ブレーキ フルード エア 抜き。 【楽天市場】ワンマンブレーキフルードブリーダー バキュームタイプ エア式で楽々フルード交換 使い方カンタン:モバックス梅田店

【ホンダ】ヴェゼルハイブリッド ブレーキフルード交換

ブレーキ フルード エア 抜き

スーパーの鮮魚売り場で、魚を眺めるのが、とんでもなく幸せな時間になる、魚大好きな、どーも大久保です。 じゃ、今日は、素人さんがあまり上手にできない、ブレーキホースの交換 で、エアが抜けないといところを重点的に、考えてみましょう。 新品でも中古でも、ブレーキホースを交換する際に、時間がかかるのが、ブレーキ液のエア抜きね これ、ホース自体が、細いし、まっすぐでもない、から、重い液体が下がっていく、という当たり前の現象がおきない いつまでたっても、二時間やっても、エア抜きができないってこと、あるでしょ?あったでしょ? 考え方はいたってシンプル エアは必ず、一番高いところに行く ただし、ホースの途中で、高くなったり、低くなったりするところがあると、その途中にエアが溜まっている マスターのバンジョーボルトのところにエアがたまっている マスターのシリンダーの中にエアがたまっている キャリパーの中にエアがたまっている マスターのブレーキフルードが入っていくところが、一番高くなるように、車体やハンドル、マスター自体を傾けて、セットしてください。 キャリパーも、ぐるぐる回して、つどエアが、エア抜きのボルトの方に集まるようにして、ボルトを緩めてみると、あっけなく抜けることもある。 ホース叩いたりして、振動を与えてあげると、ある程度上がってきますからね それでもだめだった 最初から専用ツールを使え ってことになるからなぁ。。。。 はまるひとは、一日中やってる。 ホースの取りまわしが悪いと、なにをやっても抜けない。 そういう時は、専用ツールを使ってください。 基本的には、マスターカップに入っている、ブレーキ液を吸い出す構造になっています。 強制的に、吸い出すことによって、ブレーキ液がしっかりと落ちてきます。 ただ、吸っても吸ってもでてこない場合も、まぁ、あるんですよ。 そういう場合は、最終手段で、キャリパー側から、押し入れるという方法を使います。 ブレーキ液を専用の注射器型の工具で、押し入れるの。 これは、実は楽しい^^ それで、もし自分で交換をするんだったら、必ず次のことを覚えておいて ブレーキを整備する前に、いまのブレーキの踏みしろ、握りしろ、感覚を覚えておくこと そうすると、微妙にエアが抜けたのか、抜けてないのかの判断に誤りがあるから。 僕らも、ブレーキ触る前は、かならず、現状の握りの感覚や踏みの感覚を覚えておきます。 もともとの車両が、握りの感覚が甘いもの、エアが入ってそうなものがあるからね。 作業完成の判断が鈍るんです。 これ、使ったことあるけど、すごすぎた^^ 素人さんには、お勧めだな。 なにも考えなくても上手に、素早く完了できる。 たった 60分でバイク車検を完成できるのは さんです。 平日も60分バイク車検、土日も60分バイク車検。 全国どこでも さんを、お勧めします。 うちは商売敵なんですけどね^^。 お勧めしちゃいます。 自動車の車検は、たった40分なんだって。 それも、すごいなぁ、、、。

次の

バイクのブレーキのエア抜きのやり方

ブレーキ フルード エア 抜き

ブレーキフルードのエア抜きをするために必要なもの まずはじめに、ブレーキフルードを自分で交換するために必要なものについてお話していきます。 【必要なものその1】ブレーキフルード ブレーキフルードは、ホームセンターなどで売られているものを必要数購入しておきましょう。 価格はピンキリですが、ホームセンターでは500ml一本で1000~2000円といったところです。 一般的な普通車の場合、500mlを2本もあれば十分にブレーキフルードを交換するうことが出来ると思います。 (沸点が高くなる) ただし、ブレーキフルードの吸湿性という観点からは、DOTが低い方が吸湿性が小さいという特徴があります。 つまり、普通に一般道を走るレベルであればDOT3で価格&耐久性重視(2年に1度の交換でOK)にすればいいですし、サーキット走行などする場合は沸点の高いDOT4やDOT5などを選択して、吸湿性の低下をブレーキフルードの交換頻度を増やすという工夫をすればいいでしょう。 【必要なものその2】ブレーキブリーダーツール ブレーキフルードを抜き取るときに使うのが、ブレーキブリーダーツールと呼ばれるものです。 ちゃんとしたブレーキブリーダーツールは1万円弱して高いので、ネットショップなどで「ワンウェイバルブ」などと検索すれば、1000円ぐらいの物を購入することが出来ます。 このワンウェイキットの使い方は簡単で、ブレーキフルードが排出される向きに注意しながらブレーキに付いているブリーダープラグと呼ばれるところに入口側のホースを繋ぎ、出口側にペットボトルなどをセットすればOK。 後はエンジンはOFFのまま何度もブレーキを奥まで踏めば、ブレーキフルードがペットボトル側に流れていきます。 ワンウェイバルブ(赤色のパーツ)があることで、ペットボトル側からブレーキ側に気泡が逆流することはありませんので、キャリパー内にエアが噛んでしまうことがなくなります。 ちなみに、高価なブレーキブリーダーツールの場合、いちいちエンジンを付けてブレーキを踏まなくても、ブリーダーツールに付属している手動ポンプなどを使って強制的にブレーキフルードを抜き取ることが出来ます。 次のページでは、ブレーキフルードのエア抜きするために必要なものその3~5についてお話していきます。

次の

バイクのブレーキのエア抜きのやり方

ブレーキ フルード エア 抜き

ブレーキフルードの交換・エア抜き ブレーキフルード交換・エア抜き きちんと完成できれば作業は簡単な部類ですが、失敗した時のリスクは大きいです。 まず、大抵の場合は 作業が困難でしょうから取りますが、 などをもっている場合はウマを使ってしまえば楽に作業できるでしょう。 用意する物は、8mmか10mmぐらいの「メガネレンチ」、フルード廃液受容器(ジュースの空ペットボトルが最適)、希望するブレーキフルード(1Lあれば大丈夫でしょう。 )、内径5mm程度の無着色透明なビニールホース、助手約1名、皮膚を保護するために耐油性がある手袋。 ただ工具、パイプは車種で違いますので前もって調べておくのがベストです。 あると便利な物は、フルード補給時にジョウゴがあればこぼさずに行けるでしょう。 レンチも普通のメガネレンチでは作業スペースの問題も出てくる場合もあるので三日月型したレンチを用意すると安心でしょう。 まぁなくても平気ですけどね。 これらはD.I.Y店で揃えられます。 今回は2人で行い、かつ安易な交換方法を取り上げたいと思います。 予備知識 予備知識として、どこから作業を始めるかですが、フルード交換でしたらどこからでもOKですがエア抜きの場合はブレーキシリンダーから一番遠い所(配管容量の多い所)から始めるのがセオリーです。 ブレーキの配管は2系統に別れており、 FF車(前輪駆動車)では 左後ろと右前が同一系統で 右後ろと左前が同一系統になっている X字配管 になっているのが多いです。 FR車(後輪駆動車)では、前ブレーキと後ろブレーキとで別系統になっている事が多いです ですからFF車では後ろ>前>(さっきの反対の)後ろ>(さっきの反対の)前という順序を踏み、FR車では後ろ>(さっきの反対の)後ろ>前>(さっきの反対の)前という順序を踏みます。 ただ、この順序を踏まなくてもトラブルは起こりません。 エアも抜けます。 より100%に近づけるための行程だと思ってください。 ですから今回行う作業手順では100%交換というのも難しいです。 それをやるにはそれなりの高度な手順やメカ知識・工具も必要になってしまいますので・・・ 作業手順1 では実際の作業手順ですが、一応保険の意味でフルード廃液受容器に少量のフルードを入れておきます。 万が一の逆流及びエア噛みをなくすためです。 キャリパーの裏側にある、ブリーダープラグを見つけ、そのキャップをとり下の写真の様にブリーダープラグに先にレンチをあてがます。 そうしたら今度はビニールパイプをブリーダープラグにはめます。 緩いようでしたら、内径の細い物で作業してください。 でないと失敗します。 全体の感じは下の様になります。 作業手順2 実際の作業手順は以下の様にします。 (エンジンは掛けません) 1. まず運転席に座ってブレーキペダルを踏みっぱなしにします。 踏みっぱなしにしたらブリーダーを緩める人に合図(ハイと言う)を送ります。 2. 合図があったらブリーダーを緩める人はブリーダーを緩めます。 ブリーダーを緩める時は1回転も緩める必要はありません。 1/2回転か1/3回転もあれば十分です。 緩めすぎは思わぬトラブルを引き起こします。 この時ブレーキペダルを踏んでいる人はペダルが更に奥にいくので絶対に戻さないようにしてください。 3. ブリーダーを緩める人はフルードがこれ以上出ないようなら、ブリーダーを閉めます。 そうしたら合図を送り、作業1.に戻りそれを繰り返します。 注意事項 ですが、この作業に没頭するあまり、ブレーキシリンダー上部にあるリザーブタンク内を絶対に空にしないで下さい。 空になるとエアを吸ってしまい、とんでもなく大変な事になりますのでくれぐれも注意して下さい。 ですから、こまめにリザーブタンクの残量をチェックし、減ったらフルードを補給する事になります。 4. 助手の人は「3.」の作業の時、エア抜きならエアが出なくなったらそこで作業終了。 フルード交換ならフルードの「色」が変わったらそこで作業終了になりますので、その見極めを担当します。 この作業中にブリーダープラグからフルードが滲み出てくるので後でしっかりふき取ります。 必要があればブレーキクリーナーを吹きかけておきましょう。 フルードは塗装を侵すので慎重に扱って下さい。 また、ブリーダープラグの最後の締め付け具合は「ギュ〜」というより「ギュッ」といった感じです・・・・すみませんアバウトで。 そんなに大きな力は必要ないです。 大きい力をかけると壊れますし・・ また、廃油は馴染みのGS・整備工場に引き取ってもらうか、エンジンオイルを吸収して捨てられる「オイルパックン」などで処理しましょう。 下水に捨てるなど絶対にしないでください。

次の