あすぴよ過去。 “可愛すぎるYouTuber”がAV過去を衝撃告白! ファンからはエールが殺到中|日刊サイゾー

【貧乳】あすぴよ☆30【おばさん】

あすぴよ過去

僕の最期? たしか、某年の10月。 レイテ沖。 これが僕の最後。 確かに完全な最期は覚えてないけど…。 なに、僕の記憶でよければ少し話そう。 敵機動部隊に壊滅させられた僕は五十鈴と若月と共に瑞鶴の乗組員の救助を当たった。 敵の圧倒的な物量に無力さを嫌という程教えられたんだ。 辛かったね。 でも、問題はそこから。 瑞鶴たちを葬ったヤツらは残敵の虫の息を潰そうと僕らを見据える。 「こんなんじゃ無理、撤退して建て直さなきゃ…っ」 そう言った五十鈴が苦々しい顔で決断し下がる。 しかし、眼前の敵たちは容赦しないだろう。 だから、僕は決意を固めた。 「五十鈴、ここは任せて」 「あんた、何言ってんの!? まさか…」 そんな焦りを聞かず僕は反転し鉄塊共に向かって行く。 「初月、突貫するぞ…!」 止めようとしたのか喚く五十鈴には「ごめん」と小声で呟き振り向くことなく前に出た。 「僕がやる。 瑞鶴、姉さん…ここは任せて」 自身に暗示をかけ、飛び込んでいく。 暗闇の中、数は不明。 けれど、相当な量のはずだ。 囮として足るか? 「望むところだ…さあ、かかってこい」 馬鹿みたいな数の弾が飛んでくる。 足を止めず、加速し続けそれを避けては撃って攻防を繰り返す。 「なに、当たらなければいい…時間を稼げれば尚更…っ」 他対1で僕は永い時間撃ち合った。 だけど、限界はもう近づいていた。 うごけ、うごけ。 そう言葉で、脳で理解してももう動かなくなっていた。 弾も切れ、こちらは何発も敵弾を浴びて足から崩れる。 「五十鈴、逃げきれたかな…」 艤装が大破し海に消えていく。 自身も巻き込まれ身が沈んでいく。 暗闇に呑まれる。 「…あいつら僕に気づいて慌ててる…」 敵艦が挙動不審なのに気づく。 おそらく、僕の艦種を誤認してたんだろう。 あの量は…。 「瑞鶴、姉さん…ここまでみたいだ…」 空を見上げつぶやく。 星空は僕に微笑んでるようだった。 「なんか、清々しい…」 相手を出し抜いたからか。 妙に気分がいい。 「…っ!がはっ…」 身体についている艤装のパーツが爆発を起こしたりして僕に破片が刺さる。 激痛に悶えるよりも海水の心地良さに眠ってしまいそうだった。 「こっちに、来てるな…」 様子を伺いに来た敵艦だろうかひっそりと確認しに近寄ってくる。 そいつの足をガッと掴み巻き込むことにした。 「!?!?!?」 「死なば諸共…少しでも削ってやるさ…」 そう不敵な笑みを浮かべる。 「たしか、お前らの国ではこうか…?」 焦ってる敵の腰を掴んで溺れさせようとすると他が探照灯を照らし僕を見る。 そいつらに向かってひっそり、中指を立てた。 「残念、僕は駆逐艦さ……」 ぴん、と指を伸ばして挑発をしてきた瞬間に残っていた艤装の燃料タンクが引火、弾薬が火を噴き大爆発して全てが爆ぜる。 その瞬間、駆逐艦と判明した彼女の口元は不敵な笑みとともにこう呟く。 ーーーざまぁみろ、とーーー。 後に、彼らは国に泣いて帰ったそうだよ。 僕がなんでここまで知ってるか? アイオワって子が着任してるだろう?その人に聞いたのさ。 駆逐艦を誤認してたまを無駄遣いした子達がいるって。 ふふ、これが僕の過去さ…。 生憎、敵を一人も沈められなかったらしいけど。 でも、後悔はしてない。 こうしてまた、会えたからね。 皆と…。

次の

あす ぴよ

あすぴよ過去

僕の最期? たしか、某年の10月。 レイテ沖。 これが僕の最後。 確かに完全な最期は覚えてないけど…。 なに、僕の記憶でよければ少し話そう。 敵機動部隊に壊滅させられた僕は五十鈴と若月と共に瑞鶴の乗組員の救助を当たった。 敵の圧倒的な物量に無力さを嫌という程教えられたんだ。 辛かったね。 でも、問題はそこから。 瑞鶴たちを葬ったヤツらは残敵の虫の息を潰そうと僕らを見据える。 「こんなんじゃ無理、撤退して建て直さなきゃ…っ」 そう言った五十鈴が苦々しい顔で決断し下がる。 しかし、眼前の敵たちは容赦しないだろう。 だから、僕は決意を固めた。 「五十鈴、ここは任せて」 「あんた、何言ってんの!? まさか…」 そんな焦りを聞かず僕は反転し鉄塊共に向かって行く。 「初月、突貫するぞ…!」 止めようとしたのか喚く五十鈴には「ごめん」と小声で呟き振り向くことなく前に出た。 「僕がやる。 瑞鶴、姉さん…ここは任せて」 自身に暗示をかけ、飛び込んでいく。 暗闇の中、数は不明。 けれど、相当な量のはずだ。 囮として足るか? 「望むところだ…さあ、かかってこい」 馬鹿みたいな数の弾が飛んでくる。 足を止めず、加速し続けそれを避けては撃って攻防を繰り返す。 「なに、当たらなければいい…時間を稼げれば尚更…っ」 他対1で僕は永い時間撃ち合った。 だけど、限界はもう近づいていた。 うごけ、うごけ。 そう言葉で、脳で理解してももう動かなくなっていた。 弾も切れ、こちらは何発も敵弾を浴びて足から崩れる。 「五十鈴、逃げきれたかな…」 艤装が大破し海に消えていく。 自身も巻き込まれ身が沈んでいく。 暗闇に呑まれる。 「…あいつら僕に気づいて慌ててる…」 敵艦が挙動不審なのに気づく。 おそらく、僕の艦種を誤認してたんだろう。 あの量は…。 「瑞鶴、姉さん…ここまでみたいだ…」 空を見上げつぶやく。 星空は僕に微笑んでるようだった。 「なんか、清々しい…」 相手を出し抜いたからか。 妙に気分がいい。 「…っ!がはっ…」 身体についている艤装のパーツが爆発を起こしたりして僕に破片が刺さる。 激痛に悶えるよりも海水の心地良さに眠ってしまいそうだった。 「こっちに、来てるな…」 様子を伺いに来た敵艦だろうかひっそりと確認しに近寄ってくる。 そいつの足をガッと掴み巻き込むことにした。 「!?!?!?」 「死なば諸共…少しでも削ってやるさ…」 そう不敵な笑みを浮かべる。 「たしか、お前らの国ではこうか…?」 焦ってる敵の腰を掴んで溺れさせようとすると他が探照灯を照らし僕を見る。 そいつらに向かってひっそり、中指を立てた。 「残念、僕は駆逐艦さ……」 ぴん、と指を伸ばして挑発をしてきた瞬間に残っていた艤装の燃料タンクが引火、弾薬が火を噴き大爆発して全てが爆ぜる。 その瞬間、駆逐艦と判明した彼女の口元は不敵な笑みとともにこう呟く。 ーーーざまぁみろ、とーーー。 後に、彼らは国に泣いて帰ったそうだよ。 僕がなんでここまで知ってるか? アイオワって子が着任してるだろう?その人に聞いたのさ。 駆逐艦を誤認してたまを無駄遣いした子達がいるって。 ふふ、これが僕の過去さ…。 生憎、敵を一人も沈められなかったらしいけど。 でも、後悔はしてない。 こうしてまた、会えたからね。 皆と…。

次の

なつぴよ@指定女子さんのプロフィールページ

あすぴよ過去

元セクシー女優・大塚咲さん、アダルトグッズメーカーを提訴「引退後も無断で写真使われた」 元AV女優で、写真家・アーティストの大塚咲さんがことし3月、アダルトグッズメーカーを相手取り、計460万円の損害賠償を求める訴えを起こした。 大塚さんは2004年、AV女優デビューして、2012年に引退した。 現在は、当時の女優名のままに写真家・アーティストして活動している。 ところが、引退から7年経った2019年、自分の女優名を冠して現役時代の写真を使ったアダルトグッズが、無断で販売されたことに気づいたのだ。 でも、『一度脱いでいるんだし裸に慣れてるのだから、何が起きても自己責任』というのはおかしいと思います」(大塚さん) 大塚さんは2019年6月、SNS上で、「大塚咲」の名と写真を使用したアダルトグッズの「新作」が複数発売されていることを知った。 そのころ大塚さんは、過去に出演した作品の削除を求めて、「AV人権倫理機構」への申請をすすめている最中だった。 当時、引退して7年も経つのに「新作」が発売された、というつぶやきを目にして「全身の力が抜け、涙が出た」と語っていた 使用された写真は、現役時代に別のグッズに使用するために撮影されたものだった。 しかし、今回発売された2つのグッズと、別の女優とのコラボ商品に使用を許可した覚えはまったくない。 このことから大塚さんは代理人(弁護士)経由で、グッズメーカーに対して、販売を差し止めるよう警告した。 グッズメーカー側は、2019年7月31日までに販売を中止することを約束して、同年末までに2つの商品の販売は終了した。 しかし、うち1つは2020年3月時点でも通販サイトで注文可能だったことから、今回の提訴に踏み切った。 大塚咲さん(写真は本人提供) 参考AV.

次の