通信講座は意外と悪くない選択肢です。 最近は、お金のために嫌な仕事を我慢して続けるよりも、趣味や好きなことを追求してお金を稼ぐという「幸せ」を重視した働き方を選ぶ人が多くなっています。 ですので、多くの人の趣味である絵・イラストの通信講座は人気が高く、たくさんの講座が販売されています。 好きなものだけ学んで、嫌いなものは学ばなくていいというのも、通信講座の1つのメリットです。 以下に、絵・イラストの通信講座をまとめましたので、あなたの興味のある通信講座を選んでみてください。 初心者でも安心!ソフトのインストール方法からペンタブレットの設定方法まで丁寧に解説• クリスタの使い方やツールの設定方法まで学べる(3Dデッサン人形やパース定規など)• キャラクターの描き分け方法も学べる• プロイラストレーターの彩色テクニックを学べる• 人気イラストレーター「加藤アカツキ」氏によるイラスト講義を受講できる• デジタル作画の基本知識からキャラクターイラストの描き方まで学べる• 3Dデッサン人形の使い方からペン入れ、着彩までクリスタの使い方が学べる• スクーリング(学校での授業参加)も可能• プロのイラスト技法が6ヶ月で身につけられる• デッサンからデフォルメイラストまで、様々なタッチのイラストの描き方が学べる• 着彩画材(水彩絵の具など)の使い方も学べる• お店のPOPやバースデーカードに描くような「気持ちが伝わる」フリーハンドイラストが描けるようになる• 線の描き方から、単純な図形の組み合わせで、初心者でもイラストの基礎を簡単に学習できる• 人物イラストも、動物イラストも描けるようになる• 少女漫画のキャラクターのような可愛いイラストが描けるようになる• プロのマンガ家やイラストレーターのお手本を600点以上収録• 色の塗り方から道具の使い方まで丁寧に解説したオリジナルテキスト付き• 最後の課題を提出すると、自分のイラストを缶バッジにして届けてもらえる• Photoshopの操作画面を使ったトレーニング動画で学べる• Photoshopを使ったことがない人から、ある程度使いこなせる人まで、Photoshopの高度な機能を習得できる• 写真のゆがみ補正、ぼかし、被写体切り出しのテクニックやパノラマ写真の作成など、実践で使えるテクニックが学べる• その他の理由で返品希望の場合は、サポート窓口で対応)• オンラインによる完全個別指導でデッサン力を鍛えられる• 幅広い講師陣による徹底的サポート&添削アドバイス(漫画スクール講師、日本画家、グラフィックデザイナー、ゲームキャラクターデザイナーなど)• デッサンだけでなく、スケッチ、水彩画、漫画の添削アドバイスも受けられる• 他の受講生の作品と添削アドバイスを見ることが出来る(4000作品以上)• 描写力・陰影表現力・立体感など、画力を数値化してわかりやすく添削してもらえる 公式: ある程度イラストを描ける方は「パルミー」で必要なスキルだけ学ぶのもあり パルミー 授業内容 さまざまなイラストの描き方(キャラクターから背景まで) 学習期間 各講座によって異なる(1講座につき約5回前後の動画) 修得スキル 各講座によって異なる(Photoshop、クリスタが中心) 価格 月々2500円〜 教材 パルミーにアップロードされている各講座の解説動画 返品制度 なし(商品の特性上、返品・返金対応不可)• 現役プロイラストレーターからイラストの描き方が学べる• 自分好みの画風のイラストレーターの講座を選んで受講できる• デッサン・塗り・服の描き方・キャラクターイラストの描き方などなど、それぞれに特化した講座から好きな講座を選んで受講できる• 漫画の描き方も学べる• 7日間無料お試し実施中! 公式: これからイラストを描く初心者の方に一番おすすめの学習方法は? 社会人になってから絵を描きたいと思った方、もしくはこれからイラストを描こうと思っている初心者の方に一番おすすめのイラスト学習方法は、やはり 専門学校より通信講座かなと思います。 理由は冒頭でも書きましたが、 専門学校に100万円以上支払って、1〜2年間通うより、通信講座で絵を習ったほうが圧倒的にコスパが良いからです。 もし、専門学校に通って、授業内容が合わなかったり、人間関係で上手くいかなかった場合「失敗した…(何百万円損した…)」となってしまいますが、通信講座なら 返品制度があるので安心です。 通信講座の口コミや評判をみて…• 本当にきちんとした内容なの?• 詐欺じゃない? と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、通信講座は受講者からのフィードバックを得て、年々教材が改善されています。 そういった点である程度は信用できるのではないかなと思います。 というか、まぁ返品制度がありますからね。 気に入らなかったら返品すればいいだけです。 特に社会人はお金も時間もないですから、専門学校より割安で、学校に通わず自分のペースで学べる通信講座はおすすめです。 人付き合いが苦手な方には、専門学校より通信講座の方がおすすめなのは言わずもがなです。 本記事で紹介したように、イラスト通信講座はさまざまありますが、受講するのであれば…• 有名現役イラストレーターが講師である(講師名が明記されている)• 有名な会社が販売している 以上2点をクリアしているものを選ぶのが良いと思います。 現役で活躍されているイラストレーターが講師であれば、基本的なイラストの描き方だけでなく、実践的なテクニックも教えてもらえます。 当然、 名前を公表している分、適当な講座を作れないということもありますので、そういう意味でも安心です。 また、ユーキャンやヒューマンアカデミーなど、 有名な会社が取り扱っている通信講座を選ぶほうが、万が一の事があった場合、しっかりサポートしてもらえるので安心です。 ということで、まとめますと…• 通信講座は専門学校より断然コスパがいい• 返品制度があるので、万が一気に入らなかった場合は返品すればいい• 有名現役イラストレーターが講師で、有名な会社が販売している通信講座を選ぶと安心 ということですね。 とすると、イラストマスターコースがベストの選択肢となりす。 公式: ただ、イラストマスターコースは多少値段が張りますので、もう少し安いほうがいいという方はデジタルイラスト講座を選ぶと良いでしょう。 公式: イラストマスターコースもデジタルイラスト講座もおなじような内容ですが、講座のボリュームが圧倒的に違います。 しっかりと 基礎から応用までイラストの描き方を学びたいなら、イラストマスターコース。 とりあえず 一通りイラストの描き方を教えてもらって、後は独学で学ぶという人は デジタルイラスト講座がいいんじゃないでしょうか。 ただ、「安物買いの銭失い」になってしまうともったいないので、どちらに申し込むにせよ、まずは資料請求して講座内容を確認してから申し込む方が良いと思います。 ちなみに、パルミーも有名現役イラストレーターが講師で、さまざまなイラストの描き方が学べる魅力的なサイトではありますが… いろんな画風の講師が、さまざまな講座を提供しているので、初心者は一体何をどう学べばいいのか混乱すると思います。 どちらかというと、 パルミーはそこそこイラストを描ける方が、ピンポイントでスキルアップしたい場合におすすめです。 公式: イラストマスターコースかデジタルイラスト講座でイラストの描き方を学んだ後、パルミーで必要なスキルをプラスアルファで学ぶのが一番いいんじゃないかなと思います。 イラスト通信講座を受ける前に、まずはイラストを描くソフトをそろえたいという人は参考にしてみてください。

次の